« JFA理事会資料をチェック H19#4 | トップページ | プリンスリーグ第9戦 横浜ユースvs市船 »

2007年7月 7日 (土)

関クラU-15 9決#1 新子安vsジェフ習志野

延長戦を制し、喜びのあまりU-20ワールドカップで話題のピチブーパフォーマンスではしゃぐ選手に父兄やサポから声が飛ぶ。

 「それは明日でいいから!」 「明日勝ってやろう!」

関クラU-15の9位決定戦。湘南に負けて9決にまわった新子安。Jヴィレッジには2連勝が必要で、今日は1段階クリアしただけだ。あと1つ勝たなければ 全国には届かない。今日の試合以上に明日の試合が大切だ。明日負けてしまうと何にもならない。浮ついた気持ちは抑えて、明日の試合に集中して欲しい。そし て、絶対に勝って追浜とともに全クラに出場しよう。

といいつつも、選手達がそれだけ喜ぶ気持ちはよくわかる。そういう試合だった。

前橋から徒歩で中央前橋へ。中央前橋からは上毛電気鉄道で大胡(だいこ)へ。そこからタクシーで5分ほどのところにある原っぱグラウンドが今日の試合会場のNTT図南サッカーグラウンド。対戦相手はジェフ習志野。

2007070701
(写真:試合前。かつてない真剣さ)

今日の横浜はこれまでとほぼ同じメンバーながら、ケガの伏木君に代わり右サイドバックには剣持君が入る。また、これまでの2ボランチから渡辺君の1ボランチの中盤ダイヤモンドの4-4-2。

試合前に降った雨でグランドは滑りやすく、グランドコンディションもあまりよくない。中盤でのつなぎから組み立てる新子安にとってはあまり適した状況では ない。湿度もあがって蒸し暑い。ついでにやぶ蚊も多い。9決(きゅうけつ)だからね(笑) #ただ某女史が持ってきた虫除けスプレーのおかげで被害はな かった。サンクス。

前半10分、習志野の縦に早い攻撃に次々とDFが交わされ失点。それまでは互角の戦いだったのだが、これをきっかけにバランスを崩し劣勢にまわる新子安。特に本職でない右サイドバックを任された剣持君は攻守のバランスに相当苦労していた。

後半、西谷監督は高溝君、横山君、荒川君に代わり、長身CBの小林君、ケガから復帰のチャンスメーカー菅原君、2年FPで唯一メンバー入りしている山田君 (今回はGKとして金沢君が帯同)を投入。反撃に出たい新子安だったが、後半9分にはGK椎橋君のキャッチミスに付け込まれ2失点目。失点の仕方があまり に悪く、いやなムードが漂う。

しかし、習志野が2点リードで無理をせず、前半ほど”がつがつ”来なくなったのもあり、徐々にペースは新子安に傾く。後半24分、山田君のロングフィードに菅原君が抜け出し、ゴール。西谷采配ずばり!

勢いに乗る新子安はなおも攻め続ける。後半32分。CKからのゴール前の混戦。何がどうなったのかよく判らなかったが、好調星広太君が押し込んだらしい。 ああ、そういえば今日は七夕じゃないか(笑) 同点に追いついた後も、新子安の攻撃は続く。習志野も反撃に出るが、新子安の勢いが上回る。一度気持ちが落 ちついてしまったところから、盛り上げるのはなかなか大変だ。終了前には平石君のおしいシュートがあったものの、これはGK正面。結局80分では決着がつ かず、10分ハーフの延長戦に突入。

追加点がどうしても欲しい両チーム。ボールを簡単に前線に送る。前半は守備に加え攻撃も任され苦労していた剱持君だったが、CBで役割がはっきりしたおか げか、小林君との長身CBは鉄壁の守りで、DFの裏を狙うロングボールをことごとく頭で跳ね返した。正直前半の剱持君の出来では交代かなと思っていただけ に、CBにポジションを代えてフルに使い切った西谷監督はお見事。

ベンチも父兄&サポも盛り上がってくる。延長後半2分。左サイドにドリブルで持ち上がった平石君が粘って、ゴール前に折り返し。最後は松本君が決め、新子 安が2点差をついにひっくり返した。長い残り時間。変に守りを固めるのではなくあくまでも追加点を狙う新子安。祈りがピッチを包む。そして、ついに試合終 了のホイッスル。

2007070702
(写真:みんないい笑顔)

新子安が苦労して全国への階段を1段上った。残すはあと1段。明日の相手は地元前橋の前橋エコーJr。新子安が関東リーグで黒星をつけられた図南SCを 2-0でやぶった相手だけに新子安にとっても簡単な相手ではないだろう。しかし、交代選手がみなそれぞれ活躍しての今日の逆転勝利はチームにいい影響を与 えるはず。明日の試合もこの調子で全員が最後まで諦めずに頑張って欲しい。♪絶対に行こう、Jヴィレッジ(字足らず)

2007070703
(写真:全員の力でNo.1を掴み取れ!)

<スタメン>
_____吉田眞紀人(9)___荒川卓斗(17)_____

___________松本翔(10)__________

高溝竜稀(8)________________星広太(14)

___________渡辺大斗(6)__________

星雄次(15)_加藤祐介(3)_横山恭嗣郎(2)_剱持和義(13)

___________椎橋拓也(1)__________

<エンメン>
_____平石直人(7)___菅原慶人(11)_____

星広太(14)_______________松本翔(10)

______渡辺大斗(6)__加藤祐介(3)______

星雄次(15)_剱持和義(13)_小林広樹(4)_山田融(22)

__________椎橋拓也(1)__________

得点:
 前半10分 (習志野)
 後半09分 (習志野)
 前半24分 菅原慶人(11)
 前半32分 星宏太(14)
 延長後半02分 松本翔(10)

交代:
 後半00分 横山恭嗣郎(2)、高溝竜稀(8)、荒川卓人(17)
         →小林広樹(4)、山田融(22)、菅原慶人(11)
 後半28分 吉田眞紀人(9)、星雄次(15)
         →平石直人(7)、関森悠斗(5)

ウチに帰ると、四クラU-15の予選で愛媛が最大のライバル徳島に2-1で勝利し、決勝進出を決めていた。そして、川崎を4-0で倒した追浜は、ヴェル ディとの準決勝。明日は、新子安に、追浜、横浜ユース、愛媛JYと大事な試合がいっぺんに行われる。体が4つあればなぁ(笑) みんなそれぞれ頑張って、 最高の1日にしよう!

|

« JFA理事会資料をチェック H19#4 | トップページ | プリンスリーグ第9戦 横浜ユースvs市船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/28371860

この記事へのトラックバック一覧です: 関クラU-15 9決#1 新子安vsジェフ習志野:

« JFA理事会資料をチェック H19#4 | トップページ | プリンスリーグ第9戦 横浜ユースvs市船 »