« 2009全クラU-18結果まとめ | トップページ | うどんを食べ損ねた ~大阪招待1日目 神奈川選抜vs上海選抜 他 »

2009年8月 6日 (木)

夜は風来坊 ~豊田国際1日目 U-16日本vsU-16韓国 他

18切符で行く東海道はかなり飽きたので、今回は木曽路から豊田へ。遠回りだし乗り継ぎが悪いけど、景色が良くて車窓の風景は新鮮。

■第10回豊田国際ユース第1日 U-16メキシコvsU-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜

16:30からの第一試合は、U-16メキシコとU-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜との試合。U-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜とはいえ、グランパス以外は中京大中京のFW熊谷知紀がいるだけで(当初リストにあった東海学園の山田翔司ははずれ、名古屋U-15の樫尾和明が入ったようだ)、ほぼグランパスといってもいいチーム。スタメンは100%グランパス。

キックオフ後5分。メキシコがきれいにボールをつなぎ、最後はPA右でフリーでボールをもらったマルセロ・ガルシアが流し込むだけ。しかし、メキシコの先制もつかの間。直後に高原が思い切ったグランダーのミドルを放ち、たちまち追いつく。前半はややメキシコのペースで進むも、グランパスも水野や加藤らがいい動きを見せチャンスを作り出す。

後半はメキシコに決定的チャンスが続く。後半6分のマルセロ・ガルシアのシュートは、反対方向に反応したGK伊藤の残した足に当たりノーゴール。後半11分には、エリック・トレスのヘッドがポストに嫌われる。直後のホセ・トスタドのトリッキーなトラップからのミドルはGKが弾く。運が味方してくれていたグランパスだったが、後半15分に水野のバックパスを奪ったエリック・トレスがドリブルからシュート。均衡が破れる。これで勢いに乗ったメキシコがさらに攻勢を強めるが、グランパスも良く耐えた。後半29分にはグランパス加藤の決定機。これはGKに弾かれる。場内に多くの「あ~」と、数名のメヒコの歓声が混じる。その後、攻め急がないメキシコに対して、グランパスのチャンスも何度かあったものの得点はできず、2-1でメキシコが勝利をおさめた。

メキシコの選手は日本人とそう体格は変わらないが、手の使い方やボールの扱いに関心させられることしばしば。この辺はしっかり見習わないといけないなぁ。

Tr_img_5577

Tr_img_5587

Tr_img_5606 Tr_img_5612
Tr_img_5623 Tr_img_5660

<U-16メキシコスタメン>
_______マルセロ・ガルシア(14)__エリック・トレス(16)________

マイケル・ペレス(7)_____ジョバンニ・カシジャス(15)_____ホセ・トスタド(8)

____________エンリケ・フロレス(10)_____________

ベルナルド・エルナンデス(3)_ルイス・ソロリオ(5)_エドソン・フロレス(6)_カルロス・グスマン(2)

_____________アルベルト・グロラ(1)____________

<ほぼ名古屋スタメン>
______高原幹(21)___足立智紀(31)______

佐藤和樹(18)_________________加藤翼(20)

_______都竹俊優(23)_水野泰輔(27)_______

渡辺大輝(17)_川本拓也(25)_奥山政幸(19)_野崎翔平(29)

___________伊藤悠稀(30)__________

交代:
 後半00分 墨西哥:マイケル・ペレス(7)→ホルヘ・エスベリクエタ(9)
 後半20分 墨西哥:マルセロ・ガルシア(14)→ロベルト・アルプチェ(18)
 後半24分 名古屋:佐藤和樹(18)→川村啓輔(28)
 後半32分 名古屋:加藤翼(20)→熊谷知紀(14)
 後半35分 墨西哥:ジョバンニ・カシジャス(15)→ジルベルト・トレス(13)
 後半37分 名古屋:足立智紀(31)→青山貴浩(35)
 後半38分 名古屋:高原幹(21)→岩田孝弘(34)

得点:
 前半05分 墨西哥:マルセロ・ガルシア(14)
 前半05分 名古屋:高原幹(21)
 後半15分 墨西哥:エリック・トレス(16)

■第10回豊田国際ユース第1日 U-16日本vsU-16韓国

続いて日韓戦。横浜勢はアンドリューがボランチでスタメン。GKの鈴木は残念ながらサブ。

前半10分、アンドリューがPAすぐ外で韓国の選手を掴んで倒しファール。韓国にFKが与えられる。PA右隅外からのFKは壁に当たって跳ね返るが、こぼれ球を拾われ左サイドでフリーのバン・チャンジュンにボールが渡る。絶好のチャンスだったが、シュートはサイドネットに当たりノーゴール。前半の韓国のチャンスはこれくらいで、以降、日本がボールを回す時間が続く。

前半28分には山千代→原川→相馬ときれいにパスがつながり最後は久保。シュートはゴールの上にそれる。前半30分には日本にCKのチャンス。原川の左CKはファーでフリーの西野の前に。西野のシュートはゴールの上にそれる。絶好機を逃した日本。しかし、その5分後に全く同じシチュエーション。今度こそは西野がしっかり決め日本が先制。さらに、リスタート直後に久保が不意をつくロングシュートで追加点。1点目のメモを取っていて周りの歓声に頭を上げると、ボールが前に出ていた韓国GKの頭上を越えるところだった(笑) 韓国は全体的に受けに回ったような印象で、プレスもさほど強くはなく、40分ハーフの前半はほぼ日本が主導権を握り2-0で終了。

後半も日本ペースで始まる。原川、久保、後半頭から入った田鍋らが積極的にシュートを放つもゴールに結びつけることができず、そうこうするうちに後半15分ぐらいからは徐々に韓国のチャンスが増える。

後半16分には韓国FKをクリアしようとしたGK田尻が接触で傷む。ベンチでは鈴木椋大がアップを始める。田尻の怪我が心配ではあるが、ちょっとわくわくするマリサポ(何人いたのかは知らないが:)と、かつての鈴木のチームメイトたち(多分) しかし、ピッチからは○のサイン。ちょっとがっかりしつつも(ごめんなさい)、まぁ大きな怪我でなくてよかった。田尻は直後に韓国の強烈なシュートを2度パンチングでクリア。

韓国の攻勢をしのぎ再び日本の時間帯に。後半36分の田鍋の決定的なシュートはGKが弾く。田鍋は運動量も多く、積極的なプレイスタイル、ベンチでも場を盛り上げるムードメーカーと、いかにも養和的な選手。味方である分には頼もしいが、今後敵として痛い目に合わされることもあるんだろうなぁ(笑) 後半38分には、原川のスルーパスを受けた鈴木隆雅がシュート。角度の無いところからのシュートはゴール上にそれる。鈴木は終了間際にもDFと競りつつもシュートを放つ。これもゴールをそれる。後半は追加点なく終了。

全体的に日本の攻撃の時間が長く、ボールも良く回っていたが、フィニッシュのアイデアと迫力と精度が今ひとつ。とはいえ、チームとして闘うのはほとんど初めてに近い現段階で、ほぼU-15とはいえ韓国相手にこの試合なら十分及第点ではなかろうか。意識してみるのは初めての選手ばかりだが、印象に残ったのはガンバの山千代、柏っぽくない(笑)相馬など。アンドリューはまだちょっとチームに慣れていないような印象。横浜で試合に出始めた頃のような感じだったので、試合を重ねる毎に少しずつ”本性”を現してくるだろう(笑)

Tr_img_5718

Nishino Tr_img_5863
Tr_img_5969 Tr_img_5803
Tr_img_5801 Tr_img_5919

<U-16日本スタメン>
______久保裕也(16)___原川力(12)______

榊翔太(15)_________________相馬大士(8)

_____山千代大斗(10)_熊谷アンドリュー(11)____

為田大貴(13)_遠藤航(2)__西野貴治(5)_奈良竜樹(3)

_____________田尻健(1)___________

<U-16韓国スタメン>
__________パク・ジョンビン(10)___________

バン・チャンジュン(11)_クォン・チャンフン(8)_シン・ハキョン(7)_ファン・シニョン(15)

___________シン・イルス(14)____________

ファン・ジュヨン(3)_ジョン・ホギュン(4)_チェ・ジュンギ(5)_オ・ジュンヒョック(2)

交代:
 後半00分 日本:榊翔太(15)→田鍋陵太(14)
 後半00分 韓国:ファン・シニョン(15)→カン・テウン(9)
 後半12分 韓国:ファン・ジュヨン(3)→キム・ヒョンニル(6)
 後半20分 韓国:シン・ハキョン(7)→キム・スンジュン(17)
 後半25分 日本:熊谷アンドリュー(11)→原伊吹(9)
 後半26分 日本:久保裕也(16)→鈴木隆雅(17)
 後半32分 日本:山千代大斗(10)→古山瑛翔(6)
 後半36分 韓国:パク・ジョンビン(10)→キム・ギュミン(13)

得点:
 前半35分 日本:西野貴治(5)
 後半36分 日本:久保裕也(16)

|

« 2009全クラU-18結果まとめ | トップページ | うどんを食べ損ねた ~大阪招待1日目 神奈川選抜vs上海選抜 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009全クラU-18結果まとめ | トップページ | うどんを食べ損ねた ~大阪招待1日目 神奈川選抜vs上海選抜 他 »