« 2009高円宮杯U-15愛媛、追浜結果まとめ | トップページ | 三豊は観音寺と善通寺の間 ~高校サッカー3回戦 境vs神村、藤枝明誠vs岐阜工 »

2009年12月31日 (木)

年越しはうどん ~高校サッカー1回戦 東北vs一条、尚志vs松山北

今年の観戦納めは高校サッカー1回戦in等々力。

試合前、バクスタ側の置き看板の一つが突風にさらわれ宙を舞い、落下して粉々に壊れるというアクシデントがあった。ゴールの中のマット(?)も中高く舞い上がった。試合中だったらと思うとぞっとする。怪我が無くてよかった。試合中は運営側の判断で全部の置き看板が撤去されたので、一安心。

■第88回 全国高等学校サッカー選手権大会 1回戦 東北vs一条

1試合目は宮城県代表の東北高校と奈良県代表の一条高校の対戦。試合前に東北高校の応援席から、♪お~ふ~ろんた~~れ、お~~かわさき~お~お~ と、おなじみの応援歌が飛び出す。会場にいる川崎サポを取り込もうという作戦か!もともとちょっとしたご縁で心情的にはやや一条寄りだったが、これでマリサポの端くれ魂に火がつき、完全に一条に肩入れすることにした(笑) 

開始早々、東北10番岡本がPA内でボールを持って仕掛ける。キックオフ直後で一条のDFは試合に入りきれてなかったか、岡本の前にぽっかりとスペースが空いた。岡本はすかさずシュート。GKの左を抜け、きれいにゴールが決まった。その後は一条も徐々にペースを取り戻し、得意のショートパスで東北陣内に攻め入る。しかし、一条の2トップは東北の石川と中條がマンツーマンで完全マークしており、決定的な仕事をする事はできなかった。一条はその他の選手が前半半ばにシュートを何本か打ったものの、GKに阻まれてゴールならず。

1点を追う一条は後半14分に右サイドハーフの山本がドリブルで東北ゴールに迫り、GKの股を抜くシュートで同点に追いつく。これで一条が勢いづく。ボールを支配し、東北サイドでのプレイが増える。しかし、プレイエリアが狭く、ボールを持ちすぎてパスコースを消され、正面から仕掛けて跳ね返されるの繰り返し。隣のよっぱらいのおじさんもしきりに「出せ!」「遅い!」「打て!」とうるさい(笑)

やや停滞気味の試合が動いたのは後半37分。一条のCB亀谷が、ドリブルでゴールに向かう東北の選手をPA手前で倒し一発(?)退場。#得点機会阻止というほどのチャンスでもなかったので2枚目かもしれない。ともかく、これで得たFKを岡本が決め、これが決勝点となった。勝った東北の次の会場は平塚。東北の応援団は次は何を歌うのか・・・ 

※20100101 公式記録によると2枚目の警告で退場

試合後、応援席に挨拶に行く一条の選手達を讃えようと、せんとくんが最前列にお出まし。ほんの一週間前なら微笑ましく見れた光景だが、今となってはせんとくん in 等々力を素直に面白がれないのが残念だ。

Tr_img_9686 Tr_img_9703
Tr_img_9706 Tr_img_9716
Tr_img_9733 Tr_img_9751

<東北スタメン>
________千葉真史(7)________

嶺岸佳介(10)_________柏崎光次郎(11)

____岡部貴大(3)___星龍之介(6)____

____石川翔平(20)___中條渡(2)_____

庄司栄太(12)__日野竜馬(13)__小林拓矢(18)

________荒川徹也(17)_________

<一条スタメン>
_____岡本一貴(10)____北野慶介(11)_____

三国涼(9)_________________山本寛(6)

_______奥勇真(7)___中城諒(8)_______

上田貴裕(15)_亀谷亮佑(3)_山田健太郎(4)_吉田拓眞(2)

___________小池洋平(1)__________

交代:
 前半32分 一条:北野慶介(11)→喜寅圭介(17)
 前半34分 東北:星龍之介(6)→阿部健太(5)
 後半15分 一条:三国涼(9)→板谷開豊(22)
 後半18分 東北:庄司栄太(12)→滝口朋希(8)
 後半31分 一条:吉田拓眞(2)→神田悟(14)
 後半33分 東北:小林拓矢(18)→庄子竜太(14)

得点:
 前半02分 東北:岡本一貴(10)
 後半13分 一条:山本寛(6)
 後半37分 東北:岡本一貴(10)

■第88回 全国高等学校サッカー選手権大会 1回戦 尚志vs松山北

続いて本日のお目当ての松山北の試合。ボランチの西原は愛媛JYの出身。

この試合も開始早々にビッグチャンス。松山北の篠崎がドリブルでGKを交わしPA内でフリー。しかし、シュートタイミングを計るうちに尚志DFに囲まれチャンスを逸す。決定的なピンチをしのいだ尚志が、前半8分に先制点をあげる。左からの大きなクロス。松山北のGK土橋が腕を伸ばすが、ボールはそのちょっと上を通過してファーに流れる。尚志江川がこれを体で押し込む。さらに前半16分には湯浅が豪快なシュートを決める。

早い段階に2点リードされた松山北だが、これで気持ちに火がついた。ボールを奪うと縦に早い攻撃でチャンスを多く作り出す。フィニッシャーは篠崎。何度も惜しいチャンスを作るが、あと一歩のところでゴールにはならない。前半31分には脇坂がPA内でフリーで前を向く。しかし、シュートは尚志DFにブロックされる。後半34分には金橋がPA内シュート。これも尚志の選手に跳ね返される。終了間際には篠崎のクロスをもう一人のFW玉井がヘッド。これはクロスバーに弾かれる。流れがいいだけに松山北としては、前半のうちに追いついておきたい。ロスタイムに入り、松山北にFKのチャンス。松本のFKをニアで大口がヘディングでゴールに流し込む。松山北にとってはいい時間帯で同点に追いつき、前半を終えた。

後半序盤は、金橋の活躍で松山北が何度もチャンスを作り出す。しかし、次第に松山北の運動量が落ちるにつれ、尚志がボールをつなぐようになる。そして、後半22分にFKがポストに当たって跳ね返ったところを平野に押し込まれ失点。さらに後半24分にも平野のシュート。ゴール上に大きくそれたと思ったが、後半に入り強くなった風に押し戻されゴール。わずか2分で2失点。ゴールが欲しい松山北も最後まで積極的にゴールを狙ったが、ミスも増えシュートチャンスを作り出せない。後半31分には篠崎を下げる。ピッチの周囲を歩いてベンチに戻りつつ涙を流す篠崎。この2年生エースの胸に去来したのは何だったろう。

残り時間は刻々と過ぎ、2分のロスタイムも過ぎた。去年の國學院久我山戦の大敗のリベンジを誓い、「坂の上の雲」を掴むとコメントしていた松山北の冬は1回戦で終わった。引退を先延ばしして冬に賭けた3年生はお疲れ様でした。君達のサッカーは他のチームに比べて決して見劣りするものではなかった。胸を張って松山に帰って欲しい。そして、後に続く2年生、1年生は、次こそ全国で勝利を掴んで欲しい。

Tr_img_9784

Tr_img_9759 Tr_img_9787
Tr_img_0035 Tr_img_9971
Tr_img_9929 Tr_img_9938

<松山北スタメン>
_____篠崎晃平(9)____玉井聡(10)______

金橋淳(11)_______________脇坂友登(6)

_____松本眞之介(7)___西原拓也(8)_____

堀部真生(5)_松谷直也(13)_田那部拓(3)_岡田隆企(2)

___________土橋周平(1)_________

<尚志スタメン>
______平野伊吹(7)__古庄孝基(9)______

湯浅秀紀(8)_____________江川裕貴(11)

______細野峻(19)___佐々木達也(18)____

小野将仁(2)_相楽貴典(3)_中川航太(4)_田中大揮(5)

___________菅野一輝(1)_________

交代:
 前半36分 松北:山本寛(6)→大口雄史(19)
 後半12分 尚志:佐々木達也(18)→金田一樹(6)
 後半26分 尚志:田中大揮(5)→中原航(13)
 後半31分 松北:三国涼(9)→山岡宗馬(22)
 後半33分 尚志:湯浅秀紀(8)→安達大樹(16)

得点:
 前半08分 尚志:江川裕貴(11)
 前半16分 尚志:湯浅秀紀(8)
 前半39分 松北:大口雄史(19)
 後半22分 尚志:平野伊吹(7)
 後半24分 尚志:平野伊吹(7)

ふっ、観戦記も年内に書き終わった。今年1年楽しませてくれた選手の皆さん、一緒に観戦したサポ仲間達、保護者の皆さん、スタッフの皆さん、1年間お疲れ様でした。来年もいい試合が見れますように。それでは皆さん、よいお年を。

|

« 2009高円宮杯U-15愛媛、追浜結果まとめ | トップページ | 三豊は観音寺と善通寺の間 ~高校サッカー3回戦 境vs神村、藤枝明誠vs岐阜工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009高円宮杯U-15愛媛、追浜結果まとめ | トップページ | 三豊は観音寺と善通寺の間 ~高校サッカー3回戦 境vs神村、藤枝明誠vs岐阜工 »