« 横浜移籍情報 ~高桑徳島へ完全移籍 | トップページ | 千真、頼むぞ! ~インカレ決勝 筑波vs中央 »

2009年1月10日 (土)

チーム ~高校選手権準決勝 鹿島学園vs広島皆実 他

ロスタイム4分が過ぎ、ホイッスルが鳴り響く。鹿島学園の挑戦は終わった。

Tr_img_6783 Tr_img_6802
Tr_img_6872 Tr_img_6891
Tr_img_6905 Tr_img_6938

表彰式を終えて応援団席に向かってくる選手やスタッフは、ある者は一人で歩きながら、ある者は友と支え合いつつも、みんなしきりに頬を伝う涙をぬぐっている。試合に負けて決勝に行けなかった事ももちろんその涙の原因だろうが、一番大きいのはこれまで苦楽をともにしたチームが今日解散になってしまう、その喪失感ではなかっただろうか。

想像してみる。

15歳で親元を離れ、見知らぬ土地で暮し始める。希望と同じぐらい大きな不安。練習はきつく、挫折しそうになったり、辞めたいと思ったことも一度や二度じゃないだろう。鈴木監督の顔からにこやかな笑顔が消えたこともあっただろう。同じスタートラインからの出発だったはずが、徐々に試合に出れる選手、出れない選手が分かれる。試合に出れない選手は自分自身について悩み、試合に出れる選手達にも、去年の雪辱を晴らし「奪還」を遂げるというプレッシャーが重くのしかかる。しかし、そんな様々な困難や苦労を乗り越えようともがくたびに、いつしかチームは固く結ばれ、ライバルはかけがえのない友となる・・・

県準決勝から今日の全国大会準決勝まで見てきて、一番強く印象に残ったのはチームの一体感だった。県決勝の試合前、応援団とベンチメンバーを繋ぐユニフォームの輪。優勝を決めた後、応援席からピッチに飛び出しベンチメンバーに駆け寄るベンチ外の選手達、両手を広げて彼らに走り寄るベンチメンバー達。全国の舞台でも、そういった絆を感じさせる場面は多くあった。選手ばかりではない。毎試合、大勢のご父兄が試合に駆けつけ、本当に一生懸命応援をされていた。サッカーは一人じゃできない。チームスポーツだ。選手、スタッフ、コーチ陣、応援する人々、それらが一つになって初めて”チーム”になる。鹿島学園は間違いなく最高の”チーム”だった。

Tr_img_6800 Tr_img_6845

3年生の選手、スタッフの皆さん、ご父兄の皆さん、3年間お疲れさまでした。皆さんの姿を見れたのはほんの少しの間でしたが、本当に楽しかったです。ありがとうございます。3年生の皆さんにとって、鹿島学園で過ごした3年間は一生の宝となるものだと思います。それをしっかり胸に抱いて、さあ、次なるステージに!

Tr_img_6983 Tr_img_6963

<鹿島学園:スタメン>

_____三橋隼人(11)___忍稲井大樹(9)_____

工藤由夢(8)_小谷駿介(10)_増田匠海(6)_小黒翔太(7)

金井洵樹(14)_安藝正俊(4)_杉下智哉(3)_阿渡真也(2)

___________長峰大樹(1)_________

<広島皆実:スタメン>

_____金島悠太(9)__玉田耕平(11)_____

谷本泰基(10)_____________佐々木進(8)

_______浜田晃(7)__宮下航(6)______

崎原拓也(5)_松岡祐介(4)_井林章(3)_村田俊介(2)

___________神舎宏(1)_________

交代:
 後半29分 広島皆実:玉田耕平(11)→秦和広(14)
 後半31分 鹿島学園:工藤由夢(8)、金井洵樹(14)→佐藤勇治(18)、青木翔太(17)
 後半39分 鹿島学園:増田匠海(6)→黒沢優(13)
 後半40分 広島皆実:谷本泰基(10)→中野悠里(19)

得点:
 後半12分 皆実:金島悠太(9)

■鹿児島城西vs前橋育英

1試合目は立ち上がりから点の取り合い。というよりも、ミスの連続がことごとく得点に結びついた。埼スタの雰囲気、決勝がかかる緊張感、強い風、色々な要素が影響したのだろう。それでも見ている方には実にエキサイティングな試合。個人的には前橋育英のボールつなぎが実に魅力的だったので決勝で見たかった気もするが、鹿児島城西の攻撃力vs広島皆実の守備力という好対照なチーム同士の決勝も好カードだ。

|

« 横浜移籍情報 ~高桑徳島へ完全移籍 | トップページ | 千真、頼むぞ! ~インカレ決勝 筑波vs中央 »

コメント

遅ればせながらあけおめですm(_ _)m
昨年は応援本当にありがとうございました

年始から小谷たちのおかげで最後まで選手権を楽しませてもらいましたね
でもこれであの子たちの代も終わり本当に寂しい思いでいます
…と思いつつ優秀選手に二人が選ばれまだ楽しみが少し延びたかな(ニヤッ)

3年前,横須賀に旅立ったおっぱまーずも続々と戻ってきており
実家のぬくもりを改めて実感していることでしょう
しかし,早い子は今月末には大学の寮に入るとのこと
また新たな活躍を期待したいです

日曜には小谷のホーム,久里浜小に阿渡と現れ休む間もなくチビッコたちと交流試合に
いそしんでました
サイン攻めにあったりとちょっとした有名人でしたね*笑*
でも二人とも見ない間にすっかり顔つきが凛々しくなり
おばさん思わずウルッときちゃいましたよ(涙)

ほんとにあっという間の3年間でした
しかしまた皆さんとはひょっこりどこかで会える気がしていますので
その時はまたよろしくです!

投稿: まろ | 2009年1月13日 (火) 11時45分

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年の選手権は本当に盛り上がりました。予選からOBを追いかけ、
結構な数のOB達の最終学年の姿を見ることができました。
近々、ある企画を用意してますのでお楽しみに(笑)

阿渡、小谷の二人はまだちょっと”高校サッカー”が続きますが、
おっぱまーず2005第2章完結ですね。ハッピーエンドだったかな?
春から、帰還したおっぱまーず2005達の第3章が今から楽しみです。
まだまだ追っかけたいと思います。

イケメン弟君の活躍も機会があれば見に行きたいと思いますので、
ひょっこり出会ったら、またよろしくお願いします。

投稿: うれ@管理人 | 2009年1月14日 (水) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27039678

この記事へのトラックバック一覧です: チーム ~高校選手権準決勝 鹿島学園vs広島皆実 他:

« 横浜移籍情報 ~高桑徳島へ完全移籍 | トップページ | 千真、頼むぞ! ~インカレ決勝 筑波vs中央 »