« 財布はバックに ~TRM みなとみらいU-15、U-14vsLJ | トップページ | 関西学生選抜候補 »

2009年5月10日 (日)

すー、フラ犬を語る ~PL#7 横浜ユースvs流経柏、千葉ユースvs鹿島学園

半袖で過ごす十余ニのお昼。

■プリンスリーグ1部第7節 流通経済大付属柏vs横浜ユース

前節、屈辱の5失点で三菱養和に破れた横浜。あれからわずか4日でどれだけ立て直してきたか。某氏の評価も高い流経柏に対する横浜のスタメンは養和戦と全く同じ。失った名誉と自信は自分達の力で取り返せという松橋監督のメッセージか。

横浜にとっては重要な意味を持つ試合はいきなり動く。前半3分。関原の左クロスに天野が飛び込みゴール。前半12分には天野の絶好のCKを関原が打点の高いヘディングでゴールに突き刺す。持ちつ持たれつ(笑)

暑い日で今シーズン初めての給水タイムが設けられる。早い段階に立て続けに得点が入り気分的には楽になったが、気持ちを緩めると相手は給水タイム中に立て直してくるだろう。果たして、給水明けに流経柏の石井がドリブルで抜け出し強烈なシュート。しかし、これは橋本がしっかりキャッチ。前半35分には星広太がドリブルで中央に切れ込みシュート。これはGKにキャッチされるも直後の前半36分、再び星広太がゴール中央から思い切ってシュート。ゴール前には相手選手が密集していたが、どういうわけかゴールネットが揺れる。入ったの?入ったー! 前半終了間際には天野のクリアボールが後方に流れ、DFラインを抜け出した相手選手が反応してあわやGKと1-1となるが、これは何故かオフサイド判定で難を逃れる。

後半は流経柏にも再三のチャンスが訪れる。しかし、決定機に大きくふかしてしまったり、ゴールをわずかにそれたりで得点にはならない。逆に横浜はそれが入ってしまうのかという得点のオンパレード。後半6分には左サイドで粘った裕二のパスから、関原がゴールライン際から角度のない狭いところをぶち抜く。後半14分には澁谷のパスを受けた裕二のシュータリングがゴールネットを揺らす。小野裕二待望の1点だが本人曰く、「まぐれっす(笑)」 さらに後半20分にはアンドリューのシュートが何だかよくわからないまま(笑)決まる。アンドリューは先輩達から痛い祝福。後半24分には坂田の後継者たる1試合MAX2点の男(笑)関原がついにハットトリック達成。

給水明けも横浜が貧欲にゴールを狙う。後半34分には高橋のシュートが相手DFに当たって弧を描いてゴールに吸い込まれる。後半40分、44分には途中交代の松本が得意のドリブル突破から2ゴールを決める。交代出場ながらきっちり結果を出した。流経柏も一方的にやられていたわけではなく、終盤に2本決定的なシュートを放った。誰もがやられたと目を閉じるような決定機だったが、橋本が素晴らしい反応で跳ね返した。ハッシー、バモ!

結局プリンス史上に残る(?)10-0というスコアで横浜が流経柏を下した。試合後、サポの声援に笑顔で応える選手達。完封勝利に貢献した橋本もいい笑顔。しかし、今日決まった得点のうち半分が前節決まっていればなぁ・・・ でも入るときはこんなもんなんだなぁ・・・ ともあれ、全員の力で前節の雪辱は果たした。次はヴェルディ。サニックスで見た限り、派手さはないチームだが、粘りとワンチャンスをしっかり決める力は持っている。大勝に気持ちを緩める事無く、しっかり切り替えて臨もう!

Tr_img_6338 Ando
Tr_img_6434 Tr_img_6442

<横浜スタメン>
__________榎本大希(9)_________

小野裕二(14)____関原凌河(8)____天野純(11)

_____澁谷元気(13)__熊谷アンドリュー(26)___

岡直樹(3)__樋川愛輔(4)_中田航平(6)__星広太(23)

__________橋本勇樹(1)__________

<流経柏スタメン>
_____佐藤亮太(16)__石井雄輔(20)______

福井快(10)__________グレイブス・ジョシュア(9)

_____富田湧也(15)___馬場康平(13)______

大塚一夢(6)_三渡州舞人(27)_木下匠(5)_吉村康平(8)

__________島崎恭平(25)__________

交代:
 前半38分 流経:グレイブス・ジョシュア(9)→竹原大稀(28)
 後半00分 流経:佐藤亮太(16)、石井雄輔(20)→進藤誠司(18)、宮本拓弥(23)
 後半08分 流経:木下匠(5)→中西孝太(22)
 後半??分 流経:馬場康平(13)→仲座昇吾(7)
 後半22分 横浜:榎本大希(9)→菅野裕太(29)
 後半24分 横浜:澁谷元気(13)→後藤拓斗(12)
 後半27分 横浜:小野裕二(14)→高橋健哉(15)
 後半33分 横浜:関原凌河(8)→松本翔(17)
 後半38分 横浜:岡直樹(3)→星雄次(24)

得点:
 前半03分 横浜:天野純(11)
 前半12分 横浜:関原凌河(8)
 前半34分 横浜:星広太(23)
 後半06分 横浜:関原凌河(8)
 後半14分 横浜:小野裕二(14)
 後半20分 横浜:熊谷アンドリュー(26)
 後半24分 横浜:関原凌河(8)
 後半34分 横浜:高橋健哉(15)
 後半40分 横浜:松本翔(17)
 後半44分 横浜:松本翔(17)

■プリンスリーグ1部第7節 千葉ユースvs鹿島学園

横浜の試合の後は、ゴール裏の日陰に移動して鹿島学園と千葉ユースの試合を観戦。鹿島学園はOBの三橋が10番キャプテンで、中居が右サイドバックでスタメン。

立ち上がりから千葉が優位に試合を進める。鹿島学園の選手も必死に千葉の攻撃を跳ね返していたが、前半15分にDFのミスがらみで失点すると、立て続けに失点を重ね、前半を4点のビハインドで折り返す。後半は一転して鹿島学園のペースで進む。後半9分にはゴール前絶好の位置でのFK。キッカーはキャプテン三橋。残念ながらFKはポストを直撃するも、こぼれ球を田中が押し込んだ。直後に千葉の大塚が2枚のイエローで退場。一人少なくなった千葉に対して、鹿島学園が畳み掛ける。後半18分にはまたしても田中がゴールを決め2点差に追い上げる。さらに勢いづく鹿島学園。ゴール裏のサッカー馬鹿達の声援もだんだん大きくなる。しかし何度かあったチャンスを決めきれず4-2で試合は終了。

鹿島学園はここまで結果は出てないが、やりたいサッカーははっきりしている。去年が出来すぎだっただけに、今年の選手達へのプレッシャーは大きいと思うが、結果に一喜一憂せず、ぶれないでやり通せば、選手権の頃には結果も伴うようになると思う。

Tr_img_6522 Tr_img_6572 Tr_img_6583

<鹿島学園スタメン>
______三橋隼斗(10)__郡司健太朗(17)_____

石川佳史(16)______________請川順也(9)

______宮内啓太(7)___田口元気(6)______

兼子敦貴(11)_刈屋佑規(3)_田中大洋(13)_中居翔汰(2)

__________細田秀樹(1)___________

<千葉スタメン>
______金井涼太(13)__奥田勇太(9)______

左向春樹(29)______________兵藤誠矢(15)

______大塚裕貴(22)__板倉直紀(7)______

増森慧祐(20)_藤谷航平(2)_沓掛勇太(6)_宮本拓弥(5)

___________蜂巣良哉(1)_________

交代:
 後半00分 鹿学:刈屋佑規(3)→笠原匠馬(4)
 後半23分 鹿学:郡司健太朗(17)→近藤直幸(18)
 後半26分 千葉:金井涼太(13)→????(33)
 後半33分 鹿学:石川佳史(16)→石崎英人(20)
 後半35分 鹿学:笠原匠馬(4)→佐野優樹(15)
 後半38分 千葉:請川順也(9)→高橋完治(10)

得点:
 前半15分 千葉:金井涼太(13)
 前半19分 千葉:奥田勇太(9)
 前半21分 千葉:奥田勇太(9)
 前半29分 千葉:金井涼太(13)
 後半09分 鹿学:田中大洋(13) #公式では兼子敦貴(11)だが…
 後半18分 鹿学:田中大洋(13) #公式では刈屋佑規(3) しかし交代ですでにいない…

勝手に special thanks KRAさん

おまけ:みなさんに頂いたお土産の一部。ありがとうございます。おいしく頂きました。

200905101037000 200905101035000

写真左:大分遠征のOさんからはぷりんどら。その名の通り、どら焼きの皮にプリンをはさんだもの。どら焼きの皮とプリンをいっぺんに食べた味を想像してもらえば(笑)
写真右:北海道に帰省した幻君からはご当地キットカット。焼きもろこし風味。とうきびチョコのような味。

|

« 財布はバックに ~TRM みなとみらいU-15、U-14vsLJ | トップページ | 関西学生選抜候補 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 財布はバックに ~TRM みなとみらいU-15、U-14vsLJ | トップページ | 関西学生選抜候補 »