« 横浜新加入情報 ~キム・クンファン加入 | トップページ | 横浜新加入情報 ~渡邉千真来期加入 »

2008年8月23日 (土)

真の餃子日本一はどこ? ~SBSカップ1日目 日本vsオーストラリア、静岡vsアルゼンチン

SBSカップ1日目グルメ紀行予定地。

日本のB級グルメNO1を決める恒例のB-1グランプリ。第3回目の今年は福岡県久留米市で11/1、2に行われる。そのB-1グランプリに静岡県内からエントリーしているのは以下の5つ。

 袋井市 袋井宿たまごふわふわ
 裾野市     すその水ギョーザ
 静岡市 静岡おでん 
 富士宮市 富士宮やきそば 
 浜松市 浜松餃子 

静岡おでん富士宮やきそば浜松餃子はすでに食べたことがあるので、今年のSBSはたまごふわふわとすその水ギョーザを食べ、B-1グランプリ静岡県内制覇がテーマ(笑)。今日は1試合目が15:00キックオフで、しかも関東から一番近い沼津で開催されるので、ちょっと国府津で御殿場線に乗り換え、裾野へ寄り道してすその水ギョーザに挑戦。途中下車をB級グルメサイトのライバルであるM&M管理人に目撃されて某所に晒されたのは我ながらうかつであった(笑)

アウトレットか山登りか分らないが妙に混んでいる御殿場線で裾野へ到着。目指すはカフェ・ド・ガーデン。駅の目の前にあったのだが、とんでも方角に行ってしまいプチ迷子になりつつも何とか到着。地元の観光会社が運営する店で、観光案内所兼アクセサリー販売所兼ネットカフェ的な何とも不思議なお店。水ギョーザだけでは物足りなさそうだったので、肉まんとのセットを注文。小さめの器に入って出てきた水ギョーザは綺麗な翡翠色。モロヘイヤを練りこんでいるらしい。しかし、スープのなかにギョーザが3つほど浮かんでいるだけで何だか物足りない。写真では白ねぎが乗っているように見えたが、それもなし。まぁ、白ねぎがない水ギョーザは水ギョーザじゃない!と、ムキになるほど白ねぎに愛着はないのでそのまま頂く。極く普通の中華スープにつるりとした食感の水ギョーザ。特筆するほどの味ではない。これで町おこしはちょっときついだろうなぁという印象。やっぱ、ギョーザは王(ry)

水ギョーザの後は再び御殿場線で沼津へ。SBSの会場までの公共機関は本数の少ないバスしかない。結構混むだろうと思い、早めにバス亭に並ぶ。案の定、バスが来る頃には長蛇の列で乗れない人続出。平日ならともかく、土曜日開催で高校生も一杯来るだろうにこれはないよ>運営さん #でも帰りのバスは定刻過ぎても待っててくれた。これは感謝。

080823_123000 080823_130600
(写真左:すその水ギョーザ
 写真右:キャッツカフェ BiVi 沼津店の巨大パフェ。今度誰か挑戦しない? :P)

愛鷹は小雨。友人が先に席を取ってくれていたので、屋根のあるところに何とかもぐりこめた。久々に見る某君もお父さんと客席に。元気でやってるかい?

■日本vsオーストラリア

日本の初戦の相手はおーじーさん。ムキムキの大男揃いで、とても日本の選手と同じ年代には見えない。序盤から日本がパスを軽快につなぐ。おっ、何かこのチーム良くなってきたぞ。ムキムキさんたちはスピードとテクニックについていけず、ラフプレイが続出。前半15分には薗田が削られ負傷。ピッチに出た薗田はそのまま交代。結構重傷そうだったが、大丈夫だろうか。明日、某川崎ファンさんが来るというのに・・・。薗田が負傷した直後に、今度は金井がラフプレイで倒される。「おい、ムキムキ!うちの大事な選手に何しやがるんでぇ!」と思わずタンカを切りそうになったが、ピッチには聞こえないだろうし、聞こえても意味が判らないだろうからやめておいた。

ボールは回れど得点の遠い日本。

前半34分には再びムキムキさん7番のホフマンが鈴木惇へのラフプレイでこの日2枚目のイエローカード。ムキムキさんたちは一人少なくなった。

相手は一人少ないが、そんな事は関係なく得点の遠い日本。

このチームの問題は軸となるFWがいない事だよなぁ・・・ 練習試合では良かった大迫も今日は今一ぱっとしない。やっぱ、山崎の負傷が痛すぎる。磐田のメディカルは何をやっているんだ!その分、山本はがんばって、ミドルをずばずば打っているけどなぁ。”CB”の金井が思い切ってドリブルで持ち上がって、あわやというシーンもあった。本職FWもっとがんばれ!

結局10人のムキムキおーじーさんから1点も奪えずPK戦へ。ムキー!2人目鈴木惇のキックが止められるも、やり直しとなる幸運(2度目は決めた)と、ムキムキ5人目を止めた権田のナイスセーブのおかげでかろうじて勝ち点2を得た。

<スタメン>
_____川又堅碁(16)___大迫勇也(17)_____

鈴木惇(8)_______________菊池大介(13)

______山本康裕(11)_下田光平(7)_______

酒井高徳(6)_金井貢史(5)_薗田淳(2)__青木拓矢(10)

__________権田修一(1)__________

交代:
 前半19分 薗田淳(2)→村松大輔(4)
 後半23分 菊池大介(13)、川又堅碁(16)→廣瀬智靖(9)、白谷建人(15)

得点:なし

PK戦
 濠:○、○、○、○、×
 日:○山本、○鈴木、○白谷、○下田、○大迫

Tr_mg_7874 Tr_img_7908 Tr_img_7727
Tr_img_8170 Tr_img_8125

■静岡vsアルゼンチン

引き続き静岡ユースvsアルゼンチン。序盤は互角だったが、徐々にアルゼンチンペースへ。それでも前半は静岡ユースも健闘し無失点で抑える。しかし、後半開始直後に連続失点。後半20分台にも連続失点し、終わってみれば0-4でアルゼンチンが圧勝。公式記録を見ると、シュート数は日本7、アルゼンチン11だから如何にフィニッシュの精度が大切かよく分る。

アルゼンチンは7番パトリシアン・フリアン・ロドリーゲスのキープ力とドリブル。19番ダミアン・エマヌエル・リシオの早さが記憶に残った。

<スタメン>
_________鈴木翔悟(17)_________

植田雅之(16)___杉山琢弥(15)___長崎健人(9)

______竹内涼(10)__小林勇輝(7)_____

岡崎太一(5)_栗本広輝(2)_加藤充(6)_大芝貴明(4)

__________大畑拓也(1)_________

交代:
 後半05分 杉山琢弥(15)→廣瀬勇人(18)
 後半11分 長崎健人(9)→真野直紀(13)
 後半23分 竹内涼(10)→佐野傑(14)
 後半31分 鈴木翔悟(17)→竹内一貴(11)

得点:
 後半02分 (アルゼンチン:パトリシアン・フリアン・ロドリーゲス(7))
 後半06分 (アルゼンチン:フアン・アンヘル・ネイラ(9))
 後半22分 (アルゼンチン:マルセロ・ベニーテス(8))
 後半25分 (アルゼンチン:ダミアン・エマヌエル・リシオ(19))

Tr_img_8211 Tr_img_8262

|

« 横浜新加入情報 ~キム・クンファン加入 | トップページ | 横浜新加入情報 ~渡邉千真来期加入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/24881628

この記事へのトラックバック一覧です: 真の餃子日本一はどこ? ~SBSカップ1日目 日本vsオーストラリア、静岡vsアルゼンチン:

« 横浜新加入情報 ~キム・クンファン加入 | トップページ | 横浜新加入情報 ~渡邉千真来期加入 »