« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

もちろんクニタチチケット購入 ~ユースvs韮崎高校、国チビ準決勝

引き続きマリノスタウン。

■TRM 横浜ユースvs韮崎高校

オフィシャルのスケジュールでは今日はAチームは韮崎高校と、Bチームは国士舘大学との対戦。マリノスタウンではAチームvs韮崎高校のはずだったが、横浜のメンバーは2年生+1年生の半分で、監督は和田さん。ということは、国士舘大学との対戦は3年生+1年生の半分+大嶽さんということか。AだかBだかよく分らないメンバー分け。まぁ、試合が見れればメンバーはどっちでもいい。選手権出場を決めている韮崎は恐らくAチーム。試合は30分×3。

1本目。前線にスキルのある選手がいる韮崎はロングボール主体で、DFラインの裏を狙う。6分には高い位置でボールを受けた相手選手が、天野と小林の間を抜け、前に出てきた都丸の頭上を越えるループシュートを決める。横浜もその直後に、左サイドで粘った塩田から中央の後藤へつなぎ、後藤のスルーパスを最後は榎本が決め、すぐに追いつく。1本目は両サイドを狙われるシーンが目立つ。終了直前には、左サイドを破られシュートを喰らう。これは都丸が反応するも、こぼれたボールはゴールに向かって転がる。ゴールインする直前に颯爽と現れた小林がかき出す。ナイス小林!と観客から歓声が上がるが、残念ながらゴールインが認められ、1本目は1点ビハインドで終える。

1本目は韮崎の勢いに苦しんだ横浜だったが、2本目に入ると徐々に横浜ペースになる。19分には久々にプレイを見る清水の素晴らしいサイドチェンジのボールを、これまた久々に見る亀谷(半そで!)が受け、ゴール前にクロスを入れる。これにニアで榎本が飛び込むが一歩及ばず。その直後にも天野の左からのクロスに再び榎本が飛び込む。またもやGKに弾かれるも、こぼれ球に走りこんできた高橋が合わせ、トータルで追いつく。

3本目に入り、メンバーを大幅に入れ替えた韮崎。9分。後藤のパスを受けた榎本がドリブルで韮崎ゴールに迫り、相手選手と接触しつつもゴールを決める。このセットは終始横浜が優位に試合を進め、韮崎にチャンスを与えなかった。24分にはドリブルで進む後藤がPAすぐ外で倒されるも、ボールを拾った小野が反転から短い振りのシュートを決める。主審の青柳さんは、ピッと一瞬短い笛を吹く。あれ?ノーゴール?後藤の倒れたプレイでファール?と観客のみならず選手も青柳さんを見つめるが、ちょっと間を置きピーと長い笛。ファールでなく、ゴールが認められた。苦笑いの青柳さん(笑) その後も横浜ペースで進むも追加点は奪えず、3本トータルで4-2。

Tr_img_4801 Tr_img_4896 Tr_img_5011

<1本目スタメン>
_________榎本大希(15)_________

関原凌河(17)___小野悠斗(18)____塩田光(24)

_____後藤拓斗(28)__澁谷元気(37)_____

天野純(23)_小林広樹(35)_清水皓平(3)_早田廉(25)

__________都丸雄司(16)_________

<2本目スタメン>
_________関原凌河(17)_________

亀谷賢秀(14)___高橋健哉(38)____塩田光(24)

_____小野悠斗(18)__澁谷元気(37)_____

天野純(23)_早田廉(25)_清水皓平(3)_劔持和義(34)

__________都丸雄司(16)_________

交代:
 14分 小野悠斗(18)→榎本大希(15)
 16分 都丸雄司(16)→橋本勇樹(21)

<3本目スタメン>
_________榎本大希(15)_________

亀谷賢秀(14)___小野悠斗(18)___高橋健哉(38)

_____澁谷元気(37)__後藤拓斗(28)_____

天野純(23)_早田廉(25)_清水皓平(3)_劔持和義(34)

__________橋本勇樹(21)_________

得点:
 1本目06分 (韮崎高校)
 1本目09分 榎本大希(15)
 1本目27分 (韮崎高校)
 2本目21分 高橋健哉(38)
 3本目09分 榎本大希(15)
 3本目24分 小野悠斗(18)

■国チビ みなとみらいU-12vsバディSC

ユースの後はDグラに移動し、横浜国際チビッ子サッカー大会、通称国チビL-1の部準決勝を観戦。みなとみらいとバディの対戦という事で、ピッチ脇には両チーム以外の選手や父兄も多数観戦。みなとみらい側のピッチ脇ではプライマリーの下級生がトップのチャントで場を盛り上げる。

みなとみらいは午前中に鹿島でレガフトロの試合をこなし、マリノスタウンにとんぼ返りし国チビに出場というハードスケジュール。強豪バディが相手だけに守備的な戦いになるかと予想されたが、蓋を開けてみるとみなとみらいが終始押し気味に試合を進める。若いっていいな(笑) 押し気味とはいえ、みなとみらいのシュートは、バディのセンターバック君とGK君が素晴らしい守備でことごとく弾く。特にGK君には何度チャンスを防がれた事だろう。みなとみらいの猛攻に「俺、マリノスを応援する!」と最初は言っていた他チームの子も、あまりにもGK君が素晴らしいセーブを見せるので、しまいには「バディがんばれ!」と寝返るほど(笑)

打っては弾かれ、打ってはキャッチされ・・・ PKに持ち込まれるとみなとみらいの負けパターンだな、でもバディGK君のPKも見てみたいなと思い始めた後半ロスタイム。ボランチの佐藤陸君がドリブルでぐんぐん中央突破し、ゴール前の密集からパスを出す。このボールを田崎君が受けシュート。遂にバディのゴールをこじ開けた。田崎君はそれまで再三ダイナミックなドリブル突破からシュートを放ちながらも、どうしてもゴールをこじ開けられなかったが、最後の最後にようやく決まった。劇的なゴールの直後にホイッスル。みなとみらいが決勝に駒を進め、夏の全少予選のリベンジを果たした。負けたとは言え、バディにもいい選手が多くいる。冬の大会でもう一度この対戦を見たいものだ。

Tr_img_5042 Tr_img_5099
Tr_img_5149 Tr_img_5112

<スタメン>

____鈴木力___後藤航_____

青木天良__________蛭田悠弥

____景山亜月__佐藤陸_____

中村響_斉藤海_近藤拓巳_田崎遼太郎

_______佐藤圭介_______

交代:
 後半11分 蛭田悠弥→遠藤和樹
 後半14分 鈴木力→藤田和樹

得点:
 後半20分 田崎遼太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クニタチチケット発売日 ~三種対抗

等々力で神奈川高校サッカー選手権を見るか、マリノスタウンで三種対抗→ユース練習試合→国チビのトリプルハシゴにするか迷ったあげく、ちょっと用事があったこともあり、今日はマリノスタウンで一日過ごすことに決定。

■三種対抗 中体連選抜vsクラブ選抜

まずは毎年恒例の三種対抗。神奈川県内の中体連所属チーム(○○中学校)の選抜とクラブチームの選抜が対戦する。今年のクラブ選抜のメンバーはみなとみらい、追浜、横浜FCの横浜・横須賀連合。川崎や湘南の選手はおらず、高円宮県予選の四強に所属するメンバーもいない。三種対抗はみなとみらいと追浜の選手が同じチームでプレイする数少ない機会なので、マリノスファンとしては、顔なじみの選手が多く選ばれているのはうれしいが、その一方で普段あまり見る機会のない街クラブの選手を見たいという気持ちもある。なかなか複雑。

クラブ選抜は今日の日のために用意した専用ユニ。黒ベースで、前面には大きくCLUB Junior Youth KANAGAWAと入り、その上には小さくNOV.30.2008の文字。何だかオールスターチックでカッコイイ。一方の中体連選抜のユニは白ベースで、腕にミズノっぽいトリコロールストライプが入り、胸には神奈川県サッカー協会のロゴ。トレセン用かな?両チームのバラバラ具合が面白い。

キックオフから、ほぼクラブ選抜が一方的にボールを支配する。前半10分、加藤君のFKを相手GKが後ろにこぼしてしまい、クラブ選抜がラッキーな先制点をあげる。今年のみなとみらいはショートパスをつないで攻撃を組み立てるチーム。追浜は機を見たサイドアタックからチャンスメイクする。横浜FCは前線の機動力を生かしたカウンターサッカー。クラブ選抜はチームを絞ったとはいえ、スタイルのバラバラなチームの選手が集まり、ボールは繋げるものの得点につながるようなプレイは少ない。それでも、前半34分には山田君が個人技で左サイドを崩し追加点をあげる。中体連選抜は前半22分のCKからのポストに阻まれたシュートが最大の得点機だった。

後半7分には土方君がDFをかわし、浮き気味のシュートでクラブ選抜が追加点をあげる。この頃になるとクラブ選抜の選手のリズムが徐々に合い始め、サイドからのクロスに飛び込むシーンや、中盤からの積極的な飛び出しも目立つようになる。一方の中体連選抜も川原君のダイナミックなドリブルからチャンスを作るなどするが、うまくフィニッシュには結びつかない。

後半33分にはクラブ選抜が、西田君、土方君ときれいに繋ぎ、最後は池田君がフィニッシュ。終了間際にもDFライン裏に抜け出した金子君がGKとの1-1を冷静に、プレゼントパス(笑) 見ている方はちょっと腰砕けになったが、後方から飛び出した小野瀬君がきっちり決めた。終了間際には中体連選抜がクロスをファーで合わせるが、これはサイドネットにひっかかりゴールならず。結局5-0でクラブ選抜が勝利した。

Tr_img_4544_2 Tr_img_4654_2 Tr_img_4746_2

<クラブ選抜スタメン>

_____三荷淳也(16)___西田子龍(14)_____

山田融(10)_______________岡田孝徳(4)

______金泰慎(13)__金子雄祐(11)______

加藤雅也(6)_原田健利(3)_谷本一平(5)_門井敬太(2)

__________森谷祐治(1)__________

<クラブ選抜エンメン>

_____西田子龍(14)___土方隆介(15)_____

金子雄祐(11)_______________池田奨(9)

_____小野瀬康介(7)__塩崎洋夢(8)______

加藤雅也(6)_原田健利(3)_谷本一平(5)_門井敬太(2)

__________宮澤俊吾(12)__________

交代:
 後半00分 森谷祐治(1)、金子雄祐(11)、金泰慎(13)、岡田孝徳(4)、三荷淳也(16)
         →宮澤俊吾(12)、小野瀬康介(7)、塩崎洋夢(8)、池田奨(9)、土方隆介(15)
 後半36分 山田融(10)→金子雄祐(11)

<中体連選抜スタメン>

_______横手慎(20)___田中太郎(10)_____

細田宏平(17)_______________天野蒼司(2)

_______池田脩人(3)__中村瞬(13)_______

富田天紀(11)_松本凌吾(18)_福田悠二(14)_森正和(19)

___________吉沢桂(16)___________

<中体連選抜エンメン>

___________田中太郎(10)__________

中川賢斗(12)_____伊藤陽平(4)_____川原大弥(6)

_______池田脩人(3)__横手慎(20)_______

白倉秀人(8)_藤田哲朗(15)_松本凌吾(18)_福田悠二(14)

___________橋爪誠弥(1)___________

交代:
 前半31分 天野蒼司(2)、中村瞬(13)→武田浩之(9)、伊藤陽平(4)
 後半00分 武田浩之(9)、富田天紀(11)、細田宏平(17)、森正和(19)
         →川原大弥(6)、藤田哲朗(15)、白倉秀人(8)、中川賢斗(12)
 後半19分 吉沢桂(16)→橋爪誠弥(1)

得点:
 前半10分 クラブ:加藤雅也(6)
 前半34分 クラブ:山田融(10)
 後半07分 クラブ:土方隆介(15)
 後半33分 クラブ:池田奨(9)
 後半38分 クラブ:小野瀬康介(7)

【メンバーリスト】

■中体連選抜
監督:中島志(横須賀市立神明中)
ヘッドコーチ:大野真(神奈川県立城山高校)
コーチ:森山稔(伊勢原市立中沢中)、木内雅章(海老名市立有馬中)
GKコーチ:宮澤仁(藤沢市立藤ヶ岡中)

01 GK 橋爪 誠弥 湯河原中
16 GK 吉沢  桂 座間市立西中
02 MF 天野 蒼司 横浜市立美しが丘中
03 MF 池田 脩人 藤沢市立藤ヶ岡中
04 MF 伊藤 陽平 横浜市立若葉台中
05 FW 角宮 健介 桐蔭学園中
06 MF 川原 大弥 横浜市立寺尾中
07 MF 坂野 孝太 横浜市立寺尾中
08 MF 白倉 秀人 秦野市立南が丘中
09 FW 武田 浩之 平塚市立江陽中
10 FW 田中 太郎 相模原市立由野台中
11 DF 富田 天紀 厚木市立森の里中
12 MF 中川 賢斗 綾瀬市立綾瀬中
13 MF 中村  瞬 横浜市立日野南中
14 DF 福田 悠二 横浜市立旭中
15 DF 藤田 哲朗 横須賀市立衣笠中
17 MF 細田 宏平 相模原市立大野南中
18 DF 松本 凌吾 相模原市立相武台中
19 DF 森  正和 平塚市立大野中
20 FW 横手  慎 横坂市立神明中

Tr_img_4796

■クラブ選抜

監督:尾上純一(みなとみらい)
コーチ:坪倉進弥(追浜)、浮嶋敏(横浜FC)

01 GK 森谷 祐治 追浜(←アローズSC)
12 GK 宮澤 俊吾 みなとみらい(←明治SSS)
02 DF 門井 敬太 追浜(←Pr追浜)
03 DF 原田 健利 みなとみらい(←Pr)
04 MF 岡田 孝徳 横浜FC(←寒川SSC)
05 DF 谷本 一平 横浜FC(←桂川ジュニアSC)
06 DF 加藤 雅也 みなとみらい(←藤沢本町SC)
07 MF 小野瀬康介 横浜FC(←ミッキーSC)
08 MF 塩崎 洋夢 横浜FC(←ミッキーSC)
09 MF 池田  奨 みなとみらい(←Pr)
10 MF 山田  融 みなとみらい(←羽鳥少年SC)
11 MF 金子 雄祐 みなとみらい(←あざみ野FC)
13 MF 金  泰慎 追浜(←駒林SC)
14 FW 西田 子龍 横浜FC(←秋葉台SSS)
15 FW 土方 隆介 みなとみらい(←JACPA東京FC)
16 FW 三荷 淳也 追浜(←SCH)

Tr_img_4777

(つづく)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保崎淳、水戸入団決定

熱き男、熱すぎる毛獣王、水戸へ。おめでとう。”ほどほどに”頑張れー(笑) 水戸ちゃん、加藤ともどもよろしくお願いします。

 インカレHPより拝借 Tr_img_8085

(左:インカレホームページより無断直リン。”戦”とは保崎らしい。もちろん”いくさ”と読むのだろう:P)

=============================

この度、流通経済大学(4年)サッカー部所属 保崎 淳 選手(満21歳)の来季2009年水戸ホーリーホック加入が内定いたしましたのでお知らせいたします。
        【 保崎 淳 (Sunao HOSAKI)選手 プロフィール 】
        ◆ 生年月日: 1987年3月14日 
        ◆ 身長/体重: 171cm/66kg
        ◆ 出身地: 埼玉県
        ◆ 血液型 :B型 
        ◆ ポジション: DF
        ◆ 所属歴 :横浜マリノスプライマリー→横浜F・マリノスジュニアユース →横浜F・マリノスユース→流通経済大学サッカー部

保崎選手コメント・・・「1試合1試合気持ちのこもったプレーをしますので、熱い応援よろしくお願いします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

憧れの江ノ島シラス丼 ~神奈川U-17リーグ 鎌倉vs川崎、J1第33節 横浜vsヴェルディ

日産スタジアムへ行く前に例の如くちょっと寄り道して鎌倉高校へ。最寄り駅は江ノ島電鉄鎌倉高校前駅。そのまんまだ(笑) 趣のある江ノ電はゴトゴト進み、やがて穏やかな海が視界に広がる。そして至る所に黒い浮遊物。電車が近づくと人であることが分る。おお、これがサーファーっていう人たちか。サザンだぜ(笑)

■県U-17リーグ 鎌倉vs川崎ユース

鎌倉高校で行われるのは県U-17リーグ最終戦。会場である鎌倉高校のグランドは昔ながらの土グラで、PA付近にはピッチャーマウンドもある。選手にとってはやりにくい環境。一方、観客は周辺の土手からグランドを見下ろすような形になっているので、木が一部邪魔なのを除けばなかなか見やすい。

残念ながらお目当ての選手はおらず、完全傍観モード(といいつつ、やや鎌倉寄り:P)。前半21分、FKを岩渕貴哉が空中で合わせ川崎が先制するも、鎌倉がすぐにセットプレイから同点に追いつく。前半終了前に大谷皐がうまいループシュートを決め、川崎が再びリード。川崎は後半9分に川越勇治が自ら得たPKを決める。さらに2分後再び大谷皐が個人技で4点目を決め1-4で川崎が勝利。スコアだけ見ると川崎の圧勝のようにも思えるが、地の利もあり内容は鎌倉の方が良かった。この結果、川崎はBグループ1位、鎌倉は4位が確定。例年と同じレギュレーションなら両チームともプリンス2部参入戦出場決定。 今年は違うそうです。詳しくは湘南地区さんのコメントをどうぞ。

Tr_img_4296 Tr_img_4326

■Jリーグ第33節 横浜vsヴェルディ

U-17リーグの後は日産スタジアムへ。初めてリトルマーメイズの演技を見た。知人のお嬢さんがいたはずなのだけど分らず。でもみんなかわいらしく踊ってました。

そしてクラシコ。前半はボールは支配すれどもゴールは遠いって感じ。しかし、聞くところによると前半の得点率はJでも下の方だけど、後半の得点率は上位に入るとか。後半が勝負だと思っていたら、松田の目の覚めるようなミドルシュート。いつもは勢いよく上がっても、へなちょこパスでお茶を濁すマツだけど、”かあちゃん”が見に来ていたから頑張ったらしい。”かあちゃん”これからも試合会場にお越しください(笑)

1点取るとやっぱり流れは変わる。特に狩野は本当に素晴らしい。ほんの半年前までは、プレイも軽いし、ケガも多いし、今年活躍しなかったら来年はないなと心配していたのが嘘のよう。狩野の発想の意外性、プレイの正確さ、正に金を取れるプロのプレイだ。つまらないカードで最終戦出場停止なのが残念。まっ、その分は水沼・相思相愛・宏太に期待しよう(笑) そして、相変わらずの黒子に徹して走り回る兵藤。ほんの1年前までは、これといった特徴もないし、そんなに騒がれるほどの選手じゃないじゃんと冷めて見ていたのが嘘のよう。その節はすみませんでした(笑) そして、そして、アーリア。ほんの数日前までは、何でコーキチさんはそんなにアーリア・ラブなんだ?と思っていたけれど、今日のアーリアは積極的な姿勢が垣間見えて(アーリアのダイビングヘッドなんて初めて見たよ)、おまけにプロ初ゴール。若手は辛抱して使わないといけないって事ですね。コーキチさん、お見それしました。アーリアには、これをきっかけに大きくステップアップして欲しい。アーリアが決めたから、宏太は次から遠慮せずにゴールを決めていいぞ(笑)

本当に楽しい90分間。今年は楽しいホーム最終戦でよかった。浦和戦もすっきり勝って、今年こそは元旦”クニタチ”だ!と思っていたら、最後の最後に選手のメッセージ。学の”一生マリノス”には感動した。頼むぞ!このメッセージは見逃した人も多いと思うので、ぜひHPにアップしてください>オオワタさん。 でも、商売上手なマリノスさんは、シーズンDVDに収録か?(笑)

Tr_img_4447 Tr_img_4471

楽しい事ばかりではないのが、この季節。勝利の余韻に浸っていたら契約満了選手のお知らせ。

FW大島秀夫選手、GK高桑大二朗選手、MF石原卓選手(徳島ヴォルティスに期限付き移籍中)の3選手について、今季の契約満了に伴い、来季の契約を更新しないこととなりましたのでお知らせ致します。

大島、本当にありがとう。でも、まだリーグ最終戦も、天皇杯もある。一緒に最後まで戦おう!高桑も若いGKたちのまとめ役として見えないところで貢献大だったんだと思う。ありがとう。そして、たっくん。高卒2年目で契約満了ってのはチーム的に問題があると思うけど、次のチームが早く見つかることを祈ってます。笑顔をまたどこかで見せて欲しいよ。

Tr_img_4513

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

関西大学選抜選手選考会要項

2日ほど前にひっそりと出ていたリリース。関西選抜候補に愛媛ユースOBの前野、横浜ユースOBのカトケン、新子安JYOBの北井が上がっている。みんながんばれ!

===============================

◆選抜選手選考会◆

2009年度 関西学生サッカー選抜チームを編成する為の選手選考会を下記日時で実施します。
(観戦希望の方はスタンドでご観戦頂けます。)

・12月7日(日) 時間未定(午後からで予定)
          場所:関西大学千里山中央グラウンド
・12月13日(土) 時間未定(午後からで予定)
          場所:桃山学院大学メイングラウンド

竹重安希彦 GK 阪南大 3
井手口正昭 MF 阪南大 2
木原 正和 FW 阪南大 3
東  浩史 MF 阪南大 3
永岩 貞亮 MF 阪南大 3
長瀬 圭佑 MF 阪南大 3
金  泰弘 DF 阪南大 2
棚橋 雄介 FW 阪南大 2
岩本 知幸 DF 阪南大 1
内野 貴志 DF びわこ 2
瀬古 朋広 MF びわこ 3
平野 甲斐 FW びわこ 3
下西  要 GK びわこ 3
児玉  剛 GK 関西大 3
田中 雄大 DF 関西大 2
宇佐美宏和 DF 関西大 3
平野 史明 DF 関西大 3
前川  亮 FW 関西大 3
中村 祐哉 MF 関西大 3
西岡 謙太 DF 関西大 3
佐藤 悠希 FW 関西大 3
金園 英学 FW 関西大 2
三橋 博貴 GK 関西大 3
藤澤 典隆 MF 関西大 2
清水 孝太 DF 関西大 3
志田野雄一朗 DF 関学大 3
阿部 浩之 MF 関学大 1
津田 真吾 DF 関学大 1
川原 隆広 GK 同志社 3
永戸 康士 DF 同志社 3
楠神 順平 MF 同志社 3
荒堀 謙次 MF 同志社 2
林  佳祐 DF 同志社 2
沈  修輔 FW 姫獨大 3
北井 太陽 GK 桃山大 3
中山 修志 DF 桃山大 3
宮内  豪 DF 桃山大 2
岡田翔太郎 MF 桃山大 2
宮澤 龍二 MF 桃山大 2
國田 直志 FW 桃山大 3
斉藤 達也 FW 桃山大 1
長友  拓 MF 立命大 3
内田 昂輔 MF 立命大 3
鈴木 彩貴 GK 立命大 3
前野 貴徳 DF 立命大 2
古矢 光宏 GK 大院大 3
加藤 健太 MF 大院大 3
枝本雄一郎 MF 近畿大 2
北井 佑季 MF 近畿大 1
吉川 拓也 MF 京産大 2
木付 雄大 FW 京産大 3
大久保 悟 DF 大教大 3
森原慎之佑 FW 大教大 3
三好 洋央 MF 大教大 3
田中 俊一 MF 大教大 2

村田 和哉 MF 大体大 2
藤春 廣輝 DF 大体大 2
川西 翔太 FW 大体大 2
八百謙太郎 MF 大経大 2
山田 晃平 FW 大経大 2
近藤 大輔 DF 大経大 1
増本 賢一 DF 関国大 2
田中 敦士 MF 関国大 3
町田 大貴 GK 大商大 3
角南 裕太 DF 大商大 3
増田 辰三郎 DF 大商大 2
池上 宏亮 FW/MF 京園大 2
東出 翔馬 MF 天理大 2
永井 文也 GK 関外大 3
堺  雅弘 MF 神院大 2

朴  寛明 GK 大産大 2
橘  章斗 MF 大産大 2
福岡 弘隆 GK 大産大 3
守屋 鷹人 MF 神国大 3
石川 龍太 MF 奈産大 3

和田 雄介 FW 大阪大 3

北村 卓大 MF 大谷大 3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

エリプロU-13 トレーニングキャンプ(11/29~12/3)メンバー

エリプロU-13に鈴木君が選出。エリプロは年末のジュビロカップにも出るのかな?

==================================

【スタッフ】
監督:足達 勇輔
コーチ:木村 康彦
GKコーチ:望月 数馬

GK
阿波加俊太 1995.02.07 179㎝/67kg 札幌U-15
棟方 博文 1995.04.18 172㎝/53kg ガンバ大阪JY

FP
望月 嶺臣 1995.01.18 162㎝/50kg セゾンFC
中山 知之 1995.01.26 154㎝/41kg JFAアカデミー福島
深井 一希 1995.03.11 159㎝/47kg 札幌U-15
池松 大騎 1995.03.12 181㎝/61kg ナガサキアシストサッカーユニオンU-15
浅海 亮磨 1995.04.12 158㎝/48kg 広島JY
小西 智貴 1995.04.18 163㎝/50kg 神戸JY
関根 貴大 1995.04.19 155㎝/43kg 浦和JY
川森 直威 1995.04.20 165㎝/57kg FC四日市
鴨池 陽希 1995.04.22 162㎝/49kg FC東京U-15むさし
金子 翔太 1995.05.02 147㎝/43kg JFAアカデミー福島
石川 朝貴 1995.05.12 167㎝/53kg JFAアカデミー福島
川井 翔太 1995.06.15 163㎝/53kg 吹田JFC千里丘
石井  光 1995.07.02 160㎝/62kg FCあきたASPRIDE
小川 直毅 1995.07.03 156㎝/41kg ガンバ大阪JY
鈴木浩一郎 1995.07.22 167㎝/49kg 横浜JY
畠中槙之輔 1995.08.25 175㎝/66kg 東京ヴェルディJY
山田 武典 1995.08.29 157㎝/46kg 七戸町立七戸中学校
高木 大輔 1995.10.14 168㎝/57kg 東京ヴェルディJY
夏目  黎 1995.11.23 162㎝/45kg 徳島JY
松川 宏二 1996.03.05 167㎝/55kg 京都U-15

【スケジュール】
11/29(土) 14:00 Jリーグ試合観戦(万博記念競技場)
        19:00 トレーニング
11/30(日) AM トレーニング
        15:30 練習試合 vsFCライオス(アスコザパークTANBA)
12/01(月) AM/PM トレーニング
12/02(火) AM トレーニング
        18:30 練習試合 vs神戸JY(いぶきの森球技場)
12/03(水) AM トレーニング
        13:00 解散

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌な季節 ~愛媛編

星野、本当に本当に長い間ありがとう・・・(涙) 

==================================================

11/27  契約満了選手についてのお知らせ

愛媛FCでは来季に向け、下記の6選手について、契約満了に伴い来季は契約を結ばないことになりましたのでお知らせいたします。

【南 祐三(みなみ ゆうぞう)選手】
生年月日:1983年11月17日(25歳)
身長/体重:183cm・72kg
出身地:埼玉県
経歴:上藤沢中-西武台高-浦和レッズ-愛媛FC-浦和レッズ-愛媛FC(2007年加入)
今季成績:J2リーグ戦 14試合2得点
通算成績:J1リーグ戦 0試合0得点/J2リーグ戦 39試合3得点
        カップ戦 1試合0得点/天皇杯 3試合0得点

【星野 真悟(ほしの しんご)選手】
生年月日:1978年5月2日(30歳)
身長/体重:177cm・75kg
出身地:福岡県
経歴:東福岡高-愛知学院大-愛媛FC(2001年加入)
今季成績:J2リーグ戦 17試合1得点
通算成績:J1リーグ戦 0試合0得点/J2リーグ戦 95試合3得点
        カップ戦 0試合0得点/天皇杯 13試合2得点

【宮原 裕司(みやはら ゆうじ)選手】
生年月日:1980年7月19日(28歳)
身長/体重:180cm・73kg
出身地:福岡県
経歴:東福岡高-名古屋グランパスエイト-アビスパ福岡-サガン鳥栖-セレッソ大阪-サガン鳥栖-セレッソ大阪-サガン鳥栖-愛媛FC-サガン鳥栖-愛媛FC(2008年加入)
今季成績:J2リーグ戦 19試合1得点
通算成績:J1リーグ戦 14試合0得点/J2リーグ戦 139試合6得点
        カップ戦 5試合0得点/天皇杯 14試合2得点

【笹垣 亮介(ささがき りょうすけ)選手】
生年月日:1985年1月13日(23歳)
身長/体重:174cm・70kg
出身地:静岡県
経歴:ヤマハジュビロSS-ジュビロ磐田ユース-大阪学院大学-愛媛FC(2007年加入)
今季成績:J2リーグ戦 5試合0得点
通算成績:J1リーグ戦 0試合0得点/J2リーグ戦 8試合0得点 
        カップ戦 0試合0得点/天皇杯 2試合0得点

【神丸 洋一 (かみまる よういち)選手】
生年月日:1984年6月30日(24歳)
身長/体重:172cm・67kg
出身地:愛知県
経歴:名古屋グランパスエイトJrユース-名古屋グランパスエイトユース-中京大-愛媛FC(2007年加入)
今季成績:J2リーグ戦 6試合0得点
通算成績:J1リーグ戦 0試合0得点/J2リーグ戦 11試合0得点 
        カップ戦 0試合0得点/天皇杯 2試合0得点

【横山 拓也(よこやま たくや)選手】

生年月日:1985年6月29日(23歳)
身長/体重:177cm・68kg
出身地:静岡県
経歴:観山中-静岡学園高-浦和レッズ-モンテディオ山形-浦和レッズ-愛媛FC(2008年加入)
今季成績:J2リーグ戦 18試合3得点
通算成績:J1リーグ戦 11試合2得点/J2リーグ戦 56試合11得点 
        カップ戦 4試合0得点/天皇杯 6試合0得点

*今季成績・通算成績は11月27日時点での数字となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛しまなみFC、来季より愛媛FCのアマチュアチームへ

愛媛もついにアマチュアチームを保有する事に。徳島や草津の場合、育成というより人件費を抑えつつ選手数を維持するという側面の方が強いと聞く。財政難の愛媛の事だから、そういった狙いが強いのは確かだろう。しかし、せっかくアマチュアチームを持つのであれば、下部組織や地元出身選手の受け皿となって、地域に根ざしたチーム作りの基盤となって欲しい。

==================================================

11/27  愛媛しまなみFC(四国リーグ)の来季より愛媛FCのアマチュアチームとしての活動のお知らせ

愛媛FCではこの度、四国リーグで活動している愛媛しまなみFCが来季より愛媛FCアマチュアチームとして活動することになりましたのでお知らせいたします。

【チーム名称】 
愛媛FCしまなみ

【チーム構成】  
選手はアマチュア契約 基本はU25とし、プロを目指す選手が在籍

【監  督】 
●氏名 八木 邦靖(やぎ くにやす)
●経歴 松山北高→筑波大学
●指導歴 鹿島アントラーズ育成部コーチ ・ 日本サッカー協会 U-17女子日本代表コーチ
・甲南大学体育会サッカー部 ヘッドコーチ等
●ライセンス 日本サッカー協会公認A級コーチ

【目的】
① 個々のレベルアップによりトップチーム入りを目指す。
② 愛媛県サッカー協会と協力して2017年に向けた国体チームの強化。
③ JFLの加盟を目指す。
④ 地元イベントに積極的に参加して、地域と共存する。

【今後のスケジュール】
12月19日   選手セレクション
4月  四国リーグ開幕予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

Jユースカップ愛媛結果まとめ

JユースカップFグループに入った愛媛は、グループリーグを1勝5敗の4位で終えた。2戦目神戸に勝ったと聞いた時は、これはいけるかな?と思ったが、そうそう現実は甘くなかった。それでも、JYの選手を起用するほど厳しいメンバー構成の中、精一杯よく戦ってくれたんだと思う。3年生はこれで引退となってしまうが、3/6年間お疲れさま。愛媛ユースの一員として戦ってくれてありがとう。次の進路での活躍を期待しています。残された選手達は来年に向けてがんばれ!

P.S.最終戦の福岡君の得点が広島側で記載されているので、直していただければ>愛媛HPの中の方

JユースカップグループF:4位/4G グループリーグ敗退
試合日 10/18(土) 10/26(日) 11/3(月) 11/9(日) 11/16(日) 11/22(土)
キックオフ 14:00 14:00 14:00 14:00 14:00 14:00
フェーズ GL#1 GL#2 GL#3 GL#4 GL#5 GL#6
対戦相手 広島Y 神戸Y 神戸Y セレッソY セレッソY 広島Y
会場 吉田 いぶき 北条 北条 南津守 北条
スコア ●0-2 ○3-1 ●0-1 ●0-5 ●0-3 ●1-3
No              
1 桑田祐也
2 橋村卓朗
3 高橋祐太     ▽81
4 神山大輝 S S S S S S
5 中山博史
6 岡原健吾 ▽89 ▽88 ▽85
7 野本隆志       △82 S △81
8 渡辺健太郎 ○ ☆23
9 岡本剛史 △76 ▽82   ▽75
10 福岡知晃 ○ ☆18 ○ ☆21
11 大友惇生
12 渡邊泰輝 ▽52 S S ▽84    
13 神本悌希 △52 △88 △82 S   △78
14 平田翔也   ▽66 ▽67 ▽82 ▽57
15 小原勇人 S △89 △88 △62 S S
16 佐々木翔平 S S S S S S
17 田村健太 ▽88 ▽62 △57
19 金村賢志郎 ▽76 △66 ☆72 △67 ▽62 ▽78
22 近藤貫太         △62  
23 大山晃司 S S S △84 S △85
24 高須賀文明 S          
25 安原功一郎       S    
26 城村洸介         △75  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

Jユースカップ決勝トーナメント日程発表

ユースのシーズン最後の大会となるJユースカップ決勝トーナメントの日程が発表になった。横浜は2回戦からで、初戦はホームで塩釜FCvs清水の勝者と対戦。全国大会では悔しい思いばかりだった今シーズン。ベストを尽くして、有終の美を飾ろう。何より、決勝はスカパー生中継があるぞ!(笑)

【日程】
12/14(日) 13:00 2回戦 @MM21 vs(塩釜vs清水)
12/20(土) 11:00 準々決勝 @NACK vs(FC東京vs京都)
12/23(火) 11:00 準決勝 @長居第2 vs((セレッソvs千葉)vs(柏vsFCライオス))
12/27(土) 13:30 決勝 @長居

【出場チーム】
Aグループ:ヴェルディ、千葉
Bグループ:横浜、鹿島
Cグループ:FC東京、大宮
Dグループ:柏、浦和
Eグループ:ガンバ、清水
Fグループ:セレッソ、広島
Gグループ:名古屋、京都
連盟:塩釜FC、ライオス、三菱養和、アミーゴス鹿児島

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

教訓

 
 
 

     確かめよう 出かける前に スケジュール

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

今月3回目 ~レガフトロ 追浜U-12vs養和、Jユース 横浜vs鹿島 他

今日、トップはジェフとの生き残りをかけた大事な一戦。何をおいてもフクアリに駆けつけるべきだとは思うが、異国で戦うユースを放ってはおけない。今年はあまり楽しい試合を見せてくれないユースだが、このメンバーで戦うのもあとわずか。今日のゲームが終わると後は12月のJユースカップ決勝トーナメントのみ。これは負けるとそこで終わり。思い入れの強い年代だけに、見れる試合はしっかり見ておきたい。

■レガフトロ 追浜U-12vs三菱養和

と、その前にちょっと寄り道して、4月以来見ていない追浜U-12の試合を見に巣鴨へ。6年生が少なく、ベンチを入れるとほとんどが5年生。6年生の何人かは県大会の開会式に行ってたようだ。#小野澤君、選手宣誓お疲れさま。

立ち上がりから養和の勢いに押される展開。養和はボールを奪ってから前に行くのが早い。特に大きな体でぐいぐいドリブルしてくる9番君には手を焼いた。それでも、シュートの精度の無さと角井君のナイスセーブの連続で救われ、前半は無失点で何とかしのぐ。後半は、追浜がボールを繋げるようになり、いい時間帯が続くも、例によってスローインからのボールを受けた養和9番君に反転シュートを喰らい失点。しかし、追浜も後半21分には花田君のスルーパスを受けた佐藤君が相手DFをかわしての同点弾を決める。直後、養和の疑惑のゴールがあるも、これはノーゴールの判定で命拾い。終了間際の松崎君の絶好のシュートが惜しくもゴールをそれたところでホイッスル。多分この後にも、試合に出ていない5年生を中心とした練習試合があったと思うが、鹿島行きのバスの時間が迫っていたので撤収。

前半は良いところの少なかった追浜だったが、後半の複数人が連動しての攻撃はきれいだった。こんな攻撃が出来る時間帯を増やすようにして、プライマリー最後の大会では悔しい夏のリベンジをして欲しいと思う。

Tr_img_3627 Tr_img_3776
Tr_img_3754

<スタメン>
_____松崎伶惟__遠藤翼_____

________佐藤諒弥_______

中嶋修造___________新川海里

_________花田佑_______

マティックス_高木聡汰_小菅豪_中村帆高

________角井栄太郎______

交代:
 後半18分 松崎伶惟、遠藤翼→古賀勇人、桜井玲二

得点:
 後半14分 (三菱養和)
 後半21分 佐藤諒弥

■Jユースカップ 横浜vs鹿島

大急ぎで巣鴨を後にし、東京駅に着いたのは10:15。20分発の高速バスに無事乗れて一安心。さすが日本の公共機関の時間の正確さはすばらしい。と思ったら、浦安付近でディズニー渋滞。幸い、10分ほどで渋滞は抜けたが、それにしても、日本人は何でこんなにディズニーランドが好きなんだろう・・・ 渋滞の影響を受けたのはサポだけでなかったようで、11:30過ぎ、香取付近で先を急ぐマリバスに追い越された(笑)

巣鴨で寄り道をした関係で、鹿島クラブハウスに到着するバスには乗れず、今回は最寄の宇宙通信センターから徒歩。地図で見るとそんなに距離はないように思ったが、さすが鹿島。実際に歩くと結構な距離だった。周辺に何もない所だけに、よけい距離を感じる。

今日のグランドは奥のグランド。クラブハウスからは直接行けないので、敷地の周辺をぐるりと回る。仮設スタンドは、鹿島応援団の方が当然の如く多い。

JユースカップグループBは6試合中5試合消化した段階で、全勝の横浜が勝ち点15で1位通過を決めている。鹿島は勝ち点5で、仙台と残る決勝トーナメント出場枠を争う。消化試合の横浜に対して、引退がかかる鹿島。試合内容も、そんな背景に相応の内容。鹿島の厳しい当たりに苦労する横浜。なかなか攻撃の形が作れないいものの、前半25分に優平のクロスを松尾がPA内で折り返したところを、こぼれの凌河がヘディングシュートを決め、横浜が先制。しかし、良かったのはそこまでで、以後は気持ちの入った鹿島に後手後手の展開。攻め込まれる時間が続く。そして、後半19分にカウンターから失点。後半34分にもセットプレイから失点し逆転される。横浜も選手交代で局面の打開を図るも効果なく、グループリーグ最終戦を1-2で落とした。

試合後、挨拶に来る選手達。3時前だというのに、選手達の影はもうすっかり長い。もうちょっとで彼らのトリコロール姿ともお別れかと思うと何だかしんみりしてしまう。できれば、夜が一番長くなる日まで彼らを見ていたい。

Tr_img_3832 Tr_img_4183
Tr_img_3911 Tr_img_4031 Tr_img_4164

<スタメン>
__________端戸仁(9)__________

松尾康祐(11)___小野悠斗(18)___関原凌河(17)

______荒井翔太(7)__佐藤優平(6)______

樋川愛輔(20)_甲斐公博(4)_臼井翔吾(5)_曽我敬紀(2)

__________松内貴成(1)__________

交代:
 後半20分 荒井翔太(7)→小野裕二(27)
 後半33分 松尾康祐(11)→榎本大希(15)
 後半36分 甲斐公博(4)→岡直樹(22)

得点:
 前半25分 関原凌河(17)
 後半19分 (鹿島)
 後半34分 (鹿島)

帰りのバスが浦安に差し掛かる頃、青空が段々オレンジ色に変わり、水平線の向うには均整の取れた富士山がオレンジに染まった姿を見せる。手前には灯を点した高層ビル。R君と一緒に眺めるにはもったいない美しさだった。 #お互い様か(笑)

バスが東京駅に到着する直前、兵藤キター!バスを降りて、兵藤キター!と騒いでいると今度はコミーキター!!ただのハゲじゃなかった!!と喜びながら、JRの改札に向かっていると、さらにクナンキター!!!名将コーキチ采配炸裂。いやいや、フクアリは何とも楽しそうだ。これで、残留争いも一息つけるかな。日本は”いいにっさんの日”だったわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

がんばれーはいいけど、いけーはダメ ~市川FC5年強化リーグ1日目

今日は追浜U-11が出場する”市川FC(市川トレセン)5年強化リーグ”を見に市川へ。

会場の中国分スポーツ広場へは市川駅からバスを利用。標識はローターリーの外周にあるのに、実際のバスはロータリーの中州から出発するというフェイントに軽く引っかかりそうになりつつも、出発2分前に気づき事無きを得た。途中渋滞で、目的地まで20分ほどかかったが、渋滞がなければ10分ほどで着くだろう。住宅街の脇にある中国分スポーツ広場のグランドはこじんまりとした人工芝グランド。しかし、ちゃんと簡易ベンチもあり、観客に優しい。

”市川FC(市川トレセン)5年強化リーグ”は今日から千葉県内外のチームを集めて3日間に渡って行われる大会。リーグといいつつ、3日間の集中開催で、総当りというわけでもないので、市川招待とでもした方が実体にあっているような気がするが、まぁ、「いい夫婦の日」だからいいか(関係ない:P)

追浜は江南南、市川トレセンA、町田JFCの順に3試合行った。江南南、町田JFCとの試合は15分×2、市川トレセンAとの試合は15分×3の変則マッチ。ひょっとすると市川トレセンの3本目はBだったかもしれない。3試合とも立ち上がりは相手の勢いに押され劣勢。しかし、1チャンスをものにし先制。それをきっかけに流れがよくなるが、今度は逆にセットプレイやリスタートから失点。後半追い上げるも一歩及ばず(江南南、町田JFC戦)、といった展開。流れが悪くなるのは、主にパスがちゃんとつながらないからだが、それはやろうとしているサッカーに技術が一歩及んでないからだと思うので、練習を積めば徐々に改善されるだろう。

■追浜U-11vs江南南

前半:皐月秀崇、藤原大介、古賀勇人、高木聡汰、中村帆高、花田佑、松崎伶惟、中嶋修造、桜井玲二、中川大樹、遠藤翼
後半:藤原大介、皐月秀崇、古賀勇人、高木聡汰、中村帆高、花田佑、松崎伶惟、中嶋修造、桜井玲二、中川大樹、遠藤翼

得点:
 前半04分 遠藤翼
 前半10分 (江南南)
 後半09分 (江南南)

Tr_img_3017 Tr_img_3162

■追浜U-11vs市原トレセンA

1本目:中村帆高、桜井玲二、松崎伶惟、高木聡汰、中川大樹、古賀勇人、中嶋修造、皐月秀崇、花田佑、藤原大介、遠藤翼
2本目:遠藤翼、桜井玲二、皐月秀崇、松崎伶惟、中川大樹、高木聡汰、中嶋修造、古賀勇人、花田佑、藤原大介、中村帆高
3本目:中嶋修造、藤原大介、皐月秀崇、遠藤翼、中川大樹、高木聡汰、桜井玲二、古賀勇人、花田佑、松崎伶惟、中村帆高

得点:
 1本目10分 中嶋修造
 1本目13分 松崎伶惟
 2本目08分 (市原トレセン)
 3本目04分 松崎伶惟
 3本目08分 桜井玲二
 3本目15分 中村帆高
 3本目15分 中村帆高 

Tr_img_3324 Tr_img_3252 Tr_img_3362

■追浜U-11vs町田JFC

前半:花田佑、桜井玲二、古賀勇人、高木聡汰、中村帆高、皐月秀崇、松崎伶惟、中嶋修造、藤原大介、遠藤翼、中川大樹
前半:藤原大介、古賀勇人、皐月秀崇、高木聡汰、中村帆高、花田佑、桜井玲二、中嶋修造、中川大樹、遠藤翼、松崎伶惟

得点:
 前半06分 遠藤翼
 前半10分 (町田JFC)

※フォーメーションは中盤ダイヤモンドの4-4-2。出場メンバーの記載はGK、4バック左から、ボランチ、左SH、トップ下、右SH、2トップの順。

Tr_img_3506 Tr_img_3519 Tr_img_3586

なお、追浜の試合の合間に見た他の試合結果は以下の通り。

■市川トレセンA 1-1 町田JFC
■市川トレセンB 0-0 町田JFC
■市川トレセンB 0-4 江南南

試合後は前から行きたかった大江戸博物館へ。ボストン美術館浮世絵名品展は人多すぎのうえ、イヤホンガイド解説作品の前で列が止まり大渋滞。混雑する日はイヤホンガイドはやめて欲しいものだ。展示そのものは判りやすいし、写楽や広重、歌麿、国芳の傑作が見れて満足。常設展も面白かったが、さすがに疲れていたので駆け足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

現在4位残り3試合3位との勝点差4 ~TRM 横浜vs湘南

今年何度目になるのか、湘南戦。30分×3。

1本目はトップチーム。立ち上がりに2本連続シュートを打ったが、ゴール前の山口に2本とも跳ね返される。直後の狩野のミドルもバーに当たり、跳ね返ったボールがGKの背中に当たるもゴールをそれる。以後は双方決定機はなし。まぁ、偵察部隊も一杯いたし、練習試合だし、ぽかぽか陽気だし、という感じ。

2、3本目はサブメンバー中心。2本目に小宮山の惜しいシュート(学が奪ったボールを受け、左サイドからのシュートはゴールコーナーを叩く)があったものの、湘南に押されるシーンも多く、こちらも総じて低調な出来。横浜の得点は、練習生の丁の右クロスをファーで金がヘッドで合わせた一点のみ。若者達もっとがんばれ。初めてみた丁はなかなかいい感じ。

Tr_img_2963 Tr_img_2978

<1本目>
_____坂田大輔(11)__大島秀夫(15)______

田中裕介(26)____清水範久(18)____田中隼磨(7)

______狩野健太(14)_河合竜二(6)_______

__小椋祥平(30)__松田直樹(3)__栗原勇蔵(4)__

__________飯倉大樹(31)_________

<2本目>
__________齋藤学(19)__________

____水沼宏太(20)_____兵藤慎剛(17)____

小宮山尊信(13)____________古部健太(32)

______天野貴史(35)__アーリア(29)______

__金井貢史(24)__田代真一(23)__金根煥(38)__

__________飯倉大樹(31)__________

<3本目>
__________古部健太(32)__________

_____齋藤学(19)_______金根煥(38)____

金井貢史(24)_______________丁東好(34)

______水沼宏太(20)__アーリア(29)______

__梅井大輝(33)__田代真一(23)__浦田延尚(28)__

__________秋元陽太(36)__________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 2本目15分 飯倉大樹(31)→秋元陽太(36)
 3本目00分 フォーメーション参照

得点:
 3本目03分 金根煥(38)
 3本目09分 (湘南:菅野哲也)

おまけ:定点観測
Tr_200811201159000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

高円宮杯U-15日程発表

高円宮杯U-15の日程が発表になった。残念ながらマリノス勢は出場が叶わなかったので、今回は迷う事無く愛媛に専念。愛媛は青森山田中、神戸、港川中と一緒のグループ。やはり会場は香川。うどん食うぞ!グループリーグを突破すれば、次は愛知でグループFのチームと対戦。Kちゃん、愛知で会おう!(笑)

【グループ分け】
グループA:静岡学園中、桐蔭学園中、FCライオス(兵庫)、FCディアモ(香川)
グループB:筑陽学園中(福岡)、札幌、清水、柏
グループC:FCフェルヴォール愛知、セレッソ、アミーゴス鹿児島、大宮
グループD:ガンバ、川崎、AQUARE富山、レオーネ山口
グループE:青森山田中、神戸、愛媛FC、港川中(沖縄)
グループF:コンサ旭川、サンフくにびき(島根)、新潟、ブレイズ熊本
グループG:鳥栖、深川、FC四日市、FC.FRESCA(宮城)
グループH:ヴェルディ、仙台、名古屋、京都

【日程】
12/07(日) 13:10 GL#1 愛媛vs港川中 @香川サ
12/13(土) 11:00 GL#2 青森山田vs愛媛 @香川サ
12/14(日) 11:00 GL#3 神戸vs愛媛 @香川2サ

12/20(土) 11:00/13:10 R16 @刈谷
12/21(日) 11:00/13:10 QF @名古屋港
12/27(土) 11:00/13:10 SF @西が丘
12/29(月) 11:30 F @国立

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

ナショナルトレセンU-16メンバー

続いてU-16。こちらは横浜からは追浜の向吉君、宮本君、アンドリュー君のメニコン組に加え、みなとみらいの鈴木君が選出された。愛媛からも、安藤君、近藤君、城村君の3名。

====================================

■東日本
期間:2008年11月20日(木) ~ 11月24日(月)
場所:Jヴィレッジ

01 GK 山田 啓太 1993/01/11 高1 187cm/76kg 茨城県 鹿島ユース
02 GK 渡辺 周平 1994/02/09 中3 185cm/69kg 北海道 札幌市立星置中
03 GK 大洞 信幾 1993/08/09 中3 184cm/80kg 岩手県 遠野市立遠野中
04 GK 寺沢 優太 1993/07/31 中3 181cm/79kg 長野県 F.C.CEDAC
05 DF 向吉 勝吾 1993/04/07 中3 165cm/55kg 神奈川 横浜JY追浜
06 DF 宮本 和輝 1993/07/13 中3 180cm/66kg 神奈川 横浜JY追浜

07 DF ウェバー ジェイコブ 見季 1993/09/09 中3 176cm/69kg 神奈川 横浜FCJY
08 DF 奈良 竜樹 1993/09/19 中3 177cm/67kg 北海道 北見市立小泉中
09 DF 永井 晃輔 1993/04/18 中3 178cm/65kg 北海道 札幌U-15
10 DF 向平  悟 1993/08/04 中3 180cm/65kg 岩手県 盛岡市立北松園中
11 DF 石井  達 1993/09/08 中3 171cm/62kg 新潟県 新潟JY
12 DF 成田 雅治 1993/08/01 中3 172cm/64kg 北海道 室蘭市立蘭東中
13 MF 熊谷 アンドリュー 1993/06/06 中3 179cm/64kg 神奈川 横浜JY追浜
14 MF 山中 亮輔 1993/04/20 中3 168cm/58kg 千葉県 柏U-15
15 MF 鈴木 雄斗 1993/12/07 中3 177cm/58kg 神奈川 横浜JY
16 MF 端山  豪 1993/04/09 中3 173cm/63kg 東京都 東京ヴェルディJY
17 MF 齋藤 祐志 1993/07/03 中3 171cm/56kg 群馬県 前橋FC
18 MF 矢島倫太郎 1993/01/09 高1 172cm/65kg 埼玉県 浦和ユース
19 MF 中川 雄貴 1994/01/20 中3 159cm/53kg 北海道 札幌U-15
20 MF 荒野 拓馬 1993/04/20 中3 176cm/60kg 北海道 札幌U-15
21 MF 津川 暢彰 1993/05/03 中3 170cm/63kg 北海道 ASC U-15
22 MF 丸岡 昌平 1993/03/09 高1 163cm/60kg 石川県 星稜高
23 MF 小底 朝陽 1993/09/08 中3 175cm/64kg 新潟県 南浜中
24 MF 越後 雄太 1993/04/27 中3 175cm/57kg 宮城県 仙台JY
25 MF 永吉 惇起 1993/06/23 中3 174cm/66kg 宮城県 仙台JY
26 MF 斉藤 直道 1993/05/18 中3 168cm/58kg 山形県 山形FCJY
27 MF 青島 康太 1993/05/02 中3 174cm/58kg 長野県 FC ASA FUTURO
28 FW 田鍋 陵太 1993/04/10 中3 173cm/62kg 東京都 三菱養和巣鴨JY
29 FW 中川 義貴 1993/07/14 中3 175cm/67kg 茨城県 鹿島JY
30 FW 梶野 勇太 1993/05/02 中3 170cm/58kg 茨城県 鹿島JY
31 FW 杉本 竜士 1993/06/01 中3 160cm/56kg 東京都 東京ヴェルディJY
32 FW 柏瀬  暁 1993/06/01 中3 181cm/73kg 千葉県 フッチSC
33 FW 近藤 勝成 1993/04/08 中3 174cm/69kg 北海道 札幌U-15
34 FW 早川 史哉 1994/01/12 中3 168cm/65kg 新潟県 新潟JY
35 FW 石坂 元気 1993/07/13 中3 175cm/64kg 富山県 富山北FC
36 FW 阿部  駿 1993/04/28 中3 168cm/70kg 秋田県 エスポルチ秋田
37 FW 結城  良 1993/11/11 中3 186cm/75kg 山形県 山形JY村山
38 -- 古山 瑛翔 1993/11/08 中3 156cm/43kg 福島県 JFAアカデミー福島
39 -- 佐藤 令治 1993/05/21 中3 167cm/55kg 福島県 JFAアカデミー福島
40 -- 鈴木 宗吾 1993/08/28 中3 172cm/52kg 福島県 JFAアカデミー福島

■西日本
期間:2008年11月20日(木) ~ 11月24日(月)
場所:アスコ ザ パーク TANBA

01 GK 石井  綾 1993/06/24 中3 178cm/68kg 愛知県 名古屋U-15
02 GK 田尻  健 1993/06/11 中3 181cm/70kg 大阪府 ガンバ大阪JY
03 GK 大谷友之祐 1993/02/02 高1 179cm/65kg 広島県 瀬戸内高
04 GK 池田  隼 1993/09/22 中3 178cm/75kg 香川県 さぬき市立津田中
05 GK 吉満 大介 1993/02/21 高1 185cm/83kg 鹿児島 神村学園高等部
06 DF 木下 高彰 1993/06/11 中3 179cm/65kg 静岡県 浜松開誠館中FC
07 DF 山田真己人 1993/09/07 中3 173cm/65kg 兵庫県 FCライオス
08 DF 山本 恭敬 1994/01/28 中3 172cm/61kg 滋賀県 Fosta FC
09 DF 脇本 晃成 1994/01/08 中3 177cm/65kg 広島県 広島JY
10 DF 安藤 一貴 1993/04/20 中3 178cm/67kg 愛媛県 愛媛FCJY
11 DF 倉富 裕也 1993/07/30 中3 178cm/71kg 福岡県 福岡U-15
12 MF 塚田 玄徳 1993/03/20 高1 169cm/60kg 静岡県 磐田ユース
13 MF 風間 宏矢 1993/04/16 中3 178cm/65kg 静岡県 清水FCJY
14 MF 前田  柊 1993/12/02 中3 169cm/64kg 三重県 FC四日市
15 MF 大島 僚太 1993/01/23 高1 166cm/58kg 静岡県 静岡学園高
16 MF 山田 俊毅 1993/02/27 高1 175cm/70kg 京都府 京都U-18
17 MF 島田 怜央 1993/11/24 中3 168cm/60kg 大阪府 ガンバ大阪JY
18 MF 和田 篤紀 1993/02/09 高1 178cm/65kg 兵庫県 神戸ユース
19 MF 免田 朋己 1993/07/06 中3 178cm/62kg 兵庫県 神戸JY
20 MF 久永  翼 1993/05/13 中3 168cm/62kg 山口県 レオーネ山口U-15
21 MF 川森 有真 1993/02/01 高1 173cm/66kg 広島県 広島ユース
22 MF 渡  大生 1993/06/25 中3 172cm/62kg 広島県 広島高陽FCU-15
23 MF 桑島 昂平 1993/05/19 中3 164cm/53kg 徳島県 徳島JY
24 MF 真辺 博也 1993/07/05 中3 180cm/68kg 高知県 佐川中
25 MF 藤  直也 1993/05/31 中3 171cm/53kg 愛媛県 新居浜SC
26 MF 近藤 貫太 1993/08/11 中3 158cm/50kg 愛媛県 愛媛FCJY
27 MF 中元  穣 1993/10/01 中3 174cm/61kg 香川県 FCディアモ
28 MF 上原 大明 1993/10/13 中3 170cm/59kg 沖縄県 読谷村立読谷中
29 MF 石原 良将 1993/04/04 中3 172cm/66kg 熊本県 FCK MARRY GOLD KUMAMOTO
30 MF 松原  健 1993/02/16 高1 177cm/63kg 大分県 大分U-18
31 MF 松尾 純也 1993/04/28 中3 165cm/58kg 鹿児島 アミーゴス鹿児島U-15
32 MF 田中 利浩 1993/07/31 中3 163cm/52kg 長崎県 海星中
33 FW 矢口 和典 1993/05/27 中3 170cm/72kg 岐阜県 JUVEN U-15
34 FW 和泉 竜司 1993/11/06 中3 168cm/61kg 三重県 FC四日市
35 FW 馬場 隼人 1993/07/04 中3 173cm/55kg 大阪府 ガンバ大阪堺JY
36 FW 小谷 光毅 1993/04/25 中3 165cm/55kg 大阪府 ガンバ大阪JY
37 FW 前島 聖司 1993/05/03 中3 166cm/58kg 大阪府 セレッソ大阪西U-15
38 FW 久保 裕也 1993/12/24 中3 175cm/66kg 山口県 山口市立鴻南中
39 FW 原川  力 1993/08/18 中3 170cm/60kg 山口県 レオーネ山口U-15
40 FW 城村 洸介 1993/04/29 中3 163cm/57kg 愛媛県 愛媛FCJY
41 FW 知念雄太朗 1993/11/19 中3 168cm/54kg 沖縄県 ヴィクサーレ沖縄FC・JY
42 FW 大久保克則 1993/04/19 中3 178cm/67kg 熊本県 出水中
43 FW 當瀬 泰祐 1993/09/17 中3 163cm/55kg 宮崎県 都城市立西中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナショナルトレセンU-14メンバー

横浜、愛媛ともに今回は選出なし。が、プライマリー追浜からジュニオールに進んだ関根君が選出。がんばれー!

==============================================

■東日本
期間:2008年11月20日(木)~11月24日(月)
場所:Jヴィレッジ

北海道01 FW 股村 健人 1994/05/27 中2 168cm/59kg 北海道 SSSJY
北海道02 MF 椎名 政志 1994/05/21 中2 173cm/55kg 北海道 札幌ジュニアFCユース
北海道03 MF 藤根 直道 1994/11/08 中2 173cm/60kg 北海道 DOHTO JY
北海道04 FW 石田 柊冴 1994/01/11 中3 173cm/62kg 北海道 室蘭市立蘭東中
北海道05 DF 濱下  賢 1994/09/21 中2 168cm/54kg 北海道 アンフィニMAKI.FC
北海道06 GK 上田  築 1995/01/24 中2 175cm/59kg 北海道 帯北アンビシャス
北海道07 FW 田中  司 1995/05/18 中1 163cm/50kg 北海道 アンフィニMAKI.FC
北海道08 FW 吉田 光希 1995/07/22 中1 170cm/57kg 北海道 アンフィニMAKI.FC
北海道09 MF 佐々木大輔 1995/04/29 中1 163cm/49kg 北海道 アンフィニMAKI.FC
北海道10 MF 児玉 圭輔 1995/05/27 中1 162cm/50kg 北海道 帯広FC
北海道11 MF 向中野創平 1995/07/12 中1 156cm/42kg 北海道 ASC U-15

東北01 MF 山田 武典 1995/08/29 中1 157cm/46kg 青森県 七戸中
東北02 MF 石井  光 1995/07/02 中1 160cm/62kg 秋田県 FCあきたASPRIDE
東北03 FW 早坂 洸輝 1995/08/07 中1 164cm/57kg 山形県 山形FCJY
東北04 MF 女池 光仁 1995/04/09 中1 166cm/52kg 宮城県 FCみやぎバルセロナ
東北05 FW 武山 季樹 1995/04/08 中1 158cm/45kg 宮城県 塩釜FCJY
東北06 GK 佐々木 藍 1995/05/09 中1 176cm/63kg 宮城県 仙台JY
東北07 DF 佐藤  元 1994/04/19 中2 177cm/61kg 山形県 山形FCJY
東北08 MF 齋藤 謙太 1994/06/02 中2 157cm/44kg 山形県 山形FCJY
東北09 MF 吉野 恭平 1994/11/08 中2 175cm/55kg 宮城県 A.C AZZURRI
東北10 MF 飛田風太郎 1994/05/02 中2 161cm/50kg 福島県 JヴィレッジSC
東北11 MF 青沼 基貴 1994/07/22 中2 160cm/51kg 宮城県 仙台JY

関東01 GK 宗仲  光 1995/07/23 中1 167cm/56kg 東京都 横河武蔵野FCJY
関東02 MF 小出 智生 1995/12/27 中1 152cm/41kg 東京都 三菱養和巣鴨JY
関東03 FW 黒木  周 1995/04/24 中1 170cm/56kg 東京都 三菱養和巣鴨JY
関東04 FW 尾身 俊哉 1995/10/10 中1 159cm/50kg 埼玉県 クマガヤSC
関東05 FW 小林 延哉 1995/06/25 中1 167cm/51kg 山梨県 FCラーゴ河口湖 U-15
関東06 MF 手塚 朋克 1995/08/20 中1 165cm/52kg 山梨県 甲府JY
関東07 MF 澤井 皐希 1995/05/18 中1 167cm/49kg 千葉県 三井千葉SCJY
関東08 MF 関根  陸 1995/05/14 中1 159cm/48kg 神奈川 ジュニオールJY
関東09 FW 野口  翼 1995/06/03 中1 162cm/50kg 茨城県 FC古河JY
関東10 MF 若山 秋生 1995/09/06 中1 170cm/62kg 栃木県 栃木SC JY
関東11 DF 高山  黎 1995/12/06 中1 170cm/51kg 群馬県 前橋FC
関東12 GK 中村 航輔 1995/02/27 中2 168cm/51kg 千葉県 柏U-15
関東13 MF 秋野 央樹 1994/10/08 中2 172cm/52kg 千葉県 柏U-15
関東14 DF 菊池  翔 1994/10/08 中2 167cm/63kg 埼玉県 大宮JY
関東15 MF 込山 雄奨 1994/04/14 中2 168cm/50kg 山梨県 フォルトゥナSC
関東16 DF 新井 純平 1994/11/12 中2 171cm/55kg 埼玉県 浦和JY
関東17 FW 小野瀬恵亮 1994/07/08 中2 170cm/55kg 茨城県 鹿島ノルテJY
関東18 MF 岩田 拓也 1994/07/14 中2 174cm/58kg 東京都 FC東京U-15むさし
関東19 FW 鯉沼 将希 1995/01/17 中2 163cm/51kg 東京都 東京ヴェルディJY
関東20 MF 佐藤 仁紀 1994/06/05 中2 170cm/56kg 埼玉県 狭山JYFC
関東21 MF 今関 耕平 1994/06/23 中2 175cm/62kg 千葉県 千葉U-15
関東22 MF 楠美 圭史 1994/07/25 中2 171cm/55kg 東京都 東京ヴェルディJY

アカ01 GK 高野 聡生 1994/08/08 中2 176cm/68kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ02 -- 高見  優 1994/05/26 中2 164cm/51kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ03 -- 丹羽 啄望 1994/06/05 中2 172cm/52kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ04 -- 幡野 貴紀 1994/09/06 中2 155cm/43kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ05 -- 板津 勇亜 1994/07/02 中2 171cm/56kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ06 -- 石川 朝貴 1995/05/12 中1 167cm/53kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ07 -- 加藤 拓帆 1995/05/29 中1 157cm/49kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ08 -- 金子 翔太 1995/05/02 中1 147cm/43kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ09 -- 早坂 武流 1996/02/24 中1 154cm/44kg 福島県 JFAアカデミー福島

■中日本
期間:2008年11月20日(木)~11月24日(月)
場所:野洲川歴史公園サッカー場 ビッグレイク(グラウンド)

北信越01 MF 須田  航 1996/03/24 中1 166cm/49kg 新潟県 魚沼FCアルティスタ
北信越02 MF 倉本 隼吾 1995/05/03 中1 178cm/58kg 富山県 UOZU FC UB
北信越03 MF 大森 史裕 1995/05/25 中1 171cm/48kg 長野県 長野市立東北中
北信越04 MF 栁澤 翔人 1995/05/15 中1 150cm/37kg 長野県 AC長野パルセイロJRY
北信越05 FW 渡邉 新太 1995/08/05 中1 148cm/38kg 新潟県 FC五十嵐JY
北信越06 MF 井上  丈 1994/05/21 中2 154cm/48kg 新潟県 新潟JY
北信越07 MF 中野  駿 1994/07/18 中2 165cm/50kg 石川県 私立星稜中
北信越08 FW 井田 遼平 1994/09/11 中2 168cm/56kg 石川県 私立星稜中
北信越09 MF 金子 綺杜 1994/04/14 中2 168cm/52kg 長野県 FC ASA FUTURO
北信越10 FW 川口 尚紀 1994/05/24 中2 173cm/62kg 新潟県 長岡ビルボードFC・JY
北信越11 GK 宇野 智紀 1994/10/01 中2 173cm/60kg 福井県 丸岡FCJY

東海01 MF 高橋  篤 1994/04/07 中2 167cm/57kg 岐阜県 JUVEN U-15
東海02 MF 白井 康介 1994/05/01 中2 165cm/50kg 愛知県 FC豊橋デューミラン
東海03 FW 荒木 傑大 1994/05/21 中2 169cm/56kg 岐阜県 SC岐阜VAMOS
東海04 DF 石黒 優哉 1994/06/24 中2 178cm/60kg 愛知県 愛知FCU-15
東海05 MF 溝田  光 1994/07/27 中2 164cm/52kg 三重県 ソシエタ伊勢SC
東海06 MF 鎌田 竜太 1994/09/28 中2 167cm/57kg 三重県 FC松阪JY
東海07 MF 藤橋 弘貴 1995/03/03 中2 168cm/56kg 岐阜県 SC岐阜VAMOS
東海08 MF 下田 拓夢 1995/04/15 中1 160cm/46kg 愛知県 SC豊田
東海09 FW 川森 直威 1995/04/20 中1 165cm/57kg 三重県 FC四日市
東海10 FW 大橋 皇気 1995/07/05 中1 164cm/56kg 愛知県 刈谷81FC
東海11 GK 角屋  諒 1995/05/13 中1 167cm/56kg 三重県 FC四日市
東海12 FW 髙野 恭誓 1995/05/27 中1 161cm/48kg 愛知県 セントラル豊橋FC
東海13 FW 加藤 優汰 1995/07/21 中1 171cm/51kg 愛知県 名古屋FC
東海14 FW 青山虎之輔 1995/08/14 中1 169cm/57kg 愛知県 FCフェルヴォール愛知
東海15 MF 河村 大志 1995/08/31 中1 165cm/52kg 三重県 三重北勢FC
東海16 MF 杉本 太郎 1996/02/12 中1 147cm/36kg 岐阜県 SC岐阜VAMOS

関西01 GK 城森 康誉 1994/07/11 中2 181cm/65kg 大阪府 サザンウェイブ泉州FC
関西02 MF 中村 真輔 1994/01/04 中3 169cm/53kg 大阪府 岩田FC
関西03 MF 藤本 亮太 1994/04/01 中2 165cm/55kg 京都府 京都J―マルカFC
関西04 MF 松村  亮 1994/06/15 中2 162cm/47kg 京都府 宇治FCJY
関西05 MF 望月 嶺臣 1995/01/18 中2 162cm/50kg 滋賀県 セゾンFC
関西06 MF 丹羽 詩温 1994/06/18 中2 172cm/62kg 大阪府 城南FC
関西07 FW 斉藤 隆成 1994/04/30 中2 176cm/60kg 大阪府 藤陽FC
関西08 DF 和田 将平 1994/05/02 中2 163cm/48kg 京都府 京都紫光SC
関西09 FW 中濱 健太 1994/05/25 中2 174cm/56kg 奈良県 ディアブロッサ高田FCU-15
関西10 GK 吉田 大河 1995/04/15 中1 164cm/49kg 京都府 福知山JYクラブ
関西11 MF 山路 真司 1995/01/09 中2 170cm/55kg 和歌山 岩出FCアズール
関西12 MF 川井 翔太 1995/06/15 中1 163cm/53kg 大阪府 吹田JFC千里丘
関西13 MF 中大路 健 1995/11/19 中1 155cm/44kg 京都府 比叡少年蹴球団
関西14 MF 市橋  賢 1995/07/29 中1 165cm/53kg 兵庫県 小野中
関西15 MF 田村 亮介 1995/05/08 中1 164cm/47kg 奈良県 奈良YMCA SC JY
関西16 MF 三宅 一穂 1995/10/22 中1 159cm/42kg 滋賀県 セゾンFC
関西17 DF 白岩 海斗 1995/07/21 中1 171cm/54kg 大阪府 長野FC

アカ01 -- 本田 裕樹 1994/04/24 中2 162cm/45kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ02 -- 中山 知之 1995/01/26 中2 154cm/41kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ03 GK 吉田 瑞生 1994/04/19 中2 180cm/65kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ04 -- 陽葉 友和 1994/08/07 中2 159cm/43kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ05 -- 浅岡 大貴 1995/04/21 中1 149cm/41kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ06 -- 柏崎  旬 1995/06/25 中1 175cm/65kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ07 -- 木下  諒 1995/09/30 中1 155cm/45kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ08 -- 西川 智史 1995/05/25 中1 149cm/37kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ09 -- 前田 拓海 1995/06/05 中1 159cm/49kg 福島県 JFAアカデミー福島

■西日本
期間:2008年11月20日(木)~11月24日(月)
場所:大津町運動公園(グラウンド)

中国01 GK 足立 健太 1994/07/12 中2 170cm/51kg 鳥取県 ガイナーレ鳥取JY U-15
中国02 MF 吉田 勝貴 1994/09/05 中2 161cm/48kg 岡山県 サウーディFC
中国03 MF 長谷  優 1994/06/05 中2 172cm/60kg 島根県 ボアソルテ美都FC
中国04 FW 藤村遼太郎 1994/05/30 中2 170cm/55kg 山口県 クレフィオFC山口
中国05 MF 森本 裕也 1994/04/02 中2 161cm/50kg 山口県 クレフィオFC山口
中国06 MF 西嶋 有矢 1995/02/21 中2 172cm/52kg 山口県 クレフィオFC山口
中国07 MF 熊田 克斗 1995/06/17 中1 149cm/41kg 岡山県 アヴァンサールFC
中国08 FW 西村 郁哉 1996/02/03 中1 143cm/37kg 岡山県 ファジアーノ岡山FCJY
中国09 DF 森本 裕章 1995/05/23 中1 172cm/57kg 島根県 ボアソルテ美都FC
中国10 FW 坂本将一朗 1995/05/17 中1 166cm/48kg 島根県 ボアソルテ美都FC
中国11 MF 本田 紘貴 1995/06/16 中1 159cm/43kg 山口県 クレフィオFC山口

四国01 MF 藤原 純也 1994/03/21 中3 160cm/48kg 香川県 ELF.FC
四国02 MF 藤本  心 1994/04/14 中2 160cm/50kg 香川県 シーガルFCJY
四国03 MF 岸野 源太 1994/04/30 中2 160cm/50kg 徳島県 プルミエール徳島SC
四国04 FW 宇都宮勇士 1994/04/24 中2 166cm/47kg 愛媛県 八幡浜市立八代中
四国05 DF 松下 佳貴 1994/03/03 中3 166cm/50kg 愛媛県 三津浜中
四国06 MF 丸岡  満 1996/01/06 中1 160cm/48kg 徳島県 徳島市川内中
四国07 MF 坂東 亘樹 1995/06/16 中1 161cm/47kg 徳島県 市場中
四国08 FW 藤本 啓佑 1995/04/06 中1 157cm/49kg 徳島県 山川中
四国09 FW 藤村  皓 1995/04/24 中1 164cm/53kg 香川県 高松市立木太中
四国10 DF 西岡  潤 1995/11/04 中1 152cm/40kg 香川県 三豊市観音寺市学校組合立三豊中
四国11 GK 岡田 滉平 1995/05/02 中1 162cm/50kg 愛媛県 三津浜中

九州01 MF 端  良馬 1994/04/02 中2 161cm/51kg 沖縄県 名護市立名護中
九州02 FW 座喜味 潤 1994/11/09 中2 170cm/55kg 沖縄県 FC琉球JY
九州03 DF 山本 章博 1994/06/03 中2 164cm/50kg 熊本県 エスペランサ熊本
九州04 MF 片田  拓 1994/12/13 中2 152cm/40kg 佐賀県 鳥栖U-15
九州05 MF 吉岡 雅和 1995/03/09 中2 156cm/46kg 長崎県 FC雲仙エスティオールU-15
九州06 MF 丸野 勝也 1994/04/28 中2 166cm/51kg 大分県 大分U-15宇佐
九州07 FW 植野 元紀 1995/07/21 中2 178cm/60kg 熊本県 アルバランシア熊本
九州08 FW 竹下 優孝 1994/01/08 中3 173cm/63kg 宮崎県 延岡市立東海中
九州09 DF 船水 隆司 1994/04/25 中2 171cm/49kg 鹿児島 重富中
九州10 FW 下地 希一 1994/02/20 中3 177cm/58kg 沖縄県 港川中
九州11 MF 瓜生 昂勢 1996/01/08 中1 150cm/43kg 福岡県 鯰田FCU-15
九州12 MF 宮地  壯 1995/04/05 中1 168cm/57kg 佐賀県 鳥栖U-15
九州13 MF 金城  樹 1995/11/01 中1 145cm/37kg 沖縄県 沖縄市立山内中
九州14 MF 新城 太貴 1995/03/26 中1 147cm/37kg 沖縄県 鏡原中
九州15 DF 上野 文也 1995/08/10 中1 176cm/57kg 熊本県 FCK MARRY GOLD KUMAMOTO
九州16 FW 木戸 皓貴 1995/06/28 中1 165cm/47kg 熊本県 熊本ユナイテッドSC
九州17 MF 黒木 強汰 1995/09/13 中1 150cm/42kg 宮崎県 フォルトゥナ延岡FC
九州18 DF 池松 大騎 1995/03/12 中2 181cm/61kg 長崎県 ナガサキアシストサッカーユニオンU-15
九州19 MF 森永  卓 1995/05/18 中1 150cm/45kg 福岡県 小倉南FCJY
九州20 FW 山口 晃大 1995/05/30 中1 151cm/37kg 福岡県 福岡U-15
九州21 GK 那須 将司 1995/05/21 中1 175cm/65kg 宮崎県 延岡市立恒富中
九州22 GK 船川航司朗 1994/02/24 中3 178cm/65kg 鹿児島 アミーゴス鹿児島U-15

アカ01 -- 松本 昌也 1995/01/25 中2 154cm/42kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ02 -- 平澤 俊輔 1994/04/11 中2 173cm/59kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ03 -- 日高 拓登 1994/09/03 中2 156cm/40kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ04 -- 石井 翔大 1994/04/26 中2 163cm/52kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ05 -- 安東  輝 1995/06/28 中1 153cm/43kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ06 -- 樫原 元大 1995/04/05 中1 169cm/54kg 福島県 JFAアカデミー福島
アカ07 GK 宮園 栄人 1995/06/05 中1 168cm/51kg 福島県 JFAアカデミー福島

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

高校サッカー組み合わせ決定

高校サッカーの組み合わせが決定。

OBのいる鹿島学園は奈良一条との対戦で、開幕カード!(城ショージGJ!) 12/7に決定する神奈川代表は島根代表立正大淞南と、帝京高校は広島皆実。愛媛JYのOBがいる松山北は1回戦で國學院久我山との対戦。選手宣誓は高知。出場するOBたち、ピッチの内外でがんばれ!

=====================================

■千葉ゾーン
市立船橋(千葉) vs 香川西(香川) 市① ※
前橋育英(群馬) vs 京都橘(京都) 柏①
武蔵工大二(長野) vs 高知(高知) 柏②
秋田商(秋田) vs 那覇西(沖縄) 西②
東海学園(愛知) vs 佐賀東(佐賀) 西①
国学院久我山(東京B) vs 松山北(愛媛) 西① ※

■埼玉ゾーン
市立浦和(埼玉) vs 滝川二(兵庫) 埼① ※
丸岡(福井) vs 長崎日大(長崎) さ①
北海(北海道) vs 近大和歌山(和歌山) さ②
青森山田(青森) vs 鹿児島城西(鹿児島) 市①
不来方(岩手) vs 大阪桐蔭(大阪) 市②
宇都宮白揚(栃木) vs 西京(山口) 柏① ※

■東京ゾーン
四日市中央工(三重) vs 山形中央(山形) さ② ※
富岡(福島) vs 日章学園(宮崎) 埼①
富山第一(富山) vs 筑陽学園(福岡) 埼②
帝京(東京A) vs 広島皆実(広島) 駒①
韮崎(山梨) vs 徳島商(徳島) 駒②
星稜(石川) vs 作陽(岡山) 駒② ※

■神奈川ゾーン
東北(宮城) vs 情報科学(大分) 三② ※
鹿島学園(茨城) vs 一条(奈良) 国立
岐阜工業(岐阜) vs 野洲(滋賀) 等①
北越(新潟) vs 大津(熊本) 三②
12/7決定(神奈川) vs 立正大淞南(島根) 三①
境(鳥取) vs 藤枝東(静岡) 等② ※

※1回戦シード
西:西が丘、駒:駒沢陸上、埼:埼玉スタジアム、さ:駒場、等:等々力陸上、三:ニッパツ、柏:柏の葉、市:市原臨海
①:12:05、②:14:10 国立:13:10

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月16日 (日)

SL見るの忘れた ~Jユースカップ 横浜vs甲府

昨日の敗戦が相当こたえていたので、何だか韮崎まで行く元気がなかったのだが、気がついたら横浜線に乗っていた(笑) もうちょっと元気があれば朝一番の電車で出発して、甲府セリエカップを見てからユースとも考えていたが、さすがにそこまでの元気はなかった。#優勝おめでとう!おっぱまーずU-11。

はるばる韮崎で行われるのは(といっても昨日の大胡よりは近い:)Jユースカップグループリーグ第5戦、対甲府。会場はこの夏ミニ国体で2日間連続で通った韮崎中央公園陸上競技場。喜怒哀楽、色々な思い出のある競技場だ。ほぼ一番乗りだったので、わずかにある屋根下をキープ。天気予報では曇りの予報だったが、試合開始直前から雨になったので、この選択は正解だった。

すでに1位でグループリーグ突破を決めている横浜。一方の甲府はもう後がない。前回の対戦では、甲府の早いチェックに思うような試合が出来なかっただけに、今日はさらにモチベーションの差が試合に出るかと思われた。しかし、試合開始わずか2分。松内の前線を狙ったフィードに反応したのは榎本。GKと接触しつつもワンバウンドしたボールをヘディングでゴールに押し込んだ。ゴールの喜びと、額を打った痛みが微妙に入り混じった表情の榎本(笑) いや、笑ってごめん(笑) このゴールで気分が楽になったか、試合は横浜ペースで進む。

甲府側スタンドではマリノスタウンにもいた強烈ママサポさんに加え、甲府サポも太鼓を使っての応援。懸命の応援に、前半終盤には甲府が盛り返す。何度かチャンスが生まれるが、前半終了間際、カウンターからDF裏に抜け出した端戸が追加点をあげる。横浜にとっては最高の、甲府にとっては最悪の時間帯でのゴールだった。

後半開始早々にも横浜に追加点が生まれる。榎本のパスを受けた松尾が、GKと接触して態勢を崩しつつもゴール。後半10分には、またしても松尾が左サイドをドリブルで切り裂き、角度のない所からのシュートを決める。これで完全に試合は決まった。以後、横浜は1、2年生を次々と起用しつつも、終始自分達のペースで試合を進める。ユース公式戦では初めての星兄弟の同時起用。これに後藤が絡む左サイドからの攻撃は中々楽しい。終了間際には曽我の駄目押しPKもあり、終わってみればホームでの苦戦が嘘のような5-0の完勝だった。

Tr_img_2701 Tr_img_2815
Tr_img_2934

<スタメン>
_________榎本大希(15)_________

松尾康祐(11)___小野悠斗(18)_____端戸仁(9)

______佐藤優平(6)_荒井翔太(7)_______

星雄次(32)_甲斐公博(4)_樋川愛輔(20)_曽我敬紀(2)

__________松内貴成(1)__________

交代:
 後半23分 松尾康祐(11)→星広太(33)
 後半28分 小野悠斗(18)→後藤拓斗(28)
 後半34分 榎本大希(15)→天野純(23)
 後半39分 星雄次(32)→保田隆介(29)
 後半41分 松内貴成(1)→福田俊樹(31)

得点:
 前半02分 榎本大希(15)
 前半44分 端戸仁(9)
 後半03分 松尾康祐(11)
 後半10分 松尾康祐(11)
 後半38分 曽我敬紀(2):PK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

りょうもうは売切れ注意 ~高円宮杯関東大会2回戦 みなとみらいvsFC CORUJA

高円宮杯関東予選2回戦。みなとみらいは群馬県の大胡総合運動公園サッカー場で埼玉第4代表のFC CORUJA(コルージャ)との対戦。市ヶ尾を始発電車で出発して、東武、上毛電気鉄道を乗り継ぎ大胡には9:50に到着。所要時間4時間38分、料金2,150円なり。大胡に行くのは大事です<T首乙

大胡総合運動公園は上毛電気鉄道大胡駅よりタクシーで10分弱ほどのところ。大胡駅にも、公園近くにもコンビニはない。公園内に和食の店があったのでそこで食事ができるかもしれないが、周辺の様子を考えると(誰が食べに行くのだろう?)次回もその店があるとは限らないので、食料は事前に用意した方がいい。飲み物の自販機はあり。サッカー場は人工芝。観客席はなくピッチ脇で立って見ることになる。以上、簡単観戦ガイド終了(笑)

曇天の11:00キックオフ。CORUJAのプレスは早く厳しい。中盤でボールを持つと、どんどん体を寄せてくる。特にボランチ喜田君に対するつぶしは厳しく、立ち上がり早々、何度も倒され、開始10分ほどで相手にはイエローカードが2枚出るほど。CORUJAは厳しいプレスからボールを奪うと、素早く前線にボールを入れ、馬力のある10番君や、小技の効く8番君を中心にどんどんシュートを打ってくる。パスで攻撃を組み立てるスタイルのみなとみらいが(伝統的に)最も苦手とするタイプのチーム。

序盤からCORUJAの勢いに押される場面が続く。前半9分にはCKの中途半端なクリアを拾われ失点。前半12分にはPAすぐ外で喜田君が倒されFKを得るも、佐野君のFKはわずかにゴールを外れた。前半23分の土方君のミドルシュートは惜しくもポスト。決定機を決めきれず、逆に前半26分に中盤でのパスをインターセプトされ、そこから10番君に2点目を奪われる。直後、鈴木君が左サイドをドリブルで破り、角度のないところからシュート。これが見事に決まり、すぐに1点差に引き戻す。が、依然CORUJAのガツガツサッカーにみなとみらいは手をこまねき、前半は1点ビハインドで終了。

後半。CORUJAは守り重視で、カウンターからの追加点を狙う。その分、みなとみらいは相手陣内深く攻め入ることができるようになる。何度か得点機は訪れたものの、相手の体を張ったブロックに阻まれたり、決めるだけというシュートはふかしてしまったりで得点にはならない。後半も半ば過ぎからは、CORUJAに再三のチャンス。相手の攻撃を必至で跳ね返すみなとみらいとポスト君。時間は刻々と過ぎる。何とか1点取れば延長に持ち込める。緊迫した時間が流れる。ロスタイム直前に最後の決定機が訪れるも、これもふかしてしまいゴールならず。逆に、ロスタイムに相手カウンターをPA内でファールで止めてしまいPKを与えてしまう。これを決められ万事休す。

3点目を入れられた直後に試合終了の笛。号泣するみなとみらいの選手たち。夏に全国に行けなかった分、彼らにはぜひ高円宮杯で全国の舞台を経験させてあげたかった。ここでの敗退は残念としかいいようがない。はぁ・・・。ため息ばかりが漏れる。

<スタメン>
______土方隆介(11)___佐野弘樹(7)_______

相場遥介(25)_______________鈴木雄斗(19)

_______喜田拓也(23)___池田奨(3)_______

持田里久也(24)_原田健利(10)_諸石健太(22)_高橋将吾(8)

____________宮澤俊吾(1)__________

交代:
 後半00分 佐野弘樹(7)、相場遥介(25)→右高静真(14)、山田融(17)
 後半23分 池田奨(3)→飯田涼(2)
 後半29分 持田里久也(24)→加藤雅也(4)

得点:
 前半09分 (FC CORUJA)
 前半26分 (FC CORUJA)
 前半27分 鈴木雄斗(19)
 後半39分 (FC CORUJA:PK)

Tr_img_2309 Tr_img_2539 Tr_img_2348
Tr_img_2571

残念な結果に終わった試合だったが、気を取りなおして(いや、取りなおせないまま)、高校サッカー東京決勝帝京vs国士舘の行われる西が丘に向かう。新幹線を使えば前半途中からは見れるだろう。が、現地からのメールで当日券は売り切れとのこと。ああ、今日はついてない・・・

新幹線をやめて各駅停車に切り替える。車中では、トップ天皇杯浦和戦@丸亀と、高円宮予選追浜vs深川@深川の経過が気になり落ち着かない。先に終わったのは追浜の試合。PK2本を与え、1-3の負け。はぁ・・・。またもやため息が漏れる。一方、2点先制するも前半終了間際と後半開始直後に失点し、延長PKにまでもつれ込んだトップ。最後は哲也が鈴木啓太のシュートを止め、6-5の勝利。浦和相手の勝利はうれしいことはうれしいが、やはりJYが2チームとも2回戦で敗退したショックの方が大きい。はぁ・・・。

みなとみらいと追浜の選手たち、3年間(+α)お疲れさま。どちらも消化不良の感が残る大会ではあったけれど、これが現実。しっかり受け止めて、次の進路で笑えるようにがんばれ!2年生はこの悔しさをしっかり来年につなげよう。来年こそは両チーム揃って、全クラと高円宮に出場しよう!

P.S.帝京、優勝おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

JFA理事会資料をチェック H20#8

前回は不作だった理事会資料。今回はなかなか興味深いネタが。まずは協議事項。

3. 公認S級コーチ養成講習会 受講資格変更の件

現状の受講資格を下記の通り変更する。

現状の受講資格
 1.公認A級コーチジェネラルで、公認A級コーチジェネラル養成講習会時に成績優秀であり、かつ指導実績をJFA技術委員会が認めた者
 2.日本代表国際Aマッチに20 試合以上出場、もしくはJリーグ公式戦200 試合以上(海外プロリーグ公式戦含む)出場している公認B級コーチで、公認B級コーチ養成講習会受講後1 年以上の指導実績を有する者
 3.技術委員会が特に認めた者(海外におけるライセンス取得者等)

変更後の受講資格
 1.公認A級コーチジェネラルで、公認A級コーチジェネラル養成講習会時に成績優秀であり、かつ指導実績叉は競技実績をJFA技術委員会が認めた者
 2.技術委員会が特に認めた者(海外におけるライセンス取得者等)

変更に伴う対応
 上記「現状の受講資格」の2.を削除することにより、優秀な競技実績の持つ指導者(選手引退が遅かった指導者)のS級ライセンス取得までに時間を要することとなる。
 その為、できるだけ時間をかけずに公認S級コーチ養成講習会を受講できるよう、優秀な競技実績を有す指導者を対象とした講習会(A級/B級/C級)を設定する。

名選手が必ずしも名監督ではない、とはよく聞くこと。競技実績と指導者としての能力は別物じゃなかろうか。指導者=教育者であり、育成年代選手の人生を左右することも珍しくないのだから、競技実績で差を設けるべきではないんじゃないか?

続いて報告事項。

3. FIFA理事会 報告の件

■ サモア・クウェート・ペルーサッカー協会
 ・ サモアサッカー連盟を次回通達があるまで活動停止の処分とし、クウェートサッカー協会を次回通達があるまで活動停止の処分を延長した。
 ・ ペルー政府がペルーサッカ-協会への介入を11月21日までに停止しない場合は、活動停止処分とする。

活動停止になったら、国際大会には出場できなくなる、んだろう、きっと。赤いタスキユニを見れなくなる?

■ U-17 ワールドカップ2009
 ・ ナイジェリア政府は、もはや大会運営をサポートする立場ではないことをFIFAに通達したことが報告された。FIFAが状況を検証している。

政府のサポートが得られず、サッカー協会だけで大会を運営することができるのか?ひょっとすると開催地変更も?

10. 競技会開催申請・名義使用申請の件

【国内競技会開催申請】
(2) 申請団体:(社)群馬県サッカー協会
 大会名:新春ドリームマッチ群馬2009
 期日:2009年1月11日(日)
 会場:群馬県立サッカー・ラグビー場
 参加チーム:ザスパ草津、群馬県出身J リーガー
 試合の種類:
  前売 スタンド2,000 円 芝生大人1,000 円 高校500 円 小中300 円
  当日 スタンド2,500 円 芝生大人1,500 円 高校800 円 小中500 円

松田さんは今年も・・・?

12. 平成20年度公認指導者養成講習会受講者の件

元愛媛FCの太田渉の名が。JAPANサッカーカレッジでイケメンGKコーチとして活躍しているようです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

サッカーを舐めるな!

ある友人のmixi日記で知ったのですが、こんな企画が進行しているようです。

ネット上でオンラインコミュニティーを立ち上げる
 →会費を払った(金額は不明)ユーザーはオーナーと呼ばれる
 →オーナーは、現実のクラブの運営に関与することが出来る

この”運営に関与”というのが驚くべき内容です。

 ・戦術投票ツールで、スタメンやポジションを投票でき、それに反した戦術を採用する場合は監督に説明責任が生じる。
 ・補強すべきポジション、獲得方針、選手をオーナーの投票によって決定する。
 ・スタジアム、下部組織、スポンサー、行政との連携、集客戦略等の課題をオーナーによる投票と議論で解決する。

しかも、このオンラインコミュニティで運営される”現実”のチームは2015年にJ1リーグ優勝を目標としています。肝心の”現実”のチームとしては、S県社会人リーグ1部の某クラブになるようです。

まるで”リアルさかつく”です。草津がかつてこの言葉で語られることがありましたが、草津の場合はあくまでも地元に根ざした人々が、現実の汗を流すことで”さかつく”したチームであり、ネット上の”汗をかかない”人々によってチームを運営しようというこの試みとは全く別物です。企画者は「集合知」なんて言葉を使ってますが、クラブを支えるのは知ではなく、現場の汗です。

どのくらいの会費で、どのくらいのオーナーを集めようと考えているのかは分りませんが、恐らくチームに対する愛情なんてない、ゲーム感覚で参加するオーナーばかりでしょう。そんな人々にチームを左右される某クラブが不憫でなりませんが、関係者はみんな納得のことなんでしょうかね。関係者にはもちろん今までチームを支えてきた人々(試合に足を運ぶ人、各種地元のスポンサーなど)も含まれます。関係者全員が納得しているのなら第三者が口出しすることではありませんが、うまくいかなかった時にチーム消滅なんて事にだけはならないようにして欲しいと思います。

P.S. サッカーに対するリスペクトのないこの企画には断固反対なので、あえて関連情報へのリンクは張りません。あしからず。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

愛媛JY高円宮杯U-15出場決定

高円宮杯四国予選は先週末に終了。愛媛FCが素晴らしい成績で四国を制し、全国大会出場を決めた。夏の全クラの戦いっぷりを見ていれば納得の成績。おめでとう!今回はグループリーグ突破を目指してがんばれ!

これで今年も高円宮観戦決定。四国第一代表だから会場は香川かな?マリノス勢次第だけど、最低1試合は見に行く予定。うどんも食うぞ!(笑)

  2008 愛媛県ジュニアユース選手権:優勝 2008 高円宮杯 第20回 全日本ユース(U-15)
サッカー選手権大会四国予選:優勝
試合日 9/20(土) 9/27(土) 9/28(日) 10/19(日) 11/2(日) 11/2(日) 11/3(月・祝) 11/8(土) 11/9(日)
キックオフ       14:00 10:00 13:30 10:00 10:00 10:00
試合形式 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2
フェーズ 県1回戦 県準々決勝 県準決勝 県決勝 四国GL#1 四国GL#2 四国GL#3 四国準決勝 四国決勝
対戦相手 八代中 新居浜SC 帝人SS 三津浜中 明徳義塾中 FCリフォルマ 徳島JY 三津浜中 FCディアモ
会場       球技場 徳島球技場 徳島球技場 徳島球技場 新居浜GF 新居浜GF
スコア ○6-0 ○7-1 ○8-0 ○6-3 ○7-2 ○9-0 ※ ○4-0 ○7-1 ○5-0
 
  山本哲也                  
  寺田佳樹                
  大浦龍馬              
  兵頭颯                  
  安藤一貴              
  曽根田穣                
  垂水雄太                  
  伊藤星斗             ☆2
  佐々木寿輝                
  久保飛翔                  
  城村洸介       ☆4 ☆3 ☆3  
  佐藤丈                  
  潮見祐哉                  
  野町誓吾         ☆2  
  上田勝也                
  菅和彦                  
  近藤貫太       ☆2
  宇野大貴                  
  牛田悠登                  
  渡部恭正                  
  入河直斗                  
  泉谷貴樹                
  余吾暁                  
  森勇也                  
  沖野陽                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

そういやデザートあった? ~TRM 追浜U-13、14vs横浜FC

高円宮杯の後はお隣のみなとみらいSPにて追浜U-13、14の練習試合対横浜FC戦を観戦。

■追浜U-13vs横浜FC

まずはU-13。均衡した試合になるかと思いきや、追浜が終始自分達のペースで試合を進め、トータル6-2で横浜FCに勝利した。

追浜U-13をちゃんと見るのは夏のジュビロカップ以来だが、相変わらず面白いサッカーをする。立ち上げ時はプライマリーからの昇格選手が中心という感じだったが、ここに来て外部から入った選手もそれぞれ個性を発揮し始め、チームとしていい感じにまとまってきた。この調子で来年はプレミアカップに出るぞ!

と思ったら、今年からこんな謎のレギュレーション。つまりはおっぱまーず2008にがんばってもらわないといけないって事か。理不尽なり。

JFAプレミアカップ大会は継続されますが、関東大会および関東各都県大会は廃止することになりました。全国大会への出場は、高円宮杯全国大会に出場したチームの内、最上位成績のチームが関東代表として出場権を獲得します。 (関東ユース(U-15)サッカーリーグHPより)

Tr_img_2147 Tr_img_2163

<1本目>
____中山京志郎(14)___新里涼(15)______

渡辺大貴(20)_____________橋本知幸(17)

______鬼丸敬(4)___蔭山裕之(5)______

神沼拓海(6)_宮野剛(19)_押本祐輔(3)_松浦舜也(18)

__________川瀬隼太(1)__________

<2本目>
____中山京志郎(14)__出口龍太郎(12)_____

上長次郎(7)______________渡辺大貴(20)

______鬼丸敬(4)___新里涼(15)_______

蔭山裕之(5)_宮野剛(19)_押本祐輔(3)_橋本知幸(17)

__________川瀬隼太(1)__________

<3本目>
_____篠崎幸樹(15)__中山京志郎(14)_____

上長次郎(7)______________渡辺大貴(20)

______鬼丸敬(4)___宮野剛(19)_______

神沼拓海(6)_蔭山裕之(5)_押本祐輔(3)_松浦舜也(18)

__________川瀬隼太(1)__________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 2本目14分 中山京志郎(14)→篠崎幸樹(8)
 2本目??分 新里涼(15)→小菅豪(30
 3本目00分 フォーメーション参照
 3本目10分 蔭山裕之(5)→小菅豪(30
 3本目16分 川瀬隼太(1)、鬼丸敬(4)、渡辺大貴(20)→入澤遼平(1)、橋本知幸(17)、篠崎幸樹(8)

得点:
 1本目03分 中山京志郎(14)
 1本目08分 橋本知幸(17)
 1本目26分 (横浜FC)
 2本目07分 出口龍太郎(12)
 2本目12分 (横浜FC)
 2本目15分 渡辺大貴(20)
 3本目02分 渡辺大貴(20)
 3本目21分 宮野剛(19)

■追浜U-14vs横浜FC

続いてU-14。この年代の横浜FCには、小柄でテクニシャンの10番君や、大型のセンターフォワードの11番君など個性的な選手が多い。今日の追浜もこの二人には手を焼き、結局11番君を抑えきれずに1本目は3失点。2本目は得点こそ許さなかったものの、自分達の得点機もあまり作れずに終わった。

3本目もあるようだったが、2本目が終わった時点で9時間以上立ちっぱなしで観戦していた事にふと気づき、急に疲れが押し寄せてきた(笑) がんばっている選手には悪いが、3本目はパスしてメキシカンな夕食を食べて帰宅。横浜FCに一矢報いることはできただろうか。

Tr_img_2217 Tr_img_2227

<1本目>
_____田中健太(10)__田中智也(14)______

高梨祐太(13)______________栗原奨吾(8)

______太田勇樹(6)___林拓弥(19)______

小松勇樹(9)_秋月涼介(2)_上野海(17)_前田啓介(20)

__________入澤遼平(1)__________

<2本目>
_____田中健太(10)__田中智也(14)______

高梨祐太(13)______________中村凌(13)

______林拓弥(19)___飯田洋介(4)______

小松勇樹(9)_前田啓介(20)_上野海(17)_米田仁志(22)

__________入澤遼平(1)__________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 2本目21分 田中健太(10)、林拓弥(19)→杉山雄大(12)、栗林健太(7)

得点:
 1本目12分 (横浜FC)
 1本目16分 (横浜FC)
 1本目21分 (横浜FC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お帰り ~高円宮杯関東大会1回戦 みなとみらいvsFORTE、追浜vs横浜栄

高円宮関東予選がいよいよスタート。第一戦の今日は、マリノスタウンでみなとみらいと追浜の試合が続けて見れるというマニア(?)にとっては最高の日程。しかし、今回はグランドには入れずネット越しの観戦となった。主催者側の都合があるんだろうとは思うが、グランド内観戦OKにして欲しかった。また、グランドに入れないのなら、せめてネットに張られたナイキ幕の位置を下げるなり、上げるなりの配慮が欲しいところ。第一戦は他チームの子ども達を含め観戦者がかなりいて、場所取りに苦労している人も多かった。ナイキの広告幕が邪魔で不快な思いをした人も多かった事だろう。地元に愛されるチームを目指すなら、そういうちょっとした配慮を大切にして欲しいと思う。

■みなとみらいU-15vsA.N.FORTE FC

みなとみらいの初戦の相手は、埼玉第4代表のA.N.FORTE FC。新座を中心に活動するクラブで、クラブ名はフォルテではなくフォルチと読むようだ。メンバーも多いクラブのようで、Cグラ脇の道路は試合に出ない選手たちでぎっしり。しかし、ちゃんとセンターラインより自陣側で応援するように指導するあたりは、サッカーの盛んな埼玉のチームらしい(笑)

少々冷え込む曇り空の下、キックオフ。いつもの如く、少ないタッチでショートパスを素早くつないで攻撃を組み立てるみなとみらい。前半7分には土方君からのパスを受けた佐野君が相手DFをうまくかわし、先制ゴールをあげる。前半16分にはクリアしきれなかったボールを拾われ失点するも、終始みなとみらいのペースで進む。前半28分には、左サイドからドリブル突破を図った土方君がPA内で倒されPKを得る。土方君が自らこれを決め、前半は2-1で折り返す。

後半に入りやや攻めあぐねるようになったみなとみらいは、後半10分に佐野君に代わり右高君を投入。後半25分にはその右高君が、鈴木君のシュートのこぼれ球を押し込む。さらに前半35分には喜田君の完璧なスルーパスに、右高君がこれまた完璧な飛び出しでDFライン裏を取り追加点。直後には、”左サイドを駆け抜け”た加藤君が角度のないところからの絶品ゴールを決め、初戦を5-1の申し分ないスコアで突破した。次の相手はフォルトゥナSCを1-0で破った埼玉3位のFC CORUJA。CORUJAの読み方は来週の「やりかけの未来」でレポする予定である(笑)

夏の全クラ関東大会では1点が遠く全国を逃したみなとみらい。最近ここまで軽快にボールを繋ぐチームにはなかなかお目にかかれない。ほとんど絶滅危惧種サッカーだが、ぜひみなとみらいにはこのサッカーを貫いて全国大会に出場し、そして結果を出して欲しい。

Tr_img_1623 Tr_img_1649 Tr_img_1674

<スタメン>
______土方隆介(11)__佐野弘樹(7)______

鈴木雄斗(19)______________相場遥介(25)

______喜田拓也(23)__金子雄祐(6)______

加藤雅也(4)_原田健利(10)_諸石健太(22)_高橋将吾(8)

___________宮澤俊吾(1)__________

交代:
 後半10分 佐野弘樹(7)→右高静真(14)
 後半22分 相場遥介(25)→飯田涼(2)
 後半26分 土方隆介(11)→山田融(17)
 後半31分 金子雄祐(6)→池田奨(3)

得点:
 前半07分 佐野弘樹(7)
 前半16分 (A.N.FORTE)
 前半28分 土方隆介(11)
 後半25分 右高静真(14)
 後半35分 右高静真(14)
 後半36分 加藤雅也(4)

■追浜U-15vs横浜栄FC

続いておっぱまーずの初戦。相手は神奈川4位の横浜栄FC。神奈川予選を4位で終え、関東大会出場権を逃したと思っていたら、実は今年の神奈川は4枠で急遽出場できると判ったという、何ともミラクルな経緯で出場を決めたチーム。こういうチームはなかなか不気味だ。

試合開始3分。左サイドからの木村君の山なりのFKを相手GKがファンブルして後ろにこぼし、思わぬ形で追浜に先制点が転がりこむ。1試合目の途中から降り出した小雨の影響だろうか。ラッキーな形で先制した追浜だったが、以後、終始横浜栄陣内に攻め込み、何度もシュートと放つものの精度を欠き追加点は生まれない。前半終了間際には、業を煮やしたか、アンドリュー君→宮本君→アンドリュー君→宮本君などという、反則1-2、1-2攻撃(笑)に場”外”が沸いたものの、得点には結びつかず。結局、前半の追浜は開始直後のラッキーな先制点のみに留まった。

追浜に2点目が生まれたのは後半6分。CKを向吉君がヘッドで折り返し、水島君がフィニッシュ。これで見ている方は一安心。

ちょうど追浜の試合はJユースカップの鹿島戦とかぶっていて、Aグラスタンドからは応援の声が聞こえてくる。スタンドの反応から察するに、ユースは結構苦戦しているようだなと思っていた矢先に歓声が沸き、続けて久々の♪ユースの10番 オ~~オがCグラにも流れてきた。これに刺激されたか、直後、アンドリュー君がGKとの1-1を冷静に決める。♪追浜の8番、オ~~~オ・・・ 心の中で歌っておいた(笑) 後半25分にはアンドリュー君のパスを受けた木村君が4点目。♪きむうらかいいと、オッオッオオー 左サイドをぶち破れ (苦しい:) 終了直前にまたしても木村君がゴールを決め、幻のハット達成。

今回追浜は深川、浦和、前橋FCと同組という死のグループに入った。2回戦は今市FCアルシオーネを7-0の圧倒的スコアで破った深川。これに勝つと、恐らく初戦で浦和を破った前橋FCとの対戦になるだろう。全く気の抜けない試合が続くが、やって楽しい、見て楽しいサッカーで♪勝ちあがれ、おっぱまーず!

Tr_img_1822 Tr_img_1952 Tr_img_2073

<スタメン>
_________水島圭喬(15)_________

木村魁人(7)____アンドリュー(8)___齋藤彰太(10)

_______伊池翼(18)_梅津駿(6)_______

門井敬太(5)_宮本和輝(4)_金泰慎(3)_向吉勝吾(2)

_________北村征也(16)__________

交代:
 後半15分 梅津駿(6)→小村研人(11)
 後半23分 齋藤彰太(10)→斎藤一磨(18)
 後半27分 門井敬太(5)、水島圭喬(15)→谷澤隼人(12)、三荷淳也(9)
 後半32分 金泰慎(3)→羽中田侑輝(13)

得点:
 前半03分 OG
 後半06分 水島圭喬(15)
 後半19分 アンドリュー(8)
 後半25分 木村魁人(7)
 後半40分 木村魁人(7)

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-19選手権サウジアラビア2008 準々決勝 日本vs韓国

この試合の事は4年後に楽しく振り返ることにします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

鹿の月を奪い返す ~茨城選手権予選決勝 鹿島学園vs水戸商業

Tr_img_0854 Tr_img_0915
Tr_img_0867_2

茨城戦選手権決勝、鹿島学園vs水戸商業は、延長戦でも決着がつかず、PK戦によって決せられる事になった。

先攻の鹿島学園は、キャプテン阿渡、三橋、杉下と3人連続で決める。水戸商も3人成功。4人目、鹿島学園工藤のシュートは、GKの左手をすんでのところで くぐり抜けネットを揺らす。水戸商4人目。左下低く蹴られたシュートに、横っ飛びで反応する長峰。ボールは長峰の伸ばした手の先にあたりゴールを外れた。

鹿島学園5人目は小谷。これを決めれば鹿島学園の勝利が決まる。視線を落とし一歩一歩ポイントに進む小谷。ボールをセットし、ゆっくりとした助走からキック。ボールはゴール左に飛ぶ。方向を読んでいた水戸商GK川上もボールの方向に思いっきり体を伸ばす・・・

スコアレスのままPK戦にもつれ込む展開は、相手こそ違うが、奇しくも去年の決勝の再現である。去年はPK戦で負け、茨城県代表の座を水戸短大付属に阻まれた。鹿島学園はその敗戦の日から「奪還」を合言葉にチーム一丸となって戦ってきた。コーナー付近と応援団の前に張られたダンマクには「奪い返せ」の文字 が書かれている。いや、書かれているという言葉は正確ではない。「奪い返せ」という文字は、去年の水戸短大付属の優勝を伝える新聞の見出しをコラージュし て作られている。

1年の時からトップチームでプレイし、全国大会出場の喜びも、決勝で敗れる悔しさも知る小谷。小谷自身の、そしてチーム全員の思いが込められたシュートは、川上の伸ばした腕の上を通過しゴールネットを揺らした。

ピッチ上に崩れ落ちる選手たち。負けた水戸商の選手ばかりではない。勝った鹿島学園の選手も地に伏して肩を震わせている。彼らの姿に、この1年の重さを感じる。どれほど辛く、苦しい1年だったことだろうか。しかし、見事「奪還」は果たされた。

Tr_img_0836  Tr_img_08362

<鹿島学園:スタメン>

_____忍稲井大樹(10)___三橋隼人(11)____

工藤由夢(7)_小谷駿介(8)_増田匠海(6)_小黒翔太(9)

力武佑太(5)_安藝正俊(4)_杉下智哉(3)_阿渡真也(2)

___________長峰大樹(1)_________

<水戸商業:スタメン>

______曽根大樹(10)___竹永周平(12)_____

__________大塚涼太(14)__________

駒場将人(9)______________大竹涼太郎(8)

___________磯崎大輔(6)__________

野澤幸蓉(2)_佐々木浩城(13)_奥畑俊之(4)_潮田雄也(5)

___________川上敏和(1)__________

交代:
 後半00分 水戸商:曽根大樹(10)→須藤俊巳(11)
 後半34分 水戸商:佐々木浩城(13)→小林和樹(3)
 後半37分 水戸商:竹永周平(12)→橋本将一(20)
 延長前半06分 水戸商:駒場将人(9)→中島康恵(17)

得点:
 なし

PK:
 鹿島:2○、11○、3○、7○、8○
 水戸:4○、14○、11○、3×

Tr_img_1247 Tr_img_1313
Tr_img_1320 Douage Tr_img_1428

鹿島学園の選手の皆さん、関係者の皆さん、優勝おめでとうございます。今日でこの1年の苦労は報われましたね。選手の皆さんは、今度は先輩達の悔しさを晴らすためではなく、自分達の夢を実現するために頑張る番です。2ヵ月後の再会を楽しみにしています。

そして、その先の夢を一足早く語ってくれた君。その夢が実現したところを想像するだけで 目頭が熱くなるよ。でも、その前に黄色と青のユニフォームでピッチに立つ君も見たい。頑張れ!

 

今回のスタグルメは不作。1試合しかないせいかメニューの数が少なく、”鹿の月”との再会は果たせなかった。これは来年もカシマスタジアムに行くしかない(笑) ちょっと早いが、ショウタ、ハヤト、ショウヘイ、来年も頼むぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

高円宮杯U-15要項発表

高円宮U-15の要項が発表になった。今年の地方行脚は宮城、香川、熊本、大阪。近場だと宮城だけど、丸亀行けないのでうどんうどんの香川も魅力的だし、久々の熊本もいいなぁ。Jユースカップとうまくハシゴできるなら大阪でもいい・・・

もちろんこれは大会出場を決めなければ関係ない話。出場権がかかった大会は、関東がいよいよ明後日から。みなとみらい、追浜のみんな、今年こそは両チームとも大会出場を決めよう!四国はすでに準々決勝まで終わっていて、今週末に準決勝と決勝がグリーンフィールド新居浜で行われる。愛媛JYのみんな、四国大会は見にはいけないけれども、全国大会出場を信じているよ!がんばれ! #まめに下部組織の予定・結果を更新してくれる愛媛HPの中の人にもこの場を借りて改めて感謝。

【試合日程】
 12/07(日) GL#1 @※1
 12/13(土) GL#2 @※1
 12/14(日) GL#3 @※1
 12/20(土) ラウンド16 @ひたちなか、名古屋港、刈谷
 12/21(日) 準々決勝 @ひたちなか、名古屋港
 12/27(土) 準決勝 @西が丘
 12/29(月) 決勝 @国立

※GL会場
 宮城県サッカー場・Aコート(宮城県宮城郡利府町)
 宮城県サッカー場・Bコート(宮城県宮城郡利府町)
 高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場 (大阪府高槻市)
 高槻市立萩谷総合公園サッカー場 (大阪府高槻市)
 香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場 (香川県高松市)
 香川県総合運動公園第2サッカー・ラグビー場 (香川県高松市)
 熊本県大津町運動公園(球技場)(熊本県菊池郡大津町)
 熊本県大津町運動公園(競技場)(熊本県菊池郡大津町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトルにいつも困る ~レガフトロ みなとみらいU-12vs川崎

久々にみなとみらいU-12を見に等々力へ。プライマリーの試合で平日18:00キックオフというのは珍しい。会場も等々力第2グランドという、えっ、そんなグランドあったの?と思うようなところ。

溝口から川崎行きのバスに乗り、等々力グランド入口で下車。第2グランドまでは徒歩7、8分ほどか。素直に道路に沿って行けばよかったのだが、公園内の歩道を歩いていったので、かなり暗くて不安になった。無事辿り着いた第2グランドは川崎市民ミュージアムの隣にある土グラ。といっても、仮設スタンドもあるし、照明も結構明るい。#ちなみに小杉駅からであれば市民ミュージアム前が一番近いと思う。

今日の試合はU-12のリーグ戦であるレガフトロ。2回戦総当り式で、みなとみらいは鹿島、湘南、横河武蔵野、川崎、ヴェルディと同組。ここまで7試合を消化して、5勝1分1敗。今日の対戦相手である川崎とはすでにホームで戦い、8-1で勝利している。

と、こんなふうに色々書けるのもオフィシャルの下部組織ブログのおかげです。充実した情報に感謝してます。これからもよろしくお願いします。>下部組織ブログの中の人

レガフトロは25分×2の11人制。立ち上がりからみなとみらいが押し込む時間が続く。前半7分には佐藤陸君が相手クリアをミドルループできれいに決めた。川崎も前線の13番君らを中心に反撃するが、みなとみらいのDFラインはしっかりと抑えた。前半18分には右サイドハーフの田崎君が豪快なゴールを決めて、みなとみらいが川崎を突き放す。これをきっかけとしてみなとみらいはゴールラッシュ。一挙に3得点をあげ、5-0で前半を終えた。後半に入り川崎もリズムを取り戻す。みなとみらいはパスミスから後半9分に失点するも、終盤に後藤君、佐藤海徳君がゴールをあげ、トータル7-1で勝利した。

レガフトロの後は、25分のフレンドリーマッチが行われ、川崎に攻められ苦しい時間帯が多かったものの1-1の引分で終えた。

みなとみらいのU-12を見るのは6月の全少予選以来で、5ヶ月ぶりとなる。あの頃に比べると、1-1で負けないし、ボールを持つところと離すところ、仕掛けるところと回すところのメリハリが出てきて、チームとしての完成度も上がってきたように思う。残す大きな大会は来年1月からの県少年大会だけだが、今年手の届かなかったタイトルを目指してがんばって欲しい。

Tr_img_0485 Tr_img_0515 Tr_img_0626

<スタメン>

____鈴木力____後藤航____

_______景山亜月_______

遠藤和樹_________田崎遼太郎

_______佐藤陸________

中村響__斉藤海_近藤拓巳_藤田和樹

_______佐藤圭介_______

<エンメン>

_____鈴木力____曽木友樹____

________景山亜月________

佐藤海徳____________山田裕介

________青木天良________

藤田和樹_井川遥人_近藤拓巳_田崎遼太郎

________佐藤圭介________

交代:
 後半00分 中村響→山田裕介
 後半17分 斉藤海→井川遥人
 後半22分 後藤航、遠藤和樹、佐藤陸→曽木友樹、佐藤海徳、青木天良

得点:
 前半07分 佐藤陸
 前半18分 田崎遼太郎
 前半22分 田崎遼太郎
 前半23分 後藤航
 前半26分 鈴木力
 後半09分 (川崎)
 後半21分 後藤航
 後半25分 佐藤海徳

<フレンドリーマッチスタメン>

____鈴木力____曽木友樹____

_______佐藤海徳________

山田裕介___________遠藤和樹

_______青木天良________

中村響__井川遥人_佐藤陸_田崎遼太郎

_______藤田和樹________

交代:
 12分 遠藤和樹、鈴木力、田崎遼太郎→近藤拓巳、景山亜月、後藤航

得点:
 03分 曽木友樹
 11分 (川崎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

加藤広樹、水戸入団決定

水戸のHPで加藤広樹の来期入団が発表された。去年、強化指定で何試合か出た後は音沙汰がなかったからどうしたものかと思っていたが、無事入団か。よかった、よかった。でっかい選手になれよ(お約束:)

=================================================

加藤広樹選手2009年加入内定

この度、流通経済大学(4年)サッカー部所属 加藤広樹 選手(22歳)の来季2009年水戸ホーリーホック加入が内定いたしましたのでお知らせいたします。

【 加藤広樹 (Hiroki KATO)選手 プロフィール 】
◆ 生年月日: 1986年7月31日
◆ 身長/体重: 191cm/82kg
◆ 出身地: 神奈川県
◆ 血液型 :O型
◆ ポジション: DF
◆ 所属歴 : 横浜.F.マリノスユース→流通経済大学サッカー部         
2007年JFA・Jリーグ特別指定選手(2007水戸ホーリーホック背番号28番)

加藤選手コメント・・・「自分自身成長し試合に出られるようにがんばります。応援よろしくお願いします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

I have a dream、の日 ~県U-17リーグ 横浜FCvs旭 他

今日は、しんよこFPにて神奈川県U-17サッカーリーグを観戦。横浜ユースが参加している神奈川県クラブユースリーグと名前が似ていて紛らわしいが、上につながらない神奈川県クラブユースリーグに対して、この神奈川県U-17サッカーリーグはプリンス2部参入につながる重要な大会。参加チームの本気度は高い。

■神奈川県U-17サッカーリーグ 横浜FCユースvs旭高校

ちょっと力の差があった対戦。前半だけで磨見朋樹の2ゴール、鈴木聖也の1ゴールが飛び出し、横浜FCが3-0で前半を折り返した。横浜FCは相変わらずプレスが早くて、縦へのスピードのあるサッカーを展開。旭はちょっと横浜FCの攻守の早さに対応できなかった。後半は旭もそこそこチャンスを作れてはいたものの、磨見に2ゴールを許し、結局5-0で横浜FCユースが圧勝。それにしても旭は部員の数が多い。あの中でスタメンをキープし続けるのは大変だと思うが、S君がんばれ!

Tr_img_0246 Tr_img_0309 Tr_img_0251

■TRM 横浜FCユースvs旭高校

U-17リーグの後は25分ハーフの練習試合が行われた。さすがにこの季節のナイトゲームは寒くなってきたので、メンバーだけ確認したら帰ろうと思っていたのだが、何となく最後まで見てしまった。相変わらずの貧乏性(笑)

この試合も、前半は横浜FCが力の差を見せつけ、横浜FCペースで試合を運ぶ。前半は4-0。後半に入ると一転、旭にもチャンスが増え、後半12分には待望のゴール。しかし、反撃もそこまでで、4-1で横浜FCが勝利した。横浜FCは3年生が中心のようだったが、旭はよく分らない。すでに選手権予選で敗退しているので、旭の3年生は引退しているはず。1年と2年の控え選手かな。そうだとすると、負けたとはいえ3年生中心の横浜FCによく渡り合っていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一人一行(後半) ~日本U-19vsサウジ

・日本の交代はなし。
・サウジは一人交代したらしい。
・2分。コウター、コウターの声。
・香川は年長さん。
・中盤、プレス!プレス!
・拓ちゃん飛び出し、何とかクリア。でもシュート打たれた。外れた。ラッキー。
・おーい、前線の守備軽すぎ。
・5分。コウター、コウターの声、再び。空耳か?
・牧内さんアップキター。
・サウジ、ロングボール使ってきた。
・[14] FK Modrica    2 - 0    NK Siroki Brijeg  ぴこん、ぴこん
・バイタルで止められないー。やばいー。
・木暮を倒したアルムーサにイエロー。
・デーモンピッチ外へ。大丈夫か?
・宏太シュートはポストさんが弾く。今日は味方じゃないのか。
・遠藤ヘディングのこぼれを左足で蹴った。
・いやー、決定的なチャンスだった。
・薗田の唇はたらこ。
・水沼、水沼、水沼。露出度が上がってまいりました。
・5番はクマキジ?
・やられたー。一度はポストさんが弾いてくれたのだが・・・
・拓ちゃん、出たなら触れーー!
・ロングスロー→拓ちゃん飛び出すが抜けサウジダイレでシュート→ポスト弾く→こぼれを押し込まれる。
・ぴこんも来た。早えー。
・ぴこん来た。[A2] Saudi Arabia(U19)    1 - 1    Japan(U19) [A1]
・ぴこん来た。[A2] Saudi Arabia(U19)    1 - 0    Japan(U19) [A1]
・ぴこん来た。[A2] Saudi Arabia(U19)    1 - 1    Japan(U19) [A1]
・ぴこん来た。[A2] Saudi Arabia(U19)    1 - 0    Japan(U19) [A1]
・どうなってんねん。
・サウジ交代。
・で、クマキジだが、木島は今熊本だっけか?
・15分経過。宏太、取り返せー!
・18分、コウター、コウターの声援を受け、宏太クロス。サウジにクリアされた。
・香川シュートはクロスバー上。いいよ、いいよ、打ってけ。
・中盤でパスをカットされカウンターというパターンが増えてきた。
・香川右サイドのスペースへパス。そこに走りこんだ水沼が右足をふり抜きゴーーーーーーーーーーーーール!
・バモ、宏太!!!いいシュートだ。ウナム、ウナム。
・21分、遠藤→宮澤。
・ぴこん来た。[A2] Saudi Arabia(U19)    1 - 1    Japan(U19) [A1]
・足止めるなー。
・ホダニ?
・うまい、香川!
・吉田、走って来い!!
・ボールが気持ちよくつながるようになった。
・そうそう、どんどんスペースに走りこんで、ボールをもらえ。
・おーーーーーーー、拓ちゃんナイスーーーーーー。危ない、危ない。
・拓ちゃん、今度はキャッチ。ふぅ。
・香川のピッチが上がってきた。
・下田ー、ちゃんとパスしろー。
・香川、惜しい。
・香川はナビスコ決勝でのムーの活躍が刺激になっているらしい。
・いい流れ。
・カウンターに気をつけろ!
・30分経過。日本にいいリズムが出てきた。
・香川はやっぱうまい。って、何回目だ。それほど他の選手のトラップが酷いのだが。
・よっさん、ナイス。
・バクスンにイエロー。
・サウジさん、倒れてはります。
・でもプレイは続行。
・デーモンのはファールじゃないのか?
・審判が止めるまでプレイを止めないのはいい事だ。ようやく中東対策が徹底されたか。
・オーレ君来ました。
・連続でCK。
・デーモンのちょび髭がちょび過ぎて微妙。
・36分、下田→チビ。チビ!チビ!チビ!
・それにしても河野=坊主頭のイメージだったから、今年キャンプで見た時は誰か分らなかったわ。
・いい時間帯に決めとけー。
・ロングスローまた来た。また抜けた。でもフィニッシュはゴール上を抜けた。
・えーーーー、たらこは無実だ。
・たらこちゃんイエロー。
・40分 ホダリ→アルアシリ
・ここでFK。しゅうちゅうー。
・すごい勢いのシュートは壁に当たってセーフ。
・ミヤ、走れー。
・宏太クロス→ミヤシュートはオフサイド。
・引分でも首位だが、最後まで攻撃の姿勢は崩すな。
・ふぅ、薗田ハンド取られなかった。セーフ。
・ミヤ、ちゃんとキープしてくれー。
・チビドリブルでPAすぐ外でファール。
・サウジがしつこく薗田ハンドのリプレイ。うるせー。
・44分、FK。ちょび髭キックでも、もみ上げキックでもいい。
・ちょび髭フェイントで、もみ上げキックはGKキャッチ。
・ロスタイムは3分。
・鈴木CKは弾かれる。
・カメラ、見切れた。
・あと1分。
・ぴこん。 [A3] Iran(U19)(N)    2 - 0    Yemen(U19) [A4]
・サウジにFK。しゅうちゅー!!!
・拓ちゃんしっかりキャッチ。
・3分ちょっきりで笛。
・1位通過!!!! おめでとう。

・でも、本当に大切なのは次だ!
・絶対に、絶対に勝て!!!!!!!!!
・次は11月8日(土)22:00より
テレ朝チャンネルにて生放送。
・当初と放送時間が変わっているので注意!

・牧内監督インタビュー。当たり障りのないコメント。
・続いて香川インタビュー。やっぱ、日本に戻るのか。
・日本に帰るけど、お前らもがんばれ。カエラナライデー。
・続いて宏太インタビュー。
・勝てた試合だったので悔しい。
・しんじ君にボール出して、しんじて走って、しんじ君からもう一回来た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

一人一行(ハーフタイム) ~日本U-19vsサウジ

・相変わらず放送事故のようなハーフタイム。
・そういや、今日はカメラのストレスもない。中継カメラマンが進化した?
・そうか、開催国サウジの試合だからいい中継カメラマンを充てたのか。
・今後の放送予定のスキマから金井を探せ。
・何か手拍子始まったぞ。ウェーブでもやってんのかな?
・ちなみに、Bグループの試合はこの試合の後から。
・チーム      試合数      勝      分      負      得点      失点      +/-      ポイント
・UAE      2      2      0      0      4      2      2      6
・イラク     2     1     0     1     3     3     0     3
・韓国     2     1     0     1     2     2     0     3
・シリア     2     0     0     2     1     3     -2     0
・でもって、B組最後は韓国vsイラク、シリアvsUAE
・「鎌田君が残念ながら出ましたけど」?? 言いたい事はなんとなく判るけど
・ああ、そのがらがらの方のスタンドに行きたいよ。
・ぴこんによるとイラン1-0イエメン。もはや関係ないけど。
・それにしても、Jユースの経過まである”ぴこん”の中の人はどこで情報を仕入れているんだ?
・後半始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人一行(前半) ~日本U-19vsサウジ

・とりあえず決勝トーナメント進出が決まっているので気持ちが楽。メモりながら観戦。
・松木さんですか。テレ朝の解説陣は最強だのぉ。
・金井はお休み。前の試合がアレだったから汚名挽回で出て欲しかったような、イエローもらったから温存して欲しいような。
・永井様もお休み。ゆっくり休んでください。
・頼むぞ、デーモン。
・しかし、次を考えるとどんな結果がベストなんだ?
・スタメンは、松本、鎌田、薗田、村松、吉田、鈴木、下田、香川、木暮、水沼、遠藤
・まさかの1トップ。牧内ジャパンの秘密兵器!なのか?
・宏太キャプテン。ハユマ風にいうとキャプン。
・サウジさん早速倒れた。勝敗よりも余計なカードをもらわないように。って、リーチは香川だけか。
・いいトコでファールもらった。頼むぞ、惇。
・と思ったら、デーモンか。惜しい!
・木暮といえば、バンコクの体は♂で心は♀なギャルちゃんは元気かな。
・CKからチャンス。おしー。誰か触ってれば。
・サウジCK。拓ちゃん頼むぞー。
・汗をかける選手、というより、今大会は冷や汗をかかせる選手の方が多いような(笑)
・香川、やっぱ最後なの?岡ちゃん、考え直せ!
・ガタイがいいくせにすぐ倒れるサウジ。イランもだけど。
・15分経過。ショートパスつなぐ相手の方がやりやすそうだな。
・ボールはお友達だ、遠藤!
・宏太左足でロングシュート。もうちょっとだったー。
・しーんとなるのが気持ちいい@宏太
・ボランチ、どこ行った?絶好の位置でファールだ。やばい。
・と思ったら、シミュレーション。レフリーGJ!
・その抜かれ方はないよ、吉田?
・吉田いい上がりだ。
・褒めたらパスミスか。
・よっさん、ノーファール、ノーファール。しかし、その無精ひげは(ry)
・たくちゃーーーーん!!!
・香川はやっぱうまいな。
・FKゲット。今度もデーモンか?
・鈴木惇のもみ上げシュート、GKに弾かれたー。いいコースだった。
・宏太痛んでる。大丈夫か?がんばれ!!!
・気温はないけど、湿度が高いらしい。
・だから、吉田、その無精ひげは・・・
・宏太大丈夫そうだ。良かった。ウナム、ウナム。
・30分経過。流れの中からのシュートまでなかなか持っていけない。サウジの方がチャンス多し。
・でも、セットプレイからのゴールは決まりそうな予感。
・今日はとんでもないパスミスはないから、それほどストレスはない。
・今のは取らないのか?
・若々しいといいますかね、だって、吉田。
・あえて言うなら宏太≒山本。最近、個人的に鎌田≒高橋。
・下田シュートはGKキャッチ。いいよ、いいよ。
・吉田の背番号は50。
・宏太いい上がりからクロス!ハユマ、今日はちゃんと練習したか?
・薗田≒村松もちょっとありか?と一瞬思った。
・やばかった。
・遠藤が11って未だに違和感ある。
・鎌田初めてあがってきた。イケイケ。でも守備もよろしくね。
・宏太、よく走ったーーーー。あわせてやれー。
・水沼貴史の息子が水沼宏太ではない。水沼宏太の父親が水沼貴史なのだ。
・父は似てないと思っているらしい。
・下田、ジャンピングヒップボーンでイエロー。
・サウジ、あれだけ囲まれてて、よくあの態勢からシュート。
・ロスタイムは1分。
・宏太スライディング、ヒヤヒヤしたぞ。ファールにならなくて良かった。
・日本も倒れるコツを掴んだようだ(笑)
・前半終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

今回のキャンディは ~茨城選手権予選準決勝 鹿島学園vs鹿島高校

O女史を強引に誘い、一昨日の静岡に続き、今日は茨城の高校サッカー選手権準決勝へ。会場はカシマスタジアム。カシマスタジアムといえば、昨日の天皇杯鹿島vs国士舘は惜しかった。由将お疲れさま。話がそれたが、さすがに準決勝でカシマスタジアムとなると茨城も有料で、当日券は1000円。まぁ、場所が場所だけに有料なのは仕方がないか。しかし、カシマスタジアムには入場料を払って入っても後悔しないだけのアレがあるはず!(笑)

早々と会場に入って席を確保し、早速アレをチェック。いつもは入れないバックスタンド側に広がる名物スタグルメの世界!うまそうなものばっかりで迷ったが、第一弾は(笑)お約束のモツ煮と憧れの”鹿の月”。肌寒い日だったのでモツ煮は体があったまっていい。”鹿の月”はぺろぺろキャンディー型の豪快なハム焼。うますぎる。アウェイ側ゴール裏にこれを開放しないとは、鹿島め、酷すぎるじゃねぇか!!

試合後は再びスタグルメ。今度は牛すじ煮込み。とろとろの牛すじ煮込みを串にさしたものだが、これはちょっと食べにくい。でも味はいい。ああ、素晴らしきカシスタグルメ。これは、来週も来て未知なるホームゴール裏とメインスタンド側を探検しないわけにはいくまい。

Nec_0800 Nec_0801

スタグルメの話が先行してしまったが、メインはもちろん試合。準決勝1戦目は鹿島学園vs鹿島高校。試合前に何故か鹿島学園側トラメガから流れる「We are F・Marinos」。詳しい経緯は書かないが、カシマスタジアムに「We are F・Marinos」が流れたのは空前絶後の出来事だろう(笑) ナイス!

11:00きっかりにキックオフ。序盤から鹿島学園のペースで進むが、ミスも多く、なかなかきれいな形が作れない。慣れないカシマスタジアムのピッチのせいか、はたまた準決勝の緊張のためか。それでも、徐々に決定的なチャンスも増えてくる。34分には三橋がPA内でGKとの一対一。超がつく絶好機。しかし、シュートはGKに当たり跳ね返る・・・ 三橋、今のは決めてくれー!押しながらも、前半はスコアレスで終了。

後半は立ち上がりからほとんどハーフコートゲーム。鹿島学園が前半以上のチャンスを作る。手元のメモには鹿島学園のチャンスを表すGの文字が何度も現れるが、相変わらずフィニッシュの精度を欠きゴールは生まれない。攻め続けているのに入らない場合、カウンター一本に沈む、あるいはPK戦に持ち込まれ敗退というのがお決まりのパターン。早く入れろ!と観客席から見守るが、一向に入らない。どんどん時間は少なくなっていく。ロスタイムに入るか、入らないかという頃、鹿島高校のクリアボールがゴール前の工藤の前にこぼれ、ちょっと距離はあったものの、工藤は思い切ってシュート。このシュートがようやく枠を捉え、そしてゴールネットが揺れた。間もなくホイッスルが鳴り、試合終了。大苦戦ではあったが何とか鹿島学園が5年連続となる決勝進出を決めた。ふぅ。

試合とスタグルメでチケット代の元は取れたので、貧乏性の筆者も2試合目を見ずにスタジアムを後にした(笑) 2試合目は水戸商が1-0で常総学院を破ったそうだ。ということで来週の決勝は鹿島学園vs水戸商となった。全国まで後ひとつ。今度はすっきり勝って去年の決勝敗退の悔しさを晴らそう!みんな、ピッチで、応援席で、自分のベストを尽せ! 

帰り道、千葉県予選で流経柏が渋谷幕張にPK負けしたと知った。全国出場は固いと思っていたのでショック。古川の最後の姿を見れなかったのが残念だ。3年間お疲れさま。ますます、鹿島学園には全国に行ってもらわねば。

Tr_img_9597 Tr_img_9931 Tr_img_9908
Tr_img_0054  Tr_img_0074

<鹿島学園:スタメン>

_____三橋隼人(11)___忍稲井大樹(10)____

工藤由夢(7)_小谷駿介(8)_増田匠海(6)_小黒翔太(9)

力武佑太(5)_安藝正俊(4)_杉下智哉(3)_阿渡真也(2)

___________長峰大樹(1)_________

<鹿島高校:スタメン>

______小牧駿(10)___高橋雅之(9)_____

青木慎吾(6)_____________坂上光大(7)

______島田雄太(8)__名雪光(13)______

大野真吾(5)_高野誠士(4)_山下翔(3)_太田拓馬(2)

__________江場大貴(1)_________

交代:
 後半39分 名雪光(13)→椎名勇稀(11)

得点:
 後半39分 鹿島学園:工藤由夢(7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、もうすぐ大事な大事なU-19イラン戦がキックオフとなるわけだが

全国24都市のB級ご当地グルメが全国一の座を争う第3回「B―1グランプリ」が2日まで福岡県久留米市であり、「厚木シロコロ・ホルモン」(神奈川県)が1位に選ばれた。地元代表の「久留米やきとり」と「小倉発祥焼うどん」(北九州市)の九州勢は及ばなかった。次回は来年9月に秋田県横手市で開かれる。

ぶつ切りの豚の大腸を網焼きにしたシロコロ・ホルモンは、やわらかな食感が人気を呼んだ。2位は「八戸せんべい汁」(青森県)、3位は「各務原キムチ鍋」(岐阜県)。

あー、青森行きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

ジロリアンは実在する ~天皇杯4回戦 横浜vs札幌、メトロ 追浜U-14vs横河武蔵野

さぁて、ニッパツ行くか、キックオフは確か15:00だよな、とチケットを見ると、何かキックオフ13:00と印刷してある。時計が示すは12:20・・・ やっちまった orz

学、初ゴールは待ってくれー!と祈りながら、急いで身支度を整えて出発。携帯で速報を見ていると、やたら齋藤学の文字が踊る。結構押しているようだ。やばいー。気持ちはあせるがどうしようもない。ようやくニッパツに到着したのは前半が終わろうかという頃。階段を上り始めると同時にホイッスル。ゴール裏からは何やらブーイングが飛んでいる。えっ!?そんなブーイングを飛ばすような展開なのか?速報からはちっともそんな感じはなかったのに。

■天皇杯4回戦 横浜vs札幌

そこそこの入りで、バックスタンド上段で立ち見。札幌側ゴール裏最前列には「ビジョンのあるクラブにこそ情熱を注ぎたい」「札幌で戦うなら赤と黒のハートを持て」「道民・市民に愛されるクラブに」のダンマクがでかでかと張られている。どこのチームは悩みは一緒なんだなぁ・・・

後半キックオフ。ブーイングするほど悪いとは思わないが、前線の選手にはもっとシュートの意識を持って欲しい。つまらないミスも多い。兵藤のプロ初ゴールで先制するも、43分には中山のシュートがゴールバーを叩きヒヤリとする場面も。それでも何とか1-0で緒戦クリア。まぁ、いつもの天皇杯緒戦の戦いっぷりだ(笑)

Hyodo Img_9157

何だか消化不良だったので、軽く横浜で祝勝会をやった後はメトロポリタンを見に三鷹の横河グランドへ。横河武蔵野グランドは三鷹駅から徒歩5分ほどの人工芝グランドで、都内のグランドにしては三菱養和巣鴨グランドの次に駅からのアクセスはいい。試合開始10ほど前に到着すると、横河武蔵野ユースと日大高校1年の試合の最中だった。日大のメンバーの中には、JYのOBもちらほらほら。試合やるって知ってたら、祝勝会をせずにさっさと来ていたのになぁ・・・ 残念。

■メトロポリタン・リーグ 追浜U-14vs横河武蔵野

銀杏薫るピッチ脇で観戦。ピッチには近くていいが、やや照明は暗い。メトロポリタンリーグは35分ハーフ。

両チーム互角の戦い。前半18分に栗原君が自ら(?)のシュートのこぼれ球を再び押し込んで追浜が先制。しかし、前半31分に追浜DFラインがオフサイドをアピールして一瞬足が緩んだところでシュートを打たれ、一度はクリアするものの、相手選手の前にこぼれたボールを押し込まれ、同点に追いつかれる。

後半はやや追浜ペースで進むも、横河のDFラインは固く追浜の攻撃は何度も何度も跳ね返される。そうこうしているうちに後半16分、カウンターから失点。ビハインドで攻め急ぐ追浜はパスミスや、トラップミスも増えてくる。最後までよく攻めたが、遂に横河DFを破れず1-2の敗戦。もうちょっと緩急をつけて、じっくり崩すところは崩せるようになるといいんだけど。

Tr_img_9200 Tr_img_9247 Tr_img_9392

<スタメン>

_____高梨祐太(13)___栗原奨吾(8)______

田中智也(14)______________杉山雄大(12)

_______林拓弥(19)__太田勇樹(6)______

小松勇樹(9)_前田啓介(20)_秋月涼介(2)_栗林健太(7)

__________入澤遼平(1)___________

交代:
 後半00分 栗林健太(7)→米田仁志(22)
 後半14分 栗原奨吾(8)、杉山雄大(12)→戸邊凱也(15)、飯田洋介(4)

得点:
 前半18分 栗原奨吾(8)
 前半31分 (横河武蔵野)
 後半16分 (横河武蔵野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

やっと相模守 ~静岡選手権予選準々決勝 静学vs清商

11月。いよいよ高校選手権予選も佳境に入る。今日はちょっと足を延ばして静岡の選手権予選準々決勝へ。JR東海の休日乗り放題切符を利用して、新松田から御殿場線で沼津を経て草薙というルート。時間は多少かかるが一番安い。気持ちのいい秋晴れの一日で、御殿場線は部活動の中高生や、登山・ハイキングの中高年で一杯。最近、登山・ハイキングってブームだなぁ・・・

せっかくの乗り放題切符なので、試合の前に由比でちょっと途中下車して旬の桜海老を堪能。向かうは、由比漁港にある「浜のかきあげや」。かき揚げ丼650円に、沖あがり250円、〆て900円なり。かき揚げが2枚乗ったかき揚げ丼は、ボリュームたっぷりでコスパもいい。沖あがりというのは、由比の漁師料理で桜海老とニラと豆腐をすき焼き風に甘く煮付けたもの。限定14食という微妙なレア度だったが、開店直後だったか無事食べることができた。

200811011104000 200811011107000

満足して、再び電車で草薙球技場を目指す。JR草薙で2両編成の静岡鉄道に乗り換えて2駅。最寄の県総合運動場駅から歩いて3分ほどのはずだったが、サッカーの話をしていた人の後についていったら野球場の方に連れて行かれ、大回りをする羽目になった(笑) ようやく草薙球技場にたどり着くと、次なる試練。入場料1000円・・・ 決勝ならともかく準々決勝から有料なのか!さすが静岡。こんなことなら1試合目から見とけばよかった、と貧乏性の管理人は思う(笑)

草薙球場はメインスタンド中央の最前列に撮影スペースがでーんと張り出し、端からだとそれが邪魔でコーナー付近が見づらいというなかなか特異な構造のスタジアム。でも、球技場なのでピッチは近い。見やすいんだか、見難いんだかよく分らないスタジアム。まぁ、素直にバックスタンド(といいつつ、ベンチはそっちにある。でも選手入場は撮影スペースの下という不思議)で見ればいいというだけの話だけど。ちなみにバックスタンドへは、ゴール裏の木々の間の通路を通って行くのだが、頭上には大きな蜘蛛の巣がびっしり。かなり気持ち悪い。

高校サッカーだけあって、バックスタンドは両チームとも生徒の応援団で賑やか。清商はブラスバンド+応援団。団長が女の子というのが今風か。一方の静学は漢応援団に、出場選手全員のキャッチフレーズつきの個人幕がある。”てんねん君2号”がいろんな意味で気になる(笑)

序盤から一進一退の攻防が続く。負ければ引退だけあって、特に清商はフィジカルコンタクトが厳しく、頻繁にゲームが止まる。お互いパスミスも多い。

先制点は清商。中盤でボールを奪った池田がゴール正面やや距離のあるところから思い切ったシュートを放ち、不意をつかれたGKの脇をボールは通り過ぎた。大騒ぎの清商応援団。しかし、その6分後。静学のCKに、キッカーは長崎。ニアに蹴られたボールを杉山がヘディングし、山なりに飛んだボールは前目に出ていた清商GKの頭上を抜けゴールへ。試合は振り出しに戻った。

前半33分。左サイドのスペースに抜け出した静学安藤を、清商吉川がPA内で倒してしまう。吉川はこのプレイで退場(イエロー2枚?) 静学にはPKが与えられる。これを、長崎がゴール左下に決め、静学が逆転。清商はボランチを一人下げ、攻撃的な姿勢は崩さない。しかし、逆転からわずか2分後。長崎が守備が手薄になったバイタルをドリブルで横断しつつ、反転から意表をつくループシュートを放つ。難しい態勢からのシュートだったが、これが見事に決まる。点差を縮めたい清商も、風間、池田らがチャンスを作るがゴールは割れないまま前半は終了。

後半、お互いシュートチャンスを作るも決めきれず、時間だけが過ぎる。残り時間10分を切ろうかという頃、中盤でボールを持った長崎が遠目からのシュートで駄目押し。長崎は3ゴール1アシストというすばらしい活躍。一矢報いたい清商は、終了間際に左サイド、フリーでボールを受けた風間が冷静にシュートを決めが、間もなく試合終了のホイッスルが鳴る。静学が4-2で清商を下し準決勝へと駒を進めた。

先にも書いた静学の個人ダンマク。10番長崎のキャッチフレーズは”沈黙のファンタジスタ”。10番が沈黙しちゃったらまずくないか?と思いもしたが、今日はその”沈黙のファンタジスタ”が饒舌な活躍をして、静学を準決勝に導いた一戦となった。全国まで後2つ。準決勝、決勝は見にいけそうもないので、絶対に勝って全国で再び”寡黙なファンタジスタ”の饒舌な活躍を見せて欲しい。今日は出番のなかった菅原も全国の舞台でプレイする姿を見せて欲しい。がんばれ!

清商の3年生の皆さんはお疲れさまでした。帰り道、うなだれる下級生を気遣って、「お前らの試合を見に行くから、がんばれ!絶対出ろよ!」と声をかける恐らくサブ組の3年生たちの姿に心を打たれました。そして、出番のなかった内山君。今日までお疲れさまでした。結局一度も清商のユニフォームを着ている姿を見ることはできなかったけれど、得るものも多い3年間だったのだろうと信じています。また、どこかで。

Tr_img_8287  Tr_img_8408Tr_img_8403  Tr_img_8700

Tr_img_8303 Tr_img_8319 Tr_img_8642

<静学スタメン>

______森田隆廣(9)__安藤大介(8)______

長崎健人(10)____城内龍也(7)_____向島真忍(21)

__________朝比奈魁斗(23)_________

村田大樹(15)_山本太朗(2)_杉山寛樹(4)_小林裕亨(14)

__________浅野利紀(1)___________

<清商スタメン>

______平野歩浪(11)__風間宏希(8)______

岩崎隆太郎(15)_____________池田裕樹(9)

______四ッ田侑也(2)_栗本広輝(5)_______

田村直矢(3)_吉川万里(4)_大石樹(14)_砂川凌太郎(7)

__________石原健太(21)__________

交代:
 後半10分 清商:岩崎隆太郎(15)→宮部惠太(24)
 後半15分 静学:向島真忍(21)→山田駿(12)
 後半23分 静学:城内龍也(7)→鈴木隆太郎(3)
 後半37分 静学:村田大樹(15)→和田直己(11)
 後半39分 静学:安藤大介(8)→南條公祐(20)

得点:
 前半22分 清商:池田裕樹(9)
 前半28分 静学:杉山寛樹(4)
 前半35分 静学:長崎健人(10)
 前半37分 静学:長崎健人(10)
 後半31分 静学:長崎健人(10)
 後半35分 清商:風間宏希(8)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »