« プリンス関東再開、そして勝たねばならない戦い | トップページ | プリンスリーグ第8戦 横浜ユースvs武南 »

2007年6月30日 (土)

J1 第18節 大分vs横浜

横浜と大分の間には香川がある。

という単純な地理的理由から、大分に行く前にちょっと香川に寄り道をして四国プリンス愛媛vs香川西を見ようかと思っていたのだけれど、衝動的に韓国に行ってしまったという経済的な理由から香川寄り道は中止。素直に大分に行くことにした。

間際になっての予約で、あまり安い便は残ってなかったので今回は往路はスターフライヤー&各駅停車にした。朝一のスターフライヤーで羽田を経って北九州空 港への到着は9:20。9:50発の行橋行きのバスで行橋駅に到着したのは10:30頃。大分行きの電車は11:58まで来ない。1時間半もある!何て こった!それまで、何してろってんだ!

もちろんこれは想定内なので、行橋新名物「メンバーガー」を食べにコスタ行橋へ。「メンバーガー」とはその名の通り、ハンバーガーのバンズがパンではなく ラーメンを固めたものになっている。何でも環七の「バサノバ」で修行していた店主が、残り物のラーメンがバンズに見えて・・・ 面倒なので続きはこのへんを(笑) 

コスタ行橋までは駅からゆっくり歩いて20分ほど。店はコスタ行橋の駐車場内にあるとの事だったのでしばらく探すがそれらしきものはない。11:10過ぎ にようやく、車体に「メンバーガー」とかかれた赤い車両を発見。さっそく注文しようとするとあと10分ぐらい準備にかかるとのこと。電車の時間までぎりぎ りだが、せっかく来たのでつくね(350円)を注文。

10分後に出てきたのが下の写真。調理器が大判焼きのものを転用しているらしく、普通のハンバーガーよりは小さい、大判焼きサイズ。15分以上経つとメン が伸びてしまう(笑)とのことなので、行橋駅に向かいながら味わう。バンズ代わりの麺は表面は固まっているが内側は緩やか。つくねと目玉焼きがはさまれて あって、ちょっとスパイシーなしょうゆダレがかかっている。味わいはまさしくラーメン。後味もラーメン。つくねよりチャーシューの方がよりラーメンらしく てよかったかなと思いつつ完食。ごちそうさまでした。

2007063001 2007063002
(写真左:この赤い車体が目印          写真右:メンバーガー断面図)

電車にも何とか間に合い、各停で大分へ。最初に乗った宇佐行きの電車はボックスのない普通の車両で何だかつまらない。宇佐で乗り換えた電車もボックスはな かったが、○×系の車両(鉄ちゃん、フォロー頼む)で、なかなかおしゃれな内装。シートの端っこの窓のない部分は背もたれならぬ、頭もたれがついているの が画期的(笑) 車窓の風景を眺めつつ大分へ到着したのは14:30頃。15:00にはこつこつ庵でプレ宴会の予定だったが、駅で吉野鶏飯保存会の鶏飯お にぎりを購入。毎年行くとり天屋にもいっておばちゃんとコミュニケーション。また来たよー。

こつこつ庵に予定より遅れて到着すると、店内は見事にトリコロール一色。トリコロールなのに一色とはこれ如何に。まぁ、そんなことはどうでもよくて、琉球 に、だんご汁に、やせうまに、同行者の関あじ、関さば、矢切のわた酢、キラスまめしを奪い取って、いつものごとく試合前にすっかり満足。満足したから、ホ テルに帰ってBSで試合みようかなんて冗談が飛び出るほど。

恒例のダンマク合戦は横浜側が「大分もうあきた」「正直鳥天微妙」 横浜サポではあるがこのダンマクには断じて同意できない。大分は何回来てもいいところじゃないか!とり天だってうまいじゃないか!大分、反撃しろ!(笑)

大分ゴール裏がどう返してくるか楽しみだったが、彼らは残念ながら今はそんなことで楽しめる余裕はないみたいで、ダンマクはついに現れず。クラブの方針に いらだっているようだ。シャムスカを連れてくるだけ某チームよりはましなスカウティング能力があるとは思うけど、やっぱり結果がついてこないとなぁ。気持 ちはわかる。人事じゃないな。

とはいえウチも勝ち点を差し上げるほど余裕があるわけではなく、前半立ち上がりひやりとする時間が続くも何とかしのぎ、試合全体を通してみるとほぼ横浜 ペースで試合を進めた。前半35分に河合、後半23分には中澤がともにセットプレイから得点。セットプレイから得点したのって、いつ以来だろう・・・ 後 半38分には功治が駄目押し弾。終了前には勝っているにもかかわらず栗原をFWとして起用し、さらに追加点を狙う。それに刺激され松田まで出てきて、もう ちょっとで得点というシーンまで作り出す。もしこれが入っていたら、DF陣が軒並み得点をあげ、FW陣にはいい刺激になっただろうに(もちろん皮肉  :P)

試合後は、これまた例年の如くかみ風船で祝勝会。店に行く途中で大分ユニを着たおばちゃんが「おつかれさま」と声をかけてくる。かみ風船では地元の人が 「どっちが勝ちました?」とフレンドリーに話しかけてくる。やっぱり大分、いいとこだ。サッカーは町と町の戦争だ、という話はよく聞くけど、個人的には町 と町が理解しあうきっかけの方が楽しい。

というわけで、大分の皆さん、来年もJ1でプレイできるように”お互い”に頑張りましょう。来年はまたダンマク合戦しましょう。

2007063003 2007063004
(写真左:松田はこの試合で300試合目     写真右:こつこつ庵の落書き帳も300冊目)


           
   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
マリノスvsトリニータ         makuzuryu20さん
実は、あたしも試合に行ってました。
日帰りできる距離なんで、3人で行きましたよ。
Jの試合を見る機会なんて、あまりないし、
それもマリノスだし、頑張りましたよ(笑)
来年も、九石で、マリノス戦が見れますように。(2007.07.04 00:07:33)

Re:マリノスvsトリニータ(06/30)       ultraleftyさん
makuzuryu20さん
>実は、あたしも試合に行ってました。
>日帰りできる距離なんで、3人で行きましたよ。
>Jの試合を見る機会なんて、あまりないし、
>それもマリノスだし、頑張りましたよ(笑)
>来年も、九石で、マリノス戦が見れますように。

makuzuryu20さんもいらしてたんですね。ここ何試合かは飯倉もサブだったのですが、残念なことに今回はベンチ外でしたね。アップする姿だけでもロッソ時代に応援してくれた皆さんに見ていただきたかったんですが・・・ 空気読みましょうねって今度早野さんに言っときます。聞こえないように(笑)また機会があればマリノスの応援よろしくお願いします。(2007.07.04 10:55:59)

|

« プリンス関東再開、そして勝たねばならない戦い | トップページ | プリンスリーグ第8戦 横浜ユースvs武南 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/28237909

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第18節 大分vs横浜:

« プリンス関東再開、そして勝たねばならない戦い | トップページ | プリンスリーグ第8戦 横浜ユースvs武南 »