« 東京駅への道その1 ~TRM U-19vs静岡産業大学 | トップページ | 第12回国際ユースサッカーIN新潟 U-17日本代表チームメンバー »

2008年7月 2日 (水)

東京駅への道その2 ~ナビスコQF#1 ガンバvs横浜

U-19の試合の後は、速攻で12:30のバスに乗って清水駅へとって返し、電車で静岡駅へ。静岡駅からは新幹線で東京駅に向かう。途中の米原まではこだまだったが、エクスプレス予約のポイントが溜まっていたのでグリーン車にアップグレード。ほとんど貸切状態で、座席もゆったりで快適。でも、やっぱり未統一国ばかりだったので寝られなくてきつかった(笑)

Pic1
(写真)おやつのまぐろメンチバーガー。静岡駅で購入。牛や豚のメンチカツに比べるとあっさり。

米原駅でこだまを降りて、今度は特急しらさぎで東京駅を目指す。しかし、米原からの直通便はないのでひとまず金沢へ。しらさぎの先頭車両はPC用コンセントがあったので助かった。未統一国ばかりだったので、電池では長い統一の旅、きつかった(笑)

Pic2
(写真左)米原駅ホームの立ち食いそば屋で名物「よもぎそば」。よもぎが練りこんでいる麺は緑色。そこに山菜、揚げ、かまぼこが乗る。麺が柔らかすぎて個人的に二度目はない味。

(写真中、右)米原駅で買った井筒屋の駅弁「近江牛大入飯」。井筒屋は「ステーキ弁当」とか「湖北のおはなし」が有名みたいだが、近江牛という表記がいつの間にかなくなっていた「ステーキ弁当」は外し、堂々と近江牛を名乗っているこれにした。カレー風味のご飯の上に、牛と玉ねぎを甘辛く煮たものが乗っている。味付けは好みだが、油分が固まっていて口当たりが悪い。温かかったらもっとおいしかっただろうな。

金沢に到着したのは、6時前。駅近くのホテルへチェックインをして、金沢駅からバスで西部緑地公園へ。ナビスコ第1戦は、1-0で負け。横パスだけでは点は入りません。陽介が入ってから裏を狙う動きが出てちょっと流れは変わったけど。まぁ、これで未観戦県がひとつ減ったのが収穫。

試合の後は、観戦仲間と片町へ。金沢で暮らしていた某R君の案内でさまよい(笑)、偶然横道を入ったところに食べログで評判が良かった「源左ェ門」があったので、そこに決定。店はお客さんが全然いなくて失敗したかなと思ったが、頼んだ料理はみんな美味しく、店の人も感じが良くて大正解。値段も思っていたよりは安かった。

Pic3
(写真左)今が旬の岩がき。1つしかなくてちょびっとだけ。
(写真中)加賀野菜の金時草(きんじそう)のおひたし。ほうれん草っぽい味かなと思いきや、シャキシャキしていて、ちょっとぬめりもあり、今までに食べたことのない味。
(写真右)鴨肉の治部煮。鴨肉がジューシー。

Pic4
(写真左)お造り盛り合わせ。タコがびっくりするぐらい美味かった。
(写真中)のどぐろの焼き物。石川付近でしか食べられない高級魚。2000円なり。いいお値段だけど、白身ながらこってりとした味わいは格別。2000円の価値はあり。ちなみにのどぐろの名前は、口の中が黒いからだそうな。
(写真右)しろえびのかき揚げ。隣の富山の方が有名だけど、もちろん石川でも食べられます。

(写真なし)石川でしか製造を許可されていないふぐの卵巣の粕漬けはしょっぱくて、酒飲みにはよさそう。同行したお姉さま方はお茶漬けに入れて召し上がっておりました。

そんなわけで、グルメ的には満足の途中下車。東京駅を目指す旅はまだまだ続く。

|

« 東京駅への道その1 ~TRM U-19vs静岡産業大学 | トップページ | 第12回国際ユースサッカーIN新潟 U-17日本代表チームメンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/22141840

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅への道その2 ~ナビスコQF#1 ガンバvs横浜:

« 東京駅への道その1 ~TRM U-19vs静岡産業大学 | トップページ | 第12回国際ユースサッカーIN新潟 U-17日本代表チームメンバー »