« 横浜移籍情報 ~幸宏鳥栖へレンタル移籍 | トップページ | ヘアバン無くば筑波にあらず ~関東大学 明治vs神奈川、国士舘vs筑波 »

2009年5月 3日 (日)

それはどうなん? ~PL2#4 桐蔭vs久我山、PL#5 横浜ユースvs鹿島ユース 他

桐蔭グランドで過ごす一日。

■プリンスリーグ2部第4節 桐蔭学園vs國學院久我山

まずはプリンス2部。桐蔭以上に久我山が見れるのが楽しみだったのだが、OB君はなぜかベンチ外。ここ2試合は連続で途中出場していたので、今日もきっと後半から見れると楽しみにしていただけに残念だった。また今度試合を見に行くよ。

一方、桐蔭は長らく怪我で戦列を離れていた原が前節から復帰し、今日もスタメン。代表に選ばれた矢先に大きな怪我をしてしまい心配していたが、無事復帰できてよかった。その原が前半12分にCKのこぼれ球を豪快に叩き込む。会心のゴールに原は大きなガッツポーズ。先制はしたものの桐蔭のチャンスは少なく、久我山に押し込まれる時間が続く。久我山は安藤がDFライン裏へ抜け出し2度のビッグチャンス。いずれも得点には結びつかなかった。

後半も久我山ペース。後半6分には双木のシュートがゴールをわずかにそれる。その3分後にはドリブル突破でDFを交わした安藤がシュート。これが決まり久我山が追いつく。しかし、後半15分に桐蔭川田が相手DFのパスをインターセプトし、DFライン裏に抜け出しミドルシュートを放つ。これで再び桐蔭がリード。後半24分には久我山に決定的なチャンスが訪れるもこれは無常にもバーを叩く。これが決まっていれば試合の行方はわからなかった。決めきれない久我山に対して、桐蔭は後半32分にキャプテン中村が技ありのループシュートを決めだめ押し。

この結果、桐蔭は待望の初勝利をあげ勝ち点4で4位。自動降格はなくなった。最終節の武南に勝てば2部残留が決まり、1部への挑戦権も得られる。引き分け以下だと、他チームの結果次第では残留戦出場もあるので何が何でも勝利をもぎ取りたい。一方の久我山は勝ち点3で桐蔭に続く。最終節は最下位の桐生第一との対戦。負けると自動降格となる。こちらも絶対に負けられない戦い。両チームとも何とかプリンス残留を決めて欲しい。

Tr_img_2221 Tr_img_2390
Tr_img_2443 Tr_img_2123 Tr_img_2132

<桐蔭スタメン>
______清水太希(11)__川田悠介(18)______

八木下和志(7)_____________中村風太(10)

_______斎藤瞬(19)__高山俊郎(6)______

吉田周平(5)_鳥山翔平(14)_吉田偉紀(16)__原広樹(2)

___________佐武亮(1)___________

<國學院久我山スタメン>
_______佐藤翔太(12)___安藤駿(14)_____

双木亜門(9)_______________松本和茂(10)

______池田遼太(11)___洞内涼佑(7)______

並木凌介(18)_吉岡泰成(22)_松下純土(6)_小沼佑介(15)

__________大久保成椰(1)__________

交代:
 前半36分 久我山:池田遼太(11)→山内浩道(16)
 後半00分 久我山:佐藤翔太(12)→小比賀奨(23)
 後半20分 久我山:安藤駿(14)→平口開斗(24)
 後半32分 桐蔭:川田悠介(18)→佐藤文哉(8)

得点:
 前半12分 桐蔭:原広樹(2)
 後半09分 久我山:安藤駿(14)
 後半15分 桐蔭:川田悠介(18)
 後半32分 桐蔭:中村風太(10)

■プリンスリーグ1部第5節 横浜ユースvs鹿島ユース

続いて横浜ユースと鹿島ユースの一戦。試合はいきなり動く。前半4分にサイドライン近くで鹿島にFKが与えられる。キッカーは年代別代表にも選ばれている土居。ゴール左斜めのさほど角度がないところからのFKで、何でもないキックのように見えたが、低い軌道のFKはワンバンし、なぜか橋本をすり抜けゴールネットを揺らす。横浜は何とか早い時間で1点返したかったが、鹿島の激しいチェックでボールを思うように回せない。前半14分に榎本の絶好のヘディングシュートはGKにキャッチされる。直後のリスタートから、土居のパスを受けた高江州の鮮やかな弾丸シュートが決まり早くも2点ビハインド。

新チームになってからは2点差をひっくり返した試合は見たことがなく、逆に失点を重ねる試合は何度か見てきた。ここで逆転すればチームにとってはまたひとつ成長できるだろう。そのためにはまず1点。そんな願いに応えてくれたのがこぼれの凌河。こぼさせたのは裕二(笑) ゴールを決めた関原は喜びもほどほどにボールを持って一目散にセンターサークルに戻る。いいよ、いいよ。このゴールでチームに本来の横浜らしさが戻ってくる。中盤でボールが回るようになり、それに比例してシュートチャンスも増える。前半31分の裕二のロングシュートはゴールわずかに上。にしても、代表では簡単にゴールが決まるのに、チームではなかなか決まらないなぁ・・・ 裕二がコンスタントにゴールを決めるようになるとチームとしてもう一段上にステップアップできるのだが。

ハーフタイムに気持ちを一新した横浜。後半は完全に自分達のリズムを取り戻し、終始鹿島を押し込む展開。そして同点弾が後半16分に生まれる。裕二のパスに関原がうまくDFライン裏に抜け出し、ドリブルからシュート。角度のないところからのシュートは、ファーのサイドネットに突き刺さる。そして、4分後においしいところを持っていったのは天野(笑) ゴール前で関原(?)からのパスを受け、密集をすり抜けるシュート。鹿島応援席の目の前で次々と選手が折り重なる。夢中でシャッターを押していると、ファインダーに黄色い影。前節に続き橋本も歓喜の”饅頭”に加わる。

同点からのあっという間の逆転劇に鹿島の選手達もさすがに気落ちする。キャプテン中村の叱咤が飛ぶが、横浜の勢いは止められない。苦し紛れのロングボールもDF陣がしっかり跳ね返す。特に樋川が最近好調で、ハイボールにはほとんど競り勝ち、飛び出すタイミングもよくなってきた。中田や岡が思い切った攻撃参加できるのも樋川の好調によるところが大きい。ロスタイム直前にはFKであわやという場面があったものの、鹿島相手に攻めきった横浜が見事な逆転劇で連勝を4に伸ばした。

この試合、横浜はアンドリューが公式戦初出場。守備面ではまだまだやってもらいたい場面が散見されるも、フィジカルコンタクトの激しい鹿島相手にまずまずの出来。今でも厳しいボランチ争いが、これでますます厳しくなってきた。サポ的にはうれしい悲鳴ではあるが、試合に出れない選手もモチベーションを落とす事なく巻き返しを図って欲しい。一人一人の力を合わせ、一つ一つ勝利を積み重ねて、今年こそは”最高の場所”に行こう。

Tr_img_2523 Tr_img_2619
Tr_img_2533_2 Tr_img_2785
Tr_img_2848 Tr_img_2928

<横浜スタメン>
__________関原凌河(8)_________

小野裕二(14)____榎本大希(9)____天野純(11)

_____澁谷元気(13)__熊谷アンドリュー(26)___

岡直樹(3)__中田航平(6)_樋川愛輔(4)__星広太(23)

__________橋本勇樹(1)__________

<鹿島スタメン>
_____神田圭介(11)__高江州政宗(17)_____

土居聖真(10)______________阿部勇治(8)

______出頭卓也(7)__岡崎孝幸(6)______

望月理人(5)_中村開人(4)_柴田泰地(2)_大西健太(12)

__________鈴木成彰(16)__________

交代:
 後半29分 鹿島:大西健太(12)→中森俊介(3)
 後半32分 横浜:榎本大希(9)→高橋健哉(15)
 後半38分 横浜:関原凌河(8)→松本翔(17)

得点:
 前半04分 鹿島:土居聖真(10)
 前半14分 鹿島:高江州政宗(17)
 前半20分 横浜:関原凌河(8)
 後半16分 横浜:関原凌河(8)
 後半20分 横浜:天野純(11)

■TRM 桐蔭Bvs横浜ユースB

プリンスの後には桐蔭とのB戦が行われた。先日の浦和とのB戦はボールポゼッションも高くAチームと同じようなパスサッカーが見られたが、今日は桐蔭の気迫に押されたかボールがつながらず、いい形を作れないまま3-2で敗戦。桐蔭BにはOBの小島、金子が出場。

Tr_img_3112 Tr_img_3206 Tr_img_3134
Tr_img_3016 Tr_img_3140 Tr_img_3144

<スタメン>
__________菅野裕太(19)_________

松本翔(36)_____高橋健哉(32)____齋藤彰太(8)

______渡辺大斗(40)__後藤拓斗(28)_____

星雄次(32)_小林広樹(35)_金沢拓真(2)_向吉勝吾(18)

___________都丸雄司(16)_________

交代:
 後半00分 齋藤彰太(8)、都丸雄司(16)、後藤拓斗(28)、高橋健哉(32)、松本翔(36)
         →木村魁人(6)、福田俊樹(31)、原田健利(7)、鈴木雄斗(9)、山田融(17)

得点:
 前半09分 (桐蔭)
 前半35分 高橋健哉(32)
 前半40分 (桐蔭)
 後半28分 (桐蔭)
 後半29分 原田健利(7)

某鹿島サポさんに会って焼肉を食べたくなったので(笑)、試合後はポスター協力店の市が尾「焼肉居酒屋ひょうたん」さんでがっつりと肉。市が尾の居酒屋は一人ではなかなか行く機会がないので、ちょうどよかった。これからも桐蔭グランドでの試合があるといいんだけど。

|

« 横浜移籍情報 ~幸宏鳥栖へレンタル移籍 | トップページ | ヘアバン無くば筑波にあらず ~関東大学 明治vs神奈川、国士舘vs筑波 »

コメント

6/14甥っ子のいる高校のインターハイ準々決勝の応援ではるばる駒沢まで行ってきました。
どうせならその前の試合も見るかとキックオフ直後到着すると、久我山で頑張っているOB君発見。FWスタメンフル出場、相変わらずの球さばきに場内沸いてましたよ。
下部組織ファンの自分にとって高校で活躍するOBを見るのも楽しみのひとつです。
あと1勝でインターハイ、頑張ってほしいですね。
肝心の甥っ子の高校は負けてしまいました。

投稿: おじさん | 2009年6月18日 (木) 22時37分

おじさん、コメントありがとうございます。

久我山のOB君は活躍しているようですね。
私も今週末見に行く予定です。前回はフラレてしまったので(笑)
今回はスタメン出場してくれるといいのですが。#監督さんお願いします。

>下部組織ファンの自分にとって高校で活躍するOBを見るのも楽しみのひとつです。

その気持ちよくわかります。
OBも各地に散らばり追っかけるのが大変ですが、逆に言うと
色んな機会に見るチャンスがあって楽しいですね。
これからも追っかけたいと思います。

投稿: うれ@管理人 | 2009年6月19日 (金) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜移籍情報 ~幸宏鳥栖へレンタル移籍 | トップページ | ヘアバン無くば筑波にあらず ~関東大学 明治vs神奈川、国士舘vs筑波 »