« 2011ナショナルトレセンU-12九州、東海メンバー | トップページ | U-17日本代表 「2012サニックス杯国際ユースサッカー大会」メンバー »

2012年3月 4日 (日)

第4回愛媛下部組織的アウォーズ発表

皆様、お待たせしました。

いよいよ2012年J2開幕です!!!

ホームで昇格組FC町田ゼルビアと対戦した愛媛FCは、アライールと(そのだ)のゴールで見事開幕完封勝利!
ホームでのリーグ戦の勝利は去年の8月6日富山戦以来です。
管理人的には浦田、秋元が存在感を見せてくれたのがうれしかったです。
町田はまだまだ厳しいかもしれませんが、アルディレスが率いるチームですので徐々に結果もついてくるでしょう。
田代、北井頑張れ!

今年もJ2は楽しそうですね!

 

その前に、まだ2011年シーズンが終わってないだろ!という声が聞こえました。

 

はい、遅れてすみません。膨大な数の投票に手間取りました(笑)
では、今年も愛媛下部組織的アウォーズ発表です!

 

(テーマ曲を各自再生してください:)

 

まずは3位です。

■2011/7/23 全クラFグループ 愛媛FCユース 2-2 FC東京U-18 試合記録

実のところ、昨年見た愛媛FCの試合はこれだけだし、青赤ファンの僕にとっては悔しいドローであったわけですが。
# 愛媛ユースの試合を初めて見たのが一昨年のクラ選のレッズ戦。その試合ぶりにも驚きましたが、福島までサポが来て太鼓を叩いていたのにも驚きました。


東日本大震災の影響で関東各地で分散開催となった今年の全クラ。この試合は前橋総合運動公園で行われたFグループの初戦でした。管理人も速報を見ながらFC東京にドローとは!とびっくりすると同時に嬉しかったのを覚えています。

 

続いて2位です。

■2011/4/10 プレミアWEST 第1戦 愛媛FCユース 3-3 京都サンガF.C.U-18  試合記録 観戦記

プレミア1節の京都戦に投票させていただきます。3度追いついた展開と未知のプレミアという舞台で勝ち点をとれたことは、1年戦っていく上で大きかったと思います。

===================

記念すべきプレミアリーグ初戦。強豪揃いのリーグでどこまでできるかわかりませんでしたが、京都との追いつ追われつのエキサイティングなゲームで、今年1年いけるかもと思った試合でした。


今年から始まったプレミアリーグ。愛媛FCユースはプレミアWESTに参加し、毎週レベルの高いチームを相手に貴重な経験を積みました。開幕前は正直残留も難しいのではと思いましたが、この試合で強豪京都U-18と引き分けたのを皮切りに、着実に勝ち点を重ね、見事残留を果たしました。今年も、まずは残留を目標に頑張って欲しいと思います。

 
 

そして、堂々1位に輝いたのは!

■2011/7/24 全クラFグループ 愛媛FCユース 1-0 新潟ユース 試合記録 

今の3年生が中3の時U-15高円宮杯R16で敗れたのが新潟。
3年越しのリベンジの舞台で近藤貫太、右足一閃。
前回決勝点を決められた早川史哉のPKを山本がセーブすれば、
増谷は川口を完封。
集中力を切らすことなく、1-0で試合終了。
選手以上にリベンジを意識していた私に、「スタンドから新潟には絶対負けるなって空気出てましたよ(笑」
と近藤貫太。
痛快な勝利でした。

========================

2011年で印象に残った、貫太の出場試合ですが、SBS杯で代表ユニフォームを着たのも印象深かったですが・・・、全日本クラブユース選手権のグループリーグ第二試合、アルビレックス新潟ユースに勝利した試合です。
決勝ゴールが貫太なのもありますが、GK山本をはじめ全員で守りきりました。夏の暑い中で、皆が頑張って勝ち取った勝利は、選手達、父兄の方々、そして応援した僕(ら)も、とても嬉しい勝利でした。
グループリーグは、残念ながら敗退となり、選手達はとても悔しいかったと思います。この悔しさや、ユース生活で経験した物を、今後の人生に生かして欲しいです。

========================

黒瀬がケガ、野町が出場停止。さらに前半終了間際に曽根田までもケガで交代。どうなる事かとヒヤヒヤだったけど、早い時間の貫太のゴールの1点を守り切って終了。PKをとめたキャプテンの山本が、いいとこ全部持っていっちゃったって印象。去年はたくさんユースの試合見たけど、試合後の表情が一番よかった。前日のFC東京戦も2度追いついて1勝1分けで、決勝トーナメントいける、っていう勢いがあった。
Iba_4
他にも投票したかった試合は、プレミア初戦の京都戦。試合直前までは不安だらけだったけど、プレミアで1年やれるかも、と思えた。今までは先制されると気持ちで負けるところがあったから、あきらめず3度も追いついたなんてすごい。しかも相手、U18代表4人もいた。Jユースの広島戦。今年プレミアで2度対戦、2試合とも大量失点だったのに、うまくまとまっていて、別のチームを見ているようだった。最後の最後で増谷がハンドとられたプレイには、普段冷静な選手も、保護者の方も苛立ってた。決勝いって、1試合でも多くこのチームでやりたい、って気持ちが伝わってくる試合だった。


3年前のリベンジを果たした試合が見事1位に輝きました。中学年代で苦杯を舐めた相手を高校年代で倒す所を見る-アカデミー年代を見る醍醐味ともいえる試合ですね。3年前の試合記録はこちら

 

さて、第4回愛媛下部組織的アウォーズ、如何だったでしょうか?投票していただいた皆さん、ありがとうございました。皆さんのお陰で今回も無事開催する事ができました。

今回選ばれたのはユースの試合ばかりでしたが、他の下部組織のチームも頑張ってくれました。速報を追っただけですが、JYが全クラU-15で追浜に勝った試合は印象に残っています。ネット中継で見たレディースのチャレンジリーグ参入戦は手に汗握る試合でした。TV中継でみた高校サッカー選手権の済美vs新潟西は、JYのOBが同時に3人ピッチに立ち、しかも4-0の快勝でした。主将の久保飛翔選手は大会優秀選手にも選ばれました。また、ユースの近藤貫太選手はU-18日本代表に選出され、藤直也選手はトップ昇格を果たしました。下部組織&選手たちが今後も色々な所で活躍してくれるのを楽しみにしています。

それでは、また来年、第5回愛媛下部組織的アウォーズで。

|

« 2011ナショナルトレセンU-12九州、東海メンバー | トップページ | U-17日本代表 「2012サニックス杯国際ユースサッカー大会」メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011ナショナルトレセンU-12九州、東海メンバー | トップページ | U-17日本代表 「2012サニックス杯国際ユースサッカー大会」メンバー »