« 10円の恩返し÷3 ~春季大会 MM10vs港北FC、関クラ2回戦 MM15vsジェファFC 他 | トップページ | U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(7/13~19)メンバー »

2009年7月 5日 (日)

気持ち ~関クラ3回戦 MM15vs深川、追浜15vsジェフ習志野

関クラは運命の3回戦。ここで勝てば全国大会への切符を手にする事ができる。負けても敗者復活戦があるので、すべてが終わるわけではないが、敗者復活戦は1/8の狭き門。どちらも何とか今日で決めてくれ!

幸い今日はマリノスタウンでみなとみらい、追浜と続けて試合が行われるので両方見ることができる。マニアに優しい日程だが、ドキドキの試合を2試合見るのは精神的にはかなり厳しい。

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 3回戦 みなとみらいU-15vsFC東京深川

最初はみなとみらい。相手は深川。横浜のJY年代にとってFC東京勢はもはや天敵のようなもので、一昨年、去年とことごとく重要な試合で苦杯を飲まされている。今日こそは一矢報いたい。

立ち上がり4分に試合は動く。GKの頭上を抜けたCKを相場君が中央に戻し、野路君が相手選手に囲まれつつもうまくコントロールしてシュート。昨日と同じく早い段階でのゴールにうれしさ半分、不安が半分(笑) しかし序盤こそ深川に押されるシーンがあったものの、時間が経つにつれみなとみらいがゲームを支配するようになる。昨日は前に出るシーンが少なかった右サイドの岩壁君も積極的に前に出て、田中君とのコンビネーションでゴールに迫る。深川が徐々に引き気味になったこともあり、昨日と違って低い位置でボールを奪われての反撃を喰らうシーンも少なく、今日は優位に試合を進める事ができた。前半26分には野路君が右サイドやや遠目からのシュートを決め、みなとみらいが2点リードで前半を終える。

後半7分には深川の選手がうまくDFライン裏に抜け出しシュート。これはGK境君が飛び出しストップ。後半14分にはみなとみらいのチャンス。林君が出したいいタイミングのパスに野路君がDF裏に抜け出し、前に出てきたGKの頭上を抜くループシュート。深川のDFが必死で追いかけるが一歩及ばず。野路君はこの重要な試合でハットトリックの活躍。これで普通だったらかなり気持ちも楽になるのだが、ここ一番での東京勢の粘りは侮れない。この年代に限らず色々なカテゴリーで何度も高い授業料を払ってきた身としては(笑)、3点差でも安心はできない。

深川は後半18分に11番君に代わり岸君を投入。入ってきた早々に、後方からのフィードに抜け出しシュートを放つ。これは境君が弾く。みなとみらいも松井君、河合君を投入し中盤を活性化させる。残り時間は徐々に少なくなる。3点取った安心感と連戦の疲れからか、DFライン裏を狙う深川の攻撃に、オフサイドのセルフジャッジで足を止めるシーンも目立つ。幸い今回は事なきを得たが、笛が鳴るまでは絶対に足を止めてはいけないよ。

勝利も近づいてきた後半33分。中盤でのパスミスを奪われカウンター。岸君にこのチャンスを決められ点差は2に縮まる。しかし、その2分後。CKを諸石君がドンピシャヘッド。雄たけびを上げる諸石君。その後もみなとみらいは攻撃の手を緩めることなく、ついに試合終了のホイッスル。2年ぶりの全国大会出場を決めた。おめでとう、みなとみらいの選手達。

Tr_img_7477 Tr_img_7498
Tr_img_7511 Tr_img_7674

<みなとみらいスタメン>
__________宇佐見康介(10)________

持田里久也(6)____野路貴之(11)___田中秀明(13)

_______喜田拓也(7)__相場遥介(9)_____

冨沢右京(12)_松崎颯介(3)_諸石健太(2)_岩壁裕也(5)

___________境龍登(1)__________

交代(みなとみらいのみ):
 後半12分 岩壁裕也(5)→林亮祐(17)
 後半15分 冨沢右京(12)→高野遼(4)
 後半26分 野路貴之(11)→松井優斗(14)
 後半31分 持田里久也(6)→河合力也(8)

得点:
 前半04分 MM:野路貴之(11)
 前半26分 MM:野路貴之(11)
 後半14分 MM:野路貴之(11)
 後半33分 深川:岸寛太(21)
 後半35分 MM:諸石健太(2)

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 3回戦 追浜U-15vsジェフ習志野

続いて追浜。対戦相手はジェフ習志野。去年みなとみらいが関クラで逆転負けを喫した相手であり、追浜も今年の関東リーグで前後半の終了間際に失点し逆転負けで初黒星をつけられた。

立ち上がりから習志野ペース。左サイドの9番、10番君が積極的に前に出てきてゴールを脅かす。1トップの21番君もしたたかにゴールを狙う。前半16分。21番君の思い切ったミドルシュート。GK北村君が飛び上がって手を伸ばすが、ボールはその上をかすめてゴールネットを揺らす。喜びを爆発させる習志野の選手達。1点目なのにまるで試合に勝ったかのような喜びよう。喜びすぎると碌な事がない。実際、その3分後には田中健太君のドリブルからのシュートのこぼれを高梨君が押し込み、追浜がたちまち同点に追いつく。クールなおっぱまーずの喜びは控えめ。もうちょっと喜んでもいいんじゃない?と先ほどとは逆の感想(笑) 前半34分には斎藤君が粘ってゴールライン際からクロス。これをファーで高梨君が合わせ追浜が逆転に成功。この時のおっぱまーずの喜びも控えめだったが、直後に習志野に同点弾を決められてしまう。サッカーは難しいものだ。

同点で迎えた後半。立ち上がりは習志野ペースで進むが、徐々に追浜のカウンターが威力を増す。シュートチャンスも増えるが、そこに立ちはだかったのは習志野のGK君。トリッキーなグランダーFKからの高梨君の至近距離からのシュートは身を投げ出して止め、前田君の意表をつくミドルシュートも片手で弾き、田中健太君のドリブルからのシュートもしっかり止めた。追浜のシュートはことごとくスーパーセーブの前に塞がれる。ピンチを防ぐ度にGK君が味方に激を飛ばす。「前から守備しろ!」「FW、点とってこい!」 その気迫と仕事っぷりは敵ながら天晴れ。

追浜最大のチャンスは後半31分。CKの混戦からの決定的なシュート。GKは前に出ていてゴール前にはいない。決まった!と思ったが、ゴールマウスにいた9番君が跳ね返す。追浜は何度もあった決定機を決められないまま80分間(関クラは3回戦から40分ハーフ)を終え、試合は延長戦に。

延長前半も追浜がチャンスを作り出す。2分の斎藤君のループシュートはGKがキャッチ。3分の田中健太君のドリブルからの至近距離のシュートはやっぱりGKが神業のようなセーブ。直後に習志野のカウンター。左サイドからのグランダーのクロスを走り込んできた選手がジャストミート。習志野の選手はまたしても大喜び。しかし今度はGK君からカツが飛ぶ。「まだ、終わってないぞ!」 勢いに乗った習志野の攻撃が続く。追浜守備陣は何とかクリアしていたが、延長前半終了間際にCKをヘディングで押し込まれ点差は2点に。

「10分で2点取られたんだから、10分で2点取れるぞ!」 追浜の応援団からはそんな声が飛ぶ。延長後半早々、セットプレイから田中智也君がヘディグで1点返す。いけるぞ!追浜は伊池君や小松君を前線にあげ猛攻。しかし習志野の守備の集中力は素晴らしい。全員が自陣に戻り、必死で追浜の攻撃を跳ね返す。そして、ついに1点差を守り抜いた。ホイッスルとともに崩れ落ちるおっぱまーず。

試合後、追浜側に挨拶に来た習志野の選手達。「最後まできちんとやろうぜ」と仲間を促し一礼。中にはうれし涙を流している選手もいる。そこまで気持ちの入った試合をしていたのか。後で知ったのだが、ジェフの下部組織は段階的に発展的統合することになっており、現U-15は習志野というチームでプレイする最後の世代。下級生はおらず、習志野のメンバーはこの日会場に姿を見せていた選手だけ。泣いても笑っても習志野は今年で最後、何が何でも俺達の力で全国へ行くんだ!そんな思いを胸に闘っていたのだろう。これで試合中の気迫に合点がいった。

やはりサッカーにおいては技術や戦術と同じくらいか、それ以上に何が何でも勝つという気持ちが大切だと改めて思う。今日のおっぱまーずは技術や戦術では習志野に負けてはいなかった。選手達も決して負けたとは思っていないだろう。ただ、気持ちの面では習志野の方が上回っていたのは確か。

今日負けたことでおっぱまーずはあと三つ勝たないと全国へ行けない状況になった。厳しい戦いだが、ポジティブに捉えれば、これはおっぱまーずがもっともっと強くなるための絶好のチャンス。絶対に勝つんだという気持ちの大切さはきっと今日習志野の選手達から学んだと思う。次はそれを自分達が実践する番。もちろん勝負だから勝ち負けは必ずついてくる。しかし、自分達を信じて全力を尽くすことは後々きっと様々なものをもたらしてくれるだろう。強い気持ちを持って来週からの試合に全力を尽くそう、おっぱまーず!

Tr_img_7705 Tr_img_7830
Tr_img_7777 Tr_img_7803 Tr_img_7795

<追浜スタメン>
__________田中健太(17)__________

田中智也(11)____高梨祐太(10)____斎藤一磨(15)

_______林拓弥(4)___伊池翼(8)_______

村原大輝(6)_小松勇樹(3)_太田勇樹(13)_前田啓介(2)

__________北村征也(16)__________

交代:
 延長前半06分 斎藤一磨(15)→新里涼(22)

得点:
 前半16分 (習志野)
 前半19分 高梨祐太(10)
 前半34分 高梨祐太(10)
 前半35分 (習志野)
 延長前半03分 (習志野)
 延長前半09分 (習志野)
 延長後半00分 田中智也(11)

|

« 10円の恩返し÷3 ~春季大会 MM10vs港北FC、関クラ2回戦 MM15vsジェファFC 他 | トップページ | U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(7/13~19)メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10円の恩返し÷3 ~春季大会 MM10vs港北FC、関クラ2回戦 MM15vsジェファFC 他 | トップページ | U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(7/13~19)メンバー »