« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

関東大学選抜チーム 韓国遠征メンバーリスト

横浜がらみは、中央大の田港ぐらいかな。

======================================

この度、関東大学サッカー連盟では関東大学選抜チームを結成し、8月7日(金)~8月14日(金)の期間で韓国遠征を実施することとなりました。これに伴い、メンバーが発表されましたので、お知らせいたします。

スタッフ
団長:松本 健一 関東大学サッカー連盟 理事
監督:李 宇韺  慶應
コーチ:八城 修  桐蔭横浜
コーチ:源平 貴久 専修
コーチ:靑葉 幸洋 順天堂
指導者:星 貴洋  東京学芸
ドクター:髙橋 祐樹 聖隷浜松病院 整形外科
学生トレーナー:加藤 裕  東京学芸(3年)
主務:中村 悠希 筑波大(3年)

選手
01 GK 菅野 一弘 1988.11.25 183cm/75kg 早稲田3
12 GK 増田 卓也 1989.06.29 183cm/77kg 流経大2
18 GK 高木  駿 1989.05.22 180cm/76kg 明治大2

02 DF 三上 佳貴 1988.07.09 170cm/70kg 慶應大3
03 DF 小川  諒 1988.11.05 184cm/81kg 早稲田3
04 DF 藤本 修司 1988.04.10 179cm/69kg 専修大3
05 DF 野田 明弘 1988.09.05 170cm/70kg 早稲田3
13 DF 佐藤 貴則 1988.10.29 187cm/75kg 神奈川3
15 DF 黄  大城 1989.12.20 186cm/65kg 慶應大2
16 DF 関田 寛士 1989.10.02 184cm/74kg 桐蔭横2
22 DF 田港 周平 1989.05.23 172cm/70kg 中央大2

06 MF 関根 雄太 1989.01.23 173cm/64kg 専修大3
07 MF 永木 亮太 1988.06.04 175cm/68kg 中央大3
08 MF 小林 裕紀 1988.10.18 179cm/65kg 明治大3
10 MF 小幡 純平 1988.12.13 166cm/59kg 専修大3
11 MF 武藤 雄樹 1988.11.07 170cm/64kg 流経大3
17 MF 奥井  諒 1990.03.07 168cm/58kg 早稲田2
20 MF 中里 崇弘 1990.03.29 174cm/70kg 流経大2
21 MF 岩上 祐三 1989.07.28 169cm/67kg 東海大2

09 FW 棗  佑喜 1988.11.18 184cm/75kg 駒澤大3
14 FW 久保 裕一 1988.09.26 181cm/74kg 明治大3
19 FW 林  容平 1989.07.16 176cm/61kg 中央大2
23 FW 富山 貴光 1990.12.26 180cm/73kg 早稲田1

バックアップ
GK 岡  大生 1988.04.18 184cm/70kg 駒澤大3
DF 日下部 諒 1988.06.08 177cm/73kg 順天堂3
DF 石神 幸征 1990.01.11 171cm/66kg 筑波大2
MF 太田 圭祐 1989.07.10 172cm/66kg 東学大2
FW 上條 宏晃 1989.04.22 175cm/70kg 流経大2

=============================================

【結果】
◇8/10(月)15:00 関東大学選抜 3-0 イェウォン芸術大学 @光明福祉運動場
 メンバー:富山、棗('65林):小幡('71武藤)、関根('65小川)、永木('71中里)、奥井:藤本、関田、佐藤、田港('71野田):菅野
 得点:佐藤('39)、富山('70)、林('87)

◇8/11(火)15:00 関東大学選抜 2-2 韓国大学選抜 @安養総合運動場
 メンバー:久保、林('80棗):武藤、中里('71永木)、岩上、小林:黄、小川、三川、野田:増田
 得点:林('63)、武藤('66)

◇8/12(水)15:00 関東大学選抜 3-3 ソンギュングァン @光明福祉運動場
 メンバー:富山、棗('36林):小幡、関根('44退場 特別ルール→'48武藤)、永木、奥井('56中里):藤本、関田、佐藤、田港:菅野
 得点:藤本('24)、林('68)、富山('75)

◇8/13(木)16:00 関東大学選抜 1-1 FCソウル @グリ運動場
 メンバー:久保、林('40関根→'81小幡):武藤、中里('73奥井)、岩上、小林:黄、小川、三川、野田:増田
 得点:武藤('38)

| | コメント (0)

2009年7月30日 (木)

高円宮U-18概要

高円宮U-18の概要が発表された。

・1次ラウンド第1戦は会場と時間によってはナビスコ第2戦とハシゴ不可。
・1次ラウンド第2戦は例によってメニコンとかぶる。ついでに仙台カップとも。
・1次ラウンド第3戦は会場と時間によってはトップ鹿島戦とハシゴ不可。。
・ラウンド16では石巻も!
・準々決勝はU-16選手権とかぶるけど、まあ支障はないだろう。
・準々決勝でJヴィレスタジアム!
・けどこの日はJユースカップ初戦じゃないか!

==========================================

【1次ラウンド】
 09/06(日):[第1戦] 第1試合 11:00~、第2試合 13:20~
 09/13(日):[第2戦] 第1試合 11:00~、第2試合 13:20~
 09/19(土):[第3戦] 第1試合 11:00~、第2試合 13:20~

 ・ひたちなか市総合運動公園陸上競技場(茨城県ひたちなか市)
 ・群馬県立サッカー・ラグビー場(群馬県前橋市)
 ・さいたま市浦和駒場スタジアム(埼玉県さいたま市) ※9/13開催
 ・NACK5スタジアム大宮(埼玉県さいたま市) ※9/6開催
 ・埼玉スタジアム2002第2グラウンド(埼玉県さいたま市) ※9/19開催
 ・習志野市秋津サッカー場(千葉県習志野市)
 ・国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場(東京都北区)
 ・藤枝総合運動公園サッカー場(静岡県藤枝市) ※9/6、13開催
 ・焼津市総合グラウンド陸上競技場(静岡県焼津市) ※9/19開催

【決勝トーナメント】
○ラウンド16
 09/21(月・祝)、23日(水・祝) 第1試合 11:00~、第2試合 13:20~
 ・石巻市総合運動公園フットボール場(宮城県石巻市)
 ・ひたちなか市総合運動公園陸上競技場(茨城県ひたちなか市)
 ・群馬県立サッカー・ラグビー場(群馬県前橋市)
 ・夢の島競技場(東京都江東区) ※9/23開催

○準々決勝
 10/03(土)、04日(日) 第1試合 11:00~、第2試合 13:20~
 ・ひたちなか市総合運動公園陸上競技場(茨城県ひたちなか市) ※10/3開催
 ・Jヴィレッジスタジアム(福島県双葉郡) ※10/4開催

○準決勝
 10/10(土) 第1試合 12:00~、第2試合 14:30~
 ・国立競技場(東京都新宿区)

○決勝
 10/12(月・祝) 13:00~(予定)
 ・埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)

| | コメント (2)

2009年7月29日 (水)

U-17日本代表チーム スペイン遠征(8/5~18)メンバー

ナイジェリア前の最後の遠征。怪我明けの小野裕二は選ばれず。本番までにコンディションを上げて本番メンバーに食い込んで欲しい。

========================================

スタッフ
監督:池内 豊
コーチ:山橋 貴史
GKコーチ:柳楽 雅幸

選手
GK
嘉味田 隼 1992.01.17 183cm/80kg 神戸ユース
渡辺 泰広 1992.10.04 180cm/70kg 新潟ユース

DF
内田 達也 1992.02.08 177cm/70kg ガンバユース
岡本 拓也 1992.06.18 173cm/67kg 浦和ユース
岸   光 1992.06.23 181cm/65kg 名古屋U-18
廣木 雄磨 1992.07.23 167cm/63kg FC東京U-18
夛田 凌輔 1992.08.07 167cm/62kg セレッソU-18
高野 光司 1992.12.23 173cm/60kg ヴェルディユース
松原  健 1993.02.16 177cm/66kg 大分U-18

MF
柴原  誠 1992.04.23 168cm/58kg 清水ユース
柴崎  岳 1992.05.28 173cm/62kg 青森山田
鮫島 晃太 1992.06.24 178cm/68kg 鹿児島城西
小島 秀仁 1992.07.30 178cm/65kg 前橋育英
高木 善朗 1992.12.09 170cm/63kg ヴェルディユース
堀米 勇輝 1992.12.13 168cm/62kg 甲府ユース
幸野志有人 1993.05.04 174cm/58kg JFAアカデミー福島

FW
宇佐美貴史 1992.05.06 178cm/68kg ガンバ大阪
宮吉 拓実 1992.08.07 170cm/63kg 京都
杉本 健勇 1992.11.18 187cm/76kg セレッソU-18
宮市  亮 1992.12.14 180cm/66kg 中京大附属中京

※U-17日本代表チーム:FIFA U-17ワールドカップ ナイジェリア2009(10/24-11/15)に出場するチーム。

========================================

【結果】
■ビジャレアル国際ユース大会 7位

◇8/8(土)22:45 30分ハーフ GL#1
 会場:スペイン/カステジョン(ビジャレアルフットボールセンター)
 結果:U-17日本代表 0-1 ( 0-0,0-1 ) ACミラン(イタリア)

◇8/9(日)18:30 30分ハーフ GL#2
 会場:スペイン/カステジョン(ビジャレアルフットボールセンター)
 結果:U-17日本代表 2-2( 1-0,1-2 ) レアル・マドリード
 得点:
  13分 宇佐美貴史
  32分 宇佐美貴史
  47分 失点
  50分 失点

◇8/10(月)18:30 30分ハーフ GL#3
 会場:スペイン/カステジョン(ビジャレアルフットボールセンター)</b>}}}
 結果:U-17日本代表 1-2( 1-2,0-0 ) セルティック
 得点:
  06分 宇佐美貴史
  11分 失点
  17分 失点

◇8/11(火)18:30キックオフ 30分ハーフ 7/8位決定戦
 会場:スペイン/カステジョン(ビジャレアルフットボールセンター)
 結果:U-17日本代表 5-0( 0-0,5-0 ) ビジャレアル
 得点:
  33分 宮吉拓実
  38分 宮吉拓実
  43分 柴原誠
  45分 宮吉拓実
  57分 宮市亮

■第10回Manel Forne Pons ユースサッカー大会 優勝

◇8/15(土)18:00 35分ハーフ
 会場:スペイン/タラゴナ サン・カルロス・デ・ラ・ラピタ Campo Municipal "La Devesa"
 結果:UEラピテンカ(U.E.Rapitenca) 0-4 ( 0-2,0-2 ) U-17日本代表
 得点:
  前半10分 宇佐美貴史
  前半25分 小島秀仁
  後半08分 宮吉拓実
  後半09分 宮吉拓実

◇8/16(日)18:30 35分ハーフ
 結果:デポルティボ・ラコルーニャ 0-3 U-17日本代表
 得点:
  前半?分 宇佐美貴史
  前半?分 杉本健勇
  後半?分 宇佐美貴史

========================================

過去リンク
U-17日本代表チーム〔第13回国際ユースサッカーin新潟(7/14~20)〕メンバー 
U-17日本代表チーム ブルキナファソ遠征(6/13~23)メンバー 
U-17日本代表候補トレーニングキャンプ@東京(5/11~15)メンバー 
U-17日本代表候補トレーニングキャンプ(4/20~24@J-STEP)メンバー 
U-17日本代表 サニックスカップ(3/17~3/23)メンバー 
U-17日本代表 メキシコ遠征 (1/21~2/3)メンバー 

U-16日本代表候補 J-STEPトレーニングキャンプ(12/16~12/20)メンバー 
AFC U-16選手権 ウズベキスタン2008 U-16日本代表チームメンバー 
第9回豊田国際ユースサッカー大会U-16日本代表メンバー 
U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(7/15~21)メンバー 
U-16日本代表チーム ウクライナ遠征(6/2~13)メンバー 
U-16日本代表候補トレーニングキャンプ (5/6~11) 
U-16日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/14~20)メンバー  
U-16日本代表チーム フランス遠征(モンテギュー国際大会 3/15~26) 
U-16日本代表候補 トレーニングキャンプ (3/2~7) 

U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(12/10~15) 
AFC U-16選手権大会予選 U-15日本代表チームメンバー 
U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(9/11~17・J-STEP) 
U-15日本代表チーム タイ遠征(7/16~25) 
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(6/18~23)メンバー 
U-15日本代表 イタリア遠征〔フランコ・ガッリーニ国際大会(4/3~11)〕 
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(3/3~9)メンバー  

| | コメント (0)

もやもや ~全クラQF 横浜vsセレッソ、ナビスコ準々決勝#2 横浜vsガンバ

小雨模様のJヴィレッジ。今年からアディダスピッチと名前を変えたピッチ3で、横浜は三ツ沢行きをかけてセレッソと対戦。

■全クラ準々決勝 横浜vsセレッソ

前半は双方決定的なチャンスはないものの、セレッソが押し込む時間が続く。後半も同じような展開で進むが、横浜も後一歩というチャンスを作り出す。後半17分にはCKをファーで小野裕二がヘッド。ボールはGKの手をすり抜けるが、ゴールライン際に張っていた細見にクリアされる。後半38分には松本のシュートのこぼれをアンドリューがミドルシュート。これはGKに止められる。後半終了間際にはドリブルでPA内に侵入したアンドリューのシュートが相手DFに当たって跳ね返り、これを関原がシュート。セレッソ守備陣が必死でクリア。後から振り返れば、どれか1本決まっていれば試合は決まっていた。

延長に入り、横浜はセレッソに押される時間帯が続く。守備陣は必死でセレッソの攻撃を跳ね返す。GKの橋本には仲間から「ハッシーびびんなよ、気持ちだよ!」と檄が飛ぶ。延長後半に入っても横浜の劣勢は続く。こうなったら、耐えて、耐えて、ワンチャンスから一発を狙え!

しかし、チャンスをものにしたのはセレッソだった。横浜のセットプレイからセレッソのカウンター。右サイドから野口のアーリークロス。後半途中からFWの位置にいた杉本が、これをダイレクトで突き刺す。後3分耐えれば延長終了というところでの失点だった。横浜も最後の力を振り絞って反撃。保田のクロスに関原がヘッドで合わせるがこれはゴール上にそれる。

まもなく試合終了のホイッスルがなり、横浜の選手達がピッチに崩れ落ちる。

またしても、三ツ沢帰還の願いは叶わなかった。悔しくてたまらないが、それが今の横浜の実力なのだろう。次の大きな大会は高円宮杯。今度こそは笑顔で終わりたい。

Tr_img_4142 Tr_img_4047
Tr_img_4151 Tr_img_4118

<横浜スタメン>
__________榎本大希(9)_________

関原凌河(8)____小野悠斗(10)____天野純(11)

______澁谷元気(13)_熊谷アンドリュー(26)___

岡直樹(3)__樋川愛輔(4)_中田航平(6)_保田隆介(2)

___________橋本勇樹(1)_________

<セレッソスタメン>
______坂口豪(18)___永井龍(9)______

野口直人(14)_____________藤山宗徳(12)

_______細見諒(8)__宮田大輔(4)______

小池佑平(2)_夛田凌輔(6)_杉本健勇(7)_道上隼人(11)

___________一森純(1)__________

交代:
 前半36分 大阪:藤山宗徳(12)→高橋直大(10)
 後半00分 横浜:榎本大希(9)→小野裕二(14)
 後半00分 大阪:坂口豪(18)→宮園貴大(15)
 後半27分 大阪:高橋直大(10)→風間ワグネルケンジ(20)
 後半32分 横浜:天野純(11)→松本翔(17)
 後半40分 大阪:宮園貴大(15)→成田雅治(3)

得点:
 延長後半07分 大阪:杉本健勇(7)

■ナビスコカップ 準々決勝#2 横浜vsガンバ

夜は三ツ沢でナビスコカップ準々決勝第2戦。横浜は1-2でガンバに破れたものの、トータル4-3で準決勝進出決定。今日の横浜のゴールはアーリア。ちょっとボールがラッキーな位置にこぼれたのもあるが、それをしっかり決めたのは立派。このところ調子があがっているようでうれしい。これからも頼むよ!

にしても、すっきりしない一日。あ~あ。

| | コメント (0)

2009年7月28日 (火)

ぴこんの正体見たり ~全クラU-18GL#3 横浜vs広島

2008年の忘れ物は土曜日に取り返した。
2007年の忘れ物は今日取り返した。

明日は2006年の忘れ物を取り返そう!
そして日曜日、マリサポで満員の三ツ沢で2005年の忘れ物を取り返そう!

とりあえず得点シーン。

1点目:小野悠斗からのパスを受けた関原がPA内浅い角度から右足一閃。
2点目:ロスタイム残りわずか。小野悠斗が足をつり松本に交代。直後アンドリューの右クロスをダイレクトボレーで合わせる。松本のこの試合唯一のボールタッチ(笑)

===========================================

全クラグループリーグ最終日。試合前の他チームの結果で、負けても勝ち抜けはほぼ決まっていた横浜ユース。気持ち的には楽だが、相手はここ数年練習試合も含め一度も勝ったのを見たことがない広島ユース。最も、ガンバとばっかり仲良しで横浜はなかなか相手にしてくれなかったという事情もあるのだが(笑) とにかく勝ってすっきり決勝トーナメントに進出したい。

広島は3トップ気味の攻撃的な布陣。初っ端から左の砂川のドリブルに星広太が振り切られる。サイドの守備が鍵になりそうな一戦だったが、以後は星広太もよく耐えた。中盤の後藤、アンドリューも守備に貢献し、徐々にポゼッションで上回る横浜のシュートチャンスが増える。一番積極的にシュートを放ったのは小野悠斗。しかし、アイデアは面白いもののやや精度を欠きゴールには至らない。横浜ペースながら前半はスコアレスで終了。

後半立ち上がりは広島が優勢に試合を進める。セットプレイからチャンスが続くが横浜の守備もしっかり耐えた。立ち上がりの劣勢をしのぎ、再び横浜がゲームの主導権を握る。榎本に代わり投入された小野裕二が積極的に仕掛けて広島ゴールに迫る。しかし、決定的なチャンスを作るもGKにブロックされ、ゴールは割れない。

ゲームの均衡がようやく破れたのは後半26分。関原が左サイドからドリブルでしかけ、得意の角度のないところからシュート。ボールはGKの脇を抜け、右サイドネットを揺らした。これでスコア的にも、気持ち的にも随分楽になった。

広島GKが後半に治療を受けた関係でロスタイムは5分。勝たなければいけない広島の攻撃に横浜はピンチが続くが、懸命のクリアで何とかしのぐ。

まもなくロスタイムが終了しようかとするころ、右サイド前でボールを持ったアンドリューからクロスが入る。ゴール中央の松本がこのクロスをダイレクトボレーで叩き込む。松本はロスタイム2分に足をつらせた小野悠斗と交代で入って、この試合最初(で最後)のボールタッチだった。得点王争いで一歩リードした関原に正真正銘のワンプレーで追いついた(笑) ひとしきり喜び終わった頃、試合終了のホイッスル。横浜は見事1位の1位でグループリーグを通過した。さぁ、もう一つ勝って三ツ沢に帰ろう!

Tr_img_3464 Tr_img_3760
Tr_img_3729 Tr_img_3816
Tr_img_3835 Tr_img_3865

<横浜スタメン>
__________榎本大希(9)_________

関原凌河(8)____小野悠斗(10)____天野純(11)

_____後藤拓斗(12)__熊谷アンドリュー(26)___

岡直樹(3)__樋川愛輔(4)_中田航平(6)__星広太(23)

___________橋本勇樹(1)_________

<広島スタメン>
_砂川優太郎(11)_井波靖奈(23)_浅田裕史(6)__

水頭廉(14)_____________森保翔平(17)

_____茶島雄介(8)__中山雄登(7)______

____宮本徹(4)_山崎翼(3)_宗近慧(2)____

__________大森圭悟(1)_________

交代:
 後半15分 横浜:榎本大希(9)→小野裕二(14)
 後半23分 広島:水頭廉(14)→越智翔太(12)
 後半28分 横浜:天野純(11)→塩田光(7)
 後半29分 広島:中山雄登(7)→甲元聡史(18)
 後半35分 広島:井波靖奈(23)→野口大輔(13)
 後半39分 横浜:後藤拓斗(12)→澁谷元気(13)
 後半39分 横浜:小野悠斗(10)→松本翔(17)

得点:
 後半26分 横浜:関原凌河(8)
 後半39分 横浜:松本翔(17)

| | コメント (0)

U-20日本代表チーム スペイン遠征(アルクディア国際ユーストーナメント2009)メンバー

一部報道通り、水原国際ユースメンバーに選出されていた水沼、学はメンバー外。横浜勢はゼロ。

=======================================

スタッフ
団長:原 博実
総監督:岡田 武史
監督:西村 昭宏
コーチ:相馬 直樹
GKコーチ:慶越 雄二

選手
GK
松本 拓也 1989.02.06 183cm/76kg 順天堂
廣永遼太郎 1990.01.09 185cm/75kg FC東京 2009/08/10 チーム事情
大畑 拓也 1990.05.28 178cm/72kg 磐田  2009/08/10 追加
DF
薗田  淳 1989.01.23 181cm/73kg 川崎
當間 建文 1989.03.21 178cm/72kg 鹿島
比嘉 祐介 1989.05.15 168cm/67kg 流経大
鎌田 翔雅 1989.06.15 172cm/66kg 湘南  2009/08/10 チーム事情
山村 和也 1989.12.02 184cm/75kg 流経大
菅沼 駿哉 1990.05.17 182cm/80kg ガンバ大阪
田中 奏一 1989.06.27 171cm/65kg 慶應大 2009/08/10 追加
MF
遠藤 敬佑 1989.03.20 180cm/70kg 水戸  2009/08/10 チーム事情
鈴木  惇 1989.04.22 168cm/69kg 福岡
河井 陽介 1989.08.04 165cm/56kg 慶應大
内田 健太 1989.10.02 177cm/63kg 広島
島川 俊郎 1990.05.28 180cm/74kg 仙台
新井 涼平 1990.11.03 183cm/67kg 大宮
中村 太亮 1989.07.19 182cm/68kg 京都 2009/08/10 追加
安田 晃大 1989.08.08 165cm/60kg ガンバ大阪 2009/08/10 追加
FW
永井 謙佑 1989.03.05 177cm/67kg 福岡大  2009/08/10 チーム事情
白谷 建人 1989.06.10 177cm/72kg セレッソ
押谷 祐樹 1989.09.23 169cm/68kg 岐阜
登里 享平 1990.11.13 168cm/60kg 川崎
指宿 洋史 1991.02.27 193cm/80kg ジローナFC 2009/08/10 追加

スケジュール
アルクディア国際ユーストーナメント2009
8/14(金)23:00 対 レバンテ
8/16(日)22:45 対 ブラジリア州選抜
8/18(火)22:45 対 ビジャレアル
8/20(木)21:00 準決勝:グループA1位 対 グループB2位
     23:00 準決勝:グループB1位 対 グループA2位
8/21(金)19:00 3位決定戦
     22:30 決勝戦
※会場はすべて「Estadio Municipal ELS ARCS」です。

=======================================

【結果】1位:バレンシア 2位:U-20ベネズエラ代表 3位:U-20日本代表 4位:ビジャレアル

◇8/15(土)0:00 GL#1 @Estadio Municipal ELS ARCS
 日本 2-1( 0-0,2-1 )レバンテ(スペイン)
 得点:白谷建人、指宿 洋史

◇8/16(日)22:45 GL#2 @Estadio Municipal ELS ARCS
 日本 1-1 ブラジリア州選抜(ブラジル)
 得点:押谷祐樹

◇8/18(火)22:45 GL#3 @Estadio Municipal ELS ARCS
 日本 4-1( 2-1,2-0 )ビジャレアル(スペイン)
 得点:
  21分 失点
  36分 押谷祐樹
  40分 鈴木惇
  53分 中村太亮
  89分 鈴木惇

<グループA最終順位>
1位:日本       勝ち点7
2位:ビジャレアル   勝ち点6
3位:ブラジリア州選抜 勝ち点2
4位:レバンテ     勝ち点1

◇8/20(木)20:00 準決勝 @Estadio Municipal ELS ARCS
 日本 2-3( 0-1,2-2 )バレンシア(スペイン)
 得点:
  16分 失点
  52分 内田健太
  68分 失点
  72分 失点
  77分 白谷建人:PK

◇8/21(金)19:00 3位決定戦 @ESTADIO MUNICIPAL "ELS ARCS" DE L'ALCDIA
 日本 3-2( 0-0,3-2 )ビジャレアル(スペイン)
 得点:
  46分 中村太亮
  47分 失点
  52分 失点
  86分 安田晃大
  89分 押谷祐樹

| | コメント (0)

U-13、14、15 Jリーグ選抜韓国/オランダ/ブラジル 海外キャンプメンバー

恒例のJリーグ選抜海外遠征のメンバーが発表された。一部既出ながら正式発表が出たので改めて掲載。

U-13はみなとみらいの村田君、愛媛の山本君、U-14は追浜の田中健太君、コーチで小池さん、U-15は追浜の伊東君、愛媛の曾根田君がそれぞれ選出されている。

=================================

Jリーグは、下記の通り8/7(金)よりU-13 Jリーグ選抜チームを韓国(JOMO CUP 2009)に、また、8/25(火)よりU-14 Jリーグ選抜チームをオランダに、8/24(月)よりU-15 Jリーグ選抜チームをブラジルに、それぞれ派遣し、海外キャンプを実施します。

■U-13Jリーグ選抜チーム 韓国キャンプ

U-13Jリーグ選抜チームが実施する韓国キャンプでは、8/8(土)に韓国・仁川で開催されるJOMO CUP 2009において、U-13 Kリーグ選抜と対戦します。翌9(日)には仁川ユナイテッドFC(韓国)と、トレーニングマッチを予定しています。

期間:2009年8/6(木)~8/9(日)
場所:韓国・仁川
参加チーム:U-13Jリーグ選抜
大会名:JOMO CUP 2009

【U-13 Jリーグ選抜チーム 韓国キャンプ スケジュール】
8/6(木)東京駅集合 トレーニング(鹿島アントラーズ クラブハウス)
8/7(金)成田発/仁川着 トレーニング JOMO CUP 2009 前夜祭
8/8(土)JOMO CUP 2009(対 U-13 Kリーグ選抜)
8/9(日)トレーニングマッチ (対 仁川ユナイテッドFC) 金浦発/羽田着

【U-13Jリーグ選抜チーム 韓国キャンプ メンバー】
【スタッフ】
監督:上野山 信行(Jリーグ)
コーチ:矢作 典史(浦和)
トレーナー:上村 高史(水道橋メディカルクリニック)
主務:赤廣 いずみ(Jリーグ)

【選手】
GK
石井 大地 (草津)
田中 慈瑛 (鳥栖)
DF
吉原  大 (浦和)
大西 拓真 (FC東京)
飯原 健斗 (横浜FC)
横原 康太 (磐田)
北本真一郎 (セレッソ)
坂井  淳 (広島)
MF
岩崎 湧治 (仙台)
山本 健司 (柏)
宮本 航汰 (清水)
笹沼 孔明 (名古屋)
鎌田 大地 (ガンバ)
山本 亮太 (愛媛FC)
坂井 大将 (大分)
FW
村田 直哉 (みなとみらい)
宮腰  遼 (新潟)
岩元 颯オリビエ (京都)
※2009年7月28日現在。

■U-14 Jリーグ選抜チーム オランダキャンプ

U-14 Jリーグ選抜チームが実施するオランダキャンプでは、第16回 国際ユース大会 Audax-Willem Ⅱに参加し、予選リーグではアーセナルFC、ハンブルガーSV、フェイエノールトと対戦します。また、大会参加に加え、スパルタ・ロッテルダム、エクセルシオール・ロッテルダムなどのオランダのプロクラブとトレーニングマッチを予定しています。

期間:2009/8/24(月)~9/1(火)
場所:オランダ
参加チーム:U-14 Jリーグ選抜
参加大会名:第16回 国際ユース大会 Audax-Willem Ⅱ(オランダ ティルブルグ)

【U-14 Jリーグ選抜チーム オランダキャンプ スケジュール】
8/24(月)ホテル集合
8/25(火)成田発/アムステルダム着  レッケルケルクに移動
8/26(水)トレーニング および トレーニングマッチ(対 スパルタ・ロッテルダム)
8/27(木)トレーニング および トレーニングマッチ(対 エクセルシオール・ロッテルダム)
8/28(金)トレーニング および トレーニングマッチ(対戦未定)
8/29(土)ティルブルグに移動
 第16回 国際ユース大会 Audax-Willem Ⅱ 1日目
  第1試合(対 アーセナルFC)、第2試合(対 ハンブルガーSV)、第3試合(対 フェイエノールト)
8/30(日)第16回 国際ユース大会 Audax-Willem Ⅱ 2日目
 3試合(決勝進出の場合1試合追加)  大会終了後、レッケルケルクに移動
8/31(月)オランダ視察(アムステルダム市内、アヤックスほか)  アムステルダム発
9/1(火)成田着

【U-14Jリーグ選抜チーム オランダキャンプ メンバー】
【スタッフ】
監督:小松 義典(鹿島)
コーチ:小池 直文(横浜)
GKコーチ:大神 友明(磐田)
トレーナー:荻堂 博行(ガンバ)
主務:中村 聡(Jリーグ)

【選手】
GK
伊藤 俊祐 (柏)
古島 圭人 (湘南)
DF
内山 裕貴 (札幌)
阿部  翔 (栃木)
中村 大我 (清水)
柳沢 拓弥 (清水)
永保  尭 (ガンバ)
山口 博也 (徳島)
MF
三塚 春輝 (鹿島)
鴨池 陽希 (FC東京)
石附  航 (新潟)
金  来遠 (名古屋)
平田 昌規 (セレッソ)
小西 智貴 (神戸)
FW
小沢 佑太 (大宮)
田中 健太 (追浜)
北川 柊斗 (名古屋)
佐々木亜門 (福岡)
※2009年7月28日現在

■U-15 Jリーグ選抜チーム ブラジルキャンプ

U15選抜チームは、ブラジルで日伯友好カップに参加します。日伯友好カップは、クルゼイロ、ボタフォゴ、フラメンゴ、グレミオなど、ブラジルU-15年代のトップクラスのチームが参加するブラジル国内でも注目度の高い大会で、Jリーグ選抜チームは2005年より毎年参加しています。

期間:2009/8/24(月)~9/2(水)
場所:ブラジル リオデジャネイロ
参加チーム:U-15 Jリーグ選抜
参加大会名:第12回 日伯友好カップ

【U-15 Jリーグ選抜チーム ブラジルキャンプ スケジュール】
8/24(月)成田発(アトランタ経由)
8/25(火)リオデジャネイロ着 ジーコサッカーセンターに移動 第12回日伯友好カップ開会式
8/26(水)予選リーグ 第1試合(対 フラメンゴ)
8/27(木)予選リーグ 第2試合(対 CFZ)
8/28(金)予選リーグ 第3試合(対 ヴィトリア)
8/29(土)準々決勝
8/30(日)準決勝
8/31(月)決勝 リオデジャネイロ発(アトランタ経由)
9/2(水) 成田着

【U-15 Jリーグ選抜チーム ブラジルキャンプ メンバー】
【スタッフ】
団長:上野山 信行(Jリーグ)
監督:鴨川 幸司(ガンバ)
コーチ:梅津 博徳(ガンバ)
GKコーチ:佐々木 理(名古屋)
トレーナー:益 賢明(ガンバ)
主務:伊藤 緑(Jリーグ)

【選手】
GK
河野 隼人 (大宮)
斉藤 康平 (清水)
牲川 歩見 (磐田)
DF
佐藤 久元 (仙台)
菊池  翔 (大宮)
今関 耕平 (千葉)
小口 大貴 (川崎)
岩波 拓也 (神戸)
曾根田 穣 (愛媛)
MF
西袋 裕太 (浦和)
岩田 拓也 (FC東京) 2009/08/25 怪我
安在 和樹 (ヴェルディ)
内藤  遼 (湘南)
野津田岳人 (広島)
井上  丈 (新潟) 2009/08/25 追加
FW
伊東 海征 (追浜)
青山 貴浩 (名古屋)
出岡 大輝 (ガンバ)
西岡田 渉 (徳島)

| | コメント (0)

2009年7月27日 (月)

U-16日本代表チーム〔第10回豊田国際ユースサッカー大会(8/3~9)〕メンバー

個人的には夏フェスの中で一番の注目の豊田国際のメンバーが発表された。
横浜からは熊谷と鈴木椋大が選出された。未だプレイを見たことのない鈴木が楽しみだ。

==========================================================

スタッフ
監督:大熊 裕司
コーチ:畑 喜美夫
GKコーチ:加藤 寿一

選手
GK
01 田尻  健 1993.06.11 181cm/70kg ガンバユース
18 鈴木 椋大 1994.02.10 187cm/71kg 横浜ユース

DF
02 遠藤  航 1993.02.09 175cm/69kg 湘南ユース
03 松原  健 1993.02.16 177cm/66kg 大分U-18 2009/07/29 スペイン遠征参加
04 木下 高彰 1993.06.11 180cm/66kg 浜松開誠館
05 西野 貴治 1993.09.14 183cm/65kg ガンバユース
06 古山 瑛翔 1993.11.08 170cm/54kg JFAアカデミー福島
07 脇本 晃成 1994.01.08 176cm/65kg 広島ユース
?? 奈良 竜樹 1993/09/19 178cm/68kg 札幌U-18 2009/07/29 追加

MF
08 相馬 大士 1993.02.02 174cm/65kg 柏U-18
09 山中 亮輔 1993.04.20 170cm/60kg 柏U-18 2009/08/04 怪我
10 山千代大斗 1993.05.17 174cm/60kg ガンバユース
11 熊谷アンドリュー 1993.06.06 180cm/67kg 横浜ユース
12 原川  力 1993.08.18 173cm/61kg 京都U-18
13 為田 大貴 1993.08.24 173cm/61kg 大分U-18
?? 原  伊吹 1993.08.30 167cm/64kg 大分U-18 2009/08/04 追加

FW
14 田鍋 陵太 1993.04.10 176cm/64kg 三菱養和ユース
15 榊  翔太 1993.08.03 163cm/57kg 札幌U-18
16 久保 裕也 1993.12.24 175cm/68kg 京都U-18
17 鈴木 隆雅 1994.02.28 178cm/63kg 鹿島ユース

※U-16日本代表チーム:FIFA U-20ワールドカップ2013出場を目標としたチーム。

おまけ:グランパス・愛知県・豊田市選抜

GK 伊藤 悠稀 1993.05.12 名古屋U-18
GK 石井  綾 1993.06.24 名古屋U-18
DF 野崎 翔平 1993.05.15 名古屋U-18
DF 奥山 政幸 1993.07.28 名古屋U-18
DF 川本 拓也 1993.09.16 名古屋U-18
DF 渡辺 大輝 1993.11.16 名古屋U-18
DF 三鬼  海 1993.04.19 名古屋U-18
DF 樋江井悠貴 1993.05.07 名古屋U-18
DF 山田 翔司 1993.01.22 東海学園
MF 水野 泰輔 1993.05.04 名古屋U-18
MF 都竹 俊優 1993.04.10 名古屋U-18
MF 川村 啓輔 1993.09.20 名古屋U-18
MF 加藤  凱 1993.09.27 名古屋U-18
MF 佐藤 和樹 1993.05.18 名古屋U-18
MF 加藤  翼 1993.05.14 名古屋U-18
MF 岩田 考弘 1994.07.29 名古屋U-15
FW 高原  幹 1993.05.28 名古屋U-18
FW 足立 智紀 1993.05.27 名古屋U-18
FW 青山 貴浩 1994.06.05 名古屋U-15
FW 熊谷 和紀 1993.07.05 中京大中京

【スケジュール】
8/6(木) 豊田スタジアム
 16:30~ U-16メキシコ vs U-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜
 18:30~ U-16日本 vs U-16韓国

8/8(土) 豊田スタジアム
 15:00~ U-16メキシコ vs U-16韓国
 17:00~ U-16日本 vs U-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜

8/9(日) 豊田スタジアム
 15:00~ U-16韓国 vs U-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜
 17:00~ U-16日本 vs U-16メキシコ

==========================================================
【結果】1位:メキシコ、2位:日本、3位:ほぼグランパス、4位:韓国

第10回豊田国際ユースサッカー大会 : 2位
試合日 8/6(木) 8/8(土) 8/9(日)
キックオフ 18:30 17:00 17:00
試合形式 40分×2 40分×2 40分×2
対戦相手 U-16韓国 U-16ほぼ名古屋 U-16メキシコ
会場 豊田スタジアム 豊田スタジアム 豊田スタジアム
スコア ○2-0 ○2-2(PK4-3) ●0-1
■GK        
1 田尻  健  
18 鈴木 椋大    
■DF        
2 遠藤  航
3 奈良 竜樹    
4 木下 高彰   ▽45  
5 西野 貴治 ○ ☆
6 古山 瑛翔 △72    
7 脇本 晃成  
■MF        
8 相馬 大士  
9 原  伊吹 △65 ▽55 ☆
10 山千代大斗 ▽72
11 熊谷アンドリュー ▽65
12 原川  力 △55  
13 為田 大貴 △45
■FW        
14 田鍋 陵太 △45 ▽65
15 榊  翔太 ▽45 △65  
16 久保 裕也 ▽66 ☆ ▽58 ☆
17 鈴木 隆雅 △66 △58  

※3日目はスタメンのみで交替選手がわかりません。ご存知の方は教えていただけると幸いです。

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

村の王 ~全クラU-18GL#2 横浜vs塩釜FC 他

全クラ2日目。曇りの予報だったが、Jヴィレッジは快晴。今日は第3試合なので、それまでは木陰でのんびりと観戦。

■清水vs川崎 1-4

まずは今年からアディダスピッチに名前が変わったピッチ3で清水と川崎の一戦。立ち上がりいきなり畑直樹が浮き球シュートでゴール。清水が早々と先制。しかし、川崎の縦に早い攻撃と、局面での当たりの強さに清水は徐々に押されるようになり、18分(東城利哉)、29分(今野順)と連続で失点。東城のゴールは金原鎬司からのロングボールを絶妙な胸トラップで前に落として一気にドリブル。カウンターのお手本のようなゴールだった。後半も川崎のリズムで進む。清水は個人技に優れた選手が多いものの、個人技で仕掛けては潰されるの繰り返しで、チームとして機能するサッカーはできなかった。川崎は後半にも東城、今野順がゴールを決め、4-1で快勝。3年前の追浜の優勝メンバーの一人である中島は後半途中出場。

■三菱養和vsガンバ 2-1

第2試合は今日一番の激戦の予感漂う養和vsガンバ。関西プリンス2部に降格したガンバがどれだけ”酷い”のか、どれだけ”弱い”のかを見るために集まった観客も少なからずいたはずだが、やはりガンバはガンバ。個々の能力は高く、攻撃の迫力はやや落ちてはいるものの、決して”酷く”も”弱く”もない。しかし”不運”ではあった。昨日のFC東京戦では正GKの金谷が一発退場でリードしていた試合をドローに持ち込まれる。今日も先制点のきっかけを作った大森晃太郎が後半14分に負傷退場。その5分後にはキャプテンで守備の要の内田達也が得点機会阻止で一発退場。攻守のキーマンを失う。内田のファールで与えたPKはGK田尻健が素晴らしいセーブを見せたものの、残り10分でセットプレイから2失点。養和の後半の2ゴールがオフサイドになる判定や、前述の田尻のPK阻止で”幸運”が味方して何とか逃げ切れるかと希望も出ていた段階での立て続けの失点。やっぱり今年のガンバは”不運”なのだろう。

■横浜vs塩釜FC

熱戦の後は横浜の2戦目。今年は順位決定時に最下位チームとの得失点は計算に入れないというルールがなくなった。広島は昨日8-1で塩釜から大量得点を奪っている以上、横浜も勝ち点3はもちろん、できるだけ得点を奪う必要がある。しかし、広島も昨日は塩釜に退場者が出るまではゴールを奪えなかった。広島に得失点で追いつくことは簡単ではないが、やるしかない。選手達の円陣からも、「最初の10分で取るぞ!」との声があがる。

先制点は意外な形でもたらされた。天野の右サイドからのセンタリングに松本が詰める。塩釜DFとGKで余裕で対処できるはずのボールだったが、塩釜DFがまさかのクリアミス。クリアボールはゴールに向かって飛んだ。こういう試合は大抵1点目をどう取るかが決め手になるだけに、早い時間に、しかも相手のオウンゴールというのは横浜にとってはまたとない展開。横浜の一方的な攻撃が続く。

前半14分には、天野のシュートがDFに当たってこぼれたところを関原が拾いミドル。
前半31分には、星広太の右クロスを松本がダイレクトボレー。
前半33分には、小野悠斗がゴール前でGKの位置を良く見てループ。
前半35分には、小野悠斗のパスに抜け出し関原がシュート。

前半終了間際と後半立ち上がりは塩釜に何本かシュートを打たれる場面が続くも、これは橋本がしっかりセーブ。再び横浜の攻撃が始まる。

後半6分には、天野、小野悠斗ときれいにつなぎ最後は松本。
後半17分には、DFライン裏に出たボールを関原がGKと接触寸前にシュート。
後半18分には、アンドリューがタッチラインぎりぎりからPA内狭い所にキラーパス。小野裕二が飛び込む。
後半26分には、関原がドリブルで切れ込みラストパス。松本翔が後方から飛び込む。
後半36分には、榎本が粘ってゴールライン際からパス。またもや松本が飛び込む。

場合によっては勝てて御の字という結果も想定していたが、終わってみれば10-0の完勝。広島が得た得失点を上回り、最終戦は引き分け以上でグループ1位が確定する。とはいえ、その最終戦が一番の難関。最終戦もハラハラドキドキのアツイ試合になりそうだ。勝って決勝トーナメントへ!

Tr_img_2603 Tr_img_2970
Tr_img_2833 Tr_img_2883
Tr_img_2942 Tr_img_3013

<横浜スタメン>
__________関原凌河(8)_________

松本翔(17)_____小野悠斗(10)____天野純(11)

_____後藤拓斗(12)__熊谷アンドリュー(26)___

岡直樹(3)__樋川愛輔(4)_中田航平(6)__星広太(23)

___________橋本勇樹(1)_________

<塩釜FCスタメン>
_____石森裕基(10)__西條吟(11)______

阿部太郎(12)______________石川純(9)

______庄子匠(6)___浅沼翔(7)______

白旗海(4)_桜井雅将(17)_八島祥太(2)_齋藤光敬(3)

__________大友聡太(1)_________

交代:
 前半26分 塩釜:阿部太郎(12)→松本晃(8)
 後半00分 横浜:岡直樹(3)→星雄次(24)
 後半13分 横浜:天野純(11)→小野裕二(14)
 後半15分 塩釜:松本晃(8)→岡元翼(13)
 後半18分 横浜:小野悠斗(10)→高橋健哉(15)
 後半27分 横浜:関原凌河(8)→榎本大希(9)

得点:
 前半03分 横浜:OG
 前半14分 横浜:関原凌河(8)
 前半31分 横浜:松本翔(17)
 前半33分 横浜:小野悠斗(10)
 前半35分 横浜:関原凌河(8)
 後半06分 横浜:松本翔(17)
 後半17分 横浜:関原凌河(8)
 後半18分 横浜:小野裕二(14)
 後半26分 横浜:松本翔(17)
 後半36分 横浜:松本翔(17)

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

茶碗蒸し食べすぎ(笑) ~全クラU-18GL#1 横浜vs名古屋

とりあえず得点経過のみ。

1点目:天野がセンターサークル近くからのスーペルロング
2点目:CKをファーで関原がヘッド
3点目:岡がドリブルで左サイドから侵入し、ゴール前の小野悠斗に決めるだけパス
1失点目:中田がPA内でハンドの判定。PK。

=============================================

いわきで電車に乗り込んで発車を待っていると、次々に各クラブのサポが乗り込んでくる。育成年代の大会は数あれど、Jヴィレで開催される全クラU-18ほどわくわく感を与えてくれる大会はない。Jヴィレには何もない。されど、サッカーならたっぷりある。今年はどんなアツイ夏になるだろうか。

■グループリーグ第1戦 横浜vs名古屋

横浜は第1試合目。相手はいきなり強豪の名古屋。曇り空で、涼しい風が吹いていてサッカーをするにはいいコンディションだったが、初戦の緊張感からか、お互い出足は慎重。最初のチャンスは前半10分。天野のCKをファーで澁谷が頭で合わせる。フリーで打ったシュートはほんのわずかにそれた。前半20分には澁谷のパスをインターセプトして名古屋のシュート。これは中田がクリア。

前半28分。センターライン近くから天野が意表をつくロングループ。前に出ていたGKの頭上を抜けボールはネットを揺らす。ゴラッソ!ゴールを決めた天野はサブの選手達の元へ走り寄る。大喜びで天野を迎えるサブの選手達。フィールドの選手も集まる。橋本も久々に(笑)その輪に混じる。チームの雰囲気もよさそうだ。このゴールで横浜に流れが出てくる。5分後には天野のCKをファーで関原がヘディングで2点目。関原は胸の8を指差しサポにアピール。よっしゃ! 横浜はこれで硬さもとれ、本来のパスワークが見られるようになる。

2点リードで迎えた後半3分。岡がボールを奪われ名古屋の反撃。これは何とかしのぐ。後半8分には橋本のクリアボールが味方に当たり、あわやOGとなるピンチ。Jヴィレでは2点差はもちろん安全圏ではないというのはマリサポの常識(笑) それでも、横浜のポゼッションは高く、そうそう点を取られそうな雰囲気はない。横浜は澁谷に変えてアンドリューを投入。最終ラインの中田に加え、アンドリューからも長短の面白いパスが増える。これに反応して前線の動きも活発になる。

後半21分には岡が左サイドからドリブルで切れ込む。PA内で相手DFを引き付け、ゴール前フリーの小野悠斗にパス。悠斗は流し込むだけ。最近あまり積極的な攻撃参加が見られない岡が久々に持ち味を見せてくれた。

後半30分、中田がPA内でハンドの判定。矢田がこれを決め点差は2に。後半35分には樋川が足を吊らせて早田と交代。横浜のDFラインにとって樋川は今や欠かせない存在になっているので少々不安だったが、早田もしっかり相手を押さえ、それ以上の得点は許さない。早田は長い長いリハビリを経ての復帰。マリノスタウンに行くと黙々と走り込みをしている早田の姿をよく目にした。お帰り早田。高校3年の最後の年、今年はもう怪我をしないで思う存分プレイできますように。

ロスタイムは4分。横浜は小野裕二が積極的にゴールを脅かし、得点の欲しい名古屋の攻撃の意欲を削ぐ。長いロスタイムが終わり、横浜が3-1で初戦を白星で飾った。

Tr_img_1887 Tr_img_1933 Tr_img_2160 Tr_img_2263 Tr_img_2150 Tr_img_2287

<横浜スタメン>
__________榎本大希(9)_________

関原凌河(8)____小野悠斗(10)____天野純(11)

_____後藤拓斗(12)__澁谷元気(13)_____

岡直樹(3)_樋川愛輔(4)_中田航平(6)_保田隆介(2)

__________橋本勇樹(1)_________

<名古屋スタメン>
_______矢田旭(10)__小幡元輝(9)_____

三浦俊希(6)______________金編勇佑(3)

______水野泰輔(27)__近藤洋史(12)_____

安藤駿冶(8)_奥山政幸(19)__岸光(4)__岩田修平(2)

___________三浦天悟(1)_________

交代:
 後半18分 横浜:澁谷元気(13)→熊谷アンドリュー(26)
 後半18分 名古屋:金編勇佑(3)→高原幹(21)
 後半25分 名古屋:三浦俊希(6)→大西勇輝(5)
 後半26分 横浜:榎本大希(9)→小野裕二(14)
 後半32分 横浜:小野悠斗(10)→高橋健哉(15)
 後半32分 名古屋:近藤洋史(12)→川本拓也(25)
 後半35分 横浜:樋川愛輔(4)→早田廉(5)

得点:
 前半28分 横浜:天野純(11)
 前半33分 横浜:関原凌河(8)
 後半21分 横浜:小野悠斗(10)
 後半30分 名古屋:矢田旭(10) PK

試合の後は勝利の余韻を楽しみつつ、これまたJヴィレの楽しみの一つであるバイキング。今年は南アフリカフェアとのことで、クスクスや鶏肉の香草煮込み、ソーセージなどが出た。ソーセージはくせが強く今ひとつ。バイキングの後は、情報交換しつつ面白そうな試合をあちこちつまみ食い。横浜OBを中心に見ようと思ったが、川崎、養和ともに出場せず。残念。

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

全クラ前日、水戸にて

Ohagi
 
おはぎだって
 
 
Anmitsu
 
あんみつだって
 
 
Zunda_2
 
ずんだもちだって
 
 
 
豆じゃないか!

 
 
 
ならば・・・
 
  
Nattopafe1  
 

パフェに納豆がのっていたっていいじゃないか。
 

と、思うんです。
 
 

Nattopafe2
 
 
 
まあ、何というか意外とうまい(笑)
 
 
ただスイーツを食べるときにスプーンで”糸”を回し取るのは
 
いかがなものか(笑)
 
 
 
 
 
 
さあ、いよいよ全クラですよ!
 
 
 

 

おはぎの写真はこちら http://www.jakyoto.com/modules/weblinks/singlelink.php?lid=57
あんみつの写真はこちら http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/akasaka-sagamiya.co.jp/g/anmitsu_3/index.shtml
ずんだもちの写真はこちら http://6924.teacup.com/haikarasan/shop/01_01_01/mei003/
からお借りしました。皆さんぜひお買い求めを(^^;

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

adidas CUP 2009 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 組合せ決定

全クラU-15の日程が発表された。

・みなとみらいは初戦にいきなりセレッソと対戦。ここで勝って波に乗りたい。
・2試合目は10:30からなのでトップのFC東京戦とハシゴ可能。
・1位抜けすれば以後の試合は第一試合なのでトップ大宮戦、トップ柏戦とのハシゴも可能。
・つまり8月にトップを2試合多く見れるかはみなとみらいにかかっている(笑)
・体力がなくて、いいや、となる可能性は高いが(笑)
・九州代表とは時間帯がかぶらないので、中島君のプレイも見れそうだ。
・追浜が出場していれば久々の再会になったのになぁ(涙)

【グループ分け】
 Aグループ:岩田FC(関西1位)、鹿島(関東5位)、SALFUS oRs(東海4位)、太陽SC(九州3位)
 Bグループ:横浜FC(関東4位)、千里丘FC(関西3位)、広島(中国2位)、札幌(北海道)
 Cグループ:習志野(関東1位)、ジュビロ沼津(東海2位)、小倉南(九州2位)、浦和(関東9位)
 Dグループ:名古屋(東海1位)、前橋FC(関東6位)、FCディアモ(四国)、A.C. AZZURRI(東北2位)
 Eグループ:みなとみらい(関東2位)、サンフレッチェ常石(中国1位)、FCひがし(北信越2位)、セレッソ(関西5位)
 Fグループ:ヴェルディ(関東3位)、松任FC(北信越1位)、仙台(東北1位)、京都(関西6位)
 Gグループ:神戸(関西2位)、クリアージュFC(関東8位)、富山北FC(北信越3位)、熊本(九州3位)
 Hグループ:福岡(九州1位)、川崎(関東7位)、清水(東海3位)、ガンバ(関西4位)

※九州代表は福岡、熊本、太陽SC、小倉南。順位は7/25決定
※北海道代表は7/25決定

【みなとみらい試合日程】
 GL#1 8/15(土) 13:00 vsセレッソ @ピッチ1
 GL#2 8/16(日) 10:30 vsFCひがし @ピッチ5
 GL#3 8/17(月) 15:00 vsサンフレッチェ常石 @アディダスピッチ
 R16 8/19(水) 11:00/14:00 @アディダスピッチ
 準々決勝 8/20(木) 11:00/14:00 @ピッチ5
 準決勝 8/22(土) 11:00/14:00 @スタジアム
 決勝 8/23(日) 13:30 @スタジアム

| | コメント (0)

U-20日本代表 水原国際ユース(U-20)(7/31~8/7@韓国・水原)メンバー・スケジュール

水原といえばカルビ。食いたいなぁ・・・

==============================================

スタッフ
団長:原 博実
監督:岡田 武史
コーチ:大木 武、大熊 清、小倉 勉
GKコーチ:加藤 好男

選手
GK
大谷 幸輝 1989.04.08 185cm/80kg 浦和
増田 卓也 1989.06.29 183cm/77kg 流経大

DF
薗田  淳 1989.01.23 181cm/73kg 川崎
鎌田 翔雅 1989.06.15 172cm/66kg 湘南
大野 和成 1989.08.04 180cm/71kg 新潟 2009/07/29 怪我
山村 和也 1989.12.02 184cm/75kg 流経大
佐藤 将也 1990.02.10 178cm/74kg 名古屋
菅沼 駿哉 1990.05.17 182cm/80kg ガンバ
永田 拓也 1990.09.08 169cm/58kg 浦和
當間 建文 1989/03/21 178cm/72kg 鹿島 2009/07/29 追加

MF
鈴木  惇 1989.04.22 168cm/69kg 福岡
木暮 郁哉 1989.06.28 177cm/60kg 新潟 2009/07/29 怪我
河井 陽介 1989.08.04 165cm/56kg 慶應大
青木 拓矢 1989.09.16 179cm/73kg 大宮
山本 康裕 1989.10.29 177cm/76kg 磐田 ※ 2009/07/29 怪我
水沼 宏太 1990.02.22 175cm/66kg 横浜 ※
横竹  翔 1989.08.30 177cm/78kg 広島 ※
渡部 大輔 1989/04/19 170cm/67kg 大宮 2009/07/29 追加
安田 晃大 1989/08/08 165cm/60kg ガンバ大阪 2009/07/29 追加 2009/08/03 怪我

FW
白谷 建人 1989.06.10 177cm/72kg セレッソ
齋藤  学 1990.04.04 165cm/54kg 横浜
大迫 勇也 1990.05.18 182cm/70kg 鹿島 ※
登里 享平 1990.11.13 168cm/60kg 川崎

※の選手に関しては、J1リーグ戦第20節終了後の8月2日合流となります。

スケジュール
8/2日(日)20:00 vsエジプト
8/4日(火)17:30 vs南アフリカ
8/6日(木)19:00 vs韓国

会場:水原ワールドカップスタジアム

■水沼宏太選手コメント
「選ばれて嬉しいです。数少ない代表の活動なので、同世代の選手達とプレーして刺激し合い、自分の成長につながる大会にしたいです。思いきってプレーしてきます。」

■齋藤学選手コメント
「久しぶりに選ばれて嬉しいです。結果を残せるよう頑張ってきます。代表でもう一回り成長して、F・マリノスでチームに貢献できるようにしたいと思います。」

========================================

【結果】 1位:韓国:3勝0敗 2位:エジプト:2勝1敗 3位:日本:1勝2敗 4位:南アフリカ:0勝3敗

水原国際ユース(U-20)フットボールトーナメント : 3位
試合日 8/2(日) 8/4(火) 8/6(木)
キックオフ 20:00 17:30 19:00
試合形式 45分×2 45分×2 45分×2
対戦相手 エジプト 南アフリカ 韓国
会場 水原W・STD 水原W・STD 水原W・STD
スコア ●0-1 ○6-2 ●1-2
■GK
1 大谷 幸輝    
18 増田 卓也  
■DF
2 鎌田 翔雅 ▽45
3 當間 建文   ○ ☆
4 薗田  淳 △45  
5 菅沼 駿哉 ▽45
6 山村 和也 △45
7 永田 拓也 △62 △45
8 佐藤 将也 ▽62 △45 ▽45
■MF
9 青木 拓矢 ▽80 ▽45 ☆ ▽80
10 鈴木  惇 ▽68 △64 ☆ ▽45
12 横竹  翔   ▽64 ☆  
13 水沼 宏太 △68 ○ ☆ △57
14 渡部 大輔 △52   △80
15 河井 陽介 △73 ○ ☆
■FW
16 齋藤  学 ▽73   ▽80
17 登里 享平 ▽52 △80
19 大迫 勇也 △80 ▽78 ▽57
20 白谷 建人 △78 △45

| | コメント (2)

2009年7月22日 (水)

次回は2035年 ~J2 第29節 横浜FCvs鳥栖

46年ぶりの日蝕は見れなかったけど、マイクの2ゴールが見れたので満足です。

26年後にはユッキJrのヌルヌルドリブルが見たいです。鳥栖の皆さん、いい人を紹介してやってください(笑)

 

Tr_img_1183 Tr_img_1427
Tr_img_1491 Tr_img_1576
Tr_img_1608 Tr_img_1688

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

2009関東クラブユース選手権U-15結果まとめ

第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会
兼 第24回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選
みなとみらい:準優勝
試合日 7/4(土) 7/5(日) 7/12(日) 7/18(土) 7/19(日)
キックオフ 11:00 11:00 15:00 15:00 14:30
試合形式 35分×2+10分×2 40分×2 40分×2 40分×2 40分×2
フェーズ 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 決勝
対戦相手 ジェファFC 深川 前橋FC 横浜FC JEF習志野
会場 MMC MMC 住金グランド 住金グランド 鹿島スタジアム
スコア ○2-1(延) ○4-1 ○5-3 ○3-1 ●0-4
 
1. 境 龍登  
2. 諸石 健太 ○ ☆   ○ ☆
3. 松崎 颯介  
4. 高野 遼 △87 △55      
5. 岩壁 裕也 ▽70 ▽52      
6. 持田 里久也 ▽87 ▽71   ▽61
7. 喜田 拓也 ○ ☆
8. 河合 力也 △82 △71   ▽75 ▽64
9. 相場 遥介 ○ ☆  
10. 宇佐見 康介 ○ ☆ ☆2 ○ ☆
11. 野路 貴之 ▽82 ▽66 ☆3   ▽65 ▽53
12. 冨沢 右京 ▽55   ▽71
13. 田中 秀明
14. 松井 優斗   △66   △65 △53
15. 相原 晃貴          
17. 林 亮祐   △52 △75  
18. 高溝 黎磨         △71
19. 谷 祐樹          
20. 増田 直輝          
21. 船谷 和史          
23. 鈴木 浩一郎          
24. 加瀬 裕太 △70     △61 △64
25. 佐藤 陸          

第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会
兼 第24回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選
追浜:予選敗退
試合日 7/4(土) 7/5(日) 7/12(日)
キックオフ 13:00 13:00 13:00
試合形式 35分×2 40分×2+10分×2 40分×2
フェーズ 2回戦 3回戦 九決1回戦
対戦相手 ジュニオール JEF習志野 JEF
会場 追浜 MMC 前橋総合
スコア ○5-0 ●3-4(延) ●0-1
 
1. 入澤 遼平      
2. 前田 啓介
3. 小松 勇樹
4. 林 拓弥
5. 栗林 健太  
6. 村原 大輝
7. 伊東 海征     △57
8. 伊池 翼
9. 栗原 奨吾 △ ☆    
10. 高梨 祐太 ○ ☆2 ▽63
11. 田中 智也 ▽ ☆2 ○ ☆
12. 米田 仁志   △67
13. 太田 勇樹  
14. 篠田 朋宏    
15. 斉藤 一磨 ▽ ☆ ▽86 ▽67
16. 北村 征也
17. 田中 健太 ▽ ☆ ▽57
18. 上野 海      
19. 秋月 涼介      
21. 蔭山 裕之      
22. 新里 涼 △86  
23. 中村 凌     △63

【最終結果】
1位:JEF習志野 2位:みなとみらい 3位:ヴェルディ
4位:横浜FC 5位:鹿島、前橋FC、川崎、クリアージュFC
9位:浦和

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

貝山緑地に登ってみた ~TRM 追浜U-13vs横浜FC、追浜U-14vsTOKYU Reyes

追浜に向かう京急線の電車には野球部の高校生で一杯。甲子園の予選でもやってるのかな?サッカー選手に比べると小顔に感じるのは、普段からヘルメットをかぶっているせい?(笑)

■TRM 追浜U-13vs横浜FC

まずはU-13。相手はこの3連休ずっと見ている横浜FC(笑) 試合は30分×2+25分。追浜は怪我人が多いようで、今日の試合はプライマリーの選手が5人出場。

1本目はボールがうまくつながらずいい攻撃の形がつくれなかったが、終了間際に佐藤翔輝君のパスから佐藤光希君がシュート。これは弾かれるもこぼれ球を山崎君が押し込み1-0。

2本目は佐藤翔輝君の独断場。ボールを持つと迫力十分のドリブル突破。直線的にゴールに迫るそのプレイスタイルは見るものを熱くさせる。10分には自ら得たPKを決め、その4分後には長い距離をドリブル突破し圧巻のゴール。直後横浜FCの攻撃にさらされるも、GK白坂君がナイスセーブでチームを救う。19分には大場君のクロスに皐月君が飛び込み、25分には佐藤翔輝君のプレゼントパスを藤原君が決める。2点とも先輩が後輩のゴールをアシスト。後輩思いの先輩達だ(笑)

今日絶好調の佐藤翔輝君が抜け、プライマリーの選手が半分を占める3本目はさすがに横浜FCに押される場面が続く。それでも、体格で負けはするもののプライマリーの選手もしっかりと大柄な選手に食らいつきゴールを許さない。苦しいながらも3本目を無失点で抑え、トータル5-0で終了。

Tr_img_0661 Tr_img_0502 Tr_img_0741

<1本目>
_____桜井玲二( )__佐藤光希(6)______

佐藤翔輝(7)_____________山崎脩敬(12)

_______長倉颯(9)_佐藤諒弥(8)______

岩浩平(3)_有馬侑希(2)__松崎舜(10)_吉野硫(15)

_________渡辺大斗(16)_________

<2本目>
______佐藤翔輝(7)__山崎脩敬(12)_____

長倉颯(9)______________佐藤光希(6)

______古賀勇人( )_佐藤諒弥(8)______

岩浩平(3)__松崎舜(10)_有馬侑希(2)_吉野硫(15)

__________白坂楓馬(1)_________

<3本目>
______皐月秀崇( )___藤原大介( )____

大場靖也(4)_____________桜井玲二( )

_____山崎脩敬(12)__岩浩平(3)_______

古賀勇人( )_長倉颯(9)_吉野硫(15)_中川大樹( )

_________渡辺大斗(16)_________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 2本目15分 佐藤光希(6)、長倉颯(9)→皐月秀崇( )、大場靖也(4)
 2本目20分 山崎脩敬(12)、吉野硫(15)→藤原大介( )、中川大樹( )
 3本目00分 フォーメーション参照
 3本目14分 渡辺大斗(16)→白坂楓馬(1)

得点:
 1本目29分 山崎脩敬(12)
 2本目10分 佐藤翔輝(7)
 2本目14分 佐藤翔輝(7)
 2本目19分 皐月秀崇( )
 2本目25分 藤原大介( )

■TRM 追浜BvsTOKYU Reyes

続いて久々の追浜B。対戦相手はTOKYU Reyes。30分×3。

1本目は長津君劇場(笑) 追浜は中盤のチェックが曖昧で再三DFライン裏にいいパスを通される。Reyesの前線は俊足で、足技に優れた選手も多い。追浜のDF陣はかなり手を焼き、何度も振り切られ決定的な場面を作られた。都度ピンチを救ったのがGKの長津君。神がかり的なセービングが続く。素晴らしい粘りと反射神経。攻めに攻められていた追浜だったが、20分に橋本君のミドルが見事に決まる。あれだけ攻められながらリードを奪うとは、サッカーは面白い。

2本目。追浜はフィールドを5人入れ替える。開始早々、杉山君のパスに戸邊君がうまく相手DFをかわしシュート。リードを広げたとはいえ、Reyesも前半同様チャンスを作り出す。11分にはさすがの長津君も防ぎきれず失点。以降は一進一退の展開で、2本目がまもなく終了という頃、CKから失点。土壇場で追いつかれてしまう。

2-2で迎えた3本目は追いつ追われつの展開。まずは10分に出口君がドリブルで数人をかわしきれいなゴールを決める。しかし直後に1-1で振り切られ失点。22分には相手GKのファンブルを武君が押し込むが、またしても直後に失点。チャンスの後にピンチあり。ピンチの後にチャンスあり。集中を切らさないようにしよう。

結局3本トータルで4-4のドロー。追浜はAチーム入りしている選手がいなかったとはいえ、TOKYU Reyesの組織だった攻撃は素晴らしかった。街クラブの実力向上をまたもや感じた一戦だった。3本目のReyesにはみなとみらいOBの加藤君が出場。

Tr_img_0961 Tr_img_1012
Tr_img_1065 Tr_img_1001

<1本目>
_______武颯(9)___出口龍太郎(12)_____

渡辺大貴(20)______________篠崎幸樹(8)

_______神沼拓海(6)_橋本知幸(17)______

上長次郎(7)_松浦舜也(18)_宮野剛(19)__谷川大(11)

__________長津大裕(16)__________

<2本目>
______戸邊凱也(15)__杉山雄大(12)_____

渡辺大貴(20)____________中山京志郎(14)

_______神沼拓海(6)_篠崎幸樹(8)______

飯田洋介(4)_押本祐輔(3)_宮野剛(19)__谷川大(11)

__________長津大裕(16)__________

<3本目>
_______武颯(9)___出口龍太郎(12)_____

杉山雄大(12)_____________中山京志郎(14)

_______鬼丸敬(4)__橋本知幸(17)______

上長次郎(7)_松浦舜也(18)_押本祐輔(3)_飯田洋介(4)

__________川瀬隼太(1)__________

交代:
 3本目15分 杉山雄大(12)→戸邊凱也(15)

得点:
 1本目20分 橋本知幸(17)
 2本目03分 戸邊凱也(15)
 2本目11分 (Reyes)
 2本目30分 (Reyes)
 3本目10分 出口龍太郎(12)
 3本目11分 (Reyes)
 3本目22分 武颯(9)
 3本目23分 (Reyes)

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

スイカを食べた ~関クラU-15決勝 みなとみらいU-15vsジェフ習志野 他

今日もまた鹿島。会場がカシマスタジアムということでモツ煮屋が1軒くらい営業していないかと1%ぐらい期待はしていたものの、やっぱり今日は全店休業。モツ煮のない鹿島なんて・・・

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 3位決定戦 東京ヴェルディvs横浜FC

まずは3決。前半2点、後半4点をあげたヴェルディが個々の力でも、チームとしても横浜FCを圧倒して完勝。横浜FCはそこまでやられるチームではないと思うが、昨日の準決勝といい、今ひとつ波に乗れていない様子。

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 決勝 ジェフ習志野vsみなとみらいU-15

続いて決勝。対戦相手のジェフ習志野は追浜の全国行きを阻んだ相手。みなとみらいにはぜひともリベンジして欲しいが、ラストイヤーにかける習志野のモチベーションは高い。今の習志野に気持ちで勝てるチームは全国でもそうそうないだろうから、みなとみらいとしては気持ち以上に、個々の力で何とか習志野に対抗して欲しい。

注目の一戦は、前半8分にいきなりゴールが生まれる。距離のあるところから思い切って打った習志野12番君のロングシュートが境君の頭上を越える。境君も飛び上がって手を伸ばすがほんの数センチ届かず、ゴールネットが揺れた。いつもの如く大喜びの習志野の選手達。追いつきたいみなとみらいも前線の宇佐見君を基点として相場君や河合君がシュートを放つも、ゴールをそれたり、GKにキャッチされたりで得点を奪えない。前半30分にはみなとみらいにFKのチャンス。キッカーは喜田君。昨日の試合の再現を期待したが、GKがしっかりキャッチ。直後には習志野にチャンスが続く。これは境君の活躍で無事しのぐ。

1点リードで迎えた後半。早い時間帯に追いつきたいみなとみらいだったが、後半6分にDFライン裏に抜け出した習志野10番君がドリブルからシュート。前に出た境君の脇をかすめゴール。習志野としては理想的な時間での得点。直後にも習志野のカウンター。これは冨沢君がすんでの所でクリア。しかし、後半15分にショートコーナーから失点。3点取っても習志野のGKからは「気持ちで負けるな!」「まだ終わってないぞ!」と激が飛ぶ。3点差に勢いづく習志野。みなとみらいも前線に加瀬君、高溝君を投入し反撃を試みるが、連戦の疲れと暑さが体力を奪い、ボールがつながらない。プレスも甘くなり、習志野のカウンターに耐える時間が続く。都度何とかしのいではいたが後半33分には習志野7番君のループシュートが決まり4点差。せめて1点でも返して意地を見せて欲しかったものの、その力は残されてなかった。みなとみらいは”オロナミン”習志野の前に完敗。

決勝の舞台でのこの結果にはかなり凹んだが、選手達はどうだっただろう。勝敗に大げさに一喜一憂しないのが(育成という観点からみれば)みなとみらいのいいところでもあるのだが、ここぞという所で力を出し切れない原因でもあるのではなかろうか。ゴールに喜び、失点に悔しがり、勝利には大はしゃぎし、敗戦には大泣きする、そんな気持ちの素直な表現があってもいいような気がする。最もそれは見ている側の一方的な思いかもしれない。この完敗は選手達にとっても悔しくないはずはないので、これが選手達をどう変え、全国でどう”表現”されるか、8月の全クラを楽しみにしたい。

Tr_img_9914 Tr_img_0236
Tr_img_0261 Tr_img_0321
Tr_img_0343 Tr_img_0313
Tr_img_0391 Tr_img_0437

<みなとみらいスタメン>
__________宇佐見康介(10)_________

持田里久也(6)____野路貴之(11)____河合力也(8)

_______相場遥介(9)_喜田拓也(7)_______

冨沢右京(12)_松崎颯介(3)_諸石健太(2)_田中秀明(13)

___________境龍登(1)___________

交代(みなとみらいのみ):
 後半13分 野路貴之(11)→松井優斗(14)
 後半24分 河合力也(8)→加瀬裕太(24)
 後半31分 冨沢右京(12)→高溝黎磨(18)

得点:
 前半08分 (習志野)
 後半06分 (習志野)
 後半15分 (習志野)
 後半33分 (習志野)

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

話し相手歓迎です ~関クラU-15準決勝 みなとみらいU-15vs横浜FC、TRM vs鹿島 他

今日は横浜ダービーを見るためにわざわざ住金グランドへ(笑) 何だかんだで今年5度目の鹿島だが、試合を見る以外の楽しみに乏しいのが難点だ。

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 準決勝 ジェフ習志野vs東京ヴェルディ

前半途中からの観戦。今日は日産でトップの試合があり、予定通りに終わればぎりぎり後半キックオフに間に合う。何とか80分で決着をつけて欲しい-そんな思惑に反して、いきなりの延長戦(涙) 終了5分前のヴェルディのPKが決まっていれば・・・ 延長前半終了間際にヴェルディ高木大輔君が先制して試合が動く。しかし、後半開始早々に習志野が追いつく。そのまま延長でも決着がつかず試合はPK戦に持ち込まれた。ヴェルディのせっかくのセーブがやり直しとなるジャッジもあり、魂の習志野が勝利をもぎ取った。

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 準決勝 横浜FCvsみなとみらいU-15

続いて横浜ダービー。このカードは去年のプレミア神奈川予選決勝の再現でもある。あの時はPK戦でみなとみらいがかろうじて勝利をつかんだ。今年の関東リーグで対戦した際は、みなとみらいはカウンターで次々と失点し1-3で破れた。どちらに転ぶか、全く予想できない一戦。

試合はいきなり動く。前半3分に冨沢君のクロスを宇佐見君が華麗なる1回転(空振りともいう:P)の後シュート。みなとみらいがあっさり先制する。勢いに乗るみなとみらいが相手ゴールに迫る時間が続くが、ゴールを奪えないまま、前半35分にはキャプテン喜田君のパスをインターセプトされカウンターを受ける。11番君のシュートは境君が弾くも、こぼれ球を宮川君に決められ同点に。失点直後にも至近距離からのシュート。これは境君がすばらしい反応でクリア。横浜FCの攻撃が続くが、追加点は許さず前半を終える。

後半に入っても横浜FCのチャンスが続く。しかし、境君を始めとした守備陣もしっかり守り、ゴールは許さない。中盤の相場君、喜田君も豊富な運動量で相手選手にしっかりプレスをかける。後半27分に、相場君が倒されゴール前でみなとみらいにFKのチャンス。キッカーは喜田君。低い弧を描き、ボールがネットを突き刺す。喜田君が雄たけびをあげる。ミスをしっかり自身のゴールで帳消しにした。終了間際には、CKのクリアボールを諸石君が押し込み追加点。みなとみらいが関東リーグの逆のスコアで横浜FCを下し、明日の決勝に駒を進めた。

今日のみなとみらいは、課題の最終ラインの守備も集中しており、危険なミスはほとんどなかった。攻撃面では流れの中からゴールを狙うシーンがあまり見られなかったのが残念だが、前線で体を張れる宇佐見君に他の選手がうまく絡めれば流れの中からのゴールも生まれるだろう。また、途中交代で入った2年生の加瀬君がすばらしいボディバランスで右サイドから何度もドリブル突破を図り、みなとみらいの攻撃にとってはいいアクセントになっていた。今後が楽しみ。

Tr_img_8965 Tr_img_9076
Tr_img_9272 Tr_img_9307
Kida Moroken

<みなとみらいスタメン>
__________宇佐見康介(10)_________

持田里久也(6)____野路貴之(11)____河合力也(8)

_______相場遥介(9)_喜田拓也(7)_______

冨沢右京(12)_松崎颯介(3)_諸石健太(2)_田中秀明(13)

___________境龍登(1)___________

交代(みなとみらいのみ):
 後半21分 持田里久也(6)→加瀬裕太(24)
 後半25分 野路貴之(11)→松井優斗(14)
 後半35分 河合力也(8)→林亮祐(17)

得点:
 前半03分 MM:宇佐見康介(10)
 前半35分 FC:宮川開(5)
 後半27分 MM:喜田拓也(7)
 後半39分 MM:諸石健太(2)

■TRM 鹿島vsみなとみらいU-15

トップの試合は諦めて、続いて行われた鹿島との練習試合を観戦。35分×2。この試合には怪我で長らくプレイを見ていなかった選手たちが多数出場。みんな怪我をしている間に随分身長が伸びた。よく食べ、よく眠ったおかげかな?(笑)

前半は鹿島に押されるシーンが続くが、増田君が1-1の決定機を体を張ってセーブするなどし、無失点で終える。鹿島がメンバーを入れ替えた後半は、終始みなとみらいのペースで進む。後半10分、17分には高溝君が足元の高い技術を生かしたシュートで連続ゴール。後半28分には渡辺君が怪我明けとは思えないキレキレのドリブル突破からファインゴールをあげる。渡辺君は終了間際にもドリブルから切れ込み、クロスバーを叩くシュートを放ち復調をアピール。試合は3-0でみなとみらいが勝利。

Tr_img_9515 Tr_img_9609
Tr_img_9551 Tr_img_9802
Tr_img_9603 Tr_img_9697

<みなとみらいスタメン>
__________高溝黎磨(18)__________

林亮祐(17)_____渡辺悠貴(23)____加瀬裕太(24)

_______佐藤陸(25)__谷祐樹(19)_______

高野遼(4)__相原晃貴(15)_原田慎司(3)_船谷和史(21)

__________増田直輝(20)__________

交代(みなとみらいのみ):
 後半00分 渡辺悠貴(23)→松井優斗(14)
 後半17分 加瀬裕太(24)→渡辺悠貴(23)

得点:
 後半10分 MM:高溝黎磨(18)
 後半17分 MM:高溝黎磨(18)
 後半28分 MM:渡辺悠貴(23)

| | コメント (0)

2009年7月17日 (金)

スイカをまだ食べていない ~T1 第9節 実践学園vs帝京高校

暑いので駒2で夕涼み(笑)

■T1リーグ 第9節 実践学園高校vs帝京高校

T1リーグは東京都のユース年代のトップリーグで、優勝すればプリンス2部への挑戦権が得られる。今日は2位帝京と6位実践学園の対戦。帝京は勝てば首位成立と勝ち点で並ぶ。実践は負けると優勝の目がなくなる。白熱した試合が予想された。

開始早々、左サイドバック杉原遼がドリブルで右サイドを駆け上がりクロス。これをFW田口慎太郎がヘディングで決め帝京が先制。前半6分にはゴール斜めからの桑島良太のFKをゴール前で池辺拓史が合わせて帝京が追加点をあげる。さらに前半28分には廣瀬公紀が素晴らしいドリブルで実践DF陣をかわし早くも3点リードとする。実践も浜崎雄大のシュートが何本かあったものの、前半はほぼ帝京の一方的なペースで進む。

後半は早い段階に実践がペースを握った時間帯があったが、前半同様流れは帝京。後半24分には1点目と同様杉原のクロスを田口が頭で合わせ勝負あり。ロスタイム直前には帝京桑島良太が何か言ったらしくレッドカード(2枚目?一発?)で退場。ベンチの監督、コーチが「何を言ったんだ!」と問うも、返事は客席までは聞こえず(笑)

帝京はプレスの厳しい中央ではボールを極力持たず、サイドとロングボールを使い早い攻撃を繰り広げる。特に右サイドからは精度のいいクロスがあがり、再三のチャンスを作り出す。個々の技術と戦術がうまくかみ合い、インハイでも好成績が期待できそうだ。今回出番のなかったOB君も頑張れ!

 

 ブーン⊂二二(^ω^)二二つ

 

試合の後は以前から行ってみたかった駒沢公園近くの牛肉煮込みの店「かっぱ」へ(むしろこっちが・・・)。この店はちょっとでも店主の意に染まぬと怒られそうなピリピリした雰囲気の中で黙々と牛肉煮込みを食べる店、と前評判を聞いていたのでおっかなびっくりで店に入る。事前学習していた通り、

 カウンター席に着く。
  →浅い皿に山盛りでこぼれんばかり(実際こぼれている)の牛肉煮込みが出てくる。
  →店主がご飯のサイズを聞いてくる。
  →サイズを答える。
  →必要ならば漬物を注文。※ご飯にも少量ついてくる。今日はきゅうり
  →ご飯にごま塩を振り、黙々と食べる。※ごまが少ないのでかけすぎに注意
  →途中まで食べたら、煮込みの残りをご飯にかけ、かっ込む。※トウフを多めに残しておくこと
  →食べ終わったら勘定をしてすぐに店を出る。

という一連の”儀式”をつつがなくこなす。確かに独特の雰囲気はあるが、おばちゃんは鬼みたいな形相でもなかったし、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」は言ってくれるし、店内はBGMが流れていて思ったより殺伐としてないし、カップルで来ている人もいたし、それほど居心地の悪い店ではなかった。量も十分だし、がっつり食べたいときはよさそうだ。肝心の味はちょっとあっさりしすぎで、個人的にはもうちょっと濃い目の味付けがよかったが、それでも食べ慣れると癖になりそうな感じはする。

P.S.
 さすがに写真を撮るような空気ではなかったので、写真が見たい人は食べログでも見てください。

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

2009 ナショナルトレセンU-12 東北 第1回目 概要・メンバー

期間:2009/07/18(土) 13:00 ~20(月・祝) 13:30
場所:安比高原 ASPAサッカー場

【青森県】
GK 木村 大地 1998/03/13 小6 155cm/45kg 福田SSS
DF 平田 悠人 1997/04/24 小6 142cm/40kg 青森FC
DF 中野 隆太 1997/09/13 小6 156cm/40kg 五戸すずかけSS
DF 小野 隼平 1997/09/29 小6 149cm/35kg リベロ津軽SC
MF 田中 優勢 1997/10/27 小6 138cm/33kg 福田SSS
MF 鎌田 大成 1997/04/15 小6 158cm/42kg 青森FC
MF 李澤 勇平 1997/10/15 小6 144cm/32kg 上長FC
MF 石橋 恭平 1997/05/11 小6 147cm/42kg リベロ津軽SC
FW 釆田 涼太 1997/07/23 小6 137cm/31kg 青森FC
MF 岡田 優海 1997/05/06 小6 148cm/35kg 青森FC
MF 下山 大貴 1997/05/09 小6 141cm/30kg リベロ津軽SC
MF 福原 幸太 1997/09/19 小6 149cm/37kg 光田寺SSS
FW 青島 雄大 1997/08/21 小6 140cm/33kg JEF HACHINOHE
FW 及川 隆史 1997/07/02 小6 152cm/40kg 十和田セライオFCジュニア
FW 高橋 壱晟 1998/04/20 小5 149cm/39kg 青森FC
GK 北城 俊幸 1997/12/14 小6 142cm/35kg 多賀レッドスターSSS
GK 丹藤 広樹 1997/06/16 小6 174cm/56kg リベロ津軽SC
DF 竹内 優人 1998/02/13 小6 137cm/30kg リベロ津軽SC
DF 喜多 悠晋 1997/05/13 小6 139cm/35kg テルツォ弘前FC
FW 古里  海 1997/06/14 小6 146cm/37kg 十和田南SSS
MF 濱谷 幹汰 1997/07/09 小6 145cm/35kg 福田SSS
MF 松倉 雅樹 1997/12/16 小6 143cm/34kg 上長FC
DF 堤  賢太 1997/05/04 小6 157cm/38kg 下田FCジュニア
MF 三上 孝太 1998/01/02 小6 143cm/35kg 福田SSS
MF 戸澤 崇哉 1997/10/05 小6 142cm/32kg 修道市浦SC
MF 三浦 匡人 1997/08/25 小6 147cm/36kg ヴァンラーレ八戸FC
FW 竹内 力也 1997/12/29 小6 146cm/36kg 光田寺SSS
FW 成田 伊吹 1997/05/07 小6 152cm/36kg 致遠SSS
DF 三上 迪愛 1997/09/29 小6 140cm/35kg ArgesSSS
MF 藤嶋  緑 1997/11/25 小6 146cm/33kg ヴィペール弘前FC
DF 工藤 航太 1998/05/11 小5 158cm/42kg 光田寺SSS
GK 久野 竣哉 1997/08/05 小6 149cm/36kg 黒石FC

【秋田県】
GK 加曽利功太郎 1997/08/24 小6 156cm/42kg AFCユーニアンJr.
GK 後藤 優弥 1998/01/14 小6 163cm/52kg 花館SSS
MF 高橋 渓允 1997/07/14 小6 148cm/40kg 仁井田レッドスターズSS
MF 後藤 悠汰 1997/07/23 小6 157cm/43kg 仁井田レッドスターズSS
FW 豊島 裕希 1997/08/01 小6 157cm/48kg 土崎SC・ジュニア
MF 高橋 泰夢 1997/05/27 小6 140cm/31kg FC・T2ゼネラル
DF 間杉 健輔 1997/07/11 小6 158cm/45kg 港北SSS
MF 高橋 潤哉 1997/05/28 小6 143cm/37kg 大住サッカースポーツクラブ少年団
MF 高橋 拓也 1997/04/08 小6 143cm/31kg 大住サッカースポーツクラブ少年団
DF 杉渕 泰斗 1997/06/26 小6 162cm/46kg 御所野SSS
FW 佐藤  圭 1997/09/14 小6 142cm/32kg 飯島パープルキッズSSS
MF 石井 凌平 1997/06/15 小6 151cm/41kg 四ツ小屋SSS
MF 石川  巧 1997/04/25 小6 153cm/40kg エスポルチ秋田
MF 山本  隼 1997/09/26 小6 148cm/37kg ニカホWin-s FC
MF 菅原 晟也 1997/08/18 小6 167cm/49kg 能代マックスSSS
FW 仙波 拓真 1997/07/04 小6 162cm/48kg 神岡FC
GK 細谷 純平 1997/09/24 小6 142cm/32kg 八橋FCSS
GK 金山 広夢 1997/09/01 小6 160cm/57kg 御所野SSS
FW 小川 敦也 1997/10/22 小6 150cm/42kg 勝平SSS
MF 髙橋 志遠 1997/10/17 小6 138cm/36kg 勝平SSS
MF 小川 杏介 1997/06/28 小6 161cm/40kg 秋田泉SSS
DF 齊藤  舜 1997/09/13 小6 158cm/38kg 仁井田レッドスターズSS
MF 天野 陽介 1997/07/19 小6 153cm/43kg 土崎SC・ジュニア
MF 寺村 侑眞 1997/12/17 小6 147cm/40kg 八橋FCSS
FW 長谷川 聖 1998/02/12 小6 148cm/35kg 八橋FCSS
MF 片村 和真 1997/08/09 小6 153cm/37kg 港北SSS
DF 平川  蓮 1997/07/10 小6 149cm/40kg 大住サッカースポーツクラブ少年団
FW 川辺 時生 1997/08/26 小6 152cm/32kg 秋田ロク・FC
DF 大黒 建賢 1997/12/08 小6 150cm/40kg エスポルチ秋田
FW 高橋 星斗 1997/08/01 小6 153cm/45kg 大曲レッドファイヤーズSSS
DF 武内志穂美 1997/06/21 小6 150cm/38kg ブレイジングトルシーダ大館FC
FW 高橋  南 1997/12/12 小6 144cm/35kg トゥレス仙南SSS

【岩手県】
GK 照井 竜馬 1997/10/09 小6 167cm/56kg 見前FC
DF 中島 浩平 1997/06/01 小6 153cm/39kg 見前FC
DF 三浦 拓也 1997/07/19 小6 151cm/36kg グルージャ盛岡
MF 内舘 尚哉 1997/06/19 小6 152cm/37kg 矢巾ジュニアFC
MF 瀬川 啓人 1997/07/15 小6 147cm/34kg 見前FC
FW 工藤 嘉人 1997/06/17 小6 143cm/37kg 盛岡イーストFC
FW 吉田 湧亮 1997/10/30 小6 138cm/30kg グルージャ盛岡
DF 和田 大輝 1997/05/29 小6 150cm/37kg 見前FC
MF 藤田  陽 1997/06/21 小6 147cm/38kg FC紫波Jr
MF 佐藤 純也 1998/01/08 小6 146cm/33kg ヴェルディ岩手・花巻
MF 岩渕 弘人 1997/09/17 小6 143cm/37kg 萩荘SC
GK 田中 勘太 1998/01/03 小6 138cm/30kg FCサンアルタス大船渡
MF 佐藤瑠己安 1997/06/24 小6 149cm/38kg 山目ウィングスFC
MF 鍬形 美月 1998/01/24 小6 140cm/31kg 石鳥谷サッカージュニアクラブ
MF 錦織  司 1997/05/09 小6 142cm/32kg FCサンアルタス大船渡
FW 新沼 太基 1997/05/05 小6 151cm/38kg 大船渡三陸FCシーガル
GK 阿部 翔太 1997/07/23 小6 154cm/43kg ジュニアアントスFC
MF 三上  翼 1997/04/10 小6 140cm/34kg 鵜飼SC
MF 加藤 大弥 1997/07/18 小6 137cm/31kg 安代SS
FW 中村 晃也 1997/05/05 小6 159cm/42kg エスペランサ玉山ジュニア
DF 去石 侑矢 1997/08/20 小6 141cm/32kg グルージャ盛岡
FW 小畑  卓 1997/06/19 小6 156cm/46kg 見前FC
MF 阿部 直将 1997/04/13 小6 150cm/40kg 富田東SSS
MF 浅沼 寛大 1997/09/19 小6 144cm/33kg グルージャ盛岡
MF 中上 大輔 1997/08/04 小6 143cm/33kg 見前FC
MF 今松 和輝 1997/10/14 小6 142cm/35kg 鬼柳SSS
MF 最上 里佳 1997/08/03 小6 155cm/40kg 黒北サッカー少年団
GK 三田 雅仁 1997/04/10 小6 161cm/47kg 鬼柳SSS
FW 及川 泰成 1998/02/08 小6 145cm/35kg 北上・大堤サッカー少年団
MF 星   蓮 1997/10/13 小6 140cm/30kg ヴェルディ岩手・花巻
MF 及川 涼介 1997/10/09 小6 143cm/31kg FC紫波Jr
FW 小原 千夏 1997/05/13 小6 153cm/45kg 和賀FC
MF 千田 晃生 1997/06/20 小6 155cm/38kg 大船渡三陸FCシーガル
FW 鈴木 佑京 1998/02/22 小6 140cm/31kg FCサンアルタス大船渡

【宮城県】
GK 高橋 若葉 1997/07/22 小6 153cm/46kg 多賀城FC
DF 木越健太郎 1997/04/09 小6 146cm/39kg アバンツァーレ仙台SC
MF 髙野 俊也 1997/06/20 小6 153cm/41kg ACジュニオール
DF 本郷 桂佑 1997/04/30 小6 141cm/31kg 仙台
MF 織田 遥真 1997/12/03 小6 148cm/41kg 仙台
MF 相原  旭 1997/11/03 小6 143cm/41kg 仙台
MF 安田 邑成 1997/09/09 小6 148cm/39kg 仙台
FW 小野寺悠貴 1997/05/03 小6 144cm/32kg ACジュニオール
MF 近藤 秀平 1997/11/01 小6 143cm/31kg NASPA・JEFUNITED
FW 吉田 伊吹 1997/11/01 小6 151cm/39kg 仙台スポーツシューレFC
FW 菊地 淳太 1997/08/11 小6 152cm/50kg 開北FCファンタジスタ
MF 笹本 悠貴 1997/05/12 小6 157cm/45kg アバンツァーレ仙台SC
FW 佐藤 拓馬 1997/05/18 小6 156cm/41kg 仙台
MF 坂元 智行 1997/12/04 小6 148cm/41kg アバンツァーレ仙台SC
MF 橋沼 真帆 1997/09/09 小6 149cm/42kg S・K(七郷・蒲町)SC
MF 猿田  悠 1997/04/15 小6 145cm/36kg 多賀城FC
MF 伊藤 春太 1997/06/03 小6 146cm/36kg あすなろFCSSS
GK 永吉 諒伍 1997/06/23 小6 157cm/48kg 富ケ丘SSS
GK 岡元 秀幸 1997/05/29 小6 162cm/51kg 開北FCファンタジスタ
DF 杉内  淳 1998/02/20 小6 142cm/39kg 塩釡FC
MF 佐々木 輝 1997/12/18 小6 141cm/32kg ACジュニオール
MF 岡本 佳祐 1997/08/12 小6 147cm/40kg 仙台YMCA少年SC
MF 三浦 凌汰 1998/01/23 小6 144cm/31kg 鹿島台FC
MF 日野  航 1997/08/05 小6 144cm/37kg 鶴ケ谷SSS
MF 山崎 達生 1997/10/15 小6 149cm/33kg 仙台スポーツシューレFC
MF 古澤 航平 1997/06/12 小6 161cm/46kg 荒町SSS
MF 櫻井  駿 1997/10/14 小6 146cm/39kg 多賀城FC
MF 後藤 祐輔 1998/02/09 小6 138cm/37kg 塩釜FC
FW 郷家 章人 1997/05/03 小6 151cm/41kg 仙台
MF 櫻井 敬正 1998/01/23 小6 144cm/40kg 塩釜FC
DF 岡崎 正弥 1997/09/26 小6 146cm/42kg なかのF.C
MF 小沼 北斗 1997/05/02 小6 143cm/36kg FC.セレスタ
MF 加藤 楓琳 1997/08/17 小6 155cm/40kg リトルスターズ
GK 渡辺 雄士 1998/01/28 小6 145cm/35kg 仙台スポーツシューレFC

【福島県】
DF/MF 吉田 龍人 1997/09/17 小6 156cm/39kg 小名浜FCSSS
DF/MF 吉田 知樹 1998/02/13 小6 148cm/40kg アビラーション
MF/FW 山幡 あや 1997/08/28 小6 155cm/40kg F.Cビーベ
DF/MF 羽布津優之介 1997/09/06 小6 144cm/34kg 勿来・フォーウィンズ
FW 福田 稜雅 1997/05/09 小6 156cm/40kg 湯本キッカーズ
DF/MF 上遠野 悠 1997/10/01 小6 157cm/46kg アビラーション
MF/FW 橋本 直輝 1997/05/28 小6 140cm/32kg 安積SSS
MF 松井 輝純 1997/05/31 小6 135cm/32kg 富田東SSS
MF 渡辺 風雅 1997/08/04 小6 144cm/34kg 近津SSS
DF/MF 後藤 壮太 1997/05/31 小6 146cm/34kg 白河FC
MF 菊地 皓大 1997/08/05 小6 135cm/27kg ホワイトリバーFC
DF 池田 陽介 1997/07/23 小6 150cm/38kg ホワイトリバーFC
DF 鈴木 大輝 1997/11/25 小6 150cm/37kg FC Regate
GK 松本 哲弥 1997/10/09 小6 161cm/49kg 棚倉FC
GK 古川 雅弥 1997/07/11 小6 158cm/48kg 両沼FC
DF 田代 直也 1998/01/18 小6 150cm/39kg 会津サントスFCJr
DF 齋藤 直人 1997/07/04 小6 150cm/37kg 醸芳SSS
FW 村山 慶伍 1997/10/08 小6 155cm/42kg 飯野SSS
DF 高崎 博貴 1998/02/11 小6 147cm/37kg アストロン
MF 松岡 聖和 1997/05/06 小6 139cm/29kg アストロン
MF/FW 柳内 風野 1997/07/15 小6 150cm/39kg サンフレックスユナイテッド
FW 橋本 裕平 1997/04/08 小6 149cm/35kg 岩瀬FC
MF/FW 佐々木大陸 1997/08/29 小6 142cm/31kg ビアンコーネ福島
MF 遠藤 藍衣 1998/01/18 小6 143cm/35kg 大槻FC
MF/FW 佐賀 実鈴 1997/08/06 小6 150cm/43kg 富田西SSS
GK 柳原 一真 1997/04/30 小6 155cm/38kg 安積SSS
GK 薄井伊佐央 1997/05/16 小6 158cm/47kg 桑野SSS
FW 金澤 拓海 1997/05/11 小6 144cm/40kg 棚倉FC
MF 笠井  翼 1997/09/18 小6 147cm/37kg ジェイム福島FC
MF 三瓶 慎哉 1997/06/10 小6 140cm/29kg FC原一
MF 石井 悠斗 1997/04/10 小6 145cm/37kg 富岡町SSS
MF 志賀 郁仁 1997/05/18 小6 139cm/30kg FCフレンズ
MF/FW 高玉 彩乃 1997/12/17 小6 146cm/33kg サンフレックスユナイテッド
MF/FW 小林さくら 1997/04/19 小6 152cm/40kg 安積SSS
MF 中條 結衣 1997/11/01 小6 147cm/38kg アブガルシア会津FC
DF/MF 岡 彩也華 1998/03/02 小6 140cm/31kg 清水SSS
DF 菅野 桃香 1998/03/10 小6 140cm/29kg 中央ドリマジュニアSC

【山形県】
GK 木村 夏輝 1997/07/10 小6 150cm/50kg S・F・C ジェラーレ
FP 石井 理貴 1997/08/27 小6 155cm/38kg つばさキッカーズ
FP 塩野 奨太 1997/09/08 小6 150cm/39kg 山形FCジュニア
FP 鈴木 星大 1997/05/05 小6 150cm/39kg 山形FCジュニア
FP 庄司 朋矢 1997/05/02 小6 143cm/30kg 山形FCジュニア
FP 庄司 湧人 1997/06/15 小6 150cm/38kg 滝山SSS
FP 菅井  脩 1997/06/25 小6 140cm/38kg うめばちSS
FP 渡邊  翔 1997/05/10 小6 140cm/35kg うめばちSS
FP 縄  靖也 1997/10/21 小6 145cm/36kg OSAフォルトナ山形FC
FP 斎藤 宏太 1997/04/10 小6 153cm/38kg 山形FCジュニア
FP 大沼  類 1997/04/06 小6 148cm/36kg 神町FC
GK 井上  怜 1997/04/09 小6 165cm/49kg 鶴岡jr.FC
FP 齋藤  樹 1997/10/03 小6 150cm/45kg 山形FCジュニア
FP 青木 耀大 1997/08/22 小6 140cm/30kg S・F・C ジェラーレ
FP 高橋 草太 1997/07/22 小6 147cm/47kg 沼田北辰SSS
FP 山川 慎也 1997/11/27 小6 146cm/39kg 北部FC
GK 武内紫舞貴 1997/11/11 小6 148cm/35kg 天童中部SSS
FP 村形 直人 1997/05/14 小6 150cm/46kg クローバーFC
FP 美濃谷飛竜 1997/11/02 小6 143cm/33kg アスキーFC
FP 鈴木 壮弥 1997/05/04 小6 153cm/39kg アバンツァーレ山形SC
FP 佐藤虎ノ介 1998/03/24 小6 156cm/39kg 鶴岡jr.FC
FP 池田 大雅 1997/08/21 小6 141cm/36kg 鶴岡jr.FC
FP 柿崎  藍 1997/12/08 小6 150cm/35kg 港南SSS
FP 土田 夢舞 1997/04/17 小6 155cm/44kg 舟形ジュニアFC
FP 芦野 拳士 1998/02/05 小6 143cm/38kg 泉田SSS
FP 白田  翔 1997/04/03 小6 145cm/36kg 山形FCジュニア
FP 菅原 佳佑 1998/01/06 小6 137cm/26kg 鶴岡jr.FC
GK 村山 優磨 1997/12/29 小6 146cm/36kg 神町FC
FP 嶋貫 徳聖 1997/09/17 小6 148cm/38kg ながいユナイテッドFC
FP 青木 啓人 1997/04/02 小6 146cm/33kg ながいユナイテッドFC
FP 成原 琢眸 1998/02/11 小6 148cm/33kg F・CやまぼうしSS
FP 奥山 竜希 1997/06/02 小6 146cm/36kg 神町FC

北海道:
2009/10/23(金) ~26(月) 札幌サッカーアミューズメントパーク★

東北:
2009/07/18(土) ~20(月・祝) 安比高原 ASPAサッカー場
2009/09/19(土) ~21(月・祝) 安比高原 ASPAサッカー場
2009/10/09(金) ~12(月・祝) 岩木青少年スポーツセンター★

関東:
2009/09/05(土) ~06(日) 鹿島ハイツスポーツプラザ
2009/12/26(土) ~29(火) 鹿島ハイツスポーツプラザ★

北信越:
2009/10/09(金) ~12(月・祝)アルウィン★

東海:
2009/10/09(金) ~12(月・祝)ヤマハリゾートつま恋★

関西:
2009/08/25(火) ~27(木) 上富田スポーツセンター
2009/12/25(金) ~28(月) ビックレイク★

中国:
2009/12/25(金) ~28(月) ビッグアーチ★

四国:
2009/12/19(土) ~21(月) はるのの湯★
2010/03/20(土) ~22(月) 野外活動センター

九州:
2009/10/10(土) ~12(月・祝) 由布市湯布院スポーツセンター
2009/12/26(土) ~29日(火) 大津町運動公園★

※複数回開催する地域は上記★印の期間を従来のナショナルトレセンU-12として開催する。

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

JOMO CUP 2009 U-13 韓国キャンプ選抜メンバー及びスケジュール

JOMO CUPの前座で行われるU-13日韓戦の日本側メンバーが大分のHPにフライング(?)で発表されていたので転載。愛媛の山本君、みなとみらいの村田君が選出された。大人の方はどうでもいいので、こっちはTV中継やってくれないかなぁ(笑)

========================================

スタッフ
 監督:上野山 信行 (Jリーグ)
 コーチ:矢作 典史 (浦和)
 トレーナー:調整中
 主務:赤廣 いずみ (Jリーグ)

GK
 01 石井 大地 (草津)
 18 深谷 星太 (川崎)

DF
 02 吉原  大 (浦和)
 03 大西 拓真 (FC東京)
 04 小田島 怜 (東京V)
 05 飯原 健斗 (横浜FC)
 06 横原 康太 (磐田)
 07 坂井  淳 (広島)

MF
 08 岩崎 湧治 (仙台)
 09 山本 健司 (柏)
 10 宮本 航汰 (清水)
 11 笹沼 孔明 (名古屋)
 12 鎌田 大地 (ガンバ)
 13 山本 亮太 (愛媛)
 14 坂井 大将 (大分)

FW
 15 村田 直哉 (横浜)
 16 宮腰  遼 (新潟)
 17 岩元 颯オリビエ (京都)

スケジュール
 8/6(木)16:00 トレーニング(鹿島クラブハウス)
 8/7(金)10:00 成田発 午後 トレーニング
 8/8(土)午前 トレーニング 午後 JOMO CUP 2009@仁川文鶴競技場
 8/9(日)09:00 トレーニングマッチ 15:55 金浦出発

| | コメント (2)

2009年7月13日 (月)

2009年プリンス関東結果まとめ

長かったプリンス関東が終了。高円宮出場権、天皇杯神奈川U-18代表の座は手にしたものの、最後はFC東京に力負けで悔しい3位フィニッシュ。この悔しさは全国で晴らそう!
某氏集計によると、関原が得点王子、裕二&天野がアシスト王子との事。おめでとう!そのうち某氏より副賞があるはず(笑)

2009 プリンスリーグU-18関東:3位
試合日 4/5(日) 4/12(日) 4/19(日) 4/26(日) 5/3(日) 5/6(水・祝) 5/10(日) 5/17(日) 5/31(日) 7/5(日) 7/12(日)
キックオフ 14:00 10:30 13:00 11:00 13:30 13:00 11:00 10:30 10:30 11:00 11:00
試合形式 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2 45分×2
フェーズ #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11
対戦相手 桐光 千葉 矢板中央 前橋育英 鹿島Y 三菱養和 流経柏 東京V 浦和 鹿島学園 FC東京
会場 保土ヶ谷 小机 三ツ沢陸 育英G 桐蔭G 馬入 流経G 保土ヶ谷 小机 住金 深川
スコア ●0-1 ○5-0 ○5-0 ○1-0 ○3-2 ●2-5 ○10-0 ○4-0 □2-2 ○3-2 ●0-3
1 橋本勇樹 ▽82
2 保田隆介 △62 △80          
3 岡直樹     ○ ☆ ▽83  
4 樋川愛輔   ○ ☆
5 早田廉                     △75
6 中田航平
8 関原凌河 ▽79 ☆ ▽70 ☆2 △76 ▽83 ☆2 ▽59 ☆ ▽78 ☆3
9 榎本大希 ▽61 ▽67 ☆ ○ ☆2 ○ ☆ ▽77 ▽79 ▽67 ▽74 ☆ ▽62 ▽69 ☆
10 小野悠斗 ▽78 ○ ☆ ▽70           △62 ▽69 ▽83
11 天野純 △61 ○ ☆ ▽45 ○ ☆ ○ ☆ ○ ☆ ▽78 ☆ ▽45 ▽70
12 後藤拓斗 ▽45     △79 △69      
13 澁谷元気 ▽83 ▽69 ▽45
14 小野裕二   △45 ▽72 ☆ ○ ☆2 △45  
15 高橋健哉 △78 △67 △70 ▽76 △77 △59 △72 ☆ △74   △69 △83
16 都丸雄司               △82      
17 松本翔   △83     △83   △78 ☆2 △78   △69 △70
19 菅野裕太   △79       △79 △67        
22 渡辺大斗   △45              
23 星広太 ○ ☆ ▽62 ▽80 ○ ☆    
24 星雄次             △83      
26 熊谷アンドリュー         ▽79 ○ ☆   △45 ☆ ▽75
32 齋藤彰太     △70                
35 宮本和輝                    

【1部最終結果】

順位 チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失差 備考
1 FC東京 27 11 8 0 3 25 9 16 高円宮杯出場
2 三菱養和 23 11 7 2 2 27 11 16 高円宮杯出場
3 横浜 22 11 7 3 1 35 15 20 高円宮杯出場
4 ヴェルディ 18 11 6 5 0 27 17 10 高円宮杯出場
5 桐光学園 18 11 5 3 3 12 13 -1 高円宮杯出場
6 流経柏 17 11 5 4 2 17 23 -6 高円宮杯出場
7 浦和 17 11 5 4 2 15 21 -6 高円宮杯出場
8 千葉 14 11 4 5 2 22 28 -6 残留
9 前橋育英 13 11 4 6 1 19 21 -2 降格
10 鹿島 10 11 3 7 1 19 23 -4 降格
11 矢板中央 8 11 2 7 2 8 25 -17 降格
12 鹿島学園 1 11 0 10 1 9 29 -20 降格

【2部最終結果】

順位 チーム 備考
1 八千代 昇格
2 湘南 昇格
3 市船 昇格
4 武南 昇格
5 日本航空 残留
6 佐野日大 残留
7 桐蔭学園 残留
8 浦和東 残留
9 久我山 降格
10 鹿島高校 降格
11 相洋 降格
12 桐生第一 降格

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

店の名は ~関クラU-15 九決1回戦 追浜U-15vs千葉

山形戦の敗戦は一夜明けてボディーブローのように効いてきた。今日は大事な九決だというのに気持ちが今ひとつ盛り上がらない。湘南新宿ラインのボックス席を独り占めして、ひたすら中島みゆきを聞きながら前橋へ向かう。心がちょっと疲れている時は、何だか70年代の初期中島みゆきが心に沁みわたる。中島みゆきが一番すごかったのは80年代初頭の「臨月」~「予感」の頃というのは揺るぎないが、最近はそれ以前の「愛していると云ってくれ」前後のアルバムがすーと心に入ってくる事が多い。

ローテンションはちょっとやそっとじゃ解消しないまま、前橋駅に到着。友人と落ち合い、永井バスで前橋総合運動公園へ向かう。総合運動公園入口で降りて、競技場を探すが不親切なことに案内板がない。適当にまっすぐ歩いていたら到着したものの、公園入口に全体案内板を置いて欲しいです>前橋市の偉い人

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 9位決定戦1回戦 追浜U-15vs千葉

さて、おっぱまーずの9決1回戦の相手は、先週破れた習志野の兄弟分の千葉本家。今度こそ負けると最後ということで、ダンマクを張り、父兄の方々が持ってきたフラッグを飾ってホームの雰囲気を作り出す。

前半は静かな展開。千葉はまずはしっかりとディフェンスを固める。CBコンビは体格ががっしりしており、1トップの田中健太君はなかなかボールを持って前を向かせてもらえないし、裏も取れない。両サイドバックも追浜の両サイドハーフをしっかり抑え、得意のカウンターを仕掛けることもできない。お互いチャンスらしいチャンスはないまま時間が過ぎる。キックオフから30分が経過しようとする頃、ようやく田中智也君が千葉DFをうまくかわしてシュート。しかしこれはGKがしっかりキャッチ。リスタートのプレイで千葉GKに7秒ルールが適用される。PA内で追浜の間接FK。伊池君が一度触ってからの田中智也君のFKは残念ながら大きくゴールをそれる。前半の見せ場はそんなもの。

後半に入ると少しゲームが動き始める。後半5分には千葉のミドルシュート。これは北村君が片手で弾く。直後の千葉CKからのこぼれ球を拾い、快速の前田君が相手ゴール前まで運び、並走の田中智也君にパス。田中智也君がライン際からシュート。これはポストに弾かれる。その2分後には千葉11番君の強烈なミドルシュート。GKの手前でふっと浮くような難しいシュートだったが、北村君がしっかりキャッチ。そして追浜のカウンター。これもゴールには結びつかず。後半12分には、DFライン裏へのボールに田中健太君が抜け出すが、千葉のGKの方が一歩早く飛び出しクリア。

後半13分には千葉のゴール斜めからのFK。これは北村君が弾く。続くCK。北村君を超えてファーに飛んだボールを折り返され、クリアしきれないところを押し込まれる。ついに均衡が破れる。

追浜は伊東君、中村君、米田君と、攻撃の選手を次々と投入し1点を追う。ここまで千葉のDF陣のフィジカルに苦戦してきた追浜の攻撃陣にとっては、当たり負けしない米田君の存在は大きい。後半31分にはその米田君が右サイドを果敢なドリブルで突破し、最後は前田君のシュート。これはバーに嫌われる。リズムは完全に追浜。スタンドも盛り上がるが、千葉も必死で守る。何とか1点決めてくれれば延長に持ち込め、土壇場で追いついた追浜が優位に試合を進められるはず。観客席からも盛んに応援の声が飛ぶが、そんな思いも空しくロスタイムの1分が経過しホイッスルが鳴る。おっぱまーずがピッチに崩れ落ちる。

残念ながらおっぱまーずの夏は終わってしまった。試合内容では千葉に劣っていたわけではない。しかし、大切な試合で点を奪えなかったのは、やっぱり何かが足りなかったのだろう。涙を十分流したら、再び前に向かって進もう。まだ高円宮がある!夏休みに福島に行く予定がなくなった分、十分食事と睡眠をとって、もっともっと大きくなれ(いろんな意味で)おっぱまーず!もちろん勉強もね。

Tr_img_8333

Tr_img_8437 Tr_img_8474
Tr_img_8504 Tr_img_8564
Tr_img_8597 Tr_img_8708
Tr_img_8426 Tr_img_8718

<追浜スタメン>
__________田中健太(17)_________

田中智也(11)____高梨祐太(10)___斎藤一磨(15)

_______伊池翼(8)__林拓弥(4)_______

村原大輝(6)_小松勇樹(3)_栗林健太(5)_前田啓介(2)

__________北村征也(16)_________

交代:
 後半17分 田中健太(17)→伊東海征(7)
 後半23分 高梨祐太(10)→中村凌(23)
 後半27分 斎藤一磨(15)→米田仁志(12)

得点:
 後半14分 (千葉)

この日午前中に行われたプリンス最終戦は、桐光が三菱養和に”順当に”勝ったにもかかわらず、横浜ユースはFC東京に0-3で敗戦。優勝を逃し、大会を3位で終えた。昨日、今日と本当に、いいことがない。あっ、みなとみらいは前橋FCを5-3で破り準決勝進出。おめでとう。準決勝の相手は関東リーグで大敗した横浜FC。借りはしっかり返そう。

試合の後は深川組と合流して新大久保の韓国料理屋で畜生会。ダックハンマリなる鶏鍋を肴にまっこりをぐいと。

200907121827000

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

源たれにも挑戦したい ~KSL2-A 湘南vs大和南 他

今日も試合前にOB訪問。会場は湘南高校。キックオフは9:00(早!)

■神奈川県U-18サッカーリーグ K2リーグA 湘南vs大和南

序盤から大和南がいいリズムで攻撃し決定機が続く。しかし、バーを叩いたり、コーナーに跳ね返されたりでゴールは生まれない。ようやく前半22分に右クロスをヘディングで合わせ1点先取。湘南も、少ないながらサイドからいい攻撃をみせ、前半38分にはセットプレイから同点に追いつく。後半。序盤にスローインから湘南に決定的なチャンスが生まれるも決めきれず、ピンチを脱した大和南の攻撃が続く。後半19分には8番(テクニックのあるチャンスメイカー)がドリブルで切れ込みパス。ゴール前での攻防の末、クリアを押しこみ大和南が再びリード。湘南もチャンスはあったものの決めきれず、1-2でアウェイの大和南が勝利。

2006JY OB訪問トリの試合だったが、残念ながらお目当てのOB君はベンチ外。特に怪我をしている様子もなかったので、累積警告かなんかかな?次はぜひプレイするところを見せて欲しい。もうすぐ選手権の予選が始まる。ひとつでも多く新子安2006の選手達の笑顔が見れますように。もちろん追浜2006も。

Tr_img_8056 Tr_img_8106

K2リーグの後は、上永谷のイトーヨーカドーの”桃鉄食堂”にて、青森フェアで出展されている憧れの(笑)黒石つゆ焼きそばを頂く。太い平麺のソース焼きそばの上から和風だしをかけてある。焼きそばにだし?と思ったが、意外といける。トッピングがねぎと天かすということもあり、立ち食いの関東風うどんにウスターソースを入れ、麺が平べったくなった感じといえば想像しやすいか。ちなみに”桃鉄食堂”のラーメンはトッピングが天かす。これってかなり珍しいと思うのだけど、神奈川風?それとも青森風?

デザートは同じく”桃鉄食堂”で、青森県五所川原「みわや」名物の”やきたい”。文字通りタイヤキを揚げて、砂糖をまぶしたもので、ちょっとアンドーナツっぽいけど、皮はドーナツとは違いパリパリ。体重計に乗ることを考えなければなかなかいける(笑)

200907111209000 200907111205000

夜の試合まではたっぷり時間があったので、三ツ沢上町で降りて、せせらぎの小道をいつもとは逆に進んでみる。右側だけ見て歩けば(笑)風流な小道。ちょっと行くと、豊顕寺が右手に見える。豊顕寺に入ると、静かな山道が続く。この山道が三ツ沢公園につながっていて、ちょうど歩道橋を渡った駐車場がある方に出る。ちょっとした発見。排気ガスと味気ない景色と信号待ちが嫌いな人はオススメのコース。

200907111420001

でもって、なが~~い、なが~~い待機時間を過ごし、なが~~い、なが~~い待機列を作った人が目にしたのは、

■J1 第17節 横浜vs山形

・初物
・相手はリーグ8試合勝ちなし
・キックオフ直後の得点
・チャンスに決めきれず
・セットプレイの守備の不安定さ
・何となく失点の予感
・案の定失点
・逆転弾はまたしてもセットプレイから
・しかも古巣への恩返し

マリノスのサッカーは、筋書き”通り”のドラマです、はい(呆)

| | コメント (4)

2009年7月 9日 (木)

JFA理事会資料をチェック H21#4

JFAさ~ん、協議事項のpdfへのリンクが間違ってますよ~!
正しいURLをハッキングして(笑)、協議事項。

5. 2008(平成20)年度公認S級コーチ養成講習会判定結果の件

全てのコースを修了し、筆記試験・口頭試験・指導実践・レポート全てにおいて合格したため下記3名を公認S級コーチと認定したい。
 ・沢田 謙太郎(サンフレッチェ広島)
 ・相馬 直樹(JFAナショナルトレセンコーチ)
 ・藤原 英晃(函館工業高等学校)

§相馬さんは解説を聞いていても非常に理路整然とした印象。どんな監督になるんだろうか。楽しみだ。

次は報告事項。

3. U-16 ウズベキスタン 日本キャンプ[アジア貢献事業]の件

ウズベキスタン協会より、10月から開催されるAFC U-16予選に向け、U-16ウズベキスタン代表が日本でキャンプを実施したいとの要望を受け、アジア貢献事業の一環として、キャンプの受入れを行った。

期間:6月17日(水)~26日(金)
キャンプ地:時之栖
強化試合 :
 6月20日 U-16 ウズベキスタン代表 対 静岡学園
 6月23日 U-16 ウズベキスタン代表 対 U-16 日本代表
 6月25日 U-16 ウズベキスタン代表 対 U-16 日本代表

§ん?U-16日本代表?U-15代表候補の間違い?

5. 競技会開催申請の件

 (4)(財)茨城県サッカー協会
  大会名:ソウル大学・筑波大学 交流試合
  期日:7月29日(水)~8月4日(火)
  会場:筑波大学第一サッカー場
  参加チーム:ソウル大学、筑波大学

 (5)(財)東京都サッカー協会
  大会名:東京-ソウル親善サッカー定期戦2009
  期日:8月25日(火)、27日(木)
  会場:駒沢オリンピック公園総合運動場、陸上競技場
  参加チーム:ソウル特別市中学校選抜、ソウル特別市高校選抜、東京都選抜U-15、東京都中体連選抜、帝京高校、クラブユース連盟代表チーム(調整中)
  入場料:一般 1,000円、中高生 500円、小学生以下 無料

 (7)(社)神奈川県サッカー協会
  大会名:横浜開港150周年記念-国際少年サッカー大会
  期日:8月19日(水)~23日(日)
  会場:ニッパツ三ツ沢球技場及び三ツ沢公園陸上競技場
  参加チーム:上海市、釜山市、新潟市、横浜市神奈川区、横浜市金沢区、横浜市泉区選抜チーム

 (11)(社)大阪府サッカー協会
  大会名:CEREZO CUP 第23回大阪招待国際ユース(U-16)サッカー大会2009 <第10 回日・中・韓国際ユースサッカー大会>
  期日:8月7日(金)~9日(日)
  会場:長居スタジアム、長居第2陸上競技場
  参加チーム:上海選抜U-16(中国)、蔚山選抜U-16(韓国)、神奈川県選抜U-16、大阪府選抜U-16
  入場料:(前売)一般 1,000円、高校生 500円、小・中学生 200円
       (当日)一般 1,200円、高校生 700円、小・中学生 300円

§CEREZO CUPってのが面白そう。神奈川はトレセンチームかな?ちょうど豊田国際とかぶるから、そっちに召集される選手もいるかも。

8. 海外遠征申請の件

 (25)(社)神奈川県サッカー協会
  チ ー ム:横浜少年選抜 (第3種)
  遠征期間:8月17日(月)~20日(木)
  遠征先:韓国 仁川広域市

§開港150周年記念サッカー大会とかぶるな。マリノスの選手はどっちかに参加するのかな?

| | コメント (0)

Jヴィレ ピッチ3が消える!

Jヴィレ ピッチ3といえば、Jヴィレの中でも最もホテル棟に近く、何面もあるピッチの中でも花形的存在である。ピッチ1は上から目線でしか試合が見れないし、立ち木で横からはちゃんと見れない。ピッチ2やピッチ5はネットが邪魔で写真撮影も満足にできない。ピッチ4はピッチ3とピッチ5に挟まれて何だか居心地が悪い。陸上トラックのあるピッチ6、辺境の地にあるピッチ7~10。こう考えると、やはりピッチ3はJヴィレの中でも一番の格式を誇るピッチだ。メインストリートに面しているので、ここでの試合は多くの人の注目を浴びる。バイキングを食べながら試合が見れるピッチでもある。

しかし、この夏、このピッチ3がなくなるとの衝撃的な発表があった。

==================================================

adidas CUP 2009 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 組合せ決定(マッチナンバー・ピッチ名変更)    [2009-07-09]

7 月24日(金)より開催される adidas CUP 2009 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の1次ラウンドのマッチナンバーが変更となりましたので、ご連絡いたします。また、Jヴィレッジの【Pitch 3】は、【adidas Pitch】に名称が変更となっております。

ついでに

adidas CUP 2009 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 準決勝・決勝(ニッパツ三ツ沢球技場)チケット発売開始のお知らせ [2009-07-09]

ニッパツ三ツ沢球技場で開催いたします「adidas CUP 2009 第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会」準決勝[7/31(金)]および決勝[8/2(日)]のチケットを明日、7/10(金)10時より、全国のチケットぴあ、ローソンチケットにて発売を開始いたします。なお、Jヴィレッジにて行う、1次ラウンド[7/25(土)~7/28(火)]および準々決勝[7/29(水)]は入場無料となります。


だそうですよ。インハイと何とかハシゴできそうなので(笑)、今年こそは2000円払っちゃうよ!

| | コメント (2)

2009年7月 8日 (水)

2009年四国クラブユース(U-15、U-18)結果まとめ

愛媛のいないJヴィレは寂しい。しかし現実は現実。しっかりと受け止めて、ユースは四国プリンス王座奪還を、JYも高円宮杯出場権獲得を目指して頑張って欲しい。前へ、若きみかんたち!

下部組織の選手達が愛媛FCとして戦った証を記録に残してあげたいと思います。わかる範囲で出場記録をまとめましたが、不明な点も多くあります。情報をお持ちの方がいらっしゃれば教えていただけると幸いです。スタメン、途中交代(できれば時間)、得点者がわかればベストですが一部でも結構です。よろしくお願いします。

2009 第24回 日本クラブユースサッカ-選手権(U-15)大会 四国大会:ベスト4
試合日 5/24(日) 6/6(土) 6/7(日) 6/13(土) 6/14(日) 6/28(日) 7/4(土)
キックオフ 16:00 17:30 13:00 16:00 11:30 15:00 16:00
試合形式 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2 30分×2 35分×2 35分×2
フェーズ GL#1 GL#2 GL#3 GL#4 GL#5 準々決勝 準決勝
対戦相手 とべSC M・FC高松 プルミエール AMIGOS 阿南FC JY シーガルFC FCディアモ
会場 サンパーク サンパーク サンパーク サンパーク サンパーク サンパーク サンパーク
スコア ○19-1 ○3-0 ●2-3 ○13-0 ○6-0 ○5-0 ●4-6
U-15
入河 直斗              
宇野 大貴              
大塚 唯生              
菅 和彦              
北岡 優駿           ☆2
河野 新汰     ☆3  
佐藤 丈            
潮見 祐哉              
曽根田 穣 ☆2       ☆2  
高橋 裕人            
高山 晃司 ☆2   ☆2        
武村 和樹              
村上 耕一        
U-14
荒井 将史              
井上 瑞貴              
内田 星太郎              
岡田 一騎              
岡田 寛都              
加藤 真輝              
加納 悠剛 ☆5          
木村 祐也              
都築 拓真              
濱村 駿介              
広瀬 謙              
堀内 勇佑 ☆3     ☆3      
松岡 春希              
松平 真弥              
丸岡 拓也              
宮本 太一            
森 勇也 ☆3     ☆2  
U-13
石村 真太郎              
石本 翔也              
伊藤 大智              
内田 銀次              
梅木 雄太              
尾崎 航太              
門田 京介              
上東 嵩史              
清川 流石              
坂本 太希              
佐藤 友              
白石 直人 ☆2            
州之内 辰行              
田坂 洋貴              
野本 翔太              
藤岡 将平              
宮本 亮平              
村井 駿斗              
村上 雄真              
村上 裕太郎              
山内 翼              
山本 亮太            

【最終結果】 1位:FCディアモ 2位:麻生FC、3位:愛媛FC、リフォルマ

2009 第33回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 四国大会
試合日 6/6(土) 6/21(日)
キックオフ 14:00 16:00
試合形式 45分×2 45分×2
フェーズ A H
対戦相手 徳島Y 徳島Y
会場 鳴門 サンパーク
スコア □0-0 □3-3
U-18
岡原 健吾    
岡本 剛史    
神山 大輝    
野本 隆志  
福岡 知晃    
渡辺 健太郎    
U-17
伊藤 良彰    
小原 勇人    
金村 賢志郎    
佐々木 翔平    
高須賀 文明    
田村 健太    
平田 翔也    
渡邊 泰輝    
U-16
鵜久森 現己    
岡原 拓也    
城村 洸介    
黒瀬 義隆    
近藤 貫太    
佐々木 寿輝    
垂水 雄太    
野町 誓吾    
林祐希    
藤 直也    
増谷幸祐    
山本 哲也    

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

U-17日本代表チーム〔第13回国際ユースサッカーin新潟(7/14~20)〕メンバー

ワールドユース前の最後の大会だが、ブルキナファソ遠征のメンバーとは大幅に違う。主力と目される選手が不在で、ブルキナファソに行っていない選手にとっては最後のアピールの機会か。

===========================================================

スタッフ
監督:池内 豊
コーチ:山橋 貴史
GKコーチ:柳楽 雅幸

【選 手】
GK
松澤 香輝 1992.04.03 182cm/75kg 流経大柏
松原 修平 1992.08.11 183cm/80kg 札幌U-18

DF
中島 龍基 1992.01.12 170cm/58kg 青森山田
杉野 健斗 1992.02.25 177cm/70kg 東海学園
岡本 拓也 1992.06.18 173cm/67kg 浦和ユース
金編 勇佑 1992.06.19 175cm/68kg 名古屋U-18
岸   光 1992.06.23 181cm/65kg 名古屋U-18
秋山 貴嗣 1992.10.07 178cm/67kg 神戸ユース
松原  健 1993.02.16 177cm/66kg 大分U-18

MF
神田 圭介 1992.01.29 163cm/57kg 鹿島ユース
松内  徹 1992.04.22 175cm/67kg 東福岡
宮崎 泰右 1992.05.05 167cm/62kg 大宮ユース
柴崎  岳 1992.05.28 173cm/62kg 青森山田
鮫島 晃太 1992.06.24 178cm/68kg 鹿児島城西
河浪 啓介 1992.07.27 174cm/68kg 星稜
高野 光司 1992.12.23 173cm/60kg 東京ヴェルディユース
柴原  誠 1992.04.23 168cm/58kg 清水ユース 2009/07/13追加

FW
原口 拓人 1992.05.03 172cm/60kg ガンバ大阪ユース
宮市  亮 1992.12.14 180cm/66kg 中京大中京
小野 裕二 1992.12.22 169cm/58kg 横浜ユース 2009/07/13怪我

※U-17日本代表チーム:FIFA U-17ワールドカップ ナイジェリア2009(10/24-11/15)に出場するチーム。

【日程】
7/18(土) 新発田市五十公野公園陸上競技場
 13:00~ U-17新潟選抜 vs U-17メキシコ
 15:10~ U-17スロバキア vs U-17日本

7/19(日) スポアイランド聖籠
 13:00~ U-17日本 vs U-17新潟選抜
 15:10~ U-17メキシコ vs U-17スロバキア

7/20(月) 東北電力ビッグスワンスタジアム
 13:00~ U-17新潟選抜 vs U-17スロバキア
 15:10~ U-17日本 vs U-17メキシコ

===========================================================

【結果】

1位:U-17メキシコ代表 3勝
2位:U-17日本代表 2勝1敗
3位:U-17スロバキア代表 1勝2敗
4位:U-17新潟県選抜 3敗

第13回国際ユースサッカーin新潟 : 2位
試合日 7/18(土) 7/19(日) 7/20(月)
キックオフ 15:10 15:10 15:10
試合形式 45分×2 45分×2 45分×2
対戦相手 スロバキア 新潟選抜 メキシコ
会場 五十公野公園陸 スポアイランド聖籠 ビッグスワン
スコア ○3-0 ○6-1 ●1-3
■GK
1 松澤 香輝
18 松原 修平      
■DF
2 中島 龍基 △51
3 杉野 健斗  
4 岡本 拓也  
5 金編 勇佑 ▽51
6 岸   光  
7 秋山 貴嗣 ▽67 △76
松原  健      
■MF
神田 圭介      
9 松内  徹 ▽56 ▽46 △62
宮崎 泰右      
11 柴崎  岳
12 鮫島 晃太 ○ ☆2 ○ ☆
13 河浪 啓介 △67 △73 ☆2 △80
14 高野 光司 ○ ☆ ▽80
17 柴原  誠   ▽73 ☆2
■FW
15 原口 拓人 △56 △46 ▽62
16 宮市  亮 ○ ☆2 ▽76

おまけ
U-17日本代表チーム ブルキナファソ遠征(6/13~23)メンバー 
U-17日本代表候補トレーニングキャンプ@東京(5/11~15)メンバー 
U-17日本代表候補トレーニングキャンプ(4/20~24@J-STEP)メンバー 
U-17日本代表 サニックスカップ(3/17~3/23)メンバー 
U-17日本代表 メキシコ遠征 (1/21~2/3)メンバー 

U-16日本代表候補 J-STEPトレーニングキャンプ(12/16~12/20)メンバー 
AFC U-16選手権 ウズベキスタン2008 U-16日本代表チームメンバー 
第9回豊田国際ユースサッカー大会U-16日本代表メンバー 
U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(7/15~21)メンバー 
U-16日本代表チーム ウクライナ遠征(6/2~13)メンバー 
U-16日本代表候補トレーニングキャンプ (5/6~11) 
U-16日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/14~20)メンバー  
U-16日本代表チーム フランス遠征(モンテギュー国際大会 3/15~26) 
U-16日本代表候補 トレーニングキャンプ (3/2~7) 

U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(12/10~15) 
AFC U-16選手権大会予選 U-15日本代表チームメンバー 
U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(9/11~17・J-STEP) 
U-15日本代表チーム タイ遠征(7/16~25) 
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(6/18~23)メンバー 
U-15日本代表 イタリア遠征〔フランコ・ガッリーニ国際大会(4/3~11)〕 
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(3/3~9)メンバー  

| | コメント (2)

2009年7月 6日 (月)

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(7/13~19)メンバー

2009/7/13 おっ、福岡の中島君が追加召集!

======================================

スタッフ
監督:吉武 博文
コーチ:菊原 志郎
GKコーチ:大橋 昭好

選手
GK
高野 聡生 1994.08.08 177cm/70kg JFAアカデミー福島
山田 元気 1994.12.16 182cm/62kg FC XEBEC JY
中村 航輔 1995.02.27 162cm/46kg 柏U-15

DF
脇本 晃成 1994.01.08 176cm/65kg 広島ユース
早川 史哉 1994.01.12 167cm/62kg 新潟ユース
稲森 克尚 1994.03.08 181cm/70kg ガンバ大阪ユース
徳永 裕大 1994.04.16 167cm/61kg ガンバ大阪JY
宮村  緯 1994.05.23 178cm/70kg ジュビロ磐田JY
丹羽 啄望 1994.06.05 170cm/52kg JFAアカデミー福島
西岡田 渉 1994.06.22 185cm/65kg 徳島JY
出岡 大輝 1994.08.16 170cm/56kg ガンバ大阪JY
新井 純平 1994.11.12 167cm/50kg 浦和JY 2009/07/16 チーム事情

MF
荒木 大吾 1994.02.17 175cm/65kg 柏U-18
井出 遥也 1994.03.25 163cm/48kg 千葉U-18
新城 幸佑 1994.05.06 163cm/58kg 那覇市立鏡原中
楠美 圭史 1994.07.25 170cm/56kg 東京ヴェルディJY
岩田 孝弘 1994.07.29 172cm/58kg 名古屋U-15 2009/07/16 怪我
堀米 悠斗 1994.09.09 162cm/49kg 札幌U-15
秋野 央樹 1994.10.08 172cm/52kg 柏U-15

FW
鈴木 隆雅 1994.02.28 178cm/63kg 鹿島ユース
高野登志基 1994.04.07 163cm/50kg セゾンFC
野津田岳人 1994.06.06 170cm/57kg 広島JY 2009/07/13 怪我
神田 夢実 1994.09.14 164cm/51kg 札幌U-15
南野 拓実 1995.01.16 169cm/56kg セレッソ大阪U-15
松本 昌也 1995.01.25 149cm/40kg JFAアカデミー福島
中島 大貴 1995.01.17 183cm/57kg 福岡U15 2009/07/13 追加

※U-15日本代表チーム:FIFA U-17ワールドカップ2011出場を目標としたチーム。

【スケジュール】
7/13(月)
 16:00 vs大分高校 大分スポーツ公園
7/14(火)
 09:30/15:30 トレーニング 大分スポーツ公園
7/15(水)
 09:30 トレーニング  大分スポーツ公園
 15:00 vs柳ヶ浦高校  大分スポーツ公園
 17:00 vs大分トリニータU-18  大分スポーツ公園
7/16(木)
 09:30/15:30 トレーニング  大分スポーツ公園
7/17(金)
 09:30 トレーニング  大分スポーツ公園
 15:00 vs大分高校  大分スポーツ公園
 17:00 vs大分鶴崎高校  大分スポーツ公園
7/18(土)
 09:30/15:30 トレーニング  大分スポーツ公園
7/19(日)
 09:30 vs大分トリニータU-18  別府市実相寺サッカー競技場

【結果】
 7/13(月) vs 大分高校 9-5(勝)
 7/15(水) vs 大分高校 0-1(負) vs 大分トリニータU18 3-3(分)
 7/17(金) vs 情報科学高校 8-0(勝) vs 鶴崎高校 4-1(勝)
 7/19(日) vs 大分トリニータU18 2-0(勝)

【過去リンク】
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(6/22~28)メンバー 
U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(5/30~6/5)メンバー 
U-15日本代表チーム オーストラリア遠征(4/5~13)メンバー 

| | コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

気持ち ~関クラ3回戦 MM15vs深川、追浜15vsジェフ習志野

関クラは運命の3回戦。ここで勝てば全国大会への切符を手にする事ができる。負けても敗者復活戦があるので、すべてが終わるわけではないが、敗者復活戦は1/8の狭き門。どちらも何とか今日で決めてくれ!

幸い今日はマリノスタウンでみなとみらい、追浜と続けて試合が行われるので両方見ることができる。マニアに優しい日程だが、ドキドキの試合を2試合見るのは精神的にはかなり厳しい。

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 3回戦 みなとみらいU-15vsFC東京深川

最初はみなとみらい。相手は深川。横浜のJY年代にとってFC東京勢はもはや天敵のようなもので、一昨年、去年とことごとく重要な試合で苦杯を飲まされている。今日こそは一矢報いたい。

立ち上がり4分に試合は動く。GKの頭上を抜けたCKを相場君が中央に戻し、野路君が相手選手に囲まれつつもうまくコントロールしてシュート。昨日と同じく早い段階でのゴールにうれしさ半分、不安が半分(笑) しかし序盤こそ深川に押されるシーンがあったものの、時間が経つにつれみなとみらいがゲームを支配するようになる。昨日は前に出るシーンが少なかった右サイドの岩壁君も積極的に前に出て、田中君とのコンビネーションでゴールに迫る。深川が徐々に引き気味になったこともあり、昨日と違って低い位置でボールを奪われての反撃を喰らうシーンも少なく、今日は優位に試合を進める事ができた。前半26分には野路君が右サイドやや遠目からのシュートを決め、みなとみらいが2点リードで前半を終える。

後半7分には深川の選手がうまくDFライン裏に抜け出しシュート。これはGK境君が飛び出しストップ。後半14分にはみなとみらいのチャンス。林君が出したいいタイミングのパスに野路君がDF裏に抜け出し、前に出てきたGKの頭上を抜くループシュート。深川のDFが必死で追いかけるが一歩及ばず。野路君はこの重要な試合でハットトリックの活躍。これで普通だったらかなり気持ちも楽になるのだが、ここ一番での東京勢の粘りは侮れない。この年代に限らず色々なカテゴリーで何度も高い授業料を払ってきた身としては(笑)、3点差でも安心はできない。

深川は後半18分に11番君に代わり岸君を投入。入ってきた早々に、後方からのフィードに抜け出しシュートを放つ。これは境君が弾く。みなとみらいも松井君、河合君を投入し中盤を活性化させる。残り時間は徐々に少なくなる。3点取った安心感と連戦の疲れからか、DFライン裏を狙う深川の攻撃に、オフサイドのセルフジャッジで足を止めるシーンも目立つ。幸い今回は事なきを得たが、笛が鳴るまでは絶対に足を止めてはいけないよ。

勝利も近づいてきた後半33分。中盤でのパスミスを奪われカウンター。岸君にこのチャンスを決められ点差は2に縮まる。しかし、その2分後。CKを諸石君がドンピシャヘッド。雄たけびを上げる諸石君。その後もみなとみらいは攻撃の手を緩めることなく、ついに試合終了のホイッスル。2年ぶりの全国大会出場を決めた。おめでとう、みなとみらいの選手達。

Tr_img_7477 Tr_img_7498
Tr_img_7511 Tr_img_7674

<みなとみらいスタメン>
__________宇佐見康介(10)________

持田里久也(6)____野路貴之(11)___田中秀明(13)

_______喜田拓也(7)__相場遥介(9)_____

冨沢右京(12)_松崎颯介(3)_諸石健太(2)_岩壁裕也(5)

___________境龍登(1)__________

交代(みなとみらいのみ):
 後半12分 岩壁裕也(5)→林亮祐(17)
 後半15分 冨沢右京(12)→高野遼(4)
 後半26分 野路貴之(11)→松井優斗(14)
 後半31分 持田里久也(6)→河合力也(8)

得点:
 前半04分 MM:野路貴之(11)
 前半26分 MM:野路貴之(11)
 後半14分 MM:野路貴之(11)
 後半33分 深川:岸寛太(21)
 後半35分 MM:諸石健太(2)

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 3回戦 追浜U-15vsジェフ習志野

続いて追浜。対戦相手はジェフ習志野。去年みなとみらいが関クラで逆転負けを喫した相手であり、追浜も今年の関東リーグで前後半の終了間際に失点し逆転負けで初黒星をつけられた。

立ち上がりから習志野ペース。左サイドの9番、10番君が積極的に前に出てきてゴールを脅かす。1トップの21番君もしたたかにゴールを狙う。前半16分。21番君の思い切ったミドルシュート。GK北村君が飛び上がって手を伸ばすが、ボールはその上をかすめてゴールネットを揺らす。喜びを爆発させる習志野の選手達。1点目なのにまるで試合に勝ったかのような喜びよう。喜びすぎると碌な事がない。実際、その3分後には田中健太君のドリブルからのシュートのこぼれを高梨君が押し込み、追浜がたちまち同点に追いつく。クールなおっぱまーずの喜びは控えめ。もうちょっと喜んでもいいんじゃない?と先ほどとは逆の感想(笑) 前半34分には斎藤君が粘ってゴールライン際からクロス。これをファーで高梨君が合わせ追浜が逆転に成功。この時のおっぱまーずの喜びも控えめだったが、直後に習志野に同点弾を決められてしまう。サッカーは難しいものだ。

同点で迎えた後半。立ち上がりは習志野ペースで進むが、徐々に追浜のカウンターが威力を増す。シュートチャンスも増えるが、そこに立ちはだかったのは習志野のGK君。トリッキーなグランダーFKからの高梨君の至近距離からのシュートは身を投げ出して止め、前田君の意表をつくミドルシュートも片手で弾き、田中健太君のドリブルからのシュートもしっかり止めた。追浜のシュートはことごとくスーパーセーブの前に塞がれる。ピンチを防ぐ度にGK君が味方に激を飛ばす。「前から守備しろ!」「FW、点とってこい!」 その気迫と仕事っぷりは敵ながら天晴れ。

追浜最大のチャンスは後半31分。CKの混戦からの決定的なシュート。GKは前に出ていてゴール前にはいない。決まった!と思ったが、ゴールマウスにいた9番君が跳ね返す。追浜は何度もあった決定機を決められないまま80分間(関クラは3回戦から40分ハーフ)を終え、試合は延長戦に。

延長前半も追浜がチャンスを作り出す。2分の斎藤君のループシュートはGKがキャッチ。3分の田中健太君のドリブルからの至近距離のシュートはやっぱりGKが神業のようなセーブ。直後に習志野のカウンター。左サイドからのグランダーのクロスを走り込んできた選手がジャストミート。習志野の選手はまたしても大喜び。しかし今度はGK君からカツが飛ぶ。「まだ、終わってないぞ!」 勢いに乗った習志野の攻撃が続く。追浜守備陣は何とかクリアしていたが、延長前半終了間際にCKをヘディングで押し込まれ点差は2点に。

「10分で2点取られたんだから、10分で2点取れるぞ!」 追浜の応援団からはそんな声が飛ぶ。延長後半早々、セットプレイから田中智也君がヘディグで1点返す。いけるぞ!追浜は伊池君や小松君を前線にあげ猛攻。しかし習志野の守備の集中力は素晴らしい。全員が自陣に戻り、必死で追浜の攻撃を跳ね返す。そして、ついに1点差を守り抜いた。ホイッスルとともに崩れ落ちるおっぱまーず。

試合後、追浜側に挨拶に来た習志野の選手達。「最後まできちんとやろうぜ」と仲間を促し一礼。中にはうれし涙を流している選手もいる。そこまで気持ちの入った試合をしていたのか。後で知ったのだが、ジェフの下部組織は段階的に発展的統合することになっており、現U-15は習志野というチームでプレイする最後の世代。下級生はおらず、習志野のメンバーはこの日会場に姿を見せていた選手だけ。泣いても笑っても習志野は今年で最後、何が何でも俺達の力で全国へ行くんだ!そんな思いを胸に闘っていたのだろう。これで試合中の気迫に合点がいった。

やはりサッカーにおいては技術や戦術と同じくらいか、それ以上に何が何でも勝つという気持ちが大切だと改めて思う。今日のおっぱまーずは技術や戦術では習志野に負けてはいなかった。選手達も決して負けたとは思っていないだろう。ただ、気持ちの面では習志野の方が上回っていたのは確か。

今日負けたことでおっぱまーずはあと三つ勝たないと全国へ行けない状況になった。厳しい戦いだが、ポジティブに捉えれば、これはおっぱまーずがもっともっと強くなるための絶好のチャンス。絶対に勝つんだという気持ちの大切さはきっと今日習志野の選手達から学んだと思う。次はそれを自分達が実践する番。もちろん勝負だから勝ち負けは必ずついてくる。しかし、自分達を信じて全力を尽くすことは後々きっと様々なものをもたらしてくれるだろう。強い気持ちを持って来週からの試合に全力を尽くそう、おっぱまーず!

Tr_img_7705 Tr_img_7830
Tr_img_7777 Tr_img_7803 Tr_img_7795

<追浜スタメン>
__________田中健太(17)__________

田中智也(11)____高梨祐太(10)____斎藤一磨(15)

_______林拓弥(4)___伊池翼(8)_______

村原大輝(6)_小松勇樹(3)_太田勇樹(13)_前田啓介(2)

__________北村征也(16)__________

交代:
 延長前半06分 斎藤一磨(15)→新里涼(22)

得点:
 前半16分 (習志野)
 前半19分 高梨祐太(10)
 前半34分 高梨祐太(10)
 前半35分 (習志野)
 延長前半03分 (習志野)
 延長前半09分 (習志野)
 延長後半00分 田中智也(11)

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

10円の恩返し÷3 ~春季大会 MM10vs港北FC、関クラ2回戦 MM15vsジェファFC 他

いよいよJYの熱い夏がスタート。関クラU-15が今のようなトーナメント方式になって3年目。筆者の中では今や1年を通じて、すべてのカテゴリーの中で最も力が入る大会となっている。特に今日は負けると敗者復活すらない一発勝負。この年代は何があるかわからない。どんな相手だろうが油断はできない。ドキドキしつつマリノスタウンに向かい、まずはウォーミングアップにプライマリー(笑)

■第36回 横浜市春季少年サッカー大会 LLの部準々決勝 みなとみらいU-10vs横浜港北SC-A

この試合は8人制で15分×2。立ち上がり早々に山田君のミドルシュートで先制するも、以降は中盤でのボールの奪い合いとなり、みなとみらいの決定機は少ない。逆に、港北の選手にドリブルで振り切られシュートを打たれる場面も何度かあり、試合は全くの五分と五分。後半、またもやキックオフ早々に川崎君のミドルでみなとみらが追加点をあげる。これで少しは優位になるかと思ったが、得点の直後にPAすぐ横のFKをファーにいた選手にダイレクトで決められ失点。前半同様試合はどっちに転ぶかわからない展開になった。後半11分、みなとみらいが前目の選手を一気に4人交代した直後、港北に追加点を許し追いつかれる。残り5分ではどちらも追加点を奪うことは出来ず試合はPK戦となった。港北先攻で始まったPK戦は、港北の3人目、4人目の選手が失敗し、2-4でみなとみらいが勝利をおさめ、”木村和司杯”にあと2つに迫った。

Tr_img_6734 Tr_img_6783

メンバー:
 HPページの選手紹介が7月に入ったというのに未だに更新されませんので、気長にお待ちください(苦笑) ※2009/7/27更新

 1本目:鈴木風雅、佐々木俊樹、川野裕大、堀研太、山田康太、川崎柊音、森本怜太郎、中村太士
 2本目:川野裕大、今井海斗、山口玲有、柴田晋太朗、石井明日真、藤井夏輝、中村太士、川崎柊音
 2本目10分:川野裕大、今井海斗、山口玲有、美崎壮哉、石井明日真、櫻井風我、中野伊織、棚橋尭士

得点:
 前半01分 山田康太
 後半02分 川崎柊音
 後半03分 (港北SC)
 後半11分 (港北SC)

PK戦:
 港北: ○ ○ × ×
 MM: 石井○ 山口○ 美崎○ 今井

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 2回戦 みなとみらいU-15vsジェファFC

春季大会の後はいよいよCグラで関クラ2回戦。相手は東京代表のジェファFC。現國學院久我山高校監督の李済華(リ・ジェファ)氏が創設、代表・総監督を務めるクラブで、プリンス関東のパンフを見ると久我山にも何人かOBがいるようだ。

負ければそこで終わってしまう重要な一戦は11時キックオフ。開始早々、CKを宇佐見君がヘディングで押し込みあっさりみなとみらいが先制。幸先のいいスタートだったが、以後は一進一退の攻防が続き、あわや失点かという場面も少なくない。前半7分のゴールはオフサイドに救われ、17分にはバーに救われる。ジェファはよく統率の取れたチームで、組織だった攻撃にみなとみらいは非常に苦しめられた。李氏が監督の久我山のスローガンは”美しく勝て”。なるほど、ジェファのDNAにもその美学が植えつけられているようだ。

今日のみなとみらいは緊張からか、自陣でのミスが目立ち、自らリズムを壊す。蒸し暑さが徐々に体力と判断力を鈍らせる。後半3分のカウンターはぎりぎりの所で松崎君が凌いだものの、後半15分にはついに8番君に決められ同点に追いつかれる。同点に追いつきジェファが波に乗る。後半25分には、すばやいパス交換から左サイドでフリーでボールを持った8番君が思い切ってシュートを放つ。やられた!残り時間10分での失点は致命傷だ。みなとみらいの夏は初戦で終わるのか・・・ そんな考えが一瞬にして頭の中を駆け巡る。しかし、幸いにもボールは右ポストを叩く。助かった。サッカーの神様はまだまだ見捨ててない。深い安堵に思わず崩れ落ちそうになる。しかし、試合は終わっていない。

みなとみらいのベンチ脇ではトップの端戸と学が後輩の試合を観戦している。そうだ、学を出そう!坊主だし、まだまだ中3でもいけるはず! そんな冗談も飛び出しはするが、言っている本人の顔は笑っていない。

70分で決着はつかず、試合は10分ハーフの延長戦に突入。延長前半4分。FKのこぼれ球を相場君が思い切ってシュート。ようやく均衡が破れる。しかし、油断大敵。そのすぐ後にはジェファに決定的なチャンス。これはGK境君が思い切って前に出てナイスセーブ。

延長後半3分にはCKからフリーで諸石君がシュート。決定的なチャンスだったがこれはゴール外。残り時間が少なくなりジェファが最後の攻勢を強める。何本もCKが続く。ピッチと時計を交互に見る。足をつらせた選手が多かったため、長めのロスタイム。笛はまだか。ジェファのCKからあわや失点というピンチを何とか切り抜けた直後に試合終了のホイッスル。ふぅ・・・ つながった。

初戦の難しさというのはあるにしても、今日のみなとみらいは悪いところばかりが目立った。明日の深川戦に向けて心配ばかりがつのる。とはいえ、このチームは試合毎にがらっと変わるチーム。先日の関東リーグの川崎戦は素晴らしい出来だった。ああいう試合も出来るチームだ。今日の苦戦で気持ちを引き締め、きっと明日は深川を破って全国を決めてくれるに違いない。

Tr_img_7012

Tr_img_7087 Tr_img_7247

<みなとみらいスタメン>
__________宇佐見康介(10)________

持田里久也(6)____野路貴之(11)___田中秀明(13)

_______喜田拓也(7)__相場遥介(9)_____

冨沢右京(12)_松崎颯介(3)_諸石健太(2)_岩壁裕也(5)

___________境龍登(1)__________

交代(みなとみらいのみ):
 延長前半00分 岩壁裕也(5)→加瀬裕太(24)
 延長後半02分 野路貴之(11)→河合力也(8)
 延長後半07分 持田里久也(6)→高野遼(4)

得点:
 前半01分 宇佐見康介(5)
 後半15分 (ジェファ)
 延長前半04分 相場遥介(9)

■第15回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 2回戦 追浜U-15vsジュニオール

みなとみらいの試合の後は、急いで追浜へ。みなとみらいが延長にもつれ込んだため、到着したのは後半キックオフ直前。対戦相手がOBのいるジュニオールだったので、最初からじっくり見たかったのだが・・・ 試合は前半3点(田中健太君、斎藤一磨君、田中智也君)、後半2点(田中智也君、栗原奨吾君)で快勝。次はジェフ習志野との対戦。

ジュニオールはOBの関根君がFWでスタメンフル出場。何度かドリブルでゴールに迫るシーンがあり、見ごたえがあった。OBの多いチームなので、来年はもっとOB対決が見られることだろう。楽しみだ。

Tr_img_7367 Tr_img_7383

■J1第16節 大宮vs横浜

JYの連戦の後は大宮へ。何気にトップでは初めてのNACK5。臨場感があっていいスタジアムだが、肝心のピッチの上は何とも低調だった。最近の横浜のサッカーには観客をのせる”流れ”がない。淡々と同じ事を何度も同じようにやって、何度も同じように失敗して・・・ 新しい何かが必要じゃないか?それにしても、大宮の前線は何であんなに簡単にコロコロ倒れるんだろうか。一瞬、鹿島にいるのかと錯覚した(笑)

| | コメント (0)

高校総体@奈良 組み合わせ発表

インハイの組み合わせが発表になった(pdf)。今回は横浜OBのいる桐蔭、日大、流経柏、帝京の4校が出場する。愛媛OBのいる松山工業も出場。関東の4チームは比較的見る機会が多いのでわざわざ遠征する必要はないのだが、今回は開催地が未観戦県である奈良!これは大きい。初戦の組み合わせは以下の通り。

8/2(日)
 12:00 桐蔭vs松山工業 奈良学園中学校高等学校総合グラウンド
 12:00 日大vs旭川東 五條市上野公園多目的グラウンド
 15:00 帝京vs那覇西 御所市民運動公園グラウンド
 (流経柏は2回戦から)

桐蔭と松山工業ときたからには見ないわけにはいかないじゃないか。8/1には総理大臣杯@大阪でカトケンの大阪学院大の試合もあるし。8月頭は関西遠征だ!

と、ここで大きな問題が一つ。全クラの決勝が8/2(日)18:00@ニッパツ。インハイを見てからでは間に合わない。ユースに決勝進出して欲しいのはもちろんだが、奈良で横浜/愛媛絡みの試合を見れるチャンスもそうそうない。インハイが第一試合だったら良かったんだけどなぁ。ん~~ん、悩ましい。

まぁ、とりあえず奈良のリサーチだけはしておこう。B級グルメ情報がありましたらよろしくお願いします(笑)

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

2009年度JリーグU-14第2次強化トレーニングメンバー

Jリーグ版U-14トレセンにマリノス代表として追浜の田中健太君が選出。世代の中心選手としてがんばれ!その前に明日、明後日も!(笑)

================================================

Jリーグは、7月30日(木)~8月1日(土)に、JヴィレッジおよびJFAアカデミー福島練習場(ともに福島県双葉郡楢葉町)で、Jリーグ全36クラブより選抜した14歳以下(以下U-14)の選手を対象とした強化トレーニングを実施します。

この強化トレーニングは、5月14日(木)~17日(日)と5月28日(木)~31日(日)に、Jヴィレッジと清水ナショナルトレーニングセンター J-STEP(静岡県静岡市)で、Jリーグ全36クラブより選抜したU-14の選手を対象に実施した第1次強化トレーニングの参加選手56名より、Jクラブ アカデミーダイレクターおよびJリーグ技術委員長によって選抜した選手18名で行います。

トレーニングの中ではJFAアカデミー福島、ベガルタ仙台とのトレーニングマッチも予定しております。また、第2次強化トレーニングに参加した選手は、8月下旬に予定されているオランダへの海外キャンプに、Jリーグ選抜チームとして参加する予定です。

■2009年度JリーグU-14 強化トレーニング(第2次)参加メンバー
【スタッフ】
小松 義典(鹿島)
小池 直文(横浜)
大神 友明(磐田)
荻堂 博行(ガンバ大阪)
上野山 信行(Jリーグ)

【選手】
GK
伊藤 俊祐 柏
古島 圭人 湘南

DF
内山 裕貴 札幌
阿部  翔 栃木
中村 大我 清水
柳沢 拓弥 清水
永保  尭 ガンバ
山口 博也 徳島

MF
三塚 春輝 鹿島
鴨池 陽希 FC東京
石附  航 新潟
金  来遠 名古屋
平田 昌規 セレッソ
小西 智貴 神戸

FW
小沢 佑太 大宮
田中 健太 横浜
北川 柊斗 名古屋
佐々木亜門 福岡

【第2次強化トレーニング スケジュール】
7/30(木)
 13:30~14:10ミーティング
 15:00~18:00トレーニング
7/31(金)
 09:30~11:30トレーニングマッチ(対JFAアカデミー福島)
 15:00~18:00トレーニング
8/1(土)
 09:30~12:00トレーニングマッチ(対ベガルタ仙台)
※スケジュールは変更になる場合があります。

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

adidas CUP 2009 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 組合せ決定

全クラの日程が発表された。今年こそは横浜に帰ろう!

【グループ分け】
 Aグループ:広島、横浜、名古屋、塩釜FC
 Bグループ:鹿島、新潟、仙台、京都
 Cグループ:ヴェルディ、セレッソ、徳島、札幌
 Dグループ:清水、大分、川崎、柏
 Eグループ:神戸、磐田、横河武蔵野、湘南
 Fグループ:FC東京、三菱養和、福岡、ガンバ

【横浜試合日程】
 GL#1 7/25(土) 10:30 vs名古屋 @Jヴィレッジ ピッチ5
 GL#2 7/26(日) 15:00 vs塩釜FC @Jヴィレッジ ピッチ2
 GL#3 7/28(火) 13:00 vs広島 @Jヴィレッジ ピッチ3
 準々決勝 7/29(水) 10:30/14:00 @Jヴィレッジ ピッチ3 or 5
 準決勝 7/31(金) 16:00/19:00 @ニッパツ
 決勝 8/2(日) 18:00 @ニッパツ

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

ikari閉店ですと!? ~TRM みなとみらいU-14vs町田JFC

先週の土日はサポ活動的には充実していたが、サッカー観戦的には酷い負け試合を1試合見ただけで欲求不満の残るものだった。週も半ばで血液中のサッカー濃度が低下してきたので(笑)マリノスタウンで久々のU-14の練習試合を観戦。対戦相手は町田JFC。30分×3。

町田JFCは個人技に優れた選手がおり、みなとみらいに比べると体格で勝る選手も多い。みなとみらいは押し込まれるシーンも多かったが、ボールホルダーにしぶとく喰らいつき、数的優位を作り相手からボールを奪う。ボールを奪うと縦に早い攻撃でゴールを狙う。何度かピンチもあったものの、榎本君の2ゴールで1本目は2-0で終了。

メンバーを変えずに臨んだ2本目は相手の攻撃の前に守備の時間が長かった。しっかり守ってはいたが、16分にCKから失点。終盤にも何度か決定的なピンチを迎えるも、GK大蔵君の素晴らしい反応でそれ以上ゴールを割らせず、トータルで1点リードを守った。

3本目は6分に亀井君の技ありのシュートが決まってからはみなとみらいペースで進む。ショートカウンターが冴えに冴え、2トップの山中君、深澤君が2ゴールずつをあげる活躍。中盤からいいボールが供給され、2トップの飛び出すタイミングも素晴らしかった。

みなとみらいU-14は見るたびに成長を実感でき、見ていて楽しい。いい試合で血液中のサッカー濃度も十分上昇した(笑)

Tr_img_6611 Tr_img_6697

<スタメン>
______榎本拓也(5)__深澤知也(18)_____

山中城之介(21)_____________小泉慶(10)

_______桑原和真(9)_上田彗亮(4)______

上尾明寛(3)_笹岡拓実(11)_長田健(6)_福田圭佑(19)

__________大蔵亮介(1)__________

<エンメン>
_____山中城之介(21)__深澤知也(18)_____

亀井公貴(7)______________福田圭佑(19)

_____樋口慎太郎(17)__上田彗亮(4)______

飯塚澄(2)__笹岡拓実(11)_長田健(6)__吉江良翔(23)

__________鹿野洋司(16)__________

交代:
 2本目16分 上尾明寛(3)、上田彗亮(4)、福田圭佑(19)、山中城之介(21)
          →飯塚澄(2)、樋口慎太郎(17)、吉江良翔(23)、亀井公貴(7)
 3本目??分 大蔵亮介(1)→鹿野洋司(16)
 3本目09分 榎本拓也(5)、桑原和真(9)、小泉慶(10)→山中城之介(21)、上田彗亮(4)、福田圭佑(19)

得点:
 1本目10分 榎本拓也(5)
 1本目27分 榎本拓也(5)
 2本目16分 (町田JFC)
 3本目06分 亀井公貴(7)
 3本目11分 山中城之介(21)
 3本目13分 深澤知也(18)
 3本目22分 山中城之介(21)
 3本目23分 深澤知也(18)

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »