« 桜が散り、春が来た ~関東大会県予選 藤沢西vs光明相模原 & J1第5節 横浜vs神戸 | トップページ | U-17日本代表候補トレーニングキャンプ(4/20~24@J-STEP)メンバー »

2009年4月12日 (日)

野球のボールはネットをすり抜ける ~PL#2 横浜vs千葉ユース & KSL#3 日大vs向上、横浜FCvs淵野辺 

今日の神奈川新聞スポーツ欄カラー1面はもちろん「横浜M圧巻5発 待望の今季初白星」。それを読んでニヤニヤしながら小机へ。トップがようやく勝ったからにはユースも遠慮はいらない(違) 今日こそ開花宣言だ!(笑)

■横浜ユースvs千葉ユース

今日の横浜は小野裕二が天野に変わったのと、若干CBの並びが変わっている以外は桐光戦と同じ。立ち上がりは今ひとつ波に乗れないように思えた横浜だったが、前半18分に中田の思い切った攻撃参加から最後は星広太がシュート。GKの頭上を超えたボールは一度はGKの手に当たるも、ゴールに吸い込まれた。そのわずか2分後には、今度は天野が追加点を上げる。この2得点でゲームは完全に横浜ペースとなった。桐光戦とは異なり、今日の横浜は気持ちよくボールがつながり本来の持ち味を十分に発揮できた。これ以上の失点をしたくない千葉はガツガツ止めに入り、連続でイエローカードが出る。横浜が心理面でも優位に立つ。

ハーフタイムに横浜は後藤を下げて渡辺を投入。怪我で長らくリハビリを強いられてきた渡辺は公式戦初出場。復帰&公式戦デビューおめでとう!!激戦区のボランチに渡辺が名乗りをあげ、ますます競争が熾烈になってきた。お互い刺激しあって成長してほしいと思う。

後半立ち上がり、小野悠斗が右サイドからすばらしい技ありのシュートを決める。その3分後には星広太からのスルーパスを榎本が受けドリブルをしかける。相手DFがぴったりと体を寄せてくるが、きれいに振り切りシュート。後半26分には澁谷からのパスに、オフサイドぎりぎりのところから関原が抜け出し5点目。前線の取るべき人が全員点を取ってくれて、これで勝敗の行方は決まった。

桐光戦では危険なミスが多かったDF陣だが、今日もノーミスという訳にはいかず、中田がボールを奪われてあわや失点という場面もあった。しかし桐光戦に比べればミスも減り、安定度は増してきたように思う。最も今日は守備に追われる時間はあまり多くなく(特に後半は)、むしろ攻撃参加の方が印象に残った試合だったが(笑)

来週は下馬評を覆し好調の矢板中央との対戦。苦手な高校チーム相手に今日のような試合ができるかどうかが楽しみだ。

Tr_img_4433 Tr_img_4446
Tr_img_4634 Tr_img_4785 Tr_img_4916
Tr_img_4988_2

<横浜スタメン>
__________榎本大希(9)_________

関原凌河(8)____小野悠斗(10)____天野純(11)

______澁谷元気(13)_後藤拓斗(12)______

保田隆介(2)_樋川愛輔(4)_中田航平(6)_星広太(23)

__________橋本勇樹(1)_________

<千葉スタメン>
______高橋龍之介(16)__新井修人(21)______

金井涼太(13)______________杉山亮平(11)

________高橋淳(18)_沓掛勇太(6)_______

藤谷航平(2)_高橋完治(10)_加藤大地(25)_宮本拓弥(5)

___________蜂巣良哉(1)__________

交代:
 前半34分 千葉:新井修人(21)→佐々部凌(27)
 後半00分 横浜:後藤拓斗(12)→渡辺大斗(22)
 後半22分 横浜:榎本大希(9)→高橋健哉(15)
 後半34分 横浜:関原凌河(8)→菅野裕太(19)
 後半38分 横浜:澁谷元気(13)→松本翔(17)

得点:
 前半18分 横浜:星広太(23)
 前半20分 横浜:天野純(11)
 後半02分 横浜:小野悠斗(10)
 後半05分 横浜:榎本大希(9)
 後半26分 横浜:関原凌河(8)

新横浜で昼ごはんの後は再び小机へ戻り、しんよこFPで県18リーグを2試合。

■向上vs日大日吉 5-2

共にOBが在籍するチーム同士の対戦。開始早々に16番がすばらしいミドルを決め向上が先制。前半18分にもカウンターからきれいに崩し11番のゴールで向上が2点リード。日大も前半33分に伏木のクロスから石川が決め1点差に追い上げる。後半に入り、試合を大きく左右する追加点を取ったのは向上11番。波に乗る向上はさらに10番が2点を加える。日大も終了間際に伏木のクロスを途中出場の須田がヘッドであわせて一矢報いるも、5-2という大差で向上が勝利。

先週は2点リードをひっくり返されて悔しい思いをした向上だったが、今日は守備陣がしっかりと守り、攻撃陣もチャンスを確実に得点に結びつけた。日大はU-18代表にも選出された石川ら攻撃のタレントは多いものの、全体的にちぐはぐで、ずるずると失 点を重ねた。

向上はボランチで磯野がフル出場。前節公式戦デビューを飾った森谷はサブ。日大は2トップの石川と盛、右サイドバックの伏木がフル出場。須田は後半途中からの出場。

Tr_img_5041 Tr_img_5091

■横浜FCvs渕野辺

続いて横浜FCと渕野辺の一戦。前半36分に大内のクロスから最後は磨見が決め、横浜FCが前半を1-0で折り返す。得点シーンはあったものの、いささか刺激に乏しい前半。横浜FCはポゼッションサッカーを目指しているのだろうか。去年のように一気にゴールを目指すサッカーが影を潜め、その分、怖さと面白さが減少した。

後半も同じように刺激に乏しい展開だったが、後半半ばから一気にエキサイティングな展開になだれ込む。口火を切ったのは淵野辺。後半29分にゴール前でのFKを7番が直接決めて同点に追いつく。その2分後にも?番が追加点を上げ淵野辺が逆転に成功。土手で応援しているサブの選手たちは得点の度に雪崩れ落ち、ネットにダイブ。気持ちはわかるが、ネットが破れるといけないので直前で止まりましょう(笑) しかし、淵野辺の喜びもつかの間。横浜FCボールで試合再開するや、たちまち何かよく見えなかった展開(笑)から(しんよこFPは暗すぎる!)、途中出場の加藤千博が同点弾を決める。ゲームは振り出しに戻った。後半34分にはCKから横浜FCゴール前での混戦。GKがファンブルしたボールを淵野辺が押し込むが、これはファールでノーゴール。淵野辺の選手は抗議。これにはイエローカードが出される。土手からは、ごにょごにょに対して、ごにょごにょしないでね、ということなのでここでは書かないでおこう(笑) エキサイティングな展開はここまで。どちらも試合を決めるゴールをあげることはできず、2-2のドローに終わった。

Tr_img_5188 Tr_img_5198 Tr_img_5183

<横浜FCスタメン>
_________磨見朋樹(9)__________

平山玲央(7)____子安賢吾(8)____篠原辰巳(17)

_______飯塚拓也(5)_橋村祐太(10)______

西尾悠(3)__後藤章平(2)_渡辺元貴(15)_大内奏太(6)

__________白川英功(1)___________

※中盤の配置がよくわからなかったけどこんな感じだったと思う。
選手名については、人の顔を識別する能力が決定的に欠けている筆者が、写真を元に割りだしたものなので間違いもあると思います。気づいた方はご指摘いただけると幸いです。

|

« 桜が散り、春が来た ~関東大会県予選 藤沢西vs光明相模原 & J1第5節 横浜vs神戸 | トップページ | U-17日本代表候補トレーニングキャンプ(4/20~24@J-STEP)メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜が散り、春が来た ~関東大会県予選 藤沢西vs光明相模原 & J1第5節 横浜vs神戸 | トップページ | U-17日本代表候補トレーニングキャンプ(4/20~24@J-STEP)メンバー »