« 茶髪小僧 ~TRM みなとみらいU-14vsヴェルディレスチ、U-15vsヴェルディ | トップページ | 県U-16ユースサッカー研修会始まる »

2009年9月 6日 (日)

立憲君主制って可愛いよね。 ~高円宮杯GL#1 横浜vs神戸、ナビスコ準決勝後半 横浜vs川崎

いよいよ、実りの秋の高円宮杯がスタート。

勇んで前橋に向かったものの、高崎線が高崎まであとちょっとの神保原で停車。今年は常磐線で痛い目に合わなくてよかったと思ってたら、こんなところで帳尻を合わせにきたか!(笑) 電車は30分ほど遅れてようやく発車。両毛線、路線バスと綱渡り乗り継ぎに成功し、何とか余計な出費なしで敷島サッカー場にたどり着けた。やっぱり1時間前行動が重要だなぁ(笑)

■高円宮杯グループリーグ第1戦 横浜ユースvs神戸ユース

今日の横浜はGKに1年の鈴木椋大を起用。豊田国際→サテ練習試合→ユース練習試合と段々本来の場所に近づいてきて(笑)、ようやくユースでの本格的なプレイを見ることが出来る。高円宮初戦、しかも世間では死のグループと呼ばれるE組で、相手は関西プリンスの覇者神戸。試合前から期待と不安がせめぎ合う。

神戸との対戦は多分去年の暮れのGo For 2014カップ以来。その時はポゼッションでは横浜が上回っていたものの、カウンターから2失点で破れた。双方メンバーは半数近く入れ替わっているものの、今日の試合も同じような図式。キックオフ直後から横浜が細かいつなぎで神戸ゴールに迫る。横浜の前線には天野、小野裕二、高橋とテクニシャンが揃う。三人ともここ最近の好調さをキープしており、ゴール前での細かいつなぎとドリブル突破からチャンスを作りだす。しかし、あと少しのところでゴールは割れない。神戸は前線の2枚看板にボールを早めに渡し、カウンターからのゴールを狙う。横浜にとってはあまり得意ではないタイプ。前半11分、13分にはカウンターからあわやというシーンが続いたが、オフサイドと空振りに救われた。

前半30分、横浜の攻撃がようやく実る。後藤のミドルシュートがゴールポスト隅に当たり跳ね返される。こぼれ球をアンドリューが拾い、右の保田へ。保田のクロスを高橋が頭に当てる。弧を描いたボールは神戸GK嘉味田の伸ばした手の上をぎりぎりですり抜けネットを揺らした。その後も横浜が何度かチャンスを作りだしたものの、追加点は奪えず前半は1-0で終わる。

後半3分。前半決定機を何本も外していた小野裕二が、右角度の無いところからのシュート。ネットが揺れる。サイドネットにしては随分真ん中が揺れているなぁ・・・ えっ!?ゴールだ!!! 遠目からはどこをどう通したのかは判らず、見ている方もリアクションが遅れる(笑) 後半10分にはPA内にドリブルで切れ込んだ天野がグランダーのパス。中央でノーマークの小野裕二が合わせ2点目。ゴールネットに当たって跳ね返ったボールを再び蹴りこみ、心の中でハットトリック(笑)

小野裕二にばかりおいしい思いをさせてはならぬ(笑) 今度は関原が結果を出す。後半14分。GK鈴木のフィードを高橋が前線に送る。関原が抜け出しシュート。直前にGKとの1-1でもたつきシュートチャンスをフイにした関原だったが、今回はきっちり決めた。後半21分には、小野裕二のシュートがGKに弾かれたこぼれ球を拾いゴール。久々の”こぼれの凌河”らしいゴールに観客席も沸く。

給水明け、今度は俺だ!とばかりに、高橋が魅せる。キレキレドリブルに、途中アンドリューとの1-2を挟んで、次々と神戸DF陣を潜り抜ける。フィニッシュはGKに止められたが、決まっていれば今年のベストゴール候補にあがるような魅惑的な仕掛けだった。

神戸も一方的にやられるだけではない。後半25分には横浜DFラインの裏にボールが通る。神戸の選手が詰め寄るが、横浜GK鈴木が果敢に前に出てストップする。後半28分にはまたしても裏を取り、U-17代表の小川がついに1点返す。このあたりから横浜は中盤が間延びし、セカンドボールを拾えなくなる。神戸の中盤の選手が積極的に前に出てシュートを打つ。後半39分にはミスから再び小川に決められる。イケイケの神戸だったが、それ以上の反撃のための時間はなかった。

横浜にとっては、2失点は余計だったが、これはポジティブに捉えたい。どれだけ得点を取っても、どこか一部が緩むと簡単に失点につながる。最後まで集中してプレイしよう。その上で今回のキャッチフレーズである”アタックNO1”サッカーで一つ一つ勝利を掴んでいこう。

Tr_img_3880 Tr_img_3926
Kenya Yuuji
Tr_img_4134 Tr_img_4269

<横浜スタメン>
__________関原凌河(8)__________

小野裕二(14)____高橋健哉(15)____天野純(11)

_____後藤拓斗(12)__熊谷アンドリュー(26)___

岡直樹(3)__樋川愛輔(4)_中田航平(6)_保田隆介(2)

__________鈴木椋大(21)__________

<神戸スタメン>
_____木村一貴(10)__片岡道則(9)_______

大目康史(14)_____________上諸武士(13)

______和田篤紀(17)_山下翔平(26)______

西浦夏貴(6)_森下和成(4)_崔勝虎(3)__寺岡真弘(23)

__________嘉味田隼(12)__________

交代:
 後半00分 神戸:片岡道則(9)→小川慶治朗(11)
 後半16分 神戸:木村一貴(10)→見神大樹(18)
 後半19分 横浜:天野純(11)→菅野裕太(19)
 後半26分 横浜:熊谷アンドリュー(26)→小野悠斗(10)
 後半31分 神戸:山下翔平(26)→浅野拓土(24)

得点:
 前半30分 横浜:高橋健哉(15)
 後半03分 横浜:小野裕二(14)
 後半10分 横浜:小野裕二(14)
 後半14分 横浜:関原凌河(8)
 後半21分 横浜:関原凌河(8)
 後半28分 神戸:小川慶治朗(11)
 後半39分 神戸:小川慶治朗(11)

試合後は日産スタジアム。

■ナビスコカップ準決勝後半 横浜vs川崎

・タイトルを取るためのサッカーと、タイトルを取るにふさわしいサッカーは違う。

・マリノスは、タイトルを取るにふさわしいサッカーでタイトルを目指すチームであってほしい。

教えるつもりはないが、ジュニーニョのような時間をうまく使うプレーについては選手たちも感じてほしい。いい意味でのずるさという点では、昨日の代表戦のオランダもそうだっただろう。(コーキチさんコメント)
 -いい意味でのずるさって何だろう。そういうずるさがないチームだと外からも認められているからこそ、山瀬にシュミレーション判定を出した某氏は謹慎になったんじゃないのか?

・それでも自ら起こしかけた奇跡を、自らの愚行で潰した飯倉の責任は一番重い。まずは一時期の学や小宮山級のつんつるてん坊主で出直せ。

|

« 茶髪小僧 ~TRM みなとみらいU-14vsヴェルディレスチ、U-15vsヴェルディ | トップページ | 県U-16ユースサッカー研修会始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茶髪小僧 ~TRM みなとみらいU-14vsヴェルディレスチ、U-15vsヴェルディ | トップページ | 県U-16ユースサッカー研修会始まる »