« 2010 ユースOB出場記録 #22 | トップページ | 今週末、高校サッカー選手権開始 »

2010年9月 6日 (月)

天皇杯順天堂大の記録

■9/3(金) 1回戦 順天堂大vsヴァンラーレ八戸

ひょっとしたら、天野vs松内になっていたかもしれないこの試合。松内の八戸大が出場できなかったのは残念だったが、そのリベンジに燃える(?)天野が大活躍した(笑) 二転三転する試合内容に、ネットで速報を追っていてこれほど感情がアップダウンした試合は久しぶりだ。その記念に公式記録を張っておこう。

Emp

■9/5(日) 2回戦 柏vs順天堂大

2回戦は柏に0-6で完敗。それでも天野はチーム最多の5本のシュートを打ち柏サポにも強烈な印象を与えたようだ。

J's Goalのレポより抜粋】
この順天堂大の姿勢は奏功したと言っていいだろう。前半はまったくと言っていいほど見せ場のなかった柏GK菅野孝憲に、天野が得意とする左足のセットプ レーやミドルシュートがフィスティングの場面を呼び、70分には4対4のカウンターから、岡庭、天野とつないで好機も生み出した。天野の左足シュートは惜 しくも右へ逸れ、得点にこそ至らなかったが、順天堂大の求めるサッカーは随所に見られており、9月10日から開幕する関東大学リーグの後期に向けて、「良 い材料が見つかった」と青葉監督代行は試合を評した。

J's Goalのコメント
●天野純選手(順大)
「僕らは失うものは何もない、絶対に勝ってやろうと思っていました。でもレイソルの寄せは速かった。中盤で持ったら潰されてしまう。後半はダイレクトプ レーを意識するようにしましたけど、選手たちは身体能力が高い。裏を気をつけていたけど、そこまでの過程がうまくて、簡単に裏に出されてしまいました。今 日の対戦で感じたのは1対1で勝てないと点は決められないということです。1対1で決められる選手にならないといけないと思いました」

|

« 2010 ユースOB出場記録 #22 | トップページ | 今週末、高校サッカー選手権開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010 ユースOB出場記録 #22 | トップページ | 今週末、高校サッカー選手権開始 »