« 2010 ユースOB出場記録 #8 | トップページ | すべては餃子のために ~PL#4 横浜vs浦和、桐光vs武南 »

2010年4月28日 (水)

後ろの正面だあれ? ~関東大学サッカー2部 関東学院大vs朝鮮大、青学vs日体大

今日はご近所の日体大グランドで関東大学リーグ2部のナイトゲームを観戦。

■第84回関東大学サッカーリーグ前期 第4節 朝鮮大vs関東学院大

今年関東2部に昇格した関東学院大。3節を消化してここまで3連敗と苦しい戦いが続いている。今日こそは初勝点を得たいところだったが、前半16分、32分とDFを振りきった李晃赫に2ゴールを決められる。関東学院大も大津や小池がいいシュートを打つが、朝鮮大GK朴一圭の好セーブに阻まれゴールは奪えないまま時間が過ぎる。後半も積極的に攻撃を仕掛けたものの、徐々に朝鮮大の体の強さをベースにした迫力に押される時間も増え、ゴールを奪えないまま試合を終えた。

関東学院大は丁寧にビルドアップをして攻撃を組み立てる。シュートも朝鮮大のほぼ倍の15本を打っている。決して内容が悪いわけではない。しかし、やはり局面での個の強さだったり、判断スピードだったり、最後までボールに食らいついていく気持ちの強さではまだまだ差を感じた。チャレンジャーだから負けていい訳ではない。これまでの歴代の選手たちの努力でようやく掴んだ関東2部の座。勝利にこだわって勝点をコツコツ積み上げ、何としても残留して欲しい。これからの巻き返しに期待したい。

Tr_img_1748

<朝鮮大学スタメン>
____李晃赫(10)____権載龍(7)_____

卞栄将(14)_____________金秉文(9)

_____崔準基(16)___洪泰日(6)_____

金容寿(22)_李永徳(25)_金聖基(5)__任諒大(2)

__________朴一圭(18)________

<関東学院大スタメン>
_____横山太誠(11)___小池辰徳(9)______

大津一貴(13)____________喜屋武聖矢(10)

______有永一生(6)__堀内玲佐(19)______

阿部和弥(2)_小野圭祐(4)_常盤祐介(3)__近藤力(5)

__________守山健二(1)__________

交代:
 前半34分 関学:阿部和弥(2)→松本健一(18)
 前半39分 関学:小野圭祐(4)→山本真也(17)
 前半41分 朝鮮:李晃赫(10)→金弘淵(20)
 後半00分 朝鮮:権載龍(7)→蒋基栄(12)
 後半10分 関学:横山太誠(11)→佐藤祐輝(15)
 後半36分 朝鮮:金秉文(9)→張營根(21)

得点:
 前半16分 朝鮮:李晃赫(10)
 前半32分 朝鮮:李晃赫(10)

■第84回関東大学サッカーリーグ前期 第4節 青山学院大vs日本体育大

続いて青学と日体大の対戦。1部昇格が目標のチーム同士の対戦だけあって、両チームとも応援にも気合が入る。スタンドの観客も増え、8割方埋まる盛況ぶり。青学は武田がキャプテンでスタメン。前節関東リーグデビューした高久は今日はベンチスタート。一方の日体大は残念ながらOBはメンバー入りしていなかったので、今日は青学目線での観戦。

試合が始まって早い時間帯に、日体大が連続でゴールを決める。7分に小柳達司のクロスをゴール前で米田直人がドンピシャヘッド。12分にも岩尾憲のちょっと距離のある斜め右からのFKを池亀翔がこれまたドンピシャヘッド。池亀と田中豪紀はスタンドに向かって喜びのダンス。あれはもしやスギッチダンス?秋田国体決勝の悔しさが再び甦る。おのれ、田中豪紀。許すまじ(笑) 早々と2点ビハインドとなった青学も、気落ちすることなく日体大ゴールに迫る。前半40分。青学は村杉聡史がCKを直接叩き込むゴラッソなゴールで1点返す。

後半立ち上がり早々、日体大はクロスバーを叩くシュート。後半7分にもCKのこぼれを池亀がゴール左上隅を狙ったシュート。コース、タイミングともに完璧だった。しかし、田中謙吾がナイスセーブでピンチを救う。なおも青学ゴール前での攻防が続くが青学も耐え、11分には逆に青学のカウンター。忰山翔の決定的なシュートは不運にもポスト直撃。

後半24分。日体大がきれいに繋ぎ、最後は米田直人のラストパスを右サイドでフリーの武末宏二朗が流し込む。青学にしては痛い失点。しかし、青学も後半31分に忰山がGKの右を巻くきれいなシュートで再び1点差に詰め寄る。このあたりからゲームはアップテンポで進み、中盤でボールを奪ってのショートカウンター合戦。追いつきたい青学が何度も決定機を作り出す。しかしそのたびにポストに嫌われたり、枠を外したりでゴールは遠い。観客の失望の声と安堵の声もそのたび大きくなる。最後までゴールを狙った青学だったが遂に追加点は奪えず、残念ながら今季初の黒星となってしまった。筆者にとっても、今季観戦した試合では応援したチームの勝ちは未だなし。”不勝記録”は7に伸びた(苦笑) 全くもって疫病神。

青学目線で見ていたので結果は残念だったが、非常に見ごたえのある熱戦だった。日体大はリスタート時はフォーメーションのような5-3-2とでもいうべき守備的な布陣。しかし、攻撃時には池亀、小柳も前に出てくる。最近サッカー部の強化を図っているだけあって、選手のレベルは高く、特にルーキー田中豪紀らがからむ中盤の構成力は強力。3バックのヘディングでの強さも光る。一方の青学にとっては今日は不運の連続でゲームを落としたが、十分に2部上位を狙えるレベルだと思う。武田のラストイヤーでもあるし、是非とも1部昇格を果たして欲しい。今日出番のなかった高久も”勝負の年”。頑張れ!

Tr_img_1854 Tr_img_1859

<青山学院大スタメン>
_____西田直斗(26)____忰山翔(9)______

中村恒明(17)_______________関隼平(7)

______山崎文人(25)___村杉聡史(10)____

武田英二郎(2)_阿部悠紀(4)_樋口大(6)_御牧孝介(22)

___________田端信成(1)__________

<日体大スタメン>
_____武末宏二朗(13)____米田直人(10)________

____田中豪紀(28)__新井純平(7)__岩尾憲(8)______

小柳達司(4)_山口聡史(9)_渡部賢(2)_田中優毅(5)_池亀翔(11)

____________田中謙吾(1)_____________

交代:
 後半15分 青山学:中村恒明(17)→(32)
 後半25分 青山学:山崎文人(25)→(23)
 後半28分 日体大:武末宏二朗(13)→(25)
 後半38分 青山学:関隼平(7)→(24)
 後半48分 日体大:田中豪紀(28)→(34)

得点:
 前半07分 日体大:米田直人(10)
 前半12分 日体大:池亀翔(11)
 前半40分 青山学:村杉聡史(10)
 後半24分 日体大:武末宏二朗(13)
 後半31分 青山学:忰山翔(9)

|

« 2010 ユースOB出場記録 #8 | トップページ | すべては餃子のために ~PL#4 横浜vs浦和、桐光vs武南 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010 ユースOB出場記録 #8 | トップページ | すべては餃子のために ~PL#4 横浜vs浦和、桐光vs武南 »