« 2010 ユースOB出場記録 #4 | トップページ | またポスター張ってくれませんか? ~TRM かながわクラブユースvsYSCCユース »

2010年3月31日 (水)

まぁ、向こう側のベンチは使っていたし… ~TRM 神奈川大学vsSC相模原、ナビスコ #1 横浜vs山形

トップの試合の前にちょっと神大中山グランドに寄り道して、神大とSC相模原の練習試合を観戦。

■TRM 神奈川大学vsSC相模原

神大は練習スケジュールがアップされないので、見たい見たいと思いつつなかなか見る機会がない。たまに対戦相手のHPで情報を得て、ということになる。スケジュールがアップされれば、ウチから一番近い関東大学1部のグランドなんだけどなぁ・・・

前半はサブ組(?)主体のSC相模原に対して、神大が立て続けに2ゴールをあげてリード。SC相模原はDFラインの安定性が今ひとつで、神大の激しいチェックで簡単にボールをロストする場面が目立つ。神大の2点目は高い位置で相手パスをインターセプトしてのショートカウンター。2点リードした神大だったが、守備面では問題が目立つ。中盤から簡単にDFの裏にボールを出され、斎藤や森谷の突破に手を焼いた。何とか耐えていたものの、前半19分にきれいなスルーパスを通され失点。前半41分にはCKをゴール前で斎藤に合わせられ同点に追いつかれる。

後半に入るとSC相模原は大幅にメンバーを代えて、ほぼ主力組の布陣。やはり主力組というべきか、前半とは一転、きちんとした組み立てから神大のゴールを何度も脅かし、森谷が早い段階で2ゴールを奪い神大を突き放す。神大はメンバーを次々代えて立て直しを図るも、あまり有効な攻撃ができず、後半37分に船越にダメ押し弾を決められ、2-5で終了。

この試合は両チームOBが多数出場。神大は追浜出身のGK高橋、新子安出身の佐々木、ユース出身の成田がスタメン。ベンチには追浜出身の村岡。広田の姿もあったが、怪我なのかベンチ外。一方のSC相模原は坂井、富井を含めOBだらけ(笑)

Tr_img_5004 Tr_img_5033
Tr_img_5169 Tr_img_5208
Tr_img_5223 Tr_img_5280

※神大はメンバーがわからないのでフォーメーションはSC相模原のみです。あしからず。

<SC相模原前半スタメン>
_____森谷佳祐(9)___斎藤将基(19)______

鈴木隼人(13)______________金澤大将(17)

_____野村直幸(23)___坂井洋平(10)______

水野和樹(6)_鎗田志郎(2)_奥山雅之(4)__井上要(18)

___________佐藤健(16)__________

<SC相模原後半スタメン>
______森谷佳祐(9)__船越雄蔵(8)_______

吉岡航平(15)_______________富井英司(7)

______鈴木健太(21)__坂井洋平(10)______

大山裕彰(20)_秋葉忠宏(5)_工藤祐生(3)_金澤大将(17)

___________榎本貴久(1)__________

交代
 前半34分 神奈川:(9)→(80)
 後半00分 相模原:フォーメーション参照
 後半16分 神奈川:成田進太郎(13)、(20)→(47)、(49)
 後半19分 神奈川:高橋拓也(21)→(81)
 後半31分 神奈川:(7)→(22)

得点:
 前半13分 神奈川:(82)
 前半17分 神奈川:(20)
 前半19分 相模原:鈴木隼人(13)
 前半41分 相模原:斎藤将基(19)
 後半09分 相模原:森谷佳祐(9)
 後半14分 相模原:森谷佳祐(9)
 後半37分 相模原:船越雄蔵(8)

試合の後は、中山にあるポスター協力店のさつまっこで塩ラーメンとサービスのキムチ納豆ライスで空きっ腹を満たし、市営地下鉄で三ツ沢へ。いつものように地下鉄三ツ沢上町駅から豊顕寺を通り抜けて三ツ沢公園というルート。豊顕寺はちょうど桜が見ごろだった。やっぱ桜はいいなぁ。

■ナビスコ第1節 横浜vs山形

久々のニッパツ。会場の椅子が個椅子に変わり、最上段の手すりもなくなっていた。あの手すりは立ち見の時に寄っかかれるので便利だったんだけどなぁ…

今日の横浜は俊輔、山瀬を温存。バスティアニーニが初のスタメン。立ち上がりはワンタッチでボールをつないでシュートまで持ち込む美しい攻撃が何度か見られたものの、徐々に手詰まりに。全体的にミスも多くて、特に狩野に対しては何度「けんたー!しっかりしろ!」と口に出したことか。結局スタメンのままではゴールを上げることはできず、俊輔と山瀬を後半同時に投入。しかし、この2人を投入してもさほど流れは変わらず。それでも、俊輔のCKを中澤が見事にヘディングで叩き込み1点先取。調子が悪くてもセットプレイから点が取れるのはいいなぁ。セットプレーのキッカーっていうのはやっぱり大事だとつくづく思う。

期待のバスティアニーニは、本番でどういうプレイをするか楽しみにしていたのだが、練習試合よりは頑張っていたものの、やっぱり助っ人外国人としては物足りない。助っ人外国人としての何か突出したところを見せて欲しいのだが…

内容は誉められたものではないけれど、こういう勝ち方ができたのは収穫。試合後、”表彰台”の中澤トークはいつにまして滑らか。粘り強い勝ち方ができたし、チーム全体の雰囲気もきっといいのだろう。”表彰式”の後、ゴール裏からはワールドカップ出場できるように頑張れ!の意図を込めたクナンコール。気持ちはわかるけど、やはりああいう気持ちの表し方には違和感が残る。クナンだけでなく、勇蔵や山瀬、俊輔、中澤に対しても同じようにやればもう少しは分かりやすかったんではないかなと、今にして思う。

|

« 2010 ユースOB出場記録 #4 | トップページ | またポスター張ってくれませんか? ~TRM かながわクラブユースvsYSCCユース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010 ユースOB出場記録 #4 | トップページ | またポスター張ってくれませんか? ~TRM かながわクラブユースvsYSCCユース »