« 大人買いの結果 | トップページ | 関クラ2次予選GL#2 横浜ユースvsフットワーク »

2007年6月 2日 (土)

J2 第19節 読売vs愛媛 〜必然

久々に、というか、今年初めて愛媛の試合を観戦(キャンプ、TRMを除く)。相手は読売。会場は愛媛的にはあまりいい思い出のない味スタ。JFL時代の横河武蔵野戦は動員をかけたにも係わらず、ひどい試合だったなぁ・・・

試合前から愛媛ゴール裏のテンションは高い。中々楽しげでいい。できれば素直にその輪に入って楽しめればよかったのだけど、ちょっと”理性”を超える”感情”がそれを邪魔するところもあり、ちょっと外れたところでまったりと観戦。

久々の愛媛だが、細かなミスが多く、プロの試合というにはあまりにもお粗末。満足にボールがつながらないサッカーは、愛媛のサッカーではない。去年できて いたことが今年はできてない。選手個々にスキルがないわけではないので、原因は選手間のコミュニケーションとか、温度差とかそんなものだろうか。前半は何 度もひやりとする場面があったがかろうじて無失点に抑えた。

後ろに座っていた埼玉あたりにお住まいらしきお姉さまたちのK選手専門応援のヒステリックな声が煩かったので、後半はちょっと上に移動して立って観戦。

前半グダグダのサッカーだった愛媛だが、後半立ち上がりはいい流れを見せた。良かった頃の愛媛を思わせるサッカー。そして、藤井の落しを青野がPA外から シュート。打った瞬間はファーにそれるように思ったが、ボールはゴールネットを揺らした。ゴラッソ。青野はプロ初ゴール。愛媛ユース出身の選手が、愛媛で 初ゴールなんていいもんだ。

愛媛出身といえば羽田敬介。今期は佐藤にポジションを奪われ控えに甘んじてきたが、佐藤の負傷退場に伴い、残り15分というところで久々の出場。個人的にはかなりテンションが上がる。お得意のポロリをしないかとちょっとヒヤヒヤもしたが、読売の攻撃を無難にしのいだ。

ロスタイムは6分。アナザーな長さ。攻撃に行くのか守りに行くのか、意思統一されていなくて、ゴール裏でギリギリ奥歯を噛んでいたのだが、何とか守りき り、うれしい4勝目。内3勝はアウェイという外弁慶ぶり。アウェイはいいからホームで勝ってあげなさい(笑) #どうでもいいが、”外弁慶って、それ普通 の弁慶やん”、という2chの冷静な指摘はウケた。

しかし、今日の読売の運のなさ(シュート数:読売19、愛媛5)はすさまじかったが、試合後、あの人が味スタにいたことを知った。なるほど、愛媛の勝利は必然だったのか!


  加藤未央、恐ろしい子



2007060201 2007060202
(写真左:スタンド下まで降りて選手を迎える
 写真右:インタビューを終え、ゴール裏に挨拶にきた青野)



|

« 大人買いの結果 | トップページ | 関クラ2次予選GL#2 横浜ユースvsフットワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/28237873

この記事へのトラックバック一覧です: J2 第19節 読売vs愛媛 〜必然:

« 大人買いの結果 | トップページ | 関クラ2次予選GL#2 横浜ユースvsフットワーク »