« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

U-19日本代表〔仙台カップ国際ユースサッカー大会〕メンバー

スタッフ
監督:布 啓一郎
コーチ:牧内 辰也
GKコーチ:川俣 則幸

選手
GK
中村  隼 1991.11.18 183cm/79kg 山形
嘉味田 隼 1992.01.17 183cm/80kg 神戸
DF
田中 優毅 1991.03.27 172cm/66kg 日体大
酒井 高徳 1991.03.14 175cm/74kg 新潟
古林 将太 1991.05.11 173cm/63kg 湘南
平出  涼 1991.07.18 176cm/72kg FC東京
内田 達也 1992.02.08 177cm/70kg ガンバ大阪
岡本 拓也 1992.06.18 175cm/73kg 浦和ユース
遠藤  航 1993.02.09 176cm/73kg 湘南ユース
MF
六平 光成 1991.01.16 174cm/64kg 中央大
藤田 息吹 1991.01.30 170cm/66kg 慶義大
田口 泰士 1991.03.16 174cm/65kg 名古屋
菊池 大介 1991.04.12 172cm/66kg 草津
風間 宏希 1991.06.19 175cm/64kg ロウレターノ(ポルトガル)
宇佐美貴史 1992.05.06 178cm/68kg ガンバ大阪
FW
重松健太郎 1991.04.15 173cm/68kg FC東京
小林 祐希 1992.04.24 177cm/64kg 東京ヴェルディユース
宮吉 拓実 1992.08.07 170cm/63kg 京都
杉本 健勇 1992.11.18 187cm/76kg セレッソ大阪

注:MF六平選手はリハビリ/コンディション調整のため、大会には出場しません。
※U-19日本代表チーム:FIFA U-20ワールドカップ2011出場を目標としたチーム。

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

U-16日本代表 ウズベキスタン遠征(9/5~16)メンバー

スタッフ
監督:吉武 博文
コーチ:菊原 志郎
GKコーチ:大橋 昭好

選手
GK
岩脇 力哉 1994.03.19 182㎝/71kg 磐田ユース
山田 元気 1994.12.16 184㎝/70kg 京都U-18
中村 航輔 1995.02.27 179㎝/66kg 柏U-18
DF
鈴木 隆雅 1994.02.28 178㎝/63kg 鹿島ユース
川口 尚紀 1994.05.24 175㎝/67kg 新潟ユース
岩波 拓也 1994.06.18 185㎝/67kg 神戸ユース
堀米 悠斗 1994.09.09 165㎝/57kg 札幌U-18
植田 直通 1994.10.24 185㎝/70kg 大津高校
新井 純平 1994.11.12 172㎝/59kg 浦和ユース
高木 大輔 1995.10.14 168㎝/64kg 東京ヴェルディJY
MF
早川 史哉 1994.01.12 170㎝/66kg 新潟ユース
楠美 圭史 1994.07.25 170㎝/56kg 東京ヴェルディユース
秋野 央樹 1994.10.08 172㎝/52kg 柏U-18
吉田 一彦 1994.10.27 165㎝/56kg FC東京U-18
望月 嶺臣 1995.01.13 172㎝/66kg 野洲高校
薮内 健人 1995.01.21 167㎝/56kg ガンバ大阪ユース
深井 一希 1995.03.11 170㎝/60kg 札幌U-18
FW
南野 拓実 1995.01.16 169㎝/56kg セレッソ大阪U-18
松本  昌也 1995.01.25 166㎝/55kg JFAアカデミー福島
関根 貴大 1995.04.19 165㎝/59kg 浦和JY
菅嶋 弘希 1995.05.11 175㎝/62kg 東京ヴェルディJY
北川 柊斗 1995.06.01 177㎝/65kg 名古屋U-15
宮国 泰吾 1995.11.13 166㎝/56kg 宮古島市立平良中学校

スケジュール
09/08(水)親善試合 対 U-16カタール代表
09/10(金)親善試合 対 地元クラブ(調整中)
09/12(日)親善試合 対 U-16ウズベキスタン代表
09/14(火)親善試合 対 U-16ウズベキスタン代

※U-16日本代表チーム:FIFA U-17ワールドカップ2011出場を目標としたチーム。

| | コメント (0)

JFAエリートプログラム U-14韓国遠征(9/7~12)メンバー

JFAエリートプログラム U-14韓国遠征(9/7~12)~JOC日韓競技力向上スポーツ交流事業~のメンバーにみなとみらいの田口君、佐藤君と、福岡の中島君が選出された。最近この年代では韓国に負け続けているので今度こそはいい結果も持ち帰って欲しい。

=======================================================

スタッフ
監督:星原 隆昭
コーチ:木村 康彦、大熊 裕司
GKコーチ:慶越 雄二、河野 和正

選手
GK
田口 潤人 1996.09.28 177㎝/63kg 横浜(みなとみらい)
小島 亨介 1997.01.30 170㎝/53kg 名古屋三好FC
FP
丸岡  満 1996.01.06 168㎝/55kg 徳島市立川内中
松川 宏二 1996.03.05 175㎝/63kg 京都U-15
青木 亮太 1996.03.06 162㎝/53kg 東京ヴェルディJY
須田  航 1996.03.24 170㎝/57kg FC.Artista U-15
中野 雅臣 1996.04.09 165㎝/48kg 東京ヴェルディJY
山口 真司 1996.04.26 165㎝/47kg 神戸U-15
鑓水  隼 1996.05.01 171㎝/56kg 山形JY村山
浜田  力 1996.05.16 165㎝/59kg JFAアカデミー福島
笹沼 孔明 1996.05.30 166㎝/53kg 名古屋U15
佐藤  陸 1996.06.11 175㎝/64kg 横浜(みなとみらい)
平尾  壮 1996.07.01 164㎝/48kg 川上FC
倉持 卓史 1996.07.11 167㎝/56kg 札幌U-15
会津 雄生 1996.08.01 166㎝/58kg 柏U-15
井手口陽介 1996.08.23 166㎝/57kg ガンバ大阪JY
松原  后 1996.08.30 177㎝/64kg ロ磐田JY
中島 賢星 1996.09.23 175㎝/60kg 福岡U-15
藺藤 子龍 1996.12.24 174㎝/66kg 横浜FCJY
伊藤 克尚 1997.02.24 167㎝/53kg 広島JY

スケジュール
09/07(火) 堺トレセン集合トレーニング
09/08(水) 出発トレーニング
09/09(木) トレーニング・試合(vs U-14韓国選抜)
09/10(金) トレーニング
09/11(土) トレーニング・試合(vs U-14韓国選抜)
09/12(日) 帰国、解散

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

天皇杯出場チーム出揃う

天皇杯出場チームが出揃った。
横浜・愛媛下部組織出身の選手が所属するチームも多く決勝に進んだ。

【OB所属チーム結果(決勝のみ)】
青森:ヴァンラーレ八戸 1-0 八戸大 
宮城:ソニー仙台 4-0 NECトーキン
福島:福島ユナイテッドFC 4-1 バンディッツいわき
栃木:栃木ウーヴァ 4-3 ヴェルフェたかはら那須
茨城: 流通経済大 3-2 筑波大
千葉:順天堂大 1-0 ジェフリザーブズ
神奈川:YSCC 4-2 SC相模原
長野:松本山雅 1-0 AC長野パルセイロ
石川:ツエーゲン金沢 3-1 テイヘンズFC
愛知:中京大 0-0(PK 6-5) 愛知学院大
京都:佐川印刷 4-1 同志社大学
兵庫:関西学院大 2-1 関学クラブ
愛媛:愛媛しまなみ 4-0 久枝FC
高知:高知大 2-1 南国高知FC

この他、JFL枠でガイナーレ鳥取、SAGAWA SHIGA FC、町田ゼルビアが出場。
他にOB所属チームはあったかな?

================================================

石川県決勝レポ(byさとちさん)

本日開催された天皇杯の石川代表決定戦のご報告に参りました!
まずは、最大の楽しみであった?FWのスタメンですが、
な、なんと!?最近の練習ではボールに触れていなかった久保選手!そして、ツートップの相棒は古部選手!!
今日はマリノスのサポさんが斎藤選手の弾幕を持って応援にいらしてたようでしたが、久保×古部の組み合わせも来た甲斐あったのでは?と思ったりします。
ゲームの方は…なんといいますか…もごもご(言葉が出てこない…汗)
まず前半開始早々1分過ぎに先制されました…(早すぎー!怒)

そして、テイヘンズの策に完全に巻き込まれるような形でツエーゲンは自分たちのサッカーがなかなか作れないという時間が続きました。
テイヘンズは完全にリトリートしてきてガチガチに守備固め、ツエーゲンが入っていくスペースが見当たらないという歯がゆい展開でした。
前半、なんとか2ー1にひっくり返し、後半スタート時には久保選手に変えて斎藤選手を投入というカードを切りました。
ということで、後半は待ってました!の古部×斎藤のコンビでマリサポさんも弾幕持って来た甲斐があったのでは!?と。
古部選手が3点目を決めようやく勝負あったかなとひと安心でした。

斎藤選手、終盤には惜しい場面の連続でしたが決まらず…これから試合数を重ねて周りとの連携ドンピシャ!になるその時を期待してます~。
始まる前は、まあ勝てるでしょ~と楽観視されていたゲームでしたが蓋を開けてみればかなりの苦戦となりました。
Jの試合からすると随分と退屈なゲームなのかもしれませんが、久保選手、古部選手に斎藤選手が登場する珍しい?ゲームになったと思います。久保さんはまだ腰悪いかな?
因みに解説はかの越田氏でして、なかなか興味深い中継でした。

| | コメント (5)

【TV観戦メモ】天皇杯愛媛予選決勝 久枝FCvs愛媛FCしまなみ

■愛媛県サッカー選手権大会決勝 久枝FCvs愛媛FCしまなみ

<久枝FCスタメン>
__________立川雅士(17)____________

遠藤??(15)____門田祐介(27)_____兵頭由教(10)

______玉井大将(25)___大本規雄(14)______

伊藤??(16)_大元真也(24)_東岡拓也(12)_山崎祐嗣(18)

__________島津一也(19)___________

<ベンチ>
 GK:山本隼也(1)
 MF:上岡英治(4)、西坂和記(11)
 FW:梶原良太(9)、田中純一(13)

<しまなみスタメン>
____小笠原宏樹(10)__北森陽介(24)_______

中原大志(8)_______________柏木亨太(9)

______山口純(28)__山本幸太(17)_______

有田拓史(6)_斉藤誠治(2)_植村公亮(22)_稲田圭哉(3)

__________土井康平(1)___________

<ベンチ>
 GK:清水秀平(21)
 MF:木村正希(7)、金賢(11)
 FW:尾花俊基(25)、柏木健太郎(26)

得点:
 前半13分 しまなみ:北森陽介(24)
 後半11分 しまなみ:山本幸太(17)
 後半32分 しまなみ:柏木健太郎(26)
 後半39分 しまなみ:柏木健太郎(26)

交代:
 後半10分 久枝:兵頭由教(10)→梶原良太(9)
 後半10分 久枝:大元真也(24)→上岡英治(4)
 後半19分 しまなみ:中原大志(8)→尾花俊基(25)
 後半26分 久枝:山崎祐嗣(18)→西坂和記(11) 3バック
 後半30分 しまなみ:北森陽介(24)→柏木健太郎(26)
 後半39分 しまなみ:柏木亨太(9)→金賢(11)

中継が始まってまず気になったのはとんぼ(笑) 選手がアップになる度に背景にとんぼの大群が映る。猛暑だったけど、着実に秋は来ているんだなぁ。

両チームとも愛媛&愛媛ユースOBが多い。久枝で島津がまだ元気にプレイしているのが見れて嬉しかった。高知大を卒業した玉井が久枝でプレイしているのがわかったのも収穫。

試合のペースは終始しまなみが握っていたが、フィニッシュの精度がいまいちで、前半は13分の北森のゴールのみ。ただ、このゴールはきれいな連携からのゴールだった。久枝フィードを受けた中原が右サイドの小笠原へ展開。小笠原はドリブルで持ち上がってグランダーのクロスを入れる。これにファーの北森が走りこんでダイレクトで合わせた。久枝も玉井や兵頭が惜しい場面を作るがゴールならず。

後半は前半以上にしまなみのペース。11分にユースOBの山本が見事なミドルループを決め、久枝の気力を削ぐ。さらに途中交代の柏木健太郎が2ゴールの活躍。1ゴール目は有田の左クロスをファーでヘッド。2点目は、柏木亨太の右クロスを左サイドで尾花が折り返し、PA内の小笠原がスルー。そこに柏木が走りこんでしっかり決めた。久枝もロスタイムに玉井のFKに立川が飛び込みあわやという場面があったが、一矢報いることはできずに終わった。しまなみは1回戦福岡教育大学と対戦。

■結果
1回戦(8/1、8)
 ・松山大学 2-0 松山北高
 ・久枝FC 4-3 ベンターナAC
 ・愛媛FCしまなみ 4-2 ユナイテッド四国
 ・済美高校 4-1 東レ愛媛

準決勝(8/22)
 ・松山大 0-3 久枝FC
 ・愛媛FCしまなみ 6-3 済美高校

| | コメント (0)

小野裕二 来季トップ昇格

城北ファイターズの皆さん、おめでとうございます。
これからもマリノスの応援、よろしくお願いします。

======================================================

横浜F・マリノスユース所属の小野裕二選手が、2011年シーズンよりトップチームへ昇格することが決定いたしましたので、経歴・コメントと併せてお知らせ致します。

小野 裕二(おの ゆうじ)

◆ポジション:FW
◆生年月日:1992年12月22日
◆身長/体重:169cm/60kg
◆経歴:城北ファイターズ(城北小学校)-横浜F・マリノスジュニアユース追浜(衣笠中学校)-横浜F・マリノスユース(逗葉高校)
◆主な代表歴:
2007年 U-15日本代表候補
2008年 U-16日本代表
2009年 U-17日本代表
◆Jリーグ出場記録(2010シーズン):5試合(0得点)
◆実績など:
第21回全日本クラブジュニアユース サッカー選手権大会 優勝 (2006年)
高円宮杯第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 優勝(2009年)
SBCカップ2010ドイツ / ラオプハイム 得点王 (2010年)

◆コメント:
「中学でF・マリノスに入ってから、プロになるのが目標でしたので、安心しました。同時に、今以上に努力して、活躍できるように、しっかりと準備をしていきたいと思います。」

| | コメント (2)

2010年8月26日 (木)

メニコンカップ出場選手

恒例のメニコンカップのメンバーが発表された。
マリノス関係は、早坂君、榎本君、深澤君(追加)、武君(追浜)の4人が選出された。
デベロップカップ参加チームからも選ばれているのが興味深い。

================================================

【オールウェスト:東軍】
監督:池田 伸康 (浦和)
コーチ:森島 修 (鹿島)
アシスタントコーチ:後藤 篤志(クラブユース連盟技術委員)

GK
関口 亮助 浦和 ☆
野津 幹陽 三菱養和巣鴨
DF
森  亮太 浦和
畠中槙之輔 東京ヴェルディ
副島 暢人 浦和
齋藤 一穂 浦和 ☆
MF
川上 盛司 鹿島
山越麟太郎 三菱養和巣鴨 ☆
須藤 岳晟 浦和
早坂  翔 みなとみらい ☆
三塚 春輝 鹿島
榎本 拓也 みなとみらい
前  寛之 札幌 ☆
新堀 真也 千葉
FW
武   颯 追浜 ☆
高田 雅貴 鹿島 ☆
関根 貴大 浦和 ☆ 2010/9/6代表のため辞退
深澤 知也 みなとみらい 2010/9/6追加

【オールウェスト:西軍】
監督:岩下 潤 (清水)
コーチ:世登 泰二 (磐田)
アシスタントコーチ:永尾 健次(クラブユース連盟技術委員)

GK
山川 卓己 清水
石島 瑠斗 磐田 ☆
DF
羽田 昇平 千里丘FC
水谷 拓磨 清水
渡邊 翔太 磐田 ☆
粟冠  陸 清水 ☆
MF
川辺  駿 広島 ☆
北川 滉平 磐田 ☆
東  宏樹 ガンバ大阪門真
上村 佳祐 広島 ☆
石川 大貴 名古屋 ☆
宮本 航汰 清水 ☆
FW
北川 柊斗 名古屋 ☆ 2010/9/6代表のため辞退
中野 誠也 磐田 ☆
鈴木 聖矢 清水 ☆
北川 航也 清水 ☆
嶋田慎太郎 熊本
森  勇人 名古屋 2010/9/6追加

☆:第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会優秀選手

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(9/1~5)メンバー

スタッフ
監督:吉武 博文
コーチ:菊原 志郎
GKコーチ:大橋 昭好

選手
GK
永井 堅梧 1994.11.06 180cm/63kg 三菱養和
渕上 大樹 1994.11.27 183cm/68kg 名古屋U-18
山田 元気 1994.12.16 184cm/70kg 京都U-18
阿波加俊太 1995.02.07 185cm/74kg 札幌U-18
DF
鈴木 隆雅 1994.02.28 178cm/63kg 鹿島ユース
川口 尚紀 1994.05.24 175cm/67kg 新潟ユース
植田 直通 1994.10.24 185cm/70kg 大津高校
新井 純平 1994.11.12 172cm/59kg 浦和ユース
渡邊 翔太 1995.07.26 174cm/56kg 磐田JY
池松 大騎 1995.03.12 187cm/74kg 京都U-18 2010/08/26追加
MF
早川 史哉 1994.01.12 170cm/66kg 新潟ユース
楠美 圭史 1994.07.25 170cm/56kg 東京ヴェルディユース
吉田 一彦 1994.10.27 165cm/56kg FC東京U-18
吉野 恭平 1994.11.08 180cm/63kg 東京ヴェルディユース
望月 嶺臣 1995.01.13 172cm/66kg 野洲高校
薮内 健人 1995.01.21 167cm/56kg ガンバ大阪ユース
谷村 憲一 1995.01.26 184cm/69kg 岩手県立盛岡商業高校
鴨池 陽希 1995.04.22 164cm/53kg FC東京U-15むさし
安東  輝 1995.06.28 166cm/55kg JFAアカデミー福島
石川 大貴 1995.10.01 180cm/74kg 名古屋U15
FW
鈴木 武蔵 1994.02.11 183cm/67kg 桐生第一高校
松本  昌也 1995.01.25 166cm/55kg JFAアカデミー福島
北川 柊斗 1995.06.01 177cm/65kg 名古屋U15
勝田 一秀 1995.07.27 186cm/72kg 天草苓北中学校
魚里 直哉 1995.08.03 163cm/53kg 洲本市立青雲中学校
宮国 泰吾 1995.11.13 166cm/56kg 宮古島市立平良中学校

※MF鴨池陽希選手とFW北川柊斗選手は「Jリーグ選抜ブラジル遠征」終了後、9月3日に合流します。
※U-16日本代表チーム:FIFA U-17ワールドカップ2011出場を目標としたチーム。

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

2010デベロップカップ結果まとめ

■愛媛結果

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 デベロップカップ2010:グループリーグ敗退
試合日 8/18(水) 8/19(木) 8/20(金)
キックオフ 10:30 13:00 10:00
コンディション 雨28℃湿77%中風 曇28℃湿69%中風 曇28℃湿75%弱風
ステータス GL#1 GL#2 GL#3
対戦相手 大分 川崎 浜名FC
会場 ピッチ9 ピッチ11 ピッチ9
試合形式 35分×2 35分×2 35分×2
スコア ○3-0 ●1-3 ●0-7
■GK
1 濱村 駿介
16 野本 翔太 SUB SUB SUB
■DF
2 広瀬 謙 SUB △54 SUB
4 村上 雄真
5 伊藤 大智 ▽54
8 岡田 一騎 ▽35 ▽35
14 山本 亮太
15 丸岡 拓也 SUB △35 SUB
■MF
6 宮本 太一
7 加納 悠剛
10 堀内 勇佑 ▽35
11 森 勇也 ▽71
17 石本 翔也 SUB SUB △35
19 清川 流石 ▽69
22 白石 直人 ▽68 ▽63
23 山内 翼 SUB SUB  
25 都築 拓真 △69 SUB SUB
■FW
3 松平 真弥 △71 SUB △35
13 村井 駿斗 SUB △63 SUB
18 木村 祐也 △68 SUB SUB
20 井上 瑞貴     SUB

■順位  優勝:千葉、準優勝:熊本、3位:ジュビロ沼津、浜名FC
■各賞
 MVP:新堀真也(千葉)
 MIP:嶋田慎太郎(熊本)
 得点王:新堀真也(千葉)

| | コメント (0)

第41回全国中学校サッカー大会結果まとめ

■最終順位
 1位:常葉学園橘中(静岡)
 2位:藤沢市立村岡中(神奈川)
 3位:長崎南山中、高槻市立第九中(大阪)

■村岡中
【結果】
 8/19(木) 1回戦 3-1 田舎館中 得点:瀬古×2、島崎
 8/20(金) 2回戦 2-1 甲賀市立甲南中 得点:島崎、石橋
 8/21(土) 3回戦 2-0 徳島市川内中 得点:藤原×2
 8/22(日) 準決勝 2-1 高槻市立第九中 得点:島崎、瀬古
 8/23(月) 決勝 0-4 常葉学園橘

【登録メンバー】
01 GK 小坂太一
02 DF 五十嵐大樹
03 DF 小坂啓太
04 DF 國賀健士朗
05 DF 小﨑天太
06 MF 石田周介
07 MF 蛭田耀一郎
08 MF 藤原航
09 FW 島崎直也
10 MF 石橋拓也
11 FW 瀬古将騎
12 FW 安岡達良
13 MF 髙木新
14 MF 村上健
15 DF 髙橋暁
16 GK 米本教助
17 MF 佐々木惇
18 FW 早坂遼一路

| | コメント (0)

全クラU-15結果まとめ

■みなとみらい結果

adidas CUP 2010 第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:ベスト8
試合日 8/15(日) 8/16(月) 8/17(火) 8/19(木) 8/20(金)
キックオフ 15:00 13:00 10:30 14:00 14:00
コンディション 晴35℃湿58%弱風 晴34℃湿55%弱風 晴37℃湿47%弱風 晴28℃湿68%弱風 曇28℃湿75%弱風
ステータス GL#1 GL#2 GL#3 R16 準々決勝
対戦相手 Forza'02 磐田 ヘミニス金沢 塩釜FC 浦和
会場 ピッチ2 ピッチ3 ピッチ7 ピッチ3 ピッチ5
試合形式 35分×2 35分×2 35分×2 40分×2 40分×2
スコア ○2-0 ○4-0 ○5-1 ○3-2 ●1-2
■GK
1 大蔵亮介     △55    
16 鹿野洋司  
20 田口潤人 SUB SUB ▽55 SUB SUB
■DF
2 飯塚澄  
3 長田健 SUB SUB SUB SUB
8 北村大輔 SUB SUB △51 SUB SUB
11 笹岡拓実 SUB   SUB SUB SUB
12 佐藤祐太 ▽47
14 寺前光太   SUB SUB SUB  
17 樋口慎太郎  
19 福田圭佑 ▽51
23 吉江良翔   SUB SUB    
25 田中郁也 ○ ☆51
■MF
4 上田彗亮 SUB SUB △47 SUB SUB
5 榎本拓也 ○ ☆30 ▽40 ○ ☆44 ▽73
7 亀井公貴 SUB   SUB   SUB
10 小泉慶 ▽47 ▽57 ▽55 ▽40 ▽40
15 早坂翔
21 山中城之介 ▽66 ▽44 △40 ▽56
■FW
6 加瀬裕太 △47 △44 ○ ☆48,56 ▽62 △40
13 鈴木浩一郎 SUB △71 ☆74 △40 SUB △73
18 深澤知也 ▽71 ☆18,71 ○ ☆81 ○ ☆65
22 汰木康也 △66 ☆68 △57 ☆66 △55 ☆64,67 △62 ☆69 △56

■追浜

adidas CUP 2010 第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:ベスト16
試合日 8/15(日) 8/16(月) 8/17(火) 8/19(木)
キックオフ 13:00 15:00 13:00 11:00
コンディション 曇33℃湿60%無風 晴34℃湿51%弱風 晴30℃湿66%弱風 曇30℃湿61%弱風
ステータス GL#1 GL#2 GL#3 R16
対戦相手 塩釜FC 岐阜VAMOS セレッソ 磐田
会場 ピッチ7 ピッチ2 ピッチ3 ピッチ3
試合形式 35分×2 35分×2 35分×2 40分×2
スコア ○1-0 ○4-2 ○3-0 ●1-2
■GK
1 川瀬隼太 SUB SUB SUB SUB
16 長津大裕
■DF
2 上野海
3 鬼丸敬 SUB △48
4 蔭山裕之
5 宮野剛 ▽64
13 押本祐輔 SUB SUB △64 SUB
14 谷川大 SUB SUB SUB SUB
19 上長次郎 ▽48 SUB SUB
■MF
6 中村凌
8 新里涼
11 篠崎幸樹 SUB SUB △50 SUB
12 渡辺大貴 SUB SUB SUB SUB
15 橋本知幸 ▽59 ▽48 SUB △40
17 佐藤翔輝 △59 △48 ▽50 ▽40
18 神沼拓海 ▽42 SUB SUB
21 長倉颯 SUB △42
■FW
7 中山京志郎 SUB △64 ○ ☆30 ▽40
9 武颯 ○ ☆71 ○ ☆2,55,61,66 ▽56 ☆21,39
10 田中健太 ▽64 △56 △40 ☆56

■順位 優勝:清水、準優勝:磐田、3位:浦和、広島
■各賞
 MVP:鈴木聖矢(清水)
 MIP:中野誠也(磐田)
 得点王:國分将(札幌)、武颯(追浜)、海野智貴(清水)
 フェアプレー賞:清水エスパルスジュニアユース
■大会優秀選手
 前寛之(札幌)
 高田雅貴(鹿島)
 関口亮助、齋藤一穂、関根貴大(浦和)
 山越麟太郎(三菱養和巣鴨)
 早坂翔(みなとみらい)
 武颯(追浜)
 
粟冠陸、鈴木聖矢、宮本航汰、北川航也(清水)
 石島瑠斗、渡邊翔太、北川滉平、中野誠也(磐田)
 石川大貴、北川柊斗(名古屋)
 川辺駿、上村佳祐(広島)

| | コメント (0)

【TV観戦メモ】全中決勝 常葉学園橘vs村岡中

■第41回全国中学校サッカー大会決勝 常葉学園橘中vs村岡中

<村岡中スタメン>
GK:小坂太一(1)
DF:五十嵐大樹(2)、小坂啓太(3)、國賀健士朗(4)、小﨑天太(5)
MF:石田周介(6)、蛭田耀一郎(7)、藤原航(8)、石橋拓也(10)
FW:島崎直也(9)、瀬古将騎(11)

<サブ>
GK:米本教助(16)
DF:髙橋暁(15)
MF:髙木新(13)、村上健(14)、佐々木惇(17)
FW:安岡達良(12)、早坂遼一路(18)

<常葉橘スタメン>
GK:小林勇太(1)
DF:高沢聡一郎(2)、小澤美樹(3)、青木雅哉(4)
MF:佐々木智成(6)、大石悠介(12)、久保山純汰(13)
FW:山内凜太郎(9)、石塚聡志(10)、岩辺直樹(11)、後藤克也(14)

<サブ>
GK:小澤伎(16)
DF:山下壮也(5)、水野傑(15)
MF:小澤瑞生(7)、北島大輔(8)、有ヶ谷寛人(17)
FW:梅原怜真(18)

交代:
 前半19分 常葉橘:山内凜太郎(9)、後藤克也(14)→有ヶ谷寛人(17)、梅原怜真(18)
 前半31分 常葉橘:大石悠介(12)→北島大輔(8)
 後半12分 常葉橘:佐々木智成(6)→山下壮也(5)
 後半17分 常葉橘:有ヶ谷寛人(17)、梅原怜真(18)→小澤瑞生(7)、後藤克也(14)
 後半20分 村岡中:石田周介(6)→村上健(14)
 後半25分 常葉橘:久保山純汰(13)→水野傑(15)
 後半28分 常葉橘:北島大輔(8)、後藤克也(14)→大石悠介(12)、山内凜太郎(9)

得点:
 前半11分 常葉橘:後藤克也(14)
 後半13分 常葉橘:岩辺直樹(11)
 後半18分 常葉橘:小澤瑞生(7)
 後半25分 常葉橘:後藤克也(14)

全中決勝は静岡代表常葉学園橘中と神奈川代表村岡中の対戦となった。村岡中は白黒の縦縞ユニで何だか国見高校のようだ。

前半11分。常葉橘の選手がセンターサークル付近から長いパスを村岡中のDFライン裏に出す。ワンバンしたボールに村岡中GK小坂君が詰めるがキャッチミス。これを常葉橘の後藤君が拾い、DFを一人かわしてシュート。村岡中にとっては痛恨の失点。これで動揺したか、村岡中は守備陣の連携ミスからピンチを招く場面が続いた。何とかしのいだ前半23分、村岡中がFKを得る。遠目から入れられたFKのクリアを村岡中島崎君が拾ってシュート。強いシュートは枠に飛ぶが常葉橘GK小林君がキャッチ。前半25分には常葉橘岩辺君が長い距離をドリブルで持ち込み、DFをかわしてシュート。決定的な場面だったが、ゴールをわずかにそれた。

後半開始から村岡中が相手陣内に攻めこむシーンが続くが、常葉橘も粘り強い守備で村岡中にシュートチャンスを与えない。後半13分、常葉橘梅原君が自陣深くからロングボールを前線に送る。快速の岩辺君が村岡中DFを振りきりシュート。カウンターが見事に決まって常葉橘が点差を広げる。常葉橘は積極的に交代を行って、フレッシュな前線を走らせる。後半18分には再投入された常葉橘後藤君がドリブルをしかけ、村岡中DF小﨑君がPA内でひっかけてしまう。これで得たPKを小澤君が決め、常葉橘のリードがさらに広がる。村岡中も後半23分にセットプレイから惜しいチャンスを作るが常葉橘GK小林君の好守にゴールを阻まれた。後半25分には、常葉橘が途中出場の山下君の突破からクロス。後藤君がこのボールに飛び込みダメ押しの4点目をあげた。一矢報いたい村岡中も、後半25分に大きな展開から決定的なチャンスを得たが、これはGK小林君がしっかりブロック。試合はそのまま終了した。

常葉橘は、この試合ではシンプルにボールを前線に送り、速さのあるFWが仕掛ける戦術が効果的だった。選手交代を積極的に行い、5連戦の疲れと暑さに対応した采配も現実的なものだった。”再登場”が許されない高校サッカーを翌年に控える中3の試合で、そういう方法の是非は議論の価値があるが、それ以上に真夏の5連戦(これは高校総体もそうだが)という大会のあり方こそまず問われなければならないだろう。

村岡中のボランチの10番石橋君はプライマリーみなとみらいのOB。今日の試合では攻撃面で良いプレーがいくつもあった。

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

ミニ国体結果

千葉国体に向けてのミニ国体が今週各地で行われた。

関東はU-16リーグ第3節までの結果により組み合わせが決まる。Aブロック1位の神奈川県は1回勝てば本大会出場という好条件。ただし、相手は強敵の東京。厳しい試合だったようだが、1-0の僅差で競り勝ち、1発で本大会出場を決めた。おめでとう!本大会3連覇という大きな目標に向かって頑張って欲しい。

【関東ミニ国体結果】

8/16(月)
 埼玉 2-1 栃木(埼玉が本大会出場)
 東京 0-1 神奈川(神奈川が本大会出場)
 山梨 4-4(PK4-2) 茨城
8/17(火)
 栃木 1-5 山梨
 東京 8-0 群馬
8/18(水)
 山梨 1-3 東京(東京が本大会出場)

【神奈川県メンバー】
監督:関谷 仁(相模原青陵高)

01 GK 北村 征也 高1 桐光(←追浜)
02 DF 山田  融 高2 横浜Y(←MM)
03 DF 小松 勇樹 高1 桐光(←追浜)

04 DF 加藤  光 高1 湘南Y(←湘南)
05 MF 多田 八起 高1 桐光(←シーガル広島)
06 DF 高野  遼 高1 横浜Y(←MM)
07 MF 喜田 拓也 高1 横浜Y(←MM)
08 MF 高梨 祐太 高1 横浜Y(←追浜)
09 MF 伊東 海征 高1 横浜Y(←追浜)
10 DF 伊池  翼 高1 横浜Y(←
追浜)
11 FW 宇佐見康介 高1 横浜Y(←MM)

12 GK 寺越 大河 高1 川崎Y(←川崎)
13 MF 内藤  遼 高1 湘南Y(←湘南)
14 MF 野路 貴之 高1 桐光(←MM)
15 FW 相場 遙介 高1 横浜Y(←MM)

16 FW 河野 諒祐 高1 湘南Y(←湘南)

※メンバーはCZOブログさんを参照させていただきました。ありがとうございます。

一方、四国は総当り3回戦制の四国は、愛媛が3戦全勝のすばらしい成績で本大会出場を決めた。愛媛のメンバーはわからないが、愛媛ユース、JYのOBも選出されていることだろう。おめでとう。本大会も頑張れ!

【四国ミニ国体結果】

8/14(土)香川 1-6 徳島、高知 2-3 愛媛
8/15(日)香川 1-0 高知、徳島 1-4 愛媛
8/16(月)香川 1-3 愛媛、徳島 2-1 高知

1位:愛媛(3勝0分0敗)
2位:徳島(2勝0分1敗)
3位:香川(1勝0分2敗)
4位:高知(0勝0分3敗)

愛媛と徳島が本大会出場。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

2010 ユースOB出場記録 #20

トピックス
 ・藤川が8/8の清水との練習試合で左足負傷。全治2週間で開幕以来続けてきた連続出場記録がストップ。早く直してまた復帰して欲しい。
 ・水沼はベンチ入りするもリードしている状況で出番はなし。
 ・関原は本日行われた練習試合でゴールを決めている。そろそろ試合で見たい。
 ・JFLはミニ国体、天皇杯予選で9月まで一時中断。

============================================

◆J2第22節
 水戸:藤川祐司 8/15(日) 1-2 岐阜(H) ベンチ外 通算出場試合数:18 通算出場時間:1620分 警告:3
 熊本:加藤健太 8/14(土) 0-2 千葉(A) ベンチ外
 富山:関原凌河 8/15(日) 1-2 草津(H) ベンチ外
 栃木:水沼宏太 8/14(土) 2-0 大分(H) ベンチ 通算出場試合数:3 通算出場時間:74分

※水沼の記録はJ2でのもの

| | コメント (2)

2010年8月15日 (日)

2010 タカナシ乳業 第18回F・マリノスカップU-12 結果まとめ

恒例のマリノスカップU-12。今年はみなとみらいが2年ぶりに優勝。おめでとう!
「F・Marinos Cupから世界へ ~友情~」をスローガンに行われた今大会。みんな友達できたかな?
表彰式のプレゼンターは阿部、天野、俊輔だった模様。俊輔の左足をすりすりした選手はいたかな?(笑)

なお、今大会のレポ(マリノス目線ですが)はマリノス携帯サイトで読めます(有料)。西谷監督インタビューもあります。ご父兄の皆さんぜひご登録を(笑)

===============================================

【みなとみらい結果】
 GL#1 08/13(金) 10:50 ○4-0 仙台 得点:河原地亮太、????
 GL#2 08/13(金) 14:30 ○3-0 東京第7ブロック 得点:河原地亮太×2、米谷力
 GL#3 08/14(土) 09:00 ●0-1 バディー

 準々決勝 08/14(土) 12:40 ○0-0(PK5-3) 東京V
 準決勝 08/15(日) 11:45 ○2-1 川崎 得点:米谷力×2
 決勝 08/15(日) 15:45 ○2-1(延長) 柏 得点:米谷力×2

【追浜結果】
 GL#1 08/13(金) 11:45 ○2-0 横浜TC 得点:砂子田翔、櫻井功大
 GL#2 08/13(金) 15:25 ●0-2 江南南
 GL#3 08/14(土) 09:00 ●0-1 神戸

 3~4位リーグ 08/14(土) 15:25 ○2-0 横須賀TC 得点:ヘルバート弥呂、井上大輔
 9~12位決定戦 08/15(日) 13:50 ●1-1(PK1‐4) 柏イーグルス 得点:有馬弦希
 11,12位決定戦 08/15(日) 13:50 ●0-2 川崎TC

【最終順位】
 1位:みなとみらい 2位:柏 3位:川崎 4位:名古屋
 5位:東京ヴェルディ 6位:神戸 7位:バディー 8位:江南南
 9位:柏イーグルス 10位:リトルジャンボ 11位:川崎TC 12位:追浜
 13位:東京第7ブロック 14位:横須賀TC 15位:横浜TC 16位:仙台

【ベストイレブン】
 井上海希、渡辺浩太(東京ヴェルディ)
 杉本崇太朗(名古屋)
 渡辺優三、高宇洋(川崎)
 岩野駿祐、吉尾海夏、板倉洸(みなとみらい)
 渡辺大貴(神戸)
 渡辺力樹(バディー)
 矢野友尊(柏)

【MVP】 米谷力(みなとみらい)
【MIP】 坂本涼斗(柏)
【得点王】 萩原大智(江南南)、米谷力(みなとみらい)

【スポーツニッポン フレンドリーマナー賞】 神戸
【スポーツニッポン ベストサポーター賞】 横須賀TC

※得点者不明のところを教えていただけると幸いです。

| | コメント (2)

オーストラリアで活躍する郷内勇太

昨日は小野悠斗のメキシコデビューを取り上げたが、ユース2005OBの郷内もオーストラリアで大活躍している。郷内はユース卒業後、神奈川大学に進学。卒業後はオーストラリアのクイーンズランド州リーグに属するSunshine Coast FC(通称 Fire)に入団した。

オーストラリアのトップリーグはAリーグ(A-League)で、クリーンズランド州リーグはレベルとしてはその下に位置するリーグのようだが、日本のように成績による昇降格はないようだ。州リーグは8チームで構成され、3回戦制でリーグ順位を決め、その後成績上位チームでクライマックスシリーズ(?)があり、最終的なリーグチャンピオンが決まる。

郷内は開幕戦で途中出場ながら早速デビュー。続く第2戦では、2-3でビハインド、残り時間11分という局面で投入され、いきなり同点弾を放つと、わずか6分でハットトリックを達成し、チームを勝利に導いた。郷内らしからぬ、センセーショナルな活躍。郷内のキャリアの中でも前橋育英戦の同点ダイビングヘッドに続く価値あるゴールだろう(笑) これですっかりチームの信頼を勝ち得た郷内は、第3節、第5節にもゴールを決め、以後チームの主力としてプレイした。チームの成績も好調で第1クールは全勝。第2クールも5勝1分1敗。第19節には残り2節を残しリーグ1位を決めた。今日行われた最終戦も2-0で快勝し、2位のBrisbane Strikers FCに勝点差10をつけてフィニッシュ。しかも、得点が郷内の2ゴールというのだから嬉しい限り。

クイーンズランド州リーグのHPを見ると、MVPポイントと、ゴールデンブーツポイントという項目がある。8/12時点で郷内はMVPポイント13でリーグ5位、ゴールデンブーツポイント11位につけている。最終節の活躍でこのポイントもアップするだろうし、クライマックスシリーズで良い結果を収めるとさらにアップするかもしれない。”外国人助っ人”郷内のルーキーイヤーは上々だ。さらなる活躍が楽しみ。頑張れ、郷内!

【試合結果】
 #01 03/28 ○3-1 FNQ Bulls(H)
 #02 04/04 ○5-3 Queensland Academy of Sport(A) 郷内ハットトリック
 #03 04/11 ○4-2 Capricorn Cougars(H) 郷内1ゴール
 #04 04/17 ○3-2 Brisbane Strikers(A)
 #05 04/25 ○4-1 Whitsunday Miners(H) 郷内1ゴール
 #06 05/01 ○2-1 North Queensland Razorbacks(A)
 #07 05/09 ○5-0 Bundaberg Spirit(H)

 #08 05/15 ○2-0 FNQ Bulls(A)
 #09 05/23 ○3-2 Queensland Academy of Sport(H)
 #10 05/30 ○1-0 Capricorn Cougars(A)
 #11 06/06 ○2-1 Brisbane Strikers(H)
 #12 06/13 ○3-2 Whitsunday Miners(A)
 #13 06/20 ●1-2 North Queensland Razorbacks(H)
 #14 06/26 □3-3 Bundaberg Spirit(A)

 #15 07/04 ○4-1 FNQ Bulls(H)
 #16 07/10 ○5-1 Queensland Academy of Sport(A)
 #17 07/18 ○2-0 Capricorn Cougars(H) 郷内先制弾
 #18 07/24 ●0-1 Brisbane Strikers(A)
 #19 08/01 ○5-1 Whitsunday Miners(H)
 #20 08/07 ○4-2 North Queensland Razorbacks(A)
 #21 08/15 ○2-0 Bundaberg Spirit(A) 郷内2ゴール

38498_136850263020134_12044797799_2

参考リンク
 2010/04/05 Fire on top of leaderboard
 2010/05/29 Import boosts Fires potency
 2010/06/10 Fire won't go easy on QAS kids 
 2010/06/18 Fire's pride above hot streak 
 2010/07/05 Cross return gets win for Fire 
 2010/08/16 Gonai double gets Fire home

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

小野悠斗、メキシコデビュー

ユース2010OBの小野悠斗がメキシコでデビューした。

小野悠斗は高校卒業後オランダに渡り、NECに練習生として参加したが、ビザの関係等で入団は叶わず、一端日本に戻って東京23FCで練習生として過ごした後、再びメキシコに渡った。メキシコではプリメーラ・ディビシオン(国内最上位リーグ)のクラブ・ネカサ(Club Necaxa) の入団テストを受け、”2軍”相当のNecaxa Sub 20と契約した。奇しくも弟の小野裕二が2種登録ながら、広島戦でJリーグデビューした日だった。

チームのあるアグアスカリエンテス州はメキシコ中央部の小さな州(メキシコで3番目に小さい)。州都は同名のアグアスカリエンテス。標高1888メートルの高地にあり、比較的治安もよく、メキシコで一番住みたい都市の上位にランキングされるという。空港は小さいながら国際空港でアメリカのダラスやヒューストンから乗り入れ便がある。現地には日産、ジヤトコの工場もあり、日本人も2006年時点で約500人ほどいるようだ。

メキシコのトップリーグであるプリメーラ・ディビシオンには18チームが参加している。リーグは2シーズン制で、前半戦(8月~12月)が「アペルトゥーラ (Apertura)」(開幕ステージ)、後半戦(1月~5月)が「クラウスラ (Clausura)」(閉幕ステージ)と呼ばれる。各シーズンのレギュレーションはやや複雑。まず、18チームを6チームずつの3グループに分ける。一方、グループ分けは関係なく総当りで17試合の1回戦をこなしたあと、各グループ2位までの6チームと、残りチームのうち成績上位2チームの計8チームがH&Aの2回戦制の決勝トーナメントを行って優勝を争う。

一方、育成リーグ的な位置づけでBásicas Sub-20というリーグがある。リーグ形式はプリメーラ・ディビシオンと同じで、参加チーム、グループ分けも同じ。小野悠斗の加入したNecaxa Sub 20はこのリーグに属している。出場資格は基本的にU-20だが、年齢を問わないトップ登録のオーバーエイジ(mayores=major)の出場が4人まで認められる。またU-20の外国人選手は2人までとなっており、小野はU-20の外国人枠ということだろう。試合は、トップと同じ日に、トップが対戦する相手のU-20チームと、近隣会場で前座的に行われるようだ。

今日早朝(現地では8/13 16:00)小野悠斗が出場したのは、このBásicas Sub-20の第4節。背番号は57。1軍のFW、Nicolas Pavlovich(9)と交代で後半頭から出場。攻撃的な位置での起用だろうか。登録後すぐの出場は、監督からも評価されている証拠だろう。

ちなみに、アグアスカリエンテスはスペイン語で「湯(熱い水)」の意味。つまり、Necaxaは湯州の首都=湯都(ゆうと)にあるクラブ(笑) まさに悠斗のためのチームだ。与えられたチャンスをしっかりつかんで、大きく羽ばけ!頑張れ、悠斗!! 現地の日本人の皆さんも応援よろしくお願いします。

Yuto1

(Ext)というのは外国籍選手という意味かな?

Yuto2_2

後半頭から出場

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

2010高円宮杯組み合わせ

高円宮杯の組み合わせ、日程が発表になった。
横浜、愛媛ともに厳しいグループ。
特に愛媛は1、2試合目を札幌会場という金銭的にも厳しい結果になった。

=============================================

【グループ分け】
A:柏、磐田、神戸、広島 @茨城
B:清水、浦和、滝川第二、流経柏 @埼玉
C:札幌、愛媛、セレッソ、東京V @札幌
D:千葉、立正大淞南、静学、青森山田 @静岡
E:横浜、養和、福岡、名古屋 @東京
F:広島観音、市船、FC東京、富山一 @群馬

【横浜試合日程】
GL#1 09/04(土) 11:00 横浜vs養和 @西が丘
GL#2 09/12(日) 11:00 横浜vs福岡 @西が丘
GL#3 09/18(土) 13:20 横浜vs名古屋 @群馬

【愛媛試合日程】
GL#1 09/04(土) 11:00 札幌vs愛媛 @厚別
GL#2 09/12(日) 13:20 愛媛vs東京V @札幌SAP
GL#3 09/18(土) 13:20 愛媛vsセレッソ @大和

【決勝トーナメント日程】
R16 09/20(月) 11:00/13:20 @藤枝、ひたちなか、西が丘、大和
QF 10/03(日) 11:00/13:20 @厚木萩野、ひたちなか
SF 10/09(土) 12:00/14:30 @国立
F 10/11(月) 15:00 @埼玉

| | コメント (2)

2010年8月10日 (火)

2010 ナショナルトレセンU-12 関西

期間:2010年8月17日(火)  ~19日(木)
場所:堺市立サッカーナショナルトレーニングセンター

滋賀
GK 守武慎太郎 1998.04.19 158cm/50kg 伴谷SSS
FP 岩崎 悠人 1998.06.11 143cm/37kg 金城JrFC
FP 上原 憂大 1998.04.25 159cm/42kg 湖東FC
FP 曽根 大成 1998.04.18 158cm/46kg びわSSS
FP 堀之内大我 1998.04.06 150cm/33kg 野洲JFC
FP 宮  幹太 1998.10.28 156cm/40kg 仰木SSS
FP 森  宏斗 1998.05.16 147cm/35kg 富士見SSS
FP 山元壮太郎 1998.07.05 151cm/43kg 山田JrFC
GK 寺田淳一郎 1998.09.15 155cm/45kg INAC滋賀セントラル
FP 池田 晋太 1998.05.20 142cm/30kg 富士見SSS
FP 上畠  成 1998.04.29 156cm/40kg 青山JrFC
FP 川島 史也 1998.05.01 163cm/50kg リブラ五個荘FC
FP 川瀬  相 1998.06.15 149cm/34kg 守山白鳳SSS
FP 浜本 和希 1998.05.30 152cm/37kg 玉川ナイスキッズSC
FP 三田尻和哉 1998.08.12 152cm/46kg 野洲JFC
FP 山元 翔龍 1998.06.10 153cm/42kg 笠縫オレンジボーイズSC
京都
GK 姜  沢英 1998.05.08 154cm/52kg COREA FC
DF 中野 雄太 1998.06.29 149cm/45kg 朱六FC
MF 小倉虎太郎 1998.04.13 160cm/40kg 羽束師JrFC
MF 北  龍磨 1998.04.16 138cm/28kg 宇治巨椋ボンバーズSC
MF 慶田 優志 1998.06.08 140cm/32kg 京都紫光SC
MF 中村 一貴 1998.08.12 145cm/34kg 花山SS
MF 水井 直人 1998.12.15 148cm/40kg 西京極JrSC
MF 村田 大嘉 1998.10.25 145cm/33kg 宇治翔FC SS
FW 西川 聖基 1998.06.12 160cm/50kg 加茂FC
MF 山田 夏暉 1998.07.17 139cm/32kg 菟道SSS
FW 明石  崚 1998.05.03 157cm/41kg 京都紫光SC
GK 大神慶士郎 1998.08.05 150cm/45kg 京都葵FC
MF 植田 聡太 1998.10.10 142cm/33kg 太秦SS
MF 法所 龍司 1998.04.14 141cm/32kg 南つつじ少年SC
MF 今西 晃大 1998.05.26 146cm/43kg 舞鶴少年SC
MF 井上 力馬 1998.08.07 139cm/31kg 物部SSS
大阪
GK 西本 圭斗 1998.05.09 164cm/51kg STAYCOOL FC
FW・MF 谷本 圭郁斗 1998.07.19 138cm/32kg シューダイFS
FW 澤島  輝 1998.04.24 154cm/39kg ガンバ大阪Jr
FW 岡田 優大 1998.06.21 154cm/42kg セレッソ大阪U-12
MF 中塚 海斗 1998.04.17 140cm/33kg セレッソ大阪U-12
MF 食野亮太郎 1998.06.18 148cm/38kg アンドリュースFC
MF・FW 松本 歩夢 1998.03.28 148cm/35kg EXE90FC
MF 坪井 一真 1998.12.09 145cm/34kg 八尾太陽リンクスSC
GK 稲垣 佳祐 1998.10.17 155cm/43kg セレッソ大阪U-12
MF 村井 俊文 1998.06.07 147cm/34kg 千里ひじりSC
MF 山下 令雄 1998.05.19 148cm/37kg 八尾大正FC
DF 山本 壱成 1998.06.02 156cm/42kg DREAM FC
MF 舩木  翔 1998.04.13 155cm/45kg セレッソ大阪U-12
DF・MF 大崎 航詩 1998.06.30 150cm/38kg STAYCOOL FC
DF・FW 堀江 亮介 1998.05.14 156cm/46kg セレッソ大阪U-12
MF 染谷 充輝 1998.06.03 144cm/36kg シューダイFS

兵庫
GK 鶴田 海人 1998.04.16 163cm/49kg 西宮少年SC
DF 二宮  哲 1998.07.11 153cm/38kg 上甲子園SC
MF 仲宗根弘輝 1998.05.01 153cm/34kg 宝塚・仁川SC
FW 伊藤 龍生 1998.08.20 152cm/37kg 柏原キッズFC
DF 山根  歩 1998.04.19 149cm/33kg 西宮少年SC
MF 堂安  律 1998.06.16 147cm/42kg 西宮少年SS
MF 上畑佑平士 1998.07.25 147cm/34kg 高須サッカー部
FW 藤田  剛 1998.07.23 146cm/38kg 東舞子SC
MF 奥野 圭亮 1998.06.21 145cm/35kg 有岡FC
DF 崔  竜寿 1998.12.14 145cm/34kg 高須サッカー部
MF 村山  健 1998.07.18 144cm/35kg 平岡北SC
MF 籔田 創大 1999.01.05 144cm/34kg 三田FC
FW 西田 一翔 1998.04.28 143cm/35kg 西宮少年SS
DF 川田 隼世 1998.12.08 141cm/34kg FCフレスカ神戸
FW 山下 大貴 1998.09.08 139cm/33kg ヴィッセル神戸U-12
GK 渡辺 大貴 1998.04.11 157cm/44kg ヴィッセル神戸U-12

奈良
FW 豊福 万峰 1998.05.26 161cm/45kg ポルベニルカシハラ
MF 本間 幹也 1998.06.08 158cm/44kg ポルベニルカシハラ
GK 坂本 大地 1998.04.08 161cm/48kg 御所FC
FW 石井 大輝 1998.07.02 157cm/44kg 奈良YMCA SC
MF 杉山 天真 1998.06.26 148cm/39kg ディアブロッサ高田FC
MF 谷口 周大 1998.07.09 147cm/38kg ディアブロッサ高田FC
FW 田中 康介 1999.02.01 142cm/35kg ディアブロッサ高田FC
DF 石崎 大輝 1998.05.25 158cm/42kg ディアブロッサ高田FC
DF 玉木  仁 1999.03.30 148cm/35kg ディアブロッサ高田FC
FW 松浦 享宏 1999.01.25 155cm/44kg YF NARATESORO
MF 大崎 椋平 1999.01.23 160cm/41kg RIKKEN FC
DF 中尾 健嗣 1998.04.10 151cm/47kg ポルベニルカシハラ
MF 大矢 悠平 1998.10.22 150cm/36kg 奈良YMCA SC
GK 西村 憲彦 1999.01.06 154cm/40kg 奈良YMCA SC
MF 内潟  輝 1998.10.23 135cm/33kg パルティーダ生駒FC
FW 椿本 雄陽 1998.05.21 157cm/42kg 桜FC

和歌山
MF 畑中  聡 1998.05.06 152cm/42kg H.L.Pデポルターレ和歌山FC
FW 淀澤 賢治 1998.11.03 152cm/40kg 河北FC
MF 竹村  淳 1998.07.01 155cm/46kg 御坊キックマンFC
DF 溝脇 逸人 1998.11.12 155cm/48kg H.L.Pデポルターレ和歌山FC
MF 斎藤 翔太 1998.06.16 155cm/40kg 竜門FC SS
FW 河里 宣希 1998.09.08 143cm/34kg 粉河SSS
DF 芝崎  隼 1998.04.03 146cm/46kg 那智勝浦FC
GK 早川 侑冶 1999.02.12 147cm/36kg 岩出FC AZUL
MF 田伏 佑規 1998.12.17 148cm/42kg 巽少年少女SC
DF 山家 光貴 1998.04.09 155cm/45kg FC Valentia
FW 伊藤 誠祥 1998.04.03 146cm/40kg 西脇少年SC
FW 清水 太智 1998.10.23 151cm/40kg 宇久井SS
MF 中尾  真 1998.05.02 136cm/32kg 四箇郷少年SC
DF 南條 有哉 1998.04.08 158cm/48kg 巽少年少女SC
MF 佐藤 弘也 1998.08.28 150cm/36kg 宮北少年SC
GK 山下 修人 1998.05.23 174cm/60kg 内海・日方子どもサッカー

女子
DF 桜田 彩乃 1998.05.19 150cm/34kg 滋賀県 希望ケ丘SSS
FW 前川 美紀 1998.08.24 151cm/37kg 滋賀県 今津SSS
MF 田中 梨華 1998.12.20 141cm/34kg 滋賀県 ハヤマグリーンFC
GK 芝 ひより 1998.06.06 160cm/47kg 京都府 バニーズ京都SC・ガラシャ
MF 林 穂之香 1998.05.19 142cm/33kg 京都府 京都・神明J.S.C SS
MF 池田 茉央 1998.09.18 144cm/35kg 京都府 菟道SSS
DF 足立 智佳 1998.05.23 150cm/39kg 大阪府 ヴィスポさやま
MF 北方 沙映 1998.08.27 144cm/32kg 大阪府 リバースFC
GK 柴本 佳奈 1998.04.08 157cm/40kg 大阪府 登美丘南JSC
DF 岡本 夏歩 1998.08.07 150cm/42kg 兵庫県 FC港東
MF 伊藤 菜月 1998.05.03 145cm/32kg 兵庫県 神野SC Amizade Jr
MF 前原  葵 1998.06.21 147cm/35kg 兵庫県 FC甲東VIVO
MF 髙橋 楓姫 1998.11.02 149cm/35kg 奈良県 セントラルFC奈良
MF 浪田 恵莉 1998.09.12 157cm/45kg 奈良県 センチュリーFC
GK 藤田 みあ 1998.09.28 158cm/44kg 奈良県 桜井南FC
FW 笹村 里緒 1998.04.11 163cm/47kg 和歌山 有田・保田少年SC
MF 瀬田 茉広 1998.10.07 148cm/40kg 和歌山 貴志少年SC
DF 平田  栞 1998.06.15 154cm/43kg 和歌山 有功東少年SC

| | コメント (0)

2010 ユースOB出場記録 #19

トピックス
 ・木村がゴール。通算2ゴール目。
 ・陽介はいきなりの途中出場。現地のマリサポさんはいいもの見たね。

============================================

◆J2第21節
 水戸:藤川祐司 今節試合なし 通算出場試合数:18 通算出場時間:1620分 警告:3
 熊本:加藤健太 8/8(日) 1-1 岐阜(A) ベンチ外
 富山:関原凌河 8/7(土) 0-1 大分(A) ベンチ外
 栃木:水沼宏太 8/8(日) 1-2 草津(A) 後半29分より出場 通算出場時間:74分

◆JFL後期第6節
 Jリザ:柳明基 8/8(日) 2-1 琉球(H) 後半17分に交代 通算出場試合数:15 通算出場時間:896分 通算得点:1 アシスト:2 警告:3
 栃木:矢部達 8/8(日) 2-5 栃木(A) ベンチ外 通算出場試合数:2 通算出場時間:41分 警告:1
 松本:佐藤由将 8/7(土) 2-2 びわこ(A) ベンチ外 通算出場試合数:3 通算出場時間:216分 警告:1
 松本:木村勝太 8/7(土) 2-2 びわこ(A) 後半36分に交代 通算出場試合数:17 通算出場時間:1164分 ゴール 通算得点:2 警告:1
 鳥取:三浦旭人 8/7(土) 3-1 仙台(H) フル出場 通算出場試合数:9 通算出場時間:788分 警告:5
 滋賀:奈良輪雄太 8/8(日) 3-0 佐川印刷(A) フル出場 通算出場試合数:17 通算出場時間:1391分 通算得点:2
 金沢:斉藤陽介 8/8(日) 2-2 秋田(A) 後半26分より出場 通算出場試合数:1 通算出場時間:19分

※木村・斉藤の記録はJFLでのもの、水沼の記録はJ2でのもの

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

U-19日本代表〔第34回SBSカップ国際ユースサッカー2010〕メンバー

スタッフ
監督:布 啓一郎
コーチ:牧内 辰也
GKコーチ:川俣 則幸

選手
GK
川浪 吾郎 1991.04.30 192cm/82kg 柏
中村  隼 1991.11.18 183cm/79kg 山形
DF
古林 将太 1991.05.11 173cm/63kg 湘南
阿部  巧 1991.05.26 165cm/62kg 横浜FC
平出  涼 1991.07.18 176cm/72kg FC東京
寺岡 真弘 1991.11.13 179cm/70kg 関西大
キローラン木鈴 1992.04.07 183cm/74kg ヴェルディユース
岡本 拓也 1992.06.18 175cm/73kg 浦和ユース
MF
六平 光成 1991.01.16 174cm/64kg 中央大
藤田 息吹 1991.01.30 170cm/66kg 慶義大
菊池 大介 1991.04.12 172cm/66kg 草津
加藤  大 1991.05.07 173cm/62kg 新潟
古田 寛幸 1991.05.23 172cm/62kg 札幌
小林 祐希 1992.04.24 177cm/64kg ヴェルディユース
小島 秀仁 1992.07.30 178cm/65kg 前橋育英
FW
永井  龍 1991.05.23 177cm/66kg セレッソ大阪
高木 俊幸 1991.05.25 170cm/60kg ヴェルディ 2010/08/19怪我
指宿 洋史 1991.02.27 194cm/80kg ジローナFC(スペイン) 2010/08/12追加
杉本 健勇 1992.11.18 187cm/76kg セレッソ大阪 2010/08/19追加

スケジュール
8/21(土)12:30 対 U-19スペイン代表(草薙陸上競技場)
8/22(日)17:20 対 U-19ガーナ代表(藤枝総合運動公園サッカー場)
8/24(火)14:00 対 静岡選抜(エコパスタジアム)

今後の予定
9/4~12  仙台カップ(宮城県)
9/24~   直前合宿(J-STEP)
10/3~17  AFC U-19選手権中国2010
※U-19日本代表チーム:FIFA U-20ワールドカップ2011出場を目標としたチーム。

================================================================

【最終結果】 1位:日本、2位:スペイン、3位:ガーナ、4位:静岡ユース
【MVP】 小林祐希

第34回SBSカップ国際ユースサッカー2010:優勝
試合日 8/21(土) 8/22(日) 8/24(火)
キックオフ 12:30 17:00 14:00
ステータス GL#1 GL#2 GL#3
対戦相手 U-18スペイン U-19ガーナ U-18静岡
会場 草薙 藤枝 エコパ
試合形式 40分×2 40分×2 40分×2
スコア ○2-0 ○4-1 ○4-3
■GK
1 川浪 吾郎  
18 中村  隼    
■DF
2 寺岡 真弘 ▽61  
3 古林 将太  
4 キローラン木鈴 △61
5 阿部  巧 △40 ▽40
6 平出  涼 △63
7 岡本 拓也 ▽40 △40
■MF
8 六平 光成   ▽16
9 藤田 息吹 ▽78 ▽40 ☆28 △16
10 菊池 大介 △40 △40 ☆45
11 加藤  大 △78
12 古田 寛幸 ▽70 △40 ▽58
13 小林 祐希 △70 ○ ☆49 ○ ☆31,33
14 小島 秀仁 △70 ▽63
■FW
15 永井  龍 ▽70 ☆22,28 ▽40 ☆21,38 ▽40 ☆4
16 杉本 健勇 △51 ▽40 △58
17 指宿 洋史 ▽51 △40  

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

それはちょっと大人気ない ~サザンクロス#8 愛媛U-13vs今越FC、TRM 愛媛U-14vs今越FC

Tr_201008071422000

今回の腹が減る写真(笑)は、「第4回やきとリンピック in 今治」から”やきとり”2品。
左は室蘭の「やきとりの一平」、右は東松山の「やきとり ひびき」の”やきとり”。
どちらも”やきとり”といいつつ、実は”やきとん”。
「一平」の方は、豚肉の間に玉ねぎが挟まれていて、からしをつけて食べる。タレの甘辛さがやきとんにマッチしていてうまい。ただ、からしはもうちょっとパンチが効いていたほうがいいかな。
「ひびき」の方は豚ネギ間。塩コショウで下味がついていて、その上にピリ辛の味噌ダレをかけるのが特徴。
暑い日だったのでやきとんもさることながら、生ビールが最高!(笑)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

今日は久々のサッカー観戦。ママチャリを30分ほど漕いで、波止浜の今越グランドへ。ちょっと早めに到着したので、そのまましまなみ海道の来島海峡大橋までサイクリングしようと思ったけど、坂道が急でママチャリではちと厳しかった。サイクリング用の自転車が欲しいなぁ…

今越グランドは波止浜港脇にある小さなグランド。周囲はネットで囲まれていて、観客席はない。見るのにはあまりいいグランドではないけれど、ちゃんと天然芝なのがうれしい。

■JリーグU-13サザンクロス第8節 今越FCvs愛媛U-13

愛媛U-13は初見のチーム。まずは選手を覚えるところからスタート。愛媛は背番号に法則性がないので、久々の耳メンだったが、よく声が出るチームで大部分の選手はすぐに名前がわかった。あとは写真鑑定(笑) それでも間違いはあるかもしれませんので、選手名が間違っていればご指摘いただければ幸いです。

試合は30分×2。キックオフから愛媛のワンサイドゲーム。開始早々の曽根君のゴールを皮切りに次々と得点を重ねた。特に八木君は前半だけで7ゴールの大活躍。メンバーを入れ替えた後半もほとんどの時間、愛媛が今越側でプレイ。今越も後半16分にゴール前で得たFKを熊野君が見事に決めて一矢報いた。

Tr_img_9685 Tr_img_9698
Tr_img_9701 Tr_img_9741
Tr_img_9753 Tr_img_9880

<前半スタメン>
_______八木智紀(26)___小木曽春樹(36)_____

宮田雄貴(40)________________曽根晃太(33)

________忽那喬司(31)_木藤佑也(30)_______

井上大誠(29)_田野内和輝(28)_上田敏貴(39)_信宮裕紀(34)

____________上村友輝(16)___________

<後半スタメン>
_______宮田雄貴(40)___曽根晃太(33)_____

高橋真希(25)________________織田樹(35)

_______忽那喬司(31)_木藤佑也(30)_______

谷本真梧(24)_田口勇斗(41)_上田敏貴(39)_信宮裕紀(34)

___________上村友輝(16)___________

交代:
 後半00分 後半スタメン参照

得点
 前半01分 曽根晃太(33)
 前半03分 八木智紀(26)
 前半04分 木藤佑也(30)
 前半05分 八木智紀(26)
 前半11分 小木曽春樹(36)
 前半12分 八木智紀(26)
 前半16分 忽那喬司(31)
 前半18分 八木智紀(26)
 前半19分 八木智紀(26)
 前半23分 田野内和輝(28)
 前半28分 八木智紀(26)
 前半30分 八木智紀(26)

 後半06分 宮田雄貴(40)
 後半11分 宮田雄貴(40)
 後半12分 織田樹(35)
 後半16分 (今越)
 後半18分 曽根晃太(33)
 後半20分 曽根晃太(33)
 後半24分 宮田雄貴(40)
 後半26分 信宮裕紀(34)
 後半27分 曽根晃太(33)
 後半29分 谷本真梧(24)

■TRM 今越FCvs愛媛U-14

サザンクロスの後は、嬉しいことにU-14の練習試合が組まれていたので、そのまま残って観戦。去年の夏にジュビロカップで見て以来のU-14。あの時は関東のJ下部チーム相手に堂々と渡り合った素晴らしい内容だった。1年経ってどう成長したか?試合は、30分×2。

愛媛は4-3-3でスタート。普段やり慣れていないシステムなのだろうか、ボールを持っても安全なエリアでボールを回すだけで、攻撃の形が作れなかった。見かねて(?)、吉田監督は前半27分にオーソドックスな4-4-2にシステムを変更。それでも、流れは変わらず、最後はセットプレイのチャンスにGK上村君が上がってゴールを狙うも不発。前半はいいところのないままに終了。

後半は頭から4-4-2。後半16分には今越の攻撃。これはGK上村君がナイスセーブで切り抜ける。しかし、その2分後にDFラインで回していたボールを奪われ先制を許す。吉田監督は試合中にも関わらず洲之内君をベンチまで呼び、喝を入れる。それが効いたか、後半22分に素早くボールをつなぎ、最後は洲之内君が同点ゴール。このゴールでチームも活性化し、裏を狙うプレイも増える。後半26分には石村君のゴールでようやく逆転に成功。なおも、攻め立てたが追加点は奪えず、試合はかろうじて愛媛の勝利で終了。

愛媛U-14はメンバーが11人揃わず、U-13の選手が3人加わりようやく試合になった。Dカップを控えて多くのメンバーがU-15に参加しているせいだろう。U-15が落ち着いたら、フルメンバーでのU-14を見たい。

Tr_img_0030 Tr_img_0084
Tr_img_0119 Tr_img_0139
Tr_img_0165 Tr_img_9994

<前半スタメン>
洲之内辰行(9)____門田京介(15)____坂本太希(14)

_____石村真太郎(10)__小木曽春樹(36)_____

__________村上裕太郎(6)__________

内田銀次(3)_梅木雄太(19)__佐藤友(5)_上東嵩史(12)

___________上村友輝(16)__________

<後半スタメン>
______洲之内辰行(9)___門田京介(15)_____

内田銀次(3)______________石村真太郎(10)

______村上裕太郎(6)__上東嵩史(12)______

井上大誠(29)_梅木雄太(19)__佐藤友(5)_坂本太希(14)

___________上村友輝(16)__________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照

得点:
 後半18分 (今越)
 後半22分 洲之内辰行(9)
 後半26分 石村真太郎(10)

| | コメント (0)

第34回全日本少年サッカー大会結果まとめ

■最終順位
 1位:バディーSC(神奈川)
 2位:ディアブロッサ高田(奈良)
 3位:柏(千葉)、エグゼ90FC(大阪)
 ベスト8:FCアネーロ宇都宮(栃木)、コンサドーレ札幌、ソレッソ熊本、総社SC(岡山)
 ベスト16:ファナティコス(群馬)、丸亀FC (香川)、大宮アルディージャ、青森FC、ベガルタ仙台(宮城)、あぐり西町FC (長崎)、シーガル広島、帝人SS(愛媛)

■得点ランキング
 1位(20点):渡辺力樹(バディーSC)
 2位(8点):黒田凱(青森FC)
 3位(7点):谷口周大(ディアブロッサ高田)、松本歩夢(エグゼ90FC)、丹羽一陽(愛知FC)

■アシストランキング
 1位(10点):太田泰河(柏)
 2位(5点):渡辺力樹(バディーSC)、柴山啓吾(FCアネーロ宇都宮)、

■各賞
 敢闘賞:ディアブロッサ高田
 努力賞:エグゼ90FC
 グッドマナー賞:柏
 フェアプレー賞:愛知FC

■バディーSC
【結果】
 8/1(日) GL#1 0-0 太陽SC国分
 8/1(日) GL#2 3-1 札幌 得点:渡辺力樹×2、小笠原由多
 8/2(月) GL#3 2-0 十市少年SC 得点:渡辺力樹×2
 8/3(火) GL#4 5-0 SC岐阜VAMOS 得点者:渡辺力樹×3、服部剛大×2
 8/3(火) GL#5 10-0 ニカホ 得点者:渡辺力樹×5、渡辺陸弥、服部剛大、高木友也、村木達哉、OG

 8/4(水) 決勝T#1 6-1 あぐり西町FC 得点者:池田啓佑、渡辺力樹×4、服部剛大
 8/4(水) 決勝T#2 7-0 総社SC 得点者:渡辺陸弥×2、服部剛大、渡辺力樹×2、角野登生、高木友也
 8/6(金) 準決勝 2-1 柏 得点者:渡辺力樹、土田迅
 8/7(土) 決勝 2-0 ディアプロッサ高田 得点者:渡辺力樹、服部剛大

【登録メンバー】
 01 GK 原田  岳
 02 MF 雨宮 逸人
 03 MF 土田  迅
 04 FW 岡田 悠人
 05 DF 川崎  凌
 06 DF 佐竹  優
 07 MF 小笠原由多
 08 MF 角野 登生
 09 DF 高木 友也
 10 MF 福屋 凌平
 11 MF 服部 剛大 キャプテン
 12 DF 中村 優希
 13 DF 田渕 佑斗
 14 MF 村木 達哉
 15 FW 池田 啓佑
 16 DF 豊泉 陽生
 17 FW 渡辺 力樹
 18 MF 渡辺 陸弥

■帝人SS
【結果】
 8/1(日) GL#1 4-0 ヴァレンテとおの 得点:中川尚人、阿部和希×2、福宮弘乃介
 8/1(日) GL#2 4-1 FC上西郷 得点:青柳星吾×2、福宮弘乃介、中矢裕貴
 8/2(月) GL#3 0-1 ファナティコス
 8/3(火) GL#4 1-0 野洲JFC 得点者:青柳星吾
 8/3(火) GL#5 3-0 スクエア富山 得点者:阿部和希、青柳星吾、福宮弘乃介
 8/4(水) 決勝T#1 0-3 柏

【登録メンバー】
 01 GK 兼久晋之介
 02 DF 山下 貴大
 03 DF 横田 大和
 04 DF 平本  絃
 05 DF 岡野 貴輝
 06 MF 島田 航海
 07 MF 阿部 和希
 08 MF 中矢 裕貴
 09 MF 中川 尚人
 10 MF 福宮弘乃介 キャプテン
 11 FW 青柳 星吾
 12 GK 松﨑 将飛
 13 MF 栗林 力也
 14 MF 中島 拓海
 15 FW 加藤友之介
 16 MF 松本 大樹
 17 DF 山守 康太
 18 MF 上野 隆二

■おまけ:ソレッソ熊本ヴィットーリアの西村君の感動的な選手宣誓

「宣誓 我々選手一同はワールドカップでの日本代表の勇姿に心打たれ、改めてサッカーの素晴らしさを感じました。口蹄疫の問題で参加できない宮崎県のサッカーを愛する仲間のため、一試合一試合を素晴らしいものに、すべての人の最高の笑顔があふれる大会にすることを誓います。」

| | コメント (0)

【TV観戦メモ】全少決勝 ディアブロッサ高田vsバディー

■第34回全日本少年サッカー大会決勝 ディアブロッサ高田vsバディーSC

<バディーSCスタメン>
____池田啓佑(15)___渡辺力樹(17)_____

服部剛大(11)____________渡辺陸弥(18)

____小笠原由多(7)__福屋凌平(10)_____

高木友也(9)_川崎凌(5)_豊泉陽生(16)_土田迅(3)

__________原田岳(1)__________

<ベンチ>
DF:佐竹優(6)、中村優希(12)、田渕佑斗(13)
MF:雨宮逸人(2)、角野登生(8)、村木達哉(14)
FW:岡田悠人(4)

<ディアブロッサ高田スタメン>
_____田中康介(7)__北田大亜(18)____

_________杉山天真(8)________

谷口周大(10)____________岡田陸(13)

_________仲田健人(6)________

岡本晃(12)_坂口隆星(3)_玉木仁(5)_澤田陸(4)

_________川合建輔(1)________

<ベンチ>
DF:堀内幹太(2)、堀川航希(15)、公文昇太(16)、村上開悟(17)
MF:中尾大風(14)
FW:石崎大輝(9)、竹末蒼大(11)

交代:
 後半03分 バディー:池田啓佑(15)→角野登生(8)
 後半04分 バディ-:渡辺陸弥(18)→岡田悠人(4)
 後半20分+1分 バディー:角野登生(8)→池田啓佑(15)

得点:
 後半14分 バディー:渡辺力樹(17)
 後半15分 バディー:服部剛大(11)

決勝はどちらが勝っても初優勝となる組み合わせ。ディアブロッサ高田は奈良のチーム。

最初のビッグチャンスは前半5分。PAすぐ外でバディーにFKが与えられる。キッカーは目下大会得点王ばく進中の渡辺力樹君。思い切って蹴ったシュートは壁に跳ね返されるが、こぼれ球を福家君がPA外からシュート。しっかり枠を捉えたが、高田GK川合君が懸命に伸ばした右手にはじかれポストを叩いた。高田も、前半12分にバディー守備のミスをついて抜けだした田中君が相手をかわし左足シュート。これはゴール左にそれた。ここから暫くは高田の時間帯。積極的にシュートを打つがゴールは奪えなかった。前半18分、ロングボールの競り合いでバディー渡辺力樹君にイエローカードが出る。

スコアレスで迎えた後半。2分にバディー渡辺力樹君からグランダーのパス。これにバディーの選手が走りこむが一歩届かず。逆にカウンターから高田の谷口君がGKと一対一のチャンスを作り出す。決定的なシーンだったが、バディーGK原田君が冷静に対応しゴールを許さなかった。直後の高田 杉山君のCKは直接ゴールを捉えるが、またしても原田君がナイスクリアでチームを救った。大きなピンチを切り抜け、バディーが渡辺力樹君を中心に徐々に高田ゴールに迫るシーンが増える。

後半12分、スローインのボールをうけた高田の杉山君がゴール前で粘り、倒れつつもパス。これを谷口君が受け、次の瞬間右足シュート。いいタイミングでうまく抑えたシュートだったがゴール左にそれた。続くバディーのゴールキック。GK原田君の大きなキックを、センターサークルでバディーの選手がバックヘッドで前線に送る。これに渡辺力樹君が反応し、高田のDFを振りきって左足シュート。これが右サイドネットを揺らし、バディーに待望の一点が生まれた。渡辺君は今大会20ゴール目。さらに後半15分。バディーがCKのチャンスを得る。キッカーは渡辺力樹君。ファーに飛んだボールをキャプテン服部君がうまくヘディングで合わせリードが広がった。後半16分には逆にバディー守備陣のミスをついて谷口君がシュート。これはわずかにゴール左にそれた。ピンチを切り抜け、勢いにのったバディーが残り時間の主導権を握った。

ロスタイムには競り合いで渡辺力樹君が2枚目の警告を受け退場。それまで何度か接触プレイで注意を受けていたので妥当な判定だとは思うが、反則をしようという気がなくても体格差で相手は倒れてしまう。渡辺君にとってはちょっとかわいそうな幕切れとなってしまった。3分超のロスタイムを無失点で切り抜け、バディーが柏以来15年ぶりの初出場初優勝を成し遂げた。全少は来年からは8人制の大会になるようなので、11人制最後の王者かもしれない。おめでとう、バディーSC。

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

【TV観戦メモ】全少準決勝 ディアブロッサ高田vsエグゼ90FC、バディーvs柏

TVのダイジェストにて。

■第34回全日本少年サッカー大会準決勝 ディアブロッサ高田vsエグゼ90FC

<ディアブロッサ高田>
GK:川合建輔(1)
DF:坂口隆星(3)、澤田陸(4)、玉木仁(5)
MF:仲田健人(6)、杉山天真(8)、北田大亜(18)
FW:田中康介(7)、谷口周大(10)、岡本晃(12)、岡田陸(13)

<サブ>
DF:堀内幹太(2)、堀川航希(15)、公文昇太(16)、村上開悟(17)
MF:中尾大風(14)
FW:石崎大輝(9)、竹末蒼大(11)

<エグゼ90FC>
GK:藤本立(1)
DF:大倉直人(2)、森俊太(3)、立野竜平(6)、大倉和人(16)
MF:松本歩夢(9)、古田哲平(10)、粟盛達海(11)、梶原悠希(12)
FW:徳網勇晟(7)、稲森文哉(8)

<サブ>
DF:吉田康祐(5)、三浦樹(13)、田中翔(14)、板倉壮汰(15)
FW:新藤太一(4)

得点:
 前半18分 高田:田中康介(7)
 後半01分 エグゼ:松本歩夢(9)
 後半18分 高田:北田大亜(18)

準決勝の第一試合は関西同士の対戦。前半18分にディアブロッサ高田のキャプテン杉山君のワンバンのCKを、田中君が右足ボレー。これはエグゼの選手が体を張ってブロックするが、跳ね返りを再び田中君が今度は左足でシュート。両チームの選手が密集するわずかな隙間をうまくすり抜けゴールが決まった。

後半早々にエグゼが追い付く。キャプテン松本君が相手をかわしつつ巧みなドリブルで長い距離を持ち込み、最後は左足シュート。巻いてゴール左に飛ぶ。高田GKの川合君はしっかりポジションをとっていたが、股間を抜けてゴールが決まる。しかし、後半18分に、高田が再び突き放す。クロスボールのクリアが北田君の前にこぼれ、PA内でフリーだった北田君はこれを難なくシュート。試合後、高田の選手がマンツーマンでエグゼの選手を慰める姿が感動的だった。

■第34回全日本少年サッカー大会準決勝 バディーSCvs柏

<バディーSCスタメン>
GK:原田岳(1)
DF:川崎凌(5)、高木友也(9)、中村優希(12)
MF:土田迅(3)、小笠原由多(7)、福屋凌平(10)、服部剛大(11)、渡辺陸弥(18)
FW:池田啓佑(15)、渡辺力樹(17)

<サブ>
DF:佐竹優(6)、豊泉陽生(16)、田渕佑斗(13)
MF:雨宮逸人(2)、角野登生(8)、村木達哉(14)
FW:岡田悠人(4)

<柏スタメン>
GK:金綱飛虎(1)
DF:増田迪那(3)、坂本涼斗(5)、東山航大(15)
MF:太田泰河(4)、鬼島和希(7)、古賀太陽(10)、大谷京平(11)、矢野友尊(17)
FW:昼間拓海(9)、中村駿太(14)

<サブ>
GK:西田航太(16)
DF:井上晃史郎(2)、浅貝崇裕(6)
MF:影山諒(8)、中村陸(12)、蓮沼雄也(13)
FW:小澤裕太(18)

交代:
 前半19分 バディー:小笠原由多(7)→岡田悠人(4)
 後半00分 バディー:中村優希(12)、渡辺陸弥(18)→豊泉陽生(16)、小笠原由多(7)
 後半12分 柏:大谷京平(11)→蓮沼雄也(13)
 後半13分 バディー:岡田悠人(4)→中村優希(12)
 後半15分 バディー:池田啓佑(15)→渡辺陸弥(18)
 後半18分 柏:昼間拓海(9)→浅貝崇裕(6)

得点:
 前半05分 柏:昼間拓海(9)
 後半08分 バディー:渡辺力樹(17)
 後半10分 バディー:土田迅(3)

先制は柏。前半5分、DFラインからのクリアが左サイドの中村駿太君に通り、中村君は果敢にドリブルを仕掛け、そのままPA内に侵入してシュート。至近距離のシュートはバディーGKの原田君が両手で弾くも、こぼれ球に昼間君がつめた。

バディーの反撃は後半8分。バディーゴール前での攻防から大きなクリア。これがエース渡辺力樹君に通る。柏は前がかりになっていて守備は薄い。渡辺君はハーフラインあたりから一人でドリブル突破を図り、柏DFに詰められる直前に強烈なシュート。見事に決まった。渡辺君は今大会19ゴール目。さらに後半10分にバディーCK。ファーにいた服部君の体にあたったボールを土田君が押しこむ。これが決勝点となり、バディーが初出場で決勝進出を決めた。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

U-14・U-15 Jリーグ選抜オランダ/ブラジル 海外キャンプメンバー

JリーグU-14選抜にみなとみらいの田中郁也君、福岡の中島賢星君が選出。
JリーグU-15選抜には、追浜の上野君、みなとみらいの早坂君が選出。
またU-15の監督には前愛媛FC監督の望月さん。

=========================================================

 Jリーグは、8月24日よりU-14Jリーグ選抜チームをオランダに、またU-15Jリーグ選抜チームをブラジルに派遣し、海外キャンプを実施します。
 海外キャンプは、Jクラブのアカデミーに所属する選手を選抜し、国際試合の経験を通じて競技力向上の機会を与えるだけでなく、海外文化に触れ現地の人々と交流する経験を通じて豊かな人間性を育むことを目的としています。

◆◆U-14Jリーグ選抜チーム オランダキャンプ◆◆

U-14Jリーグ選抜チームが実施するオランダキャンプでは、第17回 国際ユース大会 Audax-WillemⅡに出場し、予選リーグではヴィレムⅡ/RKC、ハンブルガーSV、チェルシーと対戦します。

期間:2010/08/24(火)~08/31(火)

【U-14Jリーグ選抜チーム オランダキャンプ スケジュール】
08/23(月) 結団式
08/24(火) 成田発/アムステルダム 着
08/25(水) 午前/トレーニング 午後/市内視察
08/26(木) 午前/トレーニング
      午後/トレーニングマッチ(vsエクセルシオール)、エクセルシオールとの交歓会
08/27(金) トレーニング
08/28(土) 第17回 国際ユース大会 Audax-WillemⅡ 大会初日(15分ハーフ×3試合)
 第1戦 vsヴィレムⅡ/RKC
 第2戦 vsハンブルガーSV
 第3戦 vsチェルシー
08/29(日) 大会2日目(15分ハーフ×2試合/決勝のみ20分ハーフ)
08/30(月) オランダ視察/アムステルダム発
08/31(火) 成田着

【U-14Jリーグ選抜チーム メンバー】
≪スタッフ≫
団長:上野山 信行(Jリーグ 技術委員長)
監督:千葉 泰伸(仙台)
コーチ:行友 亮二(徳島)
GKコーチ:塚本 秀樹(福岡)
トレーナー:荻堂 博行(ガンバ大阪)
主務    赤廣 いずみ(Jリーグ)

≪選手≫
GK
若原 大志 (京都)
齋藤 和希 (セレッソ大阪)
DF
加藤 陽介 (仙台)
植木 亮太 (大宮)
田中 郁也 (横浜:みなとみらい)
小林 岩魚 (甲府)
石田 崚真 (磐田)
赤塚 竜馬 (名古屋)
MF
中野 雅臣 (東京ヴェルディ)
遠山 拓民 (甲府)
宮本 航汰 (清水)
井手口陽介 (ガンバ大阪)
牛田 敦也 (徳島)
森川 和命 (熊本)
戸高 裕登 (大分)
FW
岡田 優希 (川崎)
岩元 颯オリビエ (京都)
中島 賢星 (福岡)

◆◆U-15Jリーグ選抜チーム ブラジルキャンプ◆◆

U-15Jリーグ選抜チームが実施するブラジルキャンプでは、第13回日伯友好カップに出場します。
日伯友好カップは、U-15年代のトップクラスのチームが参加するブラジル国内でも注目度の高い大会で、Jリーグ選抜チームは2005年より毎年出場しています。

期間:2010/08/24(火)~09/02(木)

【U-15Jリーグ選抜チーム ブラジルキャンプ スケジュール】
08/24(火) 成田発/アトランタ乗り継ぎ
08/25(水) 午前 /リオデジャネイロ着、午後/ジーコサッカーセンター開会式  終了後トレーニング
08/26(木) 第13回 日伯友好カップ  予選リーグ/第1試合
08/27(金) 予選リーグ/第2試合
08/28(土) 予選リーグ/第3試合
08/29(日) 準々決勝
08/30(月) 準決勝
08/31(火) 午前/決勝戦  終了後、市内視察  夕刻/リオデジャネイロ発
09/01(水) アトランタ乗り継ぎ
09/02(木) 成田着

【U-15Jリーグ選抜チーム メンバー】

監督:望月 一仁 (磐田)
コーチ:岩下 潤 (清水)
GKコーチ:安藤 信也 (磐田)
トレーナー:加藤 武 (磐田)
主務:中村 聡 (Jリーグ)

≪選手≫
GK
佐々木 藍 (仙台)
古島 圭人 (湘南)
DF
森  亮太 (浦和)
畠中慎之輔 (東京ヴェルディ)
上野  海 (横浜:追浜)
柳沢 拓弥 (清水)
檜原 悠佑 (磐田)
山添 健太 (神戸)
MF
新堀 真也 (千葉)
鴨池 陽希 (FC東京)
安西 幸輝 (東京ヴェルディ)
早坂  翔 (横浜:みなとみらい)
森  勇人 (名古屋)
山口 博也 (徳島)
FW
小澤 佑太 (大宮)
秋田  翼 (東京ヴェルディ)
北川 柊斗 (名古屋)
小川 直毅 (ガンバ大阪)

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

前野貴德、愛媛FC来季加入内定

お帰り、前野。今度はプロとして大きな実績を残して欲しい。頑張れ。

徳の字が本当は旧字体だって初めて知った。

===========================================

この度、愛媛FCでは、前野 貴德 選手の加入を内定し仮契約を締結いたしましたのでお知らせ致します。

■前野 貴德 プロフィール

【氏名】前野 貴德 (まえの たかのり)
【生年月日】1988年4月14日(22歳)
【出身地】愛媛県松山市
【身長/体重】170cm/63kg
【ポジション】DF
【サッカー歴】愛媛FC Jrユース ⇒ 愛媛FCユース ⇒ 立命館大学
【主な個人タイトル】
仙台カップ2006 U-18 日本代表メンバーに選出 参考123
2007 年度・2008 年度・2009 年度・2010 年度 関西学生選抜選出
2009 年度 関西学生リーグ優秀選手選出

【コメント】
「できるだけ早く試合に出て結果を残し、育ててもらった愛媛県に恩返しをしたいです。また、愛媛FCをJ1に昇格させたいと強く思っています。その実現に向けて精一杯頑張りますので、応援よろしくお願い致します。」

| | コメント (2)

斎藤陽介、ツエーゲン金沢にレンタル移籍

陽介、おめでとう!

と、あえて言おう。どんなに練習試合で得点しても、がむしゃらに走っても、使ってもらえなければ仕方がない。このまま横浜で埋もれてしまうよりも、必要とされるチームで試合にでる方がいい。金沢で活躍して自分のサッカー人生を切り開け。どんなチームであろうと、元気で頑張っている姿を見せてくれるのが最大の恩返しだ。

がんばれ、陽介!

=================================================

FW斎藤陽介選手が、JFLツエーゲン金沢へ期限付き移籍することが決まりましたのでコメントと併せてお知らせいたします。尚、移籍期限は、2011年1月31日までです。

斎藤陽介(Yosuke SAITO)
ポジション:FW
出身/生年月日:東京都/1988年4月7日
身長/体重/血液型:174m/68g/0型
経歴:太子堂小(太子堂SC)-太子堂中(横浜F・マリノスジュニアユース)-目黒高(横浜F・マリノスユース)-横浜F・マリノス

【横浜側コメント】
「このたび、ツエーゲン金沢に期限付き移籍することになりました。F・マリノスで学んだこと、そして様々な人に教わったことをいかして、しっかり結果を残してきたいと思います。F・マリノスサポーターの皆さんの声が、自分の支えになり、前進させてくれました。いつかかならず、恩返しをしたいと思います。ありがとうございました。」

【金沢側コメント】
「斎藤陽介です。
この度期限付き移籍で加入することになりました。
チームの勝利に導けるよう、点を獲れるよう頑張ります。
サポーターの皆さん、一緒に闘っていきましょう。」

| | コメント (7)

2010年8月 3日 (火)

2010 ユースOB出場記録 #18

トピックス
 ・J2第19節、水戸vs大分は雷雨のため36分やったところで中止。9/1に90分の再試合。36分のプレイは公式記録には残らず。
 ・デビュー戦で負傷した水沼は19節はベンチ外も、20節で復帰。軽症で良かった。
 ・柳が着々と出場時間を伸ばしている。
 ・矢部が途中出場。
 ・第5節で奈良輪が復帰。もう大丈夫か?
 ・木村はMFにコンバート?
============================================

◆J2第19節
 水戸:藤川祐司 7/25(日) --- 大分(H) 再試合 通算出場試合数:17 通算出場時間:1530分 警告:3
 熊本:加藤健太 7/24(土) 2-0 富山(A) ベンチ外
 富山:関原凌河 7/24(土) 0-2 熊本(H) ベンチ外
 栃木:水沼宏太 7/25(日) 3-4 甲府(A) ベンチ外 通算出場試合数:1 通算出場時間:45分

◆J2第20節
 水戸:藤川祐司 8/1(日) 1-1 北九州(A) フル出場 通算出場試合数:18 通算出場時間:1620分 警告:3
 熊本:加藤健太 8/1(日) 0-1 草津(H) ベンチ外
 富山:関原凌河 8/1(日) 3-2 岐阜(H) ベンチ外
 栃木:水沼宏太 7/31(土) 2-1 横浜FC(H) 後半32分より出場 通算出場試合数:2 通算出場時間:58分

◆JFL後期第4節
 Jリザ:柳明基 7/25(日) 1-1 栃木(H) 後半22分に交代 通算出場試合数:13 通算出場時間:775分 通算得点:1 アシスト:2 警告:3
 栃木:矢部達 7/25(日) 1-1 Jリザ(A) 後半24分より出場 通算出場試合数:2 通算出場時間:41分 警告:1
 松本:佐藤由将 7/25(日) 0-1 ホンダロック(A) ベンチ外 通算出場試合数:3 通算出場時間:216分 警告:1
 松本:木村勝太 7/25(日) 0-1 ホンダロック(A) フル出場 通算出場試合数:15 通算出場時間:1001分 通算得点:1 警告:1
 鳥取:三浦旭人 7/24(土) 3-1 Honda(A) ベンチ外 通算出場試合数:7 通算出場時間:597分 警告:4
 滋賀:奈良輪雄太 7/25(日) 1-2 長崎(A) ベンチ外 通算出場試合数:15 通算出場時間:1256分 通算得点:2

◆JFL後期第5節
 Jリザ:柳明基 7/31(土) 1-5 松本(A) 後半14分に交代 通算出場試合数:14 通算出場時間:834分 通算得点:1 アシスト:2 警告:3
 栃木:矢部達 8/1(日) 1-1 草津(H) ベンチ外 通算出場試合数:2 通算出場時間:41分 警告:1
 松本:佐藤由将 7/31(土) 5-1 Jリザ(H) ベンチ 通算出場試合数:3 通算出場時間:216分 警告:1
 松本:木村勝太 7/31(土) 5-1 Jリザ(H) 後半37分に交代 通算出場試合数:16 通算出場時間:1083分 通算得点:1 警告:1
 鳥取:三浦旭人 8/1(日) 1-0 町田(A) 後半ロスタイムに出場 通算出場試合数:8 通算出場時間:598分 警告:4
 滋賀:奈良輪雄太 8/1(日) 4-1 秋田(H) 後半出場 通算出場試合数:16 通算出場時間:1301分 通算得点:2

 

※木村の記録はJFLでのもの、水沼の記録はJ2でのもの

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »