« 三代 ~関クラGL#4 横浜ユースvs横河武蔵野ユース 他 | トップページ | 関クラU-15日程発表 »

2009年6月14日 (日)

幻の都まんじゅう ~KSL-1#4 日本工学院Fマリノスvs平塚SC

本日最後の試合は馬入で久々の工学院Fマリノス。神奈川県社会人リーグ1部(KSL-1)、平塚SCとの対戦。キックオフ20分ほど前に馬入に到着すると熱心なサポーターの方々がすでに幕を張ってベンチ脇にスタンバイ。恐る恐る合流させていただく(笑) 19:05という中途半端なキックオフ時間だったのでTV中継でもあるのかと思ったが、もちろんそんなわけはない(笑)

開始早々の前半7分、CKにタナカケンが合わせ日本工学院Fマリノスが先制。前半18分にはナオトがパワーのあるミドルシュートを決める。日本工学院Fマリノスのサッカーはとにかく前へ前への猪突猛進型サッカー。ユースのつなぎにつなぐサッカーとは正反対で、前を目指すスピード感が気持ちがいい。早い時間帯に2点入って、ますます勢いづく。

後半に入り、8分にもヨウスケが中央突破からジャンピングシュート。ボールが跳ね返り、選手も喜ぶ様子はなかったので外れたのかと思っていると、ゴールが認められる。暗くてよくわからなかったが、中のポールに当たって跳ね返ったようだ。3点リードにも日本工学院Fマリノスのスピードは緩まない。特にボランチのウチダの迫力ある前へのプレイは印象に残った。3点リードで楽勝かと思いきや、残り時間が少なくなった頃に2点返され、試合は3-2に。嫌な予感もあったが、相手にそれ以上の得点は許さずそのまま勝利。ふぅ。ヨウスケのゴールが決まっていて良かった。

90分間あのサッカーをやり続けるのはやはり難しいし、これから暑くなると特に大変だろう。もうちょっと緩急をつければとも思うが、90分間とにかく前を目指し、力で相手をねじ伏せるサッカーがあってもいい。ボールを持って前を向くたびに、見ている方も選手に同化して熱くなる。遅い時間のキックオフだったが、見に来て良かったと思わせるサッカーだった。

今日の勝利で、日本工学院Fマリノスはかながわクラブと全く同じ成績で首位に躍り出た。次節はそのかながわクラブとの首位決定戦。残念ながら応援にはいけないが、スカッとするサッカーで首位をがっちり固めて欲しいと思う。

Tr_img_4485 Tr_img_4511 Tr_img_4595
Tr_img_4641 Tr_img_4731 Yosuke

<スタメン>
______ヨウスケ(10)__タカミズ(20)______

トモヒロ(8)________________アスカ(12)

_______ウチダ(7)__ナオト(26)_______

フジワラ(23)_リキタケ(14)_タナカケン(25)_ホサカ(13)

__________オカダ(24)___________

交代:
 後半27分 アスカ(12)→シュウヘイ(22)
 後半43分 タカミズ(20)→タマムシ(15)

得点:
 前半07分 KFM:タナカケン(25)
 前半18分 KFM:ナオト(26)
 後半08分 KFM:ヨウスケ(10)
 後半32分 平塚:(22)
 後半44分 平塚:(20)

|

« 三代 ~関クラGL#4 横浜ユースvs横河武蔵野ユース 他 | トップページ | 関クラU-15日程発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三代 ~関クラGL#4 横浜ユースvs横河武蔵野ユース 他 | トップページ | 関クラU-15日程発表 »