02 マリノスサテ

2010年5月30日 (日)

ジャスって言いたいだけ ~PL#9 横浜vs三菱養和、TRM ユースBvs追浜U-15 他

薄曇りで肌寒い小机。最高気温も16℃ぐらいの予報だったので、今日はちょっと厚めの服。加えて、昨日プロ初ゴールを決めた金井にあやかり24番ユニを着込む。ご利益がありますように(笑)

■プリンスリーグ関東1部 第9節 横浜vs三菱養和

今日の相手はここ数年苦戦続きの三菱養和。難敵だが、ここでしっかり勝点3を取って、高円宮杯&全国リーグ昇格圏内をキープしたまま中断期間を迎えたい。

今日の横浜はアンカーに喜田が入り、いつもボランチの澁谷が高めに位置して、4-1‐4-1のようなフォーメーション。関クラで復帰したばかりの高橋はまた怪我で今日は出場せず。累積で出ないと思っていた小野が出場できるのは良い材料。プリンスはプロと違って、1試合で2枚の警告をもらった場合は累積に持ち越さないというルールがあるためだ。

対する養和は、田中、田鍋、近藤と前線に破壊力のある選手を揃える。右サイドバックはみなとみらいOBの横山。対面の元チームメイト星広太とのマッチアップが見物だ。フォーメーションは便宜上4-4-2としたが、前目から中盤にかけては流れで頻繁にポジションが入れ替わる。

開始1分。右スペースでフリーでボールを受けた伊東がドリブルからシュート。ファーストシュートがゴールネットを揺らした。大事な一戦で最先のいいスタートと思ったのも束の間、三菱養和の後藤から横浜DFライン裏に大きなパスが出る。GKに処理を任せようとした小林の背後から、田鍋がするすると飛び出してきてボールに追いつきシュート。開始1分で両チームが得点を上げる異例のスタート。しかし、これは激闘の序の口でしかなかった。

あっという間に追いついた養和が攻勢をかける。ドリブル突破に秀でた田鍋が積極的に仕掛け、シュートを放つ。幸いシュートはGK正面ばかり。横浜も前半16分に伊東が大きなサイドチェンジ。星広太がこれを受け、至近距離からのシュート。残念ながらこれはゴールを大きくそれた。その5分後。今度は後藤がゴールライン際から絶妙のクロスをあげる。ファーで小野がドンピシャヘッド。横浜が再びリードを広げた。

前半25分、横浜は小林に代え木村を投入。保田がCBに入り、木村が左SBとなる。横浜の攻勢が続くが、養和も前半37分に近藤が決定機。これはゴール上にそれ、横浜は難を逃れる。逆に、前半28分に喜田が長い距離を走ってライン際のボールに追いつき、少しドリブルで切れ込みクロス。このボールがゴール前でフリーの小野に届く。小野はワンバンしたボールをダイレクトに蹴り込む。このゴールで今日はいけるかなと思っていると、前半42分に横浜DFのクリアボールを拾った養和近藤がしっかりと決め、再び点差が縮まる。立ち上がりを除けば、横浜が試合を優位に進め、チャンスも多く作り出していただけに、この前半終了間際のゴールは痛かった。

後半は横浜ボールで始まる。小野は意表をつくキックオフシュート。これはゴール左にそれる。後半2分、養和横山のロングシュートを伊東がクリア。これで養和にCK。田中が左コーナーから蹴ったCKはニアの密集地帯に飛び、次の瞬間ゴール右のネットが揺れた。一瞬のことで何が起こったかわからなかったが、公式記録では近藤のゴールになっている。ちょっと触ったのだろう。

後半開始早々に試合が振り出しに戻り、追いついた養和が勢いづく。佐藤、近藤が積極的にシュートを打つがGK鈴木がしっかりふせぐ。後半6分に小野が倒される。ファールをもらえなかった事について審判に何か言ってしまったのだろう。審判が恐ろしい勢いで小野に近づきイエローカードを掲げる。これで小野は次節FC東京戦は累積で今度こそ出場停止… ふぅ… 言葉もない…

序盤の養和の攻勢が一息つくと、以後ゲームはしばらく落ち着く。これは台風の前の静けさだった。後半30分頃から怒涛の展開に突入する。

後半29分、渡辺のパスミスを拾った養和田中がドリブルでゴールに向かう。渡辺は慌てずしっかり体を寄せる。田中のシュートはゴール上にそれる。後半30分、左サイドから星広太の山なりのクロス。これをゴール前で小野がヘディングシュート。得意のヘディングが決まり、小野を筆頭に選手たちが土手のサポの元に走り寄る。サポも金網によじ登り選手を称える。小机ならではのいいシーンだった。

だが試合は終わっていない。再々リードをした所で、「アーリアの法則」が発動(笑) リードした4分後には佐藤に同点弾を決められ、さらにその4分後にはCKから最後は田中にヘディングシュートを決められる。まさかの逆転劇に養和の選手は大騒ぎ。養和(というか東京モノ)の喜びのパフォーマンスほど感情を逆なでするものはない(笑)

手にした勝点3が”するすると走って”いって暗澹たる気分になったが、ここから横浜の選手たちが意地を見せてくれた。失点の直後には木村のクロスをゴール前で小野が胸トラで落としシュート。決定的だったがこれはゴール上にそれる。失点の3分後。今度は、木村の左CKをファーの後藤がゴール前に折り返しのクロス。これに途中出場の鈴木雄斗が飛び込み、ヘディングで合わせる。これが見事に決まり、鈴木は両手を大きく広げてサポの方に向かう。しかし、横浜は勝点3が欲しい。鈴木に対してスタンドから「早く戻れ!」と大声が飛ぶ。「お前ら、喜んでいる場合か。戻れ、も、ど、れ!」 懐かしい城福さんの言葉がふと頭をよぎる(笑)

なおも横浜の攻勢が続く。後半44分には小野が養和DFを引きつけ、ゴール前フリーの鈴木にパスが通る。鈴木は右足を思い切り振り抜くが、養和GKがすんでのところで弾く。続くCKのこぼれ球に澁谷がつめシュート。目の前の養和GKにあたり、ボールが跳ね返る。これに後藤が追いつきシュート。これはゴール上にそれる。試合はロスタイムに突入。右サイドの木村からゴールすぐ前でフリーの鈴木にパスが通る。試合を決めるシーンだったが、鈴木のシュートは詰めてきたGKにあたりゴールならず。これが決まっていたら… 試合は直後に終了。

試合終了と共に両チーム10番がピッチに倒れこむ。やがて、仲間に起こされた横浜の10番が、自分をライバルと公言する養和の10番の元に歩み寄る。顔を覆う養和の10番の肩を、横浜の10番が叩く。養和の選手たちは10番以外にも何人かの選手が顔を覆っている。勝てる試合を落とした悔しさか。それとも、彼らはこの試合に何か特別なものがかかっていたのか。それにつられた訳ではないだろうが、横浜側も何人か悔し涙を拭っている選手がいた。その一人は最後の最後の決定機をものにできなかった鈴木雄斗。泣くな、雄斗。君のゴールのおかげで横浜は勝点1をモノにできた。ありがとう。思う存分喜ばせてあげられなくてごめんよ。でもその悔しさをずっと忘れないで欲しい。いつかきっとうれし涙に変わる時が来るはずだ。

それにしても何とも凄まじい試合だった。後々まで記憶に残る劇的な展開だったが、やはり5失点は多すぎる。しっかり反省して、関クラに臨んで欲しい。てか、6/20にはまた養和とやるんだよなぁ(笑) どんな試合になるんだろうか。できればその前に2位以上を決めていて欲しい。

Kaisei Tr_img_3913
Yuji1 Tr_img_3980
Yuji2 Tr_img_3812
Yuji3 Tr_img_3978
Yuto Tr_img_4115

<横浜スタメン>
__________小野裕二(10)__________

星広太(11)_後藤拓斗(8)_澁谷元気(6)_伊東海征(28)

__________喜田拓也(27)__________

宮本和輝(19)_渡辺大斗(5)_小林広樹(2)_保田隆介(4)

__________鈴木椋大(21)__________

<三菱養和スタメン>
_____田中輝希(10)___近藤貴司(8)_______

田鍋陵太(15)________________佐藤聖(7)

______内藤将梧(6)___清水貴明(26)______

後藤京介(3)_冨田将司(22)_櫻岡徹也(5)_横山恭嗣郎(12)

__________永井堅梧(30)___________

交代:
 前半25分 横浜:小林広樹(2)→木村魁人(18)
 前半45分 養和:櫻岡徹也(5)→千葉皓太(4)
 後半00分 養和:清水貴明(26)→川崎圭亮(14)
 後半24分 横浜:宮本和輝(19)→高野遼(38)
 後半32分 横浜:星広太(11)→鈴木雄斗(17)
 後半35分 養和:田鍋陵太(15)→川上亮祐(24)
 後半45分 養和:近藤貴司(8)→川田正人(16)

得点:
 前半01分 横浜:伊東海征(28)
 前半01分 養和:田鍋陸太(15)
 前半19分 横浜:小野裕二(10)
 前半38分 横浜:小野裕二(10)
 前半42分 養和:近藤貴司(8)
 後半02分 養和:近藤貴司(8)
 後半30分 横浜:小野裕二(10)
 後半34分 養和:佐藤聖(7)
 後半38分 養和:田中輝希(10)
 後半41分 横浜:鈴木雄斗(17)

試合が終わってスタンドの階段を降りると、入り口脇に川崎のグッズ売り場が出来ていた。次の試合が川崎ユースの試合だからって、マリノスの本拠地で売店を出すとは、川崎さんも随分お金儲けに熱心ですね。感心して小机に向かっていると、続々と川崎サポの皆さんが小机を目指しているのに出くわした。プリンス2部の状況はよく知らないけど、昇格が決まる試合だったのかな?

■TRM 横浜vs大宮

小机の後は、マリノスタウンでユースBと追浜の練習試合。キックオフまで時間があったので、Aグラでサテの練習試合を観戦。今日はバスティアニーニが何だか好調で、アーリアとのコンビネーションで何度かチャンスを作った。サッカーの感覚が合うんだろうか?前半22分に田代のインターセプトからボールをつなぎ、バスティアニーニのヘディングシュートのこぼれをアーリアがヘディングで押し込んだ。試合は前半だけしか見なかったが、結局これがこの試合唯一のゴールとなったようだ。

<横浜スタメン>
_____坂田大輔(11)___バスティアニーニ(17)___

長谷川アーリア(8)_____________端戸仁(37)

______狩野健太(14)___水沼宏太(20)_____

丁東浩(34)__田代真一(23)_河合竜二(6)_天野貴史(35)

___________榎本哲也(1)__________

交代:
 後半00分 坂田大輔(11)、端戸仁(37)→斎藤陽介(27)、松本怜(26)

得点:
 前半22分 長谷川アーリアジャスール(8)

■TRM ユースBvs追浜U-15

15:30からはユースBと追浜U-15の対戦。もうすぐ6月だというのに、Cグラの脇だけ冷たい風が吹き込み、冬のような寒さ。厚目の服装だったにも関わらずかなり寒かった。

キックオフ早々に村原のCKを原田がヘディングで押し込んだのを皮切りに、ユースがゴールラッシュ。追浜は防戦一方。球際の強さ、スピード。全てにおいて差があった。たった1年でこうも違うものかと久々に思った。それだけならまだしも、プリンス出場停止だった熊谷の出場は流石に反則。2学年下のJYの選手たちでは止められなかった。「もうやめて帰るか?」と坪倉監督の叱咤も飛び出すが、後半18分に佐藤のドリブルからのパスを受けた武が一矢報いるゴールをあげた。しかし追浜の反撃はこの1点のみ。今日見たゴールは締めて21点なり(笑)

ユースBは怪我が治った林、山田が久しぶりに出場。坊主にした相場のキレの良さが印象に残った。追浜は中2の白坂が再三のピンチに落ち着いたセービングを見せた。

Tr_img_4190 Tr_img_4301
Tr_img_4260 Tr_img_4344
Tr_img_4367 Take
Tr_img_4385 Tr_img_4418

<ユースBスタメン>
_________宇佐見康介(35)__________

斎藤一磨(34)____相場遥介(37)____向吉勝吾(23)

___熊谷アンドリュー(14)___村原大輝(26)_____

齋藤彰太(24)_原田健利(20)_伊池翼(25)__山田融(22)

__________椎橋拓也(16)__________

<追浜前半スタメン>
______田中健太(10)__中山京志郎(14)_____

新里涼(15)________________篠崎幸樹(8)

______陰山裕之(5)___神沼拓海(6)______

上長次郎(7)__宮野剛(19)_上野海(2)__橋本知幸(17)

___________川瀬隼太(1)__________

<追浜後半スタメン>
_______武颯(9)___田中健太(10)______

佐藤翔輝(7)______________篠崎幸樹(8)

______陰山裕之(5)__神沼拓海(6)______

鬼丸敬(4)__宮野剛(19)__上野海(2)__谷川大(11)

___________白坂楓馬(1)_________

交代:
 前半30分 ユース:椎橋拓也(16)→福田俊樹(1)
 後半00分 ユース:熊谷アンドリュー(14)、齋藤彰太(24)、村原大輝(26)、斎藤一磨(34)
             →高梨祐太(36)、岩壁裕也(29)、林拓弥(30)、河合力也(33)
 後半00分 追浜:フォーメーション参照
 後半17分 ユース:福田俊樹(1)→宇井颯(31)
 後半23分 追浜:神沼拓海(6)、篠崎幸樹(8)→新里涼(15)、渡辺大貴(20)
 後半31分 追浜:田中健太(10)→中山京志郎(14)

得点:
 前半01分 ユース:村原大輝(26)
 前半09分 ユース:宇佐見康介(35)
 前半11分 ユース:相場遥介(37)
 前半15分 ユース:宇佐見康介(35)
 前半38分 ユース:熊谷アンドリュー(14)
 前半43分 ユース:相場遥介(37)
 後半06分 ユース:高梨祐太(36)
 後半15分 ユース:向吉勝吾(23)
 後半18分 追浜:武颯(9)
 後半40分 ユース:高梨祐太(36)

| | コメント (2)

2010年5月26日 (水)

龍華の杏仁豆腐がうまいらしい ~練習試合 横浜vs町田ゼルビア、Jrリーグ 慶應vs青学

久々にトップの練習試合を観戦。

■TRM 横浜vs町田ゼルビア

前半開始早々、榎本がキックを失敗。蹴り損ねたボールは、ゴールの方にコロコロと転がり、すんでの所でゴール前を通過してラインを割った。入っていたら、南の伝説のゴールに匹敵するような”迷”ゴールになるところだった。何でもない状況での信じられないキックミス。これでちょっと動揺したのか、今日の榎本はらしくないミスが多く終始不安定だった。

前半11分。松田が相手ライン裏を狙ったフィード。町田DFが目測を誤って後ろにこぼし、これを千真が拾い難なくゴール。続いて前半19分。学のミドルシュートがゴール前にいた千真の側頭部を直撃し、千真が倒れこむ。大事に至らなくて良かったが、あれは相当痛かったはず。その直後、またもや松田のフィードをGKがキャッチしそこねたのを拾って学が追加点。千真は学の頭を思いっきりペシリ。手荒い祝福、というより報復か(笑) 前半22分には小椋のインターセプトからパスをつないで最後は学。姿勢を崩しつつもGKの股間を抜くナイスなゴール。これは湘南戦スタメンあるかな?早々と3得点をあげ、横浜はややスローダウン。逆に町田に何度かゴール前に攻め込まれるシーンも見られたが失点には至らず、前半はこのまま終了。

メンバーをガラリと変えた後半。仁の左SBにビックリ。ドンホがU-20代表合宿中で不在のためだろう。後半18分、松本が右サイドからドリブルでゴール前に迫る。何故か、松本の前はがら空き。すかさずシュート。ゴール右端ギリギリの所を抜けてゴールネットが揺れた。難しいゴール。バモー!が、これは幻のゴールだったようだ。後でHPを見るまでは入ったと信じていたのだが。後半25分にはゴールライン際で粘ったバスティアニーニからの低いセンタリング。これをどこからともなく現れた坂田がダイレクトで押し込み追加点。後半の横浜はこの1点のみ。布陣は斬新だったがあまり機能していたとは言い難い。特に慣れない左SBの仁はまったく見せ場がなかった。怪我をしている様子はないにも関わらず出場機会がなかった陽介ともども、チーム内での立場が心配になる。もうすぐ中断期間に入ることだし、思い切って環境を変えるのも手かもしれない。ここでくすぶるにはあまりにも惜しい2人だ。

町田ゼルビアはかつて横浜にいた星大輔が前半出場。JYのOBである北井も後半途中からFWで出場した。ボールがあまり来ないこともあり見せ場はなかった。木島とユース出身のGK渡辺彰宏は出場せず。

<横浜前半>
______渡邉千真(9)__山瀬功治(10)_______

齋藤学(19)________________兵藤慎剛(7)

______松田直樹(3)___清水範久(18)______

田中裕介(5)_小椋祥平(30)_栗原勇蔵(4)_金井貢史(24)

___________榎本哲也(1)__________

<横浜後半>
___バスティアニーニ(17)__長谷川アーリア(8)____

坂田大輔(11)_______________松本怜(26)

______狩野健太(14)__水沼宏太(20)______

端戸仁(37)_田代真一(23)_河合竜二(6)_天野貴史(35)

___________阿部陽輔(36)_________

<町田前半>
______山腰泰博(9)___勝又慶典(7)______

半田武嗣(20)_______________星大輔(28)

______柳崎祥兵(15)__太田康介(6)_______

斎藤広野(16)_深津康太(5)_川邊裕紀(24)_藤田泰成(3)

___________吉田宗弘(22)__________

<町田後半>
______山腰泰博(9)___小川巧(27)_______

鈴木崇文(17)_______________飯塚亮(13)

_____大前博行(14)___石堂和人(8)_______

津田和樹(2)_鈴木祐輔(25)_雑賀友洋(4)__永野諒(19)

___________修行智仁(1)__________

交代:
 前半31分 町田:藤田泰成(3)、太田康介(6)、勝又慶典(7)、半田武嗣(20)、星大輔(28)
        →鈴木祐輔(25)、大前博行(14)、小川巧(27)、鈴木崇文(17)、飯塚亮(13)
 前半37分 町田:川邊裕紀(24)→雑賀友洋(4)
 後半00分 横浜:フォーメーション参照
 後半00分 町田:フォーメーション参照
 後半14分 町田:山腰泰博(9)→北井佑季(26)
 後半21分 町田:大前博行(14)→久利研人(23)

得点:
 前半11分 横浜:渡邉千真(9)
 前半20分 横浜:齋藤学(19)
 前半22分 横浜:齋藤学(19)
 後半25分 横浜:坂田大輔(11)

■第20回大学対抗Jr.リーグ戦 前期第9節 慶應大学vs青山学院大学

練習試合の後は慶應日吉グランドでJrリーグを観戦。両チームともショートパスをテンポよくつなぎ、スピーディーな展開。先制は前半12分。ゴール前でのFKを青学松山嵩が直接決めた。さらに前半18分には木下卓也の右クロスを五十嵐陣がドンピシャヘッド。2点リードした青学が優位に試合を進める。しかし、以後ゴールはなく前半は0-2で終了。

後半に入ると慶應も徐々に盛り返してくる。後半10分には慶應川久保理がゴール前の密集の中からゴールを決める。青学も前がかりになった慶應の最終ラインにプレスをかけ、ボールを奪うと一気に慶應ゴールを目指す。後半終盤には青学は一人少なくなり(気がついたら10人だった。警告もらうようなプレイってあったっけ?)苦しい時間帯を迎えるが、全員が豊富な運動量で人数のハンデを補い、1点リードを守って試合を終えた。

青学は早田が左サイドバックでフル出場。ロングフィードで青学の2ゴールの起点(の起点ぐらいかな:)となる活躍を見せてくれた。橋本は残念ながらベンチ入りはしていたものの、出場機会はなかった。慶應の甲斐はメンバー外。試合後、別チームが練習していた中に姿があったから、怪我も治って、そろそろ復帰かな?

Tr_img_2363 Tr_img_2424
Tr_img_2471 Tr_img_2558

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

梅井初出場おめでとう ~TRM ユースBvs桐蔭、サテvs愛知学院大学

最近はユースBの試合日程もスケジュールに載せてくれるようになったので、折角のお知らせを無視するのも悪いと思い、ポス活参加のつもりだったがマリノスタウンへ(笑) 会場に到着すると、おなじみの見慣れたナイキウェアの選手達に加え、ピッチの奥には違うウェアの選手たちがいた。よし、ちゃんと試合はやってくれるようだ。ユースBは昨日のメンバーと変わらず。GKがいないが、今日もきっと相手チームからショートレンタルなんだろう。注目は相手チームの選手。JYのOBが多数いるはず。早速確認すると、背川に細矢。よしよし。

あれ? 何だ、この違和感…?

Tr_sch

あれ?

Tr_toin_2

 

おい! 桐光じゃなくて、桐蔭じゃないか! 

 なんという荒業・・・

まぁ、桐蔭も見たかったからいいんだけどさ(笑)

  

■TRM 横浜ユースBvs桐蔭高校

ユースは昨日とは若干フォーメーションチェンジ。GKは案の定桐蔭からのショートレンタル。開始早々、スルーパスに抜け出した伊東がPA内でGKと1-1のチャンス。しかし、PA内でシュートチャンスをうかがっているうちに戻ってきた桐蔭CB背川に寄せられ、クリアされてしまう。チャンスの後にはピンチ。前半6分、11分にはきれいに崩され連続失点。桐蔭の選手に比べるとやっぱりユースBの選手たちはまだまだ中学生の華奢な体型。どうしても一対一の勝負に持ち込まれると部が悪い。それでも、ドリブル好きが揃っているこの世代。果敢に勝負を挑み、高野や齋藤彰太がサイドから切れ込んでチャンスを作り出す。2回ほど齋藤彰太→相場という流れで惜しいチャンスがあったものの、ゴールは奪うことができず1本目は0-2で終了。

OBの背川は何度もピンチの芽を摘み、CBとして安定した活躍を見せてくれた。細矢のサイドバックはJY時代には見た記憶がないが、積極的な攻撃参加が印象に残った。声も出ていて、なかなか合っているんじゃないかな。二人ともレギュラー入り目指してがんばれ!

試合はまだまだ続くようだったが、ユースは昨日十分見たし、OBの活躍も見せてもらったので、サテの試合を見るべくAグラに移動。遠目からユースのゴールシーンは見たが、その後どうだっただろう?

Tr_img_4682_2 Tr_img_4709
Tr_img_4726 Tr_img_4738
Tr_img_4769 Tr_img_4772

<スタメン>
__________伊東海征(14)__________

斎藤一磨(20)____相場遥介(12)_____齋藤彰太(8)

______村原大輝(25)___高梨祐太(21)______

高野遼(22)__喜田拓也(19)_岩壁裕也(15)_河合力也(18)

___________????(1)___________

得点:
 1本目06分 (桐蔭)
 1本目11分 (桐蔭)

■TRM 横浜vs愛知学院大学

ここ最近トップの試合の翌日は必ずサテの試合が組まれている。今年からサテライトリーグが廃止されたが、逆にサテの試合数は増えたような気がする。4月からは大学サッカーも始まり、強い相手との練習試合を組むのが難しくなるかもしれないが、何とかコンスタントに試合を組んで欲しい。今日の相手は愛知学院大学。GKコーチの松永さんの母校で、去年まではハウバート・ダン(現京都)が所属していた。

開始早々に藤田が相手選手と接触し痛む。大怪我かとヒヤリとしたが、すぐにピッチに復帰。ほっと一安心。前半6分、バスティアニーニのスルーパスに坂田、アーリアが反応。坂田はオフサイドポジションだったためすぐに走るのをやめたが、ちょっとだけ後ろを並走していたアーリアは位置的に問題なし。フリーでボールを持って落ち着いてシュート。先制。直後にFKに走り込まれあわやというピンチがあったものの、一歩届かず事なきを得る。前半24分には天野のFKをバスティアニーニがヘディングで押し込み2点目。今日のバスティアニーニは相手があまり厳しく体をよせてこなかったというのもあるけれど一味違った。前半34分には、アーリアからのパスを受けた天野が3点目。愛知学院大学も、横浜のパスミスやカウンターで何度がチャンスを作ったものの、榎本の好セーブもあり、終了間際の1点にとどまった。

メンバーを変えた後半。序盤はチャンスは何度か作れていたものの、全体的なバランスが悪く今ひとつの出来。愛知学院大学は藤田の件があってか、ラインが高い割に接触プレイはちょっと遠慮気味だったので、もっとボールをつないでチャンスを作って欲しかった。

後半23分。去年の10/18に怪我をしてずっとリハビリ中だった学が5ヶ月ぶりに出場。スタンドからは「おかえり!」の声が飛ぶ。後半28分。ボランチ金井から左サイド高い位置でフリーの水沼にパスが通る。水沼はボールを受けると早いタイミングでシュート。綺麗な軌道でゴール右上に決まった。後半42分には学からのスルーパスを受けた陽介がドリブルで持ち込み、ゴール左下隅ギリギリに決める。いつもならGKにぶつけるハズだが、きっと学からパスだったので神様がおまけしてくれたのだろう(笑) 祝・復帰初アシスト!学自身も何度か惜しいシュートを打ったが、相手GKの前に今日の所はゴールはお預け。早く調子を戻して、またトップの試合でプレイする姿を見たい。ロスタイムには金井が思い切ったミドル。GKの手に収まったものの、ファンブルしてゴール。入っちゃったと金井が口元を抑えると同時に試合終了。

試合後、スタンドに挨拶をする選手たち(クールダウンのつもりがついついという感じだったが…)に向けて拍手。学には再び「おかえり!」の声が飛ぶ。一旦はスタンドに背を向けた学が振り返り一礼、そして「ただいま!」(笑) 極寒のマリノスタウンでのほのぼのとした一幕。

<前半スタメン>
___バスティアニーニ(17)__坂田大輔(11)______

清水範久(18)___長谷川アーリア(8)___天野貴史(35)

___________金井貢史(24)_________

丁東浩(34)__田代真一(23)_河合竜二(6)_藤田優人(2)

___________榎本哲也(1)__________

<後半スタメン>
______斎藤陽介(27)___バスティアニーニ(17)___

水沼宏太(20)_____端戸仁(37)______松本怜(26)

___________金井貢史(24)__________

丁東浩(34)__田代真一(23)_浦田延尚(28)_天野貴史(35)

___________秋元陽太(31)__________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半23分 バスティアニーニ(17)→齋藤学(19)

得点:
 前半06分 長谷川アーリア(8)
 前半24分 バスティアニーニ(17)
 前半34分 天野貴史(35)
 前半44分 (愛知学院大学)
 後半28分 水沼宏太(20)
 後半42分 斎藤陽介(27)
 後半45+2分 金井貢史(24)

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

君は確か? ~TRM ユースvsサテ、iリーグ 筑波Avs慶應A、日体大ドライvs東洋

朝からみなとみらいへ。日産本社では24時間テレビのイベントをやっていて、色々お笑い芸人が来てたようだが、もちろんほとんど知らないので興味はない。横目で見て外に出ると、小雨が降っていて、風が肌寒い。まだ8月だというのに・・・

■練習試合 ユースvsサテライト

今日の試合はBグラ。マリノスカフェのテラスから観戦することにしたが、屋根はあるものの風に乗って細かい雨が吹き込む。しかもグランドの方から吹き込むので傘が役に立たない。しとしと濡れながらの観戦となった。なので、細かい記録&写真はなし。

この試合はユースのスケジュールのみに掲載されていたので、ユースのホームゲーム(笑) ”ゴール裏”にはユースサポの方が圧倒的に多い。”敵”(笑)は、サテライトといいつつもクナンに山瀬に兵藤、河合、哲也と反則のメンバー。ずるいよーとユースサポからは声が出るが、試合が始まってみると、失うもののないユースが巧みなボール回しで、果敢に”敵”のゴールを狙う。特に前目で起用された星広太の積極性が光る。しかし、”敵”のGKもさるもの。簡単にはゴールを割らせてくれない。ユースは何度か惜しいシーンがあったものの、結局双方無得点で前半35分は終了。

今日は”敵”のサテライトだが、個人的に田代は別。よいプレーには拍手。今月は田代自信回復月間。といってもあと1日だけど(笑) 田代、次はがんばれよー!

後半に入り、ユースは山瀬、宏太に決められ早々と2失点。2点目は、右サイドでフリーでボールをもらった仁が、シュートかと思いきや左の陽介にパス。陽介のシュートはクリアされるものの、こぼれを中央から上がってきた宏太に決められた。どうせ決められるのなら、仁か陽介がよかったな(笑) 仁、陽介ともトップでの出場がない。こういうところでしっかり決めて、一日も早くトップの試合で見たい。まぁ、宏太も最近ベンチ外が続いているからゴールはよかったんだけど・・・ なかなか心情的に難しい試合です(笑)

2点先制されユースもさらに気合の入ったプレイが続く。接触も多くなり、ユースの選手が痛んでピッチに倒れ込むシーンが増える。もうすぐ高円宮も始まるし、こんなところで怪我するなよー!と見ている方はヒヤヒヤ。逆に小野裕二の足裏を見せたスライディングに、思わず天野先輩がエキサイトするシーンも。これは危険なプレイだった。裕二、謝っとけー。

ユースは後半22分に関原に代わり菅野を投入。5分後、天野純のCKをファーで小野裕二が折り返し、中央で菅野がおしゃれに合わせてユースが1点返す。盛り上がる”ゴール裏”。しかし、ユースの反撃はこの1点にとどまった。#天野純のあの幻のゴールが認められていればなぁ・・・

来週からはいよいよ高円宮杯が始まる。一つでも多く笑顔がみれますように。タイトル取るぞー!

Tr_img_2619

<ユーススタメン>
__________関原凌河(8)__________

星広太(23)_____高橋健哉(15)____天野純(11)

______澁谷元気(13)_後藤拓斗(12)______

岡直樹(3)__中田航平(6)_樋川愛輔(4)_保田隆介(2)

__________鈴木椋大(36)_________

<サテ前半スタメン>
________金根煥________

水沼宏太____山瀬功治___兵藤慎剛

_____田代真一_河合竜二_____

金井貢史_梅井大輝_浦田延尚_天野貴史

________榎本哲也_______

<サテ後半スタメン>
________斎藤陽介_______

齋藤学_____山瀬功治____端戸仁

_____河合竜二_水沼宏太_____

金井貢史_梅井大輝_浦田延尚_天野貴史

________秋元陽太_______

交代:
 後半00分 ユース:星広太(23)、鈴木椋大(36)→小野裕二(14)、都丸勇司(16)
 後半00分 サテ:フォーメーション参照
 後半08分 ユース:保田隆介(2)→早田廉(5)
 後半12分 ユース:後藤拓斗(12)→渡辺大斗(22)
 後半22分 ユース:関原凌河(8)→菅野裕太(19)

得点:
 後半04分 サテ:山瀬功治
 後半09分 サテ:水沼宏太
 後半27分 ユース:菅野裕太

サテの後は、昨日に続き日体大でiリーグ。

■iリーグDブロック 筑波Avs慶應A

まずは筑波vs慶應。この試合は8-1で筑波が慶應を圧倒。ショートパスを繋ぎながら慶應のDFラインを簡単にすり抜け、次々とゴールが決まる。今、日本で一番ゴール前での崩しがバルサに近いチームはこの日の筑波Aだった、と、見てる人も少なかったことだし無責任に煽っておこう(笑) この圧勝劇を支えているのは個人の基礎技術の確かさ。ボールがしっかり止まるだけでなく、次のアクションを見据えた位置にきちんとボールが収まる。ボールホルダーの周辺の選手もしっかりパスコースを作る動きをする。監督の風間さんの指導の賜物だろうか。今日の出来が特によかったのか、それともいつも同じようなパフォーマンスを見せてくれるのか、もう一度見たいと思わせる試合っぷりだった。

筑波は奈良輪がCBで出場。CBではあのダイナミックな上下動を見れないなぁとちょっとがっかりしていたのだが、守備面の確かさに加え、パスの出しどころがよく精度も高い。狙ったパスも出していたが、成功率はかなり高かった。ユース時代は派手な動きが印象に残った奈良輪だが、最終ラインから渋く攻守に貢献する姿もなかなかいいものだ。

Tr_img_2749 Tr_img_2789

筑波がよかったのでスタメンを(笑)

<筑波スタメン>
______三重野将大(11)__岡元思帆(24)______

内野優(22)_________________三上昴(29)

_______早坂翼(17)__長谷智久(43)_______

木下晃馬(27)_吉田拓海(35)_奈良輪雄太(20)_吉田潤平(8)

____________大迫衝(1)___________

交代(筑波のみ):
 後半00分 早坂翼(17)→樫尾英明(39)

得点:
 前半04分 筑波:岡元思帆(24)
 前半14分 筑波:岡元思帆(24)
 前半17分 筑波:三重野将大(11)
 前半41分 筑波:三重野将大(11)
 前半44分 筑波:三上昴(29)
 後半06分 筑波:三重野将大(11)
 後半10分 慶應:赤木努(9)
 後半28分 筑波:三上昴(29)
 後半35分 筑波:樫尾英明(39)

■iリーグDブロック 日体大ドライvs東洋大

続いて日体大ドライと東洋大の試合。前半は東洋大ペースで進むが、決定機は少ない。後半に入り東洋大が立て続けに得点。日体大も後半22分に一矢報いるも、4-1の大差で東洋大が勝利。日体大は臼井と原、鹿島学園OBの長峰がスタメンフル出場。一方の東洋大は松尾が攻撃的な中盤でフル出場。まっちょがドリブルするのを見て、行けー!と思ったら、対応するのが臼井で、一転止めろー!と思ったりと、なかなかせわしない。どちらかに肩入れしないと集中できないたちので、何だかどっちつかずの観戦だった(笑)

Tr_img_2887 Tr_img_2940

| | コメント (1)

2009年8月12日 (水)

はまみらいウォークは便利 ~TRM 横浜vs中京大、横浜中学生招待 MM14vsジェフ

中京大が来るというので久々にマリノスタウンへ。

■TRM 横浜vs中京大

この試合は45分×3。1本目はお互いベストメンバー。このセットは実力の差を見せて横浜が3点取って勝利。途中ちょっと停滞した時間があったものの、アーリアや松田の惜しいシュートもあり、さすがはトップと感じさせられる試合内容。

2本目はサブメンバーに、怪我明けの河合が入った布陣。16分に田代がPA内であっさりかわされ失点。38分に学のドリブルから千真が決めてどうにか引き分けに持ち込んだ。途中千真の惜しいチャンスが何度もあり、これをきっちり決めていれば勝てた試合だった。千真、本番では頼むよ!

3本目は若手&ユース連合。GKには何と鈴木。ユースマニアでも見たことのない人が多いのに、いきなりサテの試合で公にデビューとは(笑) 3失点と散々な結果だったが、これは鈴木の責任というよりもCBの2人にもっとしっかりしてもらいたい。横浜の得点はドリブルでPA内に侵入した岡が倒されて得たPKを自ら決めたのと、終了間際に後方からのロングボールに抜け出した陽介がGKをかわして決めたもの。

1本目と2,3本目の大きな差を感じた試合だった。横浜は若手が多く、彼らが育ってくれないと今後のチームが危うい。大いに期待しているのだが、攻撃陣は状況に応じたアイデアに乏しく、守備陣は不安定で1対1が極端に弱い。せっかく周りにいい手本となる選手がいるのだから彼らからいいところを盗んで、もっともっとうまくなってもらわなければ困る。

中京大の佐藤と石原は2本目30分からと3本目に登場。石原は2本目は左ハーフ、3本目は左CBでの起用。2人ともがんばっているようで何より。どこにいても応援しているから頑張れ!

Tr_img_7624 Tr_img_7659

<1本目>
___________坂田大輔(11)__________

狩野健太(14)_____山瀬功治(10)____アーリア(29)

________松田直樹(3)__小椋祥平(30)_____

小宮山尊信(13)_中澤佑二(22)_栗原勇蔵(7)_田中裕介(5)

____________飯倉大樹(16)_________

<2本目>
________金根煥(5)__渡邉千真(9)_______

齋藤学(19)________________水沼宏太(20)

_______兵藤慎剛(17)__河合竜二(6)______

金井貢史(14)_梅井大輝(33)_田代真一(23)_天野貴史(35)

____________秋元陽太(31)_________

<3本目>
_______斎藤陽介(27)__端戸仁(37)_______

塩田光(16)________________小野裕二(25)

_____熊谷アンドリュー(26)__齋藤学(19)______

岡直樹(23)__梅井大輝(33)_浦田延尚(28)__丁東浩(35)

____________鈴木椋大(36)_________

得点:
 1本目04分 坂田大輔(11)
 1本目16分 栗原勇蔵(7)
 1本目33分 狩野健太(14)
 2本目15分 (中京大)
 2本目37分 渡邉千真(9)
 3本目00分 (中京大)
 3本目39分 (中京大)
 3本目42分 岡直樹(32):PK
 3本目43分 (中京大)
 3本目44分 斎藤陽介(27)

■横浜市中学生招待サッカー みなとみらいU-14vsジェフ

せっかくなので、昼ごはんを食べた後は再びマリノスタウンへ戻り、横浜市中学生招待サッカーなる大会を観戦。みなとみらいの他は、ジェフや横浜トレセン、横須賀トレセンなどが参加していたようだ。どういう位置づけの大会なのかはわからないが、まぁ、試合が見れればそれでよし。今回見たのはみなとみらいU-14とジェフとの対戦。30分×2。

立ち上がり5分に、ボールを奪った笹岡君がドリブルで前に出て左サイドフリーの汰木君へパス。汰木君は右にボールを動かしつつ、DFの間隙を縫ってゴール左上に見事なシュートを決めた。ジェフも7番、9番君が迫力のあるドリブル突破を仕掛けるが、みなとみらいのDF陣はよくこれを押さえ、決定的なチャンスは作らせない。

1点リードで迎えた後半。立ち上がりからジェフペースで進む。1分の20番君のシュートは大蔵君が弾いたものの、直後のCKのこぼれ球のミスキックが思わぬループシュートとなって、大蔵君の頭上を通過しゴール。ジェフにラッキーな同点弾が転がり込む。以後も、ややジェフペースだったが、みなとみらいも粘り強い守備でそれ以上の追加点は許さない。このまま引き分けかと思った後半ロスタイム。途中出場の深澤君が右サイド角度のあまり無いところから思い切ってシュート。ファーのポストに当たるも、跳ね返ったボールがニアにいたDFに当たってゴール。リスタート直後にホイッスル。土壇場でみなとみらいが勝利をもぎ取った。

Yuruki Tr_img_7745
Tr_img_7757 Tr_img_7874

<スタメン>
______汰木康也(22)___小泉慶(10)_______

榎本拓也(5)________________佐藤祐太(12)

________上田彗亮(4)_樋口慎太郎(17)______

山中城之介(21)_笹岡拓実(11)_寺前光太(6)_福田圭佑(19)

____________大蔵亮介(1)__________

交代:
 後半24分 小泉慶(10)→深澤知也(18)

得点:
 前半05分 汰木康也(22)
 後半02分 (ジェフ)
 後半29分 深澤知也(18)

■TRM 神奈川大学vs中京大

帰りの横浜線で、新横浜で降りるつもりが乗り過ごしてしまったので、これも神様の思し召しと思って(笑)そのまま中山まで行き、神大中山グランドで今日2度目の中京大。到着したのは後半途中。石原は右サイドバックで出場していたが、佐藤はすでに出番を終えたか線審をしていた。緑に囲まれたグランドでまったりと写真を取りつつ観戦。神大の一方的な試合で、見ている間に中京大は3失点ぐらい。まぁ、中京大は今日2試合目だし仕方ないか。

神大の中山グランドは初めて行ったが、中山駅から歩いて15分ほど。きれいな人工芝グランドで簡単な観客席もあって見やすい。ウチからはバス1本で行けるので、後はHPで練習試合の日程をあげてくれると申し分ないんだけど(笑)

Tr_img_7934 Tr_img_7948

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

色んな再会 ~TRM みなとみらいU-13vs横浜FC鶴見、関クラGL#1 横浜ユースvsOSA 他

マリノスタウン滞在11時間の記(笑)

■TRM サテvsYSCC

まずは10:00からのサテとYSCCの試合。横浜側はスケジュールには掲載されていない試合だったが、YSCC側は結構宣伝したようで(筆者が試合があることを知ったのもYSCCの関係者のブログだった)、スタンドはYSCCのスクール生(?)とその保護者で一杯。ホーム側(笑)屋根下に陣取ったが、少ない日陰目当てに集まったYSCCを応援する人であっという間に包囲された。私史上最大のアウェイ(笑) YSCCは太鼓を持ったサポの方までいて、試合前には景気よくドンドコやっていた。もちろん横浜側の応援はなし。さすがに張り合いがなかったか、以後は静かだった。試合は5-0で横浜の勝利。スケジュール非掲載ということもあり、詳細は割愛。

■TRM みなとみらいU-15vsSCH

サテの後はすでに始まっていたみなとみらいU-15とSCHの試合をちょこっと観戦。SCHのHPによると、1-0、6-1、4-0でみなとみらいの勝利だった模様。SCHの選手は試合後、今や物見やぐらと化している坂道でトレーニング。お疲れ様です。

Tr_img_9195 Tr_img_9213

■TRM みなとみらいU-13vs横浜FC鶴見

続いて13:30からU-13。30分×3。みなとみらいはU-14トレセンに佐藤君、田崎君、田口君が参加しており不在。エースの村田君の姿もなし。それでも、立ち上がりからみなとみらいのペースで進む。ただ得点は後一歩の所で生まれない。何本も決定機を外した後の16分。深谷君のミドルがバーにあたって撥ね返ったところを大嶌君が押し込み、ようやくみなとみらいが先制。これを皮切りにみなとみらいがゴールを量産し12-0の完勝。

Tr_img_9363 Tr_img_9391 Tr_img_9419

<1本目スタメン>
______大嶌駿(5)___後藤航(8)______

千葉駿哉(13)_____________景山亜月(7)

_______長田健(6)__深谷拓巨(15)_____

井上瑠寧(4)_松崎強太(18)_斉藤海(9)_池田友樹(3)

__________野坂晃平(16)_________

<3本目スタメン>
_______大嶌駿(5)__安藤竣哉(2)______

増田皓夫(17)______________池田友樹(3)

______樋口弘毅(14)__斉藤海(9)_______

千葉駿哉(13)_井上瑠寧(4)_松崎強太(18)_長田健(6)

___________野坂晃平(16)________

交代:
 2本目00分 長田健(6)、景山亜月(7)→樋口弘毅(14)、安藤竣哉(2)
 2本目24分 千葉駿哉(13)→増田皓夫(17)
 3本目00分 フォーメーション参照
 3本目19分 井上瑠寧(4)、斉藤海(9)→後藤航(8)、深谷拓巨(15)

得点:
 1本目16分 大嶌駿(5)
 1本目26分 後藤航(8)
 1本目27分 後藤航(8)

 2本目01分 後藤航(8)
 2本目06分 千葉駿哉(13)
 2本目17分 安藤竣哉(2)
 2本目29分 大嶌駿(5)
 2本目30分 後藤航(8)
 2本目22分 後藤航(8)
 2本目25分 増田皓夫(17)
 2本目28分 樋口弘毅(14)

 3本目13分 安藤竣哉(2)

■関東クラブ選手権グループリーグ第1節 横浜ユースvsOSA

17:00からはユース。横浜は小野悠斗が久々に公式戦に復帰。サテに出場した選手がベンチ外だったこともあり、プリンスとは一味違う面子でのぞんだ。

開始早々に相手のループシュートがGKの頭上を抜け、必死で戻った中田があわやという所で掻き出す。いきなりはらはらするオープニングだったが、横浜のピンチらしいピンチは、この他は前半10分のGKの手をかすめたミドルと、後半4分の失点ぐらい。終始横浜がペースを握ってOSAゴールに向かった。いつもの如く、こぼれ球に反応した関原がゴールを決めると次々とゴールが決まる。流経戦ではそれが決まるかというゴールばかりだったが、今日は納得のゴールばかり。終わってみれば14-1という大差。

Tr_img_9699 Tr_img_9786
Tr_img_9831 Yuto

<横浜スタメン>
__________榎本大希(9)_________

関原凌河(8)____小野悠斗(10)___高橋健哉(15)

_____後藤拓斗(12)__熊谷アンドリュー(26)___

星雄次(24)__樋川愛輔(4)_中田航平(6)_保田隆介(2)

___________都丸勇司(16)_________

<OSAスタメン>
FW:石田雄二()、山崎将太朗()
MF:竹内努(7)、禹相晧(9)、菅原薫(6)、菊谷義明(8)
DF:宍倉裕哉(5)、上野侑()、村松洸明()、関根真()
GK:山口侑也(1)

交代:
 前半26分 横浜:高橋健哉(15)→松本翔(17)
 後半00分 横浜:都丸勇司(11)→椎橋拓也(21)
 後半00分 OSA:菊谷義明(8)→坂本隆揮(14)
 後半15分 横浜:関原凌河(8)、熊谷アンドリュー→鈴木雄斗(33)、渡辺大斗(22)
 後半15分 OSA:菅原薫(6)→小林尚登(16)
 後半35分 横浜:保田隆介(2)→星広太(23)

得点:
 前半13分 横浜:関原凌河(8)
 前半15分 横浜:榎本大希(9)
 前半31分 横浜:関原凌河(8)
 前半39分 横浜:樋川愛輔(4)
 前半42分 横浜:松本翔(17)
 前半44分 横浜:榎本大希(9)

 後半02分 横浜:榎本大希(9)
 後半04分 OSA:宍倉裕哉(5)
 後半09分 横浜:関原凌河(8)
 後半12分 横浜:榎本大希(9)
 後半19分 横浜:榎本大希(9)
 後半30分 横浜:榎本大希(9)
 後半32分 横浜:鈴木雄斗(33)
 後半36分 横浜:後藤拓斗(12)
 後半44分 横浜:鈴木雄斗(33)

■J1第13節 千葉vs横浜

ユースの試合の後は、マリノスカフェへ移動しトップ千葉戦のPV。近場の試合ということもあり、さすがに人は少ない。それでも終了直前のコミーゴールで同点に追いついた時には盛り上がった。やっぱTV観戦するならPVに限る。一人じゃ、こんなひどい試合は見てらんない(笑)

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

つくね冷たい ~ML みなとみらいU-14vs柏、サテ 横浜vs清水 他

ぽかぽか陽気の土曜日はもちろん、サッカー三昧。

■メトロポリタンリーグU-14 みなとみらいU-14vs柏

まずは、みなとみらいU-14からスタート。相手はちょうど去年の今頃、全国大会へのたった1枚の切符を争った柏。あの時は押されに押されたが、粘ってPK戦に持ち込み何とか勝った。監督も勝てるとは思わなかったというような事を後に語っていたが、1年経った今、両チームの差はどれほどのものか。サテがあるためかCグラには入れず、網越しの観戦となった。35分×2。

立ち上がりから柏がサイドをうまく利用してみなとみらいのゴールに迫る。しかし一瞬の隙をつきみなとみらいのカウンター。相場君がドリブルで相手をかわし、開始6分という早い段階でゴールを決める。今日の相場君はキレがあった。それでも試合は柏ペースで進む。みなとみらいもDFラインがよく踏ん張りゴールを許さなかったが、前半24分にゴール前でのクリアが中途半端になったところを柏24番君に決められる。前半は1-1のまま終了。

後半は一進一退の攻防が続く。後半の諸石君、岩壁君のCBコンビは、ピンチに果敢に飛び出してゴールを守る。ちょっと危なっかしくてハラハラする場面もあったが、よく柏の攻撃をしのいだ。結局後半は両チームともゴールを上げることはできず、1年ぶりの対戦は1-1のドローに終わった。

MLの後は35分のフレンドリーマッチが一本。開始早々に高溝君がドリブルからきれいなゴールを決め、みなとみらいが先制。以後もみなとみらいがペースを握って試合を進めた。柏は途中でMLに出ていたメンバーを大量に投入。その中の一人の36番君に左サイドを突破され、ファインゴールを決められ1-1に。MLに続き、フレンドリーマッチも1-1で終えた。

みなとみらいはJFAカップの頃に比べるとメンバーも入れ替わったが、フレンドリーマッチに出たメンバーも充実した試合を見せてくれた。チーム内で切磋琢磨して去年のU-15が行けなかった全国の舞台に再び返り咲いて欲しいと思う。

Tr_img_5632 Tr_img_5829 Tr_img_5735

<横浜:スタメン>
__________宇佐見康介(5)_________

鈴木浩一郎(24)____相場遥介(2)__持田里久也(21)

_______早坂翔(25)__喜田拓也(7)______

高野遼(8)__松崎颯介(19)_諸石健太(22)_岩壁裕也(4)

___________佐山辰哉(16)_________

<柏:スタメン>
__(24)__(36)__

(8)_______(9)

__(19)__(10)__

(23)_(6)_(12)_(4)

_____(1)____

交代(横浜のみ):
 後半00分 宇佐見康介(5)、佐山辰哉(16)、松崎颯介(19)、鈴木浩一郎(24)
         →野路貴之(13)、境龍登(1)、田中秀明(10)、河合力也(6)

得点:
 前半06分 相場遥介(2)
 前半24分 (柏(24))

<フレンドリーマッチ>
__________鈴木浩一郎(24)__________

高溝黎磨(9)_____松井優斗(18)_____渡辺悠貴(23)

_______林亮祐(14)__谷祐樹(11)________

冨沢右京(12)_相原晃貴(3)_原田慎司(15)_樋口慎太郎(17)

___________増田直輝(20)___________

得点:
 01分 高溝黎磨(9)
 27分 (柏(36))

■サテライトリーグ 横浜vs清水

お次はサテライトリーグ。マリノスタウンでやる有料の試合を見るのは初めてのような・・・ お天気もよく会場は観客でぎっしり。ケータリングカーも出ていて、チームも気合が入っている。

横浜の登録メンバーは裕介とクナン、古部を除き、すべてユース出身者。サブメンバーには現役ユースの岡、塩田も入っている。ボールボーイは追浜U-10。下部組織マニアには何ともたまらない試合だが(笑)、サテの試合にこれだけユース出身の選手が多いということは、それだけトップチームに食い込めていないという事の裏返しでもあり、素直にうれしがってばかりもいられない。トップチームもサテも、ユース出身者とそうでない選手が半々ぐらいが理想的なありかたではなかろうか。

対する清水はスタメンに原、藤本、辻尾、本田らが名を連ね、ちょっとずるくない?状態(笑) 完全に胸を借りる試合だなぁと思いはしたものの、蓋を開けてみれば横浜が優位に試合を進め、前半36分に水沼のCKからのクリアを拾ったクナンが先制点をあげる。

後半9分には原に右サイドを破られ左サイドから藤本に決められ同点。横浜もすぐに幸宏のドリブル突破からのまさかのパス(笑)を陽介がシュート。相手DFがはじいたところを後方から走りこんできた水沼がゴールに押し込み、再びリードを奪う。直後に清水は藤本、長沢を下げ、大前と木島を投入。♪ドーリブル ドーリブル ドーリーブール木島 が歌われたのかどうかをチェックしなかったのは不覚(笑) 横浜もユースの岡と塩田を投入。プロに混じって2人は堂々たるプレイぶり。特に塩田は快速を生かして再三のチャンスを作り出し、初めて見る人にも強烈な印象を与えたようだ。若い世代はちょっとのきっかけで大きく成長するもの。二人もこれをきっかけに大きく伸びて欲しい。

後半はほぼ横浜がペースを握り、追加点はあげられなかったもののサテライトリーグ初戦を2-1で勝利。同時に今シーズン横浜の公式戦初勝利。試合後にはお~~~おい!(これって何ていうんだろう?)も飛び出す。今度はトップの試合で、お~~~おい!をやりたい。頼むよ!

Tr_img_6152 Tr_img_5988
Tr_img_6244 Tr_img_6291
Tr_img_6223 Tr_img_6246

<横浜スタメン>
_________マイク(39)_________

____齋藤学(19)____水沼宏太(20)____

山瀬幸宏(16)___________天野貴史(35)

_____金井貢史(24)__アーリア(29)_____

__田中裕介(5)_田代真一(23)_金根煥(15)___

_________秋元陽太(1)_________

<横浜エンメン>
_________マイク(39)_________

____斎藤陽介(27)____塩田光(37)____

岡直樹(34)____________古部健太(32)

_____金井貢史(24)__アーリア(29)_____

__田中裕介(5)_田代真一(23)_金根煥(15)___

_________秋元陽太(1)_________

<清水スタメン>
______長沢駿(20)___原一樹(11)_______

藤本淳吾(10)______________辻尾真二(15)

______永畑祐樹(24)__本田拓也(16)______

太田宏介(4)_平岡康裕(26)_廣井友信(27)_高木純平(14)

__________武田洋平(31)___________

交代:
 後半00分 横浜:齋藤学(19)→斎藤陽介(27)
 後半00分 清水:永畑祐樹(24)→竹内涼(28)
 後半14分 清水:藤本淳吾(10)、長沢駿(20)→大前元紀(22)、木島悠(19)
 後半17分 横浜:山瀬幸宏(16)、水沼宏太(20)→岡直樹(34)、塩田光(37)
 後半28分 清水:辻尾真二(15)→佐野克彦(32)
 後半31分 横浜:天野貴史(35)→古部健太(32)

得点:
 前半36分 横浜:金根煥(15)
 後半09分 清水:藤本淳吾(10)
 後半13分 横浜:水沼宏太(20)

■みなとみらいU-12卒団式

サテの後は、隣のDグラに移動。ちょうどみなとみらいU-12の卒団式をやっていたので、端っこからこっそり見させてもらった。西谷さんのピクシー張りの猛烈プレイに笑い、選手達の挨拶にしんみりし、サプライズにサプライズ(笑)。楽しくいいセレモニーだった。U-12のみんな(もちろん追浜のみんなも)、これまでお疲れ様でした。4月からはプレイするチームもばらばらになると思うけど、またどこかで元気にサッカーしている姿を見せて欲しいと思います。

#集合写真欲しいなぁ・・・ ぼそっ(笑)

| | コメント (0)

2009年2月21日 (土)

買いませんか~! ~TRM 横浜vs関東学院大

今日はチームを2つに分け、トップチームは何故か鴨池で鳥栖と対戦。留守番のBチームはマリノスタウンで関東学院大と対戦。もちろん鴨池まで行く余裕はなく、朝10:00キックオフのBチームの試合へ。マリノスタウンに到着するとスタンドの鍵が開いておらず、まさか非公開!?と心配したが、キックオフ5分ぐらいにようやく開いた。

45分×2の前半は3バックの布陣。今日の目玉は幸宏のボランチか?あまり機能していたとは言いがたかったが・・・・ 終始ポゼッションは横浜で、守備面では危険な場面を作られることはなかったが、かといって攻撃で圧倒していた印象もない。前半の2ゴールは学。1点目はDFライン裏からのパスに陽介が抜け出しシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれを学がきゅいっ(笑)と押し込んだ。陽介はここ最近の試合では積極的にシュートを狙ってはいるもののなかなか結果が出ない。姿勢はいいだけに、何とか波を掴んで今年こそはリーグでゴールを決めて欲しい。2点目は学のミドルシュートが相手DFにあたりコースが変わりゴールイン。試合後、学のゴールだった、いやドンホだ、いや幸宏だろう?と議論になったがやはり学の2ゴールだった。学とドンホはぱっと見似ていて、背番号がないととっさに見分けるのがなかなか難しい。

後半は4バックに移行。ユースの小野裕斗、中田航平を投入。この布陣の目玉は中田のCBか。常に新しい試みのあるここ最近の練習試合。新鮮だ(笑) このセットはユース選手のイージーなパスミスからピンチを招く場面が少々あったものの、全体的には前半と同じく横浜のリズム。小宮山がサイドバックながら積極的な上がりからチャンスを作り2アシスト。後半10分のゴールは先日のアーリア→水沼ゴールと似たような形で、小宮山がPA内で粘って折り返しを端戸がごっちゃんゴール。得点はごっちゃんだったものの、トップでの端戸はプレイも楽しそうで、見ているこちらもわくわくしてくる。早い段階でスーパーサブ的な起用をしてみても面白いかもしれない。JINJINさせてくれ端戸仁!後半2点目は左サイドを持ち上がった小宮山のクロスをファーでフリーの小野悠斗が合わせた。

後半17分にはJY追浜のアンドリュー君がボランチで登場。さすがにほとんど印象に残る場面はなかったもののこれからが楽しみだ。関東学院大の左サイドバックはおっぱまーず2005の石渡。アンドリュー君→裕二→悠斗&中田→石渡とピッチ上にはおっぱまーずが4世代(+α?)勢ぞろいし、何だか感無量。#ノア、がんばれよー!

追浜といえば、トップチームの鴨池遠征で飯倉がケガで途中退退場した模様。軽症であればいいのだが。

<スタメン>
_________斎藤陽介(27)_________

____齋藤学(19)______丁東浩(34)____

小宮山尊信(13)___________古部健太(32)

_____天野貴史(35)__山瀬幸宏(16)_____

__梅井大輝(33)_金井貢史(24)_浦田延尚(28)__

__________榎本哲也(1)_________

<後半スタメン>
_____斎藤陽介(27)____端戸仁(37)_______

齋藤学(19)________________小野悠斗(18)

______山瀬幸宏(16)__天野貴史(35)_______

小宮山尊信(13)_中田航平(19)_浦田延尚(28)_丁東浩(34)

___________榎本哲也(1)___________

<エンメン>
_____端戸仁(37)_____関原凌河(17)______

小野裕二(27)_______________小野悠斗(18)

______山瀬幸宏(16)__アンドリュー(6)_______

古部健太(32)_梅井大輝(33)_中田航平(19)_天野貴史(35)

___________榎本哲也(1)___________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半17分 齋藤学(19)、丁東浩(34)→小野裕二(27)、アンドリュー(6)
 後半25分 小宮山尊信(13)、斎藤陽介(27)、浦田延尚(28)→梅井大輝(33)、関原凌河(17)、古部健太(32)

得点:
 前半18分 齋藤学(19)
 前半27分 齋藤学(19)
 後半10分 端戸仁(25)
 後半19分 小野悠斗(18)

試合の後は、センター南で行われた横浜熱闘フェスタ2009へ。広場で選手が放し飼い状態(笑)でふれあい放題。学の売り子とかなかなか楽しいものも見れたし、これ結構穴場だな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

なんじゃこりゃ ~TRM 横浜vs水戸

Bグラにて40分×3。吉原効果かBグラとCグラの境のスタンド席はマスコミ関係者が多数ご来場。局所的に水戸サポ(吉原ファン?)もご来場。

1本目。ちょっとイージーなミスもあったのの守備はほぼ安定。しかし、攻撃の形が作れない。時々アーリアの突破やジローのドリブルからチャンスらしきものは生まれるし、千真も一昨日よりは積極的なプレイを見せてくれたが、全体としての攻撃の意図のようなものは感じられず。主力組のゲームとしては不満の方が強く感じる出来。スコアレス。

2本目。水戸は保崎&加藤のCBコンビ。対する横浜は学&宏太のボランチという新鮮かつ斜め上の布陣。このセットが一番攻撃に迫力があったし、形も作れてはいたものの、好機を得点に結び付けられず。坂田~~頼むよ~~。一方的に攻めてはいたもののDFライン裏へのパス1本に吉原が走りこみ、さすがのゴールで0-1。

3本目。水戸は引き続き保崎&加藤のCB。一方、学&宏太に飽き足らないコーキチさんは仁&学というボランチを試す。なんじゃこりゃ。理解不能でありえない起用だが、きっと最後にコーキチさんが勝つんだろう(笑) 陽介は何度かチャンスに絡めてはいたものの無得点。陽輔は長い目で。金井のお留守を埋める学なんて珍しい光景を見ることが出来たのは一生の思い出(笑) 失点は相手左サイドから崩され(浦さんもっとガンガンがんばれ!)、PA内で中島が粘りゴール。

試合中には手前のAグラでクナンがリハビリ。心配したケガは大した事はないようでほっと安心。クナンの軽症を確認できたのが今日最大の収穫。

<1本目>
_________渡邉千真(9)_________

____兵藤慎剛(17)___狩野健太(14)____

清水範久(18)____________田中裕介(5)

_____アーリア(29)__河合竜二(6)_____

__中澤佑二(22)_松田直樹(3)_栗原勇蔵(7)__

_________榎本哲也(1)_________

<2本目>
_________マイク(39)__________

____坂田大輔(11)___山瀬功治(10)_____

小宮山尊信(13)____________丁東浩(34)

______齋藤学(19)__水沼宏太(20)_____

__小椋祥平(30)_田代真一(23)_天野貴史(35)__

__________榎本哲也(1)_________

<3本目>
_________マイク(39)__________

____山瀬幸宏(16)___斎藤陽介(27)____

小宮山尊信(13)___________古部健太(32)

______端戸仁(37)__齋藤学(19)______

__梅井大輝(33)_金井貢史(24)_浦田延尚(28)__

_________阿部陽輔(36)_________

得点:
 2本目33分 (水戸:吉原宏太(13)) 
 3本目23分 (水戸:中島俊一(25))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サテライトリーグ日程発表

サテライトリーグの日程が発表になった。横浜はDグループで東海地方のチームとのグループになった。静岡は結構行ったので、山形とか草津とかがよかったなぁ・・・ まぁ、大抵ユースと被っていけないんだけど(笑)

【横浜日程】
 #1 03/15(日) 14:00 清水 @MM21
 #2 06/13(土) 14:00 甲府 @MM21
 #3 07/05(日) 14:00 清水 @三保G
 #4 09/20(日) 14:00 磐田 @MM21
 #5 10/18(日) 14:00 磐田 @ヤマハ
 #6 ??/??(?) ??:?? 甲府 @アウェイ

なお愛媛は不参加。他に福岡、富山、栃木、岐阜、熊本、水戸、横浜FC、鳥栖も不参加。貧乏チームにとっては結構負担が大きいのだろう。サテライトの強化は若手世代の育成・強化に欠かせないと思うから、もっと試合数を増やして本格的なリーグにして欲しい反面、こういった現実もあるわけで。難しい問題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧