« 勝ちたいときほど平常心 | トップページ | 珍来餃子、酒は自粛 ~KSL1 日本工学院FMvsコブラ&関東リーグU-15 追浜vs柏 »

2009年10月10日 (土)

チキンタツタは今日で終わり ~高円宮杯準決勝 横浜ユースvs三菱養和ユース

勝ってよかった~~~。
あまじゅん、次はヒーローになれ!
アンドリューも次は決めてくれ!

(後ほど補筆)

======================================

群馬、ひたちなかを経て、いよいよ舞台は国立!

■高円宮杯準決勝 横浜ユースvs三菱養和ユース

たかが準決勝だ。緊張するな。平常心だ。そう自分にいい聞かせるものの、日本サッカー界の聖地でユースが試合をすると思うと、やはり格別なものがある。しかも相手は宿敵三菱養和。5失点で惨敗した馬入でのプリンス。すんでのところで優勝が零れ落ちた去年のプリンス最終戦。もっと遡れば目の前でスギッチダンスを踊られた秋田国体の決勝の表彰式・・・ 数々の悔しい思い出が脳裏に浮かぶ。これだけ悔しい思いをしているんだから、今日こそ神様は微笑んでくれる。そう信じてメインスタンドに腰を下ろす。しかし、やはり気持ちは落ち着かない。体の中を時折、冷たい緊張が走る。

キックオフ前に降っていた雨も止んで12時きっかりにキックオフ。開始1分。アンドリューの絶好のスルーパスに関原が飛び出すも、GKの方が一歩早くボールに追いつく。養和も5分にアンドリューが滑って体勢を崩したところにつめボールを奪うと、加藤がすかさずミドルシュート。これはゴールの上にそれる。序盤から緊張感のある試合となった。バクスタで仲間たちと一緒に声を出して応援すれば緊張も和らぐのだが、メインスタンドで静かに試合を見ている人たちに囲まれると緊張の発散場所がない。

横浜は今大会から積極的に用いるようになったロングボールで養和の最大の強みである中盤のパスワークを無力化する。時折ボールが渡ってもボランチの2人を含め横浜のプレスは早い。養和に好きにボールをつながせない。自分たちのペースでサッカーができているので後は得点さえ生まれれば・・・ しかしシュートはことごとくGK正面かDFにはじき返される。

養和も中盤でのパスワークこそは影を潜めたものの、右サイドのスピードのある田鍋はやはり脅威。13分、23分と右サイドを突破されピンチを招く。13分のピンチは中田がすばらしいカバーリングで防ぐ。23分にはシュートまでも持ち込まれるがゴールをそれて命拾い。25分にはCKから加藤に押し込まれるも、これは養和のファールでノーゴール。これが認められていればこの試合の結果は違ったものになったかもしれない。

試合が動いたのは前半39分。養和のファールで横浜ボール。高橋がすばやく前線に送り、関原がドリブルで持ち込みシュート。養和の隙を突いて、ついに横浜が先制!

1点リードされた養和が後半立ち上がりから仕掛ける。前半はうまく封じ込めていた中盤でのパスワークが復活。スイッチが入ってしまったかな?と見ている方は戦々恐々。右サイドの田鍋がさらにそのパスワークに絡む。怖い時間が流れる。後半9分には横浜GK鈴木の蹴ったボールが木村にあたり、跳ね返ったボールがあわやゴールインという自滅的ピンチも訪れる。そんな悪い流れのなか、後半11分にはついに田中豪紀にすばらしいミドルシュート決められ同点に追いつかれる。ベンチ前で派手なパフォーマンスで喜ぶ田中の姿に、秋田国体の悔しさが再びよみがえる。このまま終わっては駄目だ。絶対に勝て、横浜!失点の後も養和のチャンスが続く。後半13分のFK。その後の連続CK。横浜は懸命にしのぐ。

後半23分には天野の強烈なFKをGKがファンブル。ボールはPA内のアンドリューの前にこぼれる。決定的なチャンスだったが、アンドリューの蹴ったボールは勢い余ってゴールを大きくそれる。嗚呼・・・

その後は一進一退の攻防が続く。ポゼッションは横浜でシュートチャンスも多くあったが、養和にもFKやCKのチャンスが何度もあった。いくらポゼッションを握っていても、セットプレイでは関係ない。息詰まるような時間が流れる。早く一点取って、楽にしてくれ!(もちろん横浜に対して:) しかし、ゴールは生まれない。ロスタイムは4分。ここで、養和の左SBの早川が2枚目のイエローカードをもらい退場。一人少なくなったチームが守って守ってカウンターで勝つのはよくあること。相手が相手だけに、一人少ないくらいでは少しも気が楽にはならない。

結局4分のロスタイムで試合は動かず10分ハーフの延長戦に。養和の選手が後半から何人も足を攣らせているのに、横浜は選手は足が攣るどころか運動量も極端には落ちない。松橋監督は相当フィジカルを鍛えたようで、その成果は一目瞭然。アグレッシブな前線は果敢にゴールを狙う。特に天野は正確な左足で貧欲にゴールを狙う。だが、サッカーの神様は天野がすんなりヒーローになるのを許さない。20分の延長でも決着がつかず、決勝進出はPK戦に委ねられることになった。

両チームともベンチ前で円陣を組む。養和の木村は「埼スタ行こうよ!埼スタ行こうよ!」と、メインスタンドの応援団を煽る。メインスタンドもそれに応え、歓声を上げる。

PK戦は養和側のゴールで行われ、横浜が先攻。最初のキッカーはキャプテン中田。右に飛んだGKの裏をかいて、ゴール正面にちょこんと浮かし球を蹴った。見ている方はひやひや。養和の1人目玉城も決め、横浜の2番手は天野。蹴る前に迷ってしまった天野のシュートは、ころころとGK正面に転がる。もちろんGKは何なくキャッチ。肩を落とす天野。一方、成功した養和木村はスタンドに向かってフィギュアの選手のように2回転ジャンプのパフォーマンス。いかにも養和。いかにも東京。こういうパフォーマンスには批判も多いが、こういうパフォーマンスが生む団結力やノリに、これまで何度も横浜は痛い目にあわされてきたのは事実。再び過去の苦い思い出が蘇る。3人目は双方成功。4人目は8番対決にして、今日のスコアラー対決。関原はきっちり成功。続いく田中の蹴ったボールはクロスバーに当たり真下に落ちノーゴール。同点ゴールをあげた時と対照的な田中の表情。何ともサッカーは恐ろしい。5人目の14番対決は双方成功。横浜6人目は途中交代で出てきた星雄次。成功。続く養和前田のシュートは、田中と同じような位置に飛び、再びクロスバーに跳ね返される。

その瞬間、喜びを爆発させた鈴木のもとに横浜の選手たちが一斉に駆け寄る。ベンチの選手たちもピッチに飛び出す。その輪に加わることなくセンターライン上でぽつんと安堵のあまり座り込む天野。勝ってよかった・・・ 天野はクロスバーさんに昼飯でもおごった方がいいな(笑) まぁ、幸いもう一試合ある。あまじゅん、次こそヒーローになれ!

さあ、次はいよいよ決勝!横浜ユースの決勝進出は1995年以来。そのときは清商に0-5というスコアで敗退し、タイトルを取ることができなかった(そうだ)。ここまで来たら勝って高円宮杯初制覇を!

Tr_img_1624 Tr_img_1614
Ryoga Tr_img_2003
Tr_img_2281 Ryota
Tr_img_2341 Tr_img_2408

<横浜スタメン>
_________関原凌河(8)_________

小野裕二(14)___高橋健哉(15)____天野純(11)

_____後藤拓斗(12)_熊谷アンドリュー(26)___

岡直樹(3)_中田航平(6)_樋川愛輔(4)_保田隆介(2)

_________鈴木椋大(21)_________

<三菱養和スタメン>
田中豪紀(8)____木村陽一郎(9)___田鍋陵太(23)

_____玉城峻吾(10)___加藤大(7)_______

_________中垣内優太(6)__________

早川直登(2)__内堀超(4)_中村侑人(3)_大野瑞樹(5)

__________原田祐輔(1)__________

交代:
 後半26分 横浜:高橋健哉(15)→榎本大希(9)
 後半27分 養和:内堀超(4)→櫻岡徹也(17)
 後半37分 横浜:後藤拓斗(12)→塩田光(7)
 後半42分 養和:中垣内優太(6)→前田大夢(11)
 後半44分 横浜:岡直樹(3)→星雄次(24)
 延長後半01分 養和:大野瑞樹(5)→後藤京介(14)

得点:
 前半39分 横浜:関原凌河(8)
 後半11分 養和:田中豪紀(8)

PK戦:
 横浜 中田○ 天野× 榎本○ 関原○ 裕二○ 雄次○
 養和 玉城○ 木村○ 加藤○ 田中× 後藤○ 前田×

■高円宮杯準決勝 広島ユースvs磐田ユース

勝利の余韻に浸りつつ、メインスタンドの端っこで第2戦を観戦。横浜の試合が神経をすり減らすような展開だっただけに、この試合はまったりと純粋に試合を楽しんだ。広島の大崎のスーパーゴール。PK戦を含め3度のビハインドを追いついた磐田の粘り(上村の正確無比なキック!)。最後は怪我から復帰した広島玉田のPK失敗という残酷な結末だったが、いい試合だった。

================================

◆松橋力蔵監督コメント
まだまだ課題が残るゲーム内容でした。多くのチャンスをものにしていれば、もっとF・マリノスの良さが出るゲーム展開になったと思う。リスタートに関しては、非常に選手の判断が早かった、選手が同じ共通意識を持っていたのが大きかったと思う。(決勝進出は)選手と共に必死にやってきた結果。選手が非常によくやっている。1年生も出てきて、チーム全体の底上げもできてきた。個人も十分に育っている。決勝戦も今の彼らのシステムで、今の彼らのポジションで、どんな相手にも良いプレーができるようにがんばりたい。

◆関原凌河選手コメント
三菱養和にはプリンスリーグで負けていたので、絶対に借りを返したかった。得点シーンは(高橋)健哉と目があった瞬間に、前にスペースが空いているのがみえた。ボールをもらったら1対1だったし、(後藤)拓斗の動きにディフェンスもつられたので、あとは流しこむだけでした。決勝戦は負ける気もないし、負けたくもない。絶対に勝ちたいと思います。

◆天野純選手コメント
プリンスリーグで三菱養和と対戦したときは、ボールを支配していたけど最後で決めきれなかったことが反省点でした。今日の試合はファーストチャンスを絶対に決めるのが目標でしたが、なかなかものにできなくて相手に流れが傾いたのが接戦になった原因かなと思います。今日はPKを外してしまってチームに迷惑をかけたので、この思いを決勝戦にぶつけたいと思います。

 

|

« 勝ちたいときほど平常心 | トップページ | 珍来餃子、酒は自粛 ~KSL1 日本工学院FMvsコブラ&関東リーグU-15 追浜vs柏 »

コメント

決勝見に行きたいです・・・
お茶わらかに(^-^;

投稿: TOM | 2009年10月11日 (日) 02時28分

昨日はお疲れ様でした。やっばPKはイヤですねぇhappy02
これから長崎へ向かいます。
三連休は3連勝しましょうrock
では埼スタでpaperpaperpaper

投稿: ぽっぽっぽ | 2009年10月11日 (日) 06時48分

>TOMさん
磐田との対戦は私は初めてのような・・・
どんな試合になるのかわかりませんが、歴史に残る名勝負にしたいですね。

>ぽっぽっぽさん
お疲れ様でした。PKは本当に心臓に悪いですね。
長崎ではユキヒコに恩返しゴールされないよう応援よろしくお願いします。
3連休はすべて勝つ!

投稿: うれ@管理人 | 2009年10月11日 (日) 07時24分

いつも楽しみに拝見させて頂いてます、息子が城北ファイターズでなんと!写真がアップされているではないですか、OB悠斗&裕二君の応援に行ってきたのですが、悠斗君はインフルでダウンとか残念、試合終了後、裕二君が城北ファイターズ応援団の前でガッツポーズをしてくっれたと、喜んでいました、決勝戦はTV観戦ですが、絶対優勝して欲しいです!

投稿: | 2009年10月11日 (日) 11時17分

コメントありがとうございます。
城北ファイターズの方々は高校選手権で鹿島学園の試合の時も応援されて
ましたね。卒団しても応援してくれる方々がいるというのは選手にとっても
心強いことだと思います。今回の準決勝ではチームというのは多くの人の
思いや歴史が重なって成り立っているものだなぁと改めて思いました。
城北ファイターズの方々のご指導のおかげで今の小野兄弟があるわけですし、
マリサポとしてはいい選手を育てて頂き、そしてマリノスに送り込んで頂き
ありがとうございますと感謝の気持ちで一杯です。
明日の試合では裕二が今度こそ素晴らしいゴールを決めて、そして城北ファイターズの
方々の前で再びガッツポーズを見せてくれると思います。

投稿: うれ@管理人 | 2009年10月11日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝ちたいときほど平常心 | トップページ | 珍来餃子、酒は自粛 ~KSL1 日本工学院FMvsコブラ&関東リーグU-15 追浜vs柏 »