« ”最後”の試合によせて | トップページ | 吉田眞紀人 名古屋内定 »

2010年12月25日 (土)

第18回 F・Marinos Cup U-10 1日目試合結果

携帯公式からは見れないようなのでテキストにしておきました。

======================================

◎結果一覧(試合順)
バディーSC 3-1 札幌TC
FC明浜 5-1 横河武蔵野FC
柏 1-0 甲府

藤沢FC 2-3 あざみ野FC
FCパーシモン 3-1 マリノススペシャルクラス
名古屋 0-0 ヴェルディ

レジスタFC 3-3 LJSC
Jr.チャンプ 0-2 神戸
マリノスみなとみらい 2-1 川崎

セレッソ 2-1 中野島FC
マリノス追浜 3-4 SCH
鹿島 1-2 江南南SS

横河武蔵野FC 2-3 甲府
柏 2-5 札幌TC
FC明浜 2-5 バディーSC

ヴェルディ 2-1 FCパーシモン
名古屋 3-0 あざみ野FC
マリノススペシャルクラス 3-0 藤沢FC

マリノスみなとみらい 6-0 LJSC
神戸 2-0 レジスタFC
川崎 9-1 Jr.チャンプ

マリノス追浜 1-5 江南南SS
セレッソ 3-1 鹿島
中野島FC 1-3 SCH

柏 5-3 FC明浜
甲府 2-1 札幌TC
横河武蔵野 3-1 バディーSC

名古屋 12-0 藤沢FC
ヴェルディ 9-3 マリノススペシャルクラス
FCパーシモン 3-1 あざみ野FC

◎星取表:勝-負-分(勝点)得点-失点(得失点)
【グループA】
1位:みなとみらい 2-0-0(6)8-1(7)
2位:神戸 2-0-0(6)4-0(4)
3位:川崎 1-1-0(3)10-3(7)
4位:レジスタFC 0-1-1(1)3-5(-2)
5位:LJSC 0-1-1(1)3-9(-6)
6位:Jr.チャンプ 0-2-0(0)1-11(-10) 
※星取表ではレジスタvs神戸のスコアが食い違っていますが0-2で計算しなおしています。

【グループB】
1位:名古屋 2-0-1(7)15-0(15)
2位:ヴェルディ 2-0-1(7)11-4(7)
3位:パーシモン 2-1-0(6)7-4(3)
4位:あざみ野FC 1-2-0(3)4-8(-4)
5位:マリノスSP 1-2-0(3)7-12(-5)
6位:藤沢FC 0-3-0(0)2-18(-16)

【グループC】
1位:バディーSC 2-1-0(6)9-6(3)
2位:甲府 2-1-0(6)5-4(1)
3位:柏 2-1-0(6)8-8(0)
4位:札幌TC 1-2-0(3)7-7(0)
5位:FC明浜 1-2-0(3)10-11(-1)
6位:横河武蔵野 1-2-0(3)6-9(-3)

【グループD】
1位:江南南SS 2-0-0(6)7-2(5)
2位:SCH 2-0-0(6)7-4(3)
3位:セレッソ 2-0-0(6)5-2(3)
4位:鹿島 0-2-0(0)2-5(-3)
4位:中野島FC 0-2-0(0)2-5(-3)
6位:追浜 0-2-0(0)4-9(-5)

 

======================================

F・マリノス、C大阪など連勝発進(スポニチ12/26)

 スポニチ主催、第18回F・マリノスカップU―10大会第1日は25日、横浜市・マリノスタウンで開幕して予選リーグ30試合を行った。F・マリノスやセレッソ大阪などが連勝し、好スタートを切った。26日は予選リーグの残り30試合が行われ、順位別トーナメント進出が決まる。

 <レジスタFC>昨年は初出場初優勝を成し遂げたが、今年は苦しいスタート。LJSC戦はFW伊藤颯の2得点などで優位に進めたが、セットプレーから追いつかれた。ヴィッセル神戸戦も押し気味に進めながらカウンターから失点して敗れた。26日の3試合で全勝すれば決勝トーナメント進出の可能性があるだけに、渡辺泰明監督(28)は「切り替えていこう」と選手にゲキを飛ばしていた。

 <SCHFC>初優勝に向け、連勝発進と好スタートを切った。MFセルサページ龍とFW奥村光太朗を中心とした攻撃陣が2試合で7得点の活躍を見せた。山本龍監督(25)は「できるだけ上の方に行けるように一つ一つ大事に戦っていきたい」と決勝トーナメント進出に向けて気を引き締めていた。

|

« ”最後”の試合によせて | トップページ | 吉田眞紀人 名古屋内定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ”最後”の試合によせて | トップページ | 吉田眞紀人 名古屋内定 »