« U-22日本代表候補トレーニングキャンプ(豊田) メンバーおよびスケジュール | トップページ | U-15日本代表 ウズベキスタン遠征(5/22~31)メンバー »

2011年5月13日 (金)

JFA 理事会資料をチェック H23#2

寝ようと思うと更新されている理事会記録(笑) まずは協議事項。

1.JFAアカデミー地域展開JFAアカデミー堺の件

2010年度第11回理事会(2011/3/17開催)で、堺市がJFAアカデミー地域展開の候補地として承認された件について、開校に向けた整備状況等の各種業務を鑑み、JFAアカデミー堺の2012年4月の開校を決定したい。

§以前の理事会資料の通り、中学3年間、女子のみ、平日は寮、土日帰省、アカデミーとしてのチーム登録なしという宇城と同じ方式。

2.2010年度公認S級コーチ養成講習会判定結果の件

全てのコースを修了し、筆記試験・口頭試験・指導実践・レポート全てにおいて合格したため下記3名を公認S級コーチとして認定したい。

氏名:石井正忠(いしいまさただ) 指導チーム:鹿島アントラーズ
氏名:佐藤一樹(さとうかずき) 指導チーム:サンフレッチェ広島
氏名:半田悦子(はんだえつこ) 指導チーム:常葉学園橘高校女子サッカー部

※参考:現S級コーチライセンス保持者数:337名(上記3名含む)
※参考:2010年度公認S級コーチ承認数:9名/25名(上記3名含む)

§佐藤一樹さんは着々と指導者の道を歩んでおられる。そろそろゴリさんを協会に放出してもいいんじゃない?(笑)

6.競技中の飲水の件

標記の件については、昭和63年7月26日付けの通達で、競技者が競技中に摂取する飲料は全国一律、水に限定されている。しかしながら、特に夏期における暑熱下での競技においては、昨今、熱中症による事故も社会問題となっており、スポーツ医・科学的な観点からは、競技中の暑熱対策としては水だけでは不十分であり、熱中症防止のためには水分とミネラル分を効率よく補給することが必要であると認識されている。
そこで、競技中の飲料は水に限らないものとし、いわゆる“スポーツドリンク”を摂取することを認めることとしたい。これは、競技者の身体の安全を確保するとともに、競技者のパフォーマンスを低下させないためでもある。
ただし、水以外の飲料を使用するにあたっては、その含有物が競技場のポリウレタン製の全天候型トラックの表面を汚したり、芝生を傷めたりするおそれもあることから、使用会場の規定を確認することとする。

§頭や足にかけるとベトベトするから注意!(笑)

続いて報告事項

1.2011年度公認指導者養成講習会受講者の件

2011年度公認指導者養成講習会の受講者を別紙のとおり決定した。

(1)公認A級コーチジェネラル
  尾上純一、青野大介、坪倉進弥、井手口純、丸山良明、武藤覚、加藤賢二さんら
(2)公認A級コーチU-12
  市川信之、玉置晴一さんら
(3)公認B級コーチ
  佐藤浩司、前波裕一、羽田敬介、井上秀人、奈良安剛、富永康博、松下幸平、大黒将志、鈴木隆行、松田直樹、三浦淳宏、兵頭由教さんら

§大黒は随分早いな。その前にマリノスで選手としてもう一花も二花も咲かせてもらわねば。

3.競技会開催申請の件

(3)申請団体:(財)東京都サッカー協会
 大会名:第62回早慶サッカー定期戦
 期日:6月29日(水)
 会場:国立競技場
 入場料金:自由席900円、当日1,000円

9. 2011年度 地域トレーニングキャンプU-17 開催要項の件

1.目的
 国体のU-16化に伴い若年層での選手発掘、育成機会は増えたが、一方で国体後およびU-17年代の継続強化の機会創出を実施する必要があるため。
【継続強化の意義】
 (1)遅咲き選手の育成、強化、発掘が可能となる
 (2)U-20W杯に向けてのU-18代表チーム立ち上げへ連動性が生まれる。(U-18立ち上げ年にアジア予選が始まる)
 (3)強豪高やJクラブに属さない選手達により高いレベル同士のトレーニング、試合機会が提供される。
 (4)地域・47FAユースダイレクターが選手選考、強化に関わることにより、地域との連携が強化され、併せて活性化が期待できる。
 (5)地域独自の育成ヴィジョンにおいての選手発掘、強化体制づくりに寄与できる。

2.実施内容
 (1)国体以降の強化を継続し、Jクラブとの試合等レベルの高い環境を選手に与え、選手の発掘・強化を図る。
 (2)選手選考にあたっては、選手発掘の観点から高体連や町クラブ等でポテンシャルの高い選手の発掘を目的とする。
 (3)基本的には、9地域でのU-17の強化を行い、地域ユースダイレクターが統括し、地域トレセンコーチ及び47FAユースダイレクター、担当地域指導者と連携を図りながら選手選考・発掘・強化を行う。
 (4)活動日数その他については、各地域の独自性に任せる。(トレセンマッチデーを活用するかどうか等、各地域の独自性を検討する)

§これ、ここ数年やってるやつかな?

|

« U-22日本代表候補トレーニングキャンプ(豊田) メンバーおよびスケジュール | トップページ | U-15日本代表 ウズベキスタン遠征(5/22~31)メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« U-22日本代表候補トレーニングキャンプ(豊田) メンバーおよびスケジュール | トップページ | U-15日本代表 ウズベキスタン遠征(5/22~31)メンバー »