« U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(7/15~21)メンバー | トップページ | 熱い秋を ~関クラU-15 9決#1 みなとみらいU-15vs横河武蔵野FC »

2008年7月 4日 (金)

東京駅への道その4 ~B級グルメ堪能

金沢B級グルメレポ+α

■ハントンライス

080703_164200
金沢のB級グルメといえばハントンライス。今回は片町のグリルオーツカへ。ここは厨房と飲食ゾーンが離れていてお互い見れないようになっている。飲食ゾーンにはテーブルが7つほど置かれていたが、時間を外して行ったので貸切状態。真ん中は落ち着かないので、一番端っこのテーブルの壁側に座ったのはいうまでもない(笑) ハントンライスは、オムライスの上に白身魚のフライや、エビフライ、カツを載せてケチャップ&タルタルソースをかけたもの。味は想像通りで特に驚きはなかったけれど、量が多くて700円は非常にコストパフォーマンスがいい。

■「佃の佃煮」の佃煮入りワッフル

某奇食系サイトで見た佃煮入りのワッフル。5種類入りで500円ちょっとだったのでネタに買って帰ろうかと思ったが、試食で満足したのでパス。他にもくるみ煮の入った最中とかもあったが、これも試食で満足(笑) 試食だけでは悪いので売れ筋No2の磯くるみ(くるみ、ぎんぽ白魚、川海老)を購入。くるみと川海老の香ばしさがマッチしていてグッド。

■宇宙軒の豚バラ定食

080703_141300
ガイドブックに宇宙軒の豚バラ定食は金沢市民のソウルフードと紹介されていたので行ってみた。店を入ると厨房をコの字型に囲むようにカウンターがあり(脇には1つだけテーブル席も)、厨房の中央には年季の入った鉄板がどんと鎮座する。ほとんどの客が豚バラ定食を注文する。注文を受けるとその鉄板で手際よく豚バラ肉をいためる。豚バラ自体は何の変哲もないが、これを特製のソースにつけていただく。このソースが秘伝の味らしく、焼肉のタレよりはさっぱりとして甘辛くご飯とよく合う。値段も600円と安い。

■グリル中村のミックス丼

080704_112700
ここもガイドブックに載っていたお店。コンソメベースの洋風カツ丼(皿?)が名物らしい。店に行ってみると、カツ丼と真っ黒なカレーのミックス丼があったのでそちらを注文。まずはカツ丼の方から。コンソメベースで溶きタマゴがはいった”あん”は洋風といえば洋風だけど、和風と言ってもいい。片や、カレーの方はあまりスパイスの味がせず、なんだかカレーっぽくない。カツ丼オンリーの方がよかった。

■回転寿司

080704_154400 080704_155900
金沢は何でも回転寿司用のベルトコンベアの生産日本一らしく、新鮮な魚介が取れることもあり回転寿司で有名。回転寿司といってもガイドブックに出ているような店は結構値段も張るので、某R君に教えてもらった金沢駅前フォーラスのもりもり寿司へ。ランチの時間帯で、寿司9貫+味噌汁のAセットを注文。せっかくなので旬のばい貝とまんじゅ貝の握りも追加で注文。味はまあまあだったが、これだけ食べて1700円ほど。ここもコストパフォーマンスがいい。

■松葉屋の月よみ山路

お土産に栗羊かん。栗がどっさり入っていて、どこを切っても栗が出てくる。羊かんはかなり甘さ控えめ。甘いものが苦手な人でもOK。

■レストラン ナカタの洋風カツ丼

080704_200200
これは金沢ではなく上越新幹線に乗り換えるために長岡で途中下車した時に食べたもの。新潟県のカツ丼というと、カツをタレにつけたタレカツ丼が最近有名だが、同じ新潟県にありながら、長岡のカツ丼はちょっと酸味のあるデミグラスソースのかかったカツ丼。普通のカツ丼とは別の食べ物と割り切ってしまえばこれはこれでありだが、やっぱりカツ丼は卵とじに限る。

次回のための北陸&新潟グルメ覚書

 □金沢 カレーのチャンピオン Lカツカレー
 □金沢 近江市場グルメ
 □金沢 カニ
 □金沢 加賀野菜
 □富山 富山ブラック
 □福井 ヨーロッパ軒のソースカツ丼
 □新潟 タレカツ丼
 □長岡 金子屋の洋風カツ丼(ミートソース風味)
 □長岡 いち井(ラーメン)
 □長岡 レストランナカタのカレー
 □長岡 フレンドのイタリアン

そんなわけで、観光にグルメを堪能し無事東京駅に到着

080704_204300

|

« U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(7/15~21)メンバー | トップページ | 熱い秋を ~関クラU-15 9決#1 みなとみらいU-15vs横河武蔵野FC »

コメント

地元民として石川県のB級グルメを補足しますと、

第七餃子・・・金沢市民で知らない人はいないぐらい有名。ホワイト餃子の店は都内近郊にもあるんですが、焼きとか蒸しは第七が勝手にメニューを増やしたので他店ではメニューにないはず。

まつやのとり野菜・・・石川県民で知らない人はいないぐらい有名。味噌ベースの白菜鍋。地元の鍋ランキングで1位になったこともある。スーパーで味噌だけ売ってるけど、お店でも食べられます。

他にはいしる鍋(いしるベースの海鮮鍋)、もみいか(いしるでつけたイカの半干し)、どじょう蒲焼(金沢の夏限定)、じぶ煮(金沢の定番料理)。


福井ではおろしそば(越前そばとも言う)、水羊羹(冬限定)。鯖の丸焼き(スーパーで普通に売ってます)
富山ではたら汁(新潟県境のR8のドライブインの定番メニュー)。食べたことはないけど白海老の掻揚げ丼。

富山ブラックの元祖店は大喜西町店。ネットの情報だけだと汁が黒くてしょっぱいとなっているはず。汁がしょっぱいのは本当ですけどw、一番しょっぱいのは実はメンマ。
金沢市内に金沢風(金沢は薄味が好み)の富山ブラックの店でラーメン全日本という店もあります。支店が第七餃子のすぐ近くにあります。

投稿: 石川県民 | 2008年7月13日 (日) 04時42分

石川県民さん、コメントありがとうございます。

うおー、こんなにB級グルメがあるなんて。
第七餃子は関東のホワイト餃子と同じだろうなと思って今回はパスしましたが、蒸しに興味深々です。
ホワギョウはあの揚げてある感じが売りなので、蒸したらどうなるんだろう。

そのほかにもたくさんの紹介ありがとうございます。近隣の県にも色々あるんですね。
北陸は観光にグルメに本当にいい所ですね。かなり気に入りました。
なかなか行くチャンスがないんですが、今度行く機会があれば堪能したいと思います!

投稿: うれ@管理人 | 2008年7月13日 (日) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/22165784

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅への道その4 ~B級グルメ堪能:

« U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(7/15~21)メンバー | トップページ | 熱い秋を ~関クラU-15 9決#1 みなとみらいU-15vs横河武蔵野FC »