« ネタもないので・・・ | トップページ | プリンス関東編成 など »

2008年2月27日 (水)

TRM 横浜vs法政

いよいよJ開幕が近づいてきた。週末の名古屋との練習試合は急遽非公開となり、今日の法政大学戦が今のところ公開される最後の練習試合のようだ。本来なら 徐々に仕上がっているチームの最終形が見える試合なんだろうが、ここ最近の練習試合はシステムがころころ代わり、どういうフォーメーションで戦うのかさえ サポにもはっきり判らない。最も中澤、山瀬功治の代表組が合流して間もないというのもある。それでも桑原監督は自分のブログで、

 こらから(ママ)本格的なチーム戦術へ!

と書いているので、今までは自分の理想のフォーメーションに選手を”コラージュ”していたのから、選手の適正にあったチーム戦術を構築していく段階に移って行くのだろう(笑) 1週間もあればばっちりだよね、プロなんだから(汗)

今日の試合、横浜の出来と同じぐらい気になるのが法政のフォーメーション。ユースOBの富井、山岸はスタメンフル出場。富井はインカレの時と同じボランチ の一角。山岸は4バックの右サイドバック。試合を通じて残念ながらあまり見せ場はなかったが、最大の見せ場は前半開始早々に。山岸が蹴ったボールが松田様 を直撃し、松田様がお倒れになった。筆者の周りではこのシーンが妙に盛り上がった。純平、Mrマリノスに何て事を(笑)

前半は主力と目される選手が出場。”うまい”選手が、”うまい”サッカーを魅せた。スタンドから感嘆の漏れるような”うまい”プレーが続出した。もっと見 たいと思わせるサッカーだった。しかし、このサッカーが強いかどうかはわからない。前半は何度もあったチャンスを決めきれず、それでもロニーの2発で 2-0。

後半は若手中心。前半の”うまい”サッカーを見た後ではやや物足りなかった。古部がゴールを決めるも、終了間際に中盤でボールを奪われそこから失点し、1-1。

富井&アーリア+ロペス 試合後、山岸と話す陽介、をちょっと離れて見ている田代。遅刻してきた主審は家本さん?

OHPに出場メンバーが最近載らないのはあまり知られたくないからかな?とも思うので、開幕も近い事だし、フォーメーションは開幕した後にでも。

2008.03.10 開幕したので

<前半>
______ロニー(9)___大島秀夫(15)______

山瀬功治(10)____ロペス(8)_____田中隼磨(7)

______松田直樹(3)__アーリア(29)______

__田中裕介(26)__中澤祐二(22)__栗原勇蔵(4)__

__________秋元陽太(36)__________

<後半>
______坂田大輔(11)__古部健太(32)______

清水範久(18)____水沼宏太(20)____山瀬幸宏(16)

______兵藤慎剛(17)__小椋祥平(30)______

__小宮山尊信(13)__田代真一(23)__金井貢史(24)_

___________秋元陽太(36)__________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半33分 水沼宏太(20)→乾貴士(19)
 後半35分 古部健太(32)→斉藤陽介(27)

得点:
 前半10分 ロニー(9)
 前半40分 ロニー(9)
 後半15分 古部健太(32)

|

« ネタもないので・・・ | トップページ | プリンス関東編成 など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27609532

この記事へのトラックバック一覧です: TRM 横浜vs法政:

« ネタもないので・・・ | トップページ | プリンス関東編成 など »