« 卵敷き鉄板文化圏についての調査 ~豊田国際2日目 U-16日本vsほぼU-16グランパス 他 | トップページ | U-18日本代表チーム (SBSカップ国際ユースサッカー)メンバー・スケジュール »

2009年8月 9日 (日)

もっと黒いんじゃ ~天皇杯神奈川予選1回戦 横浜ユースvs東海大学

昨日の豊田国際で無事鈴木椋大のプレイを見れたので、今日は朝早く名古屋を発ち18切符で東海道を一路保土ヶ谷へ。

■天皇杯神奈川予選1回戦 横浜ユースvs東海大学

去年よくわからない理由で太鼓の使用に駄目出しされたので、今年の横浜のゴール裏は太鼓なしで応援。東海大学はサブの選手が観客席から声援を送る。鶴見緑地で覚えてしまった、「T・O・KAI 総合大学 東海!」の応援も再び聞くことができた。わざわざ総合大学を強調するのはやっぱり少子化で大学のブランドイメージ向上に力を入れているためだろうか?

横浜はGKに都丸、樋川とCBコンビを組むのは早田、いつもはCBの中田が一つ上がって本職のボランチという布陣。東海大学も総理大臣杯の時とはややメンバーが変わっている。

試合は開始1分に動く。左サイドからドリブルでグイグイ中央に迫った岡が、小野悠斗とのワンツーから豪快にシュートを叩き込む。素晴らしいゴール。あまりの”速さ”と”早さ”に横浜応援席は盛り上がる。左サイドの小野裕二も得意のドリブル突破でカテゴリーが上の相手を翻弄する。これは、アップセットあるかも!?しかし、前半7分に東海大伊藤がFKを直接決め、たちまち追いつく。さらに、その1分後にはクリアし切れなかったボールをまたしても伊藤にグランダーのミドルで叩きこまれる。あっという間の逆転劇だった。

逆転されたとはいえ、横浜は積極的なボール回しで東海大に真っ向から挑む。息のあった連携から澁谷、小野裕二らがシュートを放つがゴールをそれたり、GKにキャッチされたりで得点にはならない。一方の東海大はしっかり守りを固め、快足の堺、松澤の両サイドと当たりに強い伊藤が手数をかけずに横浜ゴールに迫る。ポゼッションは横浜だったが、決定的チャンスは東海大に多く生まれる。前半25分には堺のクロスを伊藤が合わせるがポスト。前半33分には松澤のドリブル突破。これはかろうじてクリア。その直後、右クロスが大きく”それ”バーを叩く。前半40分の里中のヘッドはバーに救われる。前半は1点ビハインドのまま終了。

後半もポゼッションは横浜。優れた個人技を生かして小野裕二と天野が積極的にシュートを打つがゴールは生まれない。後半15分には塩田を投入。塩田はさっそく左サイドで快足ぶりを見せ、観客席が沸く。リードしている東海大学は無理をせず、カウンターのチャンスを狙う。押しながらもゴールを奪えないまま時計は進み、疲労から徐々に横浜の選手にパスミスが目立ち始める。さすがにこの暑さで45分ハーフの試合は厳しい。やや集中力も切れ始めた後半31分、東海大学にCKのチャンス。低い弾道のCKをニアで伊藤がヘディングで合わせる。伊藤はハットトリック。点差が広がり、横浜の選手も何とか得点を取ろうと頑張ったが、このゴールで勢いづいた東海大に対して守備の時間が長くなり、そして試合終了。去年に続き大学勢を破ることができず、1回戦で姿を消すこととなった。

負けたとはいえ、カテゴリーが上の相手に対してガチで挑んだ横浜の選手達の奮闘ぶりは非常に見ごたえがあった。次の大きな舞台は9月の高円宮杯。夏の暑さに気をつけて、9月にはまた素晴らしいサッカーを見せて欲しい。

Tr_img_7186 Tr_img_7217
Tr_img_7243 Tr_img_7528

<横浜スタメン>
_________関原凌河(8)_________

小野裕二(14)___小野悠斗(10)____天野純(11)

_____澁谷元気(13)_中田航平(6)______

岡直樹(3)_樋川愛輔(4)__早田廉(5)_星広太(23)

_________都丸勇司(16)_________

<東海大スタメン>
_______里中頌平(8)__伊藤和基(10)______

松澤健祐(22)_____岡山永(16)_____堺星哉(14)

___________松下翔(2)___________

須賀貴大(20)_佐伯尚平(13)_黄大俊(3)_田中大二郎(12)

__________小笠原功麻(21)__________

交代:
 後半08分 東海:堺星哉(14)→島優也(18)
 後半15分 横浜:小野悠斗(10)→塩田光(7)
 後半30分 東海:田中大二郎(12)→永田一真(4)

得点:
 前半01分 横浜:岡直樹(3)
 前半07分 東海:伊藤和基(10)
 前半08分 東海:伊藤和基(10)
 前半31分 東海:伊藤和基(10)

※東海大学のメンバーは総理大臣杯のパンフを参考にしました。間違っていればご指摘頂ければ幸いです。

|

« 卵敷き鉄板文化圏についての調査 ~豊田国際2日目 U-16日本vsほぼU-16グランパス 他 | トップページ | U-18日本代表チーム (SBSカップ国際ユースサッカー)メンバー・スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卵敷き鉄板文化圏についての調査 ~豊田国際2日目 U-16日本vsほぼU-16グランパス 他 | トップページ | U-18日本代表チーム (SBSカップ国際ユースサッカー)メンバー・スケジュール »