« 高校総体@奈良 組み合わせ発表 | トップページ | 気持ち ~関クラ3回戦 MM15vs深川、追浜15vsジェフ習志野 »

2009年7月 4日 (土)

10円の恩返し÷3 ~春季大会 MM10vs港北FC、関クラ2回戦 MM15vsジェファFC 他

いよいよJYの熱い夏がスタート。関クラU-15が今のようなトーナメント方式になって3年目。筆者の中では今や1年を通じて、すべてのカテゴリーの中で最も力が入る大会となっている。特に今日は負けると敗者復活すらない一発勝負。この年代は何があるかわからない。どんな相手だろうが油断はできない。ドキドキしつつマリノスタウンに向かい、まずはウォーミングアップにプライマリー(笑)

■第36回 横浜市春季少年サッカー大会 LLの部準々決勝 みなとみらいU-10vs横浜港北SC-A

この試合は8人制で15分×2。立ち上がり早々に山田君のミドルシュートで先制するも、以降は中盤でのボールの奪い合いとなり、みなとみらいの決定機は少ない。逆に、港北の選手にドリブルで振り切られシュートを打たれる場面も何度かあり、試合は全くの五分と五分。後半、またもやキックオフ早々に川崎君のミドルでみなとみらが追加点をあげる。これで少しは優位になるかと思ったが、得点の直後にPAすぐ横のFKをファーにいた選手にダイレクトで決められ失点。前半同様試合はどっちに転ぶかわからない展開になった。後半11分、みなとみらいが前目の選手を一気に4人交代した直後、港北に追加点を許し追いつかれる。残り5分ではどちらも追加点を奪うことは出来ず試合はPK戦となった。港北先攻で始まったPK戦は、港北の3人目、4人目の選手が失敗し、2-4でみなとみらいが勝利をおさめ、”木村和司杯”にあと2つに迫った。

Tr_img_6734 Tr_img_6783

メンバー:
 HPページの選手紹介が7月に入ったというのに未だに更新されませんので、気長にお待ちください(苦笑) ※2009/7/27更新

 1本目:鈴木風雅、佐々木俊樹、川野裕大、堀研太、山田康太、川崎柊音、森本怜太郎、中村太士
 2本目:川野裕大、今井海斗、山口玲有、柴田晋太朗、石井明日真、藤井夏輝、中村太士、川崎柊音
 2本目10分:川野裕大、今井海斗、山口玲有、美崎壮哉、石井明日真、櫻井風我、中野伊織、棚橋尭士

得点:
 前半01分 山田康太
 後半02分 川崎柊音
 後半03分 (港北SC)
 後半11分 (港北SC)

PK戦:
 港北: ○ ○ × ×
 MM: 石井○ 山口○ 美崎○ 今井

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 2回戦 みなとみらいU-15vsジェファFC

春季大会の後はいよいよCグラで関クラ2回戦。相手は東京代表のジェファFC。現國學院久我山高校監督の李済華(リ・ジェファ)氏が創設、代表・総監督を務めるクラブで、プリンス関東のパンフを見ると久我山にも何人かOBがいるようだ。

負ければそこで終わってしまう重要な一戦は11時キックオフ。開始早々、CKを宇佐見君がヘディングで押し込みあっさりみなとみらいが先制。幸先のいいスタートだったが、以後は一進一退の攻防が続き、あわや失点かという場面も少なくない。前半7分のゴールはオフサイドに救われ、17分にはバーに救われる。ジェファはよく統率の取れたチームで、組織だった攻撃にみなとみらいは非常に苦しめられた。李氏が監督の久我山のスローガンは”美しく勝て”。なるほど、ジェファのDNAにもその美学が植えつけられているようだ。

今日のみなとみらいは緊張からか、自陣でのミスが目立ち、自らリズムを壊す。蒸し暑さが徐々に体力と判断力を鈍らせる。後半3分のカウンターはぎりぎりの所で松崎君が凌いだものの、後半15分にはついに8番君に決められ同点に追いつかれる。同点に追いつきジェファが波に乗る。後半25分には、すばやいパス交換から左サイドでフリーでボールを持った8番君が思い切ってシュートを放つ。やられた!残り時間10分での失点は致命傷だ。みなとみらいの夏は初戦で終わるのか・・・ そんな考えが一瞬にして頭の中を駆け巡る。しかし、幸いにもボールは右ポストを叩く。助かった。サッカーの神様はまだまだ見捨ててない。深い安堵に思わず崩れ落ちそうになる。しかし、試合は終わっていない。

みなとみらいのベンチ脇ではトップの端戸と学が後輩の試合を観戦している。そうだ、学を出そう!坊主だし、まだまだ中3でもいけるはず! そんな冗談も飛び出しはするが、言っている本人の顔は笑っていない。

70分で決着はつかず、試合は10分ハーフの延長戦に突入。延長前半4分。FKのこぼれ球を相場君が思い切ってシュート。ようやく均衡が破れる。しかし、油断大敵。そのすぐ後にはジェファに決定的なチャンス。これはGK境君が思い切って前に出てナイスセーブ。

延長後半3分にはCKからフリーで諸石君がシュート。決定的なチャンスだったがこれはゴール外。残り時間が少なくなりジェファが最後の攻勢を強める。何本もCKが続く。ピッチと時計を交互に見る。足をつらせた選手が多かったため、長めのロスタイム。笛はまだか。ジェファのCKからあわや失点というピンチを何とか切り抜けた直後に試合終了のホイッスル。ふぅ・・・ つながった。

初戦の難しさというのはあるにしても、今日のみなとみらいは悪いところばかりが目立った。明日の深川戦に向けて心配ばかりがつのる。とはいえ、このチームは試合毎にがらっと変わるチーム。先日の関東リーグの川崎戦は素晴らしい出来だった。ああいう試合も出来るチームだ。今日の苦戦で気持ちを引き締め、きっと明日は深川を破って全国を決めてくれるに違いない。

Tr_img_7012

Tr_img_7087 Tr_img_7247

<みなとみらいスタメン>
__________宇佐見康介(10)________

持田里久也(6)____野路貴之(11)___田中秀明(13)

_______喜田拓也(7)__相場遥介(9)_____

冨沢右京(12)_松崎颯介(3)_諸石健太(2)_岩壁裕也(5)

___________境龍登(1)__________

交代(みなとみらいのみ):
 延長前半00分 岩壁裕也(5)→加瀬裕太(24)
 延長後半02分 野路貴之(11)→河合力也(8)
 延長後半07分 持田里久也(6)→高野遼(4)

得点:
 前半01分 宇佐見康介(5)
 後半15分 (ジェファ)
 延長前半04分 相場遥介(9)

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 2回戦 追浜U-15vsジュニオール

みなとみらいの試合の後は、急いで追浜へ。みなとみらいが延長にもつれ込んだため、到着したのは後半キックオフ直前。対戦相手がOBのいるジュニオールだったので、最初からじっくり見たかったのだが・・・ 試合は前半3点(田中健太君、斎藤一磨君、田中智也君)、後半2点(田中智也君、栗原奨吾君)で快勝。次はジェフ習志野との対戦。

ジュニオールはOBの関根君がFWでスタメンフル出場。何度かドリブルでゴールに迫るシーンがあり、見ごたえがあった。OBの多いチームなので、来年はもっとOB対決が見られることだろう。楽しみだ。

Tr_img_7367 Tr_img_7383

■J1第16節 大宮vs横浜

JYの連戦の後は大宮へ。何気にトップでは初めてのNACK5。臨場感があっていいスタジアムだが、肝心のピッチの上は何とも低調だった。最近の横浜のサッカーには観客をのせる”流れ”がない。淡々と同じ事を何度も同じようにやって、何度も同じように失敗して・・・ 新しい何かが必要じゃないか?それにしても、大宮の前線は何であんなに簡単にコロコロ倒れるんだろうか。一瞬、鹿島にいるのかと錯覚した(笑)

|

« 高校総体@奈良 組み合わせ発表 | トップページ | 気持ち ~関クラ3回戦 MM15vs深川、追浜15vsジェフ習志野 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高校総体@奈良 組み合わせ発表 | トップページ | 気持ち ~関クラ3回戦 MM15vs深川、追浜15vsジェフ習志野 »