« 人数が足りません ~TRM みなとみらU-14vs追浜U-14 | トップページ | もう冷やし坦々麺も終わり ~関東大学サッカー 国士舘vs筑波、流経vs神大 »

2008年9月23日 (火)

やりかけ ~高円宮U-18準々決勝 横浜vs名古屋

グループリーグの再戦となった一戦は、両チームとも序盤から慎重なゲーム展開。横浜はサイド攻撃で名古屋のゴールに迫るが、名古屋の守備陣を中々崩すことはできない。名古屋もそれほど仕掛けてはこない。前半は大きなチャンスも、大きなピンチもほとんどなく、1試合目の派手さに比べると(終了前10分ぐらいしか見てないけど)、第三者的には酷く退屈な試合だったことだろう。

後半は立ち上がりから横浜の時間。開始直後の端戸の意表をつくロングループはわずかにゴール上。2分には関原が右サイドをドリブルで破りクロス。走りこんできた端戸にはあと一歩合わなかった。その後もCKが続くなど、横浜のチャンスが続くも得点は奪えない。横浜の攻撃をしのいだ名古屋は、後半18分に横浜がクリアし切れなかったボールを拾い、アルベスがファインゴールを決める。後のなくなった横浜は松尾、榎本と、攻撃的な選手を入れて局面の打開を図るもゴールは遠い。後半30分には左サイドをフリーにしてしまい、名古屋にゴールを決められるがこれはオフサイドの判定でノーゴール。横浜は命拾いした。何とか1点を取って試合を振り出しに戻したい横浜だが、名古屋の壁は厚い。やがてロスタイムに突入し、コーナー付近でボールをキープする名古屋からボールを奪おうとしている間に時間が過ぎ、そして試合終了のホイッスル。

夏のクラ戦、高円宮のグループリーグの状況を考えればよくここまで来たと言えなくもないが、やはりもっと出来たはずなのにという消化不良の思いの方が強い。ユース年代最高峰の戦いに10番の姿がないのはやはり残念だ。トップのチーム事情で仕方がないという声もあるが、得点が取れずに苦しんでいるチームが得点元をやすやすと放出し、ウインドウーが開いている期間にさしたる手も打たず、ユースの選手に頼るというのはどう考えても正常ではない。いや、十分戦力としてやっていけるというのなら、広島の岡本のようにユースを卒業させてトップに専念できる態勢をとるべきではないか。

横浜ベンチ横には、気がつくと何枚かのユニフォームが飾られていた。2番、8番、10番・・・ 今日ピッチに立った選手だけでなく、そのユニフォームを着る選手達にとっても、残すはJユースカップしかない。全ての選手が笑ってそれぞれのユニフォームを脱げるように、残り少ない時間だがベストを尽くして欲しいと思う。

消化不良の思いが残る今大会ではあったが、1年生の後藤、小野裕二、松本が出場した事は来年に向けて明るい材料だろう。特に、小野裕二の積極的な仕掛けは久々に得点の匂いを感じさせるわくわく感があった。

Tr_img_7761 Tr_img_7854 Tr_img_7789

Tr_img_7693  Tr_img_7888

<スタメン>
______端戸仁(9)__後藤拓斗(28)_____

関原凌河(17)____________小野悠斗(18)

______荒井翔太(7)__佐藤優平(6)_____

岡直樹(22)_甲斐公博(4)_臼井翔吾(5)_曽我敬紀(2)

__________松内貴成(1)_________

交代:
 後半00分 後藤拓斗(28)→小野裕二(27)
 後半22分 関原凌河(17)→松尾康祐(11)
 後半31分 小野悠斗(18)→榎本大希(15)

得点:
 後半18分 (名古屋:アルベス・デリキ・タケオ(9))

本日のB級グルメ。

「やりかけ」でググルと、常に当サイトとランキング上位を争う「やりかけだんご」さん。本日のB級グルメは北千住にあるその「槍かけだんご」さんのだんご(あんとみたらし)。DASHの辻神さん御提供。どうもありがとうございました。おいしくいただきました。

Tr_pict0001 Tr_nec_0736
(c)辻神さん

|

« 人数が足りません ~TRM みなとみらU-14vs追浜U-14 | トップページ | もう冷やし坦々麺も終わり ~関東大学サッカー 国士舘vs筑波、流経vs神大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/24025048

この記事へのトラックバック一覧です: やりかけ ~高円宮U-18準々決勝 横浜vs名古屋:

« 人数が足りません ~TRM みなとみらU-14vs追浜U-14 | トップページ | もう冷やし坦々麺も終わり ~関東大学サッカー 国士舘vs筑波、流経vs神大 »