« JFAプレミアカップ第一日 みなとみらいvs福岡、吹田JFC千里丘 | トップページ | 春季大会 みなとみらいU-10vs飯島FC & ユースBvs千葉 »

2008年5月 4日 (日)

JFAプレミアカップ第二日 みなとみらいvs徳島、広島

JFAプレミアカップ二日目。昨日プリンス・トップを観戦した友人達も合流し、今日もまた木戸の番犬に思いっきり吼えられながらJヴィレッジへ。涼しいから夏の大会の時に比べると元気一杯で吼えてくれたが、人数が多くて番犬も吠え疲れたことだろう。(笑)

■みなとみらいU-14vs徳島ヴォルティスJY

グループリーグ最後は10:00からピッチ2で徳島との対戦。徳島は近年下部組織でも声だしサポの皆さんがいるが、今日もゴール裏の一角で賑やかな応援を繰り広げていた。#試合後のエールと御丁寧なご挨拶、ありがとうございます。

ここまで2勝できたみなとみらい。あと勝ち点1を積み上げればグループリーグ突破が決まる。何だか主審が主役になりそうな嫌な出だしだったが、前半7分、9分と早い段階でみなとみらいがゴールを重ねる。それで満足したか追加点が奪えないみなとみらい。前半20分には大西秦登君の絶妙なスルーパスに中川翼君が抜け出し、徳島に1点返されてしまう。前半はそのまま終了。

前半の流れはみなとみらいペース。しかし1点差というのはどう転ぶか判らないスコア。追加点が早く欲しい。そんな期待に応えてくれたのが宇佐見君。後半7分に徳島の選手を巧みな足技と、強いフィジカルでかわし待望の追加点を奪ってくれた。さらに後半13分にも相場君のラストパスを受けゴール。ハットトリック達成。みなとみらいU-14は4月から新背番号になって、今までの50音順からポジションにあった番号に変わったが、新”みなとみらいの10番”のエースナンバーに恥じない活躍でみなとみらいが全勝で決勝トーナメント出場を決めた。

<スタメン>

______野路貴之(9)__宇佐見康介(10)____

持田里久也(11)____________相場遥介(8)

______喜田拓也(7)___谷祐樹(6)______

高野遼(4)__松崎颯介(3)_諸石健太(2)_岩壁裕之(5)

___________境龍登(1)__________

交代:
 後半10分 松崎颯介(3)、持田里久也(11)→田中秀明(18)、冨澤右京(15)
 後半16分 野路貴之(9)、相場遥介(8)、宇佐見康介(10)
          →鈴木浩一郎(20)、松井優斗(13)、河合力也(12)
 後半18分 喜田拓也(7)→渡辺悠貴(14)

得点:
 前半07分 谷祐樹(6)
 前半09分 宇佐見康介(10)
 前半20分 (徳島:中川翼(8))
 後半07分 宇佐見康介(10)
 後半13分 宇佐見康介(10)
 後半25分 谷祐樹(6)

Img_4728 Img_4754

Img_4773 Img_4778

■みなとみらいU-14vsサンフレッチェ広島JY

昨日よりも30分長い昼休みをバイキングと昨日の試合のハイライト映像でやり過ごし、15:00からの準決勝は再びピッチ2で広島との対戦。準決勝からは30分ハーフ。

序盤からみなとみらいが積極的に攻撃を仕掛けるが、広島のディフェンスラインは固く、みなとみらいはゴールに迫ることができない。逆に前半13分、18分と直接FKから連続で失点。ちょうど観戦位置からゴールまでの間に副審がいたため、失点シーンを直接見ることは出来なかったが、あれ?入っちゃったの?という感じのあっけない失点だった。ポゼッションを握っていただけに、この2失点は本当にもったいなかった。

後半立ち上がり早々、谷君のミドルがバーを直撃。谷君も今大会好調な一人。どちらかといえばドリブルでゴール前に迫り、相手を抜いての得点が多かったみなとみらいにあって、谷君の強烈なミドルはいいアクセントになっている。いい流れだったみなとみらいだが、得点を奪えぬまま時間が過ぎ徐々に押し込まれるシーンも増える。2度の決定的なピンチは、ゴールポストが弾いてくれた。よし、運はまだある。関東大会の準決勝、決勝の激闘が脳裏をよぎる。

しかし、連戦の疲れが選手の運動量を奪う。メンバー交代で元気な選手を投入すればとも思ったが川合監督は動かず。結局、一矢報いることもできないまま、みなとみらいは3位という成績で大会を終える事となった。

今大会、どの選手も去年に比べると一段と成長したプレイを見せてくれた。残念ながら今日の試合は悔し涙で終わってしまったが、その涙を笑顔に変えるチャンスはまだまだいくらでも残されている。多分今回の大会を通じて感じただろうが、柏を筆頭に、日頃関東で戦っている相手は今回戦った相手に勝るとも劣らぬぐらい強い。日頃の試合を一戦一戦全力で戦っていくことが、今日の涙を笑顔に変える事に通じるだろう。すぐにJリーグU-14の試合もある。気持ちを切り替えて再び頂点を目指そう。

<スタメン>

____宇佐見康介(10)__鈴木浩一郎(20)____

持田里久也(11)____________相場遥介(8)

______喜田拓也(7)___谷祐樹(6)______

高野遼(4)__松崎颯介(3)_諸石健太(2)_岩壁裕之(5)

___________境龍登(1)__________

交代:
 前半17分 鈴木浩一郎(20)→野路貴之(9)

得点:
 前半13分 (広島:野津田岳人(10))
 前半18分 (広島:大谷真史(13))

Img_4859 Img_4863

Img_4922 Img_4933

Img_4947 Img_4984

|

« JFAプレミアカップ第一日 みなとみらいvs福岡、吹田JFC千里丘 | トップページ | 春季大会 みなとみらいU-10vs飯島FC & ユースBvs千葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20791475

この記事へのトラックバック一覧です: JFAプレミアカップ第二日 みなとみらいvs徳島、広島:

« JFAプレミアカップ第一日 みなとみらいvs福岡、吹田JFC千里丘 | トップページ | 春季大会 みなとみらいU-10vs飯島FC & ユースBvs千葉 »