« U-14日本選抜チーム 中国遠征[AFC U-14フェスティバル]メンバー | トップページ | JFA理事会資料をチェック H20#1 »

2008年4月 9日 (水)

TRM U-19日本代表vs磐田サテ

焼津のカントリーロードという喫茶店(店曰く、デザートレストラン)のスーパープリンが、昨日のgoogle検索ワード24番目にランクしていたので(嘘)、BMWの人と一緒に力試しをしてきた。閑散とした焼津駅前ストリートを南南東に歩くこと15分。ケンタッキーのある交差点を右折するとその店はあった。店内には誰もおらず、我々2人の貸切状態。お店の人に「大丈夫かな?」と心配されつつも管理人はスーパープリンサンデーを、BMWの人はスーパープリン+2色アイスを注文。

まずは☆CRとおしゃれなロゴの入った受け皿に、大中スプーン、フォークセットがでてくる。期待が高まる。

041001

待つこと数分。遂にスーパープリンが登場。写真のコップと比べてみればスーパープリンが何ゆえスーパーなのかが判るだろう。

041002

早速頂く。5分経過。順調に消化中。味も素朴な焼プリンで結構いける。

041003

10分後。頂上の生クリーム陥落。

041004

15分後。地底が見えてきた!そろそろきつくなってくる。

041005

20分後。防波堤決壊!

041006

さてこの後何が待っているのか!

と、その前に、ちょっとスプーン休めにU-19vs磐田のレポでもお楽しみください。

U-19代表合宿も最終日。今日は12:00から磐田の大久保グランドで磐田サテと対戦。会場の大久保グランドへは磐田駅2番乗り場から磐田市立病院行きバスに乗りヤマハ大久保グランド入口で下車。所要時間14分。グランド入口とあるからそっからすぐかと思いきや、グランドに向かう一番近いルート上の橋が全面改修中で通行止め。遠回りを余儀なくされた。茶畑の中を歩くこと10分。「ジュビロ磐田見学者入口」の案内に従い到着したのは隣接するスポーツ交流の里ゆめりあ(笑) フェイントをかまされたがそこからちょっと坂道を下り無事大久保グランドに到着。大久保グランドはもともと野球場だったらしく、サッカー場にしては変則的な形。座って見れる見学席もゴール裏一箇所しかなく、なかなか見づらい。

U-19は永井と山崎の2トップ。なぜか永井は今日は22番を付けていてちょっと面食らったが、永井の顔はさすがに識別できる。月曜日は別メだった青木がボランチで先発。横浜勢は3人揃ってスタメン。GKは磐田ユース出身の松本。何だかんだでこのチームは磐田関係が多い。一方の磐田はサテといいつつ、中山隊長に、JYから飛び級昇格した(笑)佐藤洋平、田中誠、船谷圭祐、太田吉彰と豪華なメンバー。後半には、鈴木秀人、村井慎二、カレン・ロバートも登場した。

磐田の早いパス回しとプレスの激しさの前にU-19代表はほとんど何もさせてもらえなかった。前半9分に船谷の地を這うミドルが決まったのを皮切りに、松浦、押谷が次々とゴールを決める。磐田にばかり点が入るので、後ろで見ていた磐田ファンのじいちゃんは終始ご機嫌で、山崎にも点取らせてやれよ!との軽口も飛び出す。山崎もチャンスを何度か作りだしてはいたが、オフサイドにひっかかったり、決定機にパスを選択したりして得点ならず。

後半に入ってメンバーを立て続けに変えたU-19だったが、目だった効果はあげられず。逆に押谷はさらに2ゴールをあげハットトリック。U-19代表入りの資格のある押谷にとっては絶好のアピールの場となった。「こりゃ、押谷はU-19代表に呼ばれるな」と、もちろん後ろのじいちゃんはご機嫌。ただ、押谷は独力でゴールをこじ開けるタイプというよりは、組織戦術の中で輝くタイプに思えるので、組織を磨く時間の短い代表ではどうだろうか。一度見てみたいのは確かではあるが。

U-19代表は途中出場の大竹がラッキーなゴール(角度のないシュートがDFにあたりゴール)で一矢報いるも、5-1で磐田サテに完敗。年代別代表と試合をやるときの磐田はいつも本気(マジ)だ!(笑)

会場においてあったミニハンドブックに掲載されておらず、後ろのじいちゃんに玉離れが悪いとダメ出しされていた左サイドの謎の35番が去年愛媛にいた藤井だと試合後に気づいた orz 元気かい、マシュー。

試合情報の後は、再びスーパープリン挑戦記をお届けします。

<スタメン>

_____永井謙佑(22)__山崎亮平(15)_____

鈴木惇(7)________________水沼宏太(12)

______山本康裕(10)_青木拓矢(9)______

金井貢史(5)_浦田延尚(2)_村松大輔(4)_岡本知剛(13)

_________松本拓也(18)__________

<エンメン>

_____丸谷拓也(16)__大津祐樹(19)______

大竹洋平(8)_____大前元紀(17)_____吉田豊(11)

__________青木拓矢(9)__________

佐藤将也(6)_山村和也(3)_村松大輔(4)_金井貢史(5)

_________松本拓也(18)__________

交代:
 前半42分 永井謙佑(22)→大迫勇也(21)
 後半00分 水沼宏太(12)→吉田豊(11)
 後半18分 山本康裕(10)、山崎亮平(15)→大竹洋平(8)、大津祐樹(19)
 後半23分 浦田延尚(2)→山村和也(3)
 後半28分 岡本知剛(13)→佐藤将也(6)
 後半31分 鈴木惇(7)→大前元紀(17)
 後半36分 大迫勇也(21)→丸谷拓也(16)

得点:
 前半09分 磐田:船谷圭祐(28)
 前半19分 磐田:松浦拓弥(24)
 前半26分 磐田:押谷祐樹(34)
 後半06分 磐田:押谷祐樹(34)
 後半11分 磐田:押谷祐樹(34)
 後半22分 U-19:大竹洋平(8)


25分後。ぱったりスプーンが止まる。店内にカップルが入ってきた。何を頼むだろう。興味津々。だが、普通にドリンク。何だ、つまらん(笑)

041007

30分後。小分けにしてゴールを判りやすくしてみた。残り13切れ!

041008

35分後。残り10切れ!胃からプリン液が逆流しそうになる。限界が近い。

041009

1時間後。すでにカップルの姿はない。30分近くかけて何とか4切れ食べるも、6切れ+パイナップル1切れを残しギブアップ。残してすみません。

041010


やっぱり先に↓を食べたのが敗因だった。ちなみにこれはスパライスというこの店オリジナル(?)メニュー。ライスとスパゲティの間にチキンカレーがかかっている。牛丼チェーンで合いがけメニューが登場する以前からあったかどうかは不明。スパにカレーを絡めるべきか悩んだが、絡めて食べた。スパ自体も喫茶店のスパっぽくて懐かしい味。量はいたって普通。

041011

そんなこんなでお勘定。喫茶店で2550円も使ったのは初めてだ(笑)

041012


今日も読んでくださった皆さん、ありがとうございます。


お口直しにU-19横浜勢の写真でもお楽しみください。

041021 041022

041023 041024

041025 041026

|

« U-14日本選抜チーム 中国遠征[AFC U-14フェスティバル]メンバー | トップページ | JFA理事会資料をチェック H20#1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20223250

この記事へのトラックバック一覧です: TRM U-19日本代表vs磐田サテ:

« U-14日本選抜チーム 中国遠征[AFC U-14フェスティバル]メンバー | トップページ | JFA理事会資料をチェック H20#1 »