« 2試合目終了 | トップページ | U-18選手権観戦記 〜台湾に苦しむ編 »

2007年11月 6日 (火)

U-18選手権観戦記 〜バンコクに一歩踏み出す編

最初の海外旅行が野郎5人で行くプーケット4泊5日(到着翌日にバンコク1日観光付)だったという暗黒の歴史を持つ管理人にとって、バンコクは2度目の訪問。前回はパッケージツアーだったのでガイドについて回るだけでほとんど街の印象がない。何か河を船で渡ったのは記憶にあるんだけど。そんなわけで今回はしっかりタイを堪能する旅の予定。

タイへは前日の20時過ぎに到着。空港で夕食を済ませ、リムジンタクシーでホテルへ。リムジンだけあって快適だったが、ホテルまで1000バーツはほぼ相場ながら物価を考えるとかなり高い。まぁ、日産車だったからいいか。本当はもっと安いいすゞでよかったんだけど・・・

今回はバンコクナビで予約したバイヨークブティックホテルに宿泊。4500円/泊。もっと安い宿でもよかったけど、滞在が長くなるのである程度ちゃんとしたホテルの方が色々都合がいい。ダブルベットで部屋にセーフティーボックスもあって、有料ながら部屋で無線LANも使え(到着して知った)、日本語の出来るスタッフもいるのでまぁまぁ快適。難点は線路のすぐ脇で、頻度はそれほど多くないものの、列車が通過するときはかなりうるさい。

朝食をすませ、今日はホテル近くの探索。宿のある辺りはプラトゥナーム市場をはじめ衣料品問屋街といった感じで、ファッション大好き人間にとっては天国かもしれないが、マリノスブランドとJヴィレブランドを愛用する(笑)管理人は冷やかして回る程度。何よりもアジア特有の活気に圧倒される。

そこからさらに行くと大型ショッピングセンターが並ぶ地区に出る。とりあえず、伊勢丹のあるセントラル・ワールドに。目指すはスタバ。バンコクのスタバにはhotspotがあって、ここで従量制のプリペイドカードを買うとネット接続できる。プロバイダーのKSCのHPには20時間1500バーツというのがあったので、これを購入しようとしたら1時間(150バーツ)と5時間(600バーツ)しかないといわれた。仕方がないので5時間のカードを買い、ネットチェック&ブログ更新。

スタバでネットチェックを済ませて、ショッピングセンターを色々探索。セントラル・ワールドは半端なくでかい。ダイヤモンド地下街で目がくらくらする管理人にとってはこんなでかいショッピングセンターでどう振舞えばいいのかさっぱり見当がつかない(笑) とりあえず馴染のある伊勢丹を冷やかす。伊勢丹ではちょうど「仙台・東北ジャパンフェア −仙台・福島・山形観光物産展−」をやっていて、タイの非日本人が海鮮丼や喜多方ラーメンを食べているのは何だか不思議な感じだった。伊勢丹の中にあった紀伊国屋書店で「物語 タイの歴史」を購入。これを読んでおけば観光しても楽しいだろう。

その後は伊勢丹向かいのビッグCへ。こっちは一転タイの庶民向けのショッピングセンター。ちょどお昼どきだったので、フードコートにて食事。見よう見まねでご飯の上におかず2品(白身魚の生姜風味煮込み&トン足の煮込み)を載せてもらって35バーツ。日本人でも十分OKな味。

一旦ホテルに戻り、ちょっと一休みして競技場へ。タクシーで行こうとしたら「タイ語しかわかりませーん」的に拒否られたので、これは歩けという神様の思し召しだ!と思い、建物を見たり、屋台を冷やかしつつ歩いて競技場へ。地図だとそんなに遠くないのに歩くとなかなか遠かった。幸いバンコクはそれほど暑くはなく、むしろ今年の日本の猛暑をくぐりぬけてきた人間からすると涼しいぐらいだったので、歩くのはそれほど苦ではなかった。

ようやく競技場周辺に到着するとキックオフ25分前。体育施設が並んでいるので最初どれか分らず、プチ迷子に。おまけに競技場の入口が分らずバックスタンドの方に入りこんでしまい競技場をぐるっと半周する羽目に。ようやく見つけた入口ではチケット提示を求められた。無料じゃないのか!今度はチケット売り場を探してさらに半周。警備員の人に聞くも「タイ語しかわかりませーん」的リアクションだったので、英語がちょっとは通じそうな若いカップルに聞くと、警備員の人に通訳してくれ、ようやく売り場が分った。チケットを買ってスタジアム入口へ向かうと国歌が始まった。やばいー。中に入ると、台湾の国歌斉唱中だった。時間がなかったのでダンマクはハーフタイムに貼ることにして、とりあえず席につき観戦。

これから現地に来る人へのお役立ち情報

 ・競技場はBTS駅から一番離れたところで、競技場周囲に掲げられているたくさんの国旗を目印に。
 ・途中で中に入れるスキマを見つけても、我慢して道路沿いにちゃんとした門まで歩くべし。
 ・チケット売り場は道路沿いの門の脇。一人50バーツ。
 ・競技場入口ではどちらの応援か聞かれる。ジャパンは通じた(笑)
 ・観戦エリアはメインスタンドのみ。屋根付き。
 ・場内では飲み物(コーラ、スプライト)、食べ物(練り物串刺し)程度は売っているが、スタグルメはなし。
 ・食料や飲み物を買うのならBTS駅近くの東急かマーブンクロンセンターで購入しておこう。

(続く)

|

« 2試合目終了 | トップページ | U-18選手権観戦記 〜台湾に苦しむ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/28390252

この記事へのトラックバック一覧です: U-18選手権観戦記 〜バンコクに一歩踏み出す編:

« 2試合目終了 | トップページ | U-18選手権観戦記 〜台湾に苦しむ編 »