« インハイ埼玉大会組み合わせ | トップページ | 東京駅への道その2 ~ナビスコQF#1 ガンバvs横浜 »

2008年7月 2日 (水)

東京駅への道その1 ~TRM U-19vs静岡産業大学

東京駅に行くついでに、ちょっと清水駅で途中下車をしてJ-STEPでU-19の練習試合を観戦。清水駅発9:00のバスに間に合うためには家を5:00前に出発しなきゃいけなかったが、藤沢からの電車はながら車両だったので憧れのミニボックス席で乗り換えなしで快適。でも、未統一国ばかりだったので寝られなくてきつかった(笑)

U-19の相手はおなじみの静岡産業大学。背番号は2桁真ん中から3桁前半ぐらいだったから、恐らくBチームだろう。前半は結構チャンスは作れていたが、完全に崩したといえるシーンはそれほど多くなかった。ポゼッションを握っていたU-19だが、前に行くほどスピードダウンしてしまう。攻撃にスピード感がないから静産大としては結構やりやすかっただろう。昨日今日合わせたメンバーではないので、もうちょっと息のあった連携を見せてくれてもよさそうだが、ミスも多くいい流れはなかなか作れぬまま時間が過ぎる。ようやく前半38分に水沼が大迫からのクロスを豪快に叩き込みU-19が先制。不思議なもので先制点を決めると、その4分後にはセットプレーからのカウンターでキャプテン山本が得点し、さらに白谷がゴール前で相手DFをうまくかわし3点目を決めて、あっという間に3点差。

横浜勢は二人とも前半に出場。水沼は先制点をあげたものの、ミスも多かった。金井も遠い方のサイドにいたせいもあり、試合中はあまり印象に残る働きはなし。前半で印象に残ったのは大迫の攻守に献身的なプレイぐらいか。来年は何色のユニフォームを着るんだろう。暖色系は止めときなよ(笑)

メンバーを総とっかえした後半。キャプテン益山がちょっと意外。後半組は前半に比べると立ち上がりはいいリズムで攻撃できていたが、徐々に尻つぼみに。結局柿谷のごっつあんゴールの1点に終わった。プレイ面で印象に残ったのは輪湖。いいオーバーラップを仕掛けていたが、前の柿谷は素直なボールの出し手ではないので無駄走りになることも多かった。なかなか攻撃の主軸の固まらないU-19なので、瀬沼がどこまで出来るかを見てみたかったが、二日目に軽く足を痛めたらしく今日の出場はなし。残念。

前半3-0、後半1-0で勝つには勝ったU-19だが、内容は今ひとつピリッとしないものだった。それでも、何だかんだで点を取れてしまう。どっかで見たことのあるサッカーだなと思ったら、ジーコジャパンだ。危険。

<前半>
_____白谷健人(20)___大迫勇也(28)_____

廣瀬智靖(10)_____________水沼宏太(17)

______山本康裕(13)_青木拓矢(11)______

金井貢史(6)_下田光平(8)__薗田淳(2)_岡本知剛(7)

__________大谷幸輝(12)_________

<後半>
_____川又堅碁(27)___押谷祐樹(26)_____

柿谷曜一朗(16)____________廣瀬智靖(10)

_______鈴木惇(9)__遠藤敬佑(19)______

輪湖直樹(15)_鈴木大輔(5)_益山司(4)__村松大輔(3)

__________権田修一(1)__________

交代:
 後半19分 廣瀬智靖(10)→岡本知剛(7)

得点:
 前半38分 水沼宏太(17)
 前半42分 山本康裕(13)
 前半44分 白谷健人(20)
 後半39分 柿谷曜一朗(16)

Tr_img_7469 Tr_img_7319 Tr_img_7325

Tr_img_7540 Tr_img_7725 Tr_img_7646

|

« インハイ埼玉大会組み合わせ | トップページ | 東京駅への道その2 ~ナビスコQF#1 ガンバvs横浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/22140091

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅への道その1 ~TRM U-19vs静岡産業大学:

« インハイ埼玉大会組み合わせ | トップページ | 東京駅への道その2 ~ナビスコQF#1 ガンバvs横浜 »