« 応援朝練お疲れ様 ~関東大会予選 座間vs相洋、三浦vs日藤、関クラ1次予選 横浜FCユースvsOSA | トップページ | AFC U-19選手権 中国2010(10/3~17)組み合わせ決定 »

2010年5月 9日 (日)

震度2でアナウンスはいらないんじゃ ~PL#7 川崎vs浦和東、横浜vs東京ヴェルディ

カンカン照りの小机で朝から2試合。

■プリンスリーグ関東2部 第7節 川崎U-18vs浦和東

まずは今年プリンス2部に昇格した川崎U-18と浦和東の対戦。両チームとも選手は短髪で、パッと見、何だかプリンスリーグっぽくない(笑) 浦和東はともかく、川崎は何かあったのかな?

前半は両チームとも攻撃の迫力を欠く。加えて川崎はセットプレイの守備が心もとない。前半31分の浦和東有野のCKは、GK内山が触れず、ファーに落ちたボールをゴール前混戦の末に境に押し込まれる。さらに35分には有野のFKを渡辺にヘッドで流し込まれ0-2に。

後半、川崎はGK内山、右SH奥沢に代え、飯田、中島を投入。ハーフタイムのゲキが効いたか、前半よりは川崎がスムーズにボールをつなぐシーンも増える。攻撃時の川崎は両サイドハードが前線に並び、4トップのような形。対する浦和東も4バックに加えてサイドハーフも下がり、最終ラインに両チームの選手がズラッと並ぶ。これでは前に詰まりすぎで、さすがにゴールは生まれない。ロスタイムに入り、ドリブル突破で川崎PA内に侵入した立野が倒され浦和東にPKが与えられる。立野が自らこれをきっちり決め、浦和東が0-3で川崎を破った。この勝利により浦和東は最下位を脱出して8位に浮上。一方の川崎は勝点6で10位に後退。

Tr_img_8394 Tr_img_8389
Tr_img_8449 Tr_img_8593

<川崎ユーススタメン>
____苅部隆太郎(10)__仲川輝人(7)______

松田有平(6)______________奥沢宏幸(8)

______森田努(15)___今野昭(18)______

萩間大樹(3)__松原亮(5)_内田元輝(25)_長野祐太(2)

__________内山圭(16)__________

<浦和東スタメン>
____菊池将太(15)__????(21)______

谷之口寛斗(10)___________清田尚希(14)

_____立野翔平(12)__有野涼(24)______

佐野久佳(8)_島村貴大(3)_境拓(6)__渡辺友也(5)

__________星子雅典(1)_________

交代:
 前半27分 川崎:苅部隆太郎(10)→平敷兼(19)
 前半29分 浦東:????(21)→中村ジュリオ・ユキオ(22)
 後半00分 川崎:奥沢宏幸(8)、内山圭(16)→中島健太(14)、飯田和幸(1)
 後半18分 川崎:松田有平(6)→????(23)
 後半27分 川崎:松原亮(5)→????(24)
 後半36分 浦東:清田尚希(14)→大澤敬(18)
 後半40分 浦東:菊池将太(15)→浜野守(19)
 後半40分+2 浦東:中村ジュリオ・ユキオ(22)→????(23)

得点:
 前半31分 浦東:境拓(6)
 前半35分 浦東:渡辺友也(5)
 後半45分+1 浦東:立野翔平(12)

■プリンスリーグ関東1部 第7節 横浜vs東京ヴェルディ

13:30からはプリンス1部。今日の横浜は攻撃の軸である小野が出場停止なのに加え、高橋までが怪我でメンバー外。さらに前節に続き熊谷も怪我か、ベンチ外。今シーズンはドイツ遠征もあり、春前からハードスケジュールで試合をこなしていた疲れがここに来てどっと出てきたようだ。相次ぐ負傷者のため、1年生の伊東、斎藤一磨がスタメン。一方のヴェルディは高木善朗がユース卒業でいないものの、各ポジションに年代別代表クラスの個性的でヴェルディっぽい選手を揃える。正直、このタイミングではあたりたくなかった相手。しかし、このメンバーでやるしかない。

開始早々に自陣近くでボールを奪われ、南にあっさりゴールを決められてしまう。出鼻をくじかれ、ただでさえ苦しい試合が、ますます苦しくなった。ヴェルディは左サイドハーフの杉本のドリブル突破や、ボランチ小林の華麗なボール捌きから次々とチャンスを作り出す。だが、最後の最後でGK鈴木椋大がよくふんばり、横浜もそれ以上の追加点は許さない。攻撃の手を緩めないヴェルディに、横浜も何とか反撃のチャンスを作りたいところだったが、自陣でのパスミスだったり、前線のコンビネーションが合わなかったりしてチャンスは皆無。前半41分に斎藤が右サイドから放ったシュータリングが僅かな可能性を感じさせたぐらいだった。失点を1に抑えたのだけが救いと言える内容で前半を終えた。

後半横浜は一気に3枚替え。保田を下げ宮本をCBに。左CBには星雄次。後藤を1列あげ、1年生の村原をボランチに。村原は公式戦デビュー。前線は、1トップの伊東を1列さげ、劔持の1トップ。大胆にメンバーを変えた横浜だったが、前半からの悪い流れを払拭するには至らず、逆に後半14分にはCKから舘野にヘディングシュートを決められる。さらに後半25分にはゴール前できれいに崩され、最後は前田に3点目を決められた。

一度崩れると、立て続けに失点する悪い癖が出た。見ている方は流経柏戦の再来を覚悟したが、、今日の横浜はここから意地を見せてくれた。3点目を入れられた直後、後藤のパスに抜け出した星広太がPA内からシュート。これはゴールをそれるが、詰めていた劔持が押し込む。反撃開始だ!しかし、後半33分、ドリブルでPA内に侵入した南に、中途半端な譲り合いディフェンスでシュートを許し失点。いい流れになりそうなところでの集中を欠いた失点は、本当に勿体無かった。

だが、横浜の選手たちは最後まで戦い抜いてくれた。左サイドの星兄弟からチャンスが生まれる。後半39分、澁谷のパスを受けた星雄次がドリブルからシュート。ゴール左に決まり点差は2。その2分後には、左サイドから切れ込んだ星広太が折り返し。ゴール前の後藤のシュートはキローラン木鈴に跳ね返されるが、この跳ね返りを伊東がPA外から左足で豪快に蹴り込んだ。1年生ゴール一番乗り。

あと1点!立て続けのゴールで観客席も盛り上がる。ヴェルディも相馬のクロスバーを叩くシュートや南の枠内シュートもあり、状況はどちらに転ぶか分からない。時間は刻々と過ぎる。ロスタイムは2分。ヴェルディはコーナー付近で時間稼ぎ。イライラとした時間が続く。ロスタイムもあと僅かというところで、横浜にCKのチャンス。決めてくれ!GK鈴木も攻撃参加しようとするが、その前にキック。ゴール前での混戦の末、これはファールで相手ボールに。

そしてホイッスル。よく3点ビハインドから諦めずに食らいついたが、あと一歩及ばず。優勝を狙うには厳しい状況となってしまったが、最後の最後まで何が起こるか分からない。サブの選手もいつ出番が来るか分からない。体力的にも、気持ちの上でも厳しい時期かと思うが、今一度全員の力を合わせて、まずは来年の全国リーグ出場枠5位以内を目標に、残り試合を全力で戦って欲しい。

Tr_img_8743 Tr_img_8759
Kenmo Hoshiy
Tr_img_8790 Kaisei

<横浜スタメン>
__________伊東海征(28)__________

鈴木雄斗(17)____星広太(11)_____斎藤一磨(34)

______澁谷元気(6)___後藤拓斗(8)______

宮本和輝(19)_渡辺大斗(5)_保田隆介(4)_木村魁人(18)

___________鈴木椋大(21)_________

<横浜エンメン>
__________劔持和義(12)__________

星広太(11)_____後藤拓斗(8)_____伊東海征(28)

______村原大輝(26)__澁谷元気(6)______

星雄次(3)__宮本和輝(19)_渡辺大斗(5)_木村魁人(18)

___________鈴木椋大(21)__________

<東京ヴェルディスタメン>
______南秀仁(18)___前田直輝(30)________

杉本竜二(17)________________南部建造(11)

_______渋谷亮(6)___小林祐希(10)________

舘野俊祐(19)_高野光司(3)_キローラン木鈴(4)_長田海人(24)

__________キローラン菜入(1)___________

交代:
 後半00分 横浜:保田隆介(4)、鈴木雄斗(17)、斎藤一磨(34)→星雄次(3)、村原大輝(26)、劔持和義(12)
 後半17分 東京:南部建造(11)→相馬将夏(9)
 後半33分 東京:舘野俊祐(19)→牧野修造(5)
 後半39分 東京:キローラン木鈴(4)→大木暁(2)

得点:
 前半03分 東京:南秀仁(18)
 後半14分 東京:舘野俊祐(19)
 後半25分 東京:前田直輝(30)
 後半27分 横浜:劔持和義(12)
 後半33分 東京:南秀仁(18)
 後半39分 横浜:星雄次(3)
 後半42分 横浜:伊東海征(28)

|

« 応援朝練お疲れ様 ~関東大会予選 座間vs相洋、三浦vs日藤、関クラ1次予選 横浜FCユースvsOSA | トップページ | AFC U-19選手権 中国2010(10/3~17)組み合わせ決定 »

コメント

はじめてのプリンスリーグ観戦でしたが、フロンターレはちょっとひどい出来でしたね。フロンターレファンなので残念です。

マリノスとヴェルディの試合はレベルが違いました。とくにヴェルディの10番には驚きました。あんなすごい選手がいるんですね。
マリノスは主力が欠けてたのは残念でしたが、11番や6番をはじめいいなと思う選手が何人もいました。

プリンスリーグ、いいですね。
これからもユース関係の更新期待してます!!

投稿: Rey | 2010年5月11日 (火) 21時10分

Reyさん、コメントありがとうございます。

プリンスリーグは楽しいですよね。
ヴェルディの10番は年代別代表にも選ばれてる選手です。
あの試合ではキレキレでしたね。

川崎はセットプレイが不安定でした。
早い時間帯にエース苅部をさげましたが怪我だったのでしょうかね?
あれで攻撃面でも苦しくなってしまったように思います。

投稿: うれ@管理人 | 2010年5月11日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 応援朝練お疲れ様 ~関東大会予選 座間vs相洋、三浦vs日藤、関クラ1次予選 横浜FCユースvsOSA | トップページ | AFC U-19選手権 中国2010(10/3~17)組み合わせ決定 »