« 埼玉にもあるらしい ~高円宮杯GL#3 愛媛vs桐光 | トップページ | かんりにんはバーニャカウダをおぼえた ~高円宮杯R16 横浜ユースvs桐光、神戸ユースvs広島ユース »

2009年9月20日 (日)

長門裕之細かすぎ ~高校サッカー予選 川和vs大清水、KSL1部 コブラvs六浦 他

今日はまるで売れっ子アイドルのような忙しさ(笑)

■高校サッカー神奈川県予選2回戦 川和vs大清水

まずは9:30から大清水高校で川和vs大清水。川和高校にはみなとみらい(というか、最後の新子安)OBの須田がいるので、もちろん川和を応援。ここ最近急速に力をつけてきている川和に対して、大清水は関東高校サッカー大会神奈川予選の覇者。どちらが勝ってもおかしくはない厳しい試合になりそうだ。

前半は大清水ペース。プレスが激しく川和はパスがつながらない。せっかくのマイボールも出し所を探しているうちにコースを消され、結局奪われてしまう。寄せの早さ、判断の早さにおいて大清水の方が上だった。前半18分に遂に川和は失点。川和にも前半29分に大きなチャンスがあったが、これは得点に結びつけられなかった。

気合を入れなおして臨んだ後半の川和だったが、後半早々に大清水の下田にグランダーのミドルを決められ出鼻をくじかれる。川和はピッチで再び円陣を組み気持ちを切り替える。その甲斐もあって、後半15分には森田がドリブルで切れ込んで前線の石山にパス。石山は相手DFに囲まれつつもすばやくシュート。これがネットを揺らし川和が1点返す。後半19分には小中のドリブルから左クロス。松元が飛び込むがゴールをそれる。徐々に川和が盛り返し、大清水陣内でプレイする時間が長くなる。だが攻撃に意識が向いた分、どうしても守備意識が低下し、後半31分にはカウンターから大王がドリブル突破。DFの寄せが甘く大清水に3点目を謙譲してしまう。点を取るしかない川和も3バックに変更して須田を上げるが、大清水のワイドな前線をケアせずに攻撃に専念いうわけにはいかない。時間は刻々と過ぎるが点差は縮まらない。後半43分には、左サイドからのグランダーのシュートをゴール前で比嘉がコースを変え、大清水が川和をさらに突き放す。

ホイッスルが鳴り、1-4というスコアで2009年の川和高校サッカー部の快進撃は終わった。選手の何人かは顔を覆い号泣。出場機会のなかった選手がそんな仲間に声をかける。「最後は笑って終わろうぜ」

川和高校の3年生のみなさん、そして、最終学年をキャプテンとして支えたスダケン、お疲れ様。君たちの3年間は3部から1部へ昇格した3年間だった。十分笑って終わるにふさわしい3年間だったと思う。涙を拭いたらまた次の目標に向かって頑張れ。

Tr_img_7140 Tr_img_7198
Tr_img_7195 Tr_img_7226

<川和スタメン>
______松元時雄(7)___石山尚人(20)______

上原新平(15)________________安藤亮介(9)

_______土田大貴(6)__森田鷹志(13)_______

須田健太郎(10)_宮内裕太(4)_増田涼之介(2)_西澤知弥(8)

___________廣澤明海地(18)__________

<大清水スタメン>
林翔太(18)_____大王善之(7)____吉田祐治(9)

__________石川克樹(22)_________

______下田北斗(11)_福田涼馬(6)_______

北川勇翔(8)_柿崎佳弘(4)_佐藤貴大(3)_齋藤宏直(15)

___________滝山雄大(1)_________

交代:
 後半06分 川和:上原新平(15)→小中創平(11)
 後半11分 大清水:石川克樹(22)→比嘉レアンドロダビド(10)
 後半31分 川和:森田鷹志(13)→酒井栄太(17)
 後半36分 大清水:福田涼馬(6)→平塚将成(25)
 後半37分 大清水:吉田祐治(9)→北川吉宏(12) 

得点:
 前半18分 大清水:?
 後半04分 大清水:下田北斗(11)
 後半15分 川和:石山尚人(20)
 後半31分 大清水:大王善之(7)
 後半43分 大清水:比嘉レアンドロダビド(10)

ところで、大清水高校は高校サッカー予選をするのにふさわしい会場だろうか。周囲はネットに覆われていて横から見ようと思ったら観客は網越しの観戦を余儀なくされる。関係者用のでかいテントが中央にどんと居座っていてコーナーは見れない。我慢して少しでもいいポジションを確保して見ていると、横からの観戦はできない、ゴール裏の観客席に移動しろと後半途中に言い出す(そんな理不尽な役目を押し付けられて保護者に怒鳴られる生徒がかわいそうだ。それならそれで運営の責任者が最初から徹底させるべきだろう)。色々運営側の都合もあるんだろうが、どちらかのチームにとっては高校サッカーが終わってしまう大切な大会であり、3年間選手達を支えてきた保護者の皆さんにとっても同様。大会の持つ意味をもっと真剣に考えて、もう少し見る側の視点にも立った運営をお願いしたい。

■高校サッカー神奈川県予選2回戦 秦野vs橘

続いて淵野辺高校へ。前半2-0で橘が勝っているとの情報に胸を躍らせてグランドに向かう。後半15分ぐらいに到着し、グランドの得点表示板を見るとスコアが逆(笑) この時のがっかり感ときたら・・・ この恨み忘れませんぞ、KZMさん(笑)

キックオフに間に合わないとわかっていながら会場に向かったのは、橘でおっぱまーず2006の伊藤がプレイをしていると神奈川新聞の選手権特集で知ったから(正確にはGさんが気づいたから:)。某チームを途中でやめてどうしているか心配していたが、高校でサッカーを続けていてくれてよかった。結局秦野に4-0で負けてしまったので、高校サッカーでプレイする伊藤を見るのはこれが最初で最後となってしまった。でも、何とか最後の姿を見れてうれしかった。ここまでお疲れ様。できればこれからもサッカーを続けて欲しいと思う。

Tr_img_7243 Tr_img_7300

お次は14:00からマリノスタウンでユースBvsJFAアカデミー福島の試合。何とか前半途中ぐらいにはたどり着けそうだ。横浜駅に到着したところで友人からメール。”Cグラはもぬけの空” また予定変更か!ならオフィシャルのスケジュールも更新し(ry)。そのまま行って17:00からのU-13をちょっとだけ見ようかとも思ったが、どっちみち全部は見られないので諦めて帰宅。ユースはアカデミーではなく名古屋とDグラでミニゲームをやっていたようだ。

■KSL1 横浜GSFCコブラvs六浦FC

家でバルバリッチ監督の新生愛媛vs岡山の試合をスカパーでながら見して、19:00からは近くの谷本公園で神奈川社会人リーグ1部の横浜GSFCコブラvs六浦FCを観戦。谷本公園グランドではしょっちゅう六浦FCが試合をしていたが、ようやく見れた。お目当てはもちろん元愛媛FCのカトゥー。

関東リーグ2部の挑戦権を得るために負けられない両チーム。序盤から激しい局地戦が繰り広げられ、イエローカード6枚が出る激しい試合となった。先制はCKを流し込んだコブラ。六浦も前半終了間際に寺島が右クロスをヘディングで押し込み同点に追いつく。後半16分にはコブラは外池を投入。そういやコブラにいるって話をちらっと聞いた覚えがあったなぁ。大物の投入に六浦ベンチからは、「トノさん、(出てくるのが)早いですよ」と声がかかる(笑) 試合はヒートアップ。ピッチ上の熱が観客席にも伝わり、7、80人ほどいた観客からはピンチ/チャンスの度に大きな声があがる。週末におらが町のローカルチームを応援して熱くなる。いいねぇ。試合は結局両者譲らず1-1のドロー。

カトゥーは試合後本人も言っていたように、「今日は最悪でした」という出来。ファールが多く、イエローカードももらった。でも、やっぱ仕事をしながらもサッカーを続けられるのは幸せなことだし、それを見に行けるのもうれしいことだ。カトゥーこれからもがんばれ!

Tr_img_7491 Tr_img_7532 Tr_img_7483

|

« 埼玉にもあるらしい ~高円宮杯GL#3 愛媛vs桐光 | トップページ | かんりにんはバーニャカウダをおぼえた ~高円宮杯R16 横浜ユースvs桐光、神戸ユースvs広島ユース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉にもあるらしい ~高円宮杯GL#3 愛媛vs桐光 | トップページ | かんりにんはバーニャカウダをおぼえた ~高円宮杯R16 横浜ユースvs桐光、神戸ユースvs広島ユース »