« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月23日 (水)

2010 ナショナルトレセンU-12 九州、東海メンバー

■九州
期間:2011年2月26日(土)~27日(日)
場所:綾町小田爪多目的陸上競技場

01 MF 斧澤 隼輝 1998/06/02 142cm/31kg 長崎県 あぐり西町FC
02 MF 里  昂大 1999/02/15 137cm/30kg 長崎県 橘SC
03 DF 前島 正弥 1998/08/18 160cm/45kg 長崎県 時津北SS少
04 MF 青木  駿 1998/04/14 140cm/33kg 長崎県 長与北小SC
05 MF 小田 逸稀 1998/07/16 142cm/35kg 佐賀県 唐津FC
06 GK 石川 啓人 1998/07/16 152cm/41kg 佐賀県 鳥栖
07 MF 末松 拓馬 1998/04/21 160cm/45kg 佐賀県 PLEASURE SC
08 FW 野中  魁 1998/09/21 145cm/32kg 佐賀県 大浦SSC
09 FW 山口 晃平 1998/05/21 140cm/35kg 鹿児島 東郷SS少
10 MF 小手川雄紀 1998/04/06 136cm/31kg 鹿児島 スマイス・セレソン
11 MF 宇高 魁人 1998/08/13 148cm/34kg 大分県 鶴岡S-play
12 FW 白石  健 1998/08/01 147cm/34kg 大分県 スマイス・セレソン
13 FW 橘田 健人 1998/05/29 136cm/31kg 大分県 国分西SS少
14 FW 豊島 大地 1998/08/05 154cm/42kg 福岡県 二島FC
15 MF 宮本 英治 1998/08/03 150cm/40kg 福岡県 寿山FC
16 FW 崎村 祐丞 1998/06/27 161cm/44kg 福岡県 千代SC
17 GK 冨安 健洋 1998/11/05 162cm/42kg 福岡県 三筑キッカーズ
18 DF 野原 健太 1998/08/25 150cm/39kg 沖縄県 識名FC
19 GK 高江 麗央 1998/06/27 146cm/33kg 熊本県 リベルタ・ユナイテッドFC
20 FW 西本 卓申 1998/06/12 142cm/35kg 熊本県 アルバランシア熊本FC

■東海
期間:2011年2月26日(土)~27日(日)
場所:三重県 鈴鹿スポーツガーデン

01 FW 秋沢 優大 1998/07/28 149cm/39kg 静岡県 FCアスルクラロ沼津
02 MF 池田 太成 1998/09/17 150cm/35kg 静岡県 青島東SS少
03 MF 稲葉 章将 1998/04/03 160cm/48kg 静岡県 静岡中田SS少
04 MF 河合 諒也 1998/05/18 158cm/48kg 静岡県 FCフォルミーガ
05 FW 神戸雄太朗 1998/06/27 142cm/33kg 静岡県 高部JFC
06 MF 佐野 皓平 1998/04/30 155cm/41kg 静岡県 高部JFC
07 MF 鈴木 郁也 1998/04/29 156cm/40kg 静岡県 FCアスルクラロ沼津
08 MF 立田 悠悟 1998/06/21 158cm/41kg 静岡県 清水クラブS少
09 MF 比嘉みちよし 1998/09/08 166cm/50kg 静岡県 今沢SS少
10 GK 細川 脩造 1998/05/29 164cm/54kg 静岡県 マーレFC
11 MF 望月  陸 1998/04/05 145cm/35kg 静岡県 SALFUS oRs
12 GK 林  健太 1998/05/02 160cm/44kg 岐阜県 鵜沼第一S少
13 MF 太田  潤 1998/10/14 139cm/32kg 岐阜県 SC岐阜VAMOS
14 MF 奥崎 寛史 1998/05/20 157cm/45kg 岐阜県 FC ENFINI
15 FW 中川 大輔 1998/08/19 140cm/32kg 岐阜県 多治見FCESFUERSO
16 DF 本郷 颯大 1998/11/06 149cm/38kg 岐阜県 SCレインボー垂井FC
17 FW イヨハ 理 ヘンリー 1998/06/23 154cm/43kg 愛知県 FCフェルボール愛知
18 MF・FW 田中 彰馬 1998/06/13 146cm/37kg 愛知県 名古屋
19 MF 赤堀凌太郎 1998/04/24 145cm/35kg 愛知県 名古屋
20 MF・FW 杉本崇太朗 1999/02/12 142cm/30kg 愛知県 名古屋
21 MF 原田 拓季 1998/05/23 144cm/36kg 愛知県 名古屋
22 MF・FW 山田 啓太 1998/06/11 149cm/35kg 愛知県 シルフィードFC
23 FW 横山 聡大 1998/11/13 149cm/42kg 愛知県 FC DIVINE
24 MF・FW 宮田 和哉 1999/03/20 152cm/34kg 愛知県 愛知FC
25 MF 日根野達海 1998/07/23 154cm/40kg 三重県 IFC うりぼう上野'95
26 FW 長谷川雄大 1998/07/12 148cm/39kg 三重県 桑部FC
27 FW 田中洸太朗 1998/04/09 145cm/35kg 三重県 愛宕S少
28 MF 上田 成立 1998/12/10 135cm/30kg 三重県 桑部FC
29 FW 岡林 光希 1998/04/26 153cm/42kg 三重県 つつじが丘SS少
30 GK 柴田  憧 1998/04/05 150cm/42kg 三重県 津田FC
31 GK 中村勇之介 1998/05/27 154cm/38kg 三重県 大山田SS少
32 __ 紀藤 隆翔 1998/08/14 ___cm/__kg 三重県 一身田FC
33 GK 山際龍之介 1998/01/01 ___cm/__kg 三重県 三重北勢FC

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

2011第4回マリノスカップU-17(TOGETHER TO THE FUTURE)日程

今年は日程がでるのがずいぶん早い。
所属リーグ記載されるとちょっと悲しい。。。
東日本リーグ所属のチームには絶対勝て!(笑)

============================================

グループ
 みなとリーグ:星稜(PL)、青森山田(東日本L)、神戸(PL)、横浜(PL)
 みらいリーグ:FC東京(東日本L)、ガンバ(PL)、前橋育英(PL)、桐光(PL)

3/26(土) グループリーグ#1
 11:00 横浜vs青森山田 @マリノスタウン
 13:15 星稜vs神戸 @マリノスタウン

 11:00 桐光vsFC東京 @小机
 13:15 ガンバvs前育 @小机

3/27(日) グループリーグ#2
 10:00 ガンバvsFC東京 @マリノスタウン
 12:15 桐光vs前育 @マリノスタウン

 10:00 青森山田vs神戸 @東戸塚
 12:15 横浜vs星稜 @東戸塚

3/28(月) グループリーグ#3
 10:00 青森山田vs星稜 @マリノスタウン
 10:00 横浜vs神戸 @小机

 12:15 桐光vsガンバ @マリノスタウン
 12:15 FC東京vs前育 @小机

3/29(火) 順位決定戦
 決勝 13:30 @マリノスタウン
 3位決定戦 11:45 @マリノスタウン
 5位決定戦 09:30 @マリノスタウン
 7位決定戦 09:30 @MMスポーツパーク

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

登録選手を見ながら 2011

登録選手一覧横浜下部組織出身選手定点観測2011年版。

リーグ全体では去年と変わらず38人だが、去年は中村俊輔がシーズン中に加入したので実質マイナス1。

去年のリストからは佐原秀樹(引退)、寺田周平(引退)、大橋正博、森賢一、高田保則、坂田大輔(ギリシャ・アリス)、田代真一(JFL町田にレンタル)、斎藤陽介(アルビレックス新潟シンガポール)が去り、吉田眞紀人、森英次郎(JFLから昇格)、三浦旭人(JFLから昇格)、小野裕二、武田英二郎、森谷賢太郎、松本翔、中村俊輔(去年シーズン中加入)がリスト入り。

全体:2007年:38人2008年:33人2009年:34人2010年:38人→2011年:38人
恩返:2007年:26人→2008年:20人→2009年:19人→2010年:25人→2011年:24人
横浜:2007年:12人→2008年:13人→2009年:15人→2010年:13人→2011年:14人

※シーズン頭からレンタルの水沼宏太、齋藤学は恩返に含まれる。

■山形
27  鈴木 雄太   Yuta SUZUKI
[1] GK [2] 1987/05/28 [3] 188/75 [4] 神奈川県 [6] 横浜F・マリノスJrユース菅田-向上高

■甲府
14  ハーフナー マイク   Mike HAVENAAR
[1] FW [2] 1987/05/20 [3] 194/86 [4] 広島県 [6] 札幌FC-コンサドーレ札幌U-15-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス-アビスパ福岡-横浜F・マリノス-サガン鳥栖-横浜F・マリノス

■名古屋
8  藤本 淳吾   Jungo FUJIMOTO    【新加入】
[1] MF [2] 1984/03/24 [3] 173/69 [4] 神奈川県 [6] 横浜栄FC-桐光学園高-筑波大-清水エスパルス

32  田中 隼磨   Hayuma TANAKA
[1] DF [2] 1982/07/31 [3] 174/64 [4] 長野県 [6] 横浜フリューゲルスユース-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス-東京ヴェルディ1969-横浜F・マリノス-東京ヴェルディ1969-横浜F・マリノス

34  吉田 眞紀人   Makito YOSHIDA    【新加入/新卒】
[1] MF [2] 1992/10/20 [3] 180/72 [4] 千葉県 [6] 横浜F・マリノスJrユース-流通経済大付属柏高

■神戸
27  都倉 賢   Ken TOKURA
[1] FW [2] 1986/06/16 [3] 187/80 [4] 東京都 [6] キンダー善光SC-横浜F・マリノスJrユース菅田-川崎フロンターレU-18-川崎フロンターレ-ザスパ草津-川崎フロンターレ-ザスパ草津

■広島
34  中林 洋次   Hirotsugu NAKABAYASHI
[1] GK [2] 1986/04/28 [3] 182/73 [4] 神奈川県 [6] 黒滝FC-横浜F・マリノスJrユース菅田-市立船橋高-サガン鳥栖-サンフレッチェ広島-サガン鳥栖-サンフレッチェ広島-サガン鳥栖

■福岡
13  小原 章吾   Shogo KOBARA    【新加入】
[1] DF [2] 1982/11/02 [3] 182/73 [4] 神奈川県 [6] 横浜フリューゲルスユース-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス-ベガルタ仙台-横浜F・マリノス-モンテディオ山形-愛媛FC

■水戸
3  保﨑 淳   Sunao HOZAKI
[1] DF [2] 1987/03/14 [3] 173/70 [4] 埼玉県 [6] 横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース-流通経済大

5  加藤 広樹   Hiroki KATO
[1] DF [2] 1986/07/31 [3] 191/84 [4] 神奈川県 [6] 金田キッカーズ-金旭中-横浜F・マリノスユース-流通経済大

■栃木
14  水沼 宏太   Kota MIZUNUMA
[1] MF [2] 1990/02/22 [3] 176/69 [4] 東京都 [6] あざみ野F.C.-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス-栃木SC-横浜F・マリノス

■FC東京
11  鈴木 達也   Tatsuya SUZUKI
[1] FW [2] 1982/08/01 [3] 171/68 [4] 神奈川県 [6] 横浜マリノスプライマリー追浜-横浜マリノスJrユース追浜-横浜F・マリノスユース-筑波大-柏レイソル-FC東京-柏レイソル-FC東京-柏レイソル

18  石川 直宏   Naohiro ISHIKAWA
[1] MF [2] 1981/05/12 [3] 175/70 [4] 神奈川県 [6] 横須賀シーガルズ-横浜マリノスJrユース追浜-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス-FC東京-横浜F・マリノス

■ヴェルディ
2  福田 健介   Kensuke FUKUDA
[1] DF [2] 1984/07/24 [3] 174/70 [4] 静岡県 [6] 横浜F・マリノスJrユース追浜-横浜F・マリノスユース-明治大

26  柴崎 貴広   Takahiro SHIBASAKI
[1] GK [2] 1982/05/23 [3] 189/85 [4] 神奈川県 [6] 横浜F・マリノスJrユース追浜-向上高-東京ヴェルディ1969-横浜FC-東京ヴェルディ1969-横浜FC-FC東京

■富山
20  関原 凌河   Ryoga SEKIHARA
[1] FW [2] 1991/06/20 [3] 171/60 [4] 宮崎県 [6] ブレイズ熊本ジュニア-ブレイズ熊本-横浜F・マリノスユース

■京都
14  ハウバート ダン   Dan HOWBERT
[1] FW [2] 1987/07/29 [3] 185/76 [4] 神奈川県 [6] あざみ野F.C.-横浜F・マリノスJrユース菅田-多々良学園高-愛知学院大

■鳥取
22  森 英次郎   Eijiro MORI
[1] DF [2] 1986/04/08 [3] 173/69 [4] 神奈川県 [6] 横浜F・マリノスJrユース-桐蔭学園高-順天堂大

28  三浦 旭人   Akito MIURA
[1] MF [2] 1987/08/11 [3] 167/68 [4] 大阪府 [6] 横浜F・マリノスJrユース追浜-横浜F・マリノスユース-順天堂大

■愛媛
27  齋藤 学   Manabu SAITO    【新加入】
[1] FW [2] 1990/04/04 [3] 165/64 [4] 神奈川県 [6] 横浜F・マリノスプライマリー-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス

■鳥栖
7  山瀬 幸宏   Yukihiro YAMASE
[1] MF [2] 1984/04/22 [3] 176/68 [4] 北海道 [6] 札幌SSS-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス-サガン鳥栖-横浜F・マリノス

15  丹羽 竜平   Ryuhei NIWA
[1] DF [2] 1986/01/13 [3] 176/68 [4] 神奈川県 [6] 横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース-ヴィッセル神戸-セレッソ大阪-ヴィッセル神戸-セレッソ大阪-ヴィッセル神戸

■熊本
19  加藤 健太   Kenta KATO
[1] MF [2] 1987/06/19 [3] 172/66 [4] 宮城県 [6] 塩釜FC-横浜F・マリノスユース-大阪学院大

■大分
2  藤川 祐司   Yuji FUJIKAWA    【新加入】
[1] DF [2] 1987/06/08 [3] 177/68 [4] 神奈川県 [6] 横浜マリノスプライマリー-横浜F・マリノスJrユース菅田-横浜F・マリノスユース-神奈川大-水戸ホーリーホック

===============================================================

■横浜
1  榎本 哲也   Tetsuya ENOMOTO
[1] GK [2] 1983/05/02 [3] 180/73 [4] 神奈川県 [6] 横浜マリノスプライマリー-横浜マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース

2  天野 貴史   Takashi AMANO
[1] DF [2] 1986/04/13 [3] 162/60 [4] 神奈川県 [6] 元石川FC-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース

4  栗原 勇蔵   Yuzo KURIHARA
[1] DF [2] 1983/09/18 [3] 184/80 [4] 神奈川県 [6] 原FC-横浜マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース

8  長谷川 アーリアジャスール   Ariajasuru HASEGAWA
[1] MF [2] 1988/10/29 [3] 186/70 [4] 埼玉県 [6] 坂戸ディプロマッツFC-横浜F・マリノスユース

10  小野 裕二   Yuji ONO    【新卒】
[1] FW [2] 1992/12/22 [3] 170/62 [4] 神奈川県 [6] 城北ファイターズ-横浜F・マリノスJrユース追浜-横浜F・マリノスユース

15  端戸 仁   Jin HANATO
[1] FW [2] 1990/05/31 [3] 174/60 [4] 神奈川県 [6] 横浜北YMCA-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース

16  武田 英二郎   Eijiro TAKEDA    【新加入/新卒】
[1] DF [2] 1988/07/11 [3] 173/69 [4] 神奈川県 [6] FC中原-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース-青山学院大

19  森谷 賢太郎   Kentaro MORIYA    【新加入/新卒】
[1] MF [2] 1988/09/21 [3] 173/63 [4] 神奈川県 [6] 横浜F・マリノスプライマリー-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース-筑波大

21  飯倉 大樹   Hiroki IIKURA
[1] GK [2] 1986/06/01 [3] 180/72 [4] 青森県 [6] FCイーグルス-横浜F・マリノスJrユース追浜-横浜F・マリノスユース-横浜F・マリノス-ロッソ熊本

23  松本 翔   Sho MATSUMOTO    【新加入/新卒】
[1] MF [2] 1992/04/04 [3] 162/58 [4] 福岡県 [6] 横浜F・マリノスプライマリー-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース

24  金井 貢史   Takashi KANAI
[1] DF [2] 1990/02/05 [3] 174/60 [4] 神奈川県 [6] あざみ野F.C.-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース

25  中村 俊輔   Shunsuke NAKAMURA
[1] MF [2] 1978/06/24 [3] 178/70 [4] 神奈川県 [6] 日産FCJrユース-桐光学園高-横浜F・マリノス-レッジーナ/イタリア-セルティックFC/スコットランド-RCDエスパニョール/スペイン

29  谷口 博之   Hiroyuki TANIGUCHI    【新加入】
[1] MF [2] 1985/06/27 [3] 182/73 [4] 神奈川県 [6] 鴨居SC-横浜F・マリノスJrユース追浜-横浜F・マリノスユース-川崎フロンターレ

31  秋元 陽太   Yota AKIMOTO
[1] GK [2] 1987/07/11 [3] 181/75 [4] 東京都 [6] CYD FC-横浜F・マリノスJrユース菅田-横浜F・マリノスユース

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

ゼロックス前座、静岡ヤングフェス、欧州遠征 日本高校選抜チームメンバー

スタッフ
団長:中川 潔(私立芝)
総務:北川 敏之(那覇工業)、新田 宗行(金沢西)
監督:平岡 和徳(大津)
コーチ:鯉迫 勝也(湯来南)
GKコーチ:岸本 浩右(JFAアカデミー熊本宇城)
トレーナー:山本 晃永(Y's Athlete Support Inc.)
ドクター:島川 朋享(浦添総合病院)
主務:玉生 謙介(学習院)

選手
GK
01 櫛引 政敏 1993.01.29 185cm/78kg 青森山田 3年
16 小澤 章人 1992.08.10 183cm/80kg 西武台高 3年
DF
05 増田 繁人 1992.06.11 189cm/75kg 流経大柏 3年
02 金  大貴 1992.04.16 178cm/71kg 静岡学園 3年
20 山本 大地 1992.05.16 177cm/70kg 久御山高 3年
04 土師 直大 1992.06.17 175cm/67kg 滝川第二 3年
12 中村 宏輝 1992.05.20 180cm/65kg 立正大淞南 3年
03 藤本 貴士 1992.08.12 180cm/68kg 大津高校 3年
MF
14 小島 秀仁 1992.07.31 177cm/67kg 前橋育英 3年
19 進藤 誠司 1992.12.12 169cm/65kg 流経大柏 3年
21 白崎 凌兵 1993.05.18 180cm/65kg 山梨学院 2年
07 香川 勇気 1992.07.02 175cm/62kg 滝川第二 3年
06 谷口 智紀 1992.10.22 184cm/65kg 滝川第二 3年
18 加藤 大樹 1993.03.14 170cm/64kg 立正大淞南 3年
15 車屋紳太郎 1992.04.05 180cm/65kg 大津高校 3年
FW
13 小牟田洋佑 1992.07.18 187cm/75kg 前橋育英 3年
17 佐々木雅人 1992.04.09 168cm/58kg 西武台高 3年
09 加部 未蘭 1992.06.17 187cm/79kg 山梨学院 3年
11 坂本 樹是 1993.03.18 170cm/60kg 久御山高 3年
10 樋口 寛規 1992.04.16 171cm/71kg 滝川第二 3年
08 浜口 孝太 1992.06.30 174cm/78kg 滝川第二 3年

今後のスケジュール
02/25~02/26:ゼロックススーパーカップ前座試合 対U-18Jリーグ選抜(日産スタジアム)
03/04~03/06:強化合宿・ヤングサッカーフェスティバル(静岡市清水総合運動場/静岡県)
04/13~04/16:欧州遠征直前合宿(サウンドハウススポーツセンター/千葉県)
04/16~04/27:欧州遠征(スイス/ドイツ) 第49回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会参加

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

アップ中は後方注意 ~広島強化フェス 横浜vs修道大、札幌 他

ユースは例年、広島でのフェスティバル参加から新シーズンを開始するのが通例になっている。以前は、わざわざそんな遠いところでやらなくても・・・と思っていたものだったが、今や一年で一番近いところでの開催となった(笑) それに今年は吉田とか呉の山奥みたいなアクセスの悪い所ではなく、広域運動公園周辺が会場。対戦相手もJ下部の強豪がずらりと並び(札幌、広島、セレッソ、ガンバ)、申し分ない。

初日の今日は修道大学グラウンドが会場。アストラムラインの広域運動公園駅を降りて、ビッグアーチに行く方とは逆の階段を降り、緩い坂道を登って右側。修道大学にはいくつかグランドがあるが、今日は人工芝のサッカー専用グランド。網で囲ってある外から見なければいけないのが難点だが、そこそこ見やすいグランドだった。

■強化フェスティバル 修道大vs横浜

1試合目は、HPのスケジュールでは修道高校となっていたが、実際は修道大学のようだ。この大会は35分ハーフ。メンバーは新2年生中心。いち早く新ユニフォーム&新背番号を見れるかとちょっと期待したのだが、残念ながらまだ2010年のままだった。新1年生もいなかった。それでも、久々に生で見るユースにテンションが上がる(笑)

「シュートが少ない」というのが新チームの一番の印象。相手は大学生だったが、横浜は決してカテゴリーの差を感じさせるような出来ではなかった。前線から積極的にプレスをかけ、フィジカルでもさほど見劣りするところはなかった。ボールもよく回っていた。しかし、シュートは前半17分までなく、前半通してもわずか3本。中盤をおっぱまーずが占めるこのチームは、足元の得意な選手が多く、ボールを持つと一旦流れが止まってしまう。これでは、なかなか攻撃の波に乗れない。前半は相手にグランダーのミドルを決められ1点ビハインドで終了。

後半7分。岩壁が右サイドを思い切って持ち上がり、ゴールライン際から折り返す。これを宇佐見がダイレクトでシュート。ようやく横浜にゴールが生まれた。その後はロングボールを蹴ってくる修道大に何度が危険な場面を作られるが、鈴木椋大や齋藤彰太の好守で何とか凌いだ。後半28分。ゴール前のFKのクリアボールを、一人だけ半袖で気合の入ったところを見せていた(?)齋藤彰太がシュート。これが見事に決まり、新チーム最初の試合を白星で飾った。

この試合、GK鈴木椋大の存在感が目立った。身長で抜きん出ているというだけではない。ピッチに出てきた時から他の選手に声をかけて、試合中も後方からのコーチングの声がよく出ていた(金沢がいなかったせいかもしれないが:)し、プレイも安定感があった。1年生から試合に出てタイトルも取った、その自信が最高学年になる今年、チームをよい方向に引っ張っていってくれそうだ。

Tr_img_1734 Tr_img_1791
Tr_img_1827 Tr_img_1837
Tr_img_1884 Tr_img_1897
Tr_img_1943 Tr_img_1959

<横浜スタメン>
__________宇佐見康介(35)__________

河合力也(33)_田中智也(32)_斎藤一磨(34)_齋藤彰太(24)

___________林拓弥(30)___________

高野遼(38)_原田健利(20)__伊池翼(25)__岩壁裕也(29)

___________鈴木椋大(21)__________

得点:
 前半23分 (修道大)
 後半07分 宇佐見康介(35)
 後半28分 齋藤彰太(24) 

■強化フェスティバル 千葉vsセレッソ

せっかくなので続く千葉vsセレッソも観戦。先制は千葉。前半10分にゴールライン際からの折り返しを9番が気持よくズドンと決めた。前半26分にはセレッソ9番が2枚目のイエローカードで退場。この試合は”復活の呪文”対応試合だったので(笑)、すぐに代わりの選手が入り人数は同数に。前半35分、セットプレイのこぼれから千葉18番がヘディングゴールを決める。前半は2-0で折り返し。後半開始早々、千葉7番が左サイドから持ち込みシュートを決め、これで3-0。セレッソも南野が難しい体勢から2本惜しいシュートを打ったものの、残り時間少ない所でスルーパスに反応した14番の1点だけに終わった。千葉はセレッソに攻め込まれるシーンも長かったが、組織でうまく守り、少ないチャンスを確実に決めた。

Tr_img_2042 Tr_img_2066
Tr_img_2068 Tr_img_2076

■強化フェスティバル 横浜vs札幌

横浜の2試合目の相手は札幌。観客は2人だけ。1人は札幌サポさんだったので、横浜サポは管理人1人。新チーム独り占め。うひょひょっ(笑) この試合は新3年生と新2年生がほぼ半々。トップのキャンプに参加しているアンドリューと宮本がいなかったのは残念。二人は去年の小野裕二のように途中からトップ優先になってしまうのだろうか…

前半の横浜は手元メモによるとシュートゼロ。決して一方的に押されているわけではないが、中盤でボールを持ててもシュートまでもっていけない。前半は1点先制されてハーフタイムを迎える。後半も開始5分にDFのクリアミスを拾われ、一度は鈴木椋大が弾くも、こぼれ球を再びシュートされ2失点目。

横浜の最初のチャンスらしいチャンスは後半11分。木村のクロスに喜田が飛び出んだところを倒され、ペナルティエリアすぐ外でFKを得た。このFKは得点に結びつかなかったものの、後半15分にパス交換からまたもや喜田がペナルティエリア内で倒されてPKを得る。これを喜田本人が決めてようやく1点返した。金沢”大将”が「反撃だ!」と後方から気合を入れるが、後半21分には3失点目を食らう。横浜は宇佐見の代わりに原田を投入。伊東、喜田を一列前にあげる。しかし追加点は奪えず1-3で試合終了。

この試合も1戦目と同じような攻守の課題が目立つ試合だった。攻撃面では、マイボールをフィニッシュにどうつなげるかというところが最大の課題。小気味よくつないで、これでフィニッシュまで持っていったら気持良すぎるだろうというシーンも何度かあっただけに、フィニッシュまでを明確に描けるようになると今年もワクワクするサッカーが見られそうだ。一方、守備面では、今年も運動量を生かしたハイプレスで前からボールを奪うという方向性には変わりはなさそうだが、中央突破を図られるとズルズル引いてしまうシーンが気になった。CBがインターセプトを狙って思い切って前に出た場合の最終ラインの危機管理もチームとしてはっきりさせないといけないところだろう。また、失点はすべて1対1の対応で負けたことからのもの。個々の能力アップも欠かせない。

辛口な事を書いたが、まだ新チームとして本格的に始動したばかり。今年1年、悔しい思いをすることもあるだろうが、それをバネにして、去年のように笑って終われる1年になりますように。頑張れ、ユース2011!

Tr_img_2093 Tr_img_2124
Tr_img_2173 Tr_img_2182
Tr_img_2218 Tr_img_2241
Tr_img_2253 Tr_img_2258

<横浜スタメン>
__________宇佐見康介(35)__________

田中智也(32)_鈴木雄斗(17)_斎藤一磨(34)_伊東海征(28)

__________喜田拓也(27)___________

山田融(22)_金沢拓真(15)__伊池翼(25)__木村魁人(18)

___________鈴木椋大(21)___________

<札幌前半スタメン>
______近藤勝成(11)____下田 康太(29)_____

濱下賢(31)________________中川雄貴(23)

_______前貴之(14)___中原彰吾(27)______

山下泰明(22)_永坂勇人(28)_永井晃輔(20)_小野能寛(32)

___________今岡亮介(21)___________

<札幌後半スタメン>
______下田康太(29)____榊翔太(18)______

堀米悠斗(24)_______________荒野拓馬(10)

______深井一希(26)__神田夢実(25)_______

前貴之(14)__奈良竜樹(5)_永井晃輔(20)_小山内貴哉(2)

___________阿波加俊太(30)__________

交代:
 後半00分 札幌:後半スタメン参照
 後半21分 横浜:宇佐見康介(35)→原田健利(20)
 後半24分 札幌:荒野拓馬(10)→小野能寛(32)

得点:
 前半15分 札幌:近藤勝成(11)
 後半05分 札幌:榊翔太
 後半15分 横浜:喜田拓也(27):PK
 後半21分 札幌下田康太(29)

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

JFA 理事会資料をチェック H22#10

2月の理事会資料をチェック。協議事項。

2.ユニバーシアード男子日本代表ナショナルコーチングスタッフの件

ユニバーシアード男子日本代表ナショナルコーチングスタッフについて、以下の通りとしたい。
 監督:大平 正軌(おおひらまさき)/流経大
 期間:2011ユニバーシアード深せんまで

§どういうサッカーをやる監督さんなんだろうか?

3.2010年度公認S級コーチ養成講習会判定結果の件

全てのコースを修了し、筆記試験・口頭試験・指導実践・レポート全てにおいて合格したため下記1名を公認S級コーチとして認定したい。

氏名:前田浩二(まえだこうじ)
指導チーム:ヴォルカ鹿児島

参考:現S級コーチライセンス保持者数:330名(上記1名含む)

5.全国クラブチームサッカー選手権大会参加チーム変更の件

第18回全国クラブチームサッカー選手権大会の参加チーム数を従前の24チームから16チームへ変更したい(2011年度から)

<変更案>
・チーム数:24→16チーム
 ※チーム数減により、競技日程は5日間から4日間に変更となる
 ①9地域 18→9 地域代表1チーム
 ②国体開催都道府県 1→1
 ③国体開催市町村 1~5→2
 参加チーム数 24→16
 ※上記①~③で16チームに満たない場合は、2010年度6月末の加盟登録数の多い順(関東・関西・九州・東海・北海道・中国・北信越・東北・四国)で巡回し輪番とする。
(2011年度:関東、関西、九州、東海の順)
・大会形式:16チームの勝ち抜き方式(1日の試合数:8、4、2、1、計15試合)
・削減理由:以下のような各種負担を軽減することにより、近年減少傾向にあるチームの参加意欲を向上させ、大会の活性化を図る。
 ・チームの経費負担
 ・最大5連戦となる選手の負担
 ・連続休暇を取得せねばならない選手、スタッフの負担。また、主管都道府県協会の負担軽減(経費負担・運営負担)にもなる。

続いて報告事項。

2.競技会開催申請の件

(1)申請団体:九州サッカー協会
 大会名:2011サニックス杯国際ユースサッカー大会
 開催期日:2011年3月18日(金)~21日(月・祝)
 会場:グローバルアリーナ
 参加チーム:U-16 日本代表、U-16ニュージーランド代表、トルロカレッジ(イングランド)、長薫高校(韓国)、柏レイソルユース他

(2)申請団体:(社)神奈川県サッカー協会
 大会名:2011第4回F・マリノスカップU-17
 主催:横浜マリノス(株)
 主管:横浜マリノス(株)
 後援:(社)神奈川県サッカー協会、神奈川新聞社
 協賛:協賛社数社(クラブパートナー数社)を予定
 開催期日:2011年3月26日(土)~29日(火)
 会場:マリノスタウン、日産フィールド小机、東戸塚スポーツマンクラブ天然芝
 参加チーム:青森山田高校、星陵高校、前橋育英高校、桐光学園高校、FC東京U-18、ガンバ大阪ユース、ヴィッセル神戸U-18、横浜F・マリノスユース

§今年のマリノスカップはガンバが初参加か。会場に東戸塚も。

2.海外遠征申請の件

(1)(社)神奈川県サッカー協会
 チーム:神奈川県セントラルトレセンU-14(第3種)
 遠征期間:2011年3月26日(土)~30日(水)
 遠征先:ソウル/韓国

| | コメント (2)

2011年2月 8日 (火)

U-17日本代表候補トレーニングキャンプ(2/15~26@静岡・千葉)メンバー

横浜から喜田が、筑陽から中島大貴が選出。
中島はDF登録だけど、筑陽ではDFやってるのかな?
今年はワールドカップイヤー。二人とも大会出場を目指して頑張れ!

2011/02/22 伊池が追加招集

=============================================

スタッフ
監督:吉武 博文
コーチ:菊原 志郎
GKコーチ:大橋 昭好

選手
GK
川田 修平 1994.04.05 184㎝/77㎏ 大宮ユース 20110223怪我
牲川 歩見 1994.05.12 191㎝/72㎏ 磐田ユース 20110214怪我
中村 航輔 1995.02.27 179㎝/66㎏ 柏U-18
阿波加俊太 1995.02.07 185cm/74kg 札幌U-18 20110214追加
DF
鈴木 隆雅 1994.02.28 178㎝/63㎏ 鹿島ユース
川口 尚紀 1994.05.24 175㎝/67㎏ 新潟ユース
岩波 拓也 1994.06.18 185㎝/67㎏ 神戸ユース
永田 慎二 1994.08.03 179㎝/71㎏ セレッソ大阪U-18 20110214怪我
植田 直通 1994.10.24 185㎝/70㎏ 大津
吉野 恭平 1994.11.08 180㎝/63㎏ 東京ヴェルディユース
新井 純平 1994.11.12 172㎝/59㎏ 浦和ユース
高木 大輔 1995.10.14 168㎝/64㎏ 東京ヴェルディJY
久司 勇二 1994.01.21 179㎝/60㎏ JFAアカデミー福島 20110222怪我
中島 大貴 1995.01.17 186㎝/70㎏ 筑陽学園
前田 央樹 1994.04.09 176cm/73kg 福岡U-18 20110214追加
伊池  翼 1994.04.11 177cm/65kg 1994.05.14 174cm/59kg 横浜ユース 20110222追加
MF
室屋  成 1994.04.05 172㎝/59㎏ 青森山田
渡辺  隼 1994.06.19 174㎝/65㎏ 静岡学園
野沢 英之 1994.08.15 175㎝/61㎏ FC東京U-18
喜田 拓也 1994.08.23 167㎝/54㎏ 横浜ユース
 20110214怪我
石毛 秀樹 1994.09.21 169㎝/56㎏ 清水ユース
秋野 央樹 1994.10.08 173㎝/62㎏ 柏U-18
清永 丈留 1994.10.24 173㎝/64㎏ 鹿島ユース
望月 嶺臣 1995.01.18 164㎝/58㎏ 野洲
松村  亮 1994.06.15 164㎝/60㎏ 神戸ユース
谷村 憲一 1995.01.26 184cm/69kg 盛岡商業 20110214追加
FW
鈴木 武蔵 1994.02.11 183㎝/67㎏ 桐生第一
溝田  光 1994.07.27 168㎝/63㎏ 津工業
神田 夢実 1994.09.14 175㎝/62㎏ 札幌U-18
南野 拓実 1995.01.16 166㎝/55㎏ セレッソ大阪U-18
田村 亮介 1995.05.08 170㎝/57㎏ 奈良YMCA JY
菅嶋 弘希 1995.05.11 177㎝/65㎏ 東京ヴェルディJY
中山 雄希 1994.10.16 172㎝/68㎏ 大宮ユース 20110223追加

※U-17日本代表チーム:FIFA U-17ワールドカップメキシコ2011(6/18~7/12)に出場するチーム。

今後の予定
3/24~4/5 メキシコ遠征
4/28~5/9 ヨーロッパ遠征(スロバキアカップ)
6/6~ 直前キャンプ(海外を予定)
6/18~7/12 FIFA U-17ワールドカップメキシコ2011

| | コメント (0)

日本高校選抜チーム 選考合宿メンバ-(2/11~13)

スタッフ
団長:中川  潔(私立芝)
総務:北川 敏之(那覇工業)、新田 宗行(金沢西)
監督:平岡 和徳(大津)
コーチ:鯉迫 勝也(広島県立湯来南)
GKコーチ:岸本 浩右(JFAアカデミー熊本宇城)
トレーナー:山本 晃永(Y's Athlete Support Inc.)
主務:玉生 謙介(学習院)

選手
GK
01 櫛引 政敏 1993.01.29 185㎝/78kg 青森山田 3年
02 小澤 章人 1992.08.10 183㎝/80kg 西武台 3年
03 緒方 大樹 1992.05.02 178㎝/75kg 流経柏 3年
04 樫根 啓人 1992.04.02 185㎝/78kg 関西第一 3年
DF
05 増田 繁人 1992.06.11 189㎝/75kg 流経柏 3年
06 大畠 一馬 1992.05.12 180㎝/75kg 駒澤大学 3年
07 金  大貴 1992.04.16 178㎝/71kg 静岡学園 3年
08 山本 大地 1992.05.16 177㎝/70kg 久御山 3年
09 土師 直大 1992.06.17 175㎝/67kg 滝川第二 3年
10 中村 宏輝 1992.05.20 180㎝/65kg 立正大淞南 3年
11 中村 謙吾 1992.05.05 171㎝/66kg 立正大淞南 3年
12 藤本 貴士 1992.08.12 180㎝/68kg 大津 3年
MF
13 平野 伊吹 1992.08.28 170㎝/64kg 尚志 3年
14 小島 秀仁 1992.07.31 177㎝/67kg 前橋育英 3年
15 進藤 誠司 1992.12.12 169㎝/65kg 流経柏 3年
16 白崎 凌兵 1993.05.18 180㎝/65kg 山梨学院 2年
17 宮本  龍 1992.08.04 173㎝/70kg 山梨学院 3年
18 星野 有亮 1992.05.12 174㎝/64kg 静岡学園 3年
19 足立 拓眞 1993.03.28 172㎝/59kg 久御山 3年
20 二上 浩一 1993.08.29 175㎝/64kg 久御山 2年
21 香川 勇気 1992.07.02 175㎝/62kg 滝川第二 3年
22 谷口 智紀 1992.10.22 184㎝/65kg 滝川第二 3年
23 加藤 大樹 1993.03.14 170㎝/64kg 立正大淞南 3年
24 小田 悠太 1992.08.24 174㎝/65kg 立正大淞南 3年
25 車屋紳太郎 1992.04.05 180㎝/65kg 大津 3年
26 山田 貴文 1992.04.19 172㎝/62kg 日章学園 3年
FW
27 小牟田洋佑 1992.07.18 187㎝/75kg 前橋育英 3年
28 佐々木雅人 1992.04.09 168㎝/58kg 西武台 3年
29 加部 未蘭 1992.06.17 187㎝/79kg 山梨学院 3年
30 坂本 樹是 1993.03.18 170㎝/60kg 久御山 3年
31 安川 集治 1992.12.27 183㎝/73kg 久御山 3年
32 樋口 寛規 1992.04.16 171㎝/71kg 滝川第二 3年
33 浜口 孝太 1992.06.30 174㎝/78kg 滝川第二 3年

今後のスケジュール
2/25~2/26 ゼロックススーパーカップ前座試合 対U-18Jリーグ選抜(日産スタジアム)
3/04~3/06 日本高校選抜 強化合宿・ヤングサッカーフェスティバル(静岡市清水総合運動場/静岡県)
4/13~4/16 日本高校選抜 欧州遠征直前合宿(サウンドハウススポーツセンター/千葉県)
4/16~4/27 日本高校選抜 欧州遠征(スイス/ドイツ)第49回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会参加

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

2011デンチャレメンバー

デンチャレメンバーが一部発表された。

関東選抜Aに中川翔太、佐々木翔、佐藤優平
関東選抜Bに武田大、田港周平、天野純、バックアップに曽我敬紀
関西選抜に尾泉大樹

2011/02/14
ゲキサカによると松内貴成(八戸大)が北海道・東北選抜チームに選出されている。

2011/03/01
関東Bに岡直樹(法政大)が追加招集。

=========================================

日程:2011年3月4日(金)~3月6日(日)
会場:J-GREEN堺(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)

参加チーム(8チーム):
全日本大学選抜チーム
北海道・東北選抜チーム
関東選抜Aチーム
関東選抜Bチーム
東海・北信越選抜チーム
関西選抜チーム
中国・四国選抜チーム
九州選抜チーム

■全日本大学選抜チーム

監督:中野 雄二(流経大)

GK 増田 卓也 流経大
GK 高木  駿 明治大
DF 比嘉 祐介 流経大
DF 丸山 祐市 明治大
DF 櫻内  渚 関西大
DF 林堂  眞 駒澤大
DF 須崎 恭平 中京大 2011/02/21 怪我
DF 中田 智久 中京大 2011/02/21 追加 2011/02/22 怪我
DF 谷口 彰悟 筑波大 2011/02/22 追加
DF 大岩 一貴 中央大
MF 湯澤 洋介 駒澤大
MF 八反田康平 筑波大 2011/02/22 怪我
MF 宮阪 政樹 明治大 2011/02/22 追加
MF 奥埜 博亮 仙台大
MF 山村 和也 流経大
MF 六平 光成 中央大 2011/03/01 怪我
MF 河井 陽介 慶應大
MF 吉野 峻光 国士舘 2011/02/21 怪我
MF 椎名 伸志 流経大 2011/02/21 追加
MF 中里 崇宏 流経大
FW 富山 貴光 早稲田
FW 林  容平 中央大
FW 赤崎 秀平 筑波大
FW 藤牧 祥吾 中京大

■関東選抜Aチーム

監督:神川 明彦
コーチ:佐藤 健

GK 上福元直人 順天堂
GK シュミット・ダニエル 中央大
GK 中川 翔太 慶應大
DF 松岡 祐介 明治大
DF 奥田大二郎 明治大
DF 谷口 彰悟 筑波大 2011/02/22 選抜招集
DF 畑尾 大翔 早稲田 2011/02/22 BMより招集
DF 不老 祐介 筑波大
DF 若狭 大志 東洋大
DF 岩上 祐三 東海大
MF 宮阪 政樹 明治大 2011/02/22 選抜招集
DF 黄  大城 慶應大 2011/02/22 BMより招集 
MF 田中 恵太 明治大
MF 三田 啓貴 明治大
MF 佐々木 翔 神奈川
MF 藤田 息吹 慶應大
MF 金子 昌広 国士舘
MF 佐藤 優平 国士舘
MF 磯部  想 中央大
FW 山本 大貴 駒澤大 2011/02/22 怪我
FW 山村 祐樹 明治大 2011/02/22 BMより招集 
FW 安  柄俊 中央大
FW 奥山  慎 中央大
FW 瀬沼 優司 筑波大
(バックアップ)
DF 三原 向平 神奈川 2011/02/13 怪我
DF 黄  大城 慶應大 2011/02/13 追加登録
DF 畑尾 大翔 早稲田 2011/02/22 本メンバー招集
MF 奥井  諒 早稲田
FW 山村 祐樹 明治大

■関東選抜Bチーム

監督:青葉 幸洋
コーチ:星 貴洋

GK 武田  大 学芸大
GK 三浦 雄也 筑波大 2011/02/22 怪我
GK 松下 理貴 東洋大
DF 田中 奏一 慶應大
DF 今井  純 筑波大
DF 瀬川 和樹 国士舘 2011/02/22 怪我
DF 田中 優毅 日体大 2011/02/22 BMより招集 
DF 田港 周平 中央大
DF 笠松 亮太 慶應大
DF 畑  共哉 法政大 2011/03/01 怪我
DF 岡  直樹 法政大 2011/03/01 追加
DF 佐藤  拓 順天堂
MF 碓井 鉄平 駒澤大 2011/02/22 怪我
MF 柿沼 貴宏 早稲田 2011/02/22 BMより招集
MF 椎名 伸志 流経大 2011/02/22 選抜招集
MF 庄司 悦大 専修大 2011/02/22 BMより招集 
MF 上村  岬 筑波大
MF 栗本 広輝 順天堂
MF 天野  純 順天堂
MF 山崎 直之 学芸大
MF 茶島 雄介 学芸大
FW 征矢 智和 流経大
FW 河本 明人 流経大
FW 岡庭 和輝 順天堂
FW 松本 大輝 法政大
(バックアップ)
DF 田中 優毅 日体大 2011/02/22 本メンバー招集
MF 柿沼 貴宏 早稲田 2011/02/22 本メンバー招集
MF 庄司 悦大 専修大 2011/02/22 本メンバー招集
FW 曽我 敬紀 筑波大

■関西学生選抜チーム

監督:朴 成基(阪南大)
コーチ:成山 一郎(関西学院大)
GKコーチ:櫛引  実(大阪産業大)
トレーナー:寺川 尚希(川北整形外科)
主務:石原  弦(立命館)
副務:羽柴 直哉(桃山学院)

GK 01 松本 智広 大体大 3年
DF 02 三浦  修 同志社 3年
DF 03 尾泉 大樹 大院大 3年
DF 04 藤原広太朗 立命館 2年
DF 05 岩本 知幸 阪南大 3年
MF 06 田中 裕人 関西大 2年
MF 07 岡崎 建哉 関西大 2年
MF 08 阿部 浩之 関学大 3年
MF 09 村山 拓哉 阪南大 3年
MF 10 可児 壮隆 阪南大 1年
FW 11 坂本 一輝 立命館 2年
GK 12 土師 一将 阪南大 2年
FW 13 泉澤  仁 阪南大 1年
MF 14 井上 翔太 阪南大 3年
DF 15 寺岡 真弘 関西大 1年
MF 16 早坂 賢太 同志社 3年
MF 17 海田 佳祐 関西大 1年
GK 18 金谷 和幸 関西大 1年
DF 19 飯尾竜太朗 阪南大 2年
DF 20 永井 鷹也 阪南大 1年
DF 21 二見 宏志 阪南大 1年

============================================
【結果】
2011/03/04(金)デンチャレ1回戦
●全日本選抜 2-0 関西選抜 関西選抜:尾泉大樹(←75)
●九州選抜 6-0 北海道・東北選抜 松内貴成はメンバー外。
●関東選抜B 4-2 東海・北信越選抜 関東B:武田大(フル)、田港周平(フル)、天野純(→90+1)、岡直樹(サブ)
●関東選抜A 2-1 中国・四国選抜 関東A:佐藤優平(フル、警告1)

2011/03/05(土)
●順位決定戦 北海道・東北選抜 0-3 中国・四国選抜 北海道・東北選抜に選出されていた松内貴成はメンバー外。
●順位決定戦 関西選抜 0-1 東海・北信越選抜 関西選抜:尾泉大樹(フル)
●準決勝 関東選抜A 1-0 九州選抜 関東A:佐々木翔(フル)、佐藤優平(フル、警告1)
●準決勝 大学選抜 1-1(PK4-3) 関東選抜B 関東B:武田大(フル)、岡直樹(サブ)、田港周平(サブ)、天野純(←HT) 天野は先制点の起点となるプレイはあったものの、PK戦で止められた模様。PK戦に苦手意識が持たなきゃいいが…

2011/03/06(日)
●決勝 全日本選抜 1-0 関東選抜A 関東選抜A:佐々木翔(フル)、佐藤優平(フル)
●3位決定戦 関東選抜B 2-1 九州選抜 関東選抜B:田港周平(フル)、天野純(→HT)、武田大(サブ)、岡直樹(←HT)
●5・6位決定戦 東海・北信越選抜 1-4 中国・四国選抜
●7・8位決定戦 関西選抜 3-1 北海道・東北選抜 関西選抜:尾泉大樹(サブ)、北海道・東北選抜:松内貴成(ベンチ外)

【ベストイレブン】
GK:増田卓也(全)
DF:丸山祐市(全)、比嘉祐介(全)、岩上祐三(東A)
MF:山村和也(全)、中里崇宏(全)、奥埜博亮(全)、佐々木翔(東A)、上村岬(東B)
FW:瀬沼優司(東A)、石津大介(九)

【最優秀選手】山村和也

| | コメント (0)

U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(2/12~15、15~18@静岡)メンバー

今回のU-18代表候補トレーニングキャンプは2グループ制。
第1グループに愛媛の近藤が、第2グループに横浜から宮本、鈴木雄斗、熊谷の3人が選出された。
それぞれ、怪我なく頑張ってほしい。

あれ、これって第1グループは横浜のトップの合宿とかぶってるなぁ… 練習試合やったりするのかな?

===================================================

監督:吉田 靖
コーチ:山橋 貴史
GKコーチ:慶越 雄二

■第1グループ:2/12~15@静岡
GK
田尻  健 1993.06.11 181cm/70kg ガンバ大阪ユース
杉本 大地 1993.07.15 186cm/79kg 京都U-18
助田龍太郎 1993.07.20 185cm/75kg 米子北 20110210 怪我
村下 将梧 1993.10.14 185cm/74kg 東海大附属仰星
DF
柳川 剛輝 1993.04.06 168cm/59kg 広島ユース
高橋 祐治 1993.04.11 185cm/75kg 京都U-18
山中 亮輔 1993.04.20 171cm/65kg 柏ユース
山千代大斗 1993.05.17 174cm/62kg ガンバ大阪ユース
木下 高彰 1993.06.11 181cm/72kg 浜松開成館
真辺 博也 1993.07.05 185cm/70kg 明徳義塾
免田 朋己 1993.07.06 179cm/69kg 神戸U-18
玉城 嵐士 1993.09.11 180cm/70kg 日章学園
西野 貴治 1993.09.14 183cm/65kg ガンバ大阪ユース
MF
川森 有真 1993.02.01 174cm/66kg 広島ユース
和田 篤紀 1993.02.09 176cm/62kg 神戸U-18
田鍋 陵太 1993.04.10 176cm/64kg 三菱養和ユース
風間 宏矢 1993.04.16 172cm/60kg 清水商業
小谷 光毅 1993.04.25 169cm/63kg ガンバ大阪ユース
越後 雄太 1993.04.27 176cm/67kg 仙台ユース
桑島 昂平 1993.05.19 167cm/56kg 徳島ユース
近藤 貫太 1993.08.11 160cm/58kg 愛媛ユース

原川  力 1993.08.18 175cm/67kg 京都U-18
FW
三根 和起 1993.04.18 190cm/77kg 京都U-18
柏瀬  暁 1993.06.01 182cm/73kg 清水ユース
広田 隆治 1993.07.16 170cm/55kg 神戸U-18
田口 光機 1993.10.08 175cm/59kg 九州国際大附属
久保 裕也 1993.12.24 177cm/70kg 京都U-18

■第2グループ:2/15~18@静岡
GK
吉満 大介 1993.02.21 187cm/80kg 神村学園高校
山田 修平 1993.04.22 188cm/77kg 山梨学院附属
池村 彰太 1993.06.17 183cm/78kg JFAアカデミー福島
積田 景介 1993.06.23 184cm/73kg 市立船橋
DF
舘野 俊祐 1993.05.19 174cm/65kg 東京ヴェルディユース
小山内貴哉 1993.06.15 176cm/67kg 札幌U-18
工藤将太朗 1993.06.20 181cm/66kg 大宮ユース
宮本 和輝 1993.07.13 182cm/69kg 横浜ユース
川上 量也 1993.08.27 181cm/77kg 室蘭大谷
塚本 健介 1993.09.06 182cm/70kg 久御山
奈良 竜樹 1993.09.19 180cm/70kg 札幌U-18
鈴木 雄斗 1993.12.07 176cm/60kg 横浜ユース
高野 次郎 1993.12.15 181cm/69kg 東北学院
MF
加藤 大樹 1993.03.14 168cm/62kg 立正大淞南
坂本 樹是 1993.03.18 170cm/56kg 久御山
足立 拓眞 1993.03.28 172cm/57kg 久御山
端山  豪 1993.04.09 176cm/63kg 東京ヴェルディユース
荒野 拓馬 1993.04.20 178cm/62kg 札幌U-18
杉本 竜士 1993.06.01 164cm/59kg 東京ヴェルディユース
熊谷 アンドリュー 1993.06.06 181cm/67kg 横浜ユース
古波津辰希 1993.09.11 173cm/57kg 流経柏
西谷 和希 1993.10.05 168cm/56kg 鹿島学園
水野 泰輔 1993.05.04 170cm/59kg 名古屋U18 20110214 追加
FW
下重 優貴 1993.04.06 161cm/55kg JFAアカデミー福島
南  秀仁 1993.05.05 176cm/67kg 東京ヴェルディユース 20110214 怪我
白崎 凌兵 1993.05.18 178cm/60kg 山梨学院附属
宮本 拓哉 1993.05.21 181cm/80kg 流経柏
榊  翔太 1993.08.03 164cm/58kg 札幌U-18

※U-18日本代表:FIFA U-20ワールドカップ2013出場を目標としたチーム。

| | コメント (0)

第3回愛媛下部組織的アウォーズ発表

皆様、お待たせしました。

今年も愛媛下部組織的アウォーズ発表の時期がやって来ました!

発表の前に、愛媛FC応援バンド、「カエルの一平とミカン三兄弟」の演奏をお楽しみください。
 

#orenziehimeさん、使わせていただきました

 

まずは投票数1で並んだ2試合が、いきなり2位にランクインです!

 

■2010/10/16 JユースカップグループF予選第1戦 愛媛ユース 3-4 広島ユース

◆管理人のセレクションです。あと一歩のところで高円宮杯を逃しましたが(笑)、ここで手応えをつかんだ愛媛ユースは残りの試合で健闘し、史上初のJユースカップ決勝トーナメント進出を果たしました。技術的には全国レベルとさほど差はない。後はメンタルだという事を感じた試合でもありました。

■2010/11/13 JユースカップグループF予選第6戦 愛媛ユース 4-2 大分ユース

◆1番心に残っている試合は、JユースカップFグループ最終戦 大分トリニータU-18 VS 愛媛FCユース戦です。
この最終戦に勝ち、Jユースカップ初の決勝トーナメント出場を決めました!!
本当に良かったです。

 

さて、いよいよ1位の発表です!

 

と、その前にスペシャルゲストAKB15さんの芸?をお楽しみ下さい(笑)

#orenziehimeさん、使わせていただきました

 

 

いやー、素晴らしい芸でした(笑)
 
 
じらせてすみません。いよいよ1位です。

 
第3回愛媛下部組織的アウォーズ、他を圧倒する7票を集めたこの試合が文句なしの1位です!

 

 

 

 

■2010/07/27 全クラU-18グループリーグ第3戦 愛媛ユース 8-0 新潟グランセナFCユース

◆私が印象に残ったのはクラブユース選手権U18の試合です。1試合目は浦和に2-4で負け、2試合目は札幌に2-1で勝ち、3試合目はグランセナ新潟に8-0で勝ち、勝ち点6得失点差+7であと1点足らずに決勝トーナメント進出できなかったことです。浦和戦のオウンゴールが無かったらとか、札幌戦の後半アディショナルタイムの1失点が無かったらと選手が肩を落としている姿を見て涙ぐみました。しかし、攻守の切り替えを早くし全員で攻撃するという愛媛らしい試合が出来たと思います。ただ守備が…。あいかわらず失点が多いのも愛媛らしい3試合でした。この大会で10番の金村くんが得点王に輝いたのは大きな収穫だったと思います。2011年はさらに飛躍してほしいです。

◆大量得点しだいでは予選突破も見えてくる試合。
前半は2得点ながら、後半は怒涛のゴールラッシュで、半ばまでに6得点で計8得点。
しかしその後ゴールが奪えず、結果的に名古屋に得失点で1点及ばず、初の予選突破はならなかったという、勝っても悔しかった試合でした。 

◆後半から見た1日目の浦和戦も内容的には良かったですが、やはり2010の愛媛と言えばこの試合になります。
グループリーグ突破へ向けての怒濤の攻撃から他グループとの得失点差争いに食い込み、目の前の試合と他のピッチから聞こえてくる歓声と、ネット上で計算される得失点差にドキドキバクバクヒヤヒヤしながら観ていました。
結果的にはラスト20分間に全く点を決められなかったのが響いてグループリーグ突破はなりませんでしたが、2年前と比べて間違いなく愛媛のサッカーが進化していることを見せつけられたこの試合に1票お願いします。

◆全クラを見に行った夏のJ村。合間で楽しそうな試合は…とウロウロしていたら、愛媛がばかすか点をとっている。
かつてJYの試合で目を引いた元気者の貫太君はじめすくすく育っているらしい。
がんばれ~と見る間にもまた点が入っていく。
これはもしや予選突破あるか?と思い始めた所、もう一つ遠くのピッチでも景気のよい試合をやっていた。
愛媛と同グループで突破を争う名古屋も点をとりまくっている。
愛媛、がんばれ。もう一点とっとけ!!
ところがぱったりと点が入らなくなってしまった。

◆ちょっと!まだだよ!もう一点いるよ!!
密かに叫ぶもスコアは動かずタイムアップ。
まさに一点の差で愛媛は敗退してしまった。
そういえばJYを見た時も一点に泣いて敗退していたような。
むう~ん…
がんばれ、その一点がとれるまで!

◆グループリーグ2日目まで得失点差で3位だった愛媛は1位浦和と2位の札幌の結果次第ではありましたが、グランセナに大量得点で勝てば2位の2位抜けが出来るのが分かっていたので、皆で他のチームの経過を気にしつつ「点取れ~!」「このままじゃだめなんだよぉ!」と応援していました。
前半はグランセナも頑張っていてなかなかゴールを奪えず2-0。
後半の前半は怒涛のゴールラッシュ!でこれならいけると思っていたら60分過ぎから
疲れからか精度を欠き追加点が奪えず8-0で終了。 
浦和と札幌は0-0で引き分けましたが、別グループで名古屋のスーパー中学生北川が後半途中から入ってハットトリックを決め得失点差で1足りなくて決勝トーナメントに進むことが出来ずとても悔しかったです。

◆結果的にあと1点取れば決勝トーナメントに進めた試合。
決して取れない「あと1点」ではなかった。
しかし、その1点を取る(決勝トーナメントに進むこと)という壁を乗り越えることが大変なんだろうな。
あと「1点」を乗り越える力を付けて、来年のリベンジに期待しています。

 
私はこの試合は見れませんでしたが、速報をチェックしながら勝点を一生懸命計算していました。もうちょっとで決勝トーナメントに手が届く所だったのに…。非常に残念な結果でした。投票コメントで書いている方がいらっしゃいましたが、たった1点、されど1点。これを如何にモノにするか。ユースだけではなく、愛媛の下部組織全体が乗り越えないといけない大きな壁だと思います。

 

さて、第3回愛媛下部組織的アウォーズ、如何だったでしょうか?投票していただいた皆さん、ありがとうございました。皆さんのお陰で今回も無事開催する事ができました。2011年はJY新居浜もでき、ユースは西日本プリンスリーグにも出場します。レベルの高い、しかし厳しい、熱い試合が多く見られることでしょう。今から楽しみです。次回はさらに多くの人に投票して頂きたいと思います。それでは、皆様、また第4回のアウォーズでお会いしましょう!

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »