« 第23回 デンソーカップチャレンジサッカー 南さつま市大会 関西選抜 メンバーリスト | トップページ | ポスター更新作業に初参加しました »

2009年2月13日 (金)

JFA理事会資料をチェック H20#11

今回はなかなか議論を呼びそうな内容。まずは協議事項。

4.大会名称変更の件

基本規程 第6章 競技 第1節 総則 第110 条[競技会の主催]①(5)
変更前:全国地域リーグ決勝大会

変更後:全国地域サッカーリーグ決勝大会

理 由:他種目大会とサッカーの大会であることを明確にするため、全国社会人サッカー連盟から要望があった。
※ 尚、基本規程の改正の為、理事会承認後、評議員会に諮ることになる。

§マニア向けの話題(笑)

7.2009年ナショナルコーチングスタッフの件

下線は新規。(クラブ名)があるものは、クラブを含めた3者契約。

[日本代表 ※U-20日本代表(ロンドンオリンピック2012)を併せて担当する]
 監督:岡田 武史
 コーチ:大木 武、大熊 清、小倉 勉
 GKコーチ:加藤 好男

[U-18 日本代表(U-20 ワールドカップ2011)/新チーム立上げ]
 監督:布 啓一郎
 コーチ:牧内 辰也
 GKコーチ:川俣 則幸

[U-17 日本代表(U-17 ワールドカップ2009 ナイジェリア)]
 監督:池内 豊
 コーチ:山橋 貴史
 GKコーチ:柳楽 雅幸

[U-15 日本代表(U-17 ワールドカップ2011)/新チーム立上げ]
 監督:吉武 博文
 コーチ:菊原 志郎(東京ヴェルディ)
 GKコーチ:大橋 昭好

§かねてから報道されていたように、ロンドン五輪のコーチングスタッフはA代表のコーチングスタッフが兼任する。W杯予選の結果次第では解任のリスクもあるA代表のコーチングスタッフが五輪も見るというのは強化の継続性という面で大丈夫か?兼任ではなく専任スタッフで長期的なスタンスで腰をすえてじっくり取り組んで欲しい。

§U-18のスタッフに関しては、サウジの悲劇を絶対に繰り返さないように自らの失敗経験を次に生かす狙いがあるのかと想像はするし、ぜひそうして欲しいとは思うが、それをこういった形にするのが本当に最善の方法なのかとサウジ世代を追い続けた身としてはもちろん釈然としないものが残る。一般的に考えても判りづらい人事ではないだろうか。

9. 2009 年ユースディベロップメント体制〔男子〕の件

今年のナショトレの指導体制。JFAの資料(pdf)が非常に判りやすいのでそちらをどうぞ。
菊原志郎さんが関東の、佐藤一樹さんが中国のそれぞれサブチーフに新任。

1. 強化・育成部門の体制変更の件

今後の日本サッカーの更なる発展を見据えて、現状の技術委員会の組織・体制を下記の通り変更したい。

【現状】
 技術委員長(強化・育成) 小野 剛

【本件後】
 技術本部長 大仁 邦彌(副会長)
 技術委員長(強化担当) 原 博実
 技術委員長(育成担当) 小野 剛(理事)

強化と育成という異なる機能を切り分けることにより、夫々の分野に全力を投入出来る環境を創出するもの。
強化担当に関わる範囲、役割については、別紙資料の通り。
尚、本件により、新任技術委員長(強化担当)となる原 博実氏については、合わせて(財)日本サッカー協会の特任理事及び国際マッチメイク委員に就任する。

§北京五輪でのグループ予選の敗退や、U-20W杯出場を逃した年代別日本代表。その一つの反省として従来小野さんをトップに据えていた協会の強化・育成部門を、原さんの強化、小野さんの育成の2本に分離し、それを大仁さんが統括するという体制に変更。引用文中にある別紙資料がJFAのページには見当たらないので詳細はわからない。そもそも相反する機能を分割して、うまく連携を取って進めて行けるのか2人の手腕に期待。個人的に若手好き、欧州サッカー好きの原さんの強化担当トップというのは、失敗するととんでもない事になりそうではあるが、成功するとかなり大きいかもしれない。ユース年代でのビックマッチメイクにも期待。ドキドキワクドキ。

続いて報告事項。

7. 競技会開催申請及び名義使用申請の件

(2) 申請団体 (財)東京都サッカー協会
 大会名:第19 回イギョラ杯国際親善ユースサッカーTHE 19th IGYORA CUP
 期日:2009年3月22日(日)~24日(火)
 会場:東京朝鮮高校グランド、駒沢第二球技場・補助競技場、西が丘サッカー場 他
 参加チーム:東京朝鮮高校、錦湖高校(韓国) 他14 チーム

(4) 申請団体:(財)静岡県サッカー協会
 大会名:第24回静岡県ヤングサッカーフェスティバル
 期日:2009年3月1日(日)
 会場:藤枝総合運動公園サッカー場
 参加チーム:日本高校選抜、静岡県高校選抜、ジュビロ磐田ユース、清水エスパルスユース、静岡県U-16選抜、藤枝明誠高校U-16選抜、藤枝・榛原小学生選抜、焼津・島田小学生選抜
 試合の種類:
  前売 一般・大学1,000 円 中高600円 小学生300円 親子1,200円
  当日 一般・大学1,200 円 中高800円 小学生500円

§最近横浜ユーススケジュールがさっぱり更新されないので(更新お願いします!!!)、出場するのかどうかも定かではないイギョラ。一応マリノスカップU-17とかぶってはいないが・・・ まぁ、ユースが出なくてもOBが所属するチームがどっか参加するだろう。 静岡YSFは鹿島学園の面々が選ばれている日本高校選抜が出場する大会。

8. 海外遠征申請の件

(1)全日本大学サッカー連盟
 チーム:全日本大学選抜チーム (第1種)
 遠征期間:2009年3月15日(日)~30日(月)
 遠征先:ドイツ デュッセルドルフ、セルビア ベオグラード、大韓民国 ソウル

§今年のユニバーシアードはベオグラード。誰が選ばれるか・・・

10. 2009JリーグU-13 参加チームの件

メトロポリタンA:
鹿島、川崎、湘南、クマガヤ、千葉、むさし、三菱養和巣鴨、甲府、2008U-13メトロポリタンDグループ1位

メトロポリタンB:
鹿島ノルテ、水戸、みなとみらい、横浜FC、草津赤堀、浦和、FC東京深川、横河武蔵野、2008U-13メトロポリタンEグループ1位

メトロポリタンC:
鹿島つくば、追浜、オエステ、大宮、柏、ヴェルディ、三菱養和調布、栃木、2008U-13メトロポリタンFグループ1位

サザンクロスC:
愛媛、帝人、シーガル、FCディアモ、FCコーマラント、明徳義塾中、徳島FCリベリモ、徳島、徳島吉野川、今越FC

§一部を抜粋。サザンクロスは再び地域で固まったようだ。愛媛にとっては中国地方の強豪と出来る貴重な機会だったので、強化という面ではちょっと残念。でも、去年山口に行っておいて良かった(笑)

|

« 第23回 デンソーカップチャレンジサッカー 南さつま市大会 関西選抜 メンバーリスト | トップページ | ポスター更新作業に初参加しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/28042311

この記事へのトラックバック一覧です: JFA理事会資料をチェック H20#11:

« 第23回 デンソーカップチャレンジサッカー 南さつま市大会 関西選抜 メンバーリスト | トップページ | ポスター更新作業に初参加しました »