« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

キャプテン、そして愛なき者は去れ ~高校サッカー1回戦 帝京vs広島皆実

かすかな期待を込めて、駒沢の電光掲示板に表示された帝京のスタメンを見つめる。そして、そこに”小川俊輔”の名前を発見し、一気にテンションが上がる。おっぱまーず2005の一員にして、我らが浦さんの後を継ぎ今年のキャプテンを任されていた小川だったが、今年の帝京の1トップシステムでは出番はわずかな時間に留まっていた。この3年間で何度か帝京の試合を見たが、小川とは縁がなかった。ようやく見れた試合でスタメンとは、廣瀬監督空気が読める(笑)

今日の帝京は都予選とはやり方を変え4-4-2の布陣。駒沢は強い風が吹く。キックオフから風上の帝京が前線からのプレスで流れを掴み、積極的に攻撃をしかける。いい感じだ。しかし、前半19分、ドリブルで仕掛けた奥山を広島皆実の崎原がPAすぐ外で倒し、久保田主審は崎原に一発レッド。一人少ない状況になって、堅守で定評のある広島皆実の守備がさらに堅くなる。何とか風上に立つうちにゴールを上げたい帝京だったが、ついに前半は広島皆実の壁を破ることは出来なかった。

後半も試合は帝京ペース。右サイド村松のクロスから再三チャンスが生まれる。後半30分、ドリブルで右サイド深くに侵入した村松から素晴らしいクロスが上がる。ゴール前で稲垣と小川がジャンプする。稲垣の頭をわずかに掠めたボールは、すぐ後ろの小川の頭に当りゴールに向かう。しかし、わずかに高いコースに飛んだボールはクロスバーに弾かれる。弾かれたボールは真下に落ちるも、ゴールラインは割れず。あと5cm低ければ・・・もうちょっと内側に弾かれていれば・・・ 小川は再三チャンスに絡んでいただけに、後半36分に負傷でピッチを退いたのは残念だった。

残り時間も少なくなり、命拾いした広島皆実が一気に反撃に出る。「堅守強攻」vs「帝京魂」 目の離せない攻防が続くが、どちらも譲らず、試合はPK戦となる。双方一人づつ失敗し、6人目。広島皆実の山室のシュートはゴール右に決まる。続く帝京。稲垣のシュートはゴール左下に飛び、横っ飛びのGK神舎の手に弾かれた・・・

帝京3年生のみんなはお疲れさま。そして、オガシュン、伝統チームのキャプテンの大役お疲れさま。残念な結果だったけど、スタメンで活躍する試合を見れてよかった。それに、最後までキャプテンらしくチームをまとめようとした姿にも心を打たれたよ。大学に行ってもがんばれ!

Tr_img_3948

Tr_img_4118 Tr_img_4019
Tr_img_3973 Tr_img_4187

<帝京:スタメン>

______奥山慎(11)___小川俊輔(9)_____

高木利弥(15)_____________村松知輝(10)

_______高橋迪郁(8)__稲垣祥(7)______

高杉龍太郎(3)_中井将貴(4)_伊藤竜司(5)_加藤諒(2)

___________内田裕久(1)_________

<広島皆実:スタメン>

_____金島悠太(9)__玉田耕平(11)_____

谷本泰基(10)____________佐々木進(8)

_______宮下航(6)__浜田晃(7)______

崎原拓也(5)_松岡祐介(4)_井林章(3)_村田俊介(2)

___________神舎宏(1)_________

交代:
 前半19分 皆実:金島悠太(9)→秦和広(14)
 後半18分 皆実:玉田耕平(11)→山室亮太(13)
 後半23分 帝京:中井将貴(4)、高木利弥(15)→徳武正之(6)、廣瀬公紀(14)
 後半38分 帝京:小川俊輔(9)→石塚涼太(16)

得点:なし

PK戦
 皆実:7○、3○、8○、5×、4○、13○
 帝京:8○、5×、10○、3○、2○、7×

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

城北の星 ~高校選手権1回戦 鹿島学園vs一条

第87回全国高校サッカー選手権開幕。今大会、横浜JYのOBが所属するのは帝京、鹿島学園、桐光の3チーム。愛媛JYのOBが所属するのは松山北。

Tr_img_3479 Tr_img_3510

國學院久我山のキャプテン高橋君と城彰二氏のおかげで、華やかな開会式の後の開幕カードは何と鹿島学園vs一条。早々と鹿島学園応援団席に座席を確保し、応援する気満々のマリサポ数名。しかし、悲しいかな黄色いグッズとは縁がない。鹿島学園のチームカラーがトリコロールだったら・・・(笑) 後方最上段には、立派な阿渡真也ダンマクが2枚。小学校時代所属した城北ファイターズのコーチ、現役選手達が用意したダンマクのようだ。応援団席にはおっぱまーずOBたちの姿もちらほら。

大観衆の前でいよいよキックオフ。大舞台での初戦で緊張しているのだろう、序盤から硬さの見える鹿島学園。パスミスが多く、なかなかいい流れが生まれない。中盤がフラットなので、DFラインと中盤のラインの間にボールを落とされるとマイボールにすることができない。前半32分にはディフェンスのミスが続き失点。

後半に入り鹿島学園が徐々に自分達のサッカーを取り戻す。ボールがスムーズにつながり、一条ゴールを脅かす時間も増える。唯一の2年生スタメンのFW三橋が何度かいいシュートを放つも、GKの好セーブにあい、ゴールは割れない。何とか1点取ってくれ!

1点差を追っていた後半17分。小谷の左CKに、後方から猛然と走りこんで飛び上がった一人の選手。どんぴしゃヘッドは勢いよくゴールに吸い込まれた。阿渡!歓喜に沸く鹿島学園応援席。さすがはキャプテン。見事に応援に応えた。城北ファイターズの方々もダンマクを出した甲斐があったというものだろう。

このゴールで勢いづく鹿島学園。しかし、一条の守りも堅く、追加点を奪えないまま時間が過ぎる。そして、試合はPK戦へ。先攻は一条。1人目の原田のシュートはゴール左にそれる。体育座りで頭を垂れる原田。2人目岡本のシュートは長峰が弾く。一方の鹿島学園は最初の2人は成功。3人目は共に決め、4人目。一条木村のシュートはゴール右上に決まる。鹿島学園のキッカーはラッキーボーイ的印象の強い工藤。ここで決めれば勝ちだが、ゴール左下に蹴られたボールは西井が倒れこみつつセーブする。そして5人目。元木が狙ったのはゴール右上。長峰はコースを読み、これを弾く。この瞬間鹿島学園の初戦突破が決まった。今年から準決勝が埼玉になったため、国立でプレイできるのは最大4チーム。国立でプレイできただけで幸せなのに、勝利できたのは最高の思い出になるだろう。次は恐らく野洲。強敵だが、同じ高校生。誰よりも走ってきたその底力を100%発揮すれば、決して勝てない相手ではないだろう。がんばれ!

Tr_img_3692 Tr_img_3713

<鹿島学園:スタメン>

_____三橋隼人(11)___忍稲井大樹(9)____

工藤由夢(8)_小谷駿介(10)_増田匠海(6)_小黒翔太(7)

金井洵樹(14)_安藝正俊(4)_杉下智哉(3)_阿渡真也(2)

___________長峰大樹(1)_________

<一条:スタメン>

_____北野慶介(17)___奥田和則(10)_____

岡本一馬(8)_______________原田光(9)

_______中城諒(15)__小峠大樹(7)______

元木啓太(2)_木村周登(5)_梶本昭裕(4)_吉田拓眞(13)

__________西井隆人(1)__________

交代:
 後半19分 一条:北野慶介(17)→岡本一貴(20)
 後半32分 鹿島:三橋隼人(11)→青木翔太(17)
 後半33分 鹿島:増田匠海(6)→佐藤勇治(18)
 後半33分 一条:中城諒(15)→牧野友哉(6)

得点:
 前半32分 一条:原田光(9)
 後半17分 鹿島:阿渡真也(2)

PK:
 一条:9×、8×、7○、5○、2×
 鹿島:7○、10○、3○、8×

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

あと一歩が大きい ~GO FOR 2014 最終日&ナビスコ準決勝 横浜vsガンバ

GO FOR 2014カップ最終日。初日は今一力を発揮できなかった横浜ユースだが、2日目、3日目と徐々にコンディションを上げてきたようで、グループリーグを5勝1敗の1位で通過した。ちなみに予選グループの結果は以下の通り(Thanks.S馬君)

【Aチーム】
 12/26(金)11:00 GL#1 ●1-2神戸 得点:関原
 12/26(金)14:00 GL#2 ○3-2東福岡 得点:星雄次、後藤、高橋
 12/27(土)11:00 GL#3 ○6-0津工業 得点:榎本×4、小野裕二、関原
 12/27(土)14:00 GL#4 ○4-2浦和南 得点:小野裕二×2、保田、高橋
 12/28(日)12:30 GL#5 ○1-0FC東京 得点:小野裕二
 12/28(日)15:30 GL#6 ○6-2浦和 得点:榎本×5、小野悠斗

【Bチーム】
 12/26(金)12:30 ●2-3神戸 得点:松本×2
 12/26(金)17:00 □2-2東福岡 得点:菅野、松本
 12/27(土)12:30 ○4-1浦和南 得点:松本×2、澁谷、劔持
 12/28(日)14:00 ●1-3FC東京 得点:OG

今日は天皇杯準決勝もあったが、準決勝だけでもと思い埼スタへ。

■横浜ユースvs大宮ユース 1-1(PK9-8)

大宮はサポが太鼓付きで応援を繰り広げる。昨日の超清水といい、下部組織の応援が小さな大会まで広がってきたのはいい事なのか、悪いことなのか・・・

決勝進出をかけた一戦は、開始早々にドリブルで岡があっさり振り切られて大宮に先制を許す。前を向いた相手との1-1は、岡も含め横浜DF陣の大きな課題だろう。出鼻をくじかれた形の横浜だったが、徐々に落ち着きを取り戻す。前後半を通じて関原の動きがよく、積極的に攻撃を仕掛ける。後半12分、直前に途中交代で入った澁谷のFKのこぼれをヘディングで押し込み横浜が追いつく。決めたのはもちろん”こぼれの凌河”(笑) その後も小野裕二や、途中交代の塩田らがいいリズムで攻撃に絡む。しかしあと一歩のところで追加点は生まれず、試合はPK戦へ。

先攻は横浜。双方3人目までは成功。横浜4人目の松本のシュートはゴール右下に決まる。続く大宮の4人目はバーにあて失敗。5人目の澁谷が決めれば横浜の勝ちというところで、澁谷のシュートはGKに止められてしまう。PK戦は壮絶なサドンデスへもつれ込む。決着がついたのは10人目。大宮10人目のシュートは横飛びしたGK橋本が足で弾きゴールを外れた。

Tr_img_3001 Tr_img_3024 Tr_img_3143 Ryoga  Tr_img_3236

<スタメン>
_____榎本大希(15)__小野悠斗(18)______

関原凌河(17)_____________小野裕二(27)

_____保田隆介(29)__中田航平(19)______

星雄次(32)_岡直樹(22)__樋川愛輔(20)_早田廉(25)

__________橋本勇樹(21)_________

<エンメン>
_________小野裕二(27)__________

塩田光(24)_____星広太(33)____関原凌河(17)

_____中田航平(19)__澁谷元気(37)______

岡直樹(22)_保田隆介(29)_樋川愛輔(20)_松本翔(36)

__________橋本勇樹(21)_________

交代:
 後半08分 榎本大希(15)、小野悠斗(18)、星雄次(32)→塩田光(24)、星広太(33)、澁谷元気(37)
 後半21分 早田廉(25)→松本翔(36)

得点:
 前半01分 (大宮)
 後半12分 関原凌河(17)

PK戦:
 横浜:中田○、関原○、岡○、松本○、澁谷×、星広○、小野裕○、樋川○、保田○、塩田○
 大宮:○、○、○、×、○、○、○、○、○、×

■横浜ユースvsFC東京ユース 0-1

決勝に残ったからには見ずに帰るわけにもいかない。決勝はアナウンス付き。試合前にスタメンの名前が読まれるが、フィールドの選手がGKとアナウンスされるなど、のっけから躓く。事前にちゃんとリハーサルしましょう(笑) それでもメンバー表付きの無料のパンフを頂けたり、レッズランドの横から観戦できないピッチでの試合がなくなったりと、この大会のホスピタリティはよく、関係者の皆さんの良い大会にしようという熱意が伝わってくる。この場を借りてお礼を申し上げます。

決勝の相手はグループリーグでも対戦したFC東京。立ち上がり早々にアクシデント。関原が接触プレイで頭を打ち、一旦はピッチに戻ったものの、前半11分に早々と負傷退場してしまった。大宮戦で好調ぶりを発揮していた関原の離脱は横浜にとってはちょっと痛かった。それでも交代出場の塩田が俊足を生かしてチャンスを作り出す。グループリーグでの対戦も緊張感のあったいい試合だったようだが、この試合も一進一退の白熱した戦いとなった。

試合が動いたのは前半27分。FC東京の猛攻を受け、横浜ゴールに向かって立て続けにシュートが飛ぶ。そのたびにしぶとく跳ね返していたものの、遂にこぼれ球を山口に押し込まれてしまう。

後半も1点を巡る攻防が繰り広げられる。今年は各カテゴリーでFC東京には苦杯を飲まされてきているだけに、何とか追いつき追い越して欲しい。そんな気持ちが伝わったか、ピッチ上の選手も熱い戦いを繰り広げる。負けられないという気持ちは時にはラフプレイとなってしまう。決して褒められた事ではないが、そういう気持ちの強さは横浜に一番欠けているものだ。

残り時間も徐々に少なくなる。1点を目指してゴールに向かう横浜の前に立ちはだかったのは、FC東京のGK崔創喜。横浜のチャンスはことごとく崔のセーブにあい、ネットを揺らすことができない。最後まで果敢に1点を目指した横浜だったが、遂にFC東京からゴールを奪えずタイムアップ。試合終了の笛を聞き、ピッチには倒れこむ選手の姿も。今年はことごとく大事なところでFC東京に美味しいところを持っていかれた横浜。また勝てなかったかという失望は大きいが、この試合で見せてくれた勝負へのこだわりは来年に向けての明るい材料になるのではないかと思う。来年こそ、ここ一番の試合は横浜がいただこう!

Tr_img_3291 Tr_img_3365 Tr_img_3368

<スタメン>
_________榎本大希(15)__________

関原凌河(17)____星広太(33)____小野裕二(27)

_____小野悠斗(18)___中田航平(19)_____

岡直樹(22)_保田隆介(29)_樋川愛輔(20)_早田廉(25)

__________橋本勇樹(21)_________

<エンメン>
_________小野裕二(27)__________

星雄次(32)____後藤拓斗(28)_____松本翔(36)

_____小野悠斗(18)___澁谷元気(37)_____

岡直樹(22)_保田隆介(29)_樋川愛輔(20)_早田廉(25)

__________橋本勇樹(21)_________

交代:
 前半11分 関原凌河(17)→塩田光(24)
 後半13分 星広太(33)→後藤拓斗(28)
 後半15分 塩田光(24)→松本翔(36)
 後半24分 中田航平(19)→澁谷元気(37)
 後半27分 榎本大希(15)→星雄次(32)

得点:
 前半27分 (FC東京:山口潤(20))

■ナビスコ準決勝 横浜vsガンバ

ユースの試合の後、表彰式はパスして即座に国立へ。ゴール裏に到着したのはキックオフ20分過ぎ。知り合いのゾーンに紛れ込ませてもらい、久々に声を出しての応援。何度もあったチャンスは後一歩のところでゴールを外れる。勝てば元旦クニタチ。応援にも熱が入る。しかし、途中出場の清水がイエロー2枚で退場した事も響き、ガンバの省エネサッカーに体力を奪われ、延長終了前にあろうことか世界の山崎に決勝点を奪われる。横浜のシーズンが終わった。大島を元旦に笑顔で送り出せなかったのがただただ残念だ。それでも例年以上に楽しませてくれた選手、スタッフ陣、お疲れさま。例年より短いオフ。ゆっくり体を休めて、来年もいい試合を見せてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008高円宮U-15 愛媛結果まとめ

2008 高円宮杯 第20回 全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会:ベスト16
試合日 12/7(日) 12/13(土) 12/14(日) 12/20(土)
キックオフ 13:10 11:00 11:00 13:10
試合形式 40分×2 40分×2 40分×2 40分×2
フェーズ GL#1 GL#2 GL#3 決勝T1回戦
対戦相手 港川中 青森山田中 神戸 新潟
会場 生島 生島 生島2 刈谷
スコア ○8-1 ○8-1 ●0-2 ●0-1
■GK
1 山本哲也 ▽74
21 入河直斗 △74      
■DF
2 寺田佳樹 ▽51 △56   △59
3 菅和彦        
5 安藤一貴 ▽79 ▽74
6 曽根田穣 △51 ○ ☆60
10 久保飛翔 ○ ☆6,8
16 佐藤丈 △79 △74    
18 宇野大貴 △72 ▽69    
■MF
7 垂水雄太 ▽76 ▽61 ▽59
8 伊藤星斗 ▽59 ▽66
12 大浦龍馬 △59 △66 ☆69,79    
14 野町誓吾 ▽72 ○ ☆2
15 上田勝也 ○ ☆18
17 近藤貫太 ○ ☆48,57 ○ ☆45,58
19 森勇也   △61    
■FW
9 佐々木寿輝 △69
11 城村洸介 ▽72 ☆11,27,57 ▽56 ☆23,51
13 泉谷貴樹 △72      
24 村上耕一 △76      

【最終順位】 1位:FC東京深川、2位:新潟、3位:FCライオス、札幌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

絶品黒はんぺん! ~ジュビロカップU-14 1日目

今日はエリプロと愛媛を目あてにジュビロカップU-14へ。朝早いので久々に新幹線を利用。やっぱ早い!快適!たまに乗ると新幹線のありがたみが本当によくわかる(笑) 駅で友人達と合流し、まずはタクシーでつま恋へ。

■エリートプログラムU-13vsFC東京深川 0-3

1試合目はエリプロと深川の一戦。今回のジュビロカップは45分1本勝負という変則マッチで行われた。

開始早々に深川が貫禄の連続ゴールを上げ、エリプロの出鼻をくじく。この大会はU-14の大会なので、エリプロは一つ学年が下になる。長身の選手も多く、ぱっと見はフィジカルの差はさほど無いように見えるが、やはり局面局面のボール扱いでは深川に負けてしまう事も多い。序盤は全く深川に太刀打ちできなかったエリプロだが、徐々にボールを繋ぐ事が出来るようになる。ゴール前に迫るシーンも増える。この試合には、みなとみらいの鈴木君がスタメンで出場。フィジカルでは深川の選手には劣らない。右サイド高い位置から攻撃に絡み、なかなかいいプレイを見せていた。31分にはシュートを放つもGKにキャッチされる。久々に見たが随分たくましくなって当たり負けしなくなったなぁという印象。鈴木君のシュートも含め何度かチャンスを作れていたエリプロだが、終了間際に再び失点しこの試合は0-3で終わった。

Tr_img_2218  Tr_img_2259 Tr_img_2192

<エリートスタメン>

関根貴大(5)____小川直毅(15)___鈴木浩一郎(16)

__________川井翔太(13)__________

_______望月嶺臣(3)__鴨池陽希(7)______

山田武典(19)_松川宏二(23)_池松大騎(4)_石川朝貴(9)

__________吉野雅大(1)___________

交代:
 09分 川井翔太(13)、小川直毅(15)→石塚紀貴(11)、山口輝(21)

得点:
 03分 (深川)
 09分 (深川)
 41分 (深川)

■みなとみらいvs清水 1-0

エリプロの試合の後は多目的広場に移動し、みなとみらいvs清水を観戦。清水はサポが駆けつけ、ダンマクを張って太鼓付きの声出し応援をしていた。ジュビロカップでサポが声出し応援しているチームは初めてだ。全国大会ならともかく、ちょっとあの場の空気には馴染まないような・・・ あんまりその印象が強いものだから、風が強くて清水に押され続けていた事と、途中交代の田中君が何故か4分で交代した事しか記憶にない。怪我した様子も無かったし、プレイが悪かったとも思えなかったし・・・ 謎だ。

Tr_img_2274 Tr_img_2314

<スタメン>
______河合力也(6)___野路貴之(13)______

持田里久也(21)______________松井優斗(18)

_______喜田拓也(7)__相場遥介(2)_______

冨沢右京(12)_松崎颯介(19)_諸石健太(22)_岩壁裕也(4)

__________佐山辰哉(16)___________

交代:
 30分 河合力也(6)→宇佐見康介(5)
 36分 冨沢右京(12)→田中秀明(10)
 40分 田中秀明(10)→高野遼(8)

得点:
 34分 (清水)

■エリートプログラムU-13vsガンバ 0-2

再びエリプロの試合。今度はガンバとの一戦。エリプロのメンバーは総取っ替えで、今度は小柄でテクニックのある選手が多い。14分にガンバに先制されるも、エリプロもテンポよくボールを回しチャンスが作れていた。1試合目が力なら、この試合はテクニックという感じ。よくがんばってはいたが、残り時間少ないところでFKを直接決められ、またもや無得点で終わった。

Tr_img_2332

<エリートスタメン>

秋田翼(22)____川森直威(6)_____山口輝(21)

__________石川光(14)__________

_______勇碧(20)__石塚紀貴(11)______

森永卓(10)_山路真司(2)_田村亮介(8)_手塚明克(17)

__________水洞翔太(12)_________

交代:
 40分 手塚朋克(17)、秋田翼(22)→川井翔太(13)、小川直毅(15)

得点:
 14分 (ガンバ)
 40分 (ガンバ)

■愛媛vs草津 3-0

エリプロの後は、タクシーでエコパ人工芝に移動し愛媛の試合を2試合観戦。山の上にあるグランドからは、澄んだ空気の向こうに富士山がきれいに姿を見せていた。去年もこの会場で愛媛の試合を見たが、あの時はひたすら寒く、雨まで降って最悪だった。今日は風が強いものの陽の光もありそれほど寒くはない。

序盤から風上の愛媛がテンポよくボールをつなぎ草津ゴールに迫る。しかし何度もシュートチャンスがありつつもフィニッシュの精度を欠き、なかなかゴールは生まれない。ようやく24分に佐藤君がCKを頭で合わせて先制点を奪う。さらに34分、35分と得点が生まれる。この年代の愛媛も攻撃的なチームで、逆に守備に回るとどたばたするシーンも目立つ。終盤には草津の猛攻を受けたがしっかりしのいだ。

Tr_img_2491 Tr_img_2535 Tr_img_2540
Tr_img_2604 Tr_img_2613 Tr_img_2641

<スタメン>
_________高山晃司(12)________

北岡優駿(7)___曽根田穣(10)__村上耕一(14)

_____潮見祐哉(8)__堀内勇佑(19)____

河野新汰(3)_菅和彦(5)_佐藤丈(4)_大塚唯生(9)

_________入河直斗(16)________

<エンメン>
_____高山晃司(12)__森勇也(11)______

北岡優駿(7)___________峯山涼太郎(13)

_____堀内勇佑(19)__武村和樹(15)_____

高橋裕人(6)_大塚唯生(9)_佐藤丈(4)_宇野大貴(2)

__________入河直斗(16)________

交代:
 28分 河野新汰(3)、潮見祐哉(8)→高橋裕人(6)、武村和樹(15)
 36分 曽根田穣(10)、村上耕一(14)→森勇也(11)、峯山遼太郎(13)
 38分 菅和彦(5)→宇野大貴(2)

得点:
 24分 佐藤丈(4)
 34分 高山晃司(12)
 35分 北岡優駿(7)

■愛媛vs大宮 0-3

すぐに2試合目。相手は仙台かと思ったら、予定が変わったらしく大宮との対戦だった。愛媛は草津戦と同様にハイプレスでボール奪い、そこからワンタッチでボールをつなぎ大宮ゴールに迫る。相手がどこだろうが、やり方を変えないのは愛媛のいい所だ。序盤は互角の戦いが続くも、19分に右サイドからのクロスに走りこまれ失点。その後は徐々に大宮ペースとなる。愛媛も機を見て一斉に大宮ゴールを目指すが、大宮伝統の守備は固い。逆にカウンターから終盤に2失点を喫し0-3で終わった。

現U-15は素晴らしい攻撃サッカーを見せてくれたが、来年のチームも面白いサッカーを見せてくれそうだ。DFリーダー佐藤君の声もいい(笑) 楽しみなチームだ。

Tr_img_2727 Tr_img_2780 Tr_img_2791
Tr_img_2797  Tr_img_2817
Tr_img_2874 Tr_img_2876 Tr_img_2922

<スタメン>
_________森勇也(11)_________

村上耕一(14)__曽根田穣(10)__峯山涼太郎(13)

_____潮見祐哉(8)__堀内勇佑(19)_____

河野新汰(3)_菅和彦(5)_佐藤丈(4)_宇野大貴(2)

_________入河直斗(16)_________

交代:
 36分 河野新汰(3)→高橋裕人(6)

得点:
 19分 (大宮)
 36分 (大宮)
 40分 (大宮)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

関東もプレミア予選をしようよ ~U-13交流戦 2日目

マリノスタウンを中心会場に昨日から始まったU-13交流戦は、JリーグのU-13チームが8チーム参加し、3日間に渡って試合をする。毎年やっているのかどうかは定かではないが、U-13世代をまとめて見られるいい機会だ。最近見ていないみなとみらいU-13が見たくて、レッズランドはパスして今日はマリノスタウンへ。

ちなみに参加チームは、みなとみらい、追浜、千葉、浦和、横浜FC、仙台、鹿島ノルテ、柏。それに加えて明日の最終日には皆実というチームが出場するが、これは広島の皆実FCかな?同じく3日目のF・マリノスというチームも気になる。みなとみらいと追浜の連合軍なんだろうか。そうだとしたら非常に見たいが、残念ながら明日はジュビロカップ。

■みなとみらいvs鹿島ノルテ 4-0

U-13交流戦は35分ハーフ。試合はみなとみらいペースで進む。前半13分には汰木君がFKを直接決め先制する。後半11分にはノルテのセットプレイからのカウンターから寺前君がシュート。これはGKに弾かれるもこぼれを汰木君が押し込む。さらに後半27分にCKのこぼれを深澤君が押し込み、終了間際にも佐藤君がテクい胸トラダイレで駄目押し。危なげない戦いでみなとみらいが勝利を納めた。

Tr_img_1696 Tr_img_1746 Tr_img_1862

<スタメン>
______汰木康也(22)___深澤知也(18)______

榎本拓也(5)________________加瀬裕太(6)

_______早坂翔(15)__桑原和真(9)________

亀井公貴(7)_寺前光太(14)_樋口慎太郎(17)_福田圭佑(19)

___________大蔵亮介(1)___________

交代:
 後半17分 汰木康也(22)→佐藤祐太(12)
 後半24分 桑原和真(9)→上田彗亮(4)
 後半28分 福田圭佑(19)→小泉慶(10)
 後半32分 亀井公貴(7)→上尾明寛(3)

得点:
 前半13分 汰木康也(22)
 後半11分 汰木康也(22)
 後半27分 深澤知也(18)
 後半33分 佐藤祐太(12)

■仙台vs柏 0-2

前半の柏は例の如く大きい選手が多く出場し、仙台はフィジカル差に苦しんだ。試合は終始柏ペースで進むが、何度もビックチャンスを外し、結局CKのこぼれを押し込んだ1点に留まった。後半に入り柏は大幅に選手を交代。今度は小柄な選手も多く、普通にU-13っぽい(笑) それでも柏優位は変らないものの、仙台にも何度かビックチャンスがあったが決めきれず。逆に柏は相手のミスをきっちり得点に結び付けた。柏はやはりいいチームだが、負けたとはいえ仙台も随分力をつけているなという印象。

■浦和vsジェフ 1-0

前半は圧倒的にジェフペース。しかし得点は奪えない。近くにいたご父兄の話が何とはなしに耳に入ったが、このカード、ジェフは一回も勝ったことがないという。後半に入り徐々に浦和も持ち直し、後半9分にはセットプレイから得点をあげる。終了間際にはジェフが盛り返し浦和を押し込む時間が続くも得点は生まれず、浦和が貴重な1点を守り切った。浦和はU-13代表で何人か主力が抜けているはずだが、それでもしたたかにジェフに勝ってしまうあたりは、やはり相性というものか。

■追浜vs鹿島ノルテ 3-2

2試合のインターバルの後、ようやく追浜の1試合目。先制は追浜。中村君のクロスを上野君がダイレクトで合わせた。しかしすぐCKのクリアが中途半端になったところをつけ込まれ失点。追浜はスピード感のある攻撃をしていたが、今ひとつ正確さを欠いた。前半19分に鬼丸君のパスをスペースで受けた田中君が得意の高速ドリブルからニアに技ありゴールを決め、前半は2-1で折り返す。後半6分、どういう展開だったか見逃してしまったが、DFの松浦君がゴールを決める。後半11分に失点したものの、追浜が終始主導権を握り3-2で勝利。

Tr_img_1975 Tr_img_2029 Tr_img_2038

<前半スタメン>
_________田中健太(10)__________

鬼丸敬(4)_____新里涼(15)_____上長次郎(7)

______上野海(2)___中村凌(13)_______

神沼拓海(6)_蔭山裕之(5)_松浦舜也(18)_谷川大(11)

__________長津大裕(16)__________

<後半スタメン>
________中山京志郎(14)_________

渡辺大貴(20)___田中健太(10)____上長次郎(7)

______中村凌(13)__鬼丸敬(4)_______

神沼拓海(6)_上野海(2)_松浦舜也(18)_谷川大(11)

_________長津大裕(16)__________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半27分 田中健太(10)→武颯(9)

得点:
 前半09分 上野海(2)
 前半12分 (ノルテ)
 前半19分 田中健太(10)
 後半06分 松浦舜也(18)
 後半11分 (ノルテ)

■みなとみらいvs柏 0-2

ハイレベルな一戦。先制したのは柏。11番君がDFとの競り合いからうまく抜け出しゴールを決めた。みなとみらいも5分後に汰木君がゴールを決めるが、残念ながらこれはオフサイド。みなとみらいは前線からのプレスが効果的で、その後も何度かチャンスを作るも決め切れない。後半は立ち上がりから柏にチャンスが続く。みなとみらいは何度もピンチを迎えるが、鹿野君がすばらしいセーブを連発しゴールを割らせない。しかし後半21分に左サイドで11番君をフリーにしてしまい、ドリブルで粘って折り返したボールに36番君(かな?)に飛び込まれ遂に失点。直後に柏のパスミスから深澤君がシュートまで持って行くも、これは惜しくもバーに嫌われた。みなとみらいも最後まで諦めずによく攻めたが、得点をあげることは出来ず0-2で敗戦。

久々に見るみなとみらいだったが、みんな体がそれなりに大きくなってプレイにスピードと強さが出てきた。これまではどことなくチームとしての骨格というか、カラーがあまり感じられなかったが、徐々にチームとしても目指すサッカーの方向性がはっきりしてきたような気もする。来年はプレミアカップの予選が行われないので、U-13の真剣勝負を目にする機会が減るのが残念だ。

Tr_img_2126 Tr_img_2102

<スタメン>
______汰木康也(22)___佐藤祐太(12)______

榎本拓也(5)________________加瀬裕太(6)

_______上田彗亮(4)__早坂翔(15)________

亀井公貴(7)_寺前光太(14)_樋口慎太郎(17)_福田圭佑(19)

___________鹿野洋司(1)___________

交代:
 後半17分 榎本拓也(5)、佐藤祐太(12)→上尾明寛(3)、深澤知也(18)
 後半27分 早坂翔(15)、汰木康也(22)→桑原和真(9)、小泉慶(10)

得点:
 前半05分 (柏)
 後半21分 (柏)

■追浜vs仙台 3-1

本日最後の試合。前半の追浜は仙台の運動量に苦しみミスを連発。あまりいいところがなかった。メンバーを入れ替えて臨んだ後半。意外な(?)得点力を発揮したのがボランチ起用の上野君。後半4分には蔭山君のクロスをヘディングで合わせ先制。後半17分にも豪快なミドルシュートを決める。上野君のボランチはこれまで見たことがなかったが、今日のノルテ戦でも点も決めているし、これはアリかな?2点リードもつかの間、すぐにDFラインの裏にパスを通され仙台11番君にゴールを決められる。これで気が引き締まったか、追浜に再びいいリズムが生まれる。終了間際には上野君、田中君ときれいに繋ぎ、最後は新里君がフィニッシュ。

追浜は今、ポジションを色々試しているところのようだ。今日の上野君のような意外な(?)活躍もあり、まだまだどんどん変って行きそうな予感がする。彼らの最終形がどんなサッカーになるのか。今から楽しみだ。 

Tr_img_2172 Tr_img_2177

<前半スタメン>
______新里涼(15)__田中健太(10)_____

中山京志郎(14)____________篠崎幸樹(8)

_____蔭山裕之(5)__中村凌(13)_______

上長次郎(7)_上野海(2)_宮野剛(19)_松浦舜也(18)

_________川瀬隼太(1)__________

<後半スタメン>
_____田中健太(10)__新里涼(15)_____

上長次郎(7)_____________篠崎幸樹(8)

______上野海(2)__中村凌(13)______

鬼丸敬(4)_蔭山裕之(5)_宮野剛(19)_渡辺大貴(20)

_________川瀬隼太(1)__________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半23分 上長次郎(7)→神沼拓海(6)

得点:
 後半04分 上野海(2)
 後半17分 上野海(2)
 後半19分 (仙台)
 後半34分 新里涼(15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008Jユースカップ結果まとめ

Jユースカップ:ベスト8
試合日 10/5(日) 10/18(土) 10/26(日) 11/9(日) 11/16(日) 11 /23(日) 12/14(日) 12/20(日)
キックオフ 13:00 13:00 14:00 13:00 13:00 13:00 13:00 11:00
フェーズ GL#1 GL#2 GL#3 GL#4 GL#5 GL#6 2回戦 準々決勝
対戦相手 仙台 甲府 仙台 鹿島 甲府 鹿島 塩釜FC FC東京
会場 MMC MMB 泉パークT MMA 韮崎中央 鹿島G MMA NACK5
スコア ○4-2 ○1-0 ○2-0 ○1-0 ○5-0 ●1-2 ○10-0 ●1-3
No ■GK:
1 松内貴成 ▽86
31 福田俊樹         △86      
  ■DF:
2 曽我敬紀 ○ ☆17、33 ○ ☆83
4 甲斐公博   ▽81 ○ ☆86
5 臼井翔吾 ▽45  
20 樋川愛輔      
22 岡直樹 ▽56       △81
29 保田隆介         △84      
23 天野純 △56     △45 △79      
32 星雄次 △85       ▽84      
  ■MF:
6 佐藤優平   ○ ☆7
7 荒井翔太 ▽59     △82 ▽65 △57 ☆64 △75 ☆76
13 谷岡慎也 △84              
17 関原凌河 ▽84 ○ ☆50 ▽82   ○ ☆25 ▽75 ☆21,60 ▽87
18 小野悠斗     ▽73 ▽67 ▽75
19 中田航平 △59          
24 塩田光 ▽85 ☆9 △45 △87 △79     △67 △85
28 後藤拓斗   △63 ☆80 ▽87 ▽71 △73      
29 保田隆介         △84      
33 星広太         △68   △81 ▽59
36 松本翔 △66 ☆83              
  ■FW:
9 端戸仁   ○ ☆44 ▽81 ☆67,69 ▽85
10 齋藤学       △71 ☆80     ○ ☆1,11,79
11 松尾康佑 ▽66 ▽45 ○ ☆84 ▽79 ▽68 ☆48,55 ▽78 ▽57 △87
15 榎本大希       ▽79 ☆2 △78    
27 小野裕二   ▽63       △65 △75 △59

【最終順位】 1位:ガンバ、2位:セレッソ、3位:FC東京、ヴェルディ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜移籍情報 ~大島新潟へ完全移籍

オオシ、ありがとう。その人柄のよさで他の選手の規範となる選手だった。
できれば元旦の国立で、笑顔でありがとうを言いたかったが、残念ながら叶わぬ夢となってしまった。
新潟でもがんばれ(涙)

========================

大島秀夫選手 アルビレックス新潟へ移籍のお知らせ

FW大島秀夫選手のアルビレックス新潟への移籍が決定いたしましたので、コメントと併せてご案内致します。

大島 秀夫(おおしま ひでお)
ポジション:FW
出身/生年月日:群馬県/1980年3月7日
身長/体重/血液型:184cm/78kg/O型
経歴:前橋育英高校―横浜フリューゲルス―京都パープルサンガ―モンテディオ山形―横浜F・マリノス

大島選手コメント
「4年間お世話になりました。F・マリノスでの4年間は自分にとって貴重な経験でした。これからも、もっと活躍できるように頑張りたいと思います。」

Jリーグ出場記録 ( )得点
    所属チーム    Jリーグ    ナビスコカップ    天皇杯    ACL
1998    横浜フリューゲルス    6(0)    0(0)    1(0)    -
1999    京都サンガ    4(0)    3(0)    0(0)    -
2000    京都サンガ    0(0)    1(0)    0(0)    -
2001    モンテディオ山形(J2)    43(12)    2(0)    3(0)    -
2002    モンテディオ山形(J2)    38(6)    -    1(0)    -
2003    モンテディオ山形(J2)    42(9)    -    3(3)    -
2004    モンテディオ山形(J2)    43(22)    -    1(1)    -
2005    横浜F・マリノス    28(9)    3(0)    0(0)    5(1)
2006    横浜F・マリノス    27(1)    8(0)    3(0)    -
2007    横浜F・マリノス    30(14)    9(4)    2(2)    -
2008    横浜F・マリノス    29(7)    8(0)    1(0)    -
     J1通算    122(34)    32(4)    7(2)    5(1)
     J2通算    166(34)    2(0)    8(4)    -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

始動 ~GF2014 1日目

土曜日のFC東京戦をもって2008年の横浜ユースはシーズンを終えた。しかし2009年のチームは早くも始動。去年から始まったGO FOR 2014はどこよりも早く2009年チームを見れるうれしい大会だ。会場のレッズランドは河川敷のグランドでかなり寒い。完全防備で会場に向かう。

■横浜ユースvs神戸ユース 1-2

強風が吹きすさぶなか、1試合目の神戸戦が始まった。キックオフから神戸はガツガツ迫ってくる。高い位置でボールを奪い、フィジカルのあるFWに託すというスタイル。横浜としてはあまり得意な相手ではない。前半13分にはカウンターから樋川が振り切られ、早々と失点を喫す。それでもポゼッションは横浜。ボールを回しつつゴール前に迫るが、神戸の年代別代表のGK嘉味田にことごとく阻まれる。後半も同じような展開。それでも後半14分にシュートのこぼれ球に反応した関原がゴールをあげ、同点に追いつく。追加点を狙ってなおも攻撃を続ける横浜だが、後半19分、中田のパスをカットされカウンターを受ける。シュートは都丸が弾いたものの、詰めていた片岡にまたしてもゴールを決められてしまった。これが決勝点となり、横浜は初戦を落とした。負けたとはいえ、このチームはパスがよく繋がりなかなか楽しい。後はフィニッシュのアイデアか。

Tr_img_0858 Tr_img_0895 Tr_img_0914

<スタメン>
__________榎本大希(15)_________

関原凌河(17)____後藤拓斗(28)____塩田光(24)

_____中田航平(19)__小野悠斗(18)______

天野純(23)_岡直樹(22)__樋川愛輔(20)_早田廉(25)

__________都丸雄司(16)_________

<エンメン>
__________小野裕二(27)_________

関原凌河(17)____星広太(33)____小野悠斗(18)

_____中田航平(19)__保田隆介(29)______

星雄次(32)_岡直樹(22)__樋川愛輔(20)_早田廉(25)

__________都丸雄司(16)_________

交代:
 後半08分 塩田光(24)→小野裕二(27)
 後半16分 天野純(23)、後藤拓斗(28)→星雄次(32)、星広太(33)
 後半22分 榎本大希(15)→保田隆介(29)

得点:
 前半13分 (神戸:片岡道則(9))
 後半14分 関原凌河(17)
 後半19分 (神戸:片岡道則(9))

■横浜ユースBvs神戸ユースB 2-3

Aチームの試合の後はすぐにBチーム同士の対戦。前半の横浜はいいところがまるでなく、簡単に失点を重ねる。ゴールが生まれそうな雰囲気もない。生気を欠いた残念な出来だった。後半の横浜は大幅にメンバーを入れ替え、ピッチの半分以上がJYの選手となる。カテゴリーの違う相手にJYの選手達は果敢に戦い、チームの空気が変る。得点の予感が漂う。その予感を現実のものにしたのは、途中交代の松本だった。後半26分、27分に立て続けにゴールを決め、あっという間に1点差にまで追い上げる。勝てないまでも同点に追いつくことは十分可能かと思われたが、残念ながらそれには時間が足りずタイムアップ。負けたとはいえ、収穫の多い試合だった。

Tr_img_1166 Tr_img_1219 Tr_img_1278
Tr_img_1275 Tr_img_1248 Tr_img_1304

<前半スタメン>
______星広太(33)___菅野裕太(39)______

小野裕二(27)____高橋健哉(38)_____松本翔(36)

__________澁谷元気(37)__________

星雄次(32)_劔持和義(34)_小林広樹(35)_保田隆介(29)

__________椎橋拓也(41)__________

<後半スタメン>
______鈴木雄斗(26)___菅野裕太(39)______

齋藤彰太(40)_______________高橋健哉(38)

______澁谷元気(37)__アンドリュー(30)______

宮本和輝(13)_原田健利(11)_金沢拓真(14)_向吉勝吾(12)

___________椎橋拓也(41)__________

交代:
 前半18分 小林広樹(35)→原田健利(11)
 後半00分 フォーメーション参照
 後半13分 澁谷元気(37)→松本翔(36)

得点:
 前半07分 (神戸)
 前半16分 (神戸)
 前半27分 (神戸)
 後半26分 松本翔(36)
 後半27分 松本翔(36)

■横浜ユースvs東福岡 3-2

日が徐々に翳り、強風が身にしみる。3試合目は再びAチームの試合で、相手は東福岡。神戸戦と同じく、ボールを支配しつつも有効な攻撃に結び付けられない横浜。東福岡の武器は俊足サイドハーフの鷲尾真平。前半20分には鷲尾のドリブルに橋本がかわされシュートを打たれるも、星雄次がどうにかクリアした。前半は全くの互角。後半は立ち上がりから横浜が立て続けのゴールを決め、試合を優位に進める。後半17分には、榎本のポストから高橋が右サイドから強烈なシュート決めさらにリードを広げる。が、それもつかの間、後半19分にCKから失点。ここから東福岡に勢いが出てくる。横浜は守備に終われ、後半30分についにクリアミスから失点。1点差に追いつかれる。それでも、35分ハーフの短さが幸いし、何とか1点差を守りぬいて初勝利を飾った。

Tr_img_1510 Tr_img_1462 Tr_img_1490

<スタメン>
__________榎本大希(15)_________

関原凌河(17)____後藤拓斗(28)___小野裕二(27)

_____中田航平(19)__小野悠斗(18)______

星雄次(32)_岡直樹(22)__樋川愛輔(20)_早田廉(25)

__________橋本勇樹(21)_________

交代:
 後半07分 小野裕二(27)→高橋健哉(38)
 後半13分 早田廉(25)、後藤拓斗(28)→松本翔(36)、星広太(33)

得点:
 後半01分 星雄次(32)
 後半05分 後藤拓斗(28)
 後半17分 高橋健哉(38)
 後半19分 (東福岡)
 後半30分 (東福岡)

■神戸ユースvs浦和ユース 1-0

レッズランドは周辺に何もないので、試合を見るぐらいしか時間つぶしができない。できれば次の試合と逆にしてくれたらうれしかったのだが、そういうわけにもいかず、日が落ち、寒さに震えながらの観戦。前半は神戸ペースで、奥田光のFKが直接決まり神戸が先制。後半は一転浦和ペースも得点は生まれず、神戸ユースが2連勝。

■横浜ユースBvs浦和ユースB 2-2

日が完全に落ち、レッズランドは極寒の地。観客も減って片手で足りるほど。風がやんでくれたので辛うじて観戦を続けられたが、それでも見ている間は早く終わってくれとひたすら願う(笑) 前半はインターセプトから菅野、松本がゴールを決め2点差で折り返す。後半は浦和に2点取られ、本日の最終戦はドローで終わった。いやぁ、寒かった。

Tr_img_1540 Tr_img_1541

<スタメン>
__________菅野裕太(39)___________

齋藤彰太(40)_____松本翔(36)_____高橋健哉(38)

_______後藤拓斗(28)_鈴木雄斗(26)_______

宮本和輝(13)_保田隆介(29)_劔持和義(34)_向吉勝吾(12)

___________福田俊樹(31)__________

<後半スタメン>
______松本翔(36)___菅野裕太(39)______

齋藤彰太(40)_______________高橋健哉(38)

______鈴木雄斗(26)__アンドリュー(30)______

小林広樹(35)_保田隆介(29)_原田健利(11)_金沢拓真(14)

___________福田俊樹(31)__________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半13分 金沢拓真(14)、保田隆介(29)→劔持和義(34)、宮本和輝(13)
 後半18分 高橋健哉(38)→星広太(33)
 後半29分 齋藤彰太(40)→星雄次(32)
 後半35分 菅野裕太(39)→高橋健哉(38)

得点:
 前半16分 菅野裕太(39)
 前半35分 松本翔(36)
 後半16分 (浦和)
 後半27分 (浦和)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

そういや ~TRM みなとみらいU-14vs横浜FC

マリノスカップU-12の後は、Cグラに移動して、寒さに震えながら久々のみなとみらいU-14の練習試合を観戦。こちらも新チームになってから初の観戦だが、メンバーはほぼいつもの通り。横浜FCには、プレミアカップの予選でかなり苦戦させられたが、今日はみなとみらいが終始試合の主導権を握り、横浜FCゴールに迫った。1本目、松井君の豪快なミドルシュートを皮切りに、2本目、3本目とみなとみらいが順調に得点を重ねる。3本目にFKを直接決められ失点するも、5-1で快勝。現U-15が行けなかった全国に、今年こそは行こう!

そういや、今日はクリスマス(笑)

Tr_img_0814 Tr_img_0822

<1本目>
______河合力也(6)___宇佐見康介(5)______

持田里久也(21)______________松井優斗(18)

_______喜田拓也(7)__相場遥介(2)_______

冨沢右京(12)_松崎颯介(19)_諸石健太(22)_岩壁裕也(4)

__________佐山辰哉(16)___________

<3本目>
______河合力也(6)__野路貴之(13)_____

冨沢右京(12)_____________田中秀明(10)

______林亮祐(14)__渡辺悠貴(23)______

高野遼(8)_原田慎司(15)_諸石健太(22)_相原晃貴(3)

_________増田直輝(20)__________

交代:
 1本目27分 冨沢右京(12)→高野遼(8)
 1本目32分 喜田拓也(7)→渡辺悠貴(23)
 2本目16分 河合力也(6)→野路貴之(13
 3本目00分 フォーメーション参照
 3本目32分 諸石健太(22)→松崎颯介(19)

得点:
 1本目13分 松井優斗(18)
 2本目23分 宇佐見康介(5)
 2本目30分 諸石健太(22)
 3本目12分 野路貴之(13)
 3本目34分 (横浜FC)
 3本目34分 冨沢右京(12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカナシ乳業第16回F・マリノスカップU-12結果まとめ

■グループリーグ
【みなとみらいU-12】
 2008/12/23(火) 09:00 ○3-2 vs柏
 2008/12/23(火) 12:40 ○4-0 vsリトルジャンボ
 2008/12/24(水) 15:00 ○5-1 vs横須賀選抜

【追浜U-12】
 2008/12/23(火) 10:50 ○4-1 vs鹿島
 2008/12/23(火) 12:40 ○2-1 vs図南
 2008/12/24(水) 13:00 □3-3 vs横浜トレセン 

■1・2位トーナメント
 2008/12/24(水) 16:00 1回戦 ヴェルディ 1-0 横浜トレセン
 2008/12/24(水) 16:00 1回戦 追浜 1-2 名古屋
 2008/12/24(水) 17:50 1回戦 みなとみらい 2-1 バディーSC
 2008/12/24(水) 17:50 1回戦 川崎 4-1 柏

 2008/12/25(木) 09:00 5~8位決定戦 バディーSC 5-2 横浜トレセン
 2008/12/25(木) 10:00 5~8位決定戦 追浜 2-3 名古屋
 2008/12/25(木) 11:00 準決勝 みなとみらい 2-1 ヴェルディ
 2008/12/25(木) 12:00 準決勝 名古屋 4-1 川崎
 2008/12/25(木) 13:00 7位決定戦 横浜トレセン 2-1 追浜
 2008/12/25(木) 14:00 5位決定戦 バディーSC 3-0 柏
 2008/12/25(木) 14:30 3位決定戦 ヴェルディ 3-2 川崎
 2008/12/25(木) 15:30 決勝 みなとみらい 2-0 名古屋

■順位
 1位:みなとみらい、2位:名古屋、3位:ヴェルディ、4位:川崎、5位:バディーSC、6位:柏、7位:横浜トレセン、8位:追浜

■優秀選手賞(ベストイレブン)
 佐藤陸、田崎遼太郎(みなとみらい)
 赤塚竜馬、桜井昴(名古屋)
 会津雄生(柏)
 山下貴矢(ヴェルディ)
 樋口弘毅(川崎トレセン)
 佐藤翔輝(追浜)
 安藤竣哉(横浜トレセン)
 岡田優希(川崎)
 松崎強太(バディーSC)

■得点王:岡田優希(川崎)
■MVP:後藤航(みなとみらい)
■MIP:笹沼孔明(名古屋)
■ベストサポーター賞:横浜トレセン
■フレンドリー&マナー賞:あざみ野FC

Tr_img_0700 Tr_img_0726
Tr_img_0744 Tr_img_0776

・MVPを受賞した後藤君にインタビュア
  「この喜びを誰に伝えたいですか?」「・・・ いません」   「・・・ 誰かいませんか?」「・・・ ・・・ いません」
 一番伝えたい人は多分会場にいただろうしね(笑)
・優勝したみなとみらい、勝利の歌は ♪俺達が横浜 もう誰にも止められない
 子どもたちはちゃんときいているんだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリノスカップU-12 3日目

最終日。今回のプレゼンターは誰だろう?わくわくしつつマリノスタウンへ。

■5位~8位決定戦:追浜vs柏 2-3

5~8位決定トーナメント第1戦。立ち上がり早々に大場君のクロスを小菅君がヘディングで決め先制。その後は柏ペースで進むも、DF陣とポストががんばり無失点で抑える。耐えつつも、前半21分には皆さんご存・・・(笑)の佐藤翔輝君がFKを直接決め、前半は2点リードで折り返す。後半に入っても柏ペース。前半とは違い、今度はゴールが次々と決まる。同点に追いつかれた直後、追浜の反撃。きわどいコースに飛んだシュートを必死で柏GKがかき出す。選手はゴールをアピールするが、線審北村君(JYみなとみらい)はノーゴールの判定。ちょっとおまけしてよー。いやいや、審判はフェアじゃなきゃいけません(笑) 疑惑のゴール(笑)の直後、柏のシュートをクリアしきれず遂に逆転される。出だしはよかったんだけどなぁ・・・ 残念。

Tr_img_0032_2 Tr_img_9894

____竿下征也__佐藤太陽_____

大場靖也___佐藤諒弥____新川海里

_______佐藤翔輝________

古賀勇人_小菅豪_マティックス_中村帆高

_______角井栄太郎_______

交代:
 後半05分 佐藤太陽→遠藤翼
 後半14分 中村帆高→花田佑
 後半20分 古賀勇人→山田長太

得点:
 前半04分 小菅豪
 前半21分 佐藤翔輝
 後半06分 (柏)
 後半15分 (柏)
 後半20分 (柏)

■準決勝:みなとみらいvsヴェルディ 2-1

続く準決勝はクラシコ。立ち上がり早々に、ご存・・・(くどい:P)佐藤陸君が得意のヘッドであっさり先制。前半4分には、田崎君が右サイドを果敢にドリブル突破しシュート。これはGKにブロックされるが、こぼれ球に走りこんだ5年生の蛭田君がゴールに押し込む。接戦になると思っていただけに、この展開はちょっと意外。その後もみなとみらいの攻撃が続いたが、それ以上のゴールは奪えずに前半は2-0で終了。後半6分にヴェルディ11番君の反転シュートが決まり1点差に追いつかれるも、最後まで攻撃の手を緩めなかったみなとみらいが2-1でヴェルディを押し切った。

Tr_img_0172 Tr_img_0245

____鈴木力___後藤航_____

遠藤和樹___景山亜月___蛭田悠弥

_______佐藤陸________

中村響_斉藤海_近藤拓巳_田崎遼太郎

_______佐藤圭介_______

交代:
 前半21分 鈴木力→大谷晃平
 後半10分 中村響→藤田和樹

得点:
 前半01分 佐藤陸
 前半04分 蛭田悠弥
 後半06分 (ヴェルディ)

■準決勝:川崎vs名古屋 1-4

準決勝もう一つの試合は一進一退の展開が続くが、前後半に2点づつ取った名古屋が川崎を下した。

■7位決定戦:追浜vs横浜トレセン 1-2

7位決定戦はグループリーグの再戦。立ち上がりから横浜トレセンがペースを握り、前半19分にゴールを奪う。後半開始直後にも横浜トレセンが追加点をあげ、追浜は2点ビハインドに。追浜は次々とメンバーを代え、局面の打開を図る。監督の期待に応えたのは5年生の高木君。CKのこぼれをうまく押し込んだ。流れが追浜に傾く。後半13分の佐藤翔輝君のミドルはGKに弾かれる。佐藤翔輝君がいればきっと最後には・・・と思って試合を見守るも、もうちょっとのところでゴールは奪えず、追浜は7位で大会を終えた。

Tr_img_0338 Tr_img_0357

____佐藤太陽__竿下征也_____

大場靖也___佐藤諒弥____新川海里

_______佐藤翔輝________

古賀勇人_小菅豪_マティックス_中村帆高

_______角井栄太郎_______

交代:
 前半19分 小菅豪→高木聡汰
 後半00分 新川海里→遠藤翼
 後半10分 佐藤諒弥、竿下征也、古賀勇人→花田佑、松崎伶惟、山田太一
 後半18分 佐藤太陽→山田長太

得点:
 前半19分 (横浜トレセン)
 後半01分 (横浜トレセン)
 後半13分 高木聡汰

■3位決定戦:ヴェルディvs川崎 3-2

ピッチAで行われた3位決定戦は追いつ追われつの展開となったが、ヴェルディの逆転勝ち。ヴェルディ3位、川崎4位となった。

■決勝:みなとみらいvs名古屋 2-0

引き続きAグラで決勝戦。観客席からプレゼンターの水沼と金井が揃って見守るなか、選手紹介に続き、フェアプレイフラッグに先導された両チームの選手が入場。本格的だ。前半はみなとみらいが快調にボールを回し、名古屋ゴールに迫る。目立ったのは後藤君。積極的に攻撃にからみ、何本もシュートを放つ。 そして前半22分。田崎君(?)のクロスを坊主頭で合わせ、貴重な先制点をあげる。この試合の後藤君は絶好調で後半7分にもミドルシュートを決め、名古屋を突き放す。2点取ってもみなとみらいの勢いは衰えない。終始主導権を握ってゲームを進め、危なげなく勝利。見事優勝を飾った。

Tr_img_0491 Tr_img_0509
Tr_img_0629 Tr_img_0639

____後藤航___鈴木力_____

遠藤和樹___景山亜月___蛭田悠弥

_______佐藤陸________

中村響_近藤拓巳_斉藤海_田崎遼太郎

_______佐藤圭介_______

交代:
 後半00分 遠藤和樹→青木天良
 後半10分 景山亜月→大谷晃平
 後半17分 鈴木力→山田裕介
 後半20分 中村響→藤田和樹

得点:
 前半22分 後藤航
 後半07分 後藤航

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-20日本代表 カタール国際親善試合2009 (1/6~1/21@カタール・ドーハ)メンバー

岡田さんがこの世代も見るのか・・・ 適任て感じはしないけど、それでいいのか?技術委員会だかの偉い人。
まっ、その前にサウジの総括と責任者がしかるべき責任を取る人事をまずは発表して欲しい。
某CS系代表専門TV番組でのらりくらりと話しているのを聞くたびに怒りがこみ上げてくるんだが。
内部事情は知らないから、八つ当たりかもしれないけど。

おっと、忘れるところだった。学がんばってこい。

================================

スタッフ
総監督:岡田 武史
監督:小倉 勉
コーチ:大熊 裕司
GKコーチ:慶越 雄二

GK
01 川俣慎一郎 1989.07.23 188cm/86kg 鹿島
18 大久保択生 1989.09.18 190cm/90kg 横浜FC

DF
02 當間 建文 1989.03.21 178cm/72kg 鹿島
03 鎌田 翔雅 1989.06.15 172cm/66kg 湘南 2009/01/07 体調不良
03 中里 崇宏 1990.03.29 174cm/70kg 流経大 2009/01/07 追加召集
04 大野 和成 1989.08.04 180cm/71kg 新潟
05 輪湖 直樹 1989.11.26 170cm/60kg 甲府
06 山村 和也 1989.12.02 183cm/72kg 流経大
07 村松 大輔 1989.12.16 175cm/73kg 湘南
08 佐藤 将也 1990.02.10 178cm/74kg 名古屋
09 酒井 高徳 1991.03.14 175cm/72kg 新潟ユース

MF
10 加藤 弘堅 1989.04.03 178cm/72kg 京都
11 下田 光平 1989.04.08 180cm/70kg FC東京
12 渡部 大輔 1989.04.19 170cm/67kg 大宮
13 木暮 郁哉 1989.06.28 177cm/60kg 新潟
14 清武 弘嗣 1989.11.12 172cm/63kg 大分
15 河野 広貴 1990.03.30 165cm/58kg 東京ヴェルディ
16 齋藤  学 1990.04.04 165cm/54kg 横浜ユース
17 岡本 知剛 1990.06.29 179cm/65kg 広島 2009/01/13 怪我

FW
19 永井 謙佑 1989.03.05 172cm/58kg 福岡大学
20 大山 恭平 1989.05.22 178cm/71kg 福岡
21 白谷 建人 1989.06.10 177cm/72kg セレッソ
22 宮澤 裕樹 1989.06.28 182cm/72kg 札幌 2009/01/06 体調不良
22 大塚 翔平 1990.04.11 179cm/69kg ガンバユース 2009/01/06 追加召集

岡田総監督コメント
この世代は日本サッカー界にとって、継続的に強化していく必要がある。
協会からの依頼を受け我々がこの世代も見ていくことになった。日本代表と日程が重ならない限りは、私が直接みるのだが、今回日程が重なっているため小倉コーチに見てもらうことになった。
世界ではこの世代の選手でも、その国のA代表で試合をしている。日本の選手もこの大会をきっかけに大きく成長してほしい。

[カタール国際親善試合2009]
・出場国
(グループA)  カタール、マレーシア、ベラルーシ、ウズベキスタン
(グループB) 日本、チュニジアシリア、UAE、セルビア
*すべてU-20代表

会場:カタールスポーツクラブ
スケジュール
1/11(日) 16:15 vsチュニジアシリア代表
1/13(火) 16:15 vsUAE代表
1/15(木) 17:30 vsセルビア代表
1/18(日) 16:00 グループB1位vsグループA2位/19:00 グループA1位vsグループB2位
1/20(火) 15:00 3位決定戦/17:30 決勝戦

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エリートプログラムU-13 ジュビロカップ (12/27~12/30)メンバー

恒例のジュビロカップ参戦のエリートにはみなとみらいの鈴木君が選出。

=============================

監督:足達 勇輔
コーチ:木村 康彦
GKコーチ:望月 数馬

GK
吉野 雅大 1995/04/18 170cm/50kg 浦和JY
水洞 翔太 1995/05/25 176cm/60kg 名東クラブ

FP
山路 真司 1995/01/09 171cm/56kg 岩出FCアズール
望月 嶺臣 1995/01/18 162cm/50kg セゾンFC
池松 大騎 1995/03/12 181cm/61kg ナガサキアシストサッカーユニオン
関根 貴大 1995/04/19 155cm/43kg 浦和JY
川森 直威 1995/04/20 165cm/57kg FC四日市
鴨池 陽希 1995/04/22 162cm/49kg FC東京むさし
田村 亮介 1995/05/08 165cm/51kg 奈良YMCA
石川 朝貴 1995/05/12 167cm/53kg JFAアカデミー福島
森永  卓 1995/05/18 150cm/46kg 小倉南FC
石塚 紀貴 1995/05/22 156cm/46kg FC東京むさし
川井 翔太 1995/06/15 163cm/53kg 吹田JFC千里丘
石井  光 1995/07/02 160cm/62kg FCあきた ASPRIDE
小川 直毅 1995/07/03 156cm/41kg ガンバJY
鈴木浩一郎 1995/07/22 167cm/49kg 横浜JY
手塚 朋克 1995/08/20 165cm/52kg 甲府JY
山田 武典 1995/08/29 157cm/46kg 七戸町立七戸中学校
勇   碧 1995/09/15 161cm/50kg 湘南JY
山口  輝 1995/10/31 152cm/46kg 広島JY
秋田  翼 1995/11/04 160cm/47kg 東京ヴェルディJY
松川 宏二 1996/03/05 167cm/55kg 京都

スケジュール:
12月28日(日) 予選Aブロック(つま恋グリーン広場)
 10:00 vs深川
 11:50 vsガンバ
 13:45 vs鹿島
12月29日(月) ※スケジュールは大会初日の結果により、大会本部にて決定
12月30日(火) ※スケジュールは大会2日目の結果により、大会本部にて決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

マリノスカップU-12 2日目

2日目。

■追浜vs横浜トレセン 3-3

1・2位トーナメント進出を早々と決めていた追浜。グループリーグ最終戦は横浜トレセン。競技人数が多いだけに、横浜トレセンぐらいになるとそんじょそこらのチームより遥かに強い。この試合も一進一退の攻防となり、先制は横浜トレセン。後半4分に追浜が同点に追いつきほっとしたのもつかの間、立て続けに2点目、3点目を決められてしまう。横浜トレセンの2点目は角度のないところからの15番君の見事なシュート。追浜が同点に追いつき、ちょっと集中が切れた瞬間をうまくついた。負けられない追浜。後半18分にゴール前、やや距離のあるところでのFKが追浜に与えられる。キッカーは佐藤翔輝君。狙いすましたシュートはゴール右上隅にばっちり決まる。さらにその2分後、またしても佐藤翔輝君が今度はドリブルで猛然と切れ込みシュート。昨日に続き、エースが大きな仕事をし、苦しい展開ながら追浜がドローに持ち込んだ。

Tr_img_9172 Tr_img_9330

____佐藤太陽__新川海里_____

大場靖也___________佐藤諒弥

_____花田佑__佐藤翔輝_____

古賀勇人_小菅豪_マティックス_中村帆高

_______角井栄太郎_______

交代:
 後半07分 古賀勇人→桜井玲二
 後半14分 新川海里→山田長太

得点:
 前半23分 (横浜トレセン)
 後半04分 ??
 後半05分 (横浜トレセン)
 後半06分 (横浜トレセン)
 後半18分 佐藤翔輝
 後半20分 佐藤翔輝

■江南南vsバディー 2-2

埼玉の雄と横浜の雄の対戦。流れはバディーだったが、江南南も少ないチャンスをしたたたかに得点に結びつけ、取りつ取られつのシーソーゲームとなった。

■みなとみらいvs横須賀選抜 5-1

みなとみらいのグループ最終戦はいきなりの失点で幕を開けた。しかし、すぐに佐藤陸君のロングパスに抜け出した大谷君がゴールを決め追いつく。そのすぐ後に、今度は佐藤陸君が素晴らしい個人技から逆転のゴールを決める。メモには”圧倒的個人技で”とあるが、今となってはどんなすごいプレイだったのかは記憶の彼方である(笑) 教訓、観戦記はすぐ書こう(笑) 後半にも3点入れたみなとみらいが、グループリーグ全勝で1位通過を果たした。

Tr_img_9506 Tr_img_9388

____鈴木力___後藤航_____

遠藤和樹___景山亜月___大谷晃平

_______佐藤陸________

白井達也_斉藤海_近藤拓巳_田崎遼太郎

_______佐藤圭介_______

交代:
 後半00分 白井達也→中村響
 後半07分 遠藤和樹、鈴木力→蛭田悠弥、佐藤海徳
 後半13分 後藤航、景山亜月→曽木友樹、山本真輝
 後半17分 田崎遼太郎、斉藤海→山田裕介、藤田和樹

得点:
 前半04分 (横須賀選抜)
 前半09分 大谷晃平
 前半13分 佐藤陸
 後半04分 鈴木力
 後半19分 大谷晃平
 後半21分 中村響

■追浜vs名古屋 1-2

1・2位トーナメント初戦。今大会初のDグラでの試合。日が翳りやや寒さも感じる中での試合。立ち上がり名古屋の勢いが勝り、6分にカウンターからGKの頭上をうまく越すゴールを決められる。失点後は追浜も調子を取り戻し、いいペースで攻撃していたが、名古屋の固い守りを崩せずにいた。1点ビハインドで迎えた後半9分。読者にも、もうすっかりおなじみとなった(笑)困った時の佐藤翔輝君が、相手パスをインターセプトしゴールを決めた。しかし、後半18分名古屋の17番君(かな?メモが読めない:P)がタッチライン際からの素晴らしいシュートを放ち、追浜を突き放す。これは相手を褒めるしかないファインゴール。再びリードを許した追浜。その窮地を救ったのは、おなじみ・・・ という展開には残念ながらならず、追浜は明日の5~8位トーナメントに回ることになった。

Tr_img_9579 Tr_img_9642

____佐藤太陽__大場靖也_____

竿下征也___________佐藤諒弥

____佐藤翔輝___花田佑_____

新川海里_小菅豪_マティックス_中村帆高

_______角井栄太郎_______

交代:
 後半09分 竿下征也、佐藤太陽→桜井玲二、遠藤翼
 後半20分 花田佑、大場靖也→山田長太、松崎伶惟

得点:
 前半06分 (名古屋)
 後半09分 佐藤翔輝
 後半18分 (名古屋)

■みなとみらいvsバディー 2-1

すっかり陽が落ちて、寒さが身に凍みる時間帯に行われた試合。先日見た国チビ準決勝と同じカード。お互いに知り尽くした相手だけに、一進一退の攻防が続く。先手を取ったのはみなとみらい。CKから鈴木君が相手DFとぶつかりつつもヘディングでゴールを奪った。負けじとバディーも、村田君がゴールを決める。フジパンカップでは神奈川トレセンとして、みなとみらいのメンバーとも一緒に戦った仲だが、所属チームに帰れば負けられない。飛び上がって喜ぶ村田君をチームメイトが囲む。しかし、後半22分にCKのこぼれを後藤君が押し込む。残り時間も少なくなったところでみなとみらいが再びリードを奪い、今年3度目(?)の対戦はみなとみらいが勝利した。

Tr_img_9700 Tr_img_9853

____鈴木力___後藤航_____

青木天良___景山亜月___蛭田悠弥

_______佐藤陸________

中村響_斉藤海_近藤拓巳_田崎遼太郎

_______佐藤圭介_______

交代:
 後半00分 青木天良→遠藤和樹
 後半09分 鈴木力→大谷晃平
 後半25分 蛭田悠弥→曽木友樹

得点:
 前半12分 鈴木力
 前半23分 (バディー)
 後半22分 後藤航

■藤沢選抜vsリトルジャンボ 1-0

ますます寒さも厳しくなるなか、せっかくなので本日の最終戦も観戦。前半はよく声の出ていたリトルジャンボペースで進むが得点は奪えず。後半に入ると一転、藤沢選抜のペースになり、終了間際に6番君のゴールが決まる。これが決勝点となり藤沢選抜が接戦をものにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナショトレU-12 関東、中国、関西、四国、九州

ナショトレU-12関東に、みなとみらいの後藤君、斉藤君、田崎君、佐藤陸君、追浜の佐藤翔輝君が選出。 

2008/12/25 九州追加。中島君も活躍しているようで何より。

==================================

■関東
【期間】2008年12月26日(金)13:00~29日(月)11:30 3泊4日
【場所】鹿島ハイツスポーツプラザ

茨城県
01 MF 吉野龍之介 1996/04/02 小6 155cm/46kg 鹿島
02 DF 菊地 隼介 1996/04/21 小6 153cm/42kg 鹿島
03 FW 鈴木 優磨 1996/04/26 小6 150cm/38kg 鹿島
04 DF 三輪 泰平 1996/05/24 小6 147cm/33kg 鹿島
05 MF 方波見涼甫 1996/06/23 小6 149cm/39kg 鹿島
06 GK 宇井 拓巳 1996/06/27 小6 156cm/46kg 鹿島
07 FW 浦上 仁騎 1996/11/11 小6 150cm/40kg 古河SS
群馬県
08 DF 贄田 浩史 1996/04/04 小6 142cm/35kg 図南SC前橋
09 DF 山上 龍征 1996/04/21 小6 162cm/45kg 前橋ジュニア
10 GK 小林ショーン 1996/05/03 小6 160cm/48kg 美土里SC
11 FW 斉藤 雄大 1996/06/06 小6 141cm/35kg 板倉SCジュニア
12 FW 谷  駿耶 1996/07/22 小6 156cm/46kg FC笠懸84
13 FW 大山  徹 1996/08/02 小6 144cm/37kg FC国府
14 MF 岡村 吾朗 1996/09/08 小6 143cm/31kg 図南SC前橋
15 MF 横澤 航平 1997/06/01 小5 136cm/32kg 榛東南FC
埼玉県
16 FW 清川 大輝 1996/04/07 小6 157cm/41kg FC浦和
17 MF 中野 雅臣 1996/04/09 小6 155cm/39kg NEOS FC
18 DF 及川 皓平 1996/04/17 小6 148cm/38kg FC浦和
19 MF 岡野  森 1996/04/22 小6 147cm/37kg FC浦和
20 GK 高須 雄大 1996/05/09 小6 166cm/55kg FC浦和
21 FW 蓮川 雄大 1996/05/12 小6 154cm/42kg レジスタFC
22 DF 吉原  大 1996/05/16 小6 163cm/46kg 川口朝日リボルバーSS
23 MF 小島 良太 1996/06/24 小6 161cm/48kg はくつるFC
24 DF 益子 大輝 1996/07/05 小6 151cm/38kg FC浦和
25 MF 菅原 朋也 1996/07/10 小6 159cm/46kg 大宮
26 MF 小野 雅史 1996/08/09 小6 142cm/32kg 大宮
27 MF 清水 玲央 1996/08/17 小6 138cm/30kg 大宮
28 FW 小島 幹敏 1996/09/17 小6 145cm/34kg 大宮
29 FW 渡辺  剛 1997/02/05 小6 145cm/31kg 大袋FC
山梨県
30 MF 樋口 優輝 1996/06/08 小6 150cm/35kg Uスポーツクラブ
31 MF 田所  海 1996/06/30 小6 141cm/33kg Uスポーツクラブ
32 MF 小林 岩魚 1996/10/17 小6 153cm/38kg Uスポーツクラブ
33 MF 遠山 拓民 1996/11/09 小6 151cm/45kg ヴォルケーノ富士吉田ジュニアSC
34 FW 伊藤 大祐 1996/11/27 小6 148cm/33kg フォルトゥナSC
神奈川県
35 FW 後藤  航 1996/04/12 小6 156cm/42kg 横浜
36 DF 斉藤  海 1996/04/26 小6 161cm/49kg 横浜

37 DF 深谷 拓巨 1996/04/26 小6 164cm/51kg 藤の木SC
38 MF 田崎遼太郎 1996/04/29 小6 157cm/46kg 横浜
39 FW 岡田 優希 1996/05/13 小6 163cm/51kg 川崎
40 FW 佐藤 翔輝 1996/06/01 小6 158cm/45kg 追浜
41 DF 小田島 怜 1996/06/10 小6 167cm/47kg バディーSC
42 DF 佐藤  陸 1996/06/11 小6 165cm/53kg 横浜
43 MF 田中 郁也 1996/06/26 小6 158cm/44kg 湘南ルベント
44 GK 深谷 星太 1996/06/28 小6 157cm/43kg 川崎
45 FW/MF 牧 寛史 1996/06/30 小6 149cm/40kg 川崎
46 MF 中村 恒貴 1996/07/02 小6 142cm/39kg 川崎
47 FW 樋口 弘毅 1996/08/17 小6 156cm/47kg FC PERSIMON
48 FW 村田 直哉 1996/09/17 小6 160cm/50kg バディーSC
49 GK 田口 潤人 1996/09/28 小6 165cm/50kg ジュニオールSC
50 FW 松木駿之介 1996/10/24 小6 144cm/43kg あざみ野FC
51 DF 板倉  滉 1997/01/27 小6 154cm/43kg 川崎
52 MF 三好 康児 1997/03/26 小6 144cm/40kg 川崎
千葉県
53 MF 岡本 海里 1996/05/13 小6 138cm/32kg JSC CHIBA
54 FW 大島 康樹 1996/05/30 小6 153cm/44kg 柏
55 DF 鈴木 哲平 1996/06/12 小6 152cm/38kg 柏イーグルスTOR'82
56 FW 武内 大輝 1996/06/14 小6 158cm/56kg イーグルス
57 FW 会津 雄生 1996/08/01 小6 153cm/44kg 柏
58 MF 橋本 真吾 1996/08/06 小6 144cm/33kg 柏
59 MF 山本 健司 1996/08/07 小6 150cm/35kg 柏
60 FW 小山 亮樹 1996/09/26 小6 144cm/33kg 柏イーグルスTOR'82
61 MF 高橋 一輝 1996/10/21 小6 150cm/35kg 柏イーグルスTOR'82
62 MF 辻川  翔 1996/11/19 小6 147cm/40kg 柏
63 GK 木村  真 1997/03/06 小6 152cm/42kg 柏
東京都
64 MF 柳園 良太 1996/04/12 小6 148cm/37kg 富士見小
65 DF 三竿 健斗 1996/04/16 小6 157cm/44kg 東京ヴェルディ
66 MF 谷口 友星 1996/05/06 小6 150cm/38kg 東京ヴェルディ
67 DF 関野 太聖 1996/05/11 小6 158cm/37kg 三菱養和巣鴨
68 FW 山岸  瑠 1996/05/13 小6 157cm/44kg バディSC江東
69 DF 倉本 秀人 1996/07/10 小6 167cm/55kg JACPA東京FC
70 GK 山下 貴矢 1996/07/28 小6 167cm/54kg 東京ヴェルディ
71 MF 佐々木 渉 1996/07/28 小6 160cm/42kg 富士見丘少年蹴球団
72 MF 吉澤 泰成 1996/07/30 小6 151cm/38kg レイソルSS青梅
73 FW 青戸  翔 1996/08/09 小6 154cm/38kg 東京ヴェルディ
74 MF 高橋 将太 1996/09/18 小6 147cm/33kg 東京ヴェルディ
栃木県
75 MF 手塚 康平 1996/04/06 小6 141cm/34kg ともぞうSC
76 MF 関戸 裕希 1996/07/25 小6 141cm/34kg エスペランサMOKA
77 MF 小倉 健汰 1996/09/13 小6 139cm/20kg 三重・山前FC
78 GK 遠藤 風貴 1996/12/16 小6 157cm/48kg 御厨FC
79 MF 鈴木 徳真 1997/03/12 小6 141cm/32kg 大谷東FC
80 FW 法師人将大 1997/03/19 小6 136cm/34kg 田野FC

■関西
【期間】2008年12月25日(木)13:15~28日(土)13:30 3泊4日
【場所】ビッグレイク(野洲川歴史公園サッカー場)

滋賀県
01 FW 岩井  健 1996/08/11 小6 160cm/48kg 信楽SSS
02 MF 奥川 雅也 1996/04/14 小6 151cm/37kg 綾野SSS
03 MF 小出 知広 1996/05/14 小6 150cm/38kg FC SETA 2002 SHIGA
04 MF 田口 翔大 1996/10/22 小6 141cm/34kg アイナック滋賀セントラル
05 FW 田中 孝明 1996/12/07 小6 150cm/37kg カスティージョ水口
06 FW 植道たすく 1996/04/12 小6 145cm/35kg FC SETA 2002 SHIGA
07 FW 田中 雄貴 1996/04/05 小6 172cm/54kg 青山ジュニアFC
08 MF 林  大樹 1996/04/26 小6 157cm/43kg アイナック滋賀セントラル
09 MF 福島 立也 1996/09/05 小6 142cm/34kg RESTA FC
10 MF 満田  仁 1997/01/30 小6 150cm/41kg 伴谷SSサッカー部
11 GK 若原 大志 1997/03/30 小6 164cm/43kg 矢倉FC
京都府
12 MF 池内  慶 1996/08/18 小6 143cm/35kg 福知山FC
13 DF 石岡 巧丞 1996/04/22 小6 145cm/38kg 山田荘SC
14 MF 石川 恒佑 1996/08/02 小6 140cm/30kg 菟道SSS
15 MF 大村英梨也 1996/04/22 小6 140cm/31kg 久御山少年サッカーバイソンズクラブ
16 FW 木嶋 公亮 1996/06/27 小6 140cm/33kg 比叡少年蹴球団
17 DF 木村 公紀 1996/05/30 小6 162cm/44kg 太秦SS
18 DF 倉本頌太郎 1996/04/28 小6 145cm/34kg 京都紫光SC
19 GK 迫  琢磨 1996/04/24 小6 156cm/44kg FCsolceu
20 FW 柴田 祐輔 1996/05/08 小6 155cm/43kg FCsolceu
21 DF 関 栄次郎 1996/12/25 小6 140cm/32kg 比叡少年蹴球団
22 MF 千葉 涼介 1996/05/16 小6 150cm/37kg 菟道SSS
23 MF 平阪 泰佑 1996/07/18 小6 146cm/36kg 西野SSS
24 DF 平山 悠大 1996/04/23 小6 165cm/54kg FC小倉SS
25 FW 細野  仁 1996/04/05 小6 161cm/50kg 宇治巨椋ボンバーズSC
26 MF 松村  陸 1996/10/05 小6 134cm/26kg 伊勢田SC(フェニックス)
27 DF 吉井  悟 1996/06/19 小6 155cm/40kg 西野SSS
大阪府
28 FW 浅田 智希 1996/09/28 小6 149cm/39kg ヴィトーリア松原FC
29 MF 阿部 勇輝 1996/09/20 小6 151cm/43kg エスペランサFC
30 MF 牛岡 佑輔 1996/05/21 小6 148cm/37kg 長坂FC
31 FW 江本  遼 1996/05/22 小6 137cm/30kg 柏田SC
32 MF 岡﨑  諒 1996/05/29 小6 144cm/35kg セレッソ大阪
33 FW 桶谷 拓人 1996/06/09 小6 153cm/38kg トロッポFC
34 MF 渋田 哲弥 1996/06/26 小6 148cm/40kg アイリスFC住吉
35 MF 園部 凌平 1996/08/16 小6 150cm/40kg 盾津東FC
36 MF 辰己 輝弥 1996/08/17 小6 144cm/34kg アイリスFC住吉
37 MF 田辺 耀士 1996/05/13 小6 157cm/41kg トロッポFC
38 MF 仲井 康大 1996/05/08 小6 158cm/42kg ゼッセル熊取FC
39 MF 西本 雅崇 1996/06/11 小6 147cm/32kg セレッソ大阪
40 GK 林  瑞輝 1996/09/04 小6 155cm/45kg 大和田SSC
41 MF 平尾  壮 1996/07/01 小6 148cm/40kg 富田林常盤FC
42 MF 保坂 尚哉 1996/04/17 小6 154cm/39kg 東大阪ジュニアFC
43 FW 真口 幸太 1996/04/04 小6 138cm/32kg 西大冠FC
44 MF 嫁阪 翔太 1996/10/19 小6 147cm/36kg RIP ACE SC
兵庫県
45 DF 石井 佑樹 1996/07/04 小6 148cm/41kg 神戸FCボーイズ
46 GK 石原 亮太 1996/05/24 小6 156cm/46kg 神戸FCボーイズ
47 FW 黒石 貴哉 1997/02/24 小6 145cm/35kg 神戸
48 MF 菅原 健吾 1996/06/05 小6 129cm/25kg 滝野少年SC
49 FW 孫  勝基 1996/05/21 小6 142cm/31kg 神戸コリアコマーズ
50 MF 髙橋  醇 1996/04/09 小6 153cm/41kg 神戸
51 MF 高森 大夢 1996/05/15 小6 142cm/31kg 兵庫FC
52 FW 竹中 瑚南 1996/08/29 小6 143cm/32kg 洲本FC
53 MF 中井 英人 1996/05/09 小6 146cm/40kg 霞ケ丘学園SC
54 FW 中村 風雅 1996/04/22 小6 157cm/44kg 南甲子園サッカー部
55 MF 中村 菜月 1996/07/12 小6 145cm/35kg 神戸
56 MF 西森 大地 1996/11/25 小6 137cm/34kg SCあかしあイレブン
57 MF 野口 裕登 1996/05/27 小6 143cm/33kg 日生中央SC
58 MF 原田  亘 1996/07/22 小6 145cm/37kg 霞ケ丘学園SC
59 FW 藤本 裕豪 1996/09/16 小6 150cm/39kg 若草少年SC
60 DF 南島 彰人 1996/07/11 小6 150cm/36kg 仁川FC
61 MF 山口 真司 1996/04/26 小6 142cm/31kg 兵庫FC
62 GK 吉川 健太 1996/06/25 小6 149cm/44kg SCあかしあイレブン
奈良県
63 GK 大谷 啓悟 1996/08/25 小6 167cm/49kg 桜ケ丘FC
64 MF 大西 勇輝 1996/07/30 小6 154cm/39kg ディアブロッサ高田FC
65 FW 久保吏久斗 1997/01/23 小6 143cm/30kg ディアブロッサ高田FC
66 DF 佐藤 拳希 1996/05/15 小6 155cm/42kg マスガFC
67 DF 田中 秀行 1997/02/04 小6 142cm/34kg 平群F.C.
68 DF 谷  優作 1996/06/11 小6 150cm/36kg 斑鳩FCドリームチップス
69 FW 寺口 洋平 1996/07/18 小6 142cm/32kg 桜FC
70 FW 長谷川 壮 1996/11/18 小6 145cm/35kg ディアブロッサ高田FC
71 MF 松室 直希 1996/07/25 小6 158cm/44kg ディアブロッサ高田FC
72 FW 山田 泰暉 1996/04/22 小6 138cm/32kg 奈良YMCASC
73 FW 吉田 恵人 1996/04/22 小6 144cm/37kg 平群F.C.
和歌山県
74 DF 石垣 智哉 1996/06/22 小6 144cm/31kg 岩出市SSS
75 FW 浦地 大騎 1996/09/25 小6 138cm/30kg 貴志少年SC
76 FW 加佐 怜人 1996/08/29 小6 155cm/38kg 貴志川SSS
77 GK 瀬見 礼矢 1996/04/22 小6 170cm/50kg サザンクロスF・C
78 FW 田中エリキ優一 1996/12/14 小6 145cm/34kg 四箇郷少年SC
79 MF 野口 裕斗 1996/08/22 小6 147cm/39kg H.L.Pデポルターレ

■中国
【期間】2008年12月25日(木)13:00~28日(土)13:00 3泊4日
【場所】広島広域公園ビックアーチ

島根県
01 FP 田中 悠人 1996/07/15 小6 160cm/46kg 石見エスプリFC
02 FP 坂井  秀 1996/04/25 小6 163cm/52kg 浜田FCジュニア
03 FP 影山 真大 1996/06/03 小6 157cm/40kg 大社少年SC
04 FP 園山 靖也 1996/04/03 小6 169cm/59kg おろちFC
05 FP 戸田 善基 1996/04/13 小6 152cm/40kg 松江南ユナイテッドFC
06 FP 金山 宜史 1996/07/30 小6 147cm/35kg 石見エスプリFC
07 FP 荒木 翔馬 1996/04/02 小6 154cm/40kg 四絡SC
08 FP 福井 貴啓 1996/09/05 小6 158cm/42kg 八束SSS
岡山県
09 FP 加賀 大夢 1996/04/14 小6 153cm/46kg コムレッドSS
10 FP 忰部 寛明 1996/04/13 小6 153cm/42kg 総社FC
11 FP 神崎 勇人 1996/08/21 小6 145cm/35kg 西大寺南SSS
12 FP 明石 利憲 1996/06/24 小6 160cm/50kg コムレッドSS
13 GK 長谷川 賢 1996/10/24 小6 157cm/45kg オオタFC
14 FP 藤原 宏行 1996/10/27 小6 145cm/33kg アヴァンサールFC
15 FP 小野田将人 1996/05/04 小6 150cm/35kg 吉備FC
鳥取県
16 FP 定本 佳樹 1996/06/04 小6 155cm/42kg FCアミーゴ
17 FP 木谷  将 1996/04/07 小6 152cm/45kg 就将SC
18 GK 宇山 卓見 1996/04/19 小6 162cm/43kg 加茂SSS
19 FP 松本 浩輝 1996/04/08 小6 146cm/36kg FCアミーゴ
兵庫県
20 FP 岡田 浩平 1996/12/31 小6 153cm/46kg 室津SSS
21 FP 上田 海人 1996/04/09 小6 155cm/41kg 東岐波FC
22 FP 末永  巧 1996/08/06 小6 142cm/34kg 小郡SSS
23 FP 横山 祐樹 1996/04/30 小6 156cm/45kg レオーネ山口
24 FP 高橋 拓己 1996/05/13 小6 145cm/34kg 灘SSS
25 FP 岩井 清悟 1996/06/22 小6 150cm/35kg レオーネ山口
26 FP 吉村 悠佑 1996/06/03 小6 148cm/35kg ミレニオAC
27 FP 岡村 宙樹 1996/04/18 小6 142cm/33kg SSS FC
28 GK 蔵重  智 1996/10/27 小6 150cm/40kg ミレニオAC
奈良県
29 GK 竹内 雄飛 1996/09/01 小6 161cm/48kg INK FC
30 FP 福田 健太 1996/07/02 小6 167cm/47kg 広島高陽FC
31 FP 入江 泰生 1996/06/02 小6 137cm/30kg シーガル広島
32 FP 柄脇 雅伸 1996/07/23 小6 162cm/45kg 中山SC
33 FP 坂井  淳 1996/11/30 小6 160cm/40kg シーガル広島
34 FP 横路 翔太 1996/09/02 小6 150cm/37kg 佐東FC
35 FP 森重  麗 1996/11/21 小6 162cm/51kg 広島古田F・C
36 FP 八尾 侑亮 1996/04/16 小6 161cm/47kg 広島ジュニアFC
37 FP 山田 和仁 1996/07/27 小6 141cm/34kg 広島
38 FP 濱中 優作 1996/05/23 小6 152cm/42kg 広島
39 FP 山本 真聖 1996/09/16 小6 160cm/37kg シーガル広島
40 FP 藤原 大輔 1996/08/30 小6 152cm/41kg 下黒瀬FC
41 FP 宮原 和也 1996/03/22 中1 155cm/41kg 広島JY

■四国

【期間】2008年12月20日(土)13:45~23日(火)12:00 3泊4日
【場所】鳴門大塚スポーツパーク

高知県
01 GK 小松 健太 1996/05/29 小6 158cm/41kg 佐賀少年SC
02 MF 下元 陽彩 1996/05/08 小6 134cm/30kg 高知南FC
03 MF 小松 知詩 1996/05/16 小6 157cm/47kg 一ツ橋少年SC
04 MF 戸田 悠斗 1996/05/27 小6 145cm/37kg 旭JFC
05 MF 上岡  蓮 1996/05/12 小6 145cm/39kg 高知南FC
06 FW 田中 正也 1996/06/07 小6 154cm/43kg 野市SSS
07 MF 松本 勇人 1996/07/06 小6 157cm/47kg 十津三里FCSS
08 FW 福永 拓人 1996/05/13 小6 148cm/37kg 昭和クラブ
09 DF 西村 侑馬 1996/06/12 小6 155cm/45kg 高知南FC
10 MF 濵田 涼介 1996/06/11 小6 142cm/31kg NPO法人FC高知横内
香川県
11 GK 井下  颯 1996/04/24 小6 170cm/61kg 大川ジュニアFC
12 FP 古沢 侑也 1996/04/13 小6 149cm/39kg M.FC高松Jr.
13 FP 多田 倫浩 1996/05/21 小6 150cm/37kg M.FC高松Jr.
14 FP 竹内 勇紀 1996/05/01 小6 160cm/57kg 紫雲ジュニアFC
15 FP 樽谷 勇哉 1996/07/02 小6 156cm/42kg シーガルFC.jr
16 FP 福島 崇斗 1996/05/13 小6 140cm/31kg 飯山FC
17 FP 福井 春陽 1996/04/08 小6 161cm/40kg 丸亀城南SSS
18 FP 長岡 嵩大 1996/11/25 小6 154cm/38kg 丸亀城南SSS
19 FP 村川 翔太 1996/10/24 小6 147cm/40kg 古高松FC
20 FP 久保 敦也 1996/04/12 小6 152cm/36kg 柞田SSS
徳島県
21 GK 下村 冬威 1996/12/20 小6 154cm/52kg 川内南SS
22 FP 木村  涼 1996/04/19 小6 145cm/35kg 川内南SS
23 FP 重本 大弥 1996/06/11 小6 154cm/43kg 川内南SS
24 FP 辻  拓也 1996/05/18 小6 156cm/43kg 徳島
25 FP 森 久吏純 1996/08/28 小6 150cm/35kg 徳島FCリベリモ
26 FP 大西 優輝 1996/04/07 小6 156cm/48kg 井川SS
27 FP 大西 致誠 1996/06/28 小6 156cm/38kg 井川SS
28 FP 山田 篤弥 1997/03/15 小6 141cm/33kg 板野FC
29 FP 牛田 敦也 1996/08/01 小6 157cm/47kg 桑島FC
30 FP 板野 能己 1997/02/16 小6 145cm/39kg ナセールFC
愛媛県
31 GK 佐々木俊哉 1997/01/04 小6 150cm/40kg 帝人SS
32 DF 伊藤 大智 1996/04/20 小6 163cm/46kg 小野FC
33 MF 白石 直人 1996/07/20 小6 146cm/33kg 三津浜少年SC
34 FW 洲之内辰行 1996/05/04 小6 168cm/58kg 久枝FCjr
35 MF 河野  航 1996/05/16 小6 156cm/42kg オブリガード保内FC
36 MF 清川 流石 1996/07/20 小6 148cm/37kg 帝人SS
37 DF 山本 亮太 1996/05/26 小6 158cm/41kg キッズFC
38 FW 村井 駿斗 1996/04/18 小6 149cm/38kg キッズFC
39 FW 池田  剛 1996/05/03 小6 152cm/38kg 帝人SS
40 MF 川崎 誠人 1996/05/13 小6 163cm/49kg 土居SCジュニア

■九州

【期間】2008年12月26日(金)10:00~29日(月)11:00 3泊4日
【場所】大津町運動公園

長崎県
01 MF 森住龍之介 1996/05/20 小6 145cm/41kg 黒髪FCジュニア
02 MF 荒木 大成 1996/07/23 小6 142cm/38kg 三会SSS
03 MF 坂井 大将 1997/01/18 小6 145cm/39kg JFCレインボー長崎
04 MF 井手橋健太 1996/08/09 小6 140cm/37kg いむらSC
05 FW 森永 周三 1996/07/25 小6 147cm/39kg あぐり西町FC
06 MF 林  魁仁 1996/03/04 中1 158cm/41kg 長崎レインボーSC
07 MF 藤原 裕大 1996/04/24 小6 160cm/45kg 長崎ドリームFCジュニア
佐賀県
08 GK 末次 敦貴 1996/12/29 小6 148cm/35kg 鳥栖
09 FW 坂元 大希 1996/04/15 小6 160cm/48kg 鳥栖
10 MF 中山 雄太 1996/10/30 小6 142cm/34kg 鳥栖
11 MF 嘉村 拓真 1996/07/21 小6 140cm/30kg 川副少年SC
12 MF 大石  翼 1997/01/04 小6 133cm/30kg 唐津FC
13 FW 今村 祐亮 1996/07/21 小6 151cm/36kg 鳥栖
14 MF 友廣 将大 1996/11/04 小6 140cm/30kg 唐津FC
沖縄県
15 GK 吉田 勇気 1996/04/17 小6 174cm/53kg 宜野湾市JFC
16 GK 比嘉 啓柴 1996/06/15 小6 164cm/54kg 赤道クラブ
17 FW 前浜 和道 1996/11/23 小6 153cm/40kg 兼原FC
18 MF 當山 隆馬 1996/06/04 小6 145cm/38kg 浜川SC
19 DF 屋冨祖樹里 1996/10/04 小6 149cm/43kg 安謝SC
20 DF 仲宗根 天 1996/11/06 小6 136cm/30kg 西原東FC
21 MF 永山 剛毅 1996/09/13 小6 142cm/31kg 浦城SC
22 MF 徳里  玲 1996/04/07 小6 148cm/35kg 美原クラブ
23 FW 東浜  迅 1996/06/11 小6 156cm/50kg 勝連FC
24 FW 知念 皇大 1996/06/15 小6 136cm/34kg FC北玉
25 FW 棚原 大貴 1996/04/30 小6 139cm/35kg 宜野湾市JFC
26 FW 儀保 幸英 1996/04/02 小6 161cm/42kg 渡慶次FC
27 DF 新城  舞 1996/05/16 小6 149cm/40kg FCなんぶ
熊本県
28 MF 森川 和命 1996/06/15 小6 153cm/40kg FC BIGWAVE
29 MF 野口 大輔 1996/05/09 小6 146cm/37kg FC BIGWAVE
30 MF 西村 恭平 1996/08/08 小6 145cm/33kg FC BIGWAVE
31 MF 森田愼之介 1996/05/19 小6 152cm/42kg ソレッソ熊本ヴィットーリア
32 MF 木村 蒼太 1996/04/20 小6 140cm/31kg ソレッソ熊本ヴィットーリア
33 FW 小田 健伸 1996/04/24 小6 147cm/33kg ソレッソ熊本ヴィットーリア
34 FW 鐘尾 駿介 1996/10/21 小6 145cm/37kg Veb sports バレイアSC
35 MF 中原  輝 1996/07/08 小6 145cm/35kg 山鹿FCジュニア
36 GK 矢野 大樹 1996/07/23 小6 160cm/51kg 太陽SC熊本玉名
37 GK 井野 太貴 1996/08/26 小6 150cm/39kg ブレイズ熊本
福岡県
38 GK 川島 大輝 1996/04/16 小6 160cm/41kg FCジークふくおか
39 FW 本田  響 1997/02/25 小6 134cm/30kg 横手少年SC
40 FW 信末 悠汰 1996/04/05 小6 145cm/38kg 苅田SSS
41 MF 坂井 翔太 1996/07/19 小6 143cm/33kg BUDDY FC
42 FW 井手口陽介 1996/08/23 小6 155cm/43kg 油山カメリアーズ
43 MF 中島 賢星 1996/09/23 小6 161cm/43kg BUDDY FC
44 MF 平山  諒 1996/10/15 小6 135cm/28kg 今宿SC
45 MF 田邊 泰周 1996/12/13 小6 139cm/30kg FC J-WIN
46 MF 近藤 大貴 1996/08/10 小6 152cm/41kg BUDDY FC
47 FW 明石 純治 1996/08/26 小6 158cm/40kg 湯川フットボールアカデミー
48 FW 庄野  海 1996/05/04 小6 150cm/38kg 苅田SSS
49 FW 池田  蓮 1997/03/01 小6 139cm/29kg 川崎FC
50 FW 山下 快生 1996/04/21 小6 160cm/53kg 福岡ドリームス
51 FW 藤井 尚生 1996/10/28 小6 151cm/42kg 周防灘FC
52 MF 杉田 妃和 1997/01/31 小6 142cm/33kg 二島藤木FC
大分県
53 GK 園田 恭己 1996/07/30 小6 160cm/50kg ブルーウィングFC
54 FW 戸高 裕登 1996/04/07 小6 169cm/52kg 南大分サッカー少年団
55 FW 阿部 良季 1996/10/05 小6 158cm/46kg カティオーラFC
56 MF 岩武 克弥 1996/06/04 小6 153cm/40kg カティオーラFC
57 MF 山口 敬太 1996/06/20 小6 152cm/43kg ブルーウィングFC
58 MF 本田 兼也 1996/07/16 小6 136cm/31kg カティオーラFC
59 MF 宇野 能功 1996/05/16 小6 143cm/33kg 明野北FC
60 FW 高田 和弥 1996/05/07 小6 147cm/40kg スマイス・セレソン
61 MF 城野 真輝 1996/06/09 小6 158cm/40kg 大分
62 MF 阿武 直志 1996/08/07 小6 136cm/30kg 吉野FC
63 MF 吉弘 周平 1996/05/05 小6 160cm/43kg 敷戸SSS
64 DF 佐藤 昂洋 1996/04/14 小6 159cm/43kg 大分
65 MF 八坂 芽依 1996/12/05 小6 142cm/30kg 野口FC
鹿児島県
66 MF 東郷 大志郎 1996/04/21 小6 148cm/37kg 川上SSS
67 FW 岩元颯オリビエ 1996/04/03 小6 160cm/43kg 川上SSS
68 FW 荒木 康太 1997/02/18 小6 141cm/33kg 加治木SSS
69 FW 町田 優雅 1996/11/05 小6 155cm/42kg FC志布志
70 MF 吉永 有佑 1996/07/23 小6 140cm/33kg 太陽SC鹿屋
71 MF 有馬 健人 1996/04/15 小6 150cm/34kg 太陽SC鹿屋
72 MF 徳田 勇人 1996/06/11 小6 156cm/46kg 日置JSC
73 GK 山下 啓介 1996/06/03 小6 152cm/43kg 太陽SC
74 MF 山口みなみ 1996/07/12 小6 160cm/51kg 川上SSS
宮崎県
75 FW 木島 尚輝 1996/06/23 小6 163cm/48kg 上長飯SSS
76 FW 北村 知也 1996/09/15 小6 142cm/35kg 綾錦原SSS
77 FW 吉牟田滉將 1996/07/07 小6 155cm/41kg 木之川内SSS
78 FW 都甲 尚寛 1996/12/18 小6 151cm/40kg 恒富SSS
79 FW 大盛 一生 1996/05/25 小6 144cm/35kg 宮崎SSS
80 MF 斉藤 健太 1996/10/06 小6 145cm/38kg 宮崎南SSS
81 FW 村田 航一 1996/09/06 小6 155cm/47kg アリーバFC
82 FW 河野 翔太 1996/04/04 小6 148cm/35kg 福島SSS
83 DF 藤堂 貴久 1996/08/04 小6 136cm/32kg 小戸SSS
84 MF 宮之原 透 1996/07/04 小6 145cm/40kg アベンソアール都城西FC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

マリノスカップU-12 1日目

恒例のマリノスカップがスタート。今年はあまりプライマリーを見ることが出来なかったので、ここぞとばかりに集中観戦。

■みなとみらいvs柏 3-2

みなとみらいの初戦はいきなりタフな相手との対戦だったが、相手バックパスを奪った鈴木君が先制点をあげる。これはいけるか?と思いきや、前半14分、16分に個人技から立て続けにゴールを許して、あっという間に逆転される。がくっ。しかし、前半21分にCKから佐藤陸君がヘディングシュートを決め追いつく。同点のまま迎えた後半。緊張感のある攻防が続く。後半22分、田崎君の遠めからのFKがこぼれたところを佐藤陸君がつめ、みなとみらいが再びリードする。結局このゴールが決勝点となり、みなとみらいが幸先のいいスタートを切った。

Tr_img_8468 Tr_img_8647

____後藤航___鈴木力_____

青木天良___景山亜月___蛭田悠弥

_______佐藤陸________

中村響_斉藤海_近藤拓巳_田崎遼太郎

_______佐藤圭介_______

交代:
 後半00分 鈴木力→大谷晃平
 後半10分 景山亜月→遠藤和樹

得点:
 前半07分 鈴木力
 前半14分 (柏)
 前半16分 (柏)
 前半21分 佐藤陸
 後半22分 佐藤陸

■川崎vsバディー 4-0

夏の県覇者川崎と、決勝でその川崎に悔しいPK負けを喫したバディーとの一戦。リベンジに燃えるバディーが、序盤からチャンスを作るがゴールは奪えず。逆に川崎は押されつつも少ないチャンスを確実にものにし、終わってみれば4-0の大差がついた試合となった。

■追浜vs鹿島 4-1

追浜の初戦は全少ベスト8の鹿島。みなとみらいに続き、これまたタフな一戦ながら、立ち上がり3分に佐藤太陽君のドルブルからのクロスに竿下君がきれいにあわせ、追浜が先制する。前半12分にもCKから新川君が得点し、前半を2-0で折り返す。後半光ったのはもう一人の佐藤。佐藤翔輝君。フジパンカップで優秀選手に選ばれたのも納得のうまさと強さで鹿島から2ゴールを奪った。終了直前に1失点するも、堂々鹿島を破り追浜も白星スタートを切った。全少の県予選ではブロック予選で敗れるというまさかの結果だったが、その悔しさをバネにしてチームも成長したのではなかろうか。

Tr_img_8750 Tr_img_8763

____竿下征也__佐藤太陽_____

大場靖也___________新川海里

____佐藤翔輝__花田佑______

古賀勇人_小菅豪_マティックス_中村帆高

_______角井栄太郎_______

交代:
 前半14分 竿下征也→佐藤諒弥
 後半17分 大場靖也→遠藤翼
 後半22分 佐藤太陽→桜井玲二

得点:
 前半03分 竿下征也
 前半12分 新川海里
 後半04分 佐藤翔輝
 後半16分 佐藤翔輝
 後半25分 (鹿島)

■名古屋vsヴェルディ 1-2

続いて、全少準優勝の名古屋とベスト8のヴェルディの一戦。本当に小学6年生かと思うような大きな選手揃いの両チーム。前半はPKでヴェルディが先制。後半に入り、再びヴェルディが追加点をあげる。名古屋も一矢報いるゴールをあげたものの、2-1でヴェルディが勝利した。

■みなとみらいvsリトルジャンボ 4-0

みなとみらいの第2戦の相手は同じ神奈川のリトルジャンボ。このチーム名を聞くたびにいつも「ドカベン」の里中智を思い出す(笑) 序盤からみなとみらいペースで進むが、リトルジャンボのGK君が好セーブ連発で、みなとみらいはかなりシュートを阻まれた。それでも、田崎君のクロスを後藤君がどんぴしゃで合わせ前半12分に先制。その2分後にもDF裏へのボールにうまく抜け出した大谷君がナイスゴールをあげる。後半に入り、みなとみらいは大量にメンバーを入れ替える。5年生が多い布陣だったが、遠藤君の2アシストから後藤君が2ゴールをあげ、4-0で快勝。この試合、後藤君はハットトリック。

Tr_img_8917 Tr_img_8963

____鈴木力___後藤航_____

遠藤和樹___大谷晃平__田崎遼太郎

_______佐藤陸________

藤田和樹_斉藤海_近藤拓巳_山田裕介

_______佐藤圭介_______

交代:
 後半00分 大谷晃平、斉藤海、鈴木力、山田裕介→景山亜月、中村響、蛭田悠弥、酒井健
 後半13分 後藤航→曽木友樹

得点:
 前半12分 後藤航
 前半14分 大谷晃平
 後半01分 後藤航
 後半08分 後藤航

■バディーvs藤沢選抜 6-1

バディーの強力な個が思う存分力を発揮した試合。村田君のハットトリックなどを含む大量6ゴールを奪い、藤沢選抜を下した。藤沢選抜も前半終了間際にPKで一矢報いた。

■追浜vs図南 2-1

本日最後の試合は群馬の図南との一戦。前半新川君のゴールで先制した追浜だったが、後半9分にシュートのクリアを拾われ失点。実力伯仲の試合にケリをつけたのはエース佐藤翔輝君。積極的な上がりが魅力の中村君の折り返しを、ゴール前でうまくトラップしシュート。エースがエースらしい仕事をし、追浜が2連勝で早々と1・2位トーナメント出場を決めた。

Tr_img_9030 Tr_img_9115

____佐藤諒弥__竿下征也_____

大場靖也___________新川海里

____佐藤翔輝__花田佑______

佐藤太陽_小菅豪_マティックス_中村帆高

_______角井栄太郎_______

交代:
 後半00分 竿下征也、小菅豪→古賀勇人、秋山翔太
 後半11分 新川海里→遠藤翼
 後半22分 大場靖也→桜井玲二

得点:
 前半16分 新川海里
 後半09分 (図南)
 後半22分 佐藤翔輝

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

木村は木村でも ~TRM 追浜U-15vsみなとみらいU-15

練習試合の後は、本日のメインイベントのU-15ダービー。

ガチの1本目は双方一歩も譲らずスコアレスドロー。

2本目。みなとみらいは右サイドにボールキープにたけた山田君、俊足が魅力の望月君を投入しサイドの攻撃力強化を図る。一方、追浜は木村監督のヒラメキ?采配(笑)による、なかなか斬新な布陣。8分、金子君のシュートが炸裂し、みなとみらいが先制。これまで何度も窮地を救った得意のミドルだ。みなとみらいが金子君のミドルなら、追浜はこの人。みなとみらいの得点の2分後、水島君がゴール前のこぼれ球に反応し、たちまち同点に追いつく。こぼれの水島、面目躍如(笑) 両チームとも得意の得点パターンでゴールを決めた。

3本目、木村監督はさらにひらめく。追浜の布陣はどっちが前だかわからない(笑) みなとみらいのDF陣も、普段目の前に現れないはずの選手が身近にいて戸惑ったのか、左サイドから素晴らしいドリブル突破を図った谷澤君にゴールを許す。木村監督采配ずばり?(笑) 最後の試合で負けられないみなとみらいも、20分に山田君がドリブル突破からシュートを放つ。しかし、惜しくもポストに阻まれゴールにはならず。突き放したい追浜。木村監督は残り数分というところで谷澤君を下げて森谷君をフィールドに起用し、さらなる攪乱作戦に出る(笑) その甲斐あってか、試合はそのまま終了。

最後のダービー2008は3本トータルで追浜2-1みなとみらい。しかし、アウェイ2倍ゴールが適用されるので2-2のスコアレスドロー。丸く収まった(笑)

試合の後は恒例の写真撮影&ダンマクサイン会。おっぱまーずの個性的なサインにダンマク管理人としては冷や汗(笑) スペースがっ!!

Tr_img_8398 Tr_img_8392_2
Tr_img_8285 Tr_img_8456

<追浜:1本目>

__________三荷淳也(9)___________

谷澤隼人(12)____小村研人(7)______齋藤彰太(8)

_______梅津駿(2)__アンドリュー(6)______

門井敬太(3)_宮本和輝(17)_金泰慎(4)__向吉勝吾(18)

__________森谷祐治(16)__________

<追浜:2本目>

__________水島圭喬(15)___________

齋藤彰太(8)____アンドリュー(6)_____向吉勝吾(18)

__________羽中田侑輝(13)_________

宮本和輝(17)_谷澤隼人(12)_門井敬太(3)_松澤靖浩(14)

___________井出祥真(1)__________

<追浜:3本目>

_____宮本和輝(17)___羽中田侑輝(13)____

谷澤隼人(12)_____________水島圭喬(15)

_____三荷淳也(9)__アンドリュー(6)______

松澤靖浩(14)_金泰慎(4)_小村研人(7)_門井敬太(3)

_________森谷祐治(16)__________

<みなとみらい:1本目>

______佐野弘樹(7)___右高静真(14)______

鈴木雄斗(19)________________飯田涼(2)

_______金子雄祐(6)__池田奨(3)________

松島寿樹(13)_原田健利(10)_加藤優汰(5)_高橋将吾(8)

___________宮澤俊吾(16)__________

<みなとみらい:2本目>

______土方隆介(11)___右高静真(14)______

鈴木雄斗(19)________________山田融(17)

_______金子雄祐(6)__池田奨(15)_______

松島寿樹(13)_原田健利(10)_加藤優汰(5)_望月拓哉(15)

___________宮澤俊吾(16)__________

<みなとみらい:3本目>

______佐野弘樹(7)___山田融(17)______

鈴木雄斗(19)_______________富樫敬真(9)

_______飯田涼(2)___細矢諒馬(12)______

松島寿樹(13)_原田健利(10)_高橋将吾(8)_望月拓哉(15)

__________宮澤俊吾(16)__________

交代:
 2本目23分 MM:右高静真(14)→細矢諒馬(12)
 3本目17分 OP:宮本和輝(17)→向吉勝吾(18)
 3本目22分 OP:森谷祐治(16)→井出祥真(1)
 3本目24分 OP:谷澤隼人(12)→森谷祐治(22)

得点:
 2本目08分 MM:金子雄祐(6)
 2本目10分 OP:水島圭喬(15)
 3本目11分 OP:谷澤隼人(12)

みなとみらい、追浜の選手の皆さん、保護者の皆さん、3(+α)年間お疲れさまでした。この3年間での心残りはみなとみらいの選手達に全国の舞台を体験させてあげられなかった事です。関東の壁さえ突破すれば、全国ではかなり上位に食い込める力のあるチームたと思うだけに、それが残念です。おっぱまーずにはJヴィレスタジアムにつれていってもらいましたね。ありがとう。でも最後に笑う姿を見れなかったのが、やっぱり残念です。しかし、皆さんのサッカー人生はまだまだ続きます。次の舞台でこの悔しさを晴らしましょう。ユースに進む皆さんはもちろん、高校サッカーでがんばる皆さんのことも、機会を見つけてきっと見に行きます。元気でがんばってください。また会う日まで!

Tr_img_8433

Tr_img_8450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知土産の会 ~TRM 追浜U-14、13vs山形FC

ぽかぽか陽気の追浜でJY三昧な一日。

■追浜U-14vs山形FC

新生おっぱまーず発足後、初めて見る試合。3本すべて、フォーメーションがまちまちで、まさにチーム作りの真っ最中。伊東君のボランチは初めて見たが、気の利いたパスが何本も通り、なかなか良かった。現U-14のメンバーに、例年の如くU-13の選手が何人か食い込んだ新生おっぱまーずがどんなチームになるか今から楽しみだ。

Tr_img_8040 Tr_img_8061 Tr_img_7965

<1本目>
______田中智也(14)__伊東海征(5)______

栗原奨吾(8)____高梨祐太(13)____斎藤一磨(10)

___________伊池翼(3)__________

小松勇樹(9)_秋月涼介(2)_太田勇樹(6)_前田啓介(20)

__________入澤遼平(1)__________

<2本目>
______高梨祐太(13)__栗原奨吾(8)______

斎藤一磨(10)______________田中智也(14)

______伊東海征(5)__伊池翼(3)________

秋月涼介(2)_小松勇樹(9)_太田勇樹(6)_前田啓介(20)

__________入澤遼平(1)__________

交代:
 21分 伊東海征(5)、太田勇樹(6)、栗原奨吾(8)→林拓弥(19)、米田仁志(22)、杉山雄大(12)

<3本目>
______伊東海征(5)__戸邊凱也(15)______

小松勇樹(9)______________杉山雄大(12)

______栗原奨吾(8)__林拓弥(19)_______

飯田洋介(4)_太田勇樹(6)_前田啓介(20)_米田仁志(22)

__________北村征也(16)__________

得点:
 1本目16分 伊東海征(5)
 1本目19分 伊東海征(5)
 1本目25分 (山形FC)
 2本目02分 田中智也(14)
 2本目27分 斎藤一磨(10)
 3本目16分 小松勇樹(9)
 3本目29分 OG

■追浜U-13vs山形FC

続いてU-13。1本目は田中君のゴールで早々と先制するも、その後はなかなか追加点が奪えず苦戦。12分に山形FCに失点を喫し1-1で終了。メンバーを入れ替えて臨んだ2本目は、両サイドからチャンスを作り出しゴールを量産。

Tr_img_8120 Tr_img_8200 Tr_img_8211
Tr_img_8163 Tr_img_8182

<1本目>
____中山京志郎(14)__田中健太(10)____

渡辺大貴(20)____________篠崎幸樹(8)

______鬼丸敬(4)__中村凌(13)______

神沼拓海(6)_上野海(2)_押本祐輔(3)_谷川大(11)

_________長津大裕(16)_________

<2本目>
______新里涼(15)__中山京志郎(14)_____

上長次郎(7)______________篠崎幸樹(8)

______蔭山裕之(5)__橋本知幸(17)______

神沼拓海(6)_宮野剛(19)_松浦舜也(18)_谷川大(11)

__________川瀬隼太(1)__________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 2本目25分 橋本知幸(17)→田中健太(10)

得点:
 1本目03分 田中健太(10)
 1本目12分 (山形FC)
 2本目04分 中山京志郎(14)
 2本目08分 (山形FC)
 2本目14分 新里涼(15)
 2本目27分 中山京志郎(14)
 2本目28分 上長次郎(7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

東海道はつながっている ~高円宮杯U-15ラウンド16 愛媛vs新潟

トップの天皇杯鳥栖戦@鳥栖ベアスタか、ユースのFC東京戦@NACK5か。どれも負ければそれで終わりの戦いだけに、出来れば分身の術で両方行きたいところだが、それは叶わぬ夢。なので、中間地点の刈谷で東と西に念を送りつつ、高円宮杯決勝トーナメント1回戦愛媛vs新潟を見る事に(笑)

この時期は18切符が使えるので、刈谷まではもちろん18切符の旅。時刻表を見誤っていて藤沢で小田急、JR乗換え2分というピンチが訪れるも無事クリアし、後は順調に刈谷へ。刈谷駅からは無料の公共施設巡回無料バスで刈谷総合運動公園へ向かう。運動公園に到着するとまず目に入ったのは、オーレ君ラッピングバス2台。改めて間近で見るとすごいビジュアルだ(笑) 試合会場のウェーブスタジアム刈谷は、広大な公園に立派な屋根つきのスタジアム。デンソーがJFLにいた頃は刈谷には来ることがなかったのだが、当時からこんなに立派だったのだろうか。スタジアムの他に、人工芝と天然芝のグランドもあり、貧乏愛媛にとってはうらやましい限り。

高円宮杯U-15ラウンド16。念願の決勝トーナメント進出を決めた愛媛の相手は、同じオレンジ軍団”アルビレス”新潟。グループリーグのスタッツを見るとかなり攻撃的なチームのようなので、愛媛とは面白い試合になりそうな予感がする。両チームサポの応援が試合に華を添える。ただ、新潟サポさんはメインで声出し応援するなら、ど真ん中じゃなくて、もうちょっと端っこでやって欲しいなぁ。試合中のリアクションが面白すぎて、試合に集中できません(笑)

試合はいきなり新潟の先制ゴールで始まる。開始わずか2分。右サイド角度のないところからの早川史哉君のグランダーのクロスを、ゴール前の密集地帯で齋藤恭志君が押し込む。愛媛にとっては立ち上がり集中を欠いたところをまんまとしてやられた形。これで愛媛の闘志に火がつく。両サイドからの突破から何度も新潟ゴールに迫る。新潟ボールも激しいプレッシングでマイボールにする。アグレッシブに前を目指す愛媛のサッカーは見ていて本当に楽しい。得点するのも時間の問題かと思われた。しかし、新潟の最後の最後の砦は固い。得点をあげられないまま、あっという間に前半の40分が終了する。

後半は一転、新潟ペースで試合が進む。前半はボールを繋ごうとして愛媛のプレスにはまっていた新潟は、シンプルにロングボールを蹴り、速攻から前線の早川君を生かす作戦に出る。高さのあるボールは最近CBにコンバートされた久保君と、安藤君の身長のあるCBコンビがよく跳ね返す。サイドからの攻撃も集中してよくしのいでいたものの、新潟の波状攻撃に愛媛は守備に人数をかけざるを得なくなる。中盤にスペースが出来、セカンドボールを拾えなくなる。愛媛は防戦一方。新潟の決定機は、ポストが防いでくれて事無きを得る。

後半半ば、愛媛は垂水君に代え寺田君を投入。これをきっかけに愛媛もようやく自分達のサッカーを取り戻す。徐々に新潟ゴールに迫る時間も増えてくるも、シュートまではなかなか持って行けない。残り時間が少なくなり、愛媛は久保君を前線にあげスクランブル態勢でゴールを目指す。何度かチャンスもあったが、どうしてもゴールは奪えない。残り時間も数分というところで、愛媛にはCKのチャンス。ファーに飛んだボールに城村君が飛ぶが、ボールはわずかに遠かった。届かないボールに思わず手が出る。これはもちろんイエロー。前半にもハンドでイエローカードをもらっていた城村君はこれで退場に。うなだれてピッチを去る城村君。その姿にはエースとして得点できなかった悔しさがにじんでいた。

得点差はわずか1点。事故でも何でも1点入れば望みは出てくる。最後の最後まで諦めず、愛媛は新潟ゴールに迫る。しかし、そのわずか1点が遠く、やがて試合終了のホイッスルが鳴った・・・

残念ながら愛媛の挑戦は決勝トーナメントラウンド16で終わってしまった。試合を振り返ればいくつも改善すべき点が思いつくが、それ以上に最後の最後までとにかく前を目指す、その気持ちの強さが思い出される。技術はこれから練習すれば伸びるだろう。体格差のハンデも徐々に小さくなっていくだろう。しかし、気持ちの強さは鍛えようにもなかなか鍛えられるものではない。持ち前の、前を目指す気持ちの強さをこれからも持ち続けて欲しいと思う。

3年生はこれで愛媛JYとしての試合は全て終了となりますが、このチームには去年のプレミアカップから本当に楽しませてもらいました。見ていて本当に楽しいサッカーでした。選手の皆さん、スタッフ・ご父兄の皆さん、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。ユースに上がる選手、他チームでサッカーを続ける選手、それぞれだとは思いますが、進路先での活躍を楽しみにしています。その前に受験もがんばってください(笑)

Tr_img_7326

Tr_img_7375 Tr_img_7421
Tr_img_7729 Tr_img_7835

<スタメン>
______城村洸介(11)___近藤貫太(17)_____

伊藤星斗(8)_____上田勝也(15)____野町誓吾(14)

___________垂水雄太(7)__________

佐々木寿輝(9)_久保飛翔(10)_安藤一貴(5)_曽根田穣(6)

___________山本哲也(1)__________

交代:
 後半19分 垂水雄太(7)→寺田佳樹(2)

得点:
 前半02分 (新潟:齋藤恭志(14))

おまけ:東海的B級グルメ&B級土産

081220_105300 081220_105800

先週食べそびれた藤田屋あんまき天ぷら。大判焼に衣をつけてあげたような感じで、かなりくどい。しかもあんまきだけでもカロリー高そうなのに、天ぷらにした事で確実にカロリーが危険域に達していると思う。ご褒美系B級グルメ(笑)

081220_105100 081223_211700_01 081223_211700

左:東海・北陸限定キットカットはあずきサンド味。”あずき”ではなく”あずきサンド”なのが東海らしい。一緒にされた北陸はいい迷惑?(笑) ひょっとして北陸でも”あずきサンド”は当たり前?残念ながら、”あずき”の味はすれども”あずきサンド”の味はせず。
中:愛知(名古屋?)といえば赤味噌。キャラメルにまで入れてしまうとは、さすが愛知県民。でも、大量に含まれているゴマの味が勝り、赤味噌には言われなきゃ気づかない。
右:マリサポなら無視できない”世界の山ちゃん”ブランドのキャラメル。何と幻の手羽先風。口に入れるやスパイシーなこしょうの味が広がり、でも甘い(笑) 罰ゲーム系スイーツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

ありがとう、下條さん

去る12月15日、J's GOALに以下のようなリリースが出ました。
なぜかマリノスのOHPには一向に出ないので、ここに転載させていただきます。

==================================

下篠 佳明CPO契約終了のお知らせ [ 横浜FM ](08.12.15)

弊クラブ所属、チーフ プロモーション オフィサー(CPO)の下篠佳明氏との契約を今季限りで終了することといたしましたので、お知らせ致します。

以上

==================================

※”下篠”ではなく”下條”だと思うのですが、原文ママです。
  マリノスのプレスリリース作成者が間違ったのでない事を祈るばかりです。

 

下條さんといえば、オールドファンにとっては日産FCのDFとして、マリノスサポにとっては2001年、2002年シーズン、低迷するトップの暫定監督としての姿が記憶に残っているかと思います。かつての日産レディースを率いていた姿を思い浮かべる方もあるかもしれません。下部組織ファンにとっては、常に試合会場に姿を見せ、サポにも気さくに話しかけてくださる方でした。元気に主審を務めている姿も鮮やかに思い浮かびます。下條さんにかつて指導を受けた事のある方も大勢いらっしゃると思います。

そんな下條さんがマリノスを去られるのは本当に残念です。多くのものをマリノスと日本サッカー界に残してくださった下條さんに何とか感謝を伝えられないか。

そういう思いから、今回下條さんへの寄せ書きを募集する事にしました。12月中を目処に皆さんからの寄せ書きメッセージを掲示板で募集し、後日印刷して下條さんにお渡ししようと思います。思いを伝えるためには自筆の方がいいとは思うのですが、物理的に寄せ書きを集める時間がないことと、日本各地で活躍されている人々からのメッセージを広く戴きたいと思い、ネット上でメッセージを集めることとしました。

■寄せ書き方法について

・寄せ書きを集めている掲示板は http://ultralefty.bbs.fc2.com/ です。
・掲示板は管理者承認モードにしていますので、書き込んだメッセージは表示されません
 これは実名等を書かれる方に配慮しての措置です。
・FC2掲示板の仕様で、半角だけのメッセージは投稿できますが無効になりますのでご注意ください。
 日本語が打てない環境の方は、ultralefty@nifmail.jp に直接メッセージをお送りください。
・悪戯と思われるメッセージ、寄せ書きに相応しくないと思われるメッセージは管理人の判断で削除させていただきます。ご了承ください。

どうか皆さん、ご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

マリノス関連チーム2008シーズン結果まとめ

神奈川社会人リーグ2部に所属する工学院Fマリノスは無敗で首位。順位決定戦でも勝ち、堂々2部優勝で来年からの1部昇格を決めた。おめでとう!来年は関東社会人リーグ昇格目指してがんばれ!同じく2部Aグループに属する日本工学院FC、3部SAグループに属する日本工学院SCは残念ながら昇格には手が届かなかった。

また、マリノスと提携関係にある関東学院大学は最終節の産業能率大との首位決戦に破れ、残念ながら今年もあと一歩で関東大学リーグ参入戦への出場権を逃した。最も、最終節で勝っても得失点差は20以上あり、ほぼ参入戦出場は絶望的だったのだが・・・ 得失点差が開いたのは東京工芸大学との試合が不戦勝となり5得点しか得られなかったことに一因がある。他チームは東京工芸大学との対戦では最低7点は取っており、産業能率大学にいたっては20-0で大きく得失点差を稼ぐ事に成功している。不戦勝が逆に不利になるようなレギュレーションは見直すべきではなかろうか。関東学院大学は、この悔しさを糧に、来年こそは関東大学リーグ昇格を目指してがんばって欲しい。

■日本工学院F・マリノス(神奈川社会人リーグ2部)

【KSL-2B:1位→一部昇格
 2008/06/01 13:00 ○2-1 FCソシオス @工学院G
 2008/06/08 13:00 ○7-0 FC_OFFSIDE/METEOR @工学院G
 2008/06/15 11:00 ○4-1 港北FC05 @工学院G
 2008/07/06 15:00 ○5-0 湘南FC @工学院G
 2008/07/13 13:00 ○5-1 BEAT FORCE @工学院G
 2008/09/07 13:00 ○5-2 成瀬クラブ @工学院G
 2008/09/14 11:00 ○4-0 美蹴団top team @工学院G
 2008/09/21 11:00 △3-3 コワダSC @工学院G
 2008/10/05 11:00 ○4-0 SC.HEARTY @工学院G
 2008/10/12 13:00 ○6-0 藤沢市役所 @工学院G
 2008/11/02 10:00 △2-2 ザウルス西湘南 @中井中央公園多目的グラウンド

【KSL-2順位決定戦:1位】
 2008/12/14 12:00 ○2-0 日立小田原 @工学院G

■日本工学院FC(神奈川社会人リーグ2部)

【KSL-2A:6位】
 2008/06/01 11:00 ○2-0 明治生田FOX @工学院G
 2008/06/08 11:00 ○2-1 秦野FC @工学院G
 2008/06/15 13:00 △1-1 下和田クラブ @工学院G
 2008/07/13 11:00 ○1-0 旭エスペランサ @工学院G
 2008/07/27 13:00 △1-1 FC川崎 @工学院G
 2008/09/07 11:00 △0-0 ALL Z @工学院G
 2008/09/14 13:00 ○2-0 横須賀シーガルズ @工学院G
 2008/09/21 13:00 △2-2 NANKO_JANE @工学院G
 2008/10/12 11:00 ●1-2 日立小田原 @工学院G
 2008/11/16 13:00 ●0-2 エプソントヨコムFC @工学院G
 2008/11/23 10:00 ●1-3 FC厚木 @工学院G

■日本工学院SC(神奈川社会人リーグ3部)

【KSL-3SA:3位】
 2008/06/14 13:00 ●1-2 CATミストラル @工学院G
 2008/07/12 11:30 ○4-1 日立ソフト @工学院G
 2008/09/13 11:30 ●0-1 FC COJB @工学院G
 2008/10/04 11:30 ●0-2 HAMA-TEA2002 @工学院G
 2008/11/22 11:30 ○5-1 日立FC横浜 @工学院G
 2008/11/29 09:30 ○3-0 三菱化学横浜総研 @神奈川県立体育センター
 0000/00/00 00:00 □5-0 FSI_Mercury ※不戦勝

■関東学院大学(神奈川大学リーグ1部)

【秋季リーグ:2位】
 2008/09/06 13:10 □5-0 東京工芸大学 ※不戦勝
 2008/09/13 13:10 ○11-0 文教大学 @産能大2
 2008/09/21 12:00 ○2-1 防衛大学校 @関学大
 2008/09/28 12:00 ○7-1 横浜市立大学 @関学大
 2008/10/04 13:10 ○2-1 横浜国立大学 @産能大2 
 2008/10/11 13:10 ○1-0 松蔭大学 @産能大2
 2008/10/18 11:00 ●0-1 産業能率大学 @産能大2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

横浜移籍情報 ~乾セレッソへ完全移籍

去るものは追わない。ただ、色々な意味でがっかりしたことだけは書いておく。

========================================

MF乾貴士選手(セレッソ大阪に期限付き移籍中)の、セレッソ大阪への完全移籍が決まりましたのでコメントと併せてご案内致します。

乾 貴士(いぬい たかし)
ポジション:MF
出身/生年月日:滋賀県/1988年6月2日
身長/体重/血液型:169cm/59kg/A型
経歴:セゾンFCJrユース-滋賀県立野洲高校-横浜F・マリノス-セレッソ大阪

    所属チーム    Jリーグ    ナビスコカップ    天皇杯
2007    横浜F・マリノス    7(0)    3(0)    0(0)
2008    横浜F・マリノス    0(0)    3(0)    -
2008    セレッソ大阪(J2)    20(6)    -    2(0)
     J1通算    7(0)    6(0)    0(0)
     J2通算    20(6)    -    2(0)

( )得点

乾貴士選手コメント
「短い期間でしたが、F・マリノスのファン・サポーターの皆さまありがとうございました。これからも頑張りますので、今後とも応援宜しくお願いします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

U-17地域対抗戦2008メンバー、日程

去年から始まった地域対抗の詳細が発表になった。Jクラブ所属選手と選手権出場チームの選手は除くという条件なので(何人か該当者がいるが・・・)、マリノス、愛媛の選手は選ばれていない。JYのOBはざっと見たところ、新子安OBの石川拓、愛媛OBの林龍之介(松山工業)ぐらいか。

あと、JFAさんはもっと早めにリリースしてください。大会初日にスケジュール出されても見る方が大変です(今回は見に行けませんが :P)

=====================================

「U-17地域対抗戦2008」が12月15日から17日の3日間、静岡県・時之栖スポーツセンターで実施されます。これは、国体のU-16化に伴い発生した課題である国体後の継続した強化に対し、本活動を実施することでU-17年代の活動機会を新たに創出することを目的に昨年より開催されているもので、今年は9地域から選ばれた選手合計174人が参加。各地域対抗の試合だけでなくトレーニングも行い個々のレベルアップをめざします。

期日:平成20年12月15日(月)~17日(水)
会場:時之栖スポーツセンター  裾野グラウンド

参加人数:
選手20名・スタッフ3名(監督、コーチ、GKコーチ)
チーム編成に際しJクラブ所属選手と全国高校選手権大会出場チームの選手は対象から除く。また、対抗戦の監督・コーチは地域の指導者が就くこととする。

スケジュール:JFAのHPを参照。

■北海道 
監督:富居徹雄 北海道 旭川実業
コーチ:小林俊也 北海道 恵庭南
GKコーチ:岡田裕樹 北海道 札幌山の手

01 01 GK 関口 優志 1991.10.24 176cm/65kg 北海道 帯広北
02 17 DF 坂本 完慈 1991.06.03 168cm/68kg 北海道 室蘭大谷
03 07 FW 天満建太朗 1991.09.18 175cm/68kg 北海道 室蘭大谷
04 18 FW 岡井 奨悟 1991.12.05 168cm/68kg 北海道 北星学園大附属
05 02 DF 内田 錬平 1991.04.26 186cm/73kg 北海道 旭川実業
06 09 MF 近藤 将人 1992.03.05 170cm/63kg 北海道 旭川実業
07 04 MF 石澤 太暉 1991.03.06 183cm/72kg 北海道 旭川実業
08 22 GK 堀  桂悟 1991.07.06 187cm/72kg 北海道 北海道栄
09 06 DF 加賀谷勇介 1991.07.20 175cm/63kg 北海道 北海
10 03 FW 廣中 啓吾 1991.09.28 184cm/73kg 北海道 北海
11 12 DF 安田 壮志 1991.07.29 172cm/63kg 北海道 札幌第一
12 08 MF 工藤  駿 1991.07.15 176cm/61kg 北海道 北海
13 11 FW 東海 尚哉 1991.05.07 177cm/65kg 北海道 北海
14 19 MF 松野 大輝 1991.07.23 160cm/55kg 北海道 北海
15 05 DF 浜田 俊介 1991.02.16 180cm/67kg 北海道 帯広北
16 10 MF 池ヶ谷颯斗 1992.03.30 179cm/73kg 北海道 札幌第一
17 20 MF 福原 琢磨 1992.03.27 168cm/56kg 北海道 札幌創成

■東北
監督:齊藤勝 福島 船引
コーチ:後藤浩之 宮城 富谷
GKコーチ:井上祐 山形 鶴岡中央

01 01 GK 鈴木  翔 1991.09.05 180cm/74kg 福島 富岡
02 06 DF 加賀谷 駿 1992.03.17 176cm/73kg 秋田 西目
03 12 DF 佐藤 卓斗 1991.03.09 180cm/72kg 宮城 東北学院榴ヶ岡
04 02 MF 相澤  瞬 1991.08.09 188cm/75kg 宮城 宮城工業
05 07 MF 鷺  周作 1992.02.28 173cm/65kg 福島 富岡
06 08 MF 吉田 吏玖 1991.05.31 173cm/69kg 岩手 遠野
07 10 MF 片岡 翔太 1991.01.01 176cm/67kg 宮城 仙台西
08 17 MF 沼田 泰喜 1991.08.29 166cm/59kg 青森 五戸
09 09 FW 青柳 繁之 1991.07.25 170cm/58kg 福島 福島工業
10 13 MF 吉田 哲矢 1991.09.13 170cm/65kg 山形 山形ユース
11 03 FW 橋浦 拓人 1991.04.26 182cm/65kg 福島 富岡
12 22 GK 菅野 一輝 1991.11.02 186cm/81kg 福島 尚志
13 11 FW 川原  峻 1991.06.27 170cm/61kg 岩手 遠野
14 18 MF 軽米 翔吾 1991.01.26 165cm/60kg 青森 五戸
15 14 FW 佐々木悠太 1991.06.17 179cm/65kg 岩手 盛岡商業
16 15 FW 西條  吟 1991.05.14 172cm/60kg 宮城 塩釜FC
17 04 MF 阿部 昴平 1991.04.19 189cm/74kg 宮城 利府
18 05 FW 半沢 大典 1991.10.11 182cm/72kg 福島 湯本
19 19 MF 関谷 賢志 1991.05.20 163cm/54kg 岩手 盛岡商業
20 20 DF 斎藤 光敬 1991.08.29 168cm/60kg 宮城 塩釜FC

■関東
監督:原崎政人 埼玉 大宮アルディージャ
コーチ:蘒原慎也 山梨 吉田
GKコーチ:松倉啓太 神奈川 横浜FC

01 01 GK 檜山 昇吾 1991.09.19 182cm/76kg 茨城 水戸商業
02 22 GK 佐藤慎之介 1991.05.09 187cm/82kg 山梨 日本航空
03 06 DF 長沢 和輝 1991.12.16 170cm/64kg 千葉 八千代
04 02 DF 須藤 貴郁 1991.11.21 181cm/69kg 栃木 矢板中央
05 12 DF 堀口  明 1991.05.15 176cm/68kg 群馬 前橋商業
06 03 DF 向山 亮太 1991.04.09 185cm/71kg 神奈川 渕野辺
07 15 DF 稲葉 圭吾 1991.09.01 174cm/65kg 山梨 帝京第三
08 17 MF 伊東 拓弥 1991.04.21 168cm/57kg 山梨 山梨学院大附属
09 07 MF 碓井 鉄平 1991.11.03 175cm/66kg 山梨 山梨学院大附属
10 08 MF 黒須 大輔 1991.04.17 168cm/60kg 千葉 習志野
11 10 MF 黒氏 啓介 1991.04.06 176cm/69kg 千葉 八千代
12 11 MF 高瀬 優孝 1991.11.25 171cm/63kg 埼玉 埼玉栄
13 18 MF 吉村 康平 1991.10.16 163cm/53kg 千葉 流経柏
14 19 MF 玉城 峻吾 1991.04.25 167cm/60kg 東京 三菱養和
15 14 MF 田中 豪紀 1991.09.25 168cm/65kg 東京 三菱養和
16 09 FW 石川  拓 1991.07.25 180cm/66kg 神奈川 日本大学
17 20 FW 竹永 周平 1991.04.16 160cm/58kg 茨城 水戸商業
18 04 FW 服部 康平 1991.04.04 187cm/78kg 東京 国士舘
19 05 FW 岡部 佑允 1991.08.19 178cm/74kg 埼玉 武南
20 13 MF 星野 翔大 1991.11.04 185cm/70kg 神奈川 日本大学

■北信越
監督:小阪康弘 福井 大野東
コーチ:渋谷龍宏 富山 伏木
GKコーチ:宮崎広志 新潟 新潟工業

01 22 GK 佐藤 智康 1992.02.06 182cm/74kg 新潟 新潟ユース
02 01 GK 池田 拓人 1991.09.03 178cm/63kg 長野 松商学園
03 02 DF 森本 大史 1991.04.16 181cm/63kg 福井 丸岡
04 03 DF 川崎  徹 1992.03.18 184cm/70kg 新潟 新潟工業
05 06 DF 西  恭兵 1991.03.01 180cm/75kg 石川 小松市立
06 04 DF 坂井 満月 1991.01.15 188cm/68kg 新潟 新潟産業大付属
07 17 DF 山崎 裕平 1991.09.17 166cm/66kg 石川 星稜
08 12 DF 牧田 光平 1991.05.10 175cm/65kg 福井 丸岡
09 07 MF 森 泰次郎 1991.12.08 170cm/62kg 富山 富山第一
10 08 MF 赤坂 幸紀 1991.02.08 170cm/61kg 新潟 開志学園
11 11 MF 當銀 郁弥 1991.01.11 168cm/57kg 長野 松商学園
12 14 MF 高橋  遼 1992.03.07 170cm/52kg 新潟 新潟工業
13 15 MF 小西 将人 1992.01.05 171cm/60kg 福井 丸岡
14 18 MF 青島 隆晃 1992.01.19 165cm/60kg 富山 富山国際
15 19 MF 大塚  俊 1991.10.20 165cm/49kg 富山 富山第一
16 20 FW 木村 祐太 1992.07.04 160cm/55kg 石川 星稜
17 05 FW 中野 春樹 1992.06.19 180cm/69kg 石川 星稜
18 09 FW 岡戸 駿介 1991.10.15 175cm/65kg 石川 日本航空第二
19 10 FW 畦地 健太 1991.05.26 175cm/67kg 福井 丸岡

■東海
監督:宇津慎一 岐阜 岐阜県トレセン(U-16、国体選抜)
コーチ:井浦淑行 愛知 佐織工業
GKコーチ:岩谷 俊輔 三重 三重中京大学

01 01 GK 大石 健太 1991.05.12 177cm/62kg 静岡 磐田北
02 22 GK 野田 哲郎 1991.06.24 181cm/77kg 愛知 名古屋経済大高蔵
03 06 DF 水野 栄介 1991.06.28 178cm/66kg 愛知 名東
04 02 DF 福ヶ迫知秀 1992.02.03 183cm/65kg 愛知 中京大中京
05 03 DF 堀田  快 1991.07.27 182cm/68kg 三重 三重
06 04 DF 原田 誠也 1992.02.18 180cm/70kg 岐阜 帝京可児
07 12 DF 古田 昌也 1991.06.15 173cm/60kg 岐阜 帝京可児
08 17 MF 辻  俊行 1992.02.24 170cm/63kg 静岡 藤枝明誠
09 18 MF 加藤 大介 1991.06.02 169cm/60kg 静岡 静岡学園
10 07 MF 松浦 勇武 1991.08.12 172cm/64kg 静岡 浜松開誠館
11 08 MF 竹場 啓介 1992.05.01 171cm/67kg 愛知 東邦
12 11 MF 牧野 建斗 1991.08.27 170cm/60kg 愛知 中京大中京
13 13 MF 谷口 貴紀 1991.04.25 173cm/60kg 三重 海星
14 14 MF 中山 雄登 1991.07.18 174cm/61kg 三重 津工業
15 15 MF 古田  源 1992.03.27 173cm/62kg 岐阜 関商工
16 19 MF 光持  稜 1992.01.27 164cm/55kg 愛知 中京
17 20 FW 廣瀬 勇人 1991.09.16 163cm/57kg 静岡 東海大翔洋
18 09 FW 播  勇輔 1991.07.20 177cm/62kg 愛知 東邦
19 10 FW 大田 真吾 1991.04.05 173cm/72kg 三重 海星
20 05 FW エフライン・リンタロウ 1991.07.23 183cm/73kg 岐阜 中京

■関西
監督:前田久 奈良 一条
コーチ:小栗英祐 京都 南京 
GKコーチ:松村隆行 滋賀 草津東

01 17 FW 上坂 崇紘 1991.06.08 180cm/67kg 滋賀 草津東
02 14 FW 吉田 篤史 1991.10.26 170cm/57kg 奈良 奈良育英
03 07 MF 伊藤 竜二 1991.11.11 172cm/57kg 奈良 法隆寺国際
04 03 FW 田中 大樹 1991.07.03 160cm/55kg 和歌山 和歌山北
05 06 DF 西浦 一志 1991.07.29 170cm/62kg 和歌山 初芝橋本
06 18 MF 森岡 亮太 1991.04.12 180cm/68kg 京都 久御山
07 08 MF 片山 純平 1991.09.23 169cm/62kg 京都 伏見工業
08 19 DF 重松  謙 1991.07.21 182cm/72kg 京都 京都橘
09 04 MF 洞ヶ瀬太一 1991.04.07 166cm/56kg 兵庫 科学技術
10 09 FW 伊佐 耕平 1991.11.23 175cm/68kg 兵庫 科学技術
11 10 MF 中田 翔真 1991.12.23 170cm/65kg 兵庫 関西学院
12 22 GK 高野 純一 1992.01.21 185cm/78kg 兵庫 赤穂
13 12 DF 中辻 紘生 1991.07.11 173cm/65kg 兵庫 伊丹
14 11 MF 永澤 圭祐 1991.05.29 174cm/62kg 大阪 大阪桐蔭
15 05 FW 北條 貴紀 1991.04.20 164cm/60kg 大阪 阪南大学
16 20 DF 小谷 祐喜 1991.07.27 179cm/72kg 大阪 関西第一
17 02 DF 幾  将崇 1991.05.29 166cm/60kg 大阪 履正社
18 13 DF 前田 晃一 1991.05.28 178cm/67kg 大阪 金光大阪
19 15 DF 中島 和輝 1991.07.28 178cm/65kg 大阪 近大附属
20 01 GK 加藤 宏人 1991.04.21 176cm/70kg 大阪 阪南大学

■中国
監督:出合達也 広島 高陽東
コーチ:城市徳之 鳥取 米子北
GKコーチ:内藤正洋 島根 平田

01 01 GK 原田 直樹 1991.08.05 178cm/75kg 広島 広島観音
02 22 GK 松井 友彰 1991.05.20 183cm/78kg 広島 広島工業
03 17 MF 飯野  享 1991.05.17 164cm/57kg 島根 大社
04 06 MF 柳田 優介 1992.03.23 170cm/59kg 広島 広島観音
05 02 DF 宇 宮憲司 1991.07.13 174cm/73kg 広島 広島観音
06 03 MF 岡崎 和也 1991.07.28 173cm/67kg 広島 広島観音
07 18 MF 蔵田 将椰 1991.04.25 167cm/57kg 広島 広島瀬戸内
08 19 MF 佐々木邦公 1991.10.18 167cm/60kg 広島 広島瀬戸内
09 04 DF 藤谷 政也 1991.05.22 178cm/64kg 広島 広島山陽
10 07 MF 藤井大二朗 1991.09.16 169cm/60kg 山口 高川学園
11 08 MF 野村 朋成 1991.04.04 170cm/65kg 山口 高川学園
12 09 FW 野村 直輝 1991.04.17 167cm/57kg 山口 下関中央
13 10 FW 三宅 太郎 1991.08.07 169cm/61kg 山口 宇部
14 20 FW 山本 大稀 1992.03.25 163cm/50kg 鳥取 米子北
15 11 MF 大江 創太 1992.03.29 171cm/64kg 鳥取 米子北
16 12 MF 山内  俊 1991.11.24 171cm/57kg 鳥取 八頭
17 05 MF 薮井  翼 1991.10.23 174cm/61kg 岡山 玉野光南
18 13 MF 福田 恭大 1992.03.13 172cm/58kg 岡山 玉野光南
19 14 MF 井上 博貴 1991.04.16 172cm/61kg 岡山 玉野光南
20 15 MF 片山 雄大 1991.03.15 169cm/60kg 岡山 岡山学芸館

■四国
監督:吉成浩司 徳島 小松島
コーチ:三﨑輝久香川 高松南
GKコーチ:角田大輔 高知 高知工業

01 01 GK 小清水 大 1991.05.12 180cm/63kg 愛媛 宇和島南
02 06 DF 徳重 力也 1992.02.24 174cm/64kg 愛媛 東予
03 02 DF 林 龍之介 1991.07.25 175cm/63kg 愛媛 松山工業
04 09 FW 山崎 功貴 1991.06.18 178cm/62kg 愛媛 松山工業
05 17 MF 千谷 優介 1991.11.15 163cm/54kg 愛媛 南宇和
06 18 MF 石田 一貴 1991.03.05 161cm/56kg 香川 香川西
07 03 DF 増田 慎作 1991.02.05 178cm/70kg 香川 香川西
08 19 FW 福家 勇輝 1991.04.25 164cm/55kg 香川 香川西
09 07 MF 大島  草 1991.05.08 174cm/60kg 香川 高松商業
10 04 DF 佐治 大幸 1991.05.11 180cm/70kg 香川 高松商業
11 12 DF 平野 皓大 1991.10.14 169cm/58kg 香川 高松南
12 08 MF 横田 祐樹 1991.10.31 166cm/60kg 高知 明徳義塾
13 20 MF 中尾 良成 1991.09.17 162cm/52kg 高知 明徳義塾
14 22 GK 小林 勇太 1991.07.22 185cm/75kg 高知 明徳義塾
15 05 MF 林  晃平 1991.04.11 178cm/68kg 高知 高知商業
16 10 MF 野島 大輝 1992.03.28 167cm/60kg 高知 高知
17 13 DF 後藤 正次 1991.06.12 172cm/65kg 徳島 徳島商業
18 11 FW 南條  駿 1991.03.21 183cm/65kg 徳島 鳴門
19 15 DF 柳本  拓 1991.06.22 177cm/65kg 徳島 徳島市立
20 14 MF 平井 公起 1991.11.07 166cm/62kg 徳島 徳島市立

■九州
監督:首藤謙二 大分 大分南
コーチ:宮里和宏 沖縄 開邦
GKコーチ:郷田良文 鹿児島 鹿屋工業

01 17 MF 宗  大輔 1992.01.27 164cm/53kg 大分 大分
02 07 MF 伊賀上竜希 1991.05.24 173cm/63kg 大分 大分鶴崎
03 06 DF 猪下 悠也 1991.04.25 167cm/55kg 大分 大分鶴崎
04 01 GK 姫野 昂志 1991.03.07 175cm/60kg 大分 大分南
05 08 MF 本田 剛士 1991.11.01 175cm/66kg 大分 大分南
06 02 MF 宮城 雅史 1991.01.19 178cm/72kg 沖縄 具志川
07 18 DF 松山 周平 1992.03.03 165cm/60kg 鹿児島 神村学園
08 03 MF 山本 大貴 1991.11.15 178cm/63kg 熊本 ルーテル学院
09 19 MF 松尾 寛文 1991.09.13 166cm/57kg 佐賀 佐賀北
10 04 MF 江頭  駿 1991.07.28 176cm/61kg 佐賀 佐賀東
11 05 DF 上村  誠 1991.11.14 175cm/65kg 佐賀 佐賀東
12 10 MF 浦川 和馬 1991.06.13 173cm/69kg 長崎 海星
13 11 MF 小道 啓太 1991.10.15 166cm/66kg 長崎 長崎南山
14 12 DF 白石 恭平 1991.04.14 171cm/63kg 福岡 東海第五
15 22 GK 中西 竜兵 1991.05.01 187cm/74kg 福岡 東海第五
16 20 FW 加藤 直也 1991.07.27 164cm/52kg 宮崎 鵬翔
17 13 MF 吉永 優介 1991.08.27 170cm/60kg 宮崎 鵬翔
18 09 FW 児玉 大輝 1992.01.19 174cm/60kg 宮崎 宮崎日大

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

ゴールキックは手を狙え! ~Jユースカップ2回戦 横浜ユースvs塩釜FC

早朝に豊橋を立ち、えっちらおっちら18切符にて横浜に向かう。東に向かうにつれ、ドアから入り込む空気が冷たくなる。豊橋を出た時に既に降っていた雨は、沿線でも相変わらずしとしと降っている。マリノスタウンには、キックオフ1時間30分前に到着。無事屋根下に座席を確保できたので雨は問題ないが相当寒い。秋冬制なんてありえないよ。

今日の横浜は先発に学と端戸が名前を連ねる。クラブユース鹿島戦は見れなかったので、ユースの公式戦で学を見るのは関クラ以来だ。数ヶ月間トップで鍛えられた学がユースでどんなプレイを見せてくれるか。そして学がいると輝きが増す端戸。試合前から期待が高まる。対戦相手の塩釜FCはカトケンと旭人-わが心の”ユース2005”の重要選手を送り出してくれた恩義あるチーム。1回戦で清水ユースを1-0で下した。どんなチームなのか。こちらも未知のチームを見る期待でわくわくする。しかし、学と曽我と優平は半そでで寒くないのか?(笑)

開始1分、メンバーや布陣をメモしているといきなり歓声があがる。目をあげるとチームメイトに祝福される学。えっ、見てなかったよ・・・ どうやら、相手GKにチェイスをしかけてミスを誘った学が、奪ったボールをあっさりゴールに押し込んだらしい。あまりにも早すぎる時間のゴール。前半7分には、優平がセンターラインを少し超えた位置から、超ロングループシュートを放つ。GKは必死に戻って片手にあてはするものの、勢いの勝るボールはゴールに吸い込まれた。去年のU-17ワールドカップフランス戦の柿谷のゴールを思い起こさせる、素晴らしくゴラッソでスーペルなゴール(笑)

2点差にも攻撃の手を緩めない横浜。前半11分には松尾のクロスから学、前半21分には学のクロスから関原のヘッドと、立て続けにゴールが決まる。あまりにも早い時間帯に得点を積み重ねたことで、横浜のプレイが徐々にだれてくる。ミスが連発し、いい形が作れない。

横浜は後半12分に松尾に代え、荒井を投入。今年ずっとやってきた優平&荒井のダブルボランチにすることで、チームが再び勢いを取り戻す。後半15分に、学のスルーパスに反応した関原がゴールを決めたのを皮切りに再びゴールラッシュが続く。後半19分には荒井のシュート。これはGKが弾くもこぼれ球がDFに当たりゴール。後半22分には、PA内にドリブルで侵入した関原が倒されPK。関原が決めればハットトリックだったが、先輩を立て(?)キッカーは端戸。端戸はきっちり決める。後半24分にはオーバーラップした曽我のクロスを端戸が豪快に決める。後半34分には、端戸がヒールで落としたボールを、難しい姿勢から学が素早くシュートしハットトリック達成。さすが。後半41分。学のクロスがPA内に送りこまれる。PA内の選手がワントラップからシュート。気持ちよくゴールネットが揺れる。祝福の中央にいるのは甲斐。ゴールラッシュのトリは思わぬ人のファインゴールだった。しかし、何であそこにいたんだ?(笑)

10-0という久々の快勝で、横浜は来週土曜日の準々決勝に駒を進めることになった。相手は宿敵FC東京。何をおいても駆けつけたいところだが、残念な事にこの日は高円宮R16とかぶっている。同じに日にトップも天皇杯があるので学の出場は微妙だが、負けるとそこで終わりの大会。全員の力を合わせて勝利を掴み、何としても準決勝に駒を進めて欲しい。最後の大会だ、今年のもやもやを全て晴らすような大会にしよう!

Tr_img_6855 Tr_img_7126

Tr_img_7104 Tr_img_6915 Tr_img_7203

<スタメン>
_________齋藤学(10)_________

松尾康祐(11)___関原凌河(17)____端戸仁(9)

_____小野悠斗(18)__佐藤優平(6)_____

岡直樹(22)_甲斐公博(4)_臼井翔吾(5)_曽我敬紀(2)

__________松内貴成(1)_________

交代:
 後半12分 松尾康祐(11)→荒井翔太(7)
 後半22分 小野悠斗(18)→塩田光(24)
 後半36分 関原凌河(17)→小野裕二(27)
 後半37分 端戸仁(9)→星広太(33)

得点:
 前半01分 齋藤学(10)
 前半07分 佐藤優平(6)
 前半11分 齋藤学(10)
 前半21分 関原凌河(17)
 後半15分 関原凌河(17)
 後半19分 荒井翔太(7)
 後半22分 端戸仁(9):PK
 後半24分 端戸仁(9)
 後半34分 齋藤学(10)
 後半41分 甲斐公博(4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

13時間18分33国 ~高円宮杯U-15GL#2 愛媛vs青森山田中、神戸vs港川中

先週に引き続き、またまた高松。試合の前に四国遊説中の某党首さんとうどん屋をハシゴした後、香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場へ向かう。バスの中には愛媛の番記者さんはいたが、サポらしき人は見えず。まぁ、みんな車でくるか(笑) 前回の反省を元に、今回は生島バス亭で下車。この選択は正解で、ここからだと2.3分でサッカー場までたどりつける。ということで、結論。香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場(通称生島)の最寄バス亭は「生島」

■愛媛vs青森山田中

今日はブラウン管(そろそろ死語?)の中でよくお見かけするゴール裏の面々が応援に駆けつけてくれた。声だし応援をするということで、帯同していたJYの1年生もサポに合流。さらに、見学に来ていた帝人SS(かな?)の選手達も応援の輪に加わってくれた。#ありがとうね>帝人のみんな バックスタンドの向こうに風光明媚な瀬戸内海が広がる生島のグランドに、賑やかな応援が響く。

初戦大勝した愛媛。片や、初戦を落とし負けられない青森山田中。厳しい試合になるかと思われたが、開始2分にあっさり愛媛が野町君の電光石火のゴールで先制する。あまりにも早い時間帯の得点はこのチームでは逆に要注意信号。それからしばらくは愛媛がペースを握るものの、得点を奪えない時間が続く。青森山田中も時折反撃の芽は見せるものの、基本的に守備に追われて危険な場面は作れない。ペースを握っているうちに追加点が欲しい。じりじりとした時間が続くが、前半23分にようやく城村君が追加点を決める。これで一安心だが、相手は4点差をひっくり返して全国出場を決めたチーム。まだまだ油断はできない。前半の試合を見る限りでは大量失点をする気配はないが、いやいや一度崩れるとこの年代は簡単に失点を重ねてしまう。終了間際、自陣ゴール前でのヒールクリアに「ないわ!」と笑いつつも、心配性の筆者である(笑)

2-0で迎えた後半。開始5分に、佐々木君のオーバーラップからの折り返しを近藤君がおしゃれなヒールでゴールに押し込む。さらに11分には、またしても左サイドを切り裂いた佐々木君のグランダーのクロスを城村君が合わせ4点差に。心配性の筆者もさすがにこれで勝利を確信する。だが、口に出すと勝利が逃げて行きそうなので、「愛媛の勝ちですね」という言葉には、「いや、4点差をひっくり返したチームですからまだまだ判りませんよ」と応える。とことん心配性の筆者である(笑)

勢いがつくと止まらない、勢いがつかないと全く進まない、のが愛媛のサッカー(笑) 4点目をあげて、さらに得点力が加速する。近藤君、曾根田君と立て続けにゴールをあげ、後半29分には途中出場の大浦君が左サイドを突破して相手をかわしつつ、素晴らしいシュートを決める。終了間際にまたしても大浦君が決め、終わってみれば8-1の大差。すばらしい戦いぶりだった。愛媛のいいところが存分に発揮された試合だった。しかし、唯一となった失点シーン(FKの場面での一瞬の気の緩みからの失点)はいただけない。これからの戦いではこうした一瞬の気の緩みが致命傷となる。大量得点をあげたこと以上に、この失点シーンを忘れないようにしよう。最後の最後まで心配性の筆者である(笑)

この試合の後に行われた神戸vs港川中は4-0で神戸が勝利。この結果、第3戦を待たずに愛媛の決勝トーナメント出場が決まった。おめでとう!念願の決勝トーナメント進出は決まったが、もっともっと上を目指そう!

Tr_img_6190 Tr_img_6210 Tr_img_6467
Tr_img_6287 Tr_img_6600
Tr_img_6407 Tr_img_6422 Tr_img_6502
Tr_img_6693 Tr_img_6702

<スタメン>
_______城村洸介(11)___近藤貫太(17)_____

伊藤星斗(8)_______________野町誓吾(14)

_______上田勝也(15)__垂水雄太(7)______

佐々木寿輝(9)_久保飛翔(10)_安藤一貴(5)_曽根田穣(6)

___________山本哲也(1)__________

<エンメン>
_______曽根田穣(6)___近藤貫太(17)_____

大浦龍馬(12)_____野町誓吾(14)_____森勇也(19)

___________上田勝也(15)__________

宇野大貴(18)_久保飛翔(10)_佐藤丈(16)__寺田佳樹(2)

___________山本哲也(1)__________

交代:
 後半16分 城村洸介(11)→寺田佳樹(2)
 後半21分 垂水雄太(7)→森勇也(19)
 後半26分 伊藤星斗(8)→大浦龍馬(12)
 後半29分 佐々木寿輝(9)→宇野大貴(18)
 後半34分 安藤一貴(5)→佐藤丈(16)

得点:
 前半02分 野町誓吾(14)
 前半23分 城村洸介(11)
 後半05分 近藤貫太(17)
 後半11分 城村洸介(11)
 後半18分 近藤貫太(17)
 後半20分 曽根田穣(6)
 後半25分 (青森山田:丹代爽弥(6))
 後半29分 大浦龍馬(12)
 後半39分 大浦龍馬(12)

■神戸vs港川中

引き続き行われたEグループ第2戦。愛媛の試合が応援で賑やかだったせいかもしれないが、何だか淡々とした印象の前半。それでも、神戸が港川のミスから2得点をあげる。後半に入ると試合はややテンポアップ。港川中が攻める時間も増え、試合としては面白くなってくる。何度か港川中にもチャンスが訪れるも、得点にまでは結びつかない。逆に、終了間際に立て続けに神戸にゴールを許し、4-0で終了。

今日決まらなければ、もう一日高松に残るつもりだったが、無事決めてくれたので明日のJユースカップを見るために帰浜。さすがに夕方出発だと18切符では横浜まではたどりつけず、今日は豊橋にて一泊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪私が香川で食べたものパート2

高円宮杯第2戦目、青森山田中と対戦した愛媛FCジュニアユースは見事に8-1のスコアで勝利し、念願の決勝トーナメント進出を果たした。おめでとう!応援のみなさんもお疲れさまでした。明日の神戸にも勝ってグループ1位で刈谷に乗り込もう!観戦記は鋭意執筆中なので、それまで♪私が香川で食べたものパート2でもお楽しみください(笑)

#神戸戦が一番見たいのですが、愛媛の決勝トーナメント進出が決まったので、後ろ髪を引かれつつも、明日は横浜に戻ってJユースカップ応援にしました。応援に来てくださいと書いておきながらすみません。応援される方、明日もよろしくお願いします。 

♪私が香川で食べたもの 知立名物あんまき

200812121059000

香川ではないが、スイーツ系ブログとしては外せない(笑) 豊橋駅で偶然目にして購入。オープンタイプの大判焼といったところ。カスタード味なんかもあり。買った後、隅っこであんまきに衣をつけてあげた「天ぷらあんまき」なるものを売っている事に気づくも、時すでに遅し。また今度。

♪私が香川で食べたもの 一代のかけうどん
♪私が香川で食べたもの 丸川製麺の生醤油ぶっかけうどん
♪私が香川で食べたもの 連絡船うどんのちくわ天ぶっかけうどん

200812130827000 200812130903000 200812131553000

例によってうどん。店ごとに味が違っていて、どれもうまくて飽きない。今回の店で一つ不満を言えば、どの店もサイドメニューが今ひとつ物足りない事かな。あと、うどんにしょうがはやっぱいらないや。

♪私が香川で食べたもの 巴堂のぶどう餅

200812131243000

バス亭の真ん前にあったので、思わず購入。葡萄の味がするのかな?ちいさい餅がいっぱい寄ってぶどうの房に見えるからかな?と思っていたら、漢字で書くと”武道餅”。昔からある由緒正しい香川銘菓らしい。ただ日持ちがしないので県外にはほとんど知られていないとか。実際、バスを待つ間ひっきりなしにお客さんが来ていた。肝心の味はぱさぱさ餡をしっとりした皮が包んでいて、お茶がすすみそう(笑)

♪私が香川で食べたもの 武内食堂のかしわバター丼

200812121928000 200812121916000

今回の目玉がこれ。知らないと絶対入らない店構えの武内食堂のかしわバター丼。メニューはかしわバター丼の他は焼肉丼のみという潔さ。柔らかい鶏肉をバター風味に炒めて、海苔を敷いた大盛りご飯の上にのせてある。学生のいる街にはどこにでもありそうな食べ盛りさん御用達の店で、ボリューム満点。注文して1分で出てくる早さもグッド。ちなみに何故か焼肉丼は時間がかかるらしい。うどんに飽きたらここへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

JFA理事会資料をチェック H20#9

年内最後の理事会。報告事項の海外申請の件以外は、特に興味を引く内容はなし。

13. 海外遠征申請の件

(1) 全国高等専門学校サッカー連盟
 チーム全国高等専門学校選抜チーム(第1種)
 遠征期間:2009年3月15日(日)~24日(火)
 遠征先:ドイツミュンヘン

これって、選手権出場チームしか関係ないんだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛が好きなら・・・

愛媛が好きなら、香川に来るといいんじゃないかな?というお知らせです。

愛媛のトップチームの2008シーズンは終わってしまいましたが、ジュニアユースはまだまだ2008年シーズンまっさかりです。ジュニアユースが現在戦っているのは、高円宮杯U-15という、中学校年代NO.1を決める大会です。

先週から始まったこの大会。愛媛JYは初戦の港川中戦を8-1という申し分のないスコアで勝利しました。今週末には、土曜日に青森山田中学と、日曜日には神戸JYとの対戦があります。土曜日の青森山田中との対戦に勝利すれば、念願の決勝トーナメント出場がほぼ決まります。

念願のと書いたのは、今の代はあと一歩というところで決勝トーナメント出場を逃し続けているからです。去年のGWに行われたJFAプレミアカップでは得失点差1に涙を呑みました(ちなみに、得失点差で決勝トーナメント出場を決めたガンバはこの大会を制しました)。今年の夏の全国クラブユース選手権では、第3戦目の大分JY戦で鬼気迫る戦いで勝利を掴んだものの、初戦の浦和JY戦での大量失点が響きグループリーグを突破できませんでした。

彼らは素晴らしいサッカーを見せてくれます。彼らが順調に成長してくれれば、何年後かにはトップチームで活躍する姿を見ることができるでしょう。地元の選手が地元のチームで育ち、地元のチームで活躍する。素晴らしいことです。愛媛が目指すべき姿がそこにあります。そんな素晴らしい夢の実現のために、彼らに少しでも多く全国レベルでの体験を積ませてあげたい。そのためには、関係者だけではなくサポもまた暖かい眼差しを彼らに注いであげて欲しいと思うのです。

長々と書いてしまいましたが、要は、

 

今週末、香川に来てジュニアユースを応援してください!

きっと楽しい試合を見せてくれますよ!

 

ということです(笑) 帰り道にうまいうどんも食えるでしょう(笑)

【日程】
12/13(土) 11:00 GL#2 青森山田vs愛媛 @香川サ
12/14(日) 11:00 GL#3 神戸vs愛媛 @香川2サ

12/20(土) 11:00/13:10 R16 @刈谷
12/21(日) 11:00/13:10 QF @名古屋港
12/27(土) 11:00/13:10 SF @西が丘
12/29(月) 11:30 F @国立 (天皇杯前座試合)

香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場

大きな地図で見る

公共機関で行く場合は、高松駅9:54発のことでんバス13 弓弦羽 (県庁前・中央病院経由)に乗って、生島か生島富士カガク前で(すみません、どっちが近いかはよく分りません)下車してください。乗車時間は30分ほどです。車中からスタジアムが見えると思います。なお、スタジアム近辺にはコンビニなどはなさそうですので、食料は市内で調達しておくといいと思います。

ことでんバス時刻表(pdf):http://www.kotoden.co.jp/publichtm/bus/rosen/image/pdf/pdftimetable/shimokasai.pdf

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

2009アンダー代表大会日程

2008年アンダー代表大会日程。三つしかないのが悲しい・・・
しかし、学世代の次の次の世代の予選が始まるのか。早いなぁ・・・ 横浜からも各世代で活躍する選手が続きますように。

===============================

■U-18日本代表
11/1(日)~11/15(日) AFC U-19選手権 予選(開催地未定)

■U-17日本代表
10/24(土)~11/15(日) FIFA U-17ワールドカップ ナイジェリア2009(ナイジェリア)

■U-15日本代表
10/3(土)~10/18(日) AFC U-16選手権 予選(開催地未定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

♪私が香川で食べたもの

♪私が香川で食べたもの 羽田で買ったキットカット

081207_070600

何故か、横浜開港記念はストロベリーチーズ味。まずまず。

♪私が香川で食べたもの こんぴら屋のしょうゆうどん
♪私が香川で食べたもの うどん市場の温玉肉ぶっかけうどん

081207_155800 081207_183300

♪私が香川で食べたもの 寄鳥味鳥の骨付き鳥

081207_190400

硬めながら、スパイシーで美味しい。うどん食ってからだったので苦しかったが(笑)

♪私が香川で食べたもの さか枝のかけうどん+たまご天
♪私が香川で食べたもの うどん茶屋てんてこ舞のぶっかけうどん

081208_092100 081208_144900

香川のうどんはハズレがない。どこのもうまい。しかも安い!トッピングも豊富でついつい食べ過ぎてしまう。近所にうどん屋があれば毎食安くあがるのになぁ(笑)

♪私が香川で食べたもの 金毘羅さんの参道のしょうゆソフト

081208_144100

しょうゆキットカットのような味を想像していたが、しょうゆの味はしなかったような・・・

♪私が香川で食べたもの 金毘羅さんの参道のいきなりだんご

081208_150000

確か熊本の名物だったような気がするが、まあいいか。つぶ餡とさつまいもを薄い小麦粉の皮でつつんで蒸したもの。甘さ控えめ。今、調べたら、熊本の杉養蜂園の支店だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

フジパンCUP 第19回関東選抜少年サッカー大会結果

【神奈川TCメンバー】
 田口潤人(ジュニオール)
 小田島怜(バディーSC)
 松崎強太(バディーSC)
 田崎遼太郎(みなとみらい)
 深谷拓巨(藤の木SC)
 田中郁也(湘南ルベント)
 佐藤翔輝(追浜)
 後藤航(みなとみらい)
 岡田優希(川崎)
 村田直哉(バディーSC)
 板倉滉(川崎)
 牧寛史(川崎)
 カリヨ・ホセ・イサミ(??)
 三好康児(川崎)
 中村恒貴(川崎)
 山崎脩敬(SCH)
 佐藤陸(みなとみらい)
 緒方和(川崎)
 斉藤海(みなとみらい)
 松木駿之介(あざみ野FC)
 斎藤健太(TOKYU Reyes FC)
 深谷星太(川崎)

【予選リーグ:1組1位】
 2008/12/06 09:00 ○4-0 茨城スフィーダTC 
 2008/12/06 11:50 ○4-1 秋田選抜
 2008/12/06 13:30 ○3-1 千葉TCレッド 得点:後藤、佐藤翔輝、?

【決勝リーグ:A組1位】
 2008/12/07 08:30 ○6-0 埼玉U-12DX 得点:岡田、牧、佐藤翔輝、?、?、?
 2008/12/07 09:20 ○5-1 埼玉U-12SP 得点:佐藤翔輝、岡田、三好、?、?

【決勝トーナメント:優勝(連覇)】
 2008/12/07 11:50 準決勝 ○2-2(PK:5-4) 千葉TCブルー 得点:牧、後藤
 2008/12/07 13:00 決勝  ○6-0 長野選抜 得点:牧、板倉、松崎、佐藤陸、松木、後藤

【優秀選手】
 櫻井勝成(青森選抜)、佐藤勇矢(秋田選抜)、前関健太(岩手選抜)、高橋海斗(宮城選抜)、手塚竣一郎(山形選抜)
 佐川蓮(福島選抜)、新保雄大(新潟トレセン)、三浦椋太、新井一樹、横山和輝(長野選抜)
 吉野龍之介、三輪泰平(茨城スフィーダTC)、坂場功司(レタドール茨城TC)、鈴木徳真(栃木TC)、片倉佑基(宇河トレセン)
 岡村吾朗、出村颯太(群馬EAST)、打越大樹、広滝直也(千葉TCブルー)、柳沢歩(千葉TCレッド)
 鈴木凱斗(東京U-12)、下田悠哉(東京6ブロック選抜)、深谷星太、佐藤翔輝、岡田優希(神奈川TC)
 成田光(川崎選抜)、伊藤駿(山梨TC-G)、上田康平(山梨TC-P)、清川大輝(埼玉U-12SP)、松﨑洸星(埼玉U-12DX)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうゆ+肉ぶっかけ+親鳥 ~高円宮杯U-15GL#1 静学中vs桐蔭中、愛媛vs港川中

午前9時過ぎ、高松空港を一歩外に出た途端、体が冷気に包まれる。寒い!フライト中に現地の気温は-1℃というアナウンスがあり聞き間違いかと思ったが、やはり間違いではなかったようだ。この日、高松の最低気温は-1.4℃、最高気温は8.1℃だった。

高松空港からリムジンバスで高松駅に向かう。高松駅でうどんを食べる気満々だったのだが、あいにくどの店も準備中ばかり。仕方ないので、たこめし弁当(煮ダコがうまかった)を買って、路線バスで香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場に向かう。30分ほどバスに揺られ、小坂・総合運動公園前で下車。この停留所からサッカー場までは結構距離があるので、その手前の生島か、生島富士カガク前で降りた方が近そうだ。

■桐蔭中学vs静岡学園中

愛媛の試合は2試合目なので、1試合目は第2サッカー場で中体連の雄同士の対戦を見る。バス亭から結構距離があり、キックオフ5分後ぐらいに到着。第2サッカー場は観客席はなく、周囲の芝生に腰掛けての観戦。

桐蔭中学は今年の全中の覇者。静岡学園中はひとつ下の代が今年のJFAカップで優勝し、今日の試合にも何人か出場しているはず。と、あいまいな記述になってしまうのも、JFAのOHPでJFAカップの結果を探しても、嫌味のように”サンフレッチェ広島ジュニアユース2-0横浜F・マリノスジュニアユース”てのが表示されるばかりで、一向に肝心の情報にたどり着けないためだ(怒笑)

前半は桐蔭中ペース。静学中2トップにマンマークをつけ、自由にさせない。それでも、前半半ばあたりからは徐々に静学中も自分達の繋ぐサッカーができるようになる。そして、前半33分に静学中にFKが与えられる。静学中ベンチからは「何があるか判らないぞ」と激が飛ぶ。果たして、FKは壁に阻まれるも、こぼれ球がPA内の鎌田大輔君の元にこぼれ、鎌田君はこれをしっかり押し込み静学中が先制。

中体連の雄同士の対戦ということで、どんなサッカーが展開されるかちょっと期待していたのだが、前半のシュートスタッツは静学中2、桐蔭中2という実に渋い展開。隣の会場(神戸vs青森山田)からは、景気よくゴールのアナウンスが流れてくるので(と思ったら前半は2ゴールか・・・)、側にいた地元の中学生からは「俺、後半はあっちに行く」という言葉が出る(笑)

後半。試合は早い時間に動く。後半3分に静学中のDFとGKの連携ミスをつき、桐蔭中の角宮健介君(先日の三種対抗にも出場)がゴールを奪う。その5分後にも、またしても角宮君がFKからヘディングシュートを決め、遂に桐蔭中が逆転に成功。続くCKのチャンスに、桐蔭中ベンチからは、「かきくけこだ!」との謎の指令。残念ながら「かきくけこ」作戦は失敗だったようで、以後徐々に静学中が押し込むようになる。静学中は全中の準決勝で桐蔭中と対戦し、1-0で涙を呑んでいる。負けられない静学中が得意のボール回しで桐蔭中ゴールに迫る時間が増える。とはいえ、桐蔭中の守備も強固でゴールをこじ開けられないままタイムアップ。桐蔭中が再び静学中を下した。ちなみに後半のシュートスタッツは静学中2、桐蔭中3。やはり、渋い。

Img_5400 Img_5455

■愛媛vs港川中

1試合目の後は、隣のサッカー場に移動して愛媛の応援。こちらは2階建て観客席があり、屋根のついている2階は雨の日は重宝しそうだが、如何せん傾斜が緩い。1階はほとんどフラット、2階も半分より前だと柵がピッチにかぶる。とりあえず、前半は全体が見れるように2階にて観戦。

対戦相手の港川中は沖縄の中学校。一見、長袖のシャツを着ているように見えるが、よく見ると半そでシャツの下に同色の長袖のアンダーシャツを着ている。常夏の地のチームだから、さすがに最高気温8℃でサッカーをする事なんてそうそうないんだろうな。見るからに寒そう。今週は1日だけだから、こっちでコンディション調整する時間もあまりなかっただろうし。

そんな余計な心配をするほど、試合は圧倒的な愛媛ペースで進む。前半6分、久保君が野町君のクロスを高い打点から押し込んだのを皮切りに、愛媛が立て続けにゴールを決める。愛媛はキック&ランが徹底されていて、ボールがよくつながる。サイドから攻めて良し、中央を崩して良しで、持ち味のイケイケサッカーが全開。港川中の下地君、高良君は雰囲気のあるFWで、下地君にはカウンターから意地のゴールを許したものの、前半だけで6-1。

日陰の2階スタンドだと段々寒くなってきたので、後半は陽のあたるスタンド横の芝生席に移動して観戦。後半もやはり愛媛ペースで進む。大量リードの愛媛は次々と選手交代をして、試合出場のチャンスの少ない選手に経験を積ませる。途中出場の選手もアグレッシブに攻撃に絡んだものの、あと一歩でゴールにはならず。後半は近藤君と、城村君の2ゴールに留まった。

鬼門の緒戦を8-1という申し分のないスコアでクリアした愛媛。来週は同じく香川で青森山田中、神戸JYとの対戦が続く。2戦目の青森山田中に勝てば、プレミア、全クラと後一歩で届かなかった念願の決勝トーナメント進出もほぼ決まるだろう。しかし、青森山田中は神戸に0-6で敗退しており、必死で立ち向かってくるはず。東北予選では、前半0-4のスコアを後半ひっくり返して全国大会出場を決めたチームだけに、ここ一番の底力もある。寒さにも強いだろう(笑) 愛媛は絶対に油断は出来ない。今日の大勝は忘れて、再びチャレンジャーの気持ちで立ち向かって欲しい。

Tr_img_5459 Tr_img_5657
Tr_img_5513 Tr_img_5641 Tr_img_5661
Tr_img_5731 Tr_img_5753
Tr_img_5828 Tr_img_5863 Tr_img_5910

<スタメン>
______城村洸介(11)__近藤貫太(17)______

伊藤星斗(8)_______________野町誓吾(14)

_______上田勝也(15)__垂水雄太(7)______

佐々木寿輝(9)_久保飛翔(10)_安藤一貴(5)_寺田佳樹(2)

___________山本哲也(1)__________

<エンメン>
______村上耕一(24)__泉谷貴樹(13)______

大浦龍馬(12)_______________曽根田穣(6)

_______上田勝也(15)__近藤貫太(17)_____

佐々木寿輝(9)_久保飛翔(10)_佐藤丈(16)_宇野大貴(18)

___________入河直斗(21)__________

交代:
 後半11分 寺田佳樹(2)→曽根田穣(6)
 後半19分 伊藤星斗(8)→大浦龍馬(12)
 後半32分 城村洸介(11)、野町誓吾(14)→泉谷貴樹(13)、宇野大貴(18)
 後半34分 山本哲也(1)→入河直斗(21)
 後半36分 垂水雄太(7)→村上耕一(24)
 後半39分 安藤一貴(5)→佐藤丈(16)

得点:
 前半06分 久保飛翔(10)
 前半08分 久保飛翔(10)
 前半11分 城村洸介(11)
 前半18分 上田勝也(15)
 前半27分 城村洸介(11)
 前半32分 (港川:下地希一(10))
 前半35分 近藤貫太(17)
 後半08分 近藤貫太(17)
 後半17分 城村洸介(11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

そういや、川口PAで色々買った ~J1 第38節 横浜vs浦和

リーグ最終節は埼玉スタジアムでゲルト、マジ(本気)OK!さんのチームと。例によって”埼玉にはチケット代以外は一銭だって落とさないぜ!”ポリシーのもと、電車の方が数十円ほど安いが、ブルーカードバスにてスタジアムへ向かう。8時過ぎに出発したバスは、途中事故渋滞に巻き込まれはしたものの、10時過ぎには到着。

今日のマッチデイカードはよりによって色々見苦しいあやつ。もちろん受け取るはずもなく。つーかマリサポ向けにカードはいらないよ。いや、これは手の込んだ嫌がらせか。アウェーの洗礼だ。うっかり受け取ってしまった人のカードは、哀れ、隠れトゥリシタンチェック用に使われる(笑)

試合前には前座で浦和U-13vs追浜U-13の試合が行われた。”埼玉にはチケット代以外は一銭だって落とさないぜ!”ポリシーにも係わらず、待機中の刷り込み効果か、思わずケータリングカーのケバブカレーに並んでしまい、前半は見れず。ケバブカレーの中の人、手際悪すぎ。お味はそこそこでしたが。

前座は浦和の関根君にハットトリックをくらい、3-0の完敗。普通にやればもっとできるはずのチームなのに、やっぱり大観衆の前だと上がってしまうのかな?まぁ、前座は普通の試合とは違うから勝敗なんかはどうでもいい。観戦したマリサポの人達には、この試合だけで追浜弱い!下部組織は低迷している!とか短絡的な反応をして欲しくない。育成年代はちょっとした事でがらっと出来が変わるものなのです。という思いが80%くらいありつつ、やはりこういう大舞台で結果を出せないのは横浜の弱点だなとも思う。東京や埼玉のチームはここ一番という時の執念、粘りが違う。横浜は良くも悪くも常にクール。過去、何度もここ一番で横浜は涙を飲んできた。今年の関クラ予選しかり、高円宮予選しかり。選手達は今日勝てなかったことを簡単には流さないで欲しいと思う。

そんな前座でのもやもやはトップが一掃してくれた。満員の埼玉スタジアムで、しかも相手のホーム最終戦で6-1というスコアは長らく記憶に残るだろう。後半、目の前で決まったゴールはどれも素晴らしいものだった。得意のコミーゾーンから繰り出された右足シュート。ついで左足から繰り出されたスーパーシュート。小宮山最高!!来年はアシストもお願いしますよ(笑) 河合の古巣での2ゴールも素晴らしかった。エンブレムを掴んでゴール裏に駆け寄ってくる河合、最高!!そして、清水のクロスを大島が流し込んだ6点目!戦力外通告を受けつつも、最後までチームのために戦ってくれる大島に送られるコールは鳴り止まない。大島コールをしつつ涙ぐむ人多数。筆者もその一人でしたが。大島、元旦クニタチまで行こう!

得点をあげた選手ばかりではなく、皆それぞれいいプレイを見せてくれた。素晴らしいフィードを何本も通した栗原、前に向く意識が感じられたアーリア(一応、凱旋試合か)、前線で走り回った学、坂田、兵藤。学のあのバイシクルが決まっていれば!と思うが、無給で働いてくれる学のゴールは来年でいいか(笑)

勝利の余韻をスタンドで少しばかり楽しんだ後は、赤の社長さんに向けられるブーイングを心地よく聞きながら速攻撤収。お見送りのスタジアムスタッフが声をかけてくれる。

   「シーズン、お疲れさまでした」

   「いや、まだうちら終わってないし(笑)」

帰りのバスは高速に乗るまでの渋滞中に、選手バスと抜きつ抜かれつを繰り返す。大勝で気分のいいサポは隣に並んだ選手バスに向けて、バモバモアピール。監督はじめ、選手達もさすがに気分がいいのか、ノリノリで手を振ってくれる。幸せな帰り道。ああ、楽しかった。

P.S.岡野12,3年(笑)お疲れさま。日本サッカーを新たなステージに押し上げてくれたあのゴールへの感謝は忘れないよ。

P.S.2 千葉、魂の残留おめでとう。那須はヴェルディをJ1にあげて漢をあげろ!それが那須魂が横浜魂になる事を期待していた筆者の願いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

U-16日本代表候補 J-STEPトレーニングキャンプ(12/16~12/20)メンバー

来年のU-17ワールドカップ2009@ナイジェリアに向けてのキャンプのメンバーが発表になった。メンバー的にはレギュラーを目指す位置にいる選手を集めたようだ。横浜からは後藤が選ばれた。しかし、最終日はJユースカップの準々決勝とかぶる。後藤はどっちに出るんだろう?と悩むような展開になればいいな。

=====================================

【スタッフ】
監督:池内 豊
コーチ:山橋 貴史
GKコーチ:柳楽 雅幸

【選 手】
GK
嘉味田 隼 1992.01.17 183cm/80kg 神戸ユース
松澤 香輝 1992.04.03 182cm/75kg 流経柏
渡辺 泰広 1992.10.04 180cm/66kg 新潟ユース

DF
池間 竜馬 1992.01.18 178cm/58kg 沖縄県立陽明高校
藤原 賢土 1992.01.29 181cm/67kg 藤枝明誠
望月 理人 1992.02.19 177cm/68kg 鹿島ユース
脇本 皓暉 1992.03.08 184cm/68kg 鹿児島実業
岡本 拓也 1992.06.18 173cm/67kg 浦和ユース
夛田 凌輔 1992.08.07 167cm/62kg セレッソ大阪U-18
畑本 時央 1992.08.18 176cm/62kg 浦和ユース
内田 恭兵 1992.11.05 168cm/55kg 磐田ユース

MF
後藤 拓斗 1992.04.05 172cm/58kg 横浜ユース
宮崎 泰右 1992.05.05 167cm/62kg 大宮ユース
小川慶治朗 1992.07.17 168cm/62kg 神戸ユース
小島 秀仁 1992.07.30 178cm/65kg 前橋育英高校
田中 輝希 1992.08.26 180cm/70kg 三菱養和ユース
幸野志有人 1993.05.04 174cm/58kg JFAアカデミー福島

FW    
鈴木 健太 1992.04.11 183cm/65kg 静岡学園
浜口 慎也 1992.04.28 180cm/71kg 大分U-18
高橋 完治 1992.01.05 182cm/72kg 千葉ユース
大本 貴博 1992.10.10 169cm/57kg 鳥栖U-18
林  諒彦 1992.04.21 180cm/65kg 鹿児島城西高校
清水 貴文 1992.06.30 168cm/60kg 磐田ユース

[スケジュール]
12/16(火) 15:30 トレーニング
12/17(水) 09:30/15:00 トレーニング
12/18(木) 09:30 トレーニング
        15:00 練習試合
12/19(金) 09:30/15:00 トレーニング
12/20(土) 10:00 vs静岡産業大学 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

続投

愛媛、横浜共に来期の監督続投が発表になった。

愛媛の望月監督は、正直今年で退任かなと思ったが、JFL時代を含めて5年目となる来年も愛媛の指揮を取る。今年は過去最低の成績でシーズンを終えることとなりそうだが、来年は少なくとも愛媛よりも後に加入したチームを上回る成績を納めてもらいたい。”石の上にも3年”という。来シーズンは結果にこだわるシーズンに!

一方の横浜は成績不振で解任された何とか監督の後を継いだ木村監督が来年も続投することに。あわや降格というチームを立ち直らせ、若手育成を図りつつ、定位置9位につけ天皇杯を獲った(予約:)手腕はピンチヒッターにしては十分。しかし、シーズン頭からチームを作る事に関しては未知数。探すの面倒だから・・・ コネないし・・・ 安いし・・・ 外人は言うこと聞かないし・・・ そんな消極的な理由からではなく、クラブ首脳陣がチームの目指す方向性をしっかりイメージした上で、木村監督が最善と判断したならサポはついていくだけ。最もクラブ首脳陣がのくだりが、例年疑問ではあるんだが(苦笑)

=======================================

さて、愛媛FCはこの度、望月一仁監督が来シーズン(2009シーズン)も引き続きチームの指揮を執ることに決定しましたのでお知らせいたします。 2008/11/28

横浜F・マリノスでは、トップチーム木村浩吉監督と来季以降の契約を更新することを決定いたしましたので、お知らせ致します。尚、契約期間は2009年2月1日~2012年1月31日迄となります。 2008/12/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

関東大学選抜候補強化試合の日程およびメンバー

大学ネタをもうひとつ。関西に続き関東もデンソーカップの選考会を兼ねる強化試合の日程が発表に。横浜がらみは神大の藤川、佐々木の2名。

==================================

関東大学サッカー連盟では、平成21年度「第23 回 デンソーカップチャレンジサッカー 南さつま大会」に向けての関東大学選抜候補チームを結成し、選手選考を兼ねて強化試合を行うことと致しました。
学生たちの活躍にこれまで同様、ご支援、ご協力くださいますようお願い申し上げます。
皆様、是非お越しください。

■日程・対戦相手:
12月7日(日)
 11:00 kick off 関東大学選抜候補Aチームvs 都県大学選抜(45分×2)
 13:00 kick off 関東大学選抜候補Bチームvs 都県大学選抜(45分×2)

■会場:
明治大学八幡山グランド
〒156-0056 東京都世田谷区八幡山2-17

■Aチーム
監督:大森酉三郎(神大)
コーチ:八城修(桐蔭横浜)

GK 岡  大生 駒澤大 2年 184/70 清水商業高
GK 増田 卓也 流経大 1年 183/77 広島皆実高
GK 松本 拓也 順天堂 2年 183/76 磐田Y
DF 比嘉 祐介 流経大 1年 168/67 流経柏高
DF 中山 友規 駒澤大 3年 185/70 駒澤大高
DF 山村 和也 流経大 1年 184/75 国見高
DF 藤川 祐司 神奈川 3年 177/70 横浜FM・Y
DF 藤本 修司 専修大 2年 179/69 三菱養和SC・Y
DF 濱屋 祐輝 国士舘 3年 172/69 柏U-18
DF 高橋 秀人 東学大 3年 182/72 前橋商業高
DF 松本 陽介 専修大 1年 172/65 清水商業高
MF 山田 大記 明治大 2年 172/61 藤枝東高
MF 千明 聖典 流経大 3年 165/60 流経柏高
MF 小島 暢明 国士舘 3年 181/70 遠野高
MF 柏  好文 国士舘 3年 167/60 韮崎高
MF 伊藤 大介 順天堂 3年 169/60 千葉Y
MF 内村  淳 神奈川 3年 170/60 大宮Y
MF 中町 公祐 慶應大 4年 174/68 湘南ベルマーレ
MF 中川 翔平 早稲田 3年 170/68 国見高
MF 小澤  司 筑波大 2年 162/59 桐蔭学園 2008/12/4 追加
FW 三島 康平 駒澤大 3年 183/75 浦和東高
FW 三平 和司 神奈川 3年 178/65 秦野南が丘高
FW 高橋  大 国士舘 3年 180/74 盛岡商業高
FW 神村  奨 専修大 2年 170/65 三菱養和SC・Y

■Bチーム
監督:小島徹(亜細亜)
コーチ:李宇韺(慶應)

GK 林  彰洋 流経大 3年 19383 流経柏高
GK 小野 博信 中央大 3年 18572 韮崎高
GK 碓井 健平 筑波大 3年 181/75 藤枝東 2008/12/4 追加
DF 佐々木 翔 神奈川 1年 17565 城山高
DF 渡部 博文 専修大 3年 18575 山形中央高
DF 川邊 裕紀 国士舘 3年 18172 青森山田高
DF 三上 佳貴 慶應大 2年 17070 藤枝東高
DF 中川 裕平 早稲田 3年 17970 四中高
DF 相田 光雄 亜細亜 2年 17875 水戸葵陵高
DF 小川  諒 早稲田 2年 18480 柏U-18
DF 田中 奏一 慶應大 1年 17165 FC東京U-18
MF 大竹 隆人 国士舘 2年 17063 三菱養和SC・Y
MF 村田  翔 中央大 3年 17968 FC東京U-18
MF 岩上 祐三 東海大 1年 16966 前橋商業高
MF 金久 保順 流経大 3年 17064 水短附属高
MF 宇賀神友弥 流経大 3年 17168 浦和Y
MF 佐伯 大成 専修大 2年 17768 鹿島Y
MF 小澤  光 桐蔭横 3年 17265 上田西高
MF 中川 靖章 慶應大 3年 17166 静岡高
FW 小林  悠 拓殖大 3年 17572 渕野辺高
FW 高山  薫 専修大 2年 17465 川崎U-18
FW 風間 荘志 慶應大 1年 17572 暁星高
FW 林  容平 中央大 1年 17661 浦和Y
FW 河井 陽介 慶應大 1年 16556 藤枝東高

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユースOB出場記録まとめ 後期

先週末までに関東・関西大学リーグ、JFLが終了。スタメンをがっちり掴んだ選手、怪我で長いリハビリをしている選手、初出場を記録した選手・・・ 各人各様だが、これからもそれぞれの場所でいいサッカーライフを送って欲しいと思う。

なお、関東2部ベストイレブンに横浜ユースOBの武田(青学)、関西優秀選手17人に愛媛ユースOBの小笠原(京産大)が選ばれている。おめでとう。

F:フル出場、B:ベンチ、☆:ゴール

関東大学リーグ

  後1 後2 後3 後4 後5 後6 後7 後8 後9 後10 後11
■法政大学:1部7位
富井英司(3年)                      
山岸純平(2年)     B B B △71          
■流通経済大:1部1位
保崎淳(4年)   △85       ▽88   F F F F
加藤広樹(4年) ▽59     B F F F △81 △89 ▽23  
■順天堂大学:1部12位
三浦旭人(3年)   F F ☆ F F F F ▽73 ▽68 F F
■国士舘大学:1部2位
佐藤由将(3年) F F ☆ B F F F B F      
■筑波大学:1部3位
奈良輪雄太(3年) ▽26   B B   B B △68 B B B
森谷賢太郎(2年) F ☆ ▽45         △58 △40      
■神奈川大学:1部9位
藤川祐司(3年) F F F F F F   F △59 F F
郷内勇太(3年) △87 ▽60 ▽86   F ▽84 F ▽64 F B B
■早稲田大学:1部10位
幸田一亮(2年)     ▽77 F ▽85 F △86 F F ▽73 F
■東京学芸大:1部11位
木村惇(3年)                      
■青山学院大学:2部3位
武田英二郎(3年) F   F F ▽82 F ▽74 F F F F
■拓殖大学:2部4位
青木智也(4年) F F F F F F F F F F F
奥山正洋(1年)                      
■尚美学園大学:2部10位
矢部達(3年) B   B     B B   B B ▽67
■亜細亜大学:2部12位
荒木幸平(1年) F ▽60                  

■最終順位
【1部】
 優勝 流経、準優勝 国士舘、3位 筑波、4位 中央、5位 明治、6位 専修、7位 法政、8位 駒澤、9位 神奈川、10位 早稲田
 11位 東京学芸、12位 順天堂 (自動降格)

【2部】
 優勝 慶應、準優勝 東海 (自動昇格)
 3位 青学、4位 拓殖、5位 朝鮮、6位 東洋大学、7位 桐蔭横浜、8位 日体、9位 東京農業、10位 尚美
 11位 国際武道、12位 亜細亜 (自動降格)

■ベストイレブン
【1部】
 GK 増田卓也(流経1)
 DF 宮崎智彦(流経4)、福田俊介(法政4)、染谷悠太(流経4)、渡部博文(専修3)
 MF 柏好文(国士3)、三門雄大(流経4)、千明聖典(流経3)
 FW 高橋大(国士3)、木島悠(筑波4)、西川優大(筑波4)

【2部】
 GK 山本晃司(慶應4)
 DF 浅海友峰(慶應4)、三上佳貴(慶應2)、大原卓丈(東海4)、武田英二郎(青学2)
 MF 中町公祐(慶應4)、河井陽介(慶應1)、大河淳司(慶應4)、吉田明生(東海4)
 FW 小林悠(拓殖3)、佐藤晃大(東海4)

■MVP賞:三門雄大(流経4)
■新人賞:
【1部】 GK 増田卓也(流経)、DF 山村和也(流経)
【2部】 MF 河井陽介(慶應)、MF 岩上祐三(東海)
■得点王:【1部】 木島悠(筑波4) 18得点、【2部】 小林悠(拓殖3) 19得点
■アシスト王:【1部】 小澤司(筑波2) 11アシスト、【2部】 該当者なし
■4年間最多出場:GK 藤井賢心(東農)、DF 宮崎智彦(流経)
■ベストヒーロー賞:三平和司(神奈川3)
■フェアプレー賞:該当なし

JFL

  後1 後2 後3 後4 後5 後6 後7 後8 後9 後10 後11 後12 後13 後14 後15 後16 後17
■流通経済大学
加藤広樹(4年) F   F F   F F F                  
保崎淳(4年) ▽67               F   F           B

関西大学リーグ

  後1 後2 後3 後4 後5 後6 後7 後8 後9 後10 後11
■立命館大:1部10位
前野貴徳(2年) △60   F F F F F F F F F
■大阪学院大:1部8位
尾花俊基(3年)                      
加藤健太(3年) F F ▽89 F F ▽76 F ☆2 F F F F
■関西学院大:1部4位
渡辺毅仁(2年)                      
■京都産業大:1部6位
小笠原侑生(2年) ▽85 ☆ ▽71 ▽81 ☆ F ▽65 △25 F ☆ ▽60 F ☆ ▽61  

■最終順位
【1部】
 優勝 阪南、準優勝 びわこ成蹊、3位 関西、4位 関学、5位 同志社、6位 京産大、7位 桃山、8位 大院大
 9位 大阪教育、10位 立命館 (入替戦)
 11位 近畿、12位 姫路獨協 (自動降格)

■年間最優秀選手賞(関西サッカー協会会長杯):吉川健太(阪南4)

■大会優秀選手賞
 GK 竹重安希彦(阪南3)
 DF 野田絋史(阪南4)、吉川健太(阪南4)、澤崎和之(阪南4)、田中雄大(関西2)、渡邉将基(京産4)
 MF 小寺優輝(阪南4)、東浩史(阪南3)、舩津徹也(びわこ4)、大屋翼(関西4)
 FW 木原正和(阪南3)、平野甲斐(びわこ3)、篠部拓真(びわこ3)、金園英学(関西2)、桑原透記(関学4)、阿部浩之(関学1)、小笠原侑生(京産2)

■得点王:金園英学(関西2) 16得点
■アシスト王:平野甲斐(びわこ3) 16アシスト
■ベストキャプテン:西田剛(阪南4)
■ベストマネージャー:谷﨑達哉(びわこ)
■フェアプレー:びわこ

■新人賞
 浅津知大(びわこ)、阿部浩之(関学)、梶川諒太(関学)、津田真吾(関学)、斉藤達也(桃山)、小野真国(大院大)、佐藤和馬(大教大)、大庭慧之(大教大)

■4年間最多リーグ出場賞:原田和明(関学4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »